「産科」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 産科とは

2017-06-13

産科の予約した

なんか調子悪い気持ち悪い腹減る火照るし寒気するし…と思っていたら陽性線が出た。……中に誰か…いるのですか…えーマジですか…あした診察に行ってくる。ちゃんとわかるまで喜び過ぎないようにと思うんだけどどうしてもにやけてしまう。

先月の出血がなんか普段と違かったのとか体調不良ふた月継続中なのとか先々月がいつだったか忘れたとか、もういろいろ起算日がわかんねんだよな…もともと不順だったしよう…。怒られたりしないといいな。

まだ増田くらいにしか書けないけどじわじわ嬉しい。遠浅の海で打ち寄せる波のように絶え間なく嬉しい。ゆうごはんなんにしよっかな。

2017-05-27

妊娠が怖い。

妊娠しているかもしれない。生理が一週間弱遅れている。心当たりもある。

ただ、いつもの生理直前の諸症状があるから、きっと生理来る。

上だけ読むと、避妊してない馬鹿乙wwwってなるかもしれないけれど、結婚して1年ちょっと経った奴です。

いつでも子供できていいよね、と主人と話しているけれど、今はとにかく妊娠が怖いんです。

そして急に重い話になるけれど、半年弱前に流産しました。

生理が来なくて、前の生理から6w。妊娠検査薬微妙な反応。

エコー撮ってもらったらはっきりするやろ!と思って産科受診するも、おそらく化学流産

4wくらいで成長が止まったのかな?と医者からかるーく言われたけれど、その夜号泣した。

そして、残酷なことにその翌日から出血。あぁ、やっぱりダメだったんだぁ。そう思って心に傷が入った。

それから1週間か10日くらい経ってからかな。義姉の妊娠を、人伝いに聞きました。

しかも、私の子供と同じか少し早いくらい。

義姉も気を利かせたのかもしれないけれど、直接話して欲しかったな。

というか、私の流産は主人以外は実母にしか話してなかったんですけどねwww

実兄と主人は同じ職場なので、兄伝いで言ってくれても良かったと思うんだけどなぁ。

主人が近所の人から子供さん、いつ産まれるの?」って聞かれたことで判明したんですけど

(その人は私と義姉を勘違いしてただけみたい)

さすがにね……流産して2週間経たないうちにそんなことが起こるとは思ってもいなくて、ヤケ酒して暴れた。


それから数ヶ月、度々ヤケ酒しては号泣して、時には主人に当たって、どうしようもなくなっていった。

誰を責めることも出来ないけれど、何かに縋らないとどうしようも出来なかった。

そんな折『近しい家に子供が二人出来るとどちらかはダメになる』というデマを信じてしまって、完全に心が壊れた。

主人にも何度も当たって、本当に迷惑をかけたと思っている。

からこそ、今度こそは主人に、義母に、子供を抱かせてあげたいんだ!!!


そして冒頭の話に戻ります

妊娠可能性が出てきて、不安でつぶされてしまいそうなんです。

「またダメだったら」「また、兄達の子供に殺されちゃう

って、トイレに行くたびに震えてるの。被害妄想も甚だしい!!

兄達の子が殺したんじゃないよ!!!きっと赤子側の成長エラーから!!!

と、頭では理解してるのに心が壊れてるから、怖くて不安でたまらない。

そんな状況の中、若干KYな母が「甥っ子(兄のところの長子)を分娩の時預からなきゃかなぁ?」とか言ってまして。

いやぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~む~~~~~るぃ~~~~~~~~~~~~~

顔を合わせたら義姉に嫌味言ってしまいそうなのを必死で堪えて、表面上は笑ってるけど甥っ子にも適度な(若干遠い)距離で接して。

そんな中、流れちゃったあの子が産まれるであったろう時期に???む~~~~~~ry

あ、そんなこんなで預かる道は意地でも回避します。



あー、子供、出来てないといいなぁ。予測排卵日ズレてないかなぁ……

もしもお腹子供がいたら、そんなことを母親が考えてるなんてひどい話だなぁと思います

でも、もちろん、妊娠してたとしたらちゃんと産んであげるし、全力で育てる。絶対幸せにしてあげる。

ただ、まだ心の傷が癒えてない。どうしたらいいのか分からない。

そんな事を考えながら、また酒に走ってしまうクソ野郎でした。

妊娠検査薬を使えるようになるまであと2・3日、どうにか覚悟を決めたい。

それよりも生理が来そうな腹の痛みあるんですけどねwwww


でもいつか、やっぱり子供は欲しいです。

2017-05-20

http://anond.hatelabo.jp/20170520004908

うちの妻も全く同じこと言ってる

同じ病院なんじゃないかと思うくらい

この間産科看護師が6人一斉にボイコットで辞めたみたい

師長には一切お咎めなし

看護部と師長の考えていることは、自分の身の保身のみで

ズブズブだから誰も責任取らせようとしないみたい

2017-04-19

http://anond.hatelabo.jp/20170419102024

しろ日本は他の国と比べると公的保育園に入りやすい(入る資格が得やすい)し安いんだよね

から希望者が殺到して入れないってのがある

アメリカイギリスなんかは公的保育園ガチ貧困しか入園対象ではなく

中流以上は高い金払って全額自腹の民間保育園(勿論日本保育園よりずっと高い)に入れるしかない

フランス保育園は同じようなもので、だから移民シッターを雇う(勿論日本保育園以下同文)

貧困家庭でもないのに税金たっぷり使った安い保育園を0歳から利用して良い国の方が少ないんじゃないか

北欧なんかは手厚いけど、その分税金高いし

産科についても、その代わり日本医療費バカ安な上に1週間くらい入院させて貰えるからねえ

他のどの国でも精々出産入院は(何らかの異常がない限り)1、2日程度だよ

他科も含めて、日本医療については世界一まれてるよ

2017-01-23

http://anond.hatelabo.jp/20170123115921

医師場合だと、小児科産婦人科医局に入る若いのは女医ばかりで

男医が入るなら親がその科の開業医で継ぐからという理由がないと変な目で見られるそうで

これらは女医の方が患者のウケもいいし、開業するにも有利なのに

何でわざわざ男が(女より不利なのを分かってて)来るんだ?邪な目的があるのでは?と思われるんだろう

看護師場合男性は大抵精神科か手術室配置、

暴れる患者を取り押さえたり、重い患者身体を持ち上げたりするのは男性の方が良いため

男性看護師小児科に配置しろ!とごり押ししても、いや精神科とかも足りてないし男は患者(の親)のウケも悪いし

小児科別に男の力も要らないし…そもそも何で小児科ロリコン?ってなるわな

男性保育士就職先として障害施設が多いそうだけど、これも似たような理由だろう

そうやって住み分けてるのが現実なんだよなあ

つか男性保育士云々より、男性助産師存在意義こそ分からんのにごり押ししようとしている勢力がある方が謎

誰が得するんだそれで

実際は学校卒業しようとするだけで大変なのではとか言われてるが

助産学生長期間ある程度の人数の妊婦について実習しなければならないけど、協力してくれる妊婦がそんなに見つかるだろうか?って意味

看護師産科実習があるが、助産師より遥かに小規模の実習でも男子看護学生に協力してくれる妊婦を確保するのは大変だそう)

2016-07-31

http://anond.hatelabo.jp/20160731100805

私も一昨年出産したけど、分娩予約をした後に心療内科の通院履歴10年近く前にあることを話したら、その次の検診で拒否されたよ。

精神科産婦人科が一緒になっているところに転院して下さい」って言われて、市の保健師さんに連絡して探してもらったり、大変だった。

早く紹介状を書いてもらって、区なり市なりの保健師さんに電話相談した方が良いです。保健師さんは愚痴も聞いてくれるよ。

クレームを入れるのはストレスになるだけだからやめておいたほうが良いよ。今何かあったときに行ける病院を確保する方が大事

産科絶対数が少ないので、偉そうに出てくることがあるけど、子どもを無事に産むのが一番大事だよ。大事なことを見失っちゃいけない。

私は結局、筑波大学付属病院で産んだ。正直、遠すぎて通うのは大変だった。ここは総合周産期母子医療センターなので、基本断らないそうです。

産婦人科は新しい建物ものすごく綺麗で、看護師さんも先生も親切ですごく良かった。前の病院よりも断然良かった。皆さん都内よりちょっとおっとりしているというか、本当に親切だった。忙しいはずなのに。

出産中に何かトラブルがあったとしても、とにかく総合周産期母子医療センターなので、前の病院より良い医療を受けられるのは確実だし安心感もあった。

出産後に精神科のお医者さんとソーシャルワーカーさんもわざわざ様子を見に来てくれた。

食事病院食だったけど、一応最後コース料理があって、生物が食べられて嬉しかった。

まぁ私は、産んだ直後にものすごい鬱になって涙が止まらなくなって個室に移ったので、ある意味最初に行った病院判断は正しかった。

悲しんでいる暇はない。早く、今何かあったときに行ける病院を確保してください。お母さんになるのだから強くならねば。

2016-06-22

追記および村中璃子氏の連載記事に関して (後編)

「利用される日本科学報道(後篇)」について

子宮頸がんワクチン薬害研究班に捏造行為が発覚 ― 利用される日本科学報道(後篇)

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7080

さて、後篇であるサブタイトルに「捏造行為が発覚」とはなんとも穏やかではない。

後篇の内容は、池田氏発言検証マウス実験に対する批判が主である

マウス実験についての指摘内容は、これまた私の指摘と同じなので割愛する。

またそれとは別に、発表資料内で示された図とグラフ(資料ページ59: 自己抗体の沈着の写真グラフ)はチャンピオンデータによるものではないか、との疑問も呈されている。

確かに、写真は1種類でグラフエラーバーが無い点からも、疑問を抱くのは妥当であろう。

そして村中氏がその詳細について調べるため、実験担当したA氏を探し出して取材したところ驚くべき証言が得られた、というところで記事は終わっている。

あとは月刊Wedge7月号を読んでくれという、「続きは映画館で!」的な終わり方であり、少々拍子抜けだ。

その過激サブタイトルにも関わらず、後篇の記事中では「捏造行為が発覚」していない。

せいぜいチャンピオンデータ使用示唆されたくらいだが、これも疑義まりで、とても「発覚」とは言えない。

そもそも、チャンピオンデータ使用は「捏造」と異なる形態研究不正である(不正と見なされない場合すらある)。

捏造」はデータのものでっちあげる行為であるため、「チャンピオンデータ」のような都合よく選別したデータを示す行為とは明確に区別されるのだ。

このような乏しい情報でもって「捏造が発覚」というような非常に強い表現をするのは、控えめに言ってもやりすぎであろう。

月刊Wedge7月号の村中氏の記事について

子宮頸がんワクチン薬害研究班 崩れる根拠、暴かれた捏造

村中璃子, 月刊Wedge7月pp.40-44

Web記事だけでは片手落ちなので、Wedge本誌の記事についても解説していこう。ええそうです。買いました(\500)。

本文4ページ中、1.5ページは後篇の内容とほぼ同じであったが、Web版を読んでない人には序文として必要であろうから、とやかくは言うまい

この記事の目玉は、A氏への取材で得た実験内容の詳細および池田氏捏造行為についてである

A氏の証言をまとめると

(1) マウス実験はごく初期段階の試験的なもので、使ったマウスも3~5匹程度であった

(2) HPVワクチン以外の血清で緑色蛍光を呈した写真存在したが、発表資料には採用されなかった

(3) 資料中のグラフ写真は1匹のマウス(N=1)からチャンピオンデータであった

(4) 自己抗体が沈着した写真ワクチン接種個体の血清を正常マウスの脳切片に添加して蛍光染色し、撮影したものであった

(5) 自己抗体ワクチン接種個体の脳に沈着していた証拠はない

(6) 血清をとったマウスに接種したワクチンの量は50ul (濃度は不明だがヒト換算で通常接種の100倍以上らしい)

これらの証言を読んでわかるように、A氏の証言全面的に受け入れたとしても、研究不正に該当しそうな行為チャンピオンデータを用いた点だけであり、「捏造行為」の存在は見出せない。

村中氏は、証言(2)に対して「重大な捏造である」と断じていたが、チャンピオンデータのみを示す行為が「捏造」でないことは前述の通りである

また、証言(4)と(5)に対しては、ワクチン接種個体の脳に自己抗体が沈着していたかのようにミスリードしていたという点が批判されていたが、これもまた「捏造」ではない。

まりWeb版とWedge本誌の記事を通して、池田氏らが「捏造行為」をしたという根拠は一切示されていないことになる。

さらに、記事の最終ページでは池田氏学長選挙エピソードやその上昇志向といった人格面の描写が過半を占め、最後の結びは以下のような文章であった。

それぞれの立場動機から捏造に手を染める研究者たち――これが国費を投じた薬害研究班の実態だ。

子宮頸がん罹患リスクを負ったワクチン未接種の少女たちとワクチン人生を奪われたと苦しむ少女たちの未来は、こんな大人たちの手に委ねられている。

(月刊Wedge7月号 p.44)

これらの批判、ともすれば中傷は、池田氏らの名誉を著しく傷つけるものであり看過し難い。

捏造というのは、科学者に対する批判としては極めてインパクトの大きい言葉であり、軽々に投げかけて良いものではないのだ。

私は元増田池田氏らの発表および発言内容を「言い過ぎ」と評したが、村中氏の方が「言い過ぎ」度合いでははるかに上である

過激煽情的表現は、耳目を集める上では有利かもしれないが、それは科学的な議論批判をするうえではノイズしかならない。

村中氏の取材批判の内容そのものは概ね適切であり、あえて過激な言い方をせずとも十分に説得力訴求力があるはずだ。

是非、客観的で誠実な議論に戻っていただきたい。

A氏は実在するのか?

Wedge本誌の記事で中核となっているのは明らかにA氏であった。

彼(または彼女)の実在性についてここで論じてみたいと思う。

村中氏の記事によれば、A氏は以下のような来歴を持つ人物のようだ。

実際に手を動かしたのは、信州大学産科婦人科教室の誰なのか。

筆者は周辺取材を重ね、それがこの4月信州大の准教授から関東圏の新設大学教授職に転出したA氏であることを突き止めた。

であれば、信州大学産科婦人科教室メンバーからA氏の正体がわかるかもしれない。

以下は信州大学産科婦人科教室メンバーリストである

上は現在(2016年6月)公開されているリスト、下がInternet Archiveというサイト(WEB魚拓の凄い版と思ってくれれば良い)に保存されていた2015年10月メンバーリストである

信州大学 産婦人科教室スタッフ紹介(2016年6月現在

http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-sanfu/about/post_9.html

信州大学 産婦人科教室スタッフ紹介(2015年10月現在

http://web.archive.org/web/20151209020718/http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-sanfu/about/post_9.html

これらをみると、2015年10月時点で産婦人科教室所属している准教授存在しない。

そのため、A氏が産婦人科教室に配属されたのは少なくとも2015年10月以降であると考えられる。

しかし、村中氏によるとA氏は2016年4月転出しているとのことだが、配属からわずか6カ月ほどで転出というのは少し速すぎるように思う。医学系ならそうでもないのだろうか?

さらに、2015年10月より後に教室に配属されたとして、そこから翌年3月の発表までにマウス実験を終わらせるのは少々厳しいのではなかろうか。

もちろん、取材源の秘匿等の理由記事中には偽の来歴を記していた可能性もあるし、村中氏がこんな嘘をつくメリットも思い浮かばない。

結局、A氏の実在性は不明瞭なまま残ってしまった。

個人的には実在しているように思うが、非実在でも驚かないといった程度に私は認識している。

村中氏の連載についての総評

氏の連載を通して読んでの批評を述べるとすれば、「客観的事実に基づく批判はまっとうであるが、それ以外の部分が煽情的に過ぎる。対立する話者の悪魔化をおこなうべきではない」といったところか。

HLA型にまつわる遺伝子頻度と保有率の取り違え、マウス実験がヒトには適用できない点、チャンピオンデータだけを提示する行為などに対する批判などは妥当ものであった。

しかし、池田氏らの行為について悪意的にとらえ過ぎているきらいがあり、人格面での批判も目につく。

また、池田氏らがマスコミを利用して何かを企んでいる、というような論調が全篇にわたって存在している(タイトルからして「利用される日本科学報道である)。

その帰結としてなのか、「捏造」という科学者にとって極めて強力な(したがって非常に強い証拠必要な)批判を無根拠に突きつけるといった行為にまで及んでいる。

(恐らくこれは村中氏が認識していた「捏造」の定義が間違っていたことに起因するが、それにしても杜撰である)

氏の精力的な取材情報発信は、HPVワクチンに関して薬害説に傾きがちなマスコミ報道において、貴重なカウンターパートとなっている。

なればこそ、冷静で客観的表現を心掛けることで、より良き論評ができるのではないだろうか。

願わくは、煽情的表現は避け、客観的かつ冷静な筆調でもって語っていただきたいところである

最後

なぜか池田氏らを擁護するような内容になってしまったが、私はそもそも彼らの見解について批判である

元増田もそういう意図で書いたし、HPVワクチン積極的な接種勧奨の再開を望んでいる。

しかしながら、元増田でも述べたとおり、評価すべきところはその立ち位置に関わらず評価すべきであるとも考えている。

村中璃子氏に対しては極めて批判的に論じてしまったが、総評でも書いたとおり、氏の活動は褒むべきものである

HPVワクチン問題について多くのマスコミセンセーショナル薬害説に傾いた立場を取ることが多く、そういった状況で村中氏のような立場から論じてくれるジャーナリスト存在重要だ。

村中氏については、その立場応援させていただくとともに、穏当な表現でもって議論してくださることを願ってやまない。

以上、もし間違いや事実誤認等の不備があれば指摘していただけるとありがたい。

2016-06-17

妊婦運動をしてはいけないのか?

脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方

https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00JDLBEFW/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1466090486&sr=1-1

より引用

思うに、人々を最も驚かせるのは、妊娠中にも運動をつづけることが大切だというアドバイスだろう。この助言は、ついにアメリカ産婦人科学会(ACOG)のお墨つきをもらうことができた。同学会ガイドラインは、健康妊婦は中程度の運動毎日三〇分するのが望ましいとしている。もちろん、産科から許可をもらう必要はあるが、ほとんどの妊婦にとって運動安全だ。

産婦人科診療ガイドライン産科編2014

http://minds.jcqhc.or.jp/n/medical_user_main.php

103ページのCQ107妊娠中の運動は?より引用

妊娠中に、少なくとも週に2~3回の有酸素運動エアロビック・エクササイズ)を行っている妊婦では、早産率を増加させずに身体機能を増進・維持させることができる。また、ACOG Committee Opinionでは、特に合併症のない妊婦では、一日に30分以上の運動を週に数回行うことができるとされている。

結論妊婦運動をしてもよい。

女子高生医師許可を得たうえで体育の授業・補修に参加することを検討すべきだった。

高校産婦人科診療ガイドラインに沿った形の補修を用意すべきだった。

2016-06-14

女として生まれてきた

俺は男だが女として生まれてきた。もちろんチンコはない。

そんな俺でもマンコなる穴だけはあった。

男は嫌いだ。生理的に。

友達ならいいんだけど、俺を女として見てくる。触ってくるやつもいる。

性的な目で見ないでほしい。

俺は男だ。

思えば生まれときから男だった。

ただ、チンコがないという理由だけで、女認定されてしまった。

こんなバカな話ってあるか??DNAとか染色体とか見ろって!

遺伝的には絶対男なんだ。本当なんだ。

あのとき産科医が憎い。変態の顔してたし。たぶんゲイだ。

大きくなった俺を食べる気だったんだ…おえっ

思春期のころ、胸が張ってきた。ま、ちょっと食べすぎたし、太ったんだけだけど 笑

そしたら男子のやつら、俺が乳でかいとか言って喜びやがって、俺のいないところで何カップか当てあいしてんの。

マジキモイしw

俺はそこそこ可愛かったらしい。そんなつもりはないが、鏡を見ると俺が男だったら惚れるなって顔だちではあった。

まあ、乳を気にするくらいなら、あほかで済ますこともできるんだけどさ、一部のクソバ男子ときたら、

俺がうんこしないだの、俺のうんこなら丼5杯食べれるだの、

うんこくらいはするさ、男の子だしね。でも丼5杯は出ないなぁ。貯蔵しておく気?ばか。

検便の時に一度変態男子うんこぶちまけてやったんだけどさ、泣いてんの。

「どうしたの?食べるんじゃないの?」

気持ち悪い。できもしないこと言うんじゃねーよ!って思ってたら、今度は床なめてる男子がいるの。

こいつら何考えて生きているんだろうかと、呆れたわ。うんこだよ、バカじゃね?

高校に入ったら彼氏ができた。男が男と付き合うなんてゲイだろ。でも周囲から健全カップルに見えるんだろな。

そいつは、俺の乳にも、うんこマンコにも興味がない奴だった。

その点を安心してたから、付き合ってもいいかと思ったんだけど、やっぱ男はバカ

はじめてのセックスとき、ご開帳してやってんのに、何もしてこない。フニャチンのまま。

「お前、俺舐めてんの?男だったらチンコおっ勃てて、舐めまわしにくるんじゃないの?」

で、そいつがいうにはさ、

「俺、アナルじゃねーとイケねえんだわ」

「アアア、ア、アナルってどどどど変態変態文字どおりクソ変態だね!」

って言ってやったんだけどね。でも、彼はどこか普通じゃなかった(異常って意味でなくて)

だってお前のマンコ偽物だろ?」

「え…」(ドキっ!)

だってチンコ匂いがするもんな。俺の好きな」

???

「お前のマンコチンじゃ役に立たないから、お前は受け専だな。」

そして勝手に話が流れて行って、俺はアナルを奪われた…。

女の大切なところをチンコ呼ばわりされた上に、男にケツを掘られる屈辱

「私は男だ!!」「なんでチンコが生えてこないんだ!」

毎日葛藤していた。チンコはないがチンコ臭いマンコがあり、アナルからうんこもする。顔は可愛いそうだ。

俺は一体何者なんだ。男?女?それともうんこするように作られた精巧ロボットか。

こんなことを悩みながら先日30の誕生日を迎えた。

チンコはまだ生えてこない。

2016-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20160609123947

4月まれがよいと言うよりは、4月に0歳児クラスに入れるだけの月齢に達している必要がある、だと思うんだけど。保育園によって3ヶ月からだったり半年からだったりでないと預かってもらえないから。4月まれだと1番長子供と一緒に過ごせるのでその点では1番良いと言えるけど。

保育園入園基準自治体によって異なるので役所に聞きに行くのが1番いいと思う。新しく開園する予定とかも聞けると思う。今住んでるところ以外も調べて出産までに保育園に入りやすいところへの引越しも考えると良いでしょう。

出産する病院についても調べたほうが良い。妊娠初期は2ヶ月おきだったか1ヶ月おきだったか検診に通って、臨月頃には週一で通わないといけないので家から近いに越したことは無い。都内であれば妊娠してすぐ産科出産予約を取らないと出産出来ないと言われている。無痛分娩の出来る病院は少ないし予約で一杯。土曜でも検診を受けられるとか、毎回3時間待たされるとか、女医さんがいるとか色々あると思うので口コミを調べておくと良いでしょう。

2016-04-18

http://anond.hatelabo.jp/20160418162303

突っ込みと便乗して自論も呟いてみる

名門中高大一貫教育に、高校受験で入るのは難関だけど、中学受験お受験で入るほうが比較的楽なので、殺到するというのと似ている。

名門大学付属大学までエスカレーター入学狙い、ってならともかく、

殆どは「良質な教育を受けさせたい」「公立に入れたくない」が理由では。

保育園も「さっさと復職したい」「1歳まで育休取れない(4月でないと入園出来ないので、1年以上育休取らなければならなくなる)」が殆どかと。

とりあえず、定員数だけ眺めている分には、定員数は0歳から階段状に増えていく。

乳児の過剰な需要に対して、幼児は空きがあるぐらいに感じる。

定員数だけ見てどうする。

例えば0歳の定員が10人、1歳の定員が15人として。

実際の1歳の募集人数は0歳から持ち上がりの10人を引いた数=5人、なわけだよ。

から0歳でないと入れないの。

保育園子供が死んだ、殺された、というケースも、世間に周知されるべきでありながら、

まり報道されていないものが多いのではないだろうか。

最近は認可外ばかり報道で見るけどね。認可外叩きしたい(んで認可でないと駄目だ、金出せ、というキャンペーン張りたい)んだろうな。

そもそも自然死一定数ある筈なんだけどね。

乳児にはSIDSってもんがあって、6000~7000人に1人起こると言われている。

保育園児でもSIDSで死んでる子が毎年何人もいるはず。

(勿論自宅で死んでる子もいるわけだが)

SIDSうつぶせで寝ると発生頻度が上がるんだけど、とっくに寝返りできているであろう月齢の子SIDSで死んで

うつぶせ寝にしていたからと保育園責任を問われたケースも報道で見た。

でもうつぶせにするな、なんて現実育児した事が無い人の空論だよ。

実際は寝返り出来るようになるとうつぶせを好む子ってのが多くて、そういう子はいくら表にひっくりかえしてもすぐうつぶせになる。

それを表に返し続けるってのは現実的じゃない。

あい無茶苦茶訴訟が起きて園が負けるなら、保育士なんてリスク高すぎでやってられないと思う。

産科に対する無茶な訴訟が相次いで産科医が激減したケースを思い出す。

2016-03-06

ネット糖質制限叩きに注意

http://anond.hatelabo.jp/20160305104940

http://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R32043YSG8FVN8/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4334038891

最初から最後まで読んで、題名どおりのケトン体人類を救うこと、

糖質制限根拠が力強く提示されている良書であることは間違いありません。

今まで糖質制限の本などを複数読んでいる人にも、読んでほしい内容になっています

それで、題名通りの内容は素晴らしいのですが、そことは外れて(しかし、本の記述にはある)いることを書きます

本の中に、p79「ネット勉強して糖質制限をしている素人の方々のほうが、

はるかによく研究しています」、p326-327「こういった主張はこれまで、書籍での発表が中心でしたが、

今はインターネットSNS時代です。多くの患者さんは、ネット経由で糖質制限のことを知り」という記述があって、

他にも、facebookを使った情報交換のことが何度も出ています。注意したいのは、ここです。

ネットにも、根拠不明糖質制限叩きは数多くあるからです。

一例を上げると、匿名内科医NATROM氏が「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!

http://www.amazon.co.jp/dp/4895958647/ref=cm_cr_asin_lnk と

得意気な本を出版していますが、実はこのNATROMという人は糖質制限叩きをしているのです。

江部康二氏のことを要注意人物で危険視しています

よくある糖質制限無知内科医が、無知が故に、

自分が持っている医学常識」を180度覆す力のある糖質制限を叩かざるを得ない悲しい心理が透けて見えます

そのNATROM氏が使っているのがはてなというところで、そこのはてなブックマークでは、

度々、糖質制限よりバランス重要とか、カロリー制限こそ重要というコメントが上位に来ます

糖質制限派は、はてなのサービスを使うのを薦めません。根拠不明で叩かれ、時間が30年くらい止まっているレベルです)。

専門家が警告 大ブームの「食事炭水化物抜き」が一番危ない 糖質制限ダイエットで「寝たきり」が続出中!  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]」という記事

はてブ数が多く付くという糖質制限叩きのネットの土壌がはてブにはあって、NATROM氏はそこで祭り上げられて、本を出版したのです。

糖尿病での食品交換表、糖尿病患者に高糖質食を出して高血糖を維持して合併症を進ませ殺してきたことこそニセ医学であることも分からず、

糖質制限のほうを叩くという内科医匿名の陰に隠れて江部医師攻撃し、糖尿病学会擁護するのです。

宗田哲男氏のこの本も、既存医学更新できないNATROM氏のような匿名ネット医師?から無用攻撃を受けることもあります

宗田医師のこの本の内容は素晴らしいのですが、ネット時代からネット経由の糖質制限となってしまうと、

匿名の陰に隠れたNATROM氏のような怪しげな医師?の餌食になってしま危険性もあります

やはり、このような書籍でしっかり書いたのを読んで、それからネット情報に触れたほうが、糖質制限はいいのではないかという思いがします。

今まで、ネット糖質制限叩きの酷さを見てきた身としては、ネットではその匿名性で同一人物でもいい加減な糖質制限叩き情報も量産できるからです。

糖質制限叩きは無知からの発露で、よくある糖尿病でもバランスが、カロリー制限がとか、日本人には米食とか、

ブドウ糖が脳の唯一の栄養素とか、こういうどうしようもない内科医栄養士は、間違いなく、人工知能駆逐されて用済みになりますが、

全くの自業自得です。本の中にも、それって、糖質制限でなくカロリー制限の失敗例というのを糖質制限と言い張って糖質制限叩きをする無知医師の例が載っています

この本の内容は、産科医という立場からの目を見張る記述があるので、こういう本を紙媒体出版し続けて、

ネット上の意味が分からない糖質制限叩きも少しは静まればいいです。売れ行きもよいようで、

このまま糖質制限根拠さらに積み重なっていけば、糖尿病患者に白米を食べさせるのは傷害罪になる可能性もあると思います

本の中には、糖尿病との関連で引き合いに出される戦前脚気ことなども書いています

《追記》書いた後で、思い出しましたが、本の中にあるカロリー制限なのに

糖質制限叩きに使うという手法NHKクローズアップ現代糖質制限叩きでもありました。

あのNHK糖質制限叩きもどうしようもなかったです。NHKはあらゆる番組糖質制限叩きをしてきてます

テレビ東京がかなり早い時期から江部先生特集で取り上げてたので、NHKのほうが遥かに酷いです。

ニセ医学批判鼻息荒くしているNATROM氏はtwitterで、「長生きしたいという理由で、好きな糖質を我慢して無理して糖質制限を続けている人は、

おそらく無駄努力だし、もしかしたら逆効果ですらあるので、糖質制限はやめましょう、とは言える」と言っています

こんな匿名ネット内科医が、糖尿病でも長生きしたいという人に対して、「無駄だし逆効果から糖質制限をやめて糖質をしっかり食べましょう」と言うのです。

こんなネット内科医が、匿名性で糖質制限叩きをしている危険性がネットにあります

ニセ医学の本を出版している匿名内科医が、実はニセ医学のものだったというどうしようもないことです。

それだけ、糖質制限は、特に内科医にとっては人生のものがひっくり返るものになってます

2015-12-15

http://anond.hatelabo.jp/20151215101211

看護師医師の指示の元でなければ医療行為を行えません。

なので看護師だけ居ても何も出来ないから無意味

かと言って医師を連れて来るのは医師不足過ぎて無理。

そもそも子供はすぐ訴訟沙汰になるから医師看護師でも怖くて関わりたがらない人多いし。だから小児科産科は不足してるわけで。

まして子供放置仕事行くような親なんてモンペ率激高だろうから余計関わりたくないし。

(病児保育が増えないってのもそういう事だよねー。病児保育使うような親なんて地雷だらけだろ)

2015-12-07

毎日新聞が次に狙ってるのは地方行政崩壊キャンペーンかな?

毎日新聞の近年での最大の業績といえば奈良県をはじめとする産科医療への多大なるダメージだけど

常総に仕掛けてるのも似たような狙いなんだろうか

アホ記者とアホ議員が偶然出会ってしまって化学反応を起こしてスパークってだけならいいんだけど

しかしたら社を挙げての一大キャンペーンの始まりかもしれないという陰謀論

2015-12-04

http://anond.hatelabo.jp/20151203234644

無痛分娩が広がらないのは医師不足の為だよ

医師不足故に麻酔科医が足りてないってのが一番大きい

総合病院勤務医だったら手術麻酔だけでパンクしているのに通常分娩なんてやってられない

日本無痛分娩しているのは殆ど産科専門医麻酔科専門医を両方持ってる人が開業している産科クリニックだけど

1人の医者が両方やるというのはリスクが高いのでリスク抱えたくない医者も多い

あと事前に計画立ててないと麻酔の準備が出来ないが、計画分娩はリスクが高くやはりリスク抱えたくない医者が多い

産科も不足しているから無痛出来ますというアピールポイント無くても客には困らないしね

あと日本医療費世界的に見ても異常に安く、医療費は安くて当然という認識国民に広がっている為、出産費も安くて当然という認識で多くの人が麻酔分の金まで出したがらない

金持ちばかり集まる高級産科ならともかく、普通産科で無痛にするなら十万プラスですとか言われると殆どの人がじゃあいいわとなってしま

金は出せても計画分娩なのでリスク上がりますと言われればやはりじゃあいいわとなる

そう言う背景を知らずすぐ「女に楽をさせないためだー!」と言う陰謀論に走るのは頭が悪すぎる

2015-11-04

http://anond.hatelabo.jp/20151104130826

その言い方だと、年子子供出産した人=産科指導を守れない人・育児書の内容を無視する人=社会的ルールを守れないクズ

という話になりますね。

全国の年子の子供を持つご家族に謝ってください。

http://anond.hatelabo.jp/20151104130552

産科指導だけではなくどこの妊娠育児書でも書いてあるような超基本事項を知らない・守れないようなアホだから

他のマナーも当然守れずベビーカー電車に乗るんだろう、って事だよ。

ついでに増田って、超基本事項すら知らないのに口出すアホが多いよなあ。他の話題でも。

2015-10-03

http://anond.hatelabo.jp/20151002071628

しろ今の若い子が『コウノドリ』とか観て読んでみんな医大受けて産科とか新生児救急殺到すればいいのにって思う

2015-09-25

人の体は書物通りにはいかんのやで。

http://anond.hatelabo.jp/20150919131636

産科で言う妊娠何周は最終月経から数える。

正確な受精日は排卵日と精子の胎内での受精可能期間によるから、およそ排卵3日前から排卵日当日までにいたすと、妊娠する可能性がある。

そして、正常な間隔で排卵してるなら最終月経から2週間後くらいが排卵日だが、一週間くらい平気でずれる。

から妊娠2週目から4週目くらいにいたしてたら、増田の子でいい。

2015-09-16

医療の闇を見た

日曜に嫁が家事中、指を包丁で切った。

硬いものを切っているときに勢いあまって、左手人差し指の爪あたりがブランブラン

とりあえず水でドバドバ洗浄し、取れかかってる先っちょを指の上にのせ圧迫させつつ病院を探す。

区の診療案内で3つ大きめの病院を紹介してもらうも、全滅。

しかも1件が「おまち下さい」になってから「やっぱ受け入れられない」「産科先生しかいない」との返答がくるまで、平均15分以上。

最後の3件は結局、「救急車呼べ」みたいなこと言われた挙句、区の診療案内に戻される。

仕方なしにもう一度電話をすると、断られた3件を伝えようとするので「全部断られました」というと、今度は消防へ回される。

そこでも先の3件を言われたので、消防の人には申し訳ないが半ばキレ気味に伝えると、ちょっと距離の遠い病院を幾つか回答をもらう。

もうすでに1時間以上経過。

あきらめ気味に教えてもらった病院で、奇跡的とも言えるくらいすんなり「いいですよ」とありがたいお返事。

もう血は止まってたけど、最悪第一関から先は、きれいにならないかもなぁ。ごめんな。と嫁に声をかけて病院へ。

受け入れたくれた病院は、最近までとある企業の専門病院だったんだが、つい最近一般開放したとのこと

切ってしまってから時間経ってたけど、ちゃんと診てくれたおかげか、取れかかった部分は化膿もせず、見事にくっつき始めた。色も普通

一発目に、区とか病院電話かけると大変な目にあうからおまえら休日やばい怪我したら、まよわず

#7119 番にかけるんだぞ。

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/soudan-center.htm (東京)

あと、土日祝に怪我しないようにな。

追記

ブクマがすごいことに気づいたので、7119 のとこ修正東京だけなんだね。

119 にかけなかったのは?

意識がはっきりしてたし、たしかに大怪我だったけど、最悪は爪がなくなるかも?っていう怪我。

今はネイルとかもあるし、仮にその部分が無くなっても隠しやすそうだなってのを考えつつ

日曜だし、ホントもっと必要な人がいるだろうからさ。

ただ今考えると、よくテレビとかで「救急車すぐに呼ばないで!」ってのが、アタマの中に残ってたのは否めない。

から自分が今見ている現実と、社会的な部分とが上手く噛み合わなくて消防の人にキレ気味だったんだと思う。それはほんとごめんなさい。

「呼ぶな!ってんのに、電話たらこれかよ!」みたいな感じ。

... って考えると、メディアってボーッと見てると、なんか怖いな。普段からもっとタマ使うわ。

嫁にごめんなの件が分からない

自分電話イラついてしまって、怪我してる本人が一番つらいだろにのごめんな。

2015-08-18

病院格差

こどもの病院のなかというのは格差がある。

病院なんて行かないほうがいいわけであるのだけど、病院なかにもめぐまれているひとと、めぐまれてないひとがいる。

一番、めぐまれているのは産科で12万の追加料金を払って無痛分娩する夫婦だと思う。

あんまり過激なことをいうと怒られるのだろうけど、金があって、健康なこどもを痛みなく産むのだから幸せマックスだろう。

他はランク付けできなかった。

というのも他は割とみんな不幸そうだ。

先天的ものの不幸のオンパレードだ。

しかし、トップクラスに不幸なのは奇形がある人間だろう。

奇形脳性麻痺染色体からの出来損ないやら寝たきりはトップクラスに注目の的だ。

母親の顔も一番疲れ果てている。

親も子供未来がとても暗くて暗い。

そんなのが嫌で、別のフロアでマトモな子供が欲しいので高齢妊婦血液やら羊水を取って腹の中の子リセットマラソンしている。

奇形が注目されているのをみるとなんだかんだビジュアル人間大事だよねということがわかる。

病気している人間でも奇形がある美しくない子よりも、美しい子のほうが親も面倒の見がいがあるから

おそらく産科無痛分娩するイケメン美女カップルと醜いダウン症の子を連れた美しくない女を同時に見た時は格差だと感じた。

2015-07-30

はてなも層が入れ替わってるのか

http://b.hatena.ne.jp/questiontime/20150730#bookmark-261039199

麻酔医が足りないというブクマが多いけど、多くの人が無痛分娩を選択するようになれば、麻酔医の供給も増えるのでは。/確かに分娩は病気じゃないが、保険適用できなくても費用補助は必要だと思う。

無知過ぎて空いた口が塞がらない。

麻酔科医だけではなく医師全般が不足していて、それは一朝一夕に解決出来るようなことではない、

って数年前のはてなだと皆の常識だと思ってたけど。医師不足記事しょっちゅう炎上してたし。

別にはてなでなくても、一般マスコミでも時々見る話だよね。

(まあこんな記事が出てしまうくらいだからマスコミでもまだまだ認識してない人もいるみたいだけど)

ついでに産科医不足はそれ以上の常識だよね。無痛分娩は勿論麻酔科医だけではなく産科医の仕事も増えるけど、産科医にそれを許容できる暇がある施設はそりゃ少ないだろう。

ブコメ見てるとそれすら分かってないのが多そうだけど。

あと出産育児一時金42万貰えるのも知らないらしき人多数。

はてな大分層が入れ替わってるのか。

はてな医師ブロガーも飽きたんだか何だか知らんけどそういうの書かなくなったしな。なとろむせんせなんかすっかり似非科学の人になっちゃったし。

でも麻酔科医不足のせいだろ的な突っ込みも多いのを見ると、知識が二極化してるんだろうな。

知らない人は本当に知らないし、知ってる人はかなり知ってる、という。

知らない人はとりあえずてめえの無知自覚して黙ればいいのに。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん