「産科」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 産科とは

2021-06-09

anond:20210609093803

無くはない。少なくともうちの大学病院には患者を含めて10人が入れる診察室はある。

ただ産科疾患で使うことは少ないように思う。

2021-06-08

anond:20210608132031

あと本当に本気で2人目いらないしPMSなくしたいなら普通に産科に低用量ピルとりにいかせるくらいの余暇つくってやれよ

anond:20210608131643

なら1人めがPMSでもないのに八つ当たりしてくるのにそろそろなれただろ

PMSだって期間限定されてるならマシなんじゃねえの

あと本当に本気で2人目いらないしPMSなくしたいなら普通に産科に低用量ピルとりにいかせるくらいの余暇つくってやれよ

2021-06-01

ホロコースト否定派は常習的な嘘つき?

anond:20210527145539

元増田で、ホロコースト否定派の特徴をいくつか示したが、一つ書き忘れていた。それはタイトル通り、「ホロコースト否定派は常習的な嘘つき?」の可能性があると考えざるを得ないことである

 

実例

こちらのツイートを見てもらいたい。

https://twitter.com/lumberwendigo/status/1296814068490067969

この人はおそらく、日本Twitter上でも最も有名なホロコースト否定派の一人であると考えられる。何かに取り憑かれたように、否定ツイートが目立つツイッタラーだ。さてこのツイートにはこう書いてある。

調べた時に驚いたのですが、100万強というのも何にも基づいていない全くの妄想なのですよね嬉し泣き

400万はまだ証言という基づくものがあった数字だというのに、それより更に根拠がないというwww

この100万人強とは、正確には現在推定であるアウシュヴィッツユダヤ人犠牲者数110万人のことである。この人は自分で調べてこの数が「全くの妄想」だと書いている。唖然とする他ない。現在アウシュヴィッツ犠牲者数はユダヤ人以外を含めて150万人、ユダヤ人は110万人であるが、これはアウシュヴィッツ国立博物館勤務だったフランチェシェク・パイパー(Franciszek Piper博士研究成果であることは、アウシュヴィッツ博物館サイトにすら書いてある事実であるこちらのサイトのどこかに書いてあった筈なのだが、今回は探し出せなかった。

Auschwitz-Birkenau

博士Wikipedia解説にはこうある。

アウシュヴィッツ博物館歴史部門責任者であったフランチェシェク・パイパーは、ホロコースト史家やメディアによって何度も翻訳され、広く引用されている学術分析の著者である[3]。ピペルは、少なくとも合計130万人がアウシュヴィッツ強制送還され、そのうち110万人が収容所で死亡したと結論づけています。約20万人の囚人が、収容所の最終的な清算だけでなく、労働力の再配分の一環として、アウシュヴィッツから他の収容所送還された。ホロコースト列車アウシュビッツに運ばれたユダヤ人の約81%、89万人の男女と子供たちは、到着後すぐに死を迎え、登録されなかった。1946年ニュルンベルク裁判で発表された収容所司令官ルドルフ・ヘス戦後証言も、理由不明だが、信頼性が低く、著しく誇張されていることが証明されたのであるフランチシェク・パイパーの著書は『アウシュヴィッツ』として英語出版された。How Many Perished Jews, Poles, Gypsies』として、1991年1992年1994年連続して出版されている[4]。

博士研究手法の詳細はともかくとして、「何にも基づいていない全くの妄想なのだそうだ。いったい何を「調べた」のだろうか? このツイッタラーホロコースト情報に関し何を見ているのかはツイートを追えば大体わかるので、偏った知識しかないことくらいはすぐにわかるのだが、研究者の研究成果を「何にも基づいていない全くの妄想」呼ばわりできる神経がさっぱり理解できない。もちろん、「何にも基づいていない全くの妄想」は嘘である。この研究成果は広く知られているようで、多くの世界中研究者に認められたものである日本ホロコースト研究では有名な芝健介氏もその著書『ホロコースト ナチスユダヤ人大量殺戮の全貌』で触れている。こうした学術研究をやったことがある人がいるなら推測できると思うけど、膨大な資料や文献との取っ組み合いの末に算出された数字であることが疑いの余地がない。アウシュヴィッツ博物館なのだから所蔵資料だって豊富なのである。私もほんの一部だけこうした犠牲者数の推計方法を知っているが、出発地や経由地、あるいはアウシュヴィッツの到着時などで輸送人員数の記録がある程度残っているのである。何故なら、ドイツ帝国鉄道に対して輸送人員数に基づいた運賃ナチス親衛隊が支払っていたからだ。その上で囚人登録数やその他のデータを徹底的に照合することにより、適切な仮定を経て犠牲者数を算出していくのであるめっちゃ手間かかるが、基本は「アウシュヴィッツに入ってきた輸送人員の数」ー「囚人として生き残っていた数、どこか別の収容所移送されたりその他の理由収容所を出た囚人の数、病気等により死亡が記録されている人の数」=「登録もされずにガス処刑された犠牲者の数」になる。それをこのツイッタラーは「何にも基づいていない全くの妄想」呼ばわりするのである

 

こうしたネット否定派の嘘には事欠かなくて、最近では「カチンの森」に関する明確な嘘話をする人もいた。ネット否定派はこのカチンの森事件の話が大好きらしい。何故なら、ホロコーストに関してソ連への疑惑を深めると共にドイツへの疑惑を薄める材料として使うことができるからであるカチンの森事件を知らない人はこちらを参考にして欲しい。

カティンの森事件 - Wikipedia

最近出会った「嘘つき否定派」は、「カチンの森事件はニュルンベルク裁判ソ連ナチスドイツ糾弾するために用いた」などと言う。ところが、このWikipediaにある通り、カチンの森事件はニュルンベルク裁判では審理すらされていない。この「嘘つき否定派」は他にも「アウシュヴィッツ第一火葬場は旧ソ連が忠実に再現したと言っている」(第一火葬場はガス室のあったところだが戦時中ガス室での絶滅ビルケナウで行われるようになると使われなくなり防空壕に改修された。戦後ポーランド中途半端ではあるが元のガス室に見えるよう復元工事を行なった。が、この件でソ連どころかポーランドですらなんらかの声明をしたなど全く知られていない)など、嘘を言いたい放題だった。

 

こうしたネット否定派の嘘は本当にキリがない。

 

ネット否定派の最も悪質なホロコーストに関する嘘

「最も悪質な」は完全に私の主観であるが、数限りなくある否定派の嘘で、これほど悪質な嘘は滅多にないと思う。完全な悪意でしかこんな嘘は作れないからだ。

"アウシュビッツ産科病院には3000人の出産記録があり、一人も死んでいない"

このダブルクォーテーション付きでGoogle検索すると、現時点で三件引っかかるはずである。一つはこの嘘に関する解説、残りは日本での嘘の発生源と、それをコピペした2ちゃんねるスレッドである元ネタ自体は、解説記事にもあるとおり元々は海外なのだが、この日本での嘘の発生源はそれをわざわざさらに悪意を持って酷い訳に変えたものである

アウシュヴィッツの様々な議論(12):否定派は、感動的な話ですら否定論へと捏造する。アウシュヴィッツの3,000件の出産、助産師スタニスラワ・レズチンスカの話。|蜻蛉|note

詳しくは解説を読んで貰えばいいと思うが、しばしばこの話は二名看護師が出生児を抱いて写っている出所不明写真が添えられていることも多い。例えば以下のサイトではその写真が添えられているのを見ることが出来る。

Lets stop with the Auschwitz lies

ともかく、実際の話は「レズチンスカが分娩した3,000人の赤ちゃんのうち、半数は溺死、1,000人は飢餓や寒さで即死、500人は他の家族に送られ、30人は収容所で生き残った」と言う決して喜ばしい話であるどころか悲惨アウシュビッツの実情の話なのに、アウシュヴィッツ平和だったかのように変えてあるのである。悪質なのは、この話は助産師レズチンスカの話を知っていなければ、出てこない話であることだ。

ところが、私はこれをあまりに酷い嘘だと思っていたのだが、前述した「嘘つき否定派」は「でも3000人の出産はあったと認めるんですよね?」などと問い返してくるからさらに呆れてしまった。「嘘つき否定派」は自身も嘘つきであるためか、この嘘に関する悪意を全く認めず、平然とそう問い返すのだった。私は呆れて「3000人は多過ぎだと思うけど、女性囚人も何万人もいたし、ロマ人(ジプシー)は家族収容されてたし、出産くらいあって当たり前だろ」と返すだけだった。ちなみに1940年代くらいの乳児死亡率は現代とは全く比較にならず、ざっと乳児の半数は死んでいた時代である日本だと1950年で約六割の乳児は死んでいた。そうした歴史を知れば、出産現代よりもはるかに当時の方が日常だったとわかるはずで、強制移送されてきた女性囚人の何割かがすでに妊娠していても別に何も不思議はあるまい。

 

歴史修正主義者に嘘つきが多いのは何故?

歴史修正主義者が嘘ばかり言ってるのは日本歴史に関する場合でも珍しい話ではないのだけど、どうしてこうも平然と嘘を言えるのか、ほんとに理解しにくくて。例えば、クローズドSNSで仲間しかいない中でそれを言うならまだわかるけど、Twitterなどの公開の場で、ググる検索できてしまうところで平然と嘘をつける神経がわからない。以前は、「お前らは嘘つきだ!」のような具合に批判するだけで終わらせていたけど、最近は、批判ではなく、一体どうしてそうまでして嘘が言えるのか、その理屈が知りたいという気がしている。私だってしょっちゅうネット上で間違ったことも言っているけど、間違っていることに気づいてその都度削除するとか訂正するとか、それが無理な場合反省するとか、ともかく自分の間違いに気づくとそこそこ恥ずかしいと思ったりするのだけど、それら嘘つきはそんな感覚は全くないのだろうか?

 

ホロコーストの嘘に比べたら微々たるもの」って感覚? その辺がさっぱり理解できない。それとも普段から日常生活でも嘘ばかり言ってるのだろうか? どうもこの後者のような気がしてならない。ともかく、なんであの人たちは平然と嘘ばっかりつくのか? 理由を知っている人がいたら教えて欲しい。

2021-04-28

anond:20210424091408

内科医産科をかたがわりするようなことまで企画している田舎のほうもあるようだが、夜間保育と都会の学校までの子供の通学費公費でまかなって女医さんが当直できるようにしたほうが人が確保できそうだな。

2021-04-18

anond:20210418075730

交通事故より若干少ないくらいの死亡率だが、ヒヤリハット事例は多い。産科医療レベルが下がれば、たちまち死亡率は上がる。

2021-03-25

なぜ一度も産科に行かないのか

https://news.yahoo.co.jp/articles/b84830bb91fd07905383c4a59042c8b140e4f8e4

この記事

未受診妊婦が未受診である理由想像つかないから誰か具体例を教えてほしい。

数年前妊娠した時、生理止まったな、あ、妊娠してるわ、産婦人科行こう。ってなった。

この考えがまずないってことなのかな。

そもそも保険料を支払えてないというのならわかるけど、もし不倫相手の子供だとしたら普通に病院に行く気がして。

2021-03-01

夫婦別姓婚の当事者に聞く、子供の姓をどうするか(2032年3月

 早いもので、2020年代の初頭に選択夫婦別姓法律で認可されて以来もう数年が経とうとしています

 市役所調査によりますと、現在では別姓婚を選択した人は32%と、かなり社会に浸透しているように感じられます現在婚約をされている方の中にも、別姓婚を選択しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

 さて、そこで見落としがちなのが子供の姓です。父親母親の姓は別、では子供の姓はどうするのか。意外とそこで夫婦間の意見に食い違いが起きる場合があるようです。

 予め子供の姓について話し合いがあっても、例えば一人目や二人目までは決めていても三人目をどうするかで揉めたり、あるいは経済的子供を作らない選択をしていた人が、昨今の好景気子供を作る方針に変えた結果、姓の方針議論が起きたりなど――。

 そこで今回は子供の姓に悩む皆様の参考になればと、夫婦別姓選択したうえで第三の選択を選んだ、譲さん真矢さんのご夫妻に話を伺いました。


 ―― 初めまして。譲さんと真矢さんはお子様に、お二人の姓とは別の、まったく新しい姓をつけたとお伺いしました。法律で認められているとはいえ夫婦どちらでもないまったく別の姓を付ける方は珍しいそうです。その新しい姓は、どなたがお決めになったのでしょう?

 真矢さん 分からないんです。

 ―― 分からない、とは?

 譲さん 最初は、私たちは全く新しい姓を付けるつもりはなかったんです。夫婦で話し合った結果、私の姓を子供に与えるつもりでした。ですが……。

 真矢さん この子が生まれときのことです。私たちは人工子宮による妊娠を選んだので、産科医の先生に呼ばれて二人で出産に立ち会いました。手術医をいただいて、子宮が切開されるところを見守っていたら、息子の顔が見えたところで――。

 譲さん 息子が、自分の姓を宣言したんです。

 ―― なんと。失礼ですが、それは聞き間違いや勘違いなどではなく?

 真矢さん はっきりとした発声でした。産科医の先生証言してくださったので、間違いはないと思います

 ―― なるほど、それで、今までの話し合いを捨て、赤ちゃん宣言した姓を選んだという事ですね。

 譲さん はい、息子の意思尊重しました。できれば名前の方も意思確認たかったのですが、それ以来まだ息子ははっきりとした言葉を喋っていないので夫婦暫定的つけました。

 ―― それにより、何か変わったことはありましたか

 真矢さん 目立ったことはないと思います。夫の両親も私の両親も、私達の選択尊重してくれました。ただ、時々自分の子供がほんとうに自分の子供なのか、分からなくなることがあるんです。

 ―― それは、夫婦どちらとも姓が異なるという理由ですか?

 譲さん いいえ。姓が異なるという事は問題ではありません。ただ、子供自分で姓を宣言したという事は、私達でなくほかの誰かから事前に姓を付けられていたのでは、と考えてしまうのです。そして私たちから与えられる姓を拒絶した、とも。

 真矢さん そうなると、この子には両親より大切な「自分に姓を与えた誰か」がいて、真の両親とはそちらの方なのではないか、と考えてしまうんです。

 ―― なるほど。名前とは親が最初に与える子供へのプレゼント、という考え方ですね。大変興味深いです。本日ありがとうございました。

 いかがでしたでしょうか。子供名前と姓、それらを取り巻く複雑な問題について読者の方の理解一助になれば幸いです。

 人生においては様々な選択と、それに伴う後悔が付きまとうものです。少なくとも姓の選択においては、両親だけでなく子供にも後悔のない選択が選ばれるように祈っております

 (了)

 (写真は穏やかな顔で眠る天上天下唯我独尊 仏陀ちゃん(1歳))

2021-02-15

anond:20210215145254

かつては三十代半ばで高齢出産烙印が押されていたが、産科学の進展により五十代以上の女性出産可能となった。

 ↓

社会全体で縁組を促進し24歳までの結婚社会として目指していたという文化が合った(いまは30代出産が増加して少子化が増加 結果論20代出産が30代出産シフト

anond:20210215111506

左派理想ゴリゴリ技術革新に支えられた世界だと思うけどね。

昔の未熟な医療では命を落としていた超未熟児や重病の高齢者脳損傷者なども救命可能になり、生命維持装置を利用できるようになった。

性転換手術も高度になり、救われる性同一性障害者が増えた。

かつては三十代半ばで高齢出産烙印が押されていたが、産科学の進展により五十代以上の女性出産可能となった。

尊厳死医療出生前診断デザイナーベビーなど、左派としては警戒せざるをえないものも登場してきているが、基本的には左派応援したいと感じる人々が最新の医療技術で救われていることが多い。

ここで下手に宮崎駿的な世界観が良いとか言い出すと、弱い人々も容赦なく命を落とすもののけ姫みたいになってしまい、左派理想とは真逆世界となる。

2021-02-10

[]ブクマカが何度も書いてしまうほど伝えたかたこ




何度も書いているけどと書いてあるのを適当ピックアップしただけで本当に何度も書かれているか確認していない

2021-01-25

anond:20210124204928

娘か

これから歩くようになってきたらペドフィリア盗撮魔に怯え変質者に怯え強姦魔に怯え中学にでも行くようになったら痴漢に怯え

高校辺りで年上の処女だけ食って捨てるヤンキーの先輩に遊ばれ

大学に行けたとしても未成年なのに新歓コンパで飲まされ潰され輪姦され

就活では地元採用男性社員の嫁候補として顔とおっぱい従順度だけテストされ

結婚できたとしても妊娠したら会社からはお払い箱になり無収入旦那の金を頼ることになり

妊婦検診では電車でも産科でも席を譲られず

出産は激痛だし

後産ひどいところに親戚一同押しかけて赤ちゃん抱っこをラグビーボールのようにパス回しされ

泣いたらおっぱい不足だ抱き癖だと責められ

その後も育児で何かうまく行かない度に愛情不足だと責められ

自分身の回りに手が回らなくなるとオバサンと責められ

何か趣味でもと思っても無収入なので贅沢とあきら

子供が独り立ちしたら用無しなの旦那には捨てられ

老後は一人で施設の片隅で窓の外を見ながら問題老人として職員の鼻つまみ

にならないといいね

2021-01-08

anond:20210108002314

産科だったのにコロナ専門に変えられた所だっけ

元々産科としてのキャリア積むつもりでそこに就職してたんだろうに

計画が狂ったらそりゃあまあ

助産師も多いだろうし

2021-01-07

誰が日本医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実 洋泉社 (2007/9/1)

この本の内容って正しかったのかね結局

https://honto.jp/netstore/pd-book_02917665.html

病院から医師が消える日もそう遠くはない!小児科医、産科医だけでなく、外科医内科医も激務に疲れ果て、続々と地域病棟から逃げ出している。

「十年後には医師になりたがる人はいなくなるのではないか」そんな現場の声をよそに、国はさらなる医療費の削減を推し進め、

医師絶対数不足には目もくれようとしない。

なぜ、日本医療はここまで追い込まれしまったのか。そ

こには、「医療費は高い」という決めつけの下、財政を締め付けられ続けた病院悲惨な状況が存在した。

医療崩壊」の最前線から日本医療未来を問う。

2020-12-16

勝負の3週間」、戦いの記録

本日12月16日をもってコロナとの戦い所謂勝負の3週間」が終わる。全日本国民の功績を後世に伝えるため、その戦いぶりを以下に記す。過不足あれば随時更新する。

11月25日(新規1930、死亡21、重症410

11月26日(新規2499、死亡29、重症435)

11月27日(新規2510、死亡23重症440)

11月28日(新規2674、死亡32、重症462)

11月29日(新規2041、死亡13、重症472)

11月30日(新規1429、死亡20重症493)

12月1日(新規2019、死亡33重症488)

12月2日(新規2419、死亡41、重症497)

1週目最終日。直近1週間の陽性率6.26%(検査数:249127)

12月3日(新規2507、死亡27、重症505)

12月4日(新規2425、死亡43、重症520

12月5日(新規2497、死亡32、重症519)

12月6日(新規1999、死亡20重症530)

12月7日(新規1502、死亡47、重症536)

12月8日(新規2148、死亡38、重症555

12月9日新規2802、死亡45、重症543)

2週目最終日。直近1週間の陽性率6.42%(検査数:247247)

12月10日(新規2948、死亡37、重症554)

12月11日(新規2781、死亡32、重症578)

12月12日(新規3012、死亡28重症583)

12月13日(新規2373、死亡23重症588)

12月14日(新規1662、死亡58、重症592)

12月15日(新規2402、死亡45、重症618)

12月16日(新規2987、死亡51、重症605)

3週目最終日。直近1週間の陽性率6.18%(検査数:293671)

〜〜〜(「勝負の3週間」終了) 〜〜〜

12月17日


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(12/18) ブコメの指摘見て直してる。ありがとう

さすがに全部は記録できないかタイトル変えた。

統計の数値は厚生労働省オープンデータより https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/open-data.html

2020-11-17

医者の子子宮頸がんワクチン

周産期医療に携わってる医者です。あまり適当文体だけど本当。

WHO子宮頸がんワクチン接種率を90%にする目標定めた、みたいな記事についたコメントを見てると少し前みたいな反ワクチンな流れはだいぶ影を潜めてて、子供に受けさせたいと思う、でもやっぱり副反応が怖いなあみたいな感じ。今日本では接種率が低くて低くて、諸外国と比べて恥ずかしい、なんてコメントもあった。

少しずつ流れは変わってきてると思うけど、まだまだ子宮頸がんワクチンはいわゆる「医療系の家の子しか打ってないワクチン」。確かに私の周りでは、知ってる限り娘にこれを打たせなかったという親は聞いたことがない。周産期系だからそこら辺の意識高いのもあるだろうけど、内科系の友達も、外科系の友達も、マイナーだってやっぱり皆打たせてる。看護師の家はあまり詳しく聞く機会無いけど、あえて打たせないって話は聞かないなあ。ネットでよく見る、「私の知り合いの医者は皆このワクチンを勧めてない」ってそんな医者、どこにいるの? 産科学会か周産期学会所属してる? そんな人まったく見たことないんだが。

さて、なんで医者は皆子供にあのワクチン打たせてると思う?医者副反応が怖くない? いやいやそんなことは無い。医者だって人間なんだから、娘や息子に深刻な副反応が出て後遺症残るなんて怖いよ、そりゃあ。それとも、一般人の皆様方が知らない詳細なデータを知っている? いやいやそんなこともない。副反応が出る確率、その中で長期間辛い症状が残る確率、もしくは女性が生涯で子宮頸がん罹患する確率、死亡する確率。それらをすらすら言えるのは産婦人科医くらいだろう。大体国によっても研究によっても違うものだし。

医者子供ワクチンを打たせる理由。それはやっぱり、癌がどれだけ悲惨か知ってるからでしょ。癌患者を診なくて済む医者は少ない。今現在診てなくても研修医まで遡ればどこかで関わってる。癌にも色々あるし、もちろん助かる人もたくさんいるんだけど、亡くなる人もたくさん診てきた。何年経っても再発の恐怖に怯え続ける人も、転移を知った時の絶望した顔も、治療副作用に苦しむ姿もたくさん。子宮頸がんの例をあげれば、幸せいっぱいなはずの妊娠判明、からの子宮頸がんも判明。抗がん剤治療妊娠中はがっつりできないけど今赤子を出しても未熟すぎて生きられない。癌が進行していく中で母と赤ちゃん、両方救うにはどのタイミングで出せばいい? みたいな究極の選択とか、赤ちゃん助かっても母は余命1年未満、日々可愛くなる子を前に自分の残り時間の少なさに絶望する母、とかね。こっちだって人間なんだから若いお母さんが子供残して死ぬの見たくないよ、すごく辛い。子宮頸がん、でググれば涙無しでは読めない体験談なんていくらでも出てくるよ。

から詳細なデータとかじゃなくて、単純に「あの思いを我が子にさせたくない」ってだけ。9価ならウイルスの9割の感染を予防できるらしいじゃない。もう皆で打ってこの病気撲滅させようよ。副反応怖いって言う人は癌の方は怖くないの? こんなとこで言っても説得力ないだろうけど、医者から見たらどう考えても若くして癌で苦しんで死ぬ方がよっぽど怖いし辛いし誰だって全力で避けたいことなんだよ。お願いします、小さい子供がいる人はせめて情報集めて考えてみてください。それでもやっぱりやだ、って人は打たせなくていいからせめて打とうとしてる人の邪魔はしないでください。自称医者戯言でした。

2020-11-09

anond:20201109103610

(ぬ)でなく(な)だよ。

基本的医学部って、進級や国試自体女子の方が有利なんだよ。理由は、産科ウエイト考えてみなって。おちんちんことなんて、ちょろっとしか出ねーよ。だから入試差別するのは、理にかなっているだろ。

2020-10-30

anond:20201030192059

まれときは基本、愛されてる気が。親に愛されなくても産科医とか看護師とか。通りすがりのオバチャンとか。

2020-10-29

日頃男は全員性犯罪者予備軍、痴漢しかいない、産科(男)が女性に口を出すな

つったら倒れたときだって触れる勇気はないよ

2020-10-16

anond:20201016113825

そう簡単医者増やせねえよってのは置いといて

例え今すぐ増やす事決定したとしても、産科は多分間に合わないんだよな

ます医学部増設の準備始めて増設して、そこに入学した学生卒業して研修医終わるまで10数年

産婦人科医として独り立ちするまで更に数年、合計20年くらいとして

その間に今いるベテラン産科医は引退する歳になってしま

んで今の若い産科医は大多数が女性で、女性出産すると一線を引いてしまう人が多い

24時間365日勤務の産科医はキツくて育児と両立できないから、女性だと婦人科だけに転向したりしてしま

人数増やして人海戦術って手もあるが、それだと一体何倍必要なのか

他科の医者だって足りないのに産科にだけそんなに回せない

訴訟も多いか開業する産科医も減ってる

んでこれから産婦人科医になろうって人も女性が大多数なままだろう

男性だとキツくて訴訟多くて男だと患者に嫌がられて、と旨みがなさすぎる

なんかもう構造的に詰んでる

当然現実だと今すぐ医学部増設なんて出来んし

anond:20201016111720

儲けられる、という言い方には抵抗あるが、内科とかと違って回転上げられない産科はある程度地代人件費を反映した価格差がないと提供できなくなるし、診療報酬が定められる保険診療は適さないわ。

出産一時金で不足するのであれば地域の実情に合わせて地方税対応すべきだわ。一律にすると歪みが生じすぎる。

anond:20201016110849

ほんとな

出産難民問題出産出来る産院が見つからない問題)とか全然知らないんだろうな、と思う

病院が儲けられるよう手厚くしないと産科どんどん減って難民どんどん増えるよ

田舎だけではなく人口多い東京難民多いのに

anond:20201016090146

完全に同意見。

そもそも保険診療になる=診療報酬が定められて全国同一料金(点数)になるという前提を理解してない人が多すぎる。

産科はベッドを占有する都合上固定費(地代人件費)がもろにかかってくるので、地方と都会を同一報酬にすると都会側が崩壊するわ。むしろ医療崩壊招く意見

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん