「男目線」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 男目線とは

2018-01-17

都会のガールズバー地元のそれとはやはり違う

違う店なのだからそもそもシステムが違うのもあるだろうけど、都会のは「THE夜の女」ってカンジで、親しみやすさを微塵も感じさせなかった。

同伴ではなく2人で食事に出かけたことはあったが、それ以外には特に何かあったわけでもなく、かといって営業的なメール等がきたわけでもなく、その後仕事が忙しくなって店に行かなくなるとそのままフェードアウトしていった。

まりにもあっさりしすぎていた。

夜の女、それも「ガールズバー」ってのは、もっと(色恋)営業使いながら客に金を出させる商売じゃなかったのか。

単に俺に魅力がなかっただけか。

他方、地元のも「夜の女」であることは間違いないのだが、同じ地元人間同士だからそれだけで少しは親近感を覚えるし、お互いの昔話や共通して知っているごはん屋さんの話題などで話が広がる。

店以外の場所で偶然出会うこともあるし、そんなとき避けられないどころか多少の世間話をすることも嫌がられない。

さすがにプライベート時間を共有できるには至っていないがな。

メールLINE)は通い始めて3ヶ月くらいに向こうから尋ねられ、なにせお気に入りの子だったものから内心舞い上がりながら平静を装って交換したんだが、営業的なメール覚悟したがほとんどないに等しいレベル。(約3ヶ月間で1回だけ、LINE自体はもう少し多い頻度でしてる)

店には月1,2回程度の頻度でしか足を運んでいない(最初の頃週1くらいで通って名前、顔、おおざっぱな特徴を覚えてもらうよう努めたが)が、来店時には指名制がない店にもかかわらずそのお気に入りの子が必ずついてくれる。

(あるときママ(店主)に「お気に入りの子いるの?」と聞かれて答えたことがあったから客をつかむために意図的にそう仕向けているのだろうが)

その他にもたまに「どこどこ行った~」的なLINEが短い動画写真(さすがに本人の顔は映っていないが場所や足や手など身体の一部は映っているレベル)とともに送られてきたり、比較的長文で近況や気遣いLINEが送られてくる。

LINEでやり取りした内容も踏まえつつ話ができるので、月1,2回の頻度でも数千円程度/回支出するだけで十分に楽しめるし、向こうもいつもでき得る限りの応対をしてくれる。

しかし改めて冷静に振り返ると、これはキャバ嬢でいうところの色恋営業ではなく友達営業なんだとわかる。

LINEのやり取りの中に「お互いがんばろう」とか「(体調や精神面が)心配顔文字)」とかいう類のがあって、こういうのは男目線だと意味ありげに勘違いしたくなるが、女目線では何の特別性もなく普通に友達同士でやり取りするレベルことなんだろうから、やはり友達営業」の域は出ない。

絶妙な親近感を抱かせつつ、ときに気のあるそぶりを見せながらも一線は越えさせない。

元来魅力のない俺でも、営業対象程度には見てもらえている。

これぞ夜の女の醍醐味!!とでも言うべき地元ガールズバー最高だ。

同伴でもアフターでもいいから一度2人きりを狙ってみようか。(まだ誘ったことすらない)

2018-01-05

https://anond.hatelabo.jp/20171203150841

ツイッターなりfc2なりでhot gayと入れて検索していけば、ゲイセックスものが出てきて、導入部分はオナニーとか多いよ オナニーだけのものもある (変なリンク踏まないように気をつけてね!)洋物になっちゃうけど…

私はAV女優さんの喘ぎ声が苦手だし、大体男目線で作られてるから女性が感じてる姿ばっかりで本当につまんない 私がみたいのはちんこで、聞きたいのは男の喘ぎ声なんだよ!!

その点ゲイものは美しい男たちが感じてる姿がいっぱい見れて大変素晴らしい たくさんのちんこがみられて大満足です

増田さんとは趣旨が違うかもだけど…ご参考までに。

2017-12-19

anond:20171219163026

この話って、性被害にあった女性に対して「お前も油断があった。お前にも非がある」っていう男目線言動構造は同じなんだよな。

なんだろうね。

セクハラした男を糾弾したいって話が始まると、絶対に「女も悪い」という話を持ち出そうとする連中が湧いて出る。

自分らはセクハラしてないなら被害者がどうであれ「それはよくない」と賛同してればいいのに、まるで自分が責められてるみたいな拒否反応を示すって。

過去に全くなんの非もない人でなければ被害を訴えてはいけないってなったら世の中に犯罪者なんていなくなるだろうが。

2017-12-14

anond:20171214152758

海外ゲイアートとか見ても男根電信柱みたいになってるのが評価されてたりするから、とりあえずデカくしとけってのは男目線ではありな表現なのかもな。

女性アーティストでも男性向けで書く人はたくさんいるけど、奇乳乳袋とか電信柱ペニスとかはまずないよ。

2017-11-05

anond:20171105194401

男目線でいうきれいな(まぶしい、またはおいしそうな)脚ってあるじゃん

それと根源的には似たような感覚を女も持っているのだ

同性の脚を見てキレイだなと思い、自分の脚を見て、うん、まあ、6割達成? みたいな感じになるのだ

あんまり達成度低いと見せたくない感じがする

2017-10-21

anond:20170927222751

「女を引退」と言う言葉を「男にモテなくなる」と言う意味と取る人多すぎ

(まあ元増田がどういう意味で言ってるかは知らないが)

例えば「女を楽しむ」と言う言葉ファッション美容を楽しむ、と言う意味で使われる事が多くて

(女のファッション美容自己満足や他の女から尊敬される事を目的としていて男目線は気にしていない、ってのは最早はてな常識だったはず)

男遊びを楽しむ、と言う意味で使う事はほぼ無いと思うけど

何故「女を引退」になると即男絡みしか考えられないのか

2017-10-14

anond:20171013224250

男目線だと、二人からプレゼント貰えるならいいじゃん。

女目線だと、友達の線引きはっきりさせろよ。どうなんだよ。

2017-09-29

anond:20170816132146

食糞より飲尿の方が全然マシ」みたいな事言われても反応に困る

男目線女目線とか関係ないんだよな

前半がおかしいのに後半真面目に見るわけがない

2017-08-22

結局ジャンプ+は男社会男目線

※あまりURLを張ると色々だるいので、各自勝手検索して欲しい

何のつもりか知らないが、最近ジャンプ+でお色気枠(候補)の連載あるいは読み切りが時々見られる。

通常のブラウザではなくスマートデバイス用の専用のアプリジャンプ+を見ると、upvoteのできるコメント一覧を見ることができる。そして、コメントの傾向を見ると、直近では以下のお色気枠の漫画の評判が悪い。

一方、本日始まった "ハイリスクミッションセラピー" は今のところ好評である。この差は何か? 色々考えられるが、おそらく大きなウェイトを占めているのは "ヒロイン積極性" である

雑に言うと、不評だった漫画ヒロインは、自覚してる・してないを問わず、みんなエロいことに対して積極的である。一方、ハイリスクミッションセラピーヒロインエロいことに対して原則消極的である

まりジャンプ+を読んでる奴らのほとんどは「女性本位で性を楽しむこと」についてなんやかんや理屈をつけて拒絶反応を示す。「女は性に対して恥じらっておけ」というドレスコードでないと不快に感じるのだ。

結局これが、ジャンプ+を読んでるような奴らの正体である。「エロには(女の)恥じらいがないと」という男主体価値観自発的に性へ向き合おうとする女の自主性を認めない、勘違いした男どもである

ジャンプ+が男向けポルノであるというのであれば、それは当然のことであるので、それはそうあるべきだろう。

2017-08-17

写真集

男目線女子高生」というギリギリフェチズムが良かったのに「男目線百合」になってから写真集を買わなくなった。

「これはフェチ本だからエロ本ではない」と言っていたけど最近のはもはやエロ本な気がする。

1冊だけBLっぽいのもあったな。

また原点回帰で、初期のような写真集出してほしいなぁ。

2017-08-16

https://anond.hatelabo.jp/20170816125642

誕生日当日に約束ぶって常温NGケーキ持って飲みに行って家族からの連絡も無視する事に比べたら全然マシだと思うが、そこは全然気にならない様子なのが男目線で見たらそうなるのかなーとおもろく見てる

2017-08-08

https://anond.hatelabo.jp/20170807223104

男女逆なら…って挙げられてるブコメの例

『これは男目線だけど、男からの「処女っぽい」という形容は、必ずしもネガティヴものではなくて、「恋愛慣れしてなくてかわいい」という意味もある』

が実際その辺に氾濫してる内容で、アリも何も全然問題視されてなくてワロタ

2017-07-12

日本韓国男尊女卑学歴主義が強いか自殺率が高い

日本韓国も、生きづらい国だよなぁ、と、思う。

男は働かないといけないという性別規範のせいで長時間労働がまかり通ってて。

それは女は家庭のことをするという性別規範があるからこそ、可能。男は長時間働く、女は家庭のことをする(加えて労働力減少により、家庭のことをしながら男並みに働けと要求されるのが現代)という選択肢以外が許されないの、生きづらいだろう。

女として生きづらさを感じるのは、社会男目線で作られてるから、男の性欲を満たすコンテンツで溢れてたり、メディアに出てくる女は男の理想を描いたものしかなかったりすること。芸能人しろ漫画キャラしろ男目線ウケる「女」が圧倒的大多数。(日本より行き過ぎた韓国は整形ばかり)

男の芸能人ブサイクや太った人もお笑い以外で許されてるのに、女でそれが許されているのはお笑いだけ。

男が女をモノ扱いするから風俗AVグラビアといった性ビジネスも盛んだし。それに加えて、生きづらい社会コンプレックスを感じやすいからか、大人の男にロリコンが多い。韓国にも多いのかな?

男尊女卑が強い地域ほど、女性をモノ扱いする男目線社会が強く、そこに暮らす人たちは男女ともに病んでる人が多い。どの都道府県とは言わないけど。(新聞見てたらわかるはず、変な事件が多い都道府県がいくつかあるから人口密度関係してるかもしれんが、一番人口密度が高い東京より変な事件が多い地域が数カ所あるのは、人口密度が高いことに加えて東京への劣等感とともに育つから、なのかなぁ。

関東の数カ所と四国の某県と中部の某県と。四国の某県は人口密度の高さも原因かもしれないが

脱線終了。

ということは、男尊女卑からって男が生きやすいわけじゃない。

男も女も生きづらいのに、得をする人間いるから、まかり通ってる。

システムを変えられる層は男が圧倒的大多数で、既得権益を得てる層だから、変えようとしないのか?という考えと、最近気付いた仮説としては、そういう高学歴エリートの家庭は専業主婦母親いるから、問題だと思わないのでは、と。

高学歴になるためには親の高収入必要高収入のためには長時間労働で家庭のことをする人間必要、そうすると、超エリートの育った家庭は父親長時間労働母親専業主婦で家庭のことを全てする、という家庭が多くなる。

そういう風に、専業主婦母親を見て育っているから、性別役割分業の考えから抜け出せないのかな?と思うのが、最近

日本韓国も、生まれつきどうしようもない性別と、生まれつきどうしようもない家庭環境で決まる社会から自殺率が高いのでは。

学歴社会についても一応、少し触れておく。

当たり前とされているけど、これが当たり前でいいのかな?

今の日本では、親の経済力学歴が決まる。教育無償ではないため、お金をかけないと良い学校には行けない。

学歴が重視されない社会なら、学歴にこだわる必要はないが、学歴で就ける職が決まって高学歴高収入仕事に就けるが、低学歴は低収入仕事しか就けないという学歴差別がある社会だと、大学までの受験大学での就職活動必要以上に競争する必要が出てくる。

競争すらできず、親と同じ社会階層に落ちる人間と、受験就活競争させられる人間と…どっちも不幸。

新卒一括採用という採用する側に都合が良く、終身雇用崩壊した現代では時代遅れシステムもあり、そういった、やり直しのきかない社会システム(学歴主義新卒一括採用)に加え、男尊女卑という性別役割分業を押し付けてくるシステムがあり、他の先進国より高い自殺率になっているんだと思う。

韓国を叩いている人間は心のどこかでは日本が嫌いなんじゃないかな、めちゃくちゃ似てるし(占領してた影響? 日本のせいなの?

余談。

最近知ったのは、男であることで得をしていない層(長時間労働という損ばかりで低収入)が、女叩きをしているらしい、ということ。

ネットだけに女叩きをしている層がいて不思議だったけど、そういう、男で損をしている人間がいるんだな、と。

既得権益を得ている男しか周りにいないから、目から鱗だった。

2017-07-08

炎上中のサントリーCMについて

http://b.hatena.ne.jp/entry/nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/07/news096.html

40のおっさんだが、こういうスケベオヤジをひっける意図が見え透いているCMは、心底馬鹿にされていると怒りすら感じる。なんと言うか、「女や子どもに気づかれないようにうまくつくってやったぜ」という裏の声まで聞こえて、寒気さえする。

「昔だったらこんなの普通だった。騒ぎ過ぎ」と物の分かった風に言う人がいるけど、そんなことはなかったと思う。これに類するビールCM記憶では思い浮かばない(清涼飲料では釈由美子もっと露骨CMはあった)。むしろ、「男は黙ってサッポロビール」のように、ストレートマッチョCMが多かった。そもそも女性顧客として見てなかったのではないだろうか。

PCが厳しくなっている今になって、こういう「女を侮辱し、男を馬鹿にした」CMが増えているように思う。なぜだろうか。思うに、昔ながらの頭の固いオジサン企業現場で減ったからではないだろうか。昔の企業の偉いオジサンなら「こんな下品CM不愉快だ!やめろ!」と一喝したはずだ(リベラルからではなく、逆に頑固マッチョだったから)。おそらく今の企業現場は、よくも悪くも頭が柔らかくなって、こうした品の悪さが「その場のノリ」で通ってしまうことが多いのだろう。

女性顧客として取り込もうとしていることもおそらく関係しているの。特にビール業界などは長年徹底した男社会であり、制作現場は相変わらず男主導の男目線なのにもかかわらず、無理に女性を取り込もうと頑張ると、あのような地雷を踏むCMが出来上がってしまうと理解することができる。

2017-04-30

http://anond.hatelabo.jp/20170430083635

彼らは「長年差別されてきた」という被害者意識が強いか

自浄作用にはまったく期待できない

宮崎駿岡田なんとかみたいなオピニオンリーダーもいまや不在だから

とりあえず、オタク批判には噛みついとけ精神の無法集団化してる

もともと少女漫画男目線から楽しむと言う

へんぴな文化から派生した一ジャンルなのに

今や表現の自由の錦の御旗を掲げる聖戦士になってるのはいかがなもの

その表現の自由だって、元は女流作家が自制しつつ養ってきたもの

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-35742160

から見ても、連中は少女漫画文化フリーライドし、

かつ自分エゴの為に大義を掲げ

しまいには自分たちの源流にすら盾突いている姑息存在しか思えないな

2017-01-26

基本的に「恋愛」は男限定の娯楽 女の大半は「一番好きな男」とは一

 福士蒼汰フォトショでいじくって、南海キャンディーズ山ちゃんにし、「大好き!」と口にするのが女という生き物である

 分かりにくい例えかもしれないが、要するに女の理想は叶う率が低いから、妥協を繰り返し、少しずつストライクゾーンを広げてゆく作業必須になるということだ。

 言ってしまえば、あらかたの女は自分を騙くらかすことでしか彼氏を獲得出来ないのである

 つまり女の恋愛は、娯楽じゃなく我慢なのだ


女は、本命の男に本気で恋をすると、極めて高い確率でフラれる

 恋心の強度と、フラれる確率は比例関係にある。

 好きになればなるほど難易度が上昇する。

 男は、「がっつく女、余裕のない女、重い女」を忌み嫌う。

 だから女は、恋愛感情故意に薄くして、無味乾燥に近づけ、死んだ魚になるよう努力しなくてはならない。

 愛情の鮮度が高いと、男は女が提供する恋の食卓にはついてくれない。

 恋心を生け贄にして、天から余裕を授かり、さりげなさを全面に出して男に媚びる。

 そうした無感情の狩りこそが、女の恋愛なのである

 好きなあの人への想いが最高潮に達した段階で付き合えたという、美しい運命を辿れた女など、ごくごく少数だ。

 男は選ぶ側のため、「一番好きな女」と付き合える。

 女なんていう生物は、歩く無料お試しキャンペーンみたいなものだ。

 特段のブサイク性格破綻者を除けば、男に求められて喜ばない女はいない。

 男の恋愛は始まるまでに困難がなく、実はドラマチックさの欠片もない。

 だからこそ、「あえて想いを伝えずに、この駆け引きを楽しんでいます」という余裕綽々の態度を取る者がいくらでも現れるのだ。


男という悪徳工場が、不誠実な女を大量生産している

 どれだけ誠実な女であろうと、全身全霊で恋に落ちてしまうと、意中のあの人にどん引きされ、物の見事にフラれてしまものだ。

 男目線だと、「そんなことないよー。純粋気持ちが一番嬉しいよ☆」という真心第一みたいな結論に行き着く場合もある訳だが、これほど無責任綺麗事は他にない。

 どんな女であれ、「あの人を好きな気持ちだけは誰にも負けない。」という純情一本気な思いの丈を、胸に熱く秘めていた時代があるはずだ。

 しかし悲しいかな、純情さだけでは、手応えゼロ全否定されて失恋してしまう。

 どうしてかと言うと、この世を生きる女の大多数は、なんの才能にも美貌にも恵まれない無力な存在であるがゆえに、猫も杓子もが「媚び」という曖昧模糊としたものを唯一の武器にして戦おうとするから供給過剰になってしまっているためだ。

 男は空求人みたいなもので、常に誠実な人を大量募集していると見せ掛けて、「残念ながら、今回はご期待に添えない結果となりました」とお祈りを連発する。

 そうして女は幾度もフラれ、ただ突っ込んでも事態好転しないということを悟り、好きの感情に打算を組み込むようになる。

 自然体で男と接するトレーニングをしたり、好きになり過ぎないようにセーブして、計算高く立ち回ったりし始める。

 その結果、彼氏が出来たとしたら、開口一番こう切り出すだろう。

「なんだ、付き合うってこんなもんか」

 そらそうだ。

 恋心を肥大化させずに、落ち着き払って男を落としたに過ぎないのだから

 釣り堀で、虚しい魚釣りをしていたも同じ。

 一向に心が満たされないから、幸福論でいうところの『幸福を追求する不幸』という状態に陥り、次から次に手頃な男子を求めるようになる。

 これが後天的ヤリマンへ変化するプロセスだ。

女が非モテへと落ちぶれる流れについて

 精神科医ジャック・ラカンが、『欲望他者欲望』という言葉を残しているように、生きている中で誰かを好きになったとしたら、自分以外の人間もその子を好きだと考える方が良い。

 金は金を呼ぶみたいに、愛される人はより愛されるのが、現状の人間界なのだ

 誰もが似たような流れで欲望を浮上させるから自分特定のあの人を好きになった感情フローを、他の多くの人々も体験している可能性が高い。

 ゆえに奪い合いになる。

 しかイケメンは、可愛らしい子達が根こそぎ奪って行くため、反応に困るような人だけが少量、余っているだけになってしまう。

 その中からなんとか好きになれる人を探すわけだが、好きになった頃には、他の女もその男を好きになっていたりするため、また争いが発生する。

 こうやって殴り蹴られの決闘が延々と続くから非モテ挫折したまま、半永久的に再起出来なくなってしまうのだ。

 つまり無気力学習するということであり、こうなってしまえば、「自分最初から男に興味なんてないんで……」とオタク趣味に走ったりする。

 これが非モテへの転落である

女のほうが女としてのアイデンティティについて不安が大きく、自分モテるであることを証明したがる。

 こうした傾向があるからこそ、男よりも女の方が、失恋からの立ち直りが遅い。

 良く男は、「いい男なんて星の数ほどいるんだから、もう忘れなよー」と口から出任せをいう訳だが、これは的外れな助言である

 女が悶え苦しんでいるのは、好きなあの人を喪失した悲しみなんていう小さなものではなく、アイデンティティに深い傷が入ったためだ。

自分の女らしさが通用しないのではないか?」と憂いを抱いているときに、それを否定されるような断られ方をすると、失意のどん底に落ちる。

 そして、「私は終わってる」「私は一生一人だ」と憂鬱感情を強化してしまうため、自発的言葉によって、内部から心が壊れてゆく。

学習性無力感を引き起こす手続きは、うつ状態と同じような状態を作り出すと考えられるようになった。それは、学習性無力感が、うつ病モデルとして妥当性を持つことの証明にもなった。

 残念無念にフラれる連続の中で、「私なんて女としてダメだ……」という落ち込みの反復が起きて、自分の不甲斐なさについて学び続けてしまうと、精神が歪んでゆく。

 それはそれは寂しくて、どこの誰でも良いから、この弱り切った瀕死自分を認めてくれ、と切望するようになる。

 こうなると最悪なことが起きる。

 それは、男が最も嫌悪する、「がっつく女、余裕のない女、重い女」になってしまうということだ。

 気付いたときには既に手遅れ。

 プライドを削って、グレードの低い男に突撃したとしても、厄介なギトギトした女に成り下がっているため、近付いただけで逃げられる。

 勇気を出して振り絞った、最後の女らしさ――アイデンティティの全てを砕かれてしまうということだ。

 暗転。目の前が真っ暗になる。

自分は誰にも必要とされていない」という絶望悲劇、激痛を急速に学習してしまう。

 明言しておくと、女が人生において一番に彼氏が欲しいときは、こういう誰一人に相手されない悲しい時代だ。

 しかしながら、男も一回きりの貴重な人生を歩んでいるため、浮上確立が低いどん底の女を相手にしている暇などない。

 こうして一生浮かばれない、弱者女性が出来上がるのだった――





http://pipipipipi-www.hatenablog.com/entry/2017/01/26/194617

※ただし男版も女版もイケメン美女は除く

2016-12-24

12月24日、ネット喫茶ナウ

本日は、10:30起き。

軽く飯を食って、ネット将棋を見ながら、詰将棋を解いていた。

詰将棋に飽きたら、英単語の暗記。

  

しばらくして、将棋のほうも昼食休憩に入った。

ご飯食べるのは面倒くさいので、トップスチョコレートケーキを1つだけ食べる。

  

母親が家に来ているので、ここ2日ほどオナニーができていない。

散歩してくる。と散歩へ。

薬局ウエットティッシュを買う。生理用品でティッシュ代わりに使おうかと思ったが、さすがに基地外過ぎてキツイと思った。

コンドームを買う美人を横目で観察。

こんな日に働いてる店員はブスブサメンばかりかと思っていたら、店員はなかなかリア充じみていた。

コンビにでモンスターエナジーを買った。

  

ネット喫茶について、

『JSガール』という、女子小学生モデル雑誌と、

『VIVI』というモデル雑誌オナニーネタに用意。

  

ネットエロ動画をあさる。

エロ動画でシコシコ。

エロ動画気持ちよくなったところで、JSガールのJS達を眺める。

素人モデル特に眺める。

  

エロ動画はご飯、JSガールはおかず、VIVIは味噌汁といったところか。

実際、エロ動画だけでぬくのは俺の主義に反する。

ロリコン」という話ではなく、『栄養が偏る』という話をしたいわけだ。

ハアハア、JS6ってことは、生理来てる子もいるよね?生理前に撮影した子もいるよね?これだけ発達いいんだから、おじさんの精液注がれたら絶対にまずい妊娠ちゃうね_?」

まあ、だいたいそういう感じの妄想

  

VIVIについてもだ。

VIVIのよさは、「全力で女の子女の子に認められるかわいさを作っている」ところだ。

AVは、男目線でのかわいさだが、VIVIは女目線でのかわいさだ。

女ってのは、対男と、対女でファッションが変わる。

そして、対女ファッションでのトーナメントに勝ち上がった女というのはやはり「AVでのオナニー」には足りない栄養素だ。

靴元から、DHOLIC、allamandaなど、チェック&ググル

女の自意識を知ることで、俺の自慰意識高まる

全力で「女に認められたい」と磨いてる女を、「俺のおっさん精子妊娠させてやる!俺の精子子宮に泳がせてモデルやってろ!女らしさ、自分らしさとか高い意識していながら、キモ男に屈服しやがれ!」

まあ、だいたいそういう意識だ。

  

射精では、ウエットティッシュにあふれんばかりだ。

ちゃんとすってくれるか?と不安になるが、ウエットではあれティッシュ。なかなか吸収よい。

  

本日は、17時より、病院夜勤だ。救急で当直になった。

俺が好きな女医さんがセックスするために、俺は今日夜勤してるんだなあと思うと、すごくむなしくなる。

その恨みをたたきつけるように、オナニーした。

2016-11-15

http://anond.hatelabo.jp/20161115145908

男目線でも女主人公イケメン男(俺物語のたけお含む)にきゅんきゅんしてるのを読むのは好きだよ

もっと男目線女の子同士でラブラブちゅっちゅする少女漫画が増えてるはずだ。

というのは極端じゃないかなあ

はいえ、女の子同士がちゅっちゅするための専門誌が別にできたのはそういう需要をそっちへ流すためなのかね

少女マンガ誌はあくまでも男女の恋愛中心みたいな方針でもあるのかな

少年漫画雑誌で読んでる女はいるけど、

少女漫画雑誌で読んでる男はいない、もしくは圧倒的に少ない説。

少女漫画好きを公言している男に雑誌購読者が少ない説。

ちまたで言われるほどの数の男が少女漫画雑誌を購読しているなら、もっと男目線女の子同士でラブラブちゅっちゅする少女漫画が増えてるはずだ。

http://anond.hatelabo.jp/20161114201217

2016-09-20

http://anond.hatelabo.jp/20160920133557

わざとらしい百合営業なんか腹が立つわ

イラストとかで女同士で半裸で抱き合いながらも目線はこっちみたいな「男目線テンプレズ」的なねっとりした気味悪さがある

本題とは全然違う意見だけど

2016-09-14

http://anond.hatelabo.jp/20160914233907

そう?

まああの男同士の友情描写には素で男目線で見ると違和感あるけど

でも俺はあればBLしようとしてるんではないとして認めるよ(ってのも偉そうないいかただけどさ)

少年誌男性名で入り込んでるわけでもないし、

普通に女性が描いた甲子園漫画っていうことだよね

ちょっと展開が長くなりすぎて話についてけなくなったけどね

完結したらまとめて買って読もうかぐらいには思ってる


俺は女性作家女性作家感性が嫌いなんじゃなくて

少年誌偽装して入り込んでBLやりたがる露出魔みたいな変態女だけが嫌いなんだ

2016-09-09

ブスでも痴漢にあう

ブスも痴漢にあう。

ブスに痴漢するわけねーだろ!自意識過剰!って言われるんじゃないかっていう心配で、痴漢されてる事実があるのに、まるで嘘ついてる気分で世界最悪の人間みたいになってくる。

美人なら美人で、痴漢されてるの自慢してるみたいな謎のイイ女判定の空気あるし、ほんと痴漢どうにかなんねえかな。

「おまえは絶対痴漢されないよ」と言われる程度のブス。フリース着てジーンズリュック背負ってるひっつめ髪メガネノーメイク眉毛ぼうぼうのいかにもオタク女で65キロくらいあったし、地味とかダサいとかそういうの超越して女を捨ててる外見してたけど、電車通学中10回くらい股に指つっこまれてんのね。年に2~3回ペースで痴漢あいました。あからさまに言うと、ジーンズの縫い目触って膣と肛門ねらってくんの。そのたびに、MDのフタで思いっき痴漢野郎の手を挟んでえぐる、シャーペンで刺すとかやってたわけ。MDに血ついてんの最悪。シャーペンは壊れるし。やりすぎじゃないよ、だって触るのやめないんだもん。触る気ないならビックリしてイタっとか言うでしょ普通。血が出るまで刺しても無言って普通じゃないよ。血が出た手をひっこめるだけの男=痴漢は、バレたらヤバいって思ってることわかってしてるんだよ。

ブスでもダサい女でも、若いってだけで狙ってくるの。最悪。。

私自評価でブス判定なんで、声出して「痴漢やめてください」って一回も言えなかったの。こんなブス痴漢とか頭おかしいでしょ、え、さすがにないわ無理、とか開き直られてまるで私が嘘つきみたいにされたら、手に負えない事態で嫌過ぎじゃん。駅員さんも「ないわw男がかわいそう」って思ってそうだし。

ブスにも男の性欲向けられます

痴漢にあった話すると、男性陣は居心地悪そうなのね。男って概ね、女よりも正義が大好きなんで、痴漢社会秩序の敵認定して共感ほしいんだけど、なんでか「痴漢許せない!」って反応じゃなくて、痴漢といえば「痴漢冤罪!」って話になるんだよ。痴漢の話してる私、この私が痴漢されて嫌だった犯人クズ死ねみたいに怒ってんのに、なんで目の前にいる痴漢被害者の私じゃなくて、誰とも知れないどっかで読んだだけの痴漢冤罪の話するんですか???????私は痴漢冤罪否定するものじゃなくて、すごく深刻な冤罪だってわかりますが、痴漢がこの世に存在するから痴漢冤罪があるんだよ。痴漢冤罪を信じることで、痴漢犯罪を免責する心理なんだろうか。その冤罪と私が痴漢されたこと関係ないっての。

女性に話すときにも、痴漢されたこと自慢してるっていう判定する空気あって話づらいの。いやこれ犯罪からね。なんで、そんなときだけ男目線なんだよーもう。

痴漢防止ポスターで、女学生が怒った顔で「チカンダメゼッタイ」「コノヒトチカンデス」とか言ってても、女の子のプンスカなんてカワイイポーズ一種じゃん。

痴漢に効きそうなポスター

痴漢男過去の姿にして変わらぬ自己イメージの、アカ抜けないダサめの中高校生くらいの男子がイヤそうに見下してるかんじ

赤ん坊じゃなくて就学未満くらいの男の子を抱いた母親がイヤそうに見下してるかんじ

・50~60歳くらいのおばちゃん=痴漢男母親像が、イヤそうに見下してるかんじ

・60歳くらいのだらしないかんじのおじさんが、イヤそうに見下してるかんじ

痴漢をする人間は、性犯罪者です」みたいな人間失格烙印するコピー

電車内の女性を触って性的興奮をする人間は、性犯罪者です」とかでもいい。

痴漢する男の世界観ヒエラルキー外の、不可触民の人間に嫌がられて、見下されるっていうのが性欲ファンタジーを直撃して効くと思います。罪を憎むよりも、ストレート行為者本人を名指しで憎んで、貶めることが抑止力になる。イラストマンガよりも、実写がいいだろうな。性欲たぎってるとき頭回らないから。

痴漢男と、一般男性世論が「痴漢冤罪」というワードで結ばれる正義ファンタジー連帯を断ち切って、「ボクが痴漢被害にあって嫌な思いをしたかもしれない」って女の被害者共感の輪を広げてほしいです。

無理かな。

性犯罪加害者ほとんどは男で、性犯罪被害者ほとんどが女っていう性差あるから若い男が夜に帰宅する途中に通りすがり人間に後つけられてレイプされて殺されるって事件は無い。探せばあるかもしれませんが、逆は今も昔もありふれ過ぎてて、レイプされる危険があるのに夜道を帰ってくる女が悪いってなる。)、性犯罪の罪は軽いという時代があったわけで、幼児強姦を「女児にいたずら」なんて気楽な報道用語が昔は見られました。性犯罪ぐらいで罰するなんてヒドイ、男の生理なのに仕方がないじゃないかっていう、不満っぽい空気を感じること今でもたくさんあります性犯罪被害者の女よりも、重過ぎる罪で罰せられる男ってかんじに男は同情しちゃうんだろうなあ。

痴漢ぐらいで…って思われてるだろうけど、すごい嫌だよ見ず知らずの赤の他人ゼロ距離に近づいてきて、触られたくないところを触られるって。しか逆ギレしてお前が悪いとか言ってくるかもしんないって。

2016-08-05

武勇伝

セックスについて男目線の所感について。

もちろん行為で得られる性的快感目的の一つですが、それと同様、もしくはそれ以上に、「その人と挿入に至った」という事実を求めている気がします。

男女間のセックスは挿入から射精に至り、余韻を楽しんで完結、という印象ですが、男サイドに関して言えば、その経験自分の中で経験値として蓄積、ないしは誰かに語るまでで完結するような感覚です。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん