「受動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 受動とは

2017-09-20

anond:20170920011004

矛盾し過ぎなので「カオス」と呼びましょう。他者から評価ばかり気にして、受動的な人間である為にただ何も定まってないだけだと思います。なにか目標をもって取り組むといいですよ。それが与えられた評価意味を与えるからです。

2017-09-18

貧困家庭で育った

貧困家庭で育った子供視点から貧困家庭問題点を挙げたい。

私は現在高校卒業して働いている。貧困層立場意味合いとしては深刻な方だったと思う。

ただ、複数貧困家庭で育ったわけではないので視点の偏りはあると思う。

  

貧困連鎖である

これが一番問題で、国によって救われないといけない面がどうしても出てきてしまうと考えている。

例外はあるにしろ貧困家庭は総じて精神的に弱いと思う。

人によって差はあると思うが、精神的に弱っている際に無駄遣いが増えることも多いかと思う。

貧困家庭の親は、情報弱者場合が多いと感じているが、これは子供に引き継がれる。

貧困からまれ精神不安によって、家庭内での喧嘩暴力が多く発生したりする子供への悪影響も計り知れない。

単純にそれらが無くとも、「金が無い」という親の悲鳴を聞く度に子供としては心が辛く、自分を責めてしまったりする。

そうなると非行に走る場合もある。

親の不安定さは子供に伝染し、その子どもが親になった際に、また同じ子供うつっていく。

勉強」どころではない(自分と親{家庭}の事で精一杯)という土壌が形成されて、

1.非行に走る

2.進学を諦めて就職する

という選択に至りがちであり、中卒・高卒収入大卒に比べても低い事から連鎖的に貧困も育っていく。

  

情報収集が弱い

これは私の育った家庭が問題なのかもしれないが、「騙された」という親の言葉が、しっかりと内容を確認しなかったがために招かれている事態だったりする。

そうでなくとも、「勉強大事」と教わったところで、学ぶ手段を教わらない場合が多く(親の学歴もまた低い場合が多いことも関係する。)

学校での受動学習はできても、社会重要である能動学習が出来ない。(方法がわからない)

  

浪費か、倹約か。

これは二極化が起きることも多いかと思っている。

私の家庭では、浪費が多かったように感じる。

かいお金貯金していく大切さを知らないし、あるいは、その手段を知らないように見えた。

この点は真逆の方向で私に引き継がれた。

私は倹約に走るようになった。倹約もまた精神負担が大きい。

数千円を切り詰める必要性を感じてしまい、多分、こういう考え方の人間が増えると国の経済的には良くないと思う。

  

---

私の家の話だが、本来自分の為になる勉強などをする精神的余裕がなく、逃避的行動に至りやすい。

私は一度家庭内が大きく荒れて、中学校では学年トップの人と競い合うほど学力はあったのに不登校になり、

その後ブランクを経て高校へ進学したものの、やはり収入は低いし厳しい仕事だと思う。

(とはいっても、知能労働ができているだけ幸せなのだとは思う。)

お金持ちの家に生まれたら、好きだった美術系の学校に進学して、たんまり好きなことを学びたかったな。

2017-09-17

韓国人差別差別ではない。

水原なんとかってのがCMに出て日本人を使えとクレームが入ったそうだ。

これのどこが差別か?

不快なシーンに対してクレームが入ることは問題視されていなかったことを考えると、韓国人を見て不快に感じる人がクレームを入れるのも同義だと思うのだが。

日本人嫌韓韓国人反日とは訳が違う。真逆だ。能動的に発生したものか、受動的に発生したものかの違いだ。

韓国人中国人政策の一貫として反日を推進してきた。

臭い手段だが、昔からよくこの手の共通の敵を作って内部不満の矛先をその仮想的に向けさせる手段は用いられてきた。

反日は統制力のない無能政治家にはもっと難易度の低い政策だったんだ。

ただそれには歴史を歪曲でもしない限り、反日の辻褄を合わせることは難しいだろう。

それなりにIQが高い人間じゃないと、政策レベルで行わる反日教育に対して疑問を感じることな日本が嫌いになるだろう。

その結果、日本人の中にも韓国を嫌う人も大勢出始めた。それはあくま現実韓国人を見て、だ。洗脳されて嫌いになったわけじゃない。

そりゃそうだ。ある人におまえ嫌いだと言われ続け、嫌がらせをされ続けていて、誰がその人と良好な関係を築こうと思うか?

距離を置こうと考えるのが普通だ。こっちも嫌いになることが普通だ。

これは韓国反日政策の影響であって、こちらが耐える必要がどこにあるのだろうと思う。

無理に差別ダメだと綺麗事を言ったって、聖人にでもなったつもりかと思う。

嫌韓教育日本人韓国人を嫌いなんじゃない。

嫌いという感情があるのであれば、それは普通のことだし、抗わなくてもいいんじゃなかろうか?

2017-09-14

評判イマイチアニメ映画観たらピンポイント直撃を食らい時が飛んだ

子供の頃、大好きな女の子がいたんだ。

俺はあの子のことが、本当に、本当に大好きだった。

でもあの頃はそれの正体がよくわからなくて、なんて言ったらいいのかもよくわからなくて、結局、俺は最後まであの子自分気持ちを伝えることができなかった。

中学1年の夏休み、あの子は家庭の事情で突然住んでいた街から引っ越していくことになって、終業式の日に教室で見た姿があの子についての最後の思い出になった。


あれからずいぶん時間が経って大人になり、人生の大きな選択みたいなこともいくつかあったけれど、事あるごとに「もしも」「あの時ああしていたら」というようなことを考えることがあると、真っ先にあの中学1年の終業式の日のことを思い出すんだよね。

あの時、あの子に「好きだ」と言えていたらって、その頃の中学1年生によくありがちっぽい、そんなささやか出来事を考えてしまうんだよ。

別に、もしそのもしもが叶っていたとしても、きっと何も変わらないんだとは思う。あの子は何も変わらずあと何日かしたら遠くへ引っ越していくし、そのあと何ができたわけでもないんだろう。でもあの時、俺はあまりに幼くて、かっこ悪くて、無力だったよ。

の子小学校の真ん中くらいの時に転校してきて、それからずっと同じクラスだったんだ。

まり女の子友達がいなかったけれど、あの子とはその時からとても気が合ってよく一緒に遊んだ。俺の小さな世界にいる数少ない女の子だった。

きりっとした綺麗な顔立ちで、ちょっと気が強くてお姉さん肌の明るい女の子だった。実際、同級生だったけどほぼ1年誕生日が早かったあの子はいつも少しだけオトナで、俺はよく背伸びをしていた気がする。それこそ13歳のとき奥菜恵みたいな誰から見ても完全無欠な美少女、というわけではなかったとは思うんだけど、間違いなく、俺にとっては世界で一番の女の子だったんだよね。

そうこうしているうちに中学生になったんだけど、入学式に行って最初確認したのは、あの子がどこのクラスにいるのかだったのを覚えている。

の子は俺と同じクラスだった。その頃地域マンモス校だった中学校で1学年9クラスもあるのに、同じところに一緒に名前が載っていて、嬉しかったのもあるけど、なんだかとても安心してしまったのも覚えている。ああ、これから不安もあるけど、きっと、2年生になっても、3年生になってもまた一緒のクラスになるんだ、なんてなんとなくぼんやりと思ってた。

1学期の間、あの子とは隣同士の席になった。なんだろう、子供だった俺はその状況に満足して、当然のように思って、そしてそれ以上何かをするということは無かった。学校に行って、好きな漫画アニメの話なんかを話して、ずっとこの席にいられたらいいななんて思ってた。

俺があの子のことが好きなことは、おそらくクラス中にバレていた。同じ小学校から来た友達もいたし、何より俺がずっと隣の席を見ていたからだ。

でも、そんな日は長く続かなかったんだよね。

あと一週間で夏休みだ、となった7月の半ば、俺はあの子の様子がなんとなくおかしいことに気づいて、とんでもなく不安気持ちになっていた。

急に態度が冷たくなった、とかそういうことは一切なくて、その逆のことが起こっていた。終業式の数日前からいつになくいろんなことを話しかけてきた。初めて会ったころのことや、小学校林間学校ときのことを話した。何か、とても嫌な予感がした。

終業式の前の日の放課後に家に帰ろうとしていると、掃除当番だったあの子が後ろから

掃除、一緒に手伝ってよ!」

と言い、俺のシャツの裾をギュッと掴んで引っ張った。

一瞬時間が止まった気がしたよね。あの感触を、今でもありありと鮮明に覚えている。

絵に書いたようなお約束少年だった俺は、たぶん嫌だよヘヘーン、みたいなことを言って、あの子から逃げた。

クラスの他の女子からなんかヒューヒューと茶化された。廊下に出ると、心臓バクバクしていた。

俺は教室の前の廊下で前の入り口と後ろの入り口の間を5往復くらいウロウロして、やっぱり教室に戻れなくて逃げるように帰った。

そんな日々はその次の日に、映画みたいな出来事もなく、あっけなく終わった。

終業式のホームルーム担任先生はあの子を黒板の前に呼び出して、突然ですがご家庭の都合で転校することになりました、と紹介した。

本人の希望があって、今までお知らせしていませんでした。


なんとなく薄々様子がおかしいことに感づいていたから、動揺はしなかった、フリを全力でした。

の子のことを見ることができなくて、礼が終わった瞬間隣の教室にやっぱり逃げるように入った。特に用事は無かったのにね。頭が真っ白だった。

隣の教室でぐだぐだしていると、小学校とき一緒のクラスだったちょっとおませなお節介焼きの女子がやってきて、俺を見るなりあんた何やってんの、あの子にちゃんと自分気持ち伝えて来たんでしょうね?ちゃんと告白してこいよ、後悔するぞとかなんとか言いやがった。12歳の世界において、女子男子よりもだいぶオトナだと思い知らされたね。

その時俺が口走った言葉を思い出すと我ながらひどすぎて死にたくなるんだけども、確かこんなことを言った。はぁ!?ばっかじゃねーの!?やめろよ、そんなんじゃねーよ。

って、漫画かよ。今でも死にたくなってくるよ。

でも、それもそうかとなんとか思い返して、人影もまばらになってきた自分教室エイヤーと戻った。

この日が最後だったあの子は、まだ教室にいた。

が、それとあと2人くらい、普段まり話したことのない女子が何やら残念だねと話していた。

そこで俺は黒板の前にバン、と立って、ちょっといか今日は俺と一緒に帰ろうぜ!

と言い放つ妄想をあとから何度もしたのだけれど、現実の俺はそんなことはなくて、2人の女子に怯んでまた廊下に出てしまい、やっぱり前のドアと後ろのドアの間をウロウロウロウロとしていた。

そうしていると、友達が通りかかって、何やってんの帰ろうぜ、と言った。

お、おう、そうだねみたいなことを言って、学校を出た。

それが、あの子を見た最後だったよ。


帰る途中、意味もなく遠回りをした。また、とんでもなく受動的なバッタリに一縷の望みを掛けていた気がするけど、すぐに忘れようともしていた。

その友達が、ああそういやあの子転校するんだろ?と言ってきた。ああ、そうみたいだね。と答えたら、ふーん、と返ってきた。そいつになぜか無性に腹が立った。彼は別に何も悪いことしてないんだけども。

歩きながら、無理やり色々なことを考えて納得しようとした。そうだよ、そんなどうせあと何日かでいなくなるのに、今更何か変なこと言ったって迷惑だ。俺の自分勝手だ。そうだ、どうにもならないんだから、何も言わないのが正しいのだ。だから、これでいいんだ。とかなんとか。

映画を観ていたら、アタマがあの頃に飛んでいた。

何もできなかった。あまり子供で、勇気が無くて、情けなくて、後悔とも無念ともなんとも言えなくて、ほろ苦いというか、苦かった。

あの時こうしていれば、って何度も何度も繰り返して、何パターンものルート妄想した、そんな10代の時間だったよ。

大したことじゃないってことはわかってるんだよ。誰にだってあることで、よくあることで、ちっぽけなことだよ。

でも、12歳の心の風景っていうのはとても、とても不安定ものなんだよね。オトナでも子供でも無くて、気持ちだけそこにあるけれど、どうしていいのかわからないんだよね。イマドキの中学生はまた違うんだろうなっていう気もするのだけれど、少なくともあの頃の12歳はそんな感じだった、きっと。

別にとんでもない大事件なんか起きなかった。宇宙人も、未来人も、超能力者も出てこないし、況してや隕石が落ちてくるようなことなんてないし。

でも、12歳の世界にとって、好きな女の子に「好きだ」って言えるかどうかっていうのは、時に隕石が落ちてくるよりも大きな問題だったりすることもあるんだな。

あの頃の、あの「純度100%の『好き』のカタマリ」って一体なんなんだろうな。

なぜそうなのかという理由も問わず、えろい下心もなく、ただただ純粋な何かだった。あの頃のあれと同じ気持ちって、一生戻ってくることは無いんだろうな。

そんなことを考えていた。


インターネットの普及した現代のせいだ。俺はムクムクと出来心が湧き上がって、ついFacebookを立ち上げて、検索窓にあの子名前入力してしまった。

便利な社会残酷だ。もの10秒だった。この長い長い時間は何だったんだっていうくらいあっという間に、あの子がそこに存在しているのが見つかった。

どこからどう見ても、間違えるはずもなく俺が知っているあの子の顔がそこにあった。

あの時の歳の何倍もの時間が経って相応の歳の女性になってはいたけれど、変わらずちょっと気が強そうな美人だった。

その写真を見て、今まで薄々感じながら自分に気づかないフリをしていたことにやっぱり気づいてしまった。

俺はどうやらその後の人生において、好みのタイプだとか、好きな芸能人だとか、そういった気持ち基準が、すべてあの子になっていて、いつも面影を追いかけていた。


の子は、独身だった。

からだっていうことはない。

そんなことをしていたらハッと我に返って、今度はとても自分気持ち悪くなって、そっとその画面を閉じ、Facebook検索履歴を消した。

子供の頃、初めてあの子の家に遊びに行った時に一緒にコースを作って遊んだエキサイトバイクのプイーンというBターボの音と、出してもらった麦茶の味と、あの日グイッと引っ張られたシャツの裾の感覚がぐるぐると回って、それからゆっくりと消えていった気がした。

もう、検索することはきっと二度と無いだろう。


そんなこんなで挙動不審になりながら「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を3日連続で観に行こうとしていたら、今年中学1年生の息子が、あーあれ俺も観たいんだ、一緒に行くわとかなんとか言ってついてきた。

映画を観終わったら、息子が

「何だよ、めっちゃいい映画じゃんか。何で評判イマイチなんだよ。俺すげー好きだよこれ。」

と言った。


オッケー、わかったよ。

君がそういうなら、俺はもう、それでいいよ。

2017-09-12

シジーマッチ「僕は受動的なんだ」

世界の敵

これからどうすればいいかからない

今29歳。会社を3ケ月前に辞めた。

さいこから先生や周りの大人に抜群にウケが良かった。

小中は地方公立に通った。自分からは言い出さなかったけど、周りが勝手学級委員とか何かの代表に推薦してきたり、いわゆるヤンキーとも普通に友達だった。

クラスに馴染めない子がいたらそれとなく声をかけたりもしてた。

成績もまあまあ良かったから、推薦で私立高校特待生で入って大学に行った。

大学入学直前うちにお金がないことがわかって新聞奨学生として学費生活費を稼ぎながら通った。

大して勉強したいこともなかったが、周りがみんな大学行ってたから専門や就職は考えなかった。

学費の元をとろうと思って就活も頑張ったら第一志望の企業に行けた。

入社最初カスタマーセンターに配属された。電話死ぬほど苦手だったので社会人生活終わったと思ったが、すごく頑張ったら3ケ月後にナンバーワンになってた。

それから色々経験して、5年目くらいにはやりたい仕事もポツポツできるようになった。

社会人7年目に入ったころ、上司からあなた管理職にしたい」的なことを言われた。

一瞬で頭にたくさんのことが浮かんだ。残業満員電車責任会社への帰属意識。どれも人生で楽しくない要素ばっかりで、急になんでここにいるのかわからなくなった。

ちょっと考えて、その場で「辞めます」と言った。

ここで初めて、レールから外れた。

今までずっと、誰かが示してくれたレールの上を落ちないように走ってきた。

自分で考えるよりも先に、誰かが課題を与えてくれたから、それをがむしゃらにやってればよかった。

29年間、自分で考えることをサボってきた。

この3か月間、色々な本を読んだり、自己分析したり、勉強したりしてるけど、自分がこれから何をやりたいのか、どうやって生きていきたいのかよくわからない。

ネットにはよく「好きなことを極めろ」とか書いてあるけど、好きなことが見つからない。

受動的に過ごしてきたツケだと思ってる。

会社を辞めたことは後悔してない。自分が初めて与えられた環境にノーを言えたからだ。

初めて自分の声を受け入れて、とても気持ちいいと思った。

ただ、今とても苦しい。

自分の進む方向を自分で考えて決断することが初めてだからだと思う。

また会社員として働くこともできるし、東京を離れることだってできるし、地元に帰ったり、地方移住したり、外国に行くことだってできる。

レールの外歴3ケ月の自分には選択肢が多すぎて頭がパンクしそうである

【追記】

みんな想像以上に温かい言葉をくれて、泣ける。本当にありがとう

1人でぐるぐる考えるタイプからコメントを見ていて自分自身も気づかなかった部分や選択肢が見えてきた。

電池切れとか確かにそうだったかもと思った。

自分の考えをネット上で書くことにものすごい抵抗があったけど、書いてよかった。ありがとう

2017-09-05

やはりダメはだめだ

ダメといってもいろいろあるが、

ここで使うダメは以下のように定義する。

受動的な人」

まり何かを作ったり考えたりそれらの行為から遠ざかろうとする人

それなのに人と話したがる人(話す内容は何食べたとか誰かの噂話とか)

ちょっと前に仲良くなった人とskypeで話すことになったがなんら変わっちゃいない

人は変われないものなのか

一瞬で萎え

2017-09-01

行きたいなと思った大学があったのだが

https://anond.hatelabo.jp/20170901130508

確かにどこの大学でも一定数の出来の悪い人はいるだろう

それはまだ譲る、

出来が悪いとかではなく人間的に道徳的にどうかって人についてどうなのかという点

しかにそれもまたいるのかもしれない。

だがその一部の人間で金を支払って授業を受ける側としては、

そんな人間に授業妨害(直接的なものではなく人間関係悪化させ雰囲気を悪くする等)されるとなると、

とても損をする気がしてならないのだ。

から金をもらって授業を受動的に授業を受けている人はその感覚は感じづらいだろう。

だが何か収入を得てその中から学費に割り当ててる人、

私がそうなのだがそういう立場からするとそんなのは悪童でしかないのだ。

行きたいと思う大学なのだからとうぜんそのつもりだが、

そのような人間が居た場合今の私としては(もう義務教育のように折に閉じ込められた場ではないのだから)、

躊躇無くそ人間にたとえ講師がいようとも吠え掛かるつもりではあるが、

そんな気分になる前兆から排除したいわけだ。

となるとそのような人間がいる場所を極力避けたいもしくは興が冷めてしまうわけだが、

それもまた避けたいわけで苦悩なわけです。

一定数のなかに一定数のゲスがいるというのはそら当然なのだけどね。

わかってはいるが。

2017-08-30

いい記事だった

私たちは「人の不倫をなじること」に侵されている~テレビは何時間不倫を報じたか

https://news.yahoo.co.jp/byline/sakaiosamu/20170830-00075044/

立派なニュースキャスターが「やってるかどうか」を追及

なぜこんなことになったのか。これについては別の機会に分析を試みたいが、大まかにはここで説明できる。不倫ニュースはほぼ、週刊誌最初に報じたネタだ。とくに週刊文春情報収集はいつの間にか、民放が束になってもかなわなくなっている。ワイドショーによく出る芸能レポーター最近は、自ら取材せず「文春待ち」にしか見えない。テレビ番組独自特ダネを得る意欲を失い、週刊文春プロモーション装置に陥っている。

文春が報じたネタネット記事となって飛び交う。それを見て慌てて文春の発売日にテレビが報じる。そこに視聴者Twitterなどで反応し、拡散竜巻のようになって暴れ回る。テレビは文春に受動的で、ネット記事Twitterにおくれを取るまいと煽りまくる。そんな構図ができてしまった。

ワイドショー専売特許だったはずの不倫ネタはいまやニュース報道番組でも取り扱われる。立派な経歴を持つニュースキャスターがこぞって「今井橋本議員はやったかどうか」を追及している。「やってないなんて通るんでしょうか」とベテランキャスターゲスト知識人議論している。

不倫はいけないことだと私だって思う。だがそれを本当に責める権利は身内にしかないのではないか。夫もしくは妻、そして親や子どもなどの家族には不倫をした人間をなじる権利があると思うが、ニュースキャスターが「一夜を共にした男女が”やったかやらなかったか”」を、何の根拠もなく憶測で「やってないはずない」と主張するのはどんな社会的意義があるのだろうか。

テレビ局ニュースキャスターのみなさんはこのデータを見てどう感じるだろうか。「どうかしちゃってるな、自分たちは」そう感じてほしいと思う。どう見ても異常な状態だ。

そして誰より、私たち自身がこのグラフで目を覚ますべきではないかテレビが取りあげネット記事にするのは、視聴率PV数が稼げるからだ。そしてそれは私たち自身がそういう番組記事を読んでしまっているからだ。私たちはいま、おかしい。人の不倫をなじるのに時間エネルギーをどれだけ費やしているかを考え直すべきだ。テレビネットが取りあげても、もう振り向かない。そんな毅然とした姿勢私たちにこそ必要だと思う。不倫話題馬鹿みたいに好きな大人を見て、子どもたちはどう思っているかを考えたいと私は思う。

2017-08-28

ホモバカにするくせにホモのふりして遊んでるガキいるじゃん。

野獣何とかって言って。

あれさ、障碍者の真似して笑うのと根底は一緒じゃん。

目にするだけですっっっっごい不快なんだけどどうしたら辞めさせられると思う?

関係ないコンテンツにまで浸透してるので受動的に見えてしまうから尚更たち悪い。

2017-08-19

助けてと言えない人が助からないのはなぜか

https://anond.hatelabo.jp/20170817225450

ブコメに、

何を主張することもなく、全存在が、ただ存在する、というそれだけで自動的に救済されているべきであり、「助けてほしいと正確に叫ぶことができる人が助かる」ような社会肯定されるべきではない。

「かわいそう」って思われないと助けてもらえなくて、「かわいそう」って評価が嫌いな人が助けてもらえない印象。

とあるが、この二つは根本的に間違っている。

なぜ、助けてと言えない人が助からないのか?それは、助けてと言えない人は助けられてもそれを受け入れることができないかなのだ。助ける側の問題ではなく、助けられる側の問題なのである

きっとこれを読んで、助けられる側に問題があるからからないなんてのは残酷だ、と思う方もいらっしゃるだろう。けれども、そもそもかると言うのはどう言うことなのだろう?

それは、助けられる側の問題解決した状態、と言うのではまだ足りない。助けられる側が助かったと思える状態まで行かないと助かってはいないのだ。

まり、助けられる側が助かったと言う認識を持たねばならず、この点をクリアするために必要なのは助ける側が助ける行為をすることだけではなく、助けられる側がそれを受け入れるということが必要だ。助けられるということは受動的に与えられる救いではなく、能動的に動かねば掴めない幸せなのだ

から、助けてと言えない人、自分は助かりたいのだということに素直になれない人は、どうあがいても助からない。

そして、素直に助けてと言えない人はたくさんいる。助けの手を差し伸べられても、過去経験からそれを疑ってしまってそれを掴めない人はいる。助けてもらっても、助けてもらった自分をかわいそうだと思われた自分だと認識して助けてもらったことを否定してしまい、元の地獄に戻ってしまう人もいる。そのほかにも、様々な理由で助けてと言えない人は本当に多い。

そういう人々が助かるためにはどうしたらいいのか?

助けてと言えない理由千差万別だが、助かるための処方箋はたった一つである

それが、素直になることなのだ。

素直に助けてと言えばいい。助けの手を素直に信じればいい。助かった時に素直にそれを受け入れればいい。

それで裏切られることがないとは言わない。

しかし、努力が必ず人を報いるわけではないが成功のためには努力必要なのと同じように、素直になったからといって必ず助かるわけではないが助かるには素直さがどうしても必要なのだ

助かったと思うことが助かることなのだから

【追記】

素直でないと助けないという恣意的な言い換えでワロタ

違うよ。確かに、助かりたいのならば素直になれ、という話だけれど、素直じゃない人にも助けの手を伸ばしている人はたくさんいるよ。元増田もそう。だから、素直にそれに気づいてくれ受け入れてくれ、って話だよ。

2017-08-17

これからどうすればいいのかわからない

今29歳。会社を3ケ月前に辞めた。

さいこから先生や周りの大人に抜群にウケが良かった。

自分からは言い出さなかったけど、周りが勝手学級委員とか何かの代表に推薦してきたり、

地方公立小中を出たけどいわゆるヤンキーとも普通に友達だった。

クラスに馴染めない子がいたらそれとなく声をかけたりもしてた。

成績もまあまあ良かったから、推薦で私立高校特待生で入って大学に行った。

大学入学直前うちにお金がないことがわかって新聞奨学生として学費生活費を稼ぎながら通った。

大して勉強したいこともなかったが、周りがみんな大学行ってたから専門や就職は考えなかった。

学費の元をとろうと思って就活も頑張ったら第一志望の企業に行けた。

入社最初カスタマーセンターに配属された。電話死ぬほど苦手だったので社会人生活終わったと思ったが、

すごく頑張ったら3ケ月後にナンバーワンになってた。

それから色々経験して、最終的にいわゆる会社花形部署に配属されて思いっき仕事した。

社会人7年目に入ったころ、上司からあなた管理職にしたい」的なことを言われた。

絶対嫌だと思った。今より残業が増えるし上層部に振り回されるしどんどんこの会社しか生きられなくなる気がしたからだ。

ちょっと考えて、その場で「辞めます」と言った。

ここで初めて、レールから外れた。

今までずっと、誰かが示してくれたレールの上を落ちないように走ってきた。

自分で考えるよりも先に、誰かが課題を与えてくれたから、それをがむしゃらにやってればよかった。

29年間、自分で考えることをサボってきた。

この3か月間、色々な本を読んだり、自己分析したり、勉強したりしてるけど、

自分がこれから何をやりたいのか、どうやって生きていきたいのかがずっとモヤモヤしている。

ネットにはよく「好きなことを極めろ」とか書いてあるけど、好きなことが見つからない。

受動的に過ごしてきたツケだと思ってる。

会社を辞めたことは後悔してない。自分が初めて与えられた環境にノーを言えたからだ。

初めて自分の声を受け入れて、とても気持ちいいと思った。

ただ、今とても苦しい。

自分の進む方向を自分で考えて決断することが初めてだからだと思う。

また会社員として働くこともできるし、東京を離れることだってできるし、

地元に帰ったり、地方移住したり、外国に行くことだってできる。

レールの外歴3ケ月の自分には選択肢が多すぎて頭がパンクしそうである

2017-08-16

https://anond.hatelabo.jp/20170816214200

豆にチェックしても受動的に得る情報は役に立たないのが多いなーって最近はよく思う。

例のCMは人は守るべき価値のある存在なのか?って悪堕ちする話

あの父親が「自分家族思いのいい父親だと思い込んでる」「家事を言いつけられるのに不満を持っている」とかいうのは全く逆。

「妻に言いつけられたことしかできない自分」をダメだと思っていて、受動的に動くだけで本当の意味家族思いのいい父親になれてないことに悩んでる。

正義の味方人間のために戦うも力が及ばなかったり、自分のしたことが新たな問題や争いを産んでしまったりすることに悩んでるようなものだ。

そんな時ふと脳裏によみがえるのがかつて自分が悪として打倒した奴の姿。

果たして俺がやってきたことは正しかったのだろうか・・・もしかして奴の方が正しかったのでは・・・

そんな迷いの中で普段理想とは違う行動を取ってしまった正義の味方はそのことで村人に責め立てられますます葛藤を深める。

果たして俺の目指してきた理想は守るべき価値のあるものだったのだろうか・・・

そんな時に牛乳石鹸ソウルジェムの濁りを洗い流して明日からまた理想自分を目指して頑張ろう!

そういうCM

理想の姿になかなかたどり着けない時にその理想のものが目指す価値のあるものなのかと疑問を抱いてしま

人が陥りがちな普遍的な悩みとそんなこと言わずまた明日から頑張ろうよっていうのを描いたショートストーリー

https://anond.hatelabo.jp/20170816150942

家族思いの優しいパパ」になりたいけどなり切れてないことにも悩んでるんだよ夫は

妻に言われたことをやるという受動的なかかわりしか出来てないという思いがある。

そんな中ふと仕事人間だった威厳ある父親の姿を思い出し、怒られた部下を慰めようと

飲みに誘ってみるも逆に気を使われてる始末でそっちもうまくいってない。

家に帰ったら当然子供誕生日をすっぽかしたことで怒られる

どっちつかずでうまくいかないダメ自分のあるべき姿や生き方に迷いは葛藤はあるけど

明日から毎日を生きていくしかないよねってお話でしょ。

2017-08-01

https://anond.hatelabo.jp/20170801181236

自分能動文書いてたら受動になるとかよくあるので

国語文法教育をしてほしい。

読解はできるんだけど書くとき推敲してほしいぐらいだ。

ちなみに英語も苦手だ。

もう2ちゃんでもどこでもそうだけど

めちゃくちゃな日本語書くやつが増えたな

話す延長で書いてるから文語口語がごちゃごちゃになってるんだろ

能動受動でまるで意味違うのに使い分けてない増田いてビビったわ

2017-07-26

異世界はスマートフォンとともに、なろうで連載が始まった当初から読んでるが、アニメ化してもダメだろうなと思ってた。

基本的にあの作者が書く主人公能力やら周囲のキャラクターで色付けされていく着せ替え人形で、能動的ではなく受動的なタイプ

原作一人称物語が進んでいくから主人公が何を考えているのかとかはわかりやすいけど、アニメはそれらがほぼカットされてるから視聴者には伝わらない。

それでサラっと内容の薄い物語が進んでいくんだから面白い訳がない。HJノベルスはプッシュする作品を間違ったね。

2017-07-14

英語

通じればいいじゃん的な緩さで適当勉強(?)してたら、

全然点取れないかった。

通じればいいじゃんは会話であって、

読解でもないし記述でもないんだな。

そして几帳面にやった方が通じる。

しかし、日本英語はなぜ、

読解、文法単語記述リスニングという分類なんだ。

読解、記述、話す、リスニングであって、

文法単語はそれらをこなすための土台だろ?

それでもって、

読解とリスニング受動的で

記述、話すは能動的だ。

そして話す(speak)と会話する(talk)はちょっと違う。

などと屁理屈を言ってみる。

2017-07-02

https://anond.hatelabo.jp/20170701132837

放映させないとつぶれるアニメ制作会社自転車操業し続けてるだけ。受動的に情報が得られるテレビ以外の媒体作品が日の目を見ることがいかに難しいかということかもしれない。(原作がない新作となるとなおさら

それでも何年も続いているのは、制作会社がつぶれても、人が他に流れていける契約個人事業主)だからというのと、単価が低い外注化でなんとか乗り切っていると思われるが、納期に間に合わず放送が飛ぶことも普通になってきている昨今、どうなっていくのだろう。アニメがなくなったらそれはそれで困る。

2017-06-28

がっかりするかもしれないと分かっていても真実を知ろうとするのか、

真実を知らずにいる可能性があると分かっていても知ろうとしないでいるのかで迷うことが多い。

知ることで得た落胆や戸惑いを乗り越えた上で対象と向き合いたいと思うこともあるから

自分に知らないことがある、と思うとなんだかそわそわして落ち着かなかったりもする。

そうやって何かを知ろうとして得たものは、自分場合プラマイゼロくらいかもしれない。

だけど、大きな視点で見れば私は圧倒的に何も知らずに生きている人間なんだろう。

からこそ今こうして、この状態生活することができているんだろう。

それも忘れてはいけないような気がした。

そう思うと、今日悩んだことについてもわざわざ知ろうとしなくていいのかなと思った。

もし受動的に知ってしまときがあったとしたら、それはそれでいい。

2017-06-27

https://anond.hatelabo.jp/20170627010934

男の性=能動、女の性=受動なので(オスがまず気に入ったメスにアプローチする=>メスは受け入れるか拒絶する)

なら、選ぶのはメスの側で、選ばれるのはオスの側だろ。

散々言われている今更な話を何故逆に思い込んでいるのか。

 軽自動車軽油を入れちゃう問題と、食間の薬を食事と一緒に飲んじゃう問題、似てる気がする。

 交通標識英語ではなく、日本語話者にとっても英語圏の人にも読みづらいローマ字表示をしていたり、重要なところでの言葉センスが変です、この国。

 それでいて、テレビ番組出演者が、いわゆる 「ら抜き言葉」 で話した際には、出演者発声していない 「ら」 が足された字幕が表示されたりする。

 「ら」 を足したら受動的になっちゃ言葉が多いのに、何も考えずに 「ら」 が足されているだろう。

https://anond.hatelabo.jp/20170626190949

いまさらだけど、男の性=能動、女の性=受動なので(オスがまず気に入ったメスにアプローチする=>メスは受け入れるか拒絶する)、女は相手に選ばれるかとまず考えるのに対し、男は自分の側が選ばれることに関しては思考範囲外で、自分の側が選ぶことしか考えない。

最近じゃ男も選ばれる側になってきたり、見られる側になってきたりしつつあるけど、基本はこれ。男は選ばれることに耐性ついてないから、発狂しがち。「女のように求められる男」に対する嫉妬もものすごい。

2017-06-19

20代後半の転職前後感想

転職して数週間経過。

全体的な研修も大方終了し、所属部署での振る舞いもすこーし慣れてきた。

職種・業種共に未経験での入社のため、会社内で交わされる言葉の90%がナニソレな状況。

(一部重なる部分もあるため、多少は大丈夫だよね。と思って入社も撃沈)

以下、各ポイントで前職との比較備忘録的に。

※内資某メーカー外資メーカー

業務内容、専門分野

これはもう全然違いますね。

涙でるくらい。

新旧どちらも同じ市場で扱われる製品もあるし、とは思っていたけれどここまで違うとは。

若いうちは経験の有無よりも、今後吸収できるポテンシャルがあるかどうかが重要とか、

社内にない観点価値観があることの方が重宝されるとか言いますけど。

そもそもポータブルスキル活用機会が少ない技術専門性高の職種からなのか。

前職数年の経験は、あまり活用できなさそうな予感。


②社内の雰囲気

以前の会社は、穏やかな人が多いで有名な会社

から、社内で流れる雰囲気もゆったりしていた。

もちろん、多忙エリアだったのでまったりホワイトはいかないけども。

今回は、みなさん専門性が高いの一言。完全なる門外漢

でも、思ってたよりドライじゃないのね。

飲み会仲良いね


③社内システム

IT環境スバラシク改善

ハード&ソフト面共に充実してます

やっぱり外資を強く感じるのはこの部分かなあ。

みなさん無駄のない業務コミュニケーションを求めている感じ。

まあ今の所は、ヘルプデスクがカタコトの日本語なところ以外は不満はないかな。


給与

実はまだ初任給いただいてないのよね。。。

契約書では同等以上になるはず。

ただ、一般的な高給取りとは程遠いから、そこそこもらえればほんと最高なんですが。

でも、評価制度も厳しそうだし、心配よねえ。


⑤勤務体系、環境

ガチガチの固定勤務→フルフレックスなので戸惑いの嵐。

遅刻という概念がないのかあるのか、みなさんふらっとき業務されてます

まあ、各人ある程度の出勤時間を決めているわけで、実際はそんなに自由じゃないのかな。

あとは事実上活用されてないであろう制度がいくつか。

まあ、業務量が普通に多かったら調節できる部分なんて少ないもんね。

ただ、今までは制度受動的に管理されていた部分にも、これからは目を向けないとね。


結論

まだ比較箇所はたくさんあるけれど、もう少し慣れてきた頃に追加しようかな。

現状では専門知識語学力課題

すぐ弱音吐いちゃう豆腐メンタルのため、明日から口にはしないようにしよう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん