「平行線」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 平行線とは

2019-06-17

anond:20190617160252

分かり合えなくて平行線相手には干渉しなきゃいいんだぞ

フェミの嫌われるところは平気で相手の線を踏み越えてくること

人間には触れちゃならん傷みがあるんだ!!其処に触れたら後はもう生命のやり取りしか残らんのだ!!

これを肝に銘じておけばいい

anond:20190617155114

話に付き合ってくれてありがとう

お互いわかりあえなくて平行線のこともあるよね。

弱者視点忘れないようにするわ。

2019-06-14

下方婚非モテ女性専用車両増田に構うな

何を言ったって平行線なのは見て分かるだろう。

下方婚の主張はいつでも

 「でも女は下方婚しない」

非モテの主張はいつでも

 「俺がこんな風になったのはキモイという感情を向けられたことがあるから人類みんな感情なくすべき)。お前ら全員加害者。」

女性専用車両増田では

 「善良な無実の男性権利を奪っているので女性専用車両に俺は堂々と乗るし、差別している女を許さない。(痴漢視野に入れない)」

一切変わるわけが無い。

何かしらの原因があって、視野が狭まり、心の余裕もないんだろう。

この中でも「非モテ」にはまだ同情の余地はあると思うがな。

無理。何を言ったところでお互いに時間無駄

相手は毎回同じ事を言うテープレコーダーなのだから

……あれ、もしかしてbotなのか?

2019-06-13

anond:20190613161649

しかに「おまえがそうは思えないだけで世間にある」知識証拠いくらあげても平行線だな

解散

2019-06-08

カタツムリになりたい

カタツムリに憧れている。カタツムリには性別がないからだ。正確には各個体がオスメス両方の機能を持っているとかで、とにかく体の作りに性差がないらしい。

人間はオスとメスに分かれている。そのせいでオスとメスは絶望的に分かり合えない。

例えば満員電車に乗るメスの多くが痴漢被害経験しているが、ほとんどのオスは痴漢加害をしないため「痴漢怖い」「痴漢なんて滅多にいない。冤罪では」「安心して電車に乗りたい」「女性専用車は男を全員痴漢扱いしている。差別だ」と議論平行線を辿る。

このように、生まれ持った性別人類の半分と分かり合えないことが確定してしまう。分かり合う努力をするべきなのだろうが、どんなに努力しても埋まらない溝を見ては絶望している。

こんなことで悩む私より、カタツムリの方がずっと優れている。早くカタツムリになりたい。

2019-06-05

anond:20190605170409

そもそも誰も規制したいなんて言ってないよー、とまた一番最初グルグル戻るなぁ。

ゾーニングしようよ、と言ってるんだけど、それが規制に見えているなら、もう話は平行線だろう。

ゾーニング」は規制だ、ってのも何度も言ってるよね?

表現の自由には「それをどこで発表するか」も含まれてるってのも何度も言ってるよね?

ゾーニングすることによって認知度や新規顧客開拓が阻まれ不利益を受けるってのも何度も言ってるよね?

こういうの全部無視して「規制したいなんて言ってないよー」って言っても説得力ゼロだよ。

ゾーニング規制であり、表現に対する兵糧攻めしかない。


さらに言うなら、そんなことをする根拠のある理由も一切ない。

論点から逃げすぎなんだよ。そりゃ話もループするって。

anond:20190605163911

そもそも誰も規制したいなんて言ってないよー、とまた一番最初グルグル戻るなぁ。

ゾーニングしようよ、と言ってるんだけど、それが規制に見えているなら、もう話は平行線だろう。

2019-05-29

最低賃金

例えば自分飲食店やってて1日8時間勤務のバイト雇ったら

時給1000×8で8000

たけーわ!5人雇ったら4万やんけ、利益4万出してギリギリかい!ってなる。

例えば自分飲食店バイトに申し込んで1日8時間働いたら8000

丸一日働いて8000円かよ、安いわ!ってなる。

不思議

最低賃金うんぬんの議論するなら両方の立場で物が言える人じゃないと絶対平行線たどるよ。

2019-05-24

anond:20190524125011


ププッw

X 俺も結婚の機会が何度かあったけど答えが平行線解決せず別れた

O 俺も結婚の機会が何度かあったけど、意固地になって振られた

anond:20190521170419

俺は他人と比べて収入は多い方だし家も裕福だったけど結婚には興味ないな

もちろん式も挙げたくない。だから彼氏気持ちがすごくよくわかる

遠慮して誰も教えてくれないだろうから真実を教えてやると


男は「結婚式」が大嫌いなんだよ


あれの主役は嫁だし男は隣で置物のように座ってるだけ

結婚式の金額問題じゃなく、そこに金をかけるなら家や旅行に使いたいっていう価値観問題

これはほんとの男がそうだと思うし、結婚式を挙げた男の本音


「嫌々だけど仕方ない」だよ


結婚式を挙げたくないと、わざわざ口に出して言うってことは気持ちが固い

まり話し合いで解決する問題じゃないってこと

別れて結婚式を「挙げてもいい男」を見つけたほうが早いし、彼氏結婚式を挙げないでいい女と結婚したほうがいい

この溝は深いけど、結婚のゴールが結婚式だという価値観を持ってるなら別れるのがお互いに幸せ


俺も結婚の機会が何度かあったけど答えが平行線解決せず別れた

そして今の彼女友達が少なく、結婚式に興味を持ってないか彼女誕生日結婚することになった

anond:20190521170419

3年おきくらいに鬱再発を繰り返している女だけど、2年付き合った彼氏を振ったよ。

結婚式をしたがる男だった。

親友が4人いて、うち1人が結婚して式に呼ばれ、すごく良い式だったんだって

私には結婚式に呼びたい知人は一人もいない。居ても式をやりたくない。吐きそうなくらい嫌。

絶対結婚式をやりたい、絶対結婚式をやりたくない、

お互いに絶対妥協できない平行線で、別れる以外に道はなかった。

「そのくらい譲ってやればいいじゃん」という問題ではなかったので。お互いに。

片方が精神的に無理をして折れるしかなく、私にとって結婚式絶対に無理なことだったので。

あとね

出会った・付き合った当初のような、明るく元気なときの彼の姿をまた見てみたかった

これ元彼にも似たようなこと言われた。

同僚や知り合いに接するとき用の、社会MAXモードの無理している私が好きだったみたいで、病中の私は面倒だったみたい。

結婚式をしたい男」は存在します。「結婚式をしたい男」と結婚したほうが良いと思います

あなた子供絶対欲しいようだけど、鬱病人間育児するエネルギーも枯渇しがちだよ。

「やっぱり子供いらない」って言いだす確率結構高いと思うよ。

ちなみに私も子供いらない。鬱気質遺伝しそうでかわいそうだし、私には子供なんて育てられない。

子供子供を望んでいる健康パートナーとの間に作ったほうが良いです。

2019-05-23

anond:20190522224659

この元増田の言ってることには、ある程度納得できる部分もあったんだけど、根本的に矛盾してると感じられる部分もまた散見されたのである

それは肉食動物を例にあげた反論に対する論駁で、

人間がどう行為すべきか」の話だからこそ「人間動物回避可能苦痛を与えるべきではない」

と言っている部分。

ここでは、「人間議論限定します」と端的に述べられているけれど、要は、「肉食動物の生態を論駁することは諦めざるを得ない」という事実が揺るぎないことが、この辺りの言説から読み取れちゃうである

ブコメにもあったけど、人間は現状自らの肉体と精神健康を得るために肉を食べる必要があるのよ。

それは肉食動物事情と寸分変わるところではないし、そこに健康が関わる限り「肉を食べる権利」が生起することは極めて避けがたい。

その権利を侵すことはできないし、それを侵そうとするのであれば、それは明確にある種の歪みを生んでしまうということに他ならない。つまり他者に対して肉体と精神健康制限せよと言っているのに等しいわけだよね。

とりあえず人工培養できる安価安全で美味なタンパク質が生まれない限り平行線だと思うよ。

ヴィーガンの人々はネット論客道場する前に、バイオ科学者を目指さねばならない。

anond:20190523193852

派生レス意見は違って、話せるヴィーガンもいるということが明らかになったツリーになってると思う。素晴らしい。

概ねの合意が得られた。

それによって同時に、明確な差異が明らかになった。

 

>他の種を搾取することによる一時的幸福は正しくないし、必ず代わりが見つかると思ってる。

 

 たぶんここがキモだよね。

 代用肉が出てくれば食肉産業は縮小するであろう、健康もっと手軽に維持できるであろう、代わりの幸福は見つかるであろう……といった楽観論が貴方の主張のすべてである、ように俺からは見える。それらの楽観は実現しないと俺は思う。代わりが見つかるとは思えない(ので、見つかってから言えや、がメインの主張になる)。

 しかし俺もまた未来のことを知るものではないから、楽観論が実現しないと断言することはできない。この点で完全な平行線が発生しているよね。なるほどわかり合うことは不可能なんだな、という感じだ。

 

 ただ、楽観論が見つかったとして、それにより動物幸福担保されたとしてもだ。その時は虫や植物を凄まじく効率的に消費してるだろう。ということは、どこかでは線引きは必要で、種差別の撲滅は無理だよ。人間が蚊や蟻を潰さな未来なんてこない。

 だから権利を認める線を「人間かどうか」にするのは、やはり最も妥当しか思えないなあ。なにせ「人権」という概念が既にあるわけだしね。動物人権ってもの幸福担保して、共感からくる感情的苦しさを減じたい、という思いは理解しないでもないが……。

 しかしこれもやはり、信仰とか信念による認識であって、説得とか妥協かいう話ではないんだろうな。

 

2019-05-13

anond:20190513112830

やっぱり「二次元でオナって滅べ」は弱者選択尊重しているように思える。

平行線だね。

これ以上は優しくなれないみたい。

ごめんなさいね

2019-04-29

anond:20190429195710

論理理屈という男社会に属する人間の間でのみ通用する道具では永遠に話は平行線だね

ならば女の世界で「通用する」ルールツールを教えてくれよ

anond:20190429102212

論理理屈という男社会に属する人間の間でのみ通用する道具では永遠に話は平行線だね

はっきり言うけど検察官の力を削ぎ落としてでも有罪にすべきだし、去勢すべきだよ

疑わしきは罰したほうがまんさんにとっていい社会なのは間違いない

2019-04-21

anond:20190421222444

「このクソ長文」がツリー全体じゃないといつから錯覚していた?

逆に聞きたいがツリー全体の要約が「俺らの利益になる反差別なら聞いてやるが、それ以外の差別認定レッテル貼りから気にせず続ける」ということになってもいいの?

もっと他に言いたいことなかったっけ?

まぁ、意見を変えるつもりはなさそうだし、あとはどこまで言っても平行線だろう。

でもって、差別主義者が好き放題言い散らかしてるのを放置しておいて良い理由があるか?

それが許せぬ心もまた「気持ち悪い」「嫌悪感」ということよ。

anond:20190420102922

元増田です。

>それを「責めてる」と言うんだが。

増田さんの定義感受性ではそうなのですね。

私は単なる「指摘」と解します。ある社会構造の中である面で有利であることは、それ自体では罪ではないので。

いわゆるツイフェミには「男性であるだけで原罪!」みたいなことを言う人も多いですが、東大公式サイト掲載された上野祝辞文字起こしの中には、そういった言葉ありません。

有利な立場自覚してそれをより弱いものを引き上げるために活かしてほしいというのは、祝辞としてよくある範囲です。教員が新入生に対して、大学で身につけてほしいことを伝えているので。念のために申し添えると、恵まれ環境能力を〜〜は女子学生にも向けられています

======

もしかして増田さんは「差別」を、「ある個人が別の個人または集団を、わざと悪く扱うこと」のような意味で使っていらっしゃるのでしょうか。だとすると、上野の「差別」は社会構造を指しており、私もそれに従っているので、話がかみ合わないのは当然です。用語定義をすり合わせずに議論を進めて申し訳ありません。

社会構造としての「女性差別」については、程度や他の差別より優先して解消すべきかはともかく、あるのは確からしいと私は考えています

上野の主張が全て正しいがどうかは、統計恣意的で雑な扱いや論理の飛躍などが散々指摘されてきましたから、「証明されていない」のは増田さんのおっしゃる通りです。

からと言って、上野に他のフェミニストの意見を変えさせる責任があるとは、やはり私は考えません。上野の主張全てが事実無根ではないし、上野はすでに他のフェミニストと論争してきた(そして完全には説得は出来なかった)し、上野の主張は「男社会は不当に独占してきた政治経済社会上の地位を女に返せ」がメインであって「男が他の男を責めて自浄作用を発揮しろ」ではないので。もし上野が他の仕事に支障を来させることな表現規制を唱えるツイフェミ諌めるレスなどするならば、よりよいとは思います

増田さんが上野を責めることを止めもしません。ここは平行線になりそうですね。

======

個人の好みの問題を〜〜

そこは私も、それ自体差別ではないか賛同できなかった部分です。

私の質問の書き方も雑でした。「差別をする人/しない人」ではなくて「差別構造に乗って行動する人/しない人」と訂正します。

2019-04-17

若者応援おじさんの思い出2

毎日どうでもいい作業で疲れ切って勉強時間が取れなくなってしまった私は、最初出会った頃のAさんの言葉を信じて、「私が本当にしたいことは、仕様書テスト時のスクショプリントアウトしたり、よくわからないテスターをやったりすることではない。このままでは、プログラマとしてのキャリアを積むための勉強時間を作ることもできないし、業務内でコードを書くこともないか業務時間を短くしてほしい」と言った。少なくとも、最初Aさんと会ったときは、「君には人工知能人工生命を作り出したいという夢がある。俺はその夢を応援したい」という言ってくれていたから、そのために一番必要勉強時間が確保できないことは致命的だという認識を持ってくれると期待していた。そして、その願いが聞き入れられなかったら、さっさと退社しようと思っていた。

結局、返ってきた返答は「給料が減るぞ」ということを3時間かけて全く同じ内容を延々と繰り返すだけだった。その間、何が問題で、どうすればWin-Winになれるのか、何が無駄で、何が必要なのかということを議論することはできず、「給料が減る」「こんなに恵まれてるのはうちだけだ」「うちはブラックじゃない」と言い続けて、最初は私の「夢」キャリア」「技術的成長」ということを全面にプッシュしていたし、その点に合意があると思っていたのに、全く平行線で話し合いができない人はこういうところにいるんだろうなって思う。

その後は、PMの人に「俺が若い頃は始業時間の二時間から出社して、部屋中のゴミ箱ゴミを回収したり、社員お茶を汲んだりしていたものだ」みたいな小言を言われ始めて、いよいよ駄目な職場だというのがわかってきた。ただでさえ、偽装請負タイムカードを切らせる上に、更に一人だけ出社時間を早めて清掃員や事務員がやるような仕事プログラマ枠で就職した人間やらせようとする。もう救われないよなと思った。

結局、その会社を辞めて別のホワイト企業就職したら、非常に快適だった。前職では「ブラウザ」「Google Chrome」という言葉を知らないおじいちゃんがいて、IT系企業なのに「IEどれ、IE」みたいな人がテスターチームにいたけど、新しい職場ではそういうこともなかった。転職した教訓としては「うちはブラックじゃない」という会社は大抵ブラックで、まともな会社はそんな中身のない発言をせずに、出社日1日目に「うちには、ハラスメント対策部署があるから、何か不満があったら、そこに連絡して。そこは管轄が別系統から上司が君の陳述を握りつぶしたりはしないよ」って社内のトラブルシューティングの連絡先を教えてくれる。

じゃあ、ここで一旦まとめようか。

最初「夢」「才能」「自頭」「キャリアアップ」みたいな言葉で明るい未来イメージさせたり、自分のやりたいことに理解を示したりする。

⑫徐々にゴミみたいなルールやしがらみが明らかになっていき、それを指摘すると更に意義を感じられない業務をさせられた。

⑬「俺は人を見る目がある」「俺は合理的判断のできる部下の話をちゃんと聞く人間だ」と、初っ端から言う人間は信頼できない。

⑭他にも職場環境がいいところから声が掛かってるときに、できもしない好条件を提示してきて、他の条件の会社内定を辞退したあとに、条件を一気に下げる。

⑮何かあったら、「俺たちも大変なんだよ」と言って、問題を共有したり、認識したりするのを拒否する。

ブラック企業でも一応は職歴になるから転職するときめっちゃ楽。さっさとクソみたいなブラック企業は辞めたほうがいい。

以上、酔った勢い駄文を書き連ねてみた。特定されないように一部ぼかしたりしてるけど、まぁ、大筋としてはだいたいこんな感じだ。強いて、主語を大きくして日本社会敷衍して語るなら

「金や労働というのは、社会的に役に立つから文化的価値があるから存在したり、供給があったりするのではなく、巨大資本接続できるかどうかで決まる。関係者全員が糞だなって思ってても、それで大金が動いて、自分自分家族の財布に金が流れるなら茶番は続く。そんなことをしてるから、全員FAKE野郎ハイエナみたいな社会になるんだろ」

若者応援おじさんの思い出

https://twitter.com/MAEZIMAS/status/1113114798672113665

若者説教する老害は二流。

一流の老害は「君たちこそが真のニュータイプだ」とか言って、若者自分既得権益確保のための鉄砲玉にする。

…いやマジ本当に、若い人気をつけてね。若者説教おじさんは、せいぜいまだ極限の不愉快ですむけど、若者応援おじさんに乗せられると最悪人生詰むので…

というツイート流行っているので、私が遭遇した若者応援おじさんについて書こうと思う。

当時の私は親との折り合いがつかず、学力もそこそこあったし、勉強もしていたのにも関わらず大学に進学せずにフリーターをしていた。実家を出たかったし、大学にも進学したかたから金の工面が当面の目標だった。そんなとき出会ったのが若者応援おじさんのAさんである。Aさんはバブルの頃に就活をしていて、まだインターネットやパーソナル・コンピュータというのが流行る前から電子工作プログラミングをやっていた人だった。実際、経歴を聞いてみると10回以上転職を繰り返しているものの、有名企業(今にして思えば、カビ臭いSIerだが)で部長をしていたことがあって、年収が1700万ぐらい稼いでいたこともある人だった。

最初出会ったとき自分が如何にすごいかということを熱心に語っていた。80年台後半ぐらいのコンピュータ開発の大型プロジェクトに関わっていたとか、セキュリティ専門家とか、今までに触ったことのあるプログラミング言語が300個を超えるとか。でも、当時の技術的なトレンド(MongoDBRuby on Rails、AngularJSとか)についての知識が限りなく少なく、「フレームワークなんてその場で覚えればいい」みたいなタイプだった。中学生の頃にラジオ工作したとか、はんだごてで電子回路設計したとか、そういう話は熱心にするのに、Bram Moolenaarの名前を知らなかったりした。要は、最近プログラマがどういう関心やインセンティブプログラミングやってるかを知らずに、過去の栄光を語ってるようなタイプだったと思う。

まぁ、それでも、その人のコネで中規模程度のSIer入社して、そこそこいい感じの待遇だったように思う。当時の私の技術力は『わかりやすJava入門』『たのしRuby』を一通り終わらせて簡単言語仕様を把握したぐらいでろくにコードも書いたことのないような人間だったから、定時で帰れて手取り二十万もらえるのは甘い汁を吸えたとは思うんだ。

でも入社を決めた一番の理由が、そのAさんが私の関心に理解があると思っていたからだ。というのも、当時の私は「人工知能人工生命に興味があります。三年後に大学入学するまでにプログラミングスキルを磨きつつ生活費学費を稼ぎたい」ということを明言した上で、それを叶えてくれる会社を探していた。技術力はないものの、「自頭がいいか入社してからプログラミングを覚えればすぐに戦力になるよ」と複数人間から言われていて、それぞれ就職先を紹介してもらえるような状況になっていた。今から思えば、そんなコードを書けない人間を自頭なんて胡散臭いもので褒めるような人間は信用してはいけないと思うし、口車に乗せられたと思うのだけど。そこは自分にも甘いところがあったように思う。あ、あと、補足しておくと、当時はDeep Learningなんていうのは全く人口膾炙してなかった時期で、スチュアート・カウフマン金子邦彦に憧れてたような、周回遅れの複雑系に魅せられた若者が私だった。

駄文を書き連ねてしまったが、要は

①親との折り合いが悪く、大学に進学したいが、金が足りない

実家を出るために生活費を稼ぐ必要があったが、飲食バイトとかではスキルが身につかない状態で、価値の高い若い時間無駄にしてしま

③そんなところに現れたのが過去の栄光を話す若者応援おじさんのA

自分殆どコードを書いたことのない業務経験で、21世紀になっても複雑系の話に興味をそそられるような斜に構えたスノッブ

という状況設定理解してくれればいい。

では、入社後の話をしよう。私が配属されたプロジェクトは80万行程度のJavaコードで動いてるBtoB向けの製品保守開発してるプロジェクトだった。やってることはGoogleAmazonMicrosoftみたいな大手ならやってるようなサービスの完全下位互換みたいなソフトウェアを、情弱だけど社員数は多いみたいな企業に売りつけるような仕事だ。国産とか、セキュリティとか、そういうよくわからない言葉を並べ立てて、海外UIも洗練されていて、優秀なエンジニア管理してるものセキュリティ的に怪しいと不安煽り立てて売りつけるようなやつだ。そんなクソみたいな製品でも年間5億円ぐらいの売上になるのだからIT系って糞だなって思う。ネット上では優秀な人間ばかりがアウトプットしてるし、NDAの名の下に詐欺まがいのソフトウェア(今回の例なら無料UIも洗練されていて、使いやすサービス)が明るみにならないのだから、こんな国はさっさとスクラップ・アンド・ビルドすればいいのにって思うよ。IT化されてないのが時代錯誤で〜みたいな記事ネット上でもバズるけど、実際には10年前のスパゲッティコードを惰性と不安につけ込んで売りつけるようなSIerがたくさんある。そんで、そんな意味不明ソフトウェアを導入すれば、どこに何があるのか分からないUI操作に大切な業務時間を奪われて、日本全体の生産性が落ちてしまう。ユーザー時間生産性を奪い、開発者にとっても技術負債しかならないようなソフトウェアを売りつけてる悪性腫瘍みたいなSIerはさっさと滅んでしまえばいいと思うよ。

まぁ、私が配属されたプロジェクトはそんな感じだ。まるで意義を感じないが金にはなってるプロジェクトに配属された。そのプロジェクトの根幹部分は一人のエンジニア設計開発しており、そのエンジニアは既に退職して、どこに何が書いてあるのかわかってない人間が後任として保守を行っている。盲腸みたいに全く有難みのない機能を増やすことでより高く売りつけるようなプロジェクトだった。

そのプロジェクトの中にいる人について話そう。プロジェクトマネージャー仕事漬けで毎月350時間ぐらい働いている60連勤とか当たり前で、常に酔っ払ったような、眠そうな目をしてる人だった。にも関わらず、同じプロジェクト人間仕事がなさすぎて業務時間中に関係ない談笑をしたりしていた。プログラマテスター文書作成をするスタッフが40人ぐらいいるところで、閑散期(機能追加のサーバーリリース前以外)は暇そうにしてる人が多かった。プロジェクトマネージャーを除いて。要は、PM一生懸命働いているが、その一生懸命さは惰性で行われており、無能なのに業務時間が長いPMがいて、その人が全部仕事をやってしまう。他人に頼めない性格らしくて、存在意義が分からない業務他人に頼んでは「なぜこんなこともできないんだ?」って怒鳴るのが生きがいみたいな人だった。頑張ってることがアイデンティティになってて、その頑張りに意味があるのか、必要なのかという吟味ができず、タスク他人に振ることもできず、情報もそのPM一人だけが握っているから、周りの人も「私が仕事を請け負いましょうか」ということもできない。それで新入社員をイビるような存在意義のわからない仕事を振って、できなかったら人格否定をするような感じの。

私が受けた仕事ととしては、週に1回ベンダーのところに会議をしに行くんだけど、そのときの社内の資料を全部紙でプリントアウトして持っていくというのがあった。文書作成スタッフ製品仕様Wordでまとめて、600ページぐらいのpdfにしたものが1500万円ぐらいで売れるらしく、その増えた言語仕様プリントアウトしてベンダーのところまで持っていく。追加された仕様以外にも、今週やったテスト内容をExcelで纏めたものプリントアウトしたりしていた。紙の量で言うと、一回の会議で2500枚ぐらいで、それをキャリーケースに詰めて客先であるベンダーまで持っていくらしい。聞いた話では、その2500枚の会議資料殆どまれずに捨てられるのに、そのPMベンダーにその慣習を廃止しようとは提案しない。ベンダーとの週一の会議の他にも、進捗報告を主とする社内会議があって、PM以外の人はあのプリントアウトする悪習は廃止すべきという話が上がっているのにPMが首を縦に振らないから一向に改善されない。まぁ、そのプリントアウトするのをやるのが私の仕事だったわけですよ。毎週4時間ぐらい掛けてWordExcel文書サイズとか調整してさ。元の文書サイズや余白が狂ってるのに、客先に失礼だと言われて、手直しして、プリントアウされたコロコロコミック何冊分だよ? みたいな紙の束をホチキスで止めていくんだけど、ホチキスの止め方が汚いとやり直し。

じゃあ、なぜPMは頑なに意味のない業務をし続けて、それによって新入社員を使い潰そうとするのかと言えば、弊社の業績が悪くて倒産しそうだったときにそのベンダーが手を貸してくれたからそのときの恩義があるとかなんとか言っていた。だから、靴を舐めるようなことをするし、他人生産性を奪うようなクソ製品を世の中に出して何も感じないらしい。読みもしない産業廃棄物を作り出して、それを無碍にされて喜んでいるような業務が、今の日本の何割を占めているのだろう? そのPMの口癖は「俺はプログラミングは全くわからないが、こんなプリントアウト段取りもできないようなやつはプログラミングなんてできないと思うよ」だった。FizzBuzzどころか変数関数すら知らないような人間にこんなことを言われるのは屈辱だったし、これが高卒経験就職することなのだろうと思った。

他にも、私が受け持った仕事に、製品が動くかどうかを確認するテスターという仕事があった。RSpecSelenium自動化しようと言っても、そんな技術を持ってる人がいなかったから、一々自分でその製品を触って仕様通りになっているか確認しないといけなかった。画面遷移が600ページのpdfになっているから、それを見ながら正しい画面遷移ができているか確認する業務だったが、正直人間のやる仕事ではないと思う。画面遷移だから前のページから次のページに移行したときに前にどのページだったなんてスクショを撮ったぐらいじゃわからないのに、「このテストExcelにした内容じゃ、本当にテストしたのかわからないだろう?」と言われた。言われたとおりにExcelファイルスクショをひたすら貼り付けていたというのに。しかも、その他にも特定ファイルアップロードするときにどの条件だとアップロードができないか判別するテストをどうやって行うのか考えろというのがあった。今までにテスターをやっていた人に聞いても指針なんてないと言われ、「賢い人はそういうのを考えつくものだ。俺はパソコンに詳しくないが」とPMに言われ、嫌気が差した。

まぁ、ここまで書けば、如何にブラックと言うか、理不尽で不合理な職場かというのはわかったと思うけど、いい面もあったんだ。前にも書いたように、未経験高卒手取り20万貰えたのは嬉しかったし、研修のない会社だったから、最初の二ヶ月ぐらいは一人で勝手勉強しててと言われたから、実働換算で時給3000~4000円ぐらい貰える計算だったのかな。一番瞬間時給が高かった日はメールの返答に20分ぐらい使ったときだったから、日給1万、実働換算の時給が30000円ぐらいになった。それぐらい放任されていた。

最初社長が「君にはソースコードUMLを書いてもらおう」とか言って、クラス図を書く練習をしていたんだけど、現場の人は「今更UMLなんて必要ない」「ソースコードを読めばわかる」と言って、全く必要とされていなかった。だから業務とは関係ないTCP/IPRubyGit勉強をしていた。家のことで勉強に対してモチベーションが落ちていた私は、金を貰えるという環境では目の前の勉強に集中できるようになって、元の勉強するための生活リズムっていうのか、そういうのを取り戻せた。それは当時の私にとっては有難かったと思う。

ここまでをまとめると

無料で使えるサービス下位互換といえるような、他人生産性と金無駄にするような製品を開発してるプロジェクトに配属された

PMけが忙しく働いて、周りの人の割り振りができていない。

PM多忙なのはしなくていい仕事を引き受けているだけ。

社会悪のようなソフトウェアを売りつけて金を稼いでいるプロジェクトだった。

仕様書やテスト内容のプリントアウトという必要ない業務をしたり、指示内容と叱責内容が矛盾する理不尽を受けなければならなかった。

しかし、勉強してるだけで月20万貰える環境は有難く、当時の私にとっては願ったり叶ったりだった。

では、次に私がその会社入社から辞めるまでの経緯について書こう。最初のうちは、自分勉強時間を取れていたし、振られる仕事理不尽で意義を感じられないものであるものの、すぐに終わることが多かったか問題ないと感じた。それが徐々に仕事が増えていき、勉強時間が取れなくなっていった。

ここで若者応援おじさんAの登場である。Aさんは私と会ったときは有名企業に勤めていて、そこを辞めて私を紹介してくれた中小企業で働き始め、その数カ月後に私を紹介してくれた。元々、その会社社長とは懇意にしていたから、一緒に働こうという話が何十年も前からあって、今回ちょうどタイミングが合ったから、その友人の会社の重役として就職したらしい。私が就職したのはその数カ月後だった。

Aさんは「何か問題があったら、部下や上司という立場を気にせずに忌憚なく言ってほしい」「俺は人を見る目はある方だ。君は一本芯の通ったところがあるから、周りに流されずに新しいことをできるだろう」「君には将来性がある」「俺は新しい会社でも権力を持ってるからへんなことを言ったり、したりしてる人がいたら遠慮なく言ってほしい」とかそういうのを入社する前に言っていて、まぁ、色々とおかしいところ、FAKE野郎みたいな発言が多かったけど、そこだけは信じてたんだよね。本当に騙すんだったら、そんなすぐに辞められるようなリスクを上げるような発言はしないだろうってさ。ちなみにFAKE野郎って感じたのは、一方的自分の話だけをして、私が質問すると煙に巻いたり、私のことを買ってるという割には私の話をすぐに中断させて自分の話をし続けるとか。その人はFラン出身だったから、ちょっとインテリなことを言うと「君は変わってるね」って言ったり、きょとんとした顔で10秒ぐらい固まった後、すぐに自分の自慢話を再開したりと、決して自分の知らないことや分からないことを認めようとしなかった点だ。他にも、「私と働きたいと言ってくれていた会社はあったけど、そこは技術的に成長できそうだけど給料は月7万程度でバイト身分から、迷ってるんですよね。バイトから自由時間は多く取れるんですけど」みたいな発言をしたら、鳩が豆鉄砲を食ったような顔をして、私が感じていた不安を取り合ってはくれなかった。Aさんは「俺は社内で影響力を持っているから、君を正社員にすることもできる」みたいな話を延々としてたのに、いざ蓋を開けてみると、「君の面接での受け答えが駄目だから契約社員として雇用することになった」「あれから上層部に渋られてしまって、請負契約にすることになった」と話が二転三転していった。だったら、他にも選択肢があったのに、他のところに就職したのにと思ったが、自分能力や経歴で負い目を感じていたから強く言うことはできなかった。高卒就活するというのはそういうことだ。他にも選択肢があるのにも関わらず、どうせ労働に関する知識がないと足元を見られて、条件を徐々に下げられ、他に選択肢をなくした後で、悪い条件で働かざるを得ない状況になっていた。結局、勤務時間タイムカード管理されてるのにフリーランスとして請負契約を結ぶという偽装請負契約させられ、もっと技術力を磨ける選択肢は潰されてしまっていた。

私は会社問題点を丁寧に分析してpdfにまとめてAさんに送ったんだ。それが間違いだった。如何に会社がそのベンダーに良くしてもらったか、大変なのをわかった上で俺たちが会社を立て直してきたかということばかりを話していた。百歩譲ってそこはいいとしても、ベンダーとは関係なく職場環境を良くするための話までいい加減に聞かされてうんざりしていた。

「Aという問題があります。その背景にはBがあります。そのためにはCという解決策があります

という話をしたときに、「Bぐらいみんな当たり前にしている。君だけ特別扱いすることはできない」みたいな返し方をされて、問題が発生してる事自体はないものとされていった。結局、職場にはびこる不合理で理不尽業務ルール改善することはなく、私への人格攻撃で終わってしまった。

毎日どうでもいい作業で疲れ切って勉強時間が取れなくなってしまった私は、最初出会った頃のAさんの言葉を信じて、「私が本当にしたいことは、仕様書やテスト時のスクショプリントアウトしたり、よくわからないテスターをやったりすることではない。このままでは、プログラマとしてのキャリアを積むための勉強時間を作ることもできないし、業務内でコードを書くこともないか業務時間を短くしてほしい」と言った。少なくとも、最初Aさんと会ったときは、「君には人工知能このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2019-04-14

anond:20190414174846

ビジュアル的にピタッと嵌まるのが疑わしくて、あまりきじゃないんだ。

平行線の錯角だから嵌まるんだけどさ。

2019-04-11

anond:20190411103305

いや、そういうマウントをとるつもりじゃなかったけど、

君らがあまりにも相手バカにして話ししてるから、いつもの増田と思いつつ結局同じレベルの争いしかしてないねって事を自覚させたかった。

結局「相手バカ」が先に結論にあって、議論をしているようであって、平行線の話をずっとしてるから、正直、なに書いてもいいとおもったけど、目障り。

2019-04-09

anond:20190409075938

俺もお前がアホだということがわかった

平行線だな。

2019-04-04

anond:20190404213809

言わないと分からないことがあることを申し訳ないと前置きしつつ

試してみたことが恐らく不正解だったこと、自分あなた意志尊重したい気持ちはあるが力及ばなかったこと、これから言われなくても分かるようになりたい旨を伝えたうえで聞いてみるのはどうか

ただこれは無能俺が言わなくても分かれ上司にやったことだから増田嫁に通じるかどうかはわからん

でも「言わなくても分かれよ!」「言えよ!」状態平行線を続けることはあんまよくないと思うからどっちかが交渉に出た方がいいとは思う

2019-03-28

anond:20190324111617

自分感想絶対正義って言う気はないんよ。

私には“嫌い”ありきの見方批判している人が多く感じられる。結果2はかわいそうだと私には感じられるって意見を表明しただけ。

そう思わない人と私の意見平行線のままだろうから、それはしょうがないよ。

もし上記を補足した上でも傲慢だと仰るなら、それはおまいうと言うほかないです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん