「日本死ね」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日本死ねとは

2021-07-21

anond:20210721163833

日本死ねを取り上げた国会議員自民に媚を売った挙げ句自身スキャンダルが遠因で国政引退かいう恥ずかしすぎる末路

anond:20210721071048

いやいや。

それこそ「保育園落ちた日本死ね」みたいに。

バズリネタで使いたい。

または話題だけど名前出してやりづらいネタ投稿してもらいたいんだよ。

あとここのを元ネタにはてぶで記事を書くってのもあるな。

元ネタロンダリングと言うか。

2021-07-17

自民党アンチ自民党工作員電通

はてなも終わっちまった。

5chと同じだ。

まとめサイト踏み台になった。

日本死ね」のあと、結局何もやらなかった。

そのツケを払うときがきた。

Twitterがマシに見える。

雑な凍結が吹き荒れるあの地さえ、世界コントロールとしようとするスパムの嵐と戦っている。

はてなは敗北した。

政治宗教野球の話をなんでしてはいけないと思う?

それは、そのコミュニティがつまらなくなっちまうからだ。

思い出してくれ、好きな球団が勝った負けたで期限が乱高下する上司がいる職場は、いつだって最悪だったろ?

2021-07-12

anond:20210711225257

保育園落ちた日本死ね

まぁ官公庁に限らず一般企業でもSNSなりマーケティング分析一般的になって意思決定に活かされている時代なんだよね

ただの書き込みに何の意味があるの系おじさんはさすがに認識が古すぎる

2021-07-11

anond:20210711124720

日本死ね以外の増田発の言葉教えて

にわかですまん

多分増田

日本死ね

ゴミを貼るな

・書いたな、俺の前で、○○の話題を!



ちゃうがな

KKO

台風コロッケ

・グエー死んだンゴ

・だいしゅきホールド

2021-07-08

嚥下障害高齢者栄養を与えなければ

体力を失い、舌根沈下が悪化して窒息死に陥りかねない

が、在宅診療医師や、後期高齢者病棟医師は、

医師の息子で就職できなかった奴

外来医になれない現場知らず

から得た知識と態度だけひけらかすクソ

日本死ね

2021-07-07

最近はてなが糞溜になってきてる

このところ特に顕著になってきているのが、早い段階で攻撃的なコメントが星を集めてから、その後にID付きの反論コメントがついて星を追い上げるパターン

じゃぁ反論コメント良識があるかというとそうではなくて、それはそれですごい極端な意見だったりする。

それが何を意味してるかというと、いまのはてなでは思慮深く多角的物事を捉えられているコメントが誰の目にも留まらない状況になっているということ。

まり、どっちがくさいうんこ投げられるか大会の会場に成り果ててしまった。

勝手想像だけど、今まで他のSNSでイキってたようなガキンチョ(世の中ではい大人と言われるようなやつら)が流れ着いてきてる感が強くて見てられないんだよね。

先日、古参はてな民がいなくなってるというやりとりが何ターンか続いてたけど、運営がこんな状況を野放しにしてたらそりゃそうだろなって思う。

ましてはHAGEX氏の事件があってからこうした状況は沈静化していくどころか加速していく一方にしか思えなくて、もしかして運営無能なんじゃない?っていう気持ちしか湧いてこないんだよね。

最近国語力の増田とかを吊るしてるのを見て、ユーザーユーザー勉強しないなって不安になったばかり。

日本死ね国会まで行ったことに運営は喜んだのかもしれないけど、あの辺がターニングポイントになってはてなリークとかディベート(笑)が増えたけど、優良な個人コンテンツが輩出されることがなくなっていってるようにしか思えない。

それがはてな方針というならそれまでだけど、早い段階でよっぴーさんからブコメ素行の悪さは指摘されていたわけで、1はてなユーザーとしては残念でなりません。

これからうんこ投げ頑張ってください。

2021-07-06

サッカー選手差別発言フランス在住作家

 フランス人サッカー選手フランス語日本人/アジア人差別する発言したことに関して、フランス在住の日本人作家が「これは差別発言ではない」と擁護していた。これを擁護した理由は、彼が「仮想的(ヴァーチャル)フランス人」になりきっているからだろう。

 昔から日本では「仮想的(ヴァーチャル)外国人」になりきって「日本/日本人ダメだ。ただし『ヴァーチャル外国人である自分例外とする」というスタイルで、自分たちが棄てた日本日本人を腐すビジネスを行う人間がいる。例えば、外国人結婚してパートナー出身国移住し、日本人向けに「ダメ日本人とは異なり、X国人はこんな素敵な生活を送っている」的な日本書籍を出して小銭を稼ぐタイプ人間である

 万葉集には、桜を詠んだ歌よりも梅を詠んだ歌の方が多い。それは、梅を愛でることが、当時の先進国であった中国大陸文化だったかである。実は、昔から日本人舶来信仰が強いのである。それでも万葉人たちは、大陸文化に憧れる一方で、日本列島に生きる自分たち自身文化を、自らの手で作り出そうとする気概も持ち合わせていた。しかし、現代仮想的(ヴァーチャル)外国人は、そうではない。日本ダメな部分を何とかするべき当事者としての責任を持つことや、日本改善する為の具体的な営為に携わる泥臭い努力を、彼らは好まない。それよりも「ダメ日本/日本人のことを罵ったり嘲笑する」ことの方を好む。言うまでもなく、その方がラクからである

 仮想的(ヴァーチャル)外国人としての思考の持ち主は「日本死ね!」が流行語大賞に選出されれば快哉を叫ぶし、外国人による日本人差別発言に関しては「これは差別発言ではない」と擁護したりする。こんな彼らの根底に有るものは何かと言えば、仮想的(ヴァーチャル)外国人としてのショーヴィニズムと、それに加えて、没落国/発展途上国人間相手ならば何をしても/言っても許されるという強烈な差別意識である。私は、このような仮想的(ヴァーチャル)外国人としてのショーヴィニズムを“盲目的愛異国心”と心密かに呼んでいる。

 最近よく「もう日本は没落し始めた国なのだから、その国民である日本人も何かを言う資格は無い」的なことを言う人間を、はてなブックマークでも見かけるが、こういう人間仮想的(ヴァーチャル)外国人の一つの例と言えるだろう。これも「日本ダメになったのは自分以外の日本人責任である」という考え方である

 さて、人間は大なり小なり、他者差別する欲求を持つ。とはいえ少し知恵が身に付くと、己の差別意識をそのまま表明することは、社会的に良ろしくない振る舞いであると(よほどの愚か者ではない限りは)学習する。その時、真っ当な人間たちは、差別をしない方向に努め始めるが、他方では、何とか理屈を付けて合法的(?)に差別欲求を満たしたいという明後日の方向に努力する人間も現れる。そんな彼らが編み出したのが、仮想的(ヴァーチャル)外国人になりきって、日本/日本人馬鹿にすることで、己の差別欲求を満たす手法というわけである。「日本日本人を罵ったり嘲笑することは、差別ではない。何故ならば、言っている自分日本人から」という理屈である

 「これは嘲笑罵倒ではなく、自嘲的な批判である」「ダメ日本/日本人を何とかしたいと思っているからこそ、敢えて汚い言葉を使うのだ」という論法も頻繁に用いられる。そんな彼らの言う「ダメ日本/日本人」に、彼ら自身が含まれることは決して無い。彼らの中では、あくまでもダメなのは「彼ら以外の日本人である。また「日本を良くしたいから汚い言葉を使う」とは言うが、その汚い言葉使いを、彼らが属しているつもりになっている、仮想母国であるX国を相手に使うことは無いと言っても過言ではない。欠点の無い国や過ちを犯したことの無い国は存在しないのだから、従って、彼らの精神的・仮想的(ヴァーチャル)母国に該当するX国も、日本と同様に汚い言葉で罵ったり嘲笑しても構わない筈なのだが。

 件のフランス在住作家や、彼のサッカー選手擁護鵜呑みにしていた人間たちも、仮想的(ヴァーチャル)フランス人になろうとしているようである。それだけならば、別に彼らの勝手から好きにすれば良い話ではあるのだが、しかし彼らのしていることは、畢竟「おフランスダンナ。あっしは他のニホンザルと違って、ダンナのすることに逆らいやしませんからね。あっしのことを、他のニホンザルと同じに扱わないで下さいね?あっしはダンナと同じく『フランス人』ですからね?」という阿り以外の何物でもない。ビリーアイリッシュのC-word発言映像に対して「自分アジア人だけど気にしない」と、彼女に阿るコメントをする日本人アジア人が多数いたのも、これも同じ動機である

 日本人(アジア人)としてのダメな部分に、きちんと当事者として向き合っていないから、いざ日本人(アジア人)差別に遭遇した時に「これは差別ではない!非日本人(非アジア人)に生まれ変わった現在自分が、アジア人差別なんかに遭うはずが無い!」と現実逃避する羽目になるのである

 X国の部分をフランス以外の国に入れ換えれば、同じことをしている人間は沢山いる。貴方の周囲にだって、一人や二人はいるだろう。そういう人間は、件のフランス在住作家と同じ轍を踏む可能性が有る。気をつけた方が良い。

2021-07-03

anond:20210703224018

"保育園落ちた日本死ね"で政治を動かした実績のある増田でやれば良いのにね

2021-06-30

昔……おそらく2006年くらいの自分は、家庭を持つ事に憧れていたし母親になりたいと思っていたと思うんだけど。

つのからか、小さい子供を持つ「母親」というもの世間で無条件に持て囃され、何ら責任を負わずに済むようという風潮になってしまった。こんな世の中では世の「母親」というものに対して反発と敵対心しか持てず。母親子供虐待死させようが無条件で庇われ、肯定されるという世の中。とにかくそれが嫌で嫌でしょうがない。

ネット言論はどこを見ても、母親に多くを求めるな、三歳児「神話」なんてない、子育て保育園に丸投げしていい、母性信仰押し付けやめろ、といったものばかり。育休や子供の急な発熱による遅刻早退欠勤仕事独身の同僚に皺寄せがいっている事を愚痴られても会社経営者が悪いで済ませ、彼女自身会社改善するために自発的に動く事などはない。独身女性の声と違って聞き入れてもらいやすいにも関わらず。あなたたちの娘だって将来独身の成人女性になる可能性はあるのに。それに比べると父親に関しては虐待育児放棄は叩かれ、多少はまともに親の責任を果たす事が求められている。とにかく小さい子供を持つ「母親」は全面的肯定され、何ら責任を果たさずに済むようになっているもよう。

子育てに対する金銭的・精神的な支援も昔に比べれば格段に増えたのに、もっともっとと際限なく求める。日本経済状況が悪化する中で、こと子育てに関してはじゃぶじゃぶお金を使えるんだから、その税負担独身や子無しにいっている事はちょっと考えれば分かる筈なのに、感謝するどころか日本は子持ちに優しくない!と被害者面するばかり。

いつからこんなふうになってしまったんだろう。

映画の『トゥモロー・ワールド』が2006年か。あの映画は好きだったけど、繁殖力が衰えて少子化が進んだ未来社会妊婦赤ん坊希望を見出すというテーマ、正直今だと全く受け付けないような気がする。あの頃も「少子化」が叫ばれてはいたんだろうけれど、少なくとも今よりはまだ気にならなかった記憶なんだよな…。

東日本大震災での原発事故後の「子供を守れ」の大合唱や、その後の「保育園落ちたぞ日本死ね」辺りが契機だったように記憶している。

ただ2011年3月の時点では既に少子化悪玉論にうんざりしていたような記憶はあるな…その辺どうも曖昧

自分記憶だと2006年頃は、「貧困」「格差社会」「プレカリアート」が標語とされ、年齢を問わず非正規労働貧困問題が語られていたような記憶少子化話題にされてはいても、その原因として貧困故に結婚できない若者存在ちゃん話題にされていたし、少子化対策として今のように「子育て支援」一辺倒ではなかったような記憶だ。それが今では「貧困」は「子供貧困」になり、子供のいない成人の貧困は置き去りにされるようになってしまった。給与についても「若者給料は低い」とのみ語られ、現在の中高年(かつての若者)だって給料は低いし上がる見込みもない事は無視される。

2000年代後半から震災前後にかけて、だんだんと年齢や子供の有無による選別が進み、生産性のない人間露骨に虐げてよいという風潮になったのか…?と思っているけれど、どうだろう。

フィクションだと『TIGER&BUNNY』の主人公が、娘を郷里の母に預けていた事で育児放棄と叩かれていたのが印象的だった。これ、もし主人公父親じゃなくて母親だったならこんなふうに叩かれたんだろうか?って思った。いやそもそも女性だったら主人公にならなかったのかもしれないが。

現実と同様にフィクション作品においても父親は叩かれるが母親全面的擁護されるという傾向、いつのからかあからさまになったなーって思う。

あと気持ち悪かったのが『おおかみこどもの雨と雪』に対するネットでの反応。母親完璧を求めるな母性信仰押し付けるなと、あくまで一人の女性を描いたフィクションであるにも関わらずそれを現実の全ての母親に対しても求めているかのような意見が異様に多くて怖かった。まああの作品は娘の視点から見て、息子と娘で差をつけすぎという感想結構あってそれには納得したけれど。

昔の自分漫画の『フルーツバスケット』のようにシングルマザーの子育てを描いた作品が好きで、自分もそんな母親になりたいという気持ちがあったんだけど。今は何かもう未成年の子供を持つ「母親」という存在自体が地雷で、見るに堪えない(明確に古い時代舞台にした話ならばかろうじて大丈夫かもしれない)。好きだったんだけどなー。母親愛情を持って子供を育てる話。今の母親はどこまでも自分自分がで子供の事なんかアクセサリー程度にしか思っていないようなのばかりだし、フィクションでもその手のコミックエッセイが異常に増えて、もううんざりだ。

今だと『破壊神マグちゃん』とかも、これは一見母親子供のために頑張って稼いでいるように見えても実際には税金で十分な支援受け子しか搾取してるんだろうなと思うと嫌な気持ちになる。

作品や作者に罪はないんだけどもう昔のような純粋な目では見れない。

何がしんどいって今生きてる子供達は皆、そういう我が儘で傲慢母親からまれてきたって事だよなー。だから子供を助けるような仕事をするのもそういう母親を助ける事に直結してしまうので嫌な気分になるというか。

子供のため、じゃなくてその子供達が大人になった時の、大人人権を守ろうという発想ならまだ少しはマシかもしれないけれど。それでも今の「母親世代を利するのかと思うとうんざりではある。

2021-06-29

anond:20210629223017

仮にそうだとしてもも何も出てるだろ

私が言いたいのはこうやって日本死ねとか言ってればTwitterの誰かが見つけてバズらせてくれるだろみたいな浅はかさと、女が的外れな主張をする事で同じ女がバカにされて困るんだよって話なんだが?

わかるか坊や

anond:20210629203414

ゴミみたいな女がのたまう日本死ね

その言葉子供に乗り移って流産しますように^^

だってお前の子供は日本人から

日本が死のうがお前の子供が流産しようが変わりがないよね^^

コロナワクチン打てない日本死ね

職域接種のお知らせが来て、つい先日接種希望を出したばかり。

やっと打てると安心した瞬間に職域接種受付中止、再開しないとの報。

9月下旬出産前に打てる希望わずかに見えたのにもう無理だ。

少しは安心して出産に臨めると思ったのに。

あと、妊婦が打った場合、臍帯血から抗体が検出されてるらしく、出産前に打てたら胎児が産まれてくる前に少しは抗体分けてあげられたかもしれないのに。

本人はしばらく接種なんてできないんだから


五輪コロナ対策人気取りの道具にするな。

日本死ね

2021-06-28

増田の良さは心理的安全性

今のはてなってピラニアであふれるナイル川みたいだよね。

普通に泳いでる分には何も起こらないけど、ちょっとでも傷ができて出血しようものなら一気にたかられて骨まで食い尽くされてしまう感じが。

しかも大半が遅れてきてすでに弱った獲物ばっかり狙うハイエナみたいなピラニアばっかりで、誰かが噛み付くまでは獲物の場所を匂わせたりちょっとちょっかい出してみたりしかしない卑怯者ばっかり。

ちょっと変なことを書いたら煽られて、反撃したらそれを理由攻撃正当化されて袋叩きになるとか、陰険学校いじめと構図が全く一緒だよ。

その点増田自分から正体を明かさなければずっと安全

クソ真面目に本音を書いてしまう人には向いてないけど、自分意見に対して世の中はどうやって反応するんだろうっていうのを調べるにはまさにもってこいのサービス

自分から開けなければ絶対に壊れない檻の中で生き血の滴る餌ぶら下げてサバンナの真ん中にいるみたいな感覚が最高に楽しい

はてなーたちは動物園の檻の外から奇妙な動物に対して好き勝手意見を言ってるつもりかもしれないけど、書いてる自分からしてみれば全く逆。

安全な檻の中からたかってくる様々な奇妙な動物たちを眺めて楽しんでいます

以前はそれでも対話を試みてくる知能ある動物もいたけど、今は明後日の方向見てダジャレだけ言ってるやつか檻の中相手に顔真っ赤にして全力で殴りにくる奴らか、頭良さそうな顔して自分世界ルールを決めてる神様かなんかだと勘違いしてるようなやつしかいないんだよ。

はてなーが顕名サービスを捨てた理由って、そういう人間ばっかり増えたからだと思う。

体感としては「日本死ね」がターニングポイントで、あれがバズったからというよりは、そういう空気が高まっているところにちょうど投げ込まれたような感じに見えた。

まあちょっとみんな余裕なさすぎだよ。

スルー力大事だし、多様性にいちいちいっちょ噛みしないでそのままの存在そのままで受け入れることが大事なんじゃないかな。

要するに無言ブクマスターもつけない。これこそが今求められているはてなしぐさ。

はてなに居る人達は、はてなの衰退を止められなかったのは何故だろうか

はてなは一時期はWeb最先端を走っていたはずだ。

Web技術デザインといったものから文章漫画サブカルといったものもあった。

はてなアンテナで情報感度の高い人が何を見ているのか知ることもできた。


どの時点から狂ってきたのか。

Webデザインはもうブックマークすらされなくなった。

2ch系ニュース板のようなものになったのか。

はてブ話題になるのはヤフーTwitter話題になっているのと変わりない。ヤフーコメントも酷いが、はてブコメントも酷い。


はてなキーワードもなくなった。キーワードを通して他の記事を読むという導線もなくなった。

から有名な人の記事は取り上げられるが、新規面白いことをやっている人の記事は出てこない。

Webの目利きも居なくなった。

Web面白くなくなってきた。

こちらについてはマネタイズが勝ったのだろう。

時間をかけて作った所でアクセス数が稼げるわけではなく、短期間でいか他人の注意を引くかに最適化された結果だろう。



追記

意図せず盛り上がってしまった。

人によって意見は違うだろうが、自分ised(https://www.glocom.ac.jp/ised/)の2004年2006年あたりをイメージしていた。

保育園落ちた日本死ね」の2016年頃は、自分の中ではもう衰退期と捉えている。

2021-06-27

anond:20210627030229

そもそもブログって何か生み出してたんですかね?

ブログ文化ってそもそも狭い世界の中の話な気がする

普通に世間で話が通じるブログ話題って日本死ね市川海老蔵辻希美くらいでは?

2021-06-26

ワクチン落ちた 日本死ね!!!!!!

大規模接種の予約無理だったわ

今は上級国民に回してるんじゃない

自治体の方の予約開始は1か月後だけど、混雑してしばらく予約取れないんだろうな

俺は打ったぞとかい年寄りマウントはいらないです

私が打てるようになる頃には日本人の何割かが接種完了しててコロナも終息してるんだろうな

今は打てないし、終息後は打たねーよ

しょうもな

とりあえずノーワクチン夏休み旅行帰省しますわ

ワクチン接種ができなかった日本死ね

ワクチン接種券が届いた。

そんで昨日大規模接種会場の予約を取ろうと思って0時きっかりにアクセスしたら、アクセス制限をくらい、10分後には予約枠が満パンになったらしい。

供給量も接種する医療人材制度全然足りていない。

受けたい人がいるのに受けれないのをどうにかしてほしい。

経済学者ランダム摂取させるべきだと言っていたがその通りすぎる。

ワクチン落ちた 日本死ね!!!!!!

大規模接種の予約無理だったわ

今は上級国民に回してるんじゃない

自治体の方の予約開始は1か月後だけど、混雑してしばらく予約取れないんだろうな

俺は打ったぞとかい年寄りマウントはいらないです


私が打てるようになる頃には日本人の何割かが接種完了しててコロナも終息してるんだろうな

今は打てないし、終息後は打たねーよ

しょうもな

とりあえずノーワクチン夏休み旅行帰省しますわ

2021-06-13

オリンピック金メダルとった日本死ね

何なんだよ日本

一億総ステイホームじゃねーのかよ

去年からずっと営業停止だわ

どうすんだよ私、生活出来ねーじゃねーか

営業してお金稼いで税金納めてやるって言ってるのに日本は何で差別するんだ?

2021-06-10

日本の政治

長年忘れてた、と言うか記憶から消していたのだが、このコロナ禍の間に思い出したことがあった。

二十年近く前、私と当時の妻は共働きで、子供保育園に入れなくてはならなかった。それで希望の園を選んで、抽選に申し込んだが、見事に落ちた。

二十年近く前だから、「日本死ね」が話題になるよりずっと前の話だ。保育園抽選が厳しいというのは噂には聞いていたが、実際落ちてみると、非常に困った。第二希望の園では仕事に定時に行けるかわからないし、第三希望となると定時出社は距離的にほぼ無理だ。今みたいに「イクメン」なんて言葉もない頃で、少なくとも私の勤務先は、保育園に行くからシフト勤務、など許してもらえる会社ではなかった。

困った挙句、妻が知人にその悩みを相談したところ、何処そこの誰それさんに連絡してみて、と言われ、藁をも掴む思いだったので言われた通りにした。したところあっさりと、第二希望が通った。

助かった、と思った。が同時に、なんとも釈然としない気持ちになった。だってそうだろう。そんなことで決まってしまっては、抽選など、なんの公平性もない。

後日、その議員さんに、手紙を書いたのか菓子折りでも持って行ったか忘れたが、とにかくそれきり、そのことは忘れた。何処の党の人だったかも、聞いたかどうかすら記憶がない。

何故、この話を今思い出したのかというと、日本の政治家のやっていることは詰まるところ、こういった御用聞きというか人たらしというか、そういうことなのだと、この二年間のニュースを見続けて嫌というほど思い知らされたからだ。安倍にしても菅にしても、他の多くの政治家にしても、皆が皆、我々が想像するような悪人ではないのかも知れない。ただ近しい人によくしてあげる、ただそれだけを何の魂胆もなくやってきて、その積み重ねで今があるのではないかと。これは与党野党も同じなのだが、強いて言えば政権を取れる人というのはチヤホヤされるのが人一倍好きな人で、その分周りに親分肌を利かせるのではないだろうか。

そして、偉くなればなるほど、金目当てでイカサマ取り巻き連中も増えるだろうし、全力で証拠隠滅に走る部下もまた、いるのだろう。

決して日本だけの話ではないだろう。とはいえ日本人は良くも悪くも、純真過ぎるのだと思う。「美しい国」なんて言葉であったり、党首討論オリンピックの思い出話を始めたり、我々からしたら何故それが受け入れられると思ったのか理解に苦しむ失言であったりというのは、まさにそういうことなのだろう。

ただそろそろ、そういうことは本当にやめにして頂かないと、この国は滅んでしまう。この二年間に報道されただけでも、一体どれだけの金が訳の分からぬ処へ流れたか。もういい加減、限度を超えてしまっている。近しい人だけ見ている人は、それに永遠に気付かない。

思い返せば自分も、それでその議員感謝して応援するような人間でなくて良かったと思う。その分、生きづらい人生を送っている気もするが。

近しい人を助けることで、全体が上手く回った時代というのもあったのだと思う。がしかし、とうの昔に、そしてこの二年間で尚のこと、時代は変わってしまったのだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん