「メンタルヘルス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メンタルヘルスとは

2019-01-12

海外小児性愛障害の扱い

まず、大前提として、空想我慢しない宣言は、他害宣である

日本

日本現行法医師弁護士守秘義務が解除される場合として、

児童虐待に関する通告 義務

児童福祉法第 25 条

児童虐待の防止等に関する法律第 5 条 同第 6 条第 1 項・第 3 項)


児童虐待に係る通告)

3 刑法明治四十年法律第四十五号)の秘密漏示罪の規定その他の守秘義務に関する法律規定は、第一項の規定による通告をする義務の遵守を妨げるもの解釈してはならない。

とはいえ反社会的なこと言っても実害が確認されなければ傾聴が基本

海外

カナダについて

通告義務について

医師看護婦(士)、歯科医薬剤師臨床心理士を含む、ヘルスケア専門職

教師および学校長

ソーシャルワーカーおよびファミリーカウンセラー

牧師ユダヤ教ラビ、他の宗教聖職者

・保育者、保育園管理者

・ユースワーカー、レクリエーションワーカー

警官保安官や検死官

弁護士

サービス提供者との雇用者

子どもに関与する専門職あるいは公的職業にあるいかなる物


刑罰について

上記の通告義務者が、疑わしい子ども虐待ネグレクトに関して通告を怠った場合には、

1,000ドル以上の罰金が科せられる。


通報者は子ども虐待ネグレクトに気づいたら、「疑い」だけで通告することができる。この段階では、虐待の疑いについて事前評価調査実施0の結果、通告の半分の45%が誤通となるが、逆に表現するとその半分の55%が保護などのサービスを受けている。

http://www.ritsumei.ac.jp/~yamamoto/seminar/03goudou/rits2ss.htm

アメリカについて

児童虐待通告法>

各州の通告義務者 約40種ほどの専門職 (特に重要専門家は、医療関係者保険従事者・教育関係者社会サービス関係者司法警察関係者

義務とはなっていない者 家族・隣人・一般人(但しこれらからも通告を受け入れる)

各州の特殊な例 コロラドイリノイカリフォルニア州 写真現像者にも通告義務児童性的写真に明白に現れているような性的虐待性的搾取を知る立場にある者)

        フロリダケンタッキーミネソタ州等 虐待を疑う立場にある者は誰でも通告義務がある

措置  以前に同様の虐待事実があることがわかり、その事実に疑いを持ちながらも通告しなかった通告義務者の存在が明らかになったとき、通告義務者にも訴追が行われる。罰金拘禁刑制裁対応し、行政的には、医師等の免許取り消しまたは停止の措置がとられている。

問題点 監視の網の目を細かくしすぎた。→精神科医カウンセラーに対しても通告義務を課し、虐待範囲不明瞭な法律規定をおいたこから児童虐待定義不本意拡張され、あいまいものとなった

http://www.ritsumei.ac.jp/~yamamoto/seminar/03goudou/rits2ss.htm

実際の例

イギリス
ドキュメント映画:The Paedophile Hunter・・・文字通りペドを狩る。狩られた者は実際には行為に及んでおらず(逮捕後、釈放もされた)撮影が原因により自殺したが起訴なし。英国アカデミー賞テレビ部門 単発ドキュメンタリー受賞作品。なおペド疑いがある者に私刑を行う団体支援者がいる模様

UK-wide operation snares 660 suspected paedophiles・・・在的な児童虐待犯罪者が一線を超える前(他害する前)にアクション大事
http://www.nationalcrimeagency.gov.uk/news/411-uk-wide-operation-snares-660-paedophiles

カナダ

法律問題通報義務があるのでペドカウンセラー相談できない事態 (治療拒否ならまだ良い方)

At the same time, laws can also deter them from even speaking to their therapists.

Across Canada, provincial rules require that mental-health professionals must report a patient to authorities if they have reasonable grounds to believe that a specific child is at risk of being sexually molested or exploited.

At the same time, laws can also deter them from even speaking to their therapists.

Across Canada, provincial rules require that mental-health professionals must report a patient to authorities if they have reasonable grounds to believe that a specific child is at risk of being sexually molested or exploited.


■それでは深刻化するばかりだと治療しようとするも、ペド自閉症または統合失調気味で知能が低めとバッサリ

https://www.cbc.ca/news/canada/virtuous-pedophiles-group-gives-support-therapy-cannot-1.2710160

アメリカ

法律問題通報しないといけないのでペドカウンセラー相談できない可能

Many jurisdictions have passed mandatory reporting regulations for psychologists and other health care providers.

Consequently, when someone who thinks he might be a pedophile comes in for counseling or therapy, the psychologist may be compelled by law to report the person to the authorities.

https://www.theatlantic.com/health/archive/2013/08/what-can-be-done-about-pedophilia/279024/


通報じゃなくて無害なMAP(minor-attracted person=未成年者に引かれる人)をメンタルヘルス専門家支援しようという試み。なお保守派右翼はおこ
http://www.asapinternational.org/index.html

小児性愛障害空想我慢しないと表明している人

anond:20190111232502 anond:20190111232447 anond:20190111194222 anond:20190112102503 anond:20190111214535 anond:20190111210552 anond:20190112211233 anond:20190112221516 anond:20190112181634 anond:20190116112046

2018-12-28

褒められるんじゃなくて愛されたい

表題から察せられる通り、私は人から褒められた経験こそあるものの、他人から愛された経験というのが激烈に乏しい。

友人も少ない、恋人ができたことなんて一度も無い。

正直に言って、これがかなり大きなコンプレックスになっている。

こういうことを言うと、親はあなたのこと愛して…などと言う人がいる。

かに現在、両親との関係は悪くは無いが、ただこれまでに全く問題が無かったかといえばそれは違う。

どこのご家庭でも大なり小なり多少の問題はあると思うが、うちの場合はまず、母親がかなり不安定な人だった。基本的には大人しい性格の人なのだが、ヒステリーを起こしやすい一面があった。母といえど他人なので彼女の正確な心の動きが分かる訳ではないのだが、ストレスが溜まりカッとなる、という感じだろうか。そうなると家の中にある物、大体は家具に当たっていた。明確に覚えている範囲では、子ども用の小さい椅子リビングの壁に投げつけていたことだろうか。これは今でも壁に傷が残っているので、子ども記憶違いではないはずだ。

あと、これは記憶がおぼろげだが、家の中で母が私を足蹴にしたこともあった。実を言うとこの辺は直接その時の記憶がある訳ではなく、よそのお母さんは子供を蹴らないという事実を知り、子どもながらに引け目を感じたとき記憶があるため、多分そうなのだろうという感じだ。

他にも色々、あるにはあるが、とりあえず子供時代の私は母を非常に恐れていた、ということだ。

これはあくまで昔の話であり、今の母は年の功なのか、かなり穏やかな人になっている。その為、現在私と母はそれなりに良好にやれている。

次に父親だが、一言でいえばかなり自己愛の強い人だ。

子どもの頃は、面白い良い父だと思っていたのだが、成長するにつれ彼の精神的な幼さが目に付くようになってしまった。詳細は省くが、言うなれば自分の子相手マウントを取りたがる親なのである

しかすると、この程度のことはごく普通ことなのかもしれない。経済的には、豊かとはいえないまでも不自由しなかったので、その点に関してはありがたいことだと思っている。傍から見れば、大人しい母に明るい父、中流階級程度の暮らし。恵まれている方なのかもしれない。

ただ当人の実感としては、あまり愛情を感じることが無かった。産み育てて貰っておいて言っていいことなのか分からないが。

二人とも子供に対する愛情が全く無いわけではないのだろう。ただ昔の母にはその余裕が無かったし、父は子供への愛情より自己愛が大きかったというだけの話だ。

メンタルヘルス系の書籍を読むと、精神的に満たされない事由の原因は親との関係に起因することが多いらしい。だからといってすべてを親のせいにして良い訳は無いが、まあ納得してしまう部分はある。

恋人ができたことがない、と冒頭で述べた。それ以上でもそれ以下でもないただの事実なのだが、そもそも私は恋愛に縁遠かった。

最近小学生でも彼氏彼女を作ったりするらしいが、私の世代だと、恋愛ごとに興味が出てくるのは大体中学生くらいだった気がする。そして私の中学時代は少しばかり悲惨だった。

私はまあ、生まれ持った顔立ちが可愛くない。ブスなのである。そこに人の言葉額面通り受け取ってしまう真面目さというか馬鹿さが加わってしまった。

中学では制服校則といったものに初めて触れたが、厳しめに作ってある校則部分的には破ることが前提で、先生方もそれを黙認しているようなものであった。

しかし真面目というか、もはや空気が読めない私はそれらをきっちりかっちり守ってしまっていた。髪の毛はおさげ一本結びで一房も出ることの無いよう、前髪は目にかからないよう七三、顔の横にも当然毛は垂らさない。ただでさえブスな顔をフルオープンにしていた。ついでに眉毛も整えたりなんてしなかったため、ボサボサの眉毛晒していた。

そして人から、主に男子からブス、キモいという誹りを受けるようになるのに時間はかからなかった。暴言は常に、一応女なので暴力こそほぼ無かったが、消しゴムをちぎったのを背中に投げられる、くらいはされたものだ。個人的には、私や私が触ったものを汚いもの扱いされるのが心に刺さった。(これに関しては小学生の時にも似たようなことをされた。「○○(苗字)菌」といって人をばい菌扱いして擦り付けあったりするやつ)

中学三年間男からはそんな扱いを受けていたため、結果として男子というのは得てしてそんなものなのかという認識根付いた。

私を馬鹿にしていたのは、何も男子だけではない。

一年生のうちから男子には中傷されるようになったわけだが、そんな中でどうしてか私に親しげに話しかけてくれる女の子がいた。一応、友達グループのようなものがあって、私もその中の一つに所属していたため女の子友達はいた。

だがその子は私のいるグループより遥か上のグループに居る、所謂クラスボスポジションの子だったのである。どうして私なんかに声をかけてくれるのか不思議ではあったが、当時は単純にそれを嬉しく感じていたのである。当たり前だが、それには裏というか、そう呼称するにすらふさわしくないアレがあったのだが。

中学入学当初、私は成績が恐ろしく振るわなかった。そのため親の方針により二年生前から塾通いを始め、成績を向上させることに成功した。だがここで、勉強を始めたことにより脳がよく働くようになったのか、あの女の子が考えていたことにも気付いてしまった。

要するに彼女は、話しかけられた私の反応を見て面白がり、それを同じグループの子と一緒になって嘲笑っていたのである

その後、私がその子と会話することは二度と無かったが、一度そうした悪意に気付いてしまうと、芋づるのように過去記憶が掘り起こされ、疑心暗鬼になるものだ。

失礼を承知で言うと、同じグループにいた友達のことを疑うことは無かった。私と同じグループとは、つまり「地味」なグループのことであり、仲間内で結託しなければ教室内での最低限の権利的なものが危うかったかである

私の中学時代は大半の男子と一部の女子に蔑まれていた生活だった。

それでも友達になってくれた当時の友人には心の底から感謝している。私が中学校に通えたのは彼女たちのおかげである中学卒業と同時にほとんど連絡を取らなくなってしまったが。

中学がそんな環境だったため、私が初めて恋愛ごとに触れたのは高校でのことになる。

中学時代ろくに部活動に励まなかった私は、高校とある文化部に入った。

そして、そこにいた同級生男の子を好きになった。

彼が特別に頭が良かったとかかっこよかったとか、そんなことは無かったように思える。ただ、男子は皆私をキモいもの扱いするのだと思っていた私にとって、何を蔑むこともなく接してくれる彼は特別に見えたのだ。わりと人生最大級に浮かれていた気がする。

だが、彼も所詮男子高校生だった。いや男子高生全てがそうな訳ではないのだろうが、かいつまんで言えば彼は、可愛い女の子コミュニケーションを取れることをステータスだと思っているタイプの男だったのである

この表現で伝わるかどうか分からないが、自分を正しくブスだと認識している私は当然ショックを受けた。彼が可愛い女の子に対してする態度と、私にする態度が同じでは無かったことにも気づいてしまった。

それから程なくして彼は、同じ部活の後輩(可愛い)と仲良くなる。この時点で部活を辞めてしまうなりすれば良かったのかもしれないが、駄目な方に真面目な私は三年間きっちり同じ部室に通い、好きな人と後輩のイチャイチャを見ていた。

勝手に舞い上がった私が完全に悪いのだが、このとき受けた傷はちょっと今でも治っていない。

同じくらいのタイミングで、高校生にもなるともう勉強を頑張るだけでは認められないことも悟ってしまった。

基本的に真面目な生徒だった私は、試験前に先生のところに質問に行ったりしていた。そうした勤勉さを先生は褒めてくれる。それは私にとって少なからず嬉しいことだった。だが、先生別にわたしのことを特別好きではないんだとも思うようになっていた。先生方が好きなのは、成績こそ上位ではないが、愛想がよくて人懐っこい生徒だ。用事が無ければ話しかけられない私と違って、何は無くとも寄ってきてくれるような子が好きなのだ

学校先生だって人間なのだから好きな人とそうでない人とがいて当然だ。

高校で気付くなんて遅すぎたくらいだ。

学校先生だけじゃない、むしろ世の中の人間の大半が私みたいなのじゃなく、懐っこい子が好きなんだろう。

そういう子は、だいたい彼氏がいて、友人も多くて、幸せそうにしてる子が多かった。

ここで私は、ようやく自分の求めているもの理解した。

勉強して、それで褒められたり、評価を得ることは出来る。

でも、それで人から好きだと思われることは無い。

から向けられる愛情は、お勉強いくら頑張っても手に入らないのだ。

そういうのは、(いかんせん愛された経験に乏しいので憶測だが、)可愛い容姿とか愛想とか機転とか、あるいは自分への自信とか、大体私が持ち得ないもので得られるものらしい。

色々ある中で、気遣い笑顔を忘れないでいられるというのは素晴らしいことなのだろう。

だがどうしても意地悪く考えてしまうのである

愛されている彼女たちは、はたして容姿を貶されたり善意だと思っていたものが実は真反対のものだったり、そんな経験をしてきたんだろうか。

精神的に安定した大人が築く家庭で育ったんじゃないだろうか。

少なくとも彼女たちの顔は、私より可愛く見えた。

自分が触ったものを人が触るときに、いちいち怯えたりするんだろうか。

高校で気付いたこ事実は、高校卒業してからもだいたい事実だった。

ついに真面目の殻を破れなかった私は、愛されないまま今日に至ってしまっている。

そして今日も私の周りには、愛されている可愛い女の子がいるのである

の子たちだってそれぞれに苦労したり、努力したりしてるなんてことは分かってる。

でも、私だって少なくとも人並みには辛い思いをしてきた。

勉強も、高校を出てから仕事も、頑張ってきた。

なのになんであの子たちは愛されてて、私は誰からも愛されないんだろう。

この先頑張っても、私が欲している愛情を得るのはああいう子たちなんだろう。

欲しいものが手に入らないのに、頑張る意味ってなんなんだろう。

私が悪いのかな。私の出来が悪いから。真面目なばかりで空気が読めないからなのかな。

少しずつ、お洒落も化粧も覚えてきた。少なくとも中学の時よりはましだ。それでも私が誰かに愛されることは未だ無い。

ひたむきに頑張っていればいつかは手に入るのかな。

いつかっていつだろうな。

愛されないのに何で生きてるんだろう。

2018-12-20

anond:20181220150140

繊細にまじめにとらえる人間ほど萎縮したりリスクを避けて、無神経な人はそのままだから怒りの声は先鋭化する

それはまじめにとらえる人ほどダブルバインドの罠にハマり、メンタルヘルスを損ねる

どんどん分断が深まるわけだ

2018-12-11

心の殺人者は、裁かれない。

新卒で入った会社を辞めることにした。4年間、苦しかったけど耐えた。

ずっと苦しめられてた原因になってた人に、すみませんでしたと謝られた。

謝ったことによって、私に許されたと思っているなら、それは間違いであると認識してほしい。

あなたのせいで私はメンタルヘルス不調に追い込まれ薬が手放せなくなった過去は、一生消えないのだから

楽しいはずの20代前半がボロボロに終わったことも。

楽しいはずの夏が薬漬けで寝たきりだったことも。

あなた何気なく発した心無い一言も。

あなたにとってはほんの一瞬の出来事でも、私にとっては、それがずっとトラウマで、一番最初に私の心に傷をつけた、第一人者だった。

全部全部消えない。

悪かった、で済むなら、加害者側ってどんなに楽なんだろうって思う。

あなたは心の殺人者だった。

でも、簡単に人を傷つけることのできるあなたには、そんな自覚もないのでしょうね。

心の殺人者は、法律違反したわけではない。

永遠に法で裁かれないのは、憎くて憎くて、たまらない。


そんな私でも、新しい道を歩むことができる。

これからは、私みたいに苦しむ人が少しでも減るようにサポートできる人間になりたいって、心から思った。

2018-11-09

どんどんメンタルヘルス悪化して言葉が汚なくなってるアカウント自分メンタルヘルスのために見ないようにするに限るな

2018-11-05

anond:20181105001116

栄養学や育て方も原因なのに、「メンヘル」がファッション的に使われてる気がするのですが。

メンタル病んでると、労災扱いになったりして、弱者扱いで、働かなくても良くなったりするし。

本当にそんなに、メンタルヘルス系の人なんているんだろうか。我儘なだけじゃないのーみたいな人でも鬱って言ってる場合もある。

褒めて育ててばかりで、昔みたいに我慢したり、努力したり根性とかそういう、かっこ悪いことをすっ飛ばし

優しさやら思いやりやら言ってるうちに、表面的にはみんないい子だけど、裏で虐める陰険な人が増えてしまってるのでは。

そんな陰湿な世の中だから、じゃないのかな。

あと心療内科精神科がお薬出すために、病気の人を増やしたいだけじゃないの。

2018-10-24

anond:20181024153138

僕は今苦しんでいるやつに正しい答えを出せる方を正しいとする。

いやそれならまず

正しいではなく有用と言うべきでは?これは言葉問題として。


次に、

釈迦様のアイデアがすごいのであって

その後の人のアレンジ魔改造はその価値威力毀損してるだけなので

有用ではないと思う。


軽々に悟ったとか言ったり18回悟ったとか無茶を言ったりするのがどうして「苦しんでいる奴への正しい答え」たり得るのかもよくわからないし、それはあなたがせっかく警戒心を表明していたカルトセールストークにすら通じていく匂いがする。


その点で言えば「悟り」というものは苦しんでいるやつとは直接関係ないのであって答えを出すだけ無意味もの、とも言える。

何故…

もう仏教のもの否定しちゃってない?

一切の苦を解き明かしてそこから抜け出すのが悟りであって

その真理と無関係一口スナック感覚の苦しみの処方箋なんてあるんだろうか?

(まあ忙しく瞑想をやることで変な思考を脳から追い出して楽になる、というような効果は確かにあるけれども

 それだけでよければますます18回悟ったとかそんな怪しい話はどうでもいい)


僕は認知の歪みを正した程度のものだ、と思ってるがね。

まりあなたはとにかく即効性の薬が欲しくてその為に悟りと言う物を簡単ものだと(だから到達も簡単ものだと)思いたいわけね

その切実さはわかるけどもその認識はやっぱり違うよ

そして悟りに到達するのは簡単じゃないけどそれを目指す過程で苦しみはどんどん減るし

瞑想やってりゃメンタルヘルスはかなりどんどん改善するから

やっぱり悟り定義をいじる必要はない気がする

2018-10-23

メンヘラの人への来た時の適切な対応

コミュニティメンタルヘルスを病んでる人が来た。

体調の話とか、飲んでる薬(向精神薬?)の話とかを一日一度は言ってる。なんの病気かは知らない。

話題を変えようとしたり他の人とばかり話すと「私は嫌われている…」なんてSNSで書いたり、オープンにしてる日記愚痴を書いたり、あからさまに無視してくる。

メンタルを病むのは現代病みたいなもんだから仕方ないなと思うんだけど、こういうときどうするのが適切な対応なのかわからない。

別にその人のことは嫌いじゃないんだけどさすがにストレスは溜まる。

変なこと言って傷つけるのもいけないと思ってスルーしていたんだけどそれもあまりよくなかったようなので、どうするのが場の空気を悪くせずうまい対応になるのか、誰か教えて下さい。

人生相談があるんですけど誰かこたえてください(追記あり

私は34歳のメンヘラ女です。

今つきあっている彼氏がいるんだけど、浮気ぐせがひどくて別れたいと思ってる。でも同棲中でなかなか出て行ってくれず別れ話はペンディングになっている。

そんな状況でこの件を相談というか聞いてもらっていた男友達がいる。彼は某旧帝大修士課程にいるので以後院生と呼ぶ。属性キモオタ三次元に興味がないようなものすごいキモオタ

院生とは、彼がまだ学部生だった時から共通趣味である観劇にいくような関係で、とにかく話があう。寝る直前まで話していて、目が覚めて即会話ができるぐらい。ただお互いにステディがいたので時々会って話をしたり観劇したりするだけだった。それでも双方のステディに悪いからとここ数年はほとんど会ってなかった。会うたびに「好きにならないように努力してる」とか言ってたし。

毎回ホンネしか言わないような院生カノジョが愛想つかして別れてから再会し、また定期的に交流するようになってから彼氏浮気が発覚。もういい加減に別れようとするも、前に書いたような有様で、私のメンタルヘルス加速度的に悪化し、希死念慮ダダ漏れになってきた。

そしたら院生が今度体調を崩し激やせしたりバイト遅刻したりするようになった。バイト遅刻なんて生まれからたことがないそうで、そのほかにも細かいミスをいっぱいするようになったらしい。電車や駅を乗り間違えたり降り間違えたり。

理由を尋ねると「心労からだ」という。なんの心労かというと「君のことが心配で」。私は院生がなんでそんな状態になっているのか全く理解できなかったし、今もわからないでいる。実利と合理性しか動かない理系人間だと思ってたし、私が彼氏と別れて自分ターゲットにされたら面倒だと思っているに違いないと考えてたし。

そこで人生相談なんですが、これって院生が私に愛情があるということでいいんですかね?ちょっとだれか教えてください。

追記

院生に思い切って「私のことが好きなの?」とLINEしてみた。返事は「自分でもわからない。女性に対してセックスしたいという気持ちがないので、明確な基準がなく、自分でも自信がない」とのこと。あなたがわからないなら私もわからないよ。どうなんですかねこれ。キモオタってみんなこんな感じなの?同じような人、経験がある人、誰かいない?教えてほしい。

2018-10-09

底辺YouTuber兼任ブロガーの1日

月の収益20万弱~30万

ジャンルメンタルヘルス心理学ライフスタイル、それに関連した商品紹介

7:00

起床、朝食(卵かけご飯プロテイン入り牛乳)、抗うつ剤をのむ

7:30~8:00

人気の少ないうちに散歩

8:00

食器洗い洗濯掃除機をかける

8:30

ニュースSNSブログ動画コメント再生数、アクセス数をチェック。前向きなツイートをする。

9:30~12:00

前日に構成を考えた動画を撮る。合間に飯(麺類

12:00~12:30

会社員学生の昼休憩に合わせてTwitterInstagram更新

12:30~16:00

動画編集

16:00~18:00

ブログを書く。動画ブログは18時までに投稿できるようにする。

18:00

ブログ動画投稿。それに合わせてTwitterInstagram更新

19:00

ファミレスで飯食った後、Kindle読書

20:30

帰宅してテレビ動画観ながら筋トレ風呂

21:30

バズを狙ったツイートをする、Instagramストーリー更新

22:00~24:00

ネットサーフィン情報収集、翌日のブログの下書き、動画構成考える

24:00

睡眠薬を飲んで寝る

2018-10-06

anond:20181003230130

病院通いのメンタルヘルスの方?

統失」「精神病院」の発想が来る人は、あなた自身がなにかお薬呑んでおられるんでしょう?

普通はそういう発想になりませんよ。

可哀想

一番身近な結婚相手と話し合わずに、ここに書き散らして

他人の不幸を望んでいる」増田民はてな民に「応援してほしい」のがバレバレ

普通なら自分パートナーを良く知っている、身近な友人知人に相談する案件ででしょうに。

どうかんがえても、増田はてな民度の低さをあてにして「別れろコール」が欲しいだけ。

凄い意図的文章ですよ。小町でやればいいのに。

自作自演もありそうですし。

2018-09-30

無能新人無能上司よりたちが悪いのではないか

9時始業の会社玄関を、いつも9時15分頃にくぐる。そこから3階の実験室にある自分デスクまで、別の部署の知らない誰彼に適当挨拶をしながらだらだらと歩いていく。カバンからセキュリティカードを取り出して実験室に入り、同じ部署の別グループが毎朝ミーティングをしているテーブルを無言で通り過ぎる。進捗報告だかなんだかをハキハキと語り合う彼らの向こうにある自分達の実験ゾーンに入って行き、窓側のデスクに座った後輩Aに背中越しに聞こえるか聞こえないかの声で、「はざっす・・・」と一応の挨拶をする。かすかに返事のようなものが聞こえたり聞こえなかったりするのを感じながら、俺は自分デスクにだらっと座ってPCを開いて電源を入れる。だるい速度で起動するPCの、だるい速度で起動するメーラーを立ち上げて新着メール確認する。0件。まあだいたいこの頃はメールは何もない。それから俺は出退勤アプリなる謎のソフトを開いて9時出勤と打ち込んで送信する。そんな朝が俺のこの頃の日常だ。

俺はそれから自分たちのグループスケジュール確認する。ミッション完了期限は1か月後、それに対して進捗は100%を表示している。もう終わっていた。毎日確認してみても、俺たちの仕事はとっくに終わっていて100%から変化しない。すべてが順調であったわけではないが、見積もった実働時間を1.6倍でスケジューリングして開始した俺たちのミッションは、そのまま見積もった実働時間通りに工期を終え、要求される仕様の1.3倍の性能を実現していた。報告を受けた上司は、「おつかれ。まああとは適当キャッチボールでもしといて」と言ってにやりと笑った。キャッチボールって何なのか、俺には良くわからなかったが、それ以降俺たちはそれぞれが毎日好きなことをして過ごしている。

そんな俺たちのグループには2年目の若手がいた。過去形なのはそいつがもうグループから抜けたからだ。そいつは何というか、高学歴であったが、いわゆる仕事が出来ないやつだった。最初のうちは笑って許せたミスも、2年目以降いい加減にだるくなってしまった俺が、そいつに任せる仕事を徐々に減らしていったのは、俺の器の小ささでもあるが、よく言えば仕事クオリティに対する責任からでもあった。

いつからか分からないが俺は彼を馬鹿にするようになった。暗に明に。どうでもいい仕事しか任せないし、そのどうでもいい仕事すら期待する成果を上げられない彼を、グループ内でネタにしてもいた。あいつ、いらないよな。っていう雰囲気が、グループ内に浸透していった。そして彼はいなくなった。

実際に彼がいなくなってから、俺たちのグループさら生産性が上がった。要因は、なにより俺たちのメンタルヘルスが一気に安定したことにつきる。俺たちは成果に貢献できない彼の尻ぬぐいや愚痴時間を割く必要がなくなり、まさに生産的で専門的な成果に集中することができるようになったのだ。若手教育に配分する時間が減ったわけではない。彼の替わりに1年目の新人が参加することになったからだ。新人は真っ当な奴だった。真っ当とは何かといわれてもうまく説明することができないが、彼は実にテキパキと失敗と成功を繰り返しながら成長していく。そんな彼を教育する俺たちのメンタルが以前に比べてまったくのオールクリア状態なのは言うまでもない。

俺は思うのだ。無能新人無能上司よりたちが悪いのではないかと。そこに倫理的問題があることを俺は十分に認める。しかし、むしろ、そこに人間として守るべき道理のようなものがあるが故に、よりたちが悪いのではないかと。俺たちは苦しんだのだ、とまでは言わない。しかし、実際的に俺たちはその時、生産性を落としていたのだ。そして彼が去り生産性は再び向上したのだ。無能上司のせいで生産性が落ちるとき、それは無能上司責任がある。そう叫ぶことに倫理的な痛みを俺は感じない。だが、この場合はどうだ、俺は2年目の彼を糾弾してよいのか、良くないのか。いや、良くないのだろう。彼は無能だった。そのことに俺たちの責任を認めないわけにはいかないからだ。俺もまた無能上司だったのだ。だが俺はいまでもそのことを認めることができないでいる。それは俺の心の痛みか、羞恥心か、あるいは別のもっと簡単な何かのせいなのだろうか。

2018-09-28

[] 第29話「 希少燃料と希死念慮って似てる」

2018年9月28話 天気:人格の歪んだ子持ちを見るとコイツの子供は学校イジメ加害者をやっているんだろうなと察して憂鬱になる

エントリー 0ブクマ

このコーナーいる?(いる)

レビュー野菜ジュース

体に良いかいかは置いておいて身体にいい事をした感を持てるのでメンタルヘルスの向上に役立つ。

そういう効果だけを考えるならノンカロリーノンシュガーノータリン水素水の方が良いのかも知れない。

2018-09-25

anond:20180924234713

元増田です。

おっしゃる通りさすがに同期で女性自分ひとりってのは無かったですね。ただ高専留年したり学部と院が違ったりいろいろあって、人間関係がぶつ切りになってそれまでのつながりを維持できなかった自業自得なので…

青ざめた顔して「現実世界はどうしてこんなにつらくきびしいのだろう…」とか言ってたらあっという間にアラサーになってて、どちらかというとメンタルヘルスやばいのが諸般の原因な気もします。ていうかよく考えたら中学不登校だったんだった。

話のネタにはなりますかねえ、うーんそうだといいのですが、あんまり卑屈にならないようにはしたいと思います

ところで社会の今の流行全然知らないんだけど、逆ハーレム状態って今の流行なんですか?

2018-09-24

街コンは虚無

女です。彼氏がいないアラサーの、素敵な出会いが欲しいと思う女です。

この3連休、家でアニメ一挙放送見るよりは何かいいことがあるだろうと思って街コンに行くことにしました。

出会いがほしいとはいえ3日間潰すのはしんどかったので昨日と今日、それぞれ趣味コンと個室カップリングパーティーにいってきました。

こちらの顔面は中から下くらいです。パーツはちゃんとあるのですが、季節の変わり目に肌が汚なくなるのが弱点です。

さて結論から言うと、どちらも虚無でした。

趣味コンは集められた人の幅が広すぎてジャンルかぶらず話題に困るし、話す時間が少なくてどこのグループとも自己紹介して終わりでした。

リベンジとして参加した2次会のカラオケでは一人の男性がずーっと喋っていて、奥手な女性陣は「うん…うん…」と静かに相槌をうつばかりです。他の男性が冷えてるのに冷や汗をかきながら話を振るも「うんまぁね…」。

お前らも奥手かい!!いや逆に私がでしゃばってイキり過ぎているのか…?

そんな葛藤をしつつ、慣れていないのに司会者みたいなことをしていたのでめちゃくちゃ疲れました。

個室カップリングパーティーはもっと虚無で、9人くらいの人と10分ずつ毒にも薬にもならない話をしました。これはしょうがないんですけどちょっとコミュ障みたいな人もいて、話噛み合ってないけどとりあえず笑ってました。しんどかったです。

それで、「顔がいいし話も素敵」と思った人とはカップリングできず(ちらっとみたら美人な方とカップリングしていたみたいです。そりゃそうじゃ)、なんとなく趣味が合う第三希望の人とカップリング

でも趣味はあうけど別にこの人に興味ないし、わざわざ第三希望まで書かなきゃよかったな…ごめんな…と思いながら帰宅しました。

街コンの虚無って、会社でもないのににこにこしなきゃいけない、場を回さなきゃ…って焦ってしまうところにもあるんですけど、男性陣はこんなにお金払ってもまずいごはんしかでないし、会場に着くまでは女性の顔すらわからないガチャ状態だし、地獄か?と感じてしまうところが1番虚無でした。

そして女性は、お金を払って地獄運営をお手伝いしていると言えるかもしれません。

というかそもそも男性は、本当にこんなところで素敵な女性出会えるのでしょうか?

ありがたいことに私とライン交換やカップリング成立をして嬉しそうにしてくれる男性がいましたが、私がうつ病持ちのメンタルヘルス問題がある女だって気づきましたか

ひどい顔面治療するのに30万円使ったこと(整形じゃないよ)、それでようやくこのレベルになったことを許せますか?

街コンは、出会いがあるにはあったのですが、罪悪感がすごすぎたのでもう行かないつもりです。

独り身はさみしいので嫌ですが、街コンの虚無に付き合わせてしまうのも悪いので、どうしたものかなぁ、と思っています

ほんと、みんなしあわせになれるといいなぁ。

2018-09-20

明治時代文明開化では日本人メンタルヘルス急増したのかね

ネットの普及ですら調子崩してる人増えてるし

2018-09-18

「なんでそんな怒ってるの!?」←友達にこれ言われたら精神科行け

自分が気づかないうちにメンタルヘルス発症してる場合が多いから。

言われたときは頭にくるだろうけど、こういうリアクションしてもらえるのは相当ラッキーなことだぞ。

俺は「お前最近ほんとおかしいよ!?」と怒られて、具体的にどうおかしいのか指摘してもらえたお陰で自分鬱病に気づけた。

参考として友達にされた指摘をそっくりそのまま書いとく

・この前こんなことがあってビックリした、みたいな話をしたらイライラと吐き捨てるように「なにがビックリなんだ?当然じゃねえか?ビックリするようなことじゃない。お前意味わからんわ」とまるで口喧嘩最中みたいに突然食ってかかってくるのはおかしい。美味しくない飲食店に入ってしまったとかいう話でさえもお説教喧嘩腰のリアクションをされるから怖い。どんなコミュニケーション八つ当たりにつなげてる。

自分は待ち合わせに遅れたり、お金借りてることを催促するまで忘れたりしてるのにこっちの礼儀にはめちゃくちゃ厳しい。

・「お前のものは俺のもの思考になってる。資産運用についてアドバイスするならともかく「これを買え。これは買うな。言うことを聞け。信用できないのか!?」みたいに強要してくるのは引く。こっちはそんな血眼でやってない。で、運用成績を尋ねられて損したと明かしたら本当に怒ってわなわな震えてたけど、そもそも俺が自分お金自己責任でやってることなのに「もうお前みたいな奴は知らん」と呆れて突き放すのはおかしくないか

・「周りや知り合いにこんな凄い人たちがいる。俺は自分が嫌になる」と嘆くまでならいいけど、そこから「そういう凄い人たちが同年代にいるのに、お前はヘラヘラしてて恥ずかしくないのか?」とお説教してこないでほしい。劣等感によるストレスを感じるのは自由だけど、無関係の俺を巻き込むな。説教安心するなんてもってのほか

・「とにかく俺はお前の欠点を治したいんだ。心配なんだよ」と言えば正当になるわけじゃない。飽きっぽいという欠点があるのは確かだけどお前に治してと頼んだ覚えはない。だから、今はもう筋トレランニングをやってないと知るやいなや「何度同じことを繰り返すんだ!!」とキツく言うのはおかしい。言われる筋合い自体がないし、しょせん趣味領域だ。

理想自分現実自分が追いついていないことによるストレス仕事はキツいけど職場の人に敬意を払っているか文句を言えないというストレス、それらを全部俺にぶつけてきてる。

・こんなこと今までのお前はやったことがない。別人みたいになってる。

これらの指摘をラインで一気に送られて青ざめて冷静になった。今の自分やばい客観的に分かることができた。

結果、案の定、俺は鬱病だったからみんなも注意したほうがいい。

鬱病は死にたくなるとか、元気が出ないとか、辛くなるとか、悲しくなるとか、無気力になるとかそういう弱々しい症状だけじゃないから。 

俺みたいに短気でワガママで怒りっぽくなるって症状も全然ある。

2018-09-14

一流アスリートインタビューする人をぶっ叩くチャンスを伺う友達

オリンピック野球中継バラエティ番組なんかで芸能人記者アナウンサーが一流アスリートに話を訊く場面はよくある。

その様子がテレビに映し出されると、俺の友達はいつもムスッとした顔になり、ピリついた雰囲気を出す。

それから必ず、芸能人たちにブチ切れ始める。

「『どんなお気持ちでしたか?』じゃねえよカス。このバカ、ほんと死ねや!!」

「うわ、こいつありえねえわ……馴れ馴れしくしてんじゃねえよ、相手誰だと思ってんだよカスタレントのくせに」

俺が見る限り、いっつもこんな感じで怒りまくってる。

正直言って、一流アスリートと絡む側にこれといった粗相があるようには思えなかった。

仕事上当然聞かなければいけないお約束質問を投げかけたり、笑顔を浮かべて朗らかに接したり、そういった全く問題のない言動や振る舞いを槍玉に上げて友達がブチ切れまくってるようにしか俺の目には映らなかった。

アスリートの側が最初から非協力的な態度を取ったり、機嫌を損ねてたりしてるのが画面越しでも見て取れるときなんかはもう友達は大爆発。

「偉大なるアスリート様を不快にさせるなんてとんでもないクソ野郎だ!!問答無用無礼者だ!!」

というテンション撮影クルー記者への呪詛を吐き続ける。

レッドソックス時代上原スポーツ番組が密着したときなんかがまさにこのパターンだった。

放送を見た友達は後日、

シーズン真っ只中にわざわざ時間を取ってくださった上原を怒らせる最低のマスゴミ連中」と怒りまくってた。

ちなみに、その放送は俺も家で見ていたけれどあれは上原がとにかく酷かった。マスゴミだなんてとんでもない。

記者がいるだけでムカつくんだよ」とでも言わんばかりにカメラの前で終始イライラし続けて、

ディレクターからのごくごく普通質問に対しても「だから、そんなん〜に決まっとるやろ…」なんて痺れを切らしたように噛み付く。

その密着でどっからどう見ても横柄で胸くそ悪いのは上原だった)

でも、友達はそんなことは意に介さない。

どんな経緯があろうともアスリート不快がらせたのなら、いや、アスリートとただ相対しているだけで、芸能人マスコミ関係者を「無礼カス!!」と顔を真っ赤にして糾弾する。

俺は内心でこの友達はなんかのメンタルヘルスを患ってるんじゃないかと疑っていた。

天皇への不敬を咎め右翼なんてレベルじゃなかった。理由もないのに怒りまくる。ほとんど通り魔的といってもいいくらいだった。

元来、この友達情緒不安定なところがある。

例えば、旅行先でペンションチェックインする際にオーナー

「遠いところわざわざご苦労さまです」

挨拶した途端に表情をクワッと変えて

「遠いところわざわざご苦労って……てめっ、おめえいい加減にしねえとよお。まあいいや、早く鍵よこせや」 

などと爆発しかたことがあった。オーナーは呆気にとられていた。

部屋につくなり俺は、なぜ突然怒り出したのか理由を問いただしたのだけれど、5分以上かけて意味不明説明をされた覚えがある。

「こっちが予約して金を落としてやってるのに『遠いところわざわざ』だなんて、俺たちが突然やって来て驚いた、想定外の客だみたいなリアクションしやがって。人間失格

みたいなことを言ってたような気がする。

とりあえず、意味不明独りよがりな俺ルールを振りかざして、いか自分の怒りが正当で礼儀に則っているかをずーっと熱弁していたことは強く覚えている。

正直、友達がこういう老害性が強烈な男であることはもう嫌というほど分かっているから、アスリート万歳が転じた無差別激怒も、ひとえに彼のキチガイ性の表れの一つだろうと納得していた。

でも、この友達レベルの奴がどうやら世の中にはかなりいるようなんだよね…。

Twitter始めてから気づいてびっくりした。 

アスリート天皇みたいに神聖視して、インタビューや対談や番組出演となったら「どこが失礼なの?なにが問題よ?」っていうようなことでタレント記者を叩くツイートしてる奴の多いこと多いこと。

どうやら、アスリートに笑いかけるだけでも、心境を尋ねるだけでも、打ち解けて盛り上がるだけでも不敬の極みに思えるようで。

俺の友達と完全に同じ。

アスリート戦時中天皇くらいに崇め奉って、あらゆる絡みも問いかけも無礼だといきり立ってるようなキチガイって意外と多いようだ。

頭が痛くなる。

俺の友達と同じタイプだっていう自覚がある人はどうか精神科の診察を受けてみてほしい。

絶対病気人格障害だと思う。

大坂なおみ記者会見でも案の定こういう奴わきまくってたし。

今、テレビ玉川徹

「優勝した大坂なおみにセレーナに関する質問ばかりするなんて!って批判殺到してるけど、

あんなもん世界的に注目されてる出来事なんだから記者がそれにまつわる質問するのは当然。文句言ってるやつはおかしい」

って怒ってたけど全く正論

アスリート尊皇思考ヤバい人はやはり世の中にはたくさんいる。

2018-09-13

女の公務員はめちゃくちゃ楽だぞ。サークルと変わらん

メンタルヘルス患う職員が異様に少ない。

「なんで男の人って病んじゃうんだろうね〜(T_T)」って不思議がってる。

だって君たち学生レベルのことするだけで許されてるんだもん。

10年目だろうが20年目だろうが。

2018-09-07

自殺防止ポスターから厚生労働省の憎しみが伝わってくる

https://www.mhlw.go.jp/content/12200000/000349381.pdf

まずはこれを見てくれ。

どう感じた?

まず最初に感じるのは、不気味さ、不穏さ、自殺者への無理解、興味の無さ、そういったものだろう。

死にかけている人間に対して、何故こんなにもぶっきらぼうで無神経な態度を取り、それを推奨できるのかと。

なんてやる気のないポスターなんだろうと憤りそうになる。

だが、しばらく見ていれば、そういった諸々は担当者達の無気力によるものではなく、もっと強い邪悪な信念に基づいて行われていると本能が囁き出す。

このポスターから滲み出ているのは殺意だ。

厚生労働省という場所で、人の幸福健康を望みながら、自らが徹底的な不幸と不健康に陥れられ、日本人の不幸と不健康を量産する立場に立たされた者たちの、この世界のものへの敵意だ。

悪意と敵意と殺意善意と怒りと悲しみの果てに誰もが不幸になっていく。

そんなレールを歩まされた5000人の七人ミサキ達の怨念がこのポスターを生み出したのは。

いいや、これは、悲鳴なのかも知れない。

俺を救ってくれ、救ってくれないなら滅びるがいい。

いやどうせお前らは俺達を救わない。

ならば皆滅びるがいい。

真っ青な背景を通して、そんな憎しみが流れ込んでくる。

これほどメンタルに悪い、メンタルヘルスのポスターもそうそうあるまい

2018-08-23

自衛隊は「同じ職場素人カウンセリングを受けろ」と言ってくる組織

部隊相談員』という制度がある。

これはシンプルに言えば「よくある会社お抱えのカウンセラー普通社員がほんのちょっと講習を受けて片手間にやらせられる」というシステム

まあ端的に言って、物凄く何の意味もない。

部隊相談員相談したこと不安が解消されました」という話を聞いたことは一度もない。

しろ、「メンタルがまずい?は?勝手部隊相談員カウンセリングでも受けてろよ」という態度が横行して状況が悪化したという意見を聞いたことがあるぐらいだ。

まあ当然といえば当然である

名義を与えるためだけの形だけの講習を受けたズブの素人、それも同じ部隊で顔を合わせている知り合いに相談して状況が良くなるはずがないのだ。

そもそも素人カウンセリングごっこをさせようとするのが完全に間違っている。

こんなものは、カウンセリングというものを「ただ他人の話を聞くだけだ」と思っている1ミリメンタルヘルスの知識がない人間が外向けのポーズのためだけにでっち上げたあるだけはた迷惑なクソ制度である

そんなものがあるという事自体が、自衛隊という組織への失望メンタルヘルスに対して理解を示そうともしない環境で働いていることへの絶望感を加速させていることにまず気づくべきだ。

2018-08-21

ネットで叩かれてメンタルヘルスになったって話聞かないね

ネット有名人とか叩かれても叩かれても平気なメンタル人間ばっかりで羨ましい

2018-07-31

子を産もうが産むまいが、女は下方婚しない

労働強度はすで男女平等ではないだろうか。

しかし、女は報酬面で被害者面する一方、下方婚せず、男の過重労働メンタルヘルスホームレス問題を見ようとしないのである

少子化元凶は明らかである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん