「ヴィンテージ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヴィンテージとは

2020-07-19

俺が年老いたところでヴィンテージにならない。ただ古くなるだけだ。

2020-07-18

anond:20200718084816

脳内ではプレミアムマンションヴィンテージマンション買ったつもりなんじゃない?

ようやります

でも中古マンション転売で儲け出している人もゼロではないから

そういう話は気になる

anond:20200718005019

億近い価格帯でも防音性()なのになにを言ってるんだお前は

パーティールームが設置されていることから何かを察して欲しい

  

それでも防音性というなら楽器可の分譲に賃貸で住めよ

今度は楽器騒音に悩む可能性ガーとかいうなら

楽器可のプレミアムマンションヴィンテージマンションに住むといい

どっちも庶民に無縁だと思うけど

2020-07-04

anond:20200704151509

ヴィンテージやるような層なんてもう棺桶に片足突っ込んでるから相手にしても将来性ないよ

2020-06-11

最近WotCの迷走ぶりがつらい

WotCってのはウィザーズ・オブ・ザ・コーストのこと。聞いたことあるかもしれんがMtG売ってる会社

ここの迷走がひどくってつらい。

大してテストプレイしないからか最近禁止カードバンバン出す。ここ20年でスタン禁止は25枚くらい?だけどそのうち16枚がここ3年のやつ。

しか鳴り物入りで出した新能力相棒ってんだ、詳しくはググってくれ)は強すぎたってんでカード10枚まとめてエラッタ。発売から2か月たってない。

最新の禁止カード6月1日の2枚だったが、もう一枚あったやべえやつはノータッチ。かと思えばつい先日緊急告知で使用停止に。やるなら一緒にやれよ。

以前も親和(やばかったんで一気に8枚くらい禁止)とか神ジェイスとかあったけどさ、ここ最近はそれに輪をかけて怠慢。

出したと思えば強すぎて禁止→二番目に強かった奴らが大暴れ→また禁止、パワー9ですら使えるヴィンテージ禁止食らったカードだとか、刷る前から特定フォーマットでは禁止予定のカードだったりとか、新規メカニズム丸ごと強すぎたんでナーフしますね、とか馬鹿じゃねえの。カードデザインに沿った使われ方したら強すぎたので禁止とか、新しく出たカード悪用されるから禁止とか、おいおい。

これが数年おきくらいならまだマシだが、数か月レベルで繰り返すなよ。学習能力ねえのかよ。

極め付きはこれだよ。差別的カード7枚禁止しますね、ってなんだよ。そうじゃないだろうがよ。人種差別に反対するならもっと違うアプローチがあるだろうがよ。

WotCMtG人種差別に反対します!ダイバーシティに敬意を表します!とか宣言するだけでいいだろうがよ。

MtG結構キャラ多様性もあるんだしな。クソつよ黒人PWのテフェとかいるじゃんよ。しかも次のセットはこいつが主人公格。

いやね、ガチ差別ド直球なカードなら仕方ないなあとは思うけどさ、そういう解釈ができなくもないレベル禁止とかおかしいだろうよ。

十字軍(史実)が異教徒ぶっ殺したから往年の名カードCrusade/十字軍禁止

ジプシー差別語だからPradesh Gypsiesが禁止

黒のクリーチャー全滅させて民族浄化(Ethnic Cleansing)を彷彿とさせるからCleanseが禁止

ジハードからJihadが禁止

Invoke PrejudiceはイラストKKKっぽいか禁止なん?でも服の色、黒やん。

Stone-Throwing Devilsは何で禁止なん?

いろいろこじつけたけどせめて公式でどこが差別的かくらい言えや。

MtG好きだし、WotCにも感謝してるんだよ。こんなこと言いたかないんだよ。むしろ擁護させてくれよ。その材料をくれよ。

批判するとこしかねえじゃん。よかった探しをさせてくれよ。こんなんじゃアンチが増えて嫌なんだよ。

いろんなとこでヘイト高まってるし、渡辺DQ陰謀論みたいなバカ話まで再燃してるしよ。

収拾させてくれよ。M21のプレビューで少し気分が上向いてきたとこにこれだよ。何とかしてくれよマジで

2020-04-21

anond:20200421071921

・存命の日本人or全世界人口と競えるスタンダード

過去存在した人間全てと競えるヴィンテージ

ランキング平均値中央値をこれらの環境でチェックできたら

死んだあとも数週間は暇つぶしできそう。

2020-02-24

anond:20200224140332

多少の小奇麗な雰囲気必要だろうけど、高いもの着る必要はないよな

ヴィンテージで十万円するぞ!と言っても穴空いてるジーンズで行ったらちょい浮きそうだし

2020-02-07

anond:20200207220424

ヴィヴィアンも出してたんだ…知らんかった

本当の元ネタでいうと、裏地にネルチェックを貼り付けた防寒パンツ

ヴィンテージアウトドアブランドとかで見たことがあるからなぁ

それをモチーフにしてお洒落着にしたブランドがあるとは思ってるんだよね

そういう意味じゃジュンヤワタナベ辺りかな?って気はしてるけど

2019-11-30

anond:20191130000409

ぶっちゃけユニクロ着てりゃ十分だけどな

ハイブラ、ドメブラ、ヴィンテージもんの古着スポーツウェア、色々通ったけど

ユニクロでえぇわってなった

2019-11-02

カセットテープレコード専門店に行ってみたら、怒られた。

最近YouTubeなどで話題になっている某カセットテープアナログ専門店に行ってみた。

とりあえず面白そうなカセット平積みされていて、紹介されていたので、そのアーティスト音源をググりながら、

ネット試聴していたら、いきなり店長と思わしき人から声かけられた。

店長カセットプレイヤー持っているんですか」

自分「いえ、持ってないです」

店長「さっきからスマホメモってネット検索しているんですか?」

自分はい、そうですけれど」

店長「あのね、そういう事やるならウチに来ないで欲しいんですよ」

店長「店に来て、情報だけ取って帰る、こういうのを情報万引きというんですよ」

自分「え、あ、そうなんですね。すいません・・・

え、そんなのあるのか、と驚きつつ、まあとりあえずさっき聴いて気に入ったカセットを買って帰るか、

と思い、店長のいるレジに行ったら、

店長「無理して買って貰わないでいいんですよ」

自分「いや、そういうわけでなく、ただ気に入ったから買おうとしただけなんですけれど」

店長そもそもカセットプレイヤー無くてどうやって聴くんですか」

自分「これからうつもりだったんですけれど・・・

実際その店でカセットプレイヤー買って聴きながら帰ろうと思っていたのだが、

そこに置いてあるものは全てヴィンテージものっぽく2〜3万円ぐらいするのだった。

からネットにある3〜4000円ぐらいのものを買おうと思ったのだ。

そして店長は2〜3秒ぐらいレジの前にいる自分存在無視していたので、

自分「えっと、買えないんですか?」と聞いた。

店長・・・・どうしてもと言うのなら」

自分「あ、じゃあお願いしま・・・

店長「あのやっていた行為はね、情報万引きと言ってこの業界では問題視されているんですよ」

店長「そういうの他でもやらない方がいいですよ」

自分「あ、はい、すいません・・・

そこでやり取りは終わり、会計をさっさと済ませ、颯爽とその店から出た。

さて、本題に入ろう。このやり取りを経て、少しこの店の事を調べた上で、自分が思ったのは、

1.なぜこの店はオンライン商品を売っているのにも関わらず、直接店舗に行って、紹介されている音源ネットでチェックして試聴する行為禁止するのか

2.もし情報万引きとやらが一般的オフライン音源小売店禁止されているのならば、音源小売店にわざわざ足を運ぶ意義は何なのか

3.我々は日常的に情報万引きを行なっているのではないか

という事である


1について:店を出てから調べた所、この店はオンラインでも音源を紹介して売っている事を知った。つまり人々はその音源ネット検索し、試聴した上で気に入ったら購入する、気に入らなければ購入しない、あるいはその音源情報だけ得て、音楽ストリーミングサイト聴く、といった選択肢がある。ユーザーのそうした行為は、店長がどうのこうの言った所で、止められるものではない。つまり、よほど特殊システムサイトを埋め込まない限り、オンライン音源を売るという行為自体店長の言う所の情報万引きを、店長は許容している事になる。なのになぜオフラインではその情報万引きとやらを注意するのかが、自分には謎である

2について:オンライン上では1についてで述べたように、ユーザー試聴してから購入する、または購入せずに音楽ストリーミングサイト聴くという選択肢がある。では、もしオフライン店舗情報万引きとやらを禁止した場合オフライン店舗に訪れる理由は何なのだろう、と思う。そこには気になる音源試聴してから購入するという選択肢は無く、気になる音源があったら買って聴くという福袋を買うような購入方法、あるいは、その情報メモを使わず頭の中にインプットして、店から出て、ネット検索して試聴して購入の判断をするという極めて不便な選択肢しか取れない。だったらオフライン店舗に行く理由は何なのか?そこがすごくいい雰囲気の店であるのならば、そこに店を運ぶ理由は解らなくはないが、大体の場合合理的な買い物ができるオンラインの方がメリットは断然大きいのではないか

3について:もし自分のし行為情報万引きに類するものであるならば、自分は他の店でも情報万引きをしている事になる。家電量販店で気に入った家電メモし、ネット検索し、ネットで明らかに安いところであれば、ネットで買う、例えば保証などの点でリアル店舗で買うメリットが大きかったり、店員さんに案内してくれた感謝の意を示したいと思った時はその場で買う。自分は前者の行為をそれなりの頻度で行う。店長の言うところの「この業界」は「音源小売店業界なのだろうが、それが問題だというのならば、それは小売店業界全体の問題になるのではないだろうか。

なんかモヤモヤしたので、パッとタブレット端末に書き綴ってしまった。計画では今頃カセットテーププレイヤーを買って、ルンルンと散歩しながら帰っている予定だったのに、何だかモヤモヤとした半日になってしまったな。

追記:

気晴らしに、通りがかったイングリッシュパブラグビーワールドカップの決勝、南アフリカvsイングランドを人混みに紛れながら観た後、

一人でラーメン屋行って、タブレット開いたら、皆さんからの※が沢山来ていて驚いている。

自分にはこういうプライベートな事を喋る友達が一人もいないので、まあどんな米でも聞いてくれる人がいてくれて嬉しい。

せどり行為を疑われたという米が上位にあり、かつ、せどり行為なるものがよく解らないので、

せどり行為をググってみた。つまり転売のようなものだろうか。

ただそれは考えにくいかなと思う。

なぜなら店舗内で自分がいた場所の内訳は、新譜と思われるコーナー6割、新品と思われるコーナー3割、中古と思われるコーナー1割程度だったからだ。

そしてこれは自分主観だが自分がまだ中古のコーナーには行かず、

新譜のコーナーにいた段階から、何か店長視線から怒気のようなものを感じ取っていた。

まりはこれはせどりに対する怒気ではないのではと思う。

また確かに※で指摘されているようにあの動画内では、レポーター試聴機を使って試聴をしていたのを覚えている。

ただ僕はあの試聴機は番組のために特別に用意されていたものだと思っていたし、そもそもカセットテープCDデジタル音源と違って痛みやすい。

であるので、カセットテープ試聴するのは悪いから、ネット試聴しようと思い、そうしていたのだ。(そしたら怒られた)

つか、そんなに容易に特定可能なのか。ちょっとこのエントリーヤバいかな・・・

またカセットテープへの愛が感じられない、せどり行為を見破られた腹いせだ、という※も頂いた。

そもそもせどり行為が何なのかも知らなかったし、そんな事をするつもりもなかった。

そして確かにまだカセットテープへの愛は薄いかもしれない。ただし音楽への愛は強く、今まで多分1500枚ぐらいの音楽アルバムを聴いているし、

デジタルオーディオだが、◯十万のバカデカスピーカー音楽を聴き、それを使って防音マンションを借りて製作している。

特に金があるわけでもないのにだ。

音楽さえ愛していなければ、多分自分仕事自分資源をより注ぎ込めて、

社会的地位も今より高かったろうと思うし、より単純で、もしかしたらより幸せ人生を送れたかもしれない、とも思っている。

自分デジタル音源勉強をしていたのだが、デジタル音源の事を知れば知るほど、アナログレコードカセットテープが魅力的に思えた。

というのもデジタル音源の音の波形を拡大してみると、どうしてもその波形はカクカクとして階段状になる。

反対にアナログレコードカセットテープの波形は峠のカーブのように滑らかだ。その分、音に温もりがあり、柔らかである、と思っている。

アナログのこういう強みを知っているせいか自分の好きなアーティストテープを使った音作りをしたりしている。

代表的ものを挙げると、Boards of CanadaのThe Campfire Headphase、Aphex TwinのSelected Ambient Worksなどだ。

(他にももっと良いものがあるのだが、マイナー過ぎて特定が怖いので挙げるのをやめておく)

おまけに、自分が知る限りでは2010年代ぐらいに入ってからアメリカ音楽オタク達はカセット音楽を聴いているという。

アナログレコードの売れ行きも好調だ。

で、ここ5年ぐらいずっと憧れを持っていて、せめて、カセットテープデビューだけはしておこうと思い、

店を訪れたのだが、まあこんなデビューになってしまい、ちょい残念。

なんかキモいマニアアピールになってしまってすまない。

更に追記↓:

https://anond.hatelabo.jp/20191105004911

2019-10-06

ラフィネさん主催のRWCスペシャルイベントに参加してきた日記

去る9月29日株式会社ラフィネ さん主催南アフリカワインイベントに参加してきました。

ラフィネさんは南アフリカ生産者ワインを多く扱う都内ワインインポーターです。今秋、日本Rugby World Cup 2019が開催されることから大会観戦を兼ねて南アフリカの8生産者来日していただき日本各地でイベントが開催されました。このうち6生産者に今回限定スペシャルワインを造っていただき、RWC(Raffine Wine Collection)として6本セットで販売、今回はその記念イベントでした。各ワイナリースペシャルワイン1種+通常のキュヴェ1種を出典、もちろん生産者ご本人とお話しでき、またお料理や素敵な記念品もついてくるという大変豪華なイベントでした。

バーデンホーストのアディさんのYuuuuupppppaaaaaa!!!で乾杯からスタート

出典ワインは以下の12銘柄でどれも素晴らしかったです。

ラフィネさんのFacebookテクニカルの詳細が載っていますので詳しくは是非そちらもご覧ください。

◎A.A.バーデンホースト(スワートランド)

A.A.Badenhorst (Swartland)

・Raffine Wine Collection by A.A.Badenhorst

 パールバーグのエイトケイクという単一からシラー100%を全房率100%で醸したキュヴェ、無濾過無清澄シラー100%のキュヴェを造るのは初めてとのことでした。イメージとしてはイエローベルシラー単一品種版でしょうか。果実味がピンと張ったエネルギーに満ち溢れている液体ですがあからさまに濃厚!というわけではなく、非常にクリーンでエレガント。言葉からの印象ですがシラーズ!というよりはエレガント系シラーの美質を存分に感じさせてくれました。他の単一シリーズもそうなのですが、ご本人からは豪快な印象を受けるのにとても繊細に造られているなーと思います

・Ramnasgras Cinsault 2017 (double magnum bottle)

 先日のワインショップでの試飲会でもいただいたキュヴェですがこちらはなんと3Lのダブルマグナム、軽々と持ち上げてらっしゃったのがすごい!前回同様にハーブスパイス香りジューシー果実味、土のニュアンスバランス良く融合した素晴らしいワインでした。

◎アルヘイト・ヴィンヤーズ(ヘルマナス)

Alheit Vineyards (Hermanus)

・Raffine Wine Collection by Alheit Vineyards

 2015年ヴィンテージからリリースしているLa Collineと同じ畑からセミヨン(+セミヨン・グリ)100%、通常版との違いは最上部の区画からのみ造られていること。全房率100%La Collineがリリースされる前はセミヨン・グリ主体スキンコンタクトをしたAllow Heartというキュヴェでリリースされており、Allow Heart再現としてスペシャルワインが出てくるかなーなどと勝手妄想しておりましたがLa Collineのスペシャル版として造ったとのことでした。La CollineはAlheitの上位レンジであるシングルヴィンヤードシリーズ唯一のセミヨン単一(他は全てシュナンブラン)ということもありふくよかさが印象的なのですが、今回のRWC版は区画を上部に限定することで酸やミネラルに伴う骨格をより強く感じることができる大変気品にあふれたキュヴェとなっていました。

・Cartology 2017

 アルヘイトと言ったらカルトジーヴィンテージは昨年リリースされた2017年です。冷涼系グレートヴィンテージということもありリリース当初は酸とミネラルがぎっちり詰まった印象でしたが、それらが徐々にほぐれつつも非常に美しい味わいでした。

◎サディ・ファミリーワインズ(スワートランド)

Sadie Family Wines (Swartland)

・Raffine Wine Collection by Sadie Family Wines

 南アフリカワイン界の大御所です。白のブレンド公式から引用ではシュナンブラン26%、ルーサンヌ16%、ヴェルデーリョ15%、コロンバール9%、セミヨン9%、パロミノ9%、グルナッシュブラン8%、ヴィオニエ4%、クレレット・ブランシュ4%と多数の品種ブレンドされています土地表現古木に拘りのある生産者ですが、樹齢5年程度の若木イタリアギリシャ品種が入っている、ワイナリーとしても極めて試験的なキュヴェのようです。酔っぱらいながらのメモですがアサンティコ、カタラット、フィアーノ、グレロ(グレーラ?) が入っているとのこと。公式記載品種のシノニムとかでしたらすいません…。これらの品種古木になった時にワイナリーの新しいページを刻んだら素敵ですね。ベビー・パラディウスのイメージとのことですが、よりスパイシービビットな印象を受けました。若木ブドウが使われていることから先入観もありそうですが。もちろん暴れるようなことは無く、非常に綺麗な造りで熟成した姿が非常に楽しみです。

・Columella 2017 (double magnum bottle)

 赤のブレンドフラッグシップであるColumellaの最新ヴィンテージしかダブルマグナムです。エレガントながらも濃厚な果実味に浸れる素晴らしい造りです。ワインだけで満足できる度の高い一杯。

クリスタルム(ボット・リヴァー)

Crystallum (Bot River)

・Raffine Wine Collection by Crystallum

 クリスタルムのピノ・ノワール上位レンジであるマバレル、キュヴェ・シネマ、ボナファイドを1/3ずつブレンドしたスペシャルキュヴェ。この字面だけでも心が躍ります。全房率はマバレル10%、キュヴェ・シネマ50%、ボナファイド60%とのことですのでシネマはホールバンチ版ではなく通常版由来と思われます。1/3ずつというブレンド比率ですが、色々と試した上でこの比率が一番しっくりきたとのことで個人的には偶然の神秘性のようなものを感じてしまいました。おそらくマバレル由来の透明感のあるアタックから充実した果実味、コクと旨味からの満足感、美しい余韻への一連の流れが一切の継ぎ目・ストレス違和感なく展開される完璧バランスでした。

・The Agnes Chardonnay 2018

 シャルドネの2種あるうちの下位レンジ、先日入荷したばかりの最新ヴィンテージです。乾燥した2018年性格を反映した凝縮感のある味わいです。酸や骨格は2017年の方が豊かである印象ですが優劣というよりは性格の違いを楽しむ、あるいは各個人の好みによる程度の違いと考えます。上位版であるクレイシェルスは今年の分をまだ飲めていないのでどんな感じになっているか気になります…。

ラール・ワインズ(スワートランド)

Rall Wines (Swartland)

・Raffine Wine Collection by Rall Wines

 ピケニルスクルーフの単一畑のグルナッシュ100%。全房率50%、無濾過無清澄とのことです。このメンバーの中からグルナッシュ100%で思い出すのはサディのソルダートピノ・ノワールと間違うほどの繊細でエレガントな造りですが、こちらはもう少し果実の充実感に寄っておりグルナッシュイメージにより近い印象でした。一方、けして派手ではない綺麗な造りで、静かな波打ち際の漣のように寄せては返す旨味がじわじわと長く続く静謐な美味しさ。Rall AVA Grenache noir勝手に名づけたくなりました。

・Rall Red 2016

 こちらはおなじみのバランスのとれたローヌ品種ブレンド赤(シラー70%、サンソー15%、グルナッシュ8%、カリニャン7%)で、よりしっかりと力強さを感じされる明朗な美味しさが印象的でした。

◎ソーン・ドーターズ(ボット・リヴァー)

Thorne&Daughters (Bot River)

・Raffine Wine Collection by Thorne&Daughters

 スワートランドにあるパールバーグ(現地の言葉で馬の山という意味らしい)の畑のシュナンブランセミヨンセミヨン・グリのブレンド公式情報だとセミヨン66%、シュナンブラン34%とありますセミヨンセミヨン・グリの比率も聞いておけば良かったと反省パールバーグは風化した花崗岩質の土壌で、良い古木ブドウ畑が沢山あるとのことです。馬と聞くと今回も出ていたRocking Horseが思い起こされますこちらは使い古しの樽で娘さんのために作った木馬が由来でありたまたまとのこと。一条の光がすっと通るがごとくまっすぐと背筋が通った味わい、もちろん単調ではなく果実味や複雑さも備えていてそれらを酸がぐっと引き締めている感じでした。フォーカスが絞られ、はっきりとした輪郭が掴める!

・Rocking Horse Cape White 2017

 ワイナリー看板的な銘柄でステレンボッシュルーサンヌ&クレレット・ブランシュ&シャルドネパールバーグのシュナンブランフランシュックのセミヨン南アフリカ各地からブドウブレンド。もとの造りに加えて2017年というヴィンテージもあり酸がしっかりした綺麗な味わい。

料理は鮨3軒、天ぷら1軒、焼鳥1軒、焼肉1軒、肉レストランカレーケータリングこちらも豪華。スペシャルワインを一通り味見した後にあまり考えずにケータリングスペースに入ってしまい初手で〆カレーを選ぶことをしでかしつつ大変堪能しました。

料理との合わせという点で記憶に残っているのは

バーデンホーストでgrilled beefに合わせるならばシラーサンソーのどちらが良いかお聞きしたところ割と悩んだ後でサンソーとのお返事。

・サディ・ファミリーでColumellaにgrilled beefはどうか?とお聞きすると肉はいらない。ワインだけでOK!!と言われました。確かに…!

白身主体の鮨を片手にRocking Horseもらいに行ったところvery nice for SUSHI!!と言われました。

カレースパイス感あるのにワインを全く邪魔しない…。じっくり煮込まれた肉カレーの旨味とRallのRWCスペシャルのしみじみとした旨味を堪能しました。

マグロとCrystallumのRWCスペシャルの組み合わせが完璧

天ぷらとAlheitのRWCスペシャルの組み合わせが完璧

生産者の方々との交流ワイン料理の美味しさ、大変貴重な経験ができた素晴らしいイベントでした。

生産者の皆様、料理人の皆様、運営ラフィネの皆様への最大限の感謝を!!

そして一週間たった今もそれぞれの味わいを思い出しつつセットの追加購入をどうするか悩む日々です…。。。

2019-07-27

ザ・ピース買いに行ったら置いてなかった

代わりにピース・アロマヴィンテージってやつがあったから買った

2019-05-08

anond:20190507171250

横浜都市部まれ育ち港区在住20代半ば。

鳥取県出張で何度か行っただけだけどめっちゃ好き。鳥取駅周辺、砂丘周辺、倉吉市に行ったことがあります

若い人ががんばってて、おしゃれなお店がチラホラある。気の利いたレコ屋とかヴィンテージショップ商店街に紛れてる。

・なんか地元愛というか地元に発展してほしい欲がある。地元のお店に仕事が回るなら僕のギャラはタダでいいですよ!とか言い出す人に数人出会った。

・なんか人が優しくないですか?運がいいだけですか?

・とにかく自然。ただ自然があるというのではなくて、ロケ地としてめっちゃいい。絵になる。

・魚安くて旨過ぎん?

・とにかく温泉がわきまくってる、公衆浴場たくさんある

子育てまではわからん若い人が楽しそうな印象あるで(で、地方結婚出産いからみんな子供いるし)

横浜だって都心比較してしまうと便利でも面白くもない、坂ばっかだし。

2019-02-24

anond:20190224223509

いや、コミュ力生来ルックスがあれば清潔さ皆無のヴィンテージジーンズドレッドヘアが許されるから清潔感問題でもある。

まり、ただの容姿差別KKO差別の建前であって実体はない。

もし「清潔感」にグローバルスタンダードがあり、必要条件として機能してるなら上記のような「清潔でない」服装は一切許されるはずもなくKKOになってなきゃならんし、水洗いできない革靴なんかが廃れない筈もない

anond:20190224223153

いいえ、たとえ清潔にしててもコミュ力がないと「清潔感」を言い訳にして排除されます

第一、きみの言ってることはきみの主観であってグローバルスタンダードの水準ではない。

元々の容姿コミュ力によって基準は大きく変動し、まるで当てにならない

極端かつ分かりやすい例だとドレッドヘアやヴィンテージジーンズ

清潔感」どころか「清潔」ですらないが、容姿コミュ力で許される

2019-02-16

今日ワイン

アルヘイトカルトジー2017」

南アのシュナンブラン。2014だったか15だったかがいい味だったのでニューヴィンテージも試した。

あれー、こうでしたっけ?という。凝縮感強め? もうちょいきれいだった気がするが。

vini viti vinci グルナッシュ2016

おいしい。自然派っぽさ強めだけど大丈夫。4000円くらいしたかな。2000円台で変えたら最高だが

うそういう円高時代は来ないのか、日本

2019-01-07

去年のワイン

2018年ベストは、某ドメーヌのシャンベルタン2003。

2003て悪かった年の代表例みたいにいわれるが、そんなん嘘でしょってくらい陶然とする味だった。

ただみたいな値段で飲めたし、とにかく運がよかった。

あとは40年前の同じヴィンテージボルドーブルゴーニュを飲み比べたのもよかった。

その他は覚えていない90年代イタリアとか、80年代アメリカとか、古酒に縁の多い1年でした。

今年は何が飲めるかなー。体に気をつけて生活したい。

2018-11-19

[] ハイク

ハイク(HYKE)は、日本まれファッションブランドで、デザイナー吉原秀明氏と大出由紀子氏が発足させた。

ブランドが立ち上げられたのは2013年のことで、同年の秋冬コレクションがキッカケとなった。

吉原氏は1969年まれ東京都出身で、大出氏も同年生まれ群馬県出身である

両人は仕事上のパートナーであると同時に、プライベートパートナーでもある。

吉原氏は、服飾の専門学校メンズのテーラリングを学んでおり、自然デザインの分野にも興味を持つようになった。

一方、大出氏は実家が縫製工場を営んでおり、服飾の世界に育ってきた。その中で、特に古着に対して興味を持つようになった。

彼女1998年ヴィンテージ&ユーズドショップ代官山オープンさせ、同年にオリジナルブランドの「グリーン(Green)」を

立ち上げている。その後、本格的なデザイナー活動に入ったが、2009年の春夏コレクション最後産休育児活動を休止した。

そして、2013年活動を再開するのと同時に、新ブランドハイクスタートさせたわけである

https://www.vogue.co.jp/tag/brand/hyke

2018-10-19

anond:20181019132634

エドの仇をパンティーで討つ(うどん屋で一万円以上するEDWINヴィンテージモデル出汁をかけられキレた兄ちゃんがこぼした女性スカートを捲り上げてパンティーに汁をぶっかけ事件が由来とされている)

2018-02-13

赤ワインが好き。

もとからお酒が好きで主に日本酒派だったのに、ここ2年くらいで急に赤ワインを好きになってしまった。

しかワイン好きの先輩が美味しいワインをたくさん教えてれて、色んな地域のを飲むようになったらますます赤ワインが好きになった。

先輩と一緒に赤ワイン飲む→ワイン1年生を読む→また飲む…でどんどん知識が蓄えられていく。

惜しむべくは先輩はなかなか会えないこと、友達赤ワイン好きな人あんまりいないこと、くらいだろうか。

ワイン好きの友達が欲しいなあ。ヴィンテージとかじゃなくて、ちょっとワインが好き、くらいの友達が欲しい。

ちなみに今ぞっこんなのはフレンチシラーシリーズは苦手だけど、フレンチシラーはほんとに美味しい。

2018-02-06

まわりにワイン好きがいないんでちょっと増田で自慢させて。

初めてグラン・エシェゾー飲んだ。それもDRC

ヴィンテージは伏せるが、いやー。どうしたものか。

神の雫とか馬鹿にしてたけど、おおおおおおってなるの本当な。

生き生きしてるのに熟成してて、熟成してるのにフレッシュなの。

なにこれ。映画かよ。

そんでふわふわふわーってなって、バーンと視界が開けてビューって行く。

全然違うけどAKIRA最後のシーンみたいになった。

歯磨きしたくない。

2018-02-05

anond:20180205142327

同程度のものが世の中にいくつもあるのは新品も中古も変わらないよ。

ダイソーで売ってる新品のビニールバッグと、色良く使い込まれヴィンテージバーキンとどっちがいいのよ。

まあわかんない人は中古にそんな値段払えるか!って言うだろうし、処女厨にはその良さはわからんだろうけど。

中古上等、なにしろヴィンテージです。処女厨のような男性には手の届かない代物です。」

って胸を張って言えるくらいにいい女になればいいんじゃないのん

あんまりブランドとか知らないのにヴィンテージバーキンとか言ってなんかすわりが悪かったので言い直すけど、

「新品のパイプ椅子と、ヴィンテージカッシーナとどっちがいいのよ。」

こっちなら私が知ってる範囲だったけど更にわかりにくかった。ごめん。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん