「懐中時計」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 懐中時計とは

2019-06-21

anond:20190621160700

ワイがイキがって懐中時計持ってた頃はスマホなかったので

20代の頃粋がって懐中時計とか持ってしまうよね

そして懐から出す一手間があるならスマホでええやんと気付いて大人になるよね

2019-06-07

○○△△を○○って略すなって言葉

本質的な部分が略され、特徴を表している部分のみが残ってしまった略語が多々ある。

携帯電話携帯

スーパーマーケットスーパー

コンタクトレンズコンタクト

高速道路→高速

Wikipediawiki

USBメモリUSB

「○○△△を○○」って略すな!って言葉、他にある?

追記

1日越しでバズってて驚いた。せっかくなので、ブコメとツリーにある言葉をまとめておくよ。

甲子園球場甲子園

国立競技場国立

花園ラグビー場花園

プラスティック樹脂→プラスティック (熱可塑性樹脂が熱可塑性と呼ばれている状態

GithubGit

JavaScriptJava

セブンイレブンセブン

・モーダルダイアログボックス → モーダル

ダイアログボックスダイアログ

被差別部落部落

コマーシャルメッセージCM)→コマーシャル

有給休暇有給

マイクロフォンマイク

リップクリームリップ

コンビニエンスストアコンビニ

アンチウイルスソフトウェアウイルスソフト

アプリケーションソフトウェアアプリ

ショートカットキーショートカット

ITエンジニアエンジニア

南海キャンディーズ南海

・ただいま帰りました→ただいま

プログラミング言語言語

パイナップルパイン

ハードディスクハード

マニュアルトランスミッションマニュアル

懐中時計→懐中

電子式卓上計算機電卓

ハムバッカー→ハム

アイスクリームアイス

性風俗産業風俗

フォローアップ→フォロー

一眼レフカメラ→一眼

電子レンジレンジ

ティッシュペーパーティッシュ

単三乾電池単三

炭酸飲料炭酸

衛星放送衛星

マキシシングルマキシ

生ビール→生

総理大臣総理

デファクトスタンダードデファクト

アメリカ合衆国アメリカ

ステンレススチール →ステン、ステンレス

ラジオ受信機→ラジオ

大学入試センター試験センター

デパートメントストアデパート

アパートメントハウスアパート

バーゲンセールバーゲン

運転免許証免許

ポン酢しょうゆ→ポン酢

原動機付き自転車原付

天然ボケ→天然

・縮毛矯正→縮毛

パーマネント・ウェーブパーマ

オムニバスバス

定期券→定期

中華料理中華

液晶ディスプレイ液晶

ピアノフォルテ(強弱(がつけられる)) → ピアノ(弱い)

2019-05-10

anond:20190510080053

仕事でずっとアナログ式の懐中時計をつかってる。針の位置であと何分何十秒っていう把握がデジタルより楽なので重宝してるけど、アナログ時計を読む能力が他に応用がきくか、というとやはり思いつかない

2018-09-12

サマータイムからオータムタイムへ戻すのを忘れる老人達

サマータイム、導入されても、導入された後で秋になっても2時間ずれたまま、おじいちゃんとかご飯時間を間違えそう。

「さっきご飯食べたでしょ」って言っても「ワシの時計12時なんじゃー」という。

世話をする人間は「もうサマータイム終わったか時計をずらしましょうねー、ハイ貸しくださいー」

「何をするんじゃー、この時計はワシが戦争に行ったときに、中佐から受け取った自慢の懐中時計じゃー、狂うわけがないんじゃー」

「おじいさん、いつの戦争の話なんですか?」

みたいなことになりそう。

2018-09-11

サマータイムトラベラー

サマータイム法が通れば、あなた不老不死を手に入れるのです」

あのとき、あの男はそう言った。もう、遥かな昔の話だ。

その頃の私は、ニホンという国で要職に就いていた。国のためにと思って身を粉にして働いていたが、国民が報いることはなかった。何をしても批判の嵐だ。

そんな私にあの男は近づいてきて、時間を貸してくれと言ってきたのだ。

まぁややこしい話なのでかいつまんで話すと、その男には時間を操る能力があり、ただ、その能力の原資は時計の針の狂いなのだという。狂った時計が間違えて測った時間人間意識から失われ、男の元にやってくるのだと。そして男は最近とある事情から莫大な時間必要になり、その時間を工面するために私のところにやってきた。私がサマータイム法を通せば2時間の狂いが国民1億2000万人分手に入るのだと。それはもちろんタダで手に入れようとは思っておらず、私から借り受けて私に利子をつけて返す、そうすれば私の所持時間は莫大なものとなり、その利子だけで生きていけるのだと言っていた。

私は馬鹿馬鹿しいと思ったよ。しかし、この話がもし本当だとしたら私はこの国の滅ぶところまで見届けることができる。文句ばかり言う国民最後を見届ける、それはきっと愉快なことに違いない、そう思った。

そもそも誰に感謝されることもない仕事だ。だったら、自分のためだけにやってみたところで何も変わらないのではないか?そう思ったのだ。

そうして私は尽力し、サマータイム法は通った。日本中時計が2時間狂い、あの男は何かを成し遂げ、私に時間を利子付きで返す。そうすれば私は不老不死になれるはずだった。

だが、とある博士発明がその計画台無しにした。あの博士はあろうことか時間をそのまま操ることで、時計の針を狂わせることなサマータイムを実現したのだ。

その結果は驚くべきものだった。気がつけば何万年だか何十万年だかの時間が経っており、ニホン以外全部全滅していた。

私は慌ててあの男に会いに行った。この想定外イレギュラーにあの男はどうしているのか?男の部屋には、手紙けが残っていた。

自分は当初の計画通り2万5千年という時間を手に入れたら、その分時間を遡って世界史の様々な謎を解いて回りたかった。しかし、博士発明により動くことのない時間の中に閉じ込められてしまった。これはひどい絶望だ。だから命を絶つが、これを読むのはおそらくサマータイム法に尽力してくれた君であり、君には最後に私の能力を贈りたい。もし君にその気があるのならば、私の懐中時計を懐にしまうと良い。それだけで君は、タイムトラベラーになれる。今の君なら(この止まった時間が何年後に解けるかはわからないが)過ぎ去った時間の分だけ時間を溜め込んでおり、時間においては神になれるはずだ。君の幸運を祈る』

男の懐中時計と思われるものは、手紙のすぐ近くに置かれていた。その時計は、サマータイムが始まったあの時を指しているままだった。

私は迷うことなくそ懐中時計を懐にしまった。すると、一瞬でわかった。この時間が、どれほどの歪みの中にあるのか。そして、自分にはそれを修正できる能力が備わっていることに。

サマータイムが始まってから、この国は混乱していた。今はまだ混乱だけで済んでいるが、この先発電用の資源が尽きたら混迷に入り、そう長くは保たず壊滅するはずだ。

私はこの国の滅ぶところが見てみたいと思った。いくら仕事をしても全く良くなっていかないことに苛立っていた。だから、このまま放っておいても良かったのだ。今の私には、億年を超える寿命がある。この国どころかこの星の最後を見届けられるかもしれない。

でも、それはつまらない。

素直にそう思った。私という人間には、超越者としての在り様ではなく、ただの国の歯車として働き、そして死ぬのが一番向いている。だから、この国を元に戻そう。

そうして私は過去に遡り、私を殺した。

このサマータイム法を通すのに一番尽力したのは私なのだからサマータイム法をそもそもさないためにはそれが一番なのだ

時間修正され始めた。あの未来が消えていくことを懐中時計を通じて感じる。これでこの国は救われる。

そして同時に、パラドックスが私の存在を消していく。それは当然ながら覚悟していたことだ。きっと私のことは、ただのバグとして誰の記憶にも残らなくなってしまう。そもそも、誰もあの未来があったとすら思わない。

それだけが、少し、悲しい。

https://anond.hatelabo.jp/20180906085723

https://anond.hatelabo.jp/20180906170906

https://anond.hatelabo.jp/20180907181952

2018-09-09

anond:20180909100816

2068年の日用ガジェットはああいう分かりやすく間違えようのないインタフェースになってるんでしょ。

懐中時計だか腕時計だかの形に縮んでいるけど「バイク」とすぐ分かる。

タイムマジーンの腹には「ロボ」「ろぼ」とちゃんと書いてある。

2018-09-07

強制サマータイム装置

anond:20180906085723

anond:20180906170906 ←「消えた2時間 」を最初に読むと良いデス。

2018年秋の国会で、なし崩し的に成立してしまった日本サマータイム法への対応は、

遅々として進んでいなかった。

2019年6月サマータイム導入テストは、延期に延期を重ねて、遂に年内に実行されることは無かった。

対応させるべき機器があまりにも多く、対応済み機器と未対応機器との間の膨大な組合せ数の通信テスト計画段階で既に5年掛かると予想された。



まり・・・ピンチはチャンスとの森会長言葉も虚しく、ピンチピンチのままだったのである




2020年1月 首相官邸 では、サマータイム実施の無期限延期について最終決断をするべく議論が続いている中、

サマータイムを強行に進めたい議員の一人が、京都大学理学部の年老い教授を連れてきた。

その教授の名は秋月伸治郎といい、半世紀にわたって宇宙時間物理学研究しているその分野の権威とのことだった。


秋月教授提案は、常人理解想像を遥かに超えたものであり、日本列島全体を特殊エネルギー場で覆い、

日本列島全体の時間の進む速度そのものを速めたり遅くすることで、サマータイムの時刻調整を実現するのだという。



サマータイム推進派の切り札が、こんなオカルトとはね・・・。笑」

その場にいた誰もが笑い出し、教授を連れてきた議員は顔を真っ赤にして怒りともあきらめともとれる複雑な表情で固まっていた。


秋月教授は気にすることもなく、一言、「論より証拠。見ればわかるから…」とつぶやいて、

助手たちに指示して部屋の片隅に3本の白いポールを設置させた。

2つの懐中時計の時刻が一致していることを皆に確認させたのち、1つを3本のポールの真ん中に置いた。

ポールに繋がったコントロール装置教授操作して1分ほど経ったが、何も起こらなかった。


本当に何も起こらなかった…としか思えなかったのだが、改めて、2つの懐中時計を調べてみると、

きっちり12秒差のズレが生じていた。

それからの数時間は、腕時計目覚まし時計ストップウォッチメトロノーム等々、時間が測れる道具での検証大会となった。

その結果、コントロール装置の設定次第で、ポールに囲まれエリアだけ1分に付き12秒速く時間が進んだり、逆に12秒ほど遅れさせることが可能であると誰もが認めざるを得なくなった。

秋月教授は、再びサマータイムの実現方法について説明を始めた。

・このポールを大型化したもの日本国内18か所に設置して日本全土をカバーする

サマータイム開始日/終了日の夜に10時間かけて2時間分の時差を生じさせる

・夜寝て、朝起きると国内の全ての時計が2時間ずれるのでサマータイムによる時刻調整は不要

早起きする必要が無いので、睡眠不足による健康被害などは起こらない

現実的予算3月までに完成可能



秋月教授提案に異を唱える者はおらず、諸々の検討会を経たのち、国会にて全会一致で実施が決まった。

ポールが設置される地域での説明会でも、秋月教授難解な言葉で煙を巻くようなことはせずに、

分かりやす言葉で教え諭すように説明されたので、全てが計画通りにスムーズに進行していった。


地域説明会での説明内容を要約すると、

時間の進み方に差がでるのは、本質的にはウラシマ効果によるもの(だから健康に影響は無い)

ポール虚数空間と呼ばれるある種の亜空間からタキオン粒子を取り出して見えない壁を作り出している

タキオン粒子は、実空間上の物質には一切干渉せず、数時間消失する(だから健康に影響は無い)

タキオン粒子の壁は毎分12秒程度の時間差であれば、魚介類も含めてどんな生物問題無く通過できる(だから漁場に影響は無い)

タキオン粒子の見えない壁に包まれ空間は、人間の暮らす実空間上では静止しているが、虚数空間内では高速で移動している

タキオン粒子の振動数を変えることで移動速度が変わり、その結果、空間内の時間の進む速さも変わる

・移動速度がプラスであれば、時間ゆっくり流れ、マイナスであれば、時間は速く流れる

というものだった。

これらを正確に理解するには、宇宙ダイミュラー空間における時間平面の扱いを超複素時間と再定義して理論拡張した500ページほどの論文を読めばよいと秋月教授は話していたが、同時に、この論文理解できる専門家は著者であるしか居ないのが寂しいところだと嘆いていたのが印象的だった。



やがて、すべての装置が設置完了し、個別作動テスト問題無く終えて遂にサマータイム開始日前日を迎えた。

日本中、それどころか世界中がこの強制サマータイム装置とも呼べる装置挙動に注目している中、

日本時間午後8時になると装置は一斉に作動を開始した。


時刻修正体験するためだけに来日した観光客も多く、彼らは刻一刻と海外日本時間に差が生じる様子に歓喜した。

日本発のこの技術世界にもたらす影響は大きい。

白物家電メーカーは、時間の遅延現象(≒ほぼ時間凍結)を利用して冷凍庫の代わりにできないかと小型化について相談しているそうだ。

某国軍事部門では、10年掛かる軍用開発を1年で済ませられないか?と日本政府交渉しているという噂もある。

強制サマータイム装置原理がもたらす経済効果は予想外に大きく、サマータイム推進を強行した政治家たちはホクホク顔で

自身の先見性と有能さを誇らしげにアピールしていた。







夜2時を過ぎると、通信衛星との電波が激しく混信したのち、一切の通信ができなくなった。

タキオン粒子の壁は、理論上、内と外の時間速度差に応じて光子の一部を反射するが、今の時間速度差では電波ほとんど遮断しないはずなんだが…。天候が曇ってるせいなのか…。また新たな研究課題が見つかったかな」と秋月教授は話していた。

時間程度の不便は我慢すべきだし、朝になれば復旧するだろうと考える者も多く、大きな騒ぎにはならなかった。





日本「現地」時間午前6時になり、装置は予定通り停止した。









最初に異常を伝えたのは地方テレビ局かどこかだったと思う。

海外支局との通信ができない。

海外インターネットに繋がらない。

朝のニュースで深刻な通信障害の状況を簡潔に説明していた。


その後も様々な報告が続いた。

ホットラインが繋がらない

アマチュア無線家が海外の愛好者と通信できない

隣国から常時聞こえてくる短波ラジオがなぜか受信されない


世界に何か異変が起きている。だが、その異変の正体が分からない。

そんな不安が広まりつつある中で、昼過ぎ明石天文台で行われた記者会見は驚くべきものだった。


明石天文台星野研究員は、計算値に10倍程度の誤差が見込まれると何度もしつこく繰り返し前置きした上で、

「今朝の惑星恒星位置関係観測した結果、一晩で10万年が経過したと思われます

と報告した。

星野研究員は、恒星距離による時代推定原理や、より正確な推定をするには、1日以上、

できれば地球が公転する1年間は観測必要だと説明を続けていたが、多くの者は上の空で聞いていなかっただろう。


その後、政府隣国自衛隊航空機飛ばしたり調査隊を送り出すことで、速やかな状況把握に努めた。

近隣諸国建物崩壊していて、ヒトが居住していない

核戦争痕跡がある

・新種の動植物が多数みつかる

宇宙や他の惑星にヒトが移住したという証拠は見つかっていない


さまざまな状況証拠から、一晩のうちに、1万年か10万年かそれ以上の月日が流れていたのは間違いなかった。

食料自給率40%、石油自給率0.4%の日本が諸外国の助け無しにどうやって生き延びるか?

誰もが日本の将来を考え、苦悩する生活は、苦労の連続だが決してわるいものではない。

しろ核戦争から生存成功した我々こそ勝ち組なのではないか?と言い出す者もいた。



ちなみに、世界の探索と並行して進められていた、この事故の原因究明についての調査は難航を極めた。

10時間分のセンサーログには何の不自然な変動も記録されておらず、

3年掛けて18本の大型ポールを細部に渡って調べ尽したが異常は一切みつからなかった。

何度実験しても、全く問題無く正常に動作したのだった。


事故から5年過ぎた頃、故障時に備えて用意されていたコールドバックアップ用の未通電の大型ポール

偶然、別の研究者が譲り受けて、細かく分解して状態を記録した時から調査は一気に進展した。


タキオン粒子の振動数監視するセンサーファームウェアのCRC値が、18本の本番機の記録と一致していなかったのだ。

ファイルサイズ更新日も同じだから、不揮発性メモリ劣化による単なる読取り間違いでは?

調査団の技術者は即座に決めつけた。

だが、その研究者は高度に難読化されたファームウェアコードを手作業デコンパイル(解読)することに成功し、

ファームウェアに仕込まれ精巧トラップ挙動を明らかにした。


トラップの発動は、サマータイム開始日の午前2時から時間だけ

トラップ発動中は、センサー入力値を無視して、過去時間分の入力値をランダムに出力する

・発動から時間後、ファームウェア自分自身正規ファームウェアに書き換えてトラップ痕跡を消す


まりタキオン粒子の振動数監視するセンサーあの日の午前2時から時間だけ機能不全となり、

その2時間の間は振動数制御できず、日本国内時間はほぼ止まったまま、外の世界では10万年が経過した…。

というのが事故真相のようだ。



誰がいったい何の目的で、いつどこでどうやって悪質なファームウェアを仕込んだのか?

結局、肝心なところは分からずじまいで、事故原因はセンサーの不良として報告され、調査正式に終了した。



私がこの話を耳にした時、脳裏にふと何かがよぎった…気がした。

あれ?これって・・・

事件真相に繋がる何かを思い出せそうな気がしたのだが、よくわからなかった。


そんなことよりも、私は今夜の夕食のおかずを採ってこなくてはならない。

政府配給の完全食であるペーストフードだけの食事には、もう飽き飽きしているのだ。

せめて、フナの一匹でも釣れれば良いのにと思いつつ、

釣り道具片手に湖に出かけるのだった。(終

2018-07-11

めがね金玉、財布、時計

西洋で、十字の切り方を覚えるのに、

眼鏡金玉、財布、時計

(spectacles, testicles, wallet and watch

と唱えることがあるって読んで、

「財布をなぜ手首に・・」と不思議に思ったのですが、

Wristwatchが普及する前は時計と言えば懐中時計で、

スーツを着たときにどこに入れるかというのが

決まっていたんですね。謎が解けました。

https://www.youtube.com/watch?v=YqXZ9YoRD50

2018-07-09

anond:20180709210525

あれは元々懐中時計入れやからなあ

ネクタイとか、ジャケットの一番下のボタンは使わないと同じで伝統で続いてるもの

2018-07-08

オタクがおしゃれと思って使ってるけどおしゃれでないもの

懐中時計

アニメキャラしか使ってない

敬語

他人との距離感を調整できないので仲良くなっても敬語

アンダーリムメガネ

オタクキャラ作り

アロハシャツ

いくらなんでももう無理

長髪を後ろで縛る

痛みまくってる無理

2018-03-20

anond:20180320012714

どうせ、スマフォ持ってるんでしょうから時計アプリを買いなさい。

スマフォ別に持ちたいなら、懐中時計が良いでしょう。

2017-05-30

http://anond.hatelabo.jp/20170529173507

けっこうお高いいい腕時を、字を大量に書くときキーボード入力とき邪魔に感じて

外して置いておいたまま失くすというのを学生の頃何回かして以来

腕時計をしなくなったよ。

仕方なく懐中時計を持つようにしてるけど完全にスーツ備品

見もしないし時間も合ってないしときどき外して磨きさえしない。

男が宝飾品として時計をするは格好悪いし。

http://anond.hatelabo.jp/20170529173507

昔は「ちゃんとした人」(=紳士)は懐中時計を使うもの

腕時計」はちゃらい人のものだった。

ちゃんとしたは人は腕時計流行を苦々しく思い、「どうせそのうちすたれるさあんもの

と思っていたんだ。

という記述をみたことがありますよ。

携帯電話スマホの普及で腕時計の装着率が下がったときいて

「あの時代紳士予言がようやく成就したのか(部分的に)」と思っていたんだけど

こんな考えの増田もいるんだな、と思いました。

2016-06-02

女装しておじさんに援交した18歳の春

その男と私の関係はその日の夜の30分だけだった。援助交際というジャンルで動いたその30分で、その関係は終わる。

LGBT流行語になるように、世の中には様々な性的指向/嗜好を持った人々が存在する。いわゆる男女交際を指す「シスヘテ」の世界援助交際があるように、例えばLGBT世界にも援助交際存在する。出会い系サイトに「割り切り」の分野があるのも、もちろんシスヘテの世界だけではない。LGBT同士で、またはトラニチェイサーと呼ばれるトランスジェンダー好きな人向けの出合い系サイトもあり、「割り切り」も当然ある。むしろ法制度や社会的偏見により多くが結婚ができないLGBT世界において、多くの出会い結婚目的としたものではなく、身体だけを目的としたものだ。

大学図書館をくたびれ果てた身体で出て、吉祥寺徘徊して夜0時15分。待ち合わせ場所にした市街地近郊にあるバス停ガードレールで目印のヘッドフォンを首から下げて、私はこれから何をしようとしているのか考えようとした。でもそれはできなかった。これから車で来る30代の男に、自分の、18歳の、女性ホルモン剤を注射した身体を売る。トランスジェンダー向けの出合い系サイトに「舐めることくらいならできます」と書き込んだら、10時間くらいのあいだに200件くらいメールが来た。そのなかにお小遣いありでフェラお願いしたいなぁ。プロフとか写真交換したりできますか?」と書かれたメールを見つけ、今からお会いできますか? と返信した。それがその、これから車で来る30代の男だった。

「今は家にいるのー? どこら辺に住んでるのかな?」

「××××××」

「今中野。30分くらいで着くよ」

私には恋人もいるし、性に飢えているわけではなかった。

好きでもない人間性的関係を持つほどビッチではない。

ただ自分の春を買う人がいるということを、確かめたかった。

バス停に滑り込んでくる日産ワンボックスカーワンボックスカー前後には、タイムズカーシェア黄色ステッカーが貼られている。車はバス停で停まる。車内を伺うと、男が頭をヘコヘコと下げていた。私が助手席のドアの前に立ち、ドアノブを指で指すと、男はやはり頭を下げた。

車に乗り込むと、やはりレンタカーしかった。男は「この近所で目立たないところないかなあ」と言う。黄色看板タイムズ駐車場を見つけては「ここは明るいなあ」などと言って通り過ぎる。男は目ざとく一本入った先に利用者の少ない駐車場を見つけると、そこの奥に車をおいた。

「じゃあ、はじめようか。荷物前置いて。後ろ行く?」

男は前席のシートを倒し、後部座席へと移動した。私も移動する。

キスしていい?」私は頷く。

舌を早く出し入れするだけの雑なディープキス。私の口に、男の髭が刺さる。

「興奮してるの? じゃあはじめようか」

男は私のジーンズを脱がせて、自分ボトムズも脱がせにかかる。男のそれはすでに大きくなっていて、私はそれを咥えて、舐める。口に含んで転がす。今まで恋人にされて気持ちよかったように、男のそれを刺激する。カーセックス

「はあ、すごいなあ。本当にこれがはじめて?」

男のそれを口に咥えた状態で「うん」と言う(やればわかるが、口に入れた状態で「はい」と言うのはとても難しい)。

女の子より上手いねちょっと手を離して」

男はそれを私の喉にあたるような場所まで押し込もうとして、思わず吐きそうになる。

「玉もアナルも舐めてよ、綺麗にしてるから

男は携帯電話懐中時計機能を使い私の顔を照らす。

「暗くて顔が見えないなあ。今度から髪を縛るためのゴム持ってきてよ」

正直、録画されていても気が付かないと思った。

「おちんちんおいしい?」

口に咥えたまま「うん」と言うと男は

「ほーら、返事は? これが舐めたくて仕方がないんでしょ?」

 

はいっ。おちんちんだいすきっ」

 

駐車場に停めてから30分後。

車をバス停につけて、男はバス停に車を停めて、2千円を「今日のご褒美」といい私に渡す。「また連絡するね」。私が車を降り、ドアを閉めると車はバス停から去っていった。

次の日、私はその2千円を国会図書館科研費報告書コピーであっという間に使い果たした。今まで好きな人、本当に好きな人しか使ったことがなかった口を2千円で売った事実は私にとても重くのしかかってしょうがない。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん