「ルー・リード」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ルー・リードとは

2017-12-25

anond:20171225034726

書いてることは概ね間違ってないけど、結論は間違ってる。

 大衆シンプルキャッチー音楽を求めるという見方は全く間違っていないし、実際にその理屈のもとで大成功を収めたベリー・ゴーディJrという人物がいる。彼はもともとジャズが好きで、ジャズ中心のレコードショップを開いていたのだけれど、売れるのはより音楽的に簡素演奏技術も高度でないドゥー・ワップやダンス向きのジャンプブルースロックンロールで、自分が売りたいものが全く売れなかったという苦い経験があり、そこからリズムが豊かでわかりやす楽しい音楽を作る会社であるモータウン・レコードを創設し、ミラクルズ、スプリームスジャクソン・ファイヴといったミュージシャンを輩出していったという経歴がある。

 音楽理論的に高度であるということが音楽的に優れている、という見方は極めて安直で、音楽理論的に高度な音楽音楽理論的に高度な音楽なのであって、優れた音楽であることとは直結しない。

 アメリカ、及び現代の音楽史を語る上で、アメリカ黒人奴隷(強制労働者)が生み出したブルースは欠かせないけれど、ブルース自体はごく僅かなコード進行からなる、元増田言葉を借りて言うなら“音楽理論的に低レベルな”音楽だ。けれども、ブルースが持つ音楽価値というのは極めて大きなもので、黒人がより高度な音楽教育習得するようになった1950年代以降においてもシンプルギター演奏だけで音楽を作り続けるレッドベリーライトニン・ホプキンスといった黒人ブルースシンガー評価は続いていたし、更には彼らの直系の影響下にはウディ・ガスリー、ボブ・ディランといったビッグネームがいて、彼らについてはもはや言うまでもない。

 それに、理論的高度さを追求する人間シンプル音楽を“低レベルであると見做している、というのも違う。

 例えば増田の言う現代音楽の分野で成果を残しているフランク・ザッパキャリアはドゥー・ワップやリズムブルースといったシンプル黒人音楽内面化から始まっているし、生涯に渡ってこうした音楽に興味を持ち続けていた。ロック文脈ではアヴァンギャルドノイズシューゲイザー先駆者であるルー・リードボビールイスアイズレー・ブラザーズファッツ・ドミノ、フレディ・キングといった50年代黒人ポップスの愛聴者だったし、日本でも山下達郎ジェームズ・ブラウンはじめ60年代ソウルミュージックの愛好ぶりはよく知られているところ。

 というように、わざわざ結論を書き直すまでもないけど「音楽理論的に高度な音楽けが優れた音楽であるというわけではない」ってこと。

 あと最後蛇足だけど

アーティストでも、若いころは電子音バリバリの歌を歌っていたのが、歳を取るにつれアコースティックな静かめの曲ばかり歌うようになったとか

 これのわかりやすい例にロッド・ステュアートがいて、彼も年齢を重ねるに連れてビバップ以前、あるいはポップス寄りのジャズスタンダード(わかりやす音楽)を積極的に採り上げてカヴァーしてます

 

2013-10-30

芸術家に対する変な偏見がある

ミュージシャンとかアーティスト自分のものしかやらない、きかない、みないっていう偏見

芸術家は孤高の存在であり、俗物的なものなど不要

から、↓こういうのを見るともやもやする。

ルー・リードプレイリスト発見

http://jaykogami.com/2013/10/4588.html

まあルー・リード知らないんだけどね。

結局てめーもその他大勢の凡人と同じようなことしてんだなみたいな。

アイドルうんこすることを知ってがっかりするのと似てる感じ。

所詮人間だって思ったら何のありがたみもなくなる。

そりゃだれだって人間から自分以外の人のものを好きになったりするし、うんこもする。

わかってるよ。

でも本能的に違和感が先立つんだよね。

てめーはそれでいいのかよという怒りとてめー所詮凡人と同レベル低俗なことをするんだなっていう落胆を同時に感じてしまう。

2012-08-08

昨日いいともルー・リード連呼されてたから何か買ってやろうと物色してたら、

唯の雑音の垂れ流し以外のモノなし。こんなモンお金出して買う奴の気が知れん

自己満自慰行為を金払って聴かされちゃあたまら

Amazon.co.jp : Metal Machine Music

と、金を払ってない人が言っていた。

実際、自己満自慰行為だと思ったら、金なんか払わなくてもいいと、公言はしないまでも、本気で思ってる人は、結構いるんだろうな。

なんだかなあ

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん