「自己肯定」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己肯定とは

2021-05-16

自己肯定とか何とかいうけど

そんなことはどうでもよくて、私はとにかく狙った異性を狙い通りに落とし、ベタベタに惚れさせ、思う存分イチャイチャラブラブデートとセッ○スを楽しみたいのだ。

それをいつでもでき得る状況を手に入れたいのだ。

死ぬまでの間に実績と成功体験を得ておきたいのだ。

anond:20210516000403

基本的にそれ。

なにもない自分もやんわり許してあげましょう、と言う話が自己肯定の本当の姿。

世の自己肯定メソッド曲解されてると思う。

で、そうなると無個性なのかといえばそうじゃない。

こだわりのない人は魅力があるし周囲の笑顔が耐えない。

色々付け加えてまだ足りない、まだ足りない、なぜ人に好かれない、とかやってると何も手のうちに転がってこない。

スキルキャリアとしてならそれでいいけど。

2021-05-15

anond:20210515233031

いや、肯定じゃなくてむしろ捨てる方。

例えば自分イメージと違うこといわれてたら大小嫌じゃん。

だけど人気者ってそういうの気にしない人多いんだよ。

自分イメージ通りに他人自分肯定して欲しい、みたいな欲求を捨てるという。

(結局潜在的に自他をコントロールしたいと思ってるかどうかに話が行きつくが、話がそれてゆくので深堀りしない)

100点の自分イメージ他人からは60点くらいかもしれないということ。

それを肯定するということ。

自己肯定っていうのは自己イメージの凝り固まった今の自分を認めることじゃなく、見誤った自分とき否定して残った自分容認する、削る作業なので。

ウェイトはどちらかと言えば許す方にある。だめな自分ありのまま許すというのもある意味では捨てる方角に意識が向いてるとは言える。

自己イメージはだめな自分反作用産物なので、実際には張子の虎で役に立たない。

2021-05-12

弱者男性論は「論」ではなく「コミュニケーション」です

弱者男性論が一歩も進まないのは、そもそも、あれが「論」ではないからです。

あれは「コミュニケーション」です。

コミュニケーションに飢えている人がコミュニケーションのダシとして弱者男性概念を使っているから、同じ話を10年繰り返すことになるんです。

「論」としては永久に発展しません。10年以上前出版された書籍から内容が一歩も進まない(むしろ後退しているのでは?)のもそれが理由です。

今後も新しいことは何も出てきません。同じ内容を繰り返すコミュニケーションこそが目的で、議論を発展させたい参加者などいないからです。

弱者男性論の参加者必要としているのは議論の発展ではなく話し相手です。

自称弱者男性に「論」を吹っ掛けられて釣られている非弱者男性も同じ。あんたも話し相手に飢えているから、

 「論」をダシにしたコミュニケーションにまんまと釣られんだよ。何回も何回も、性懲りもなく)

 

弱者男性論に関わった人がイライラするのは、あれが交流分析における「ゲーム」からです。

交流分析ゲームとは何か?

交流分析創始者であるエリック・バーンは、こじれた人間関係パターン化された対人トラブルを引き起こす自滅的なコミュニケーションのことを『ゲーム(game)』と定義した。

相手自分の都合の良いように操作したり利用しようとしたりすることで始まるコミュニケーションであり、その最後感情的だが紋切り型の不幸な結末となる。

人間ゲームをする目的は何なのかという疑問があるが、これは過去トラウマ自己否定的な認知によって『陽性のストローク』を受け取りにくくなっている人が、

相手悪循環コミュニケーションに引き入れることで『陰性のストローク』を手に入れることにある。

仕掛け人によってゲームのカモにされやすい人というのは、攻撃的な嫌味や挑発に反応しやすい人、苦しみや悩みに対して同情して助けてくれやすい人、愛情不足によって拗ねたりいじけたりしやすい人。

エゴグラム』における自我状態バランスが崩れている人がカモとして狙われやすい。

 

交流分析における主要な『ゲーム』には、以下のような種類のゲームが想定されている。

はい、でも』……相手に対して指示・援助を求めつつも、相手アドバイスや助言をしてくると、『はい、でも』という反対意見不同意を述べるゲーム

         相手がどんな意見提案を出しても、それに従わない反論言い訳をしてくるので、相手うんざりしたり無力感にとらわれたり感情的に怒ってしまったりする。

キック・ミー(私を嫌ってくれ)』……挑発的な言動をして、相手の拒絶や嫌悪、怒りを無意識的に誘発するゲームで、『私はOKでない・他者OKである自己否定他者肯定)』の基本的な構えを確認しようとしている。

                   自分に対する自信や肯定感がないので、『自分が拒絶されて処罰されるべき人間であることを自己証明するかのように、他者に対して挑発的な発言をしたり、

                   他者から否定されるような行動を取ったりしてしまうのである

『仲間割れ……複数他人矛盾した情報を与えたり、仲違いするような悪口を伝達することで、それらの他人対立させ喧嘩させようとするゲーム

        自分以外の複数他者の間に仲間割れ喧嘩対立嫌悪)を引き起こすことで、『自己肯定他者否定』の基本的な構えを確認しようとしているのである

        他人同士の仲が悪くなるような情報悪口を吹き込んだり、誰かの悪口を言っている人の嫌悪感を煽り立てるような告げ口をしたりするのが『仲間割れ』のゲームであり、

        このゲームを仕掛ける人は他人が醜く争い合う姿を見て『人間関係友情には大した価値がない』という自らのネガティブな信念を補強しようとしている。

あなたのせい』……自分の行動やミスに対する責任を取らずに、何か問題が起こったり上手くいかないことがあると、それらを全て他人環境のせいにしてしまゲームである

          『あなたのせい』のゲームの特徴は、自分の行動・選択に対して無責任対応をする『責任転嫁(責任回避)』と、自分ミス短所を棚に挙げて他人を厳しく非難する『他罰主義』にある。

          無責任言動他罰的な振る舞いによって、最終的には他人に嫌われることが多くなり孤立やすくなる。

『大騒ぎ(ひどいもんだ)』……自分の不幸や苦痛を『こんなにひどい状況だ』と大袈裟アピールすることで、他人の同情や関心を集めようとするゲームである

               自分の不幸や苦痛を派手に嘆いて悲しみながらも、それらの問題状況を具体的に解決する行動は取らずに、『自分がどれだけ酷い状況にあるか』を訴えて大騒ぎすることになる。

               病気の症状や苦しみを利用して『社会的責任』を逃れたり、自分の不幸や問題を強くアピールすることで『他者支援・同情』を引き出したりするが、

               最終的には『大袈裟な人・狼少年』といった認知を持たれて誰から相手にされなくなることも多い。

https://esdiscovery.jp/knowledge/basic/transactional004.html

↑このURLの元記事を読め。弱者男性論というゲームを吹っ掛ける人間動機理解しろ

 

匿名ネット上では関わるな。時間無駄から

ゲーム仕掛け人目的他人時間を奪って「パターン化された不快コミュニケーション」に付き合わせることにある。

理由は寂しくて暇だからだ。

 

そして実生活家族や同僚などにゲームを吹っ掛けられている場合は、

交流分析 ゲーム 終わらせ方」などで検索して、ポジティブコミュニケーションに置き換える方法を学べ。

交流分析書籍図書館で借りても良い。

2021-05-01

anond:20210430221838

怨嗟自己肯定だろうよ

単身赴任で不在の父親ワーキングマザー母親から育てられたけれど、その母の時代は「母親仕事なんかして子育てをおろそかにしていて、ろくな子供には育たないな」と言われていたらしい。そんな母から仕事をする女性こそ素晴らしいと『くたばれ!専業主婦』を地で行くような洗脳教育をされ大人になった。

その後、専業主婦家庭の人と結婚して、その洗脳教育の成果をいかんなく発揮して配偶者を追い詰めていたが、子供が生まれたのを機に気づいたんだよな。専業主婦家庭のほうが平和だって

仕事をしているとどうしても時間がない。でも、子供なんてリスクの塊、予測できないことの塊なんだよ。子供にとっては普通のことでも、大人からしてみたら自分計画邪魔するイレギュラー全然心が平和にならない。なんでこの子自分時間を奪うのかな!ってイラつく。時間追われてなかったらそこで一息ついて対応できる。その差を見ちゃったんだよな。

自分子供のころ、母はとにかくキレていた。簡単なことでブチ切れ、手が飛んだ。大事プリントを渡し忘れるなどの問題を起こすと、面倒起こしやがってと露骨にやな感じだった。母親は親身になって相談に乗る感じではなく、厄介ごとを持ち込みやがってという雰囲気がにじみ出ていて、場合によっては相談したことで怒られるので次第に母親相談しなくなった。だって、困っているのに母親に怒られてもっと嫌な気持ちになるより、困っているだけのほうがましでしょ?

保育園で育った子供幼稚園で育った子供に比べ何でも自分でできて自立しているというけれど、似たような背景があるのではないか邪推する。大人が信頼できる相談相手として存在しないので、自立せざるを得なかったのではないかと。昔流行った言葉で言えばアダルト・チルドレンなのかなと。幼いころから子供らしく振る舞うことを禁じられ、大人の振る舞いを求められてきただけなのかなと。

専業主婦が家にいるとこの辺の余裕が違う。仕事をしていたら時間に追われ、厄介ごとへの耐性が低い。気づいたら自分母親にされたような態度を子供にとっている。悪いと思うけれども、仕方がない。ここに時間に追われていない大人がいることでちゃんと心に向き合った対応ができる。ワーキングマザーだとキレる状況も専業主婦だとやさしく話を聞く状況になる。HOMEで有名な木山裕策氏は家庭があれたのを機に退職し、家族との時間を長くとるようにしたと言うけれど、まさにそういうことなんだろうなと思う。

いわゆる意識の高い人たちの言動とか見ていると、まさにわしがされた洗脳教育上記のくたばれ本を地で行くようなことをしていらっしる。わしからみると、専業主婦家庭のほうが子供にとっては幸せで、https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67894によれば多くの女性にとっても、そっちルート幸せなのに真逆に向かって突っ走っている。これはもう、「仕事で私は何日も徹夜をする生活を送ってきた。それに比べれば育児なんて楽勝だ。」みたいな破滅的な主張にしか見えない。あえて言うなら、幸せな人たちに向けた持てぬものから怨嗟だろうな。今は専業主婦したくてもできないほうが主流みたいだから。そして、そんな人生肯定するために、「私は自己実現たかったのだ」などと思い込む。

2021-04-28

弱者男性の話をする時に結局「自分たち自分たち肯定するのが必要」になるのをやめろ

弱者は身も心も社会的地位もないか自分を認めたり他の人を褒めたりすんのは無理なんだっつの

そんなの弱者男性でも弱者女性でもあたりめーだろっ…!

なのに弱者男性の話題で、穏当な論者ですよアピールしたそうなやつはどいつもこいつも自己承認とか自己肯定をしたがる。

やめろよ、その「男たちは困ってるだろうが自分たちで自分を救え」みたいなの…! まずそれをやめろっ…!

ボロカスなやつに自助をさせたがるんじゃねえよ。

自助自己肯定っつーのは自助ができる程度の足腰がある人間に求めるもので、いわば病気に対する自己免疫みたいなもんで、不健康な奴がすべきはじめの一歩どころか、自助自己免疫機能する毎日ってのは目指すべき最終目標だろうがっ…!

「困った時の最初手段として自助があてになる状態」を実現することが最終目標! なのに「最初手段としては自助」じゃねえんだよ! 「まず弱者男性同士で認め合うことが必要」じゃねえんだよ!

ブラザーフッドなんて、心身安定してるやつら同士でできるもんだそれは!

まず! お前らが俺たちを救え! 癒せ…! 愛せ…! 育て直し…! 俺ら以外の男や女が俺たちを介護して育て直せ…! 社会正義の実現の為には、その任務をお前達社会が負うのが道理…!

弱者自分たちを肯定できる能力を持てるのは、他者によってある程度満たされてからしかありえない!

なのに、面倒くさくて不快キモくて厄介だからって、勝手自分たちで自分たちの面倒を見ろって態度を取って、しかもそれで善人面をするなっ…!

キモくてカネのないおっさんを愛せ!

https://bunshun.jp/articles/-/44981

2021-04-26

婚活復帰女へのブコメがネットリンチの様相を呈している

婚活復帰戦で年齢と容姿が女の価値だということを理解した30代女

anond:20210425191358

 

30代で今頃気づいたのかよとか、自分を誉めてる部分が鼻につくとは思うが、それにしてもブコメ誹謗中傷の域に達しているので、普段自分ネットリンチなどしていないと思い込んでいるブクマカ共は自覚しろ

 

id:lli 孤独を愛しましょう

増田がすでにそういう境地に至ったのに、同じことを訓示して偉そうな気分に浸っている。マウンティング

 

id:Ad2Jo 自意識の高さと好かれることは全く別なのだよ/自分健康のことを考えて食事は全て無添加のもの自炊するようにしていますし、パートナーにもそうしてほしいとか言い出す男がいたら女性もめんどくさいでしょ?

増田健康志向の話などしていない。「自意識」を自分勝手に都合良く解釈詭弁

 

id:molmolmine 達観したようでいて、「来てくれる男」の数だけ見て「女の価値」を言い訳にしてる辺り、まだ何か劣等感抱えてるな?相手に選ばれるんじゃない、自分が選んだたった一人の相手口説き落とすつもりで探しに行きなよ。

「来てくれる男」の数だけが女の価値などとは言っていない。婚活市場での価値だと言っている。「言い訳」って何がどういう言い訳なわけ? 何が「行きなよ」だ。何様だお前は。増田の友人か。アドバイスを求めてない相手自己満足アドバイスをするな。アドバイス罪。

 

id:zaikabou 戦う市場を変えればいくらでも出会いはある、昔よりも遥かに価値が上がって参加できる市場もあります

年齢が上がっても「遥かに価値が上がって参加できる市場」ってどこですかね? そんなのがあるならなんで教えないんですかね? 適当に言ってませんか?

 

id:ledsun DINKS希望っていうから需給ミスマッチやろね。参加した男性子供希望の人が多かったんじゃない?(見目麗しく礼節に富み知的健康的な女性も、家庭観が一致していなかったら、結婚相手には向かなさそう)

id:birdsoutz お見合いパーティの場で子供を持つ気が無いと言ってしまうのが原因では。そういうところに出てくる人は家庭や子供が欲しくて来てる人多そう。

根拠なし。

 

id:yincha 人の魅力って頑張った分だけ増えるような単純なものかな?

id:anchara-review 自己評価他人から評価は違う。でも自己肯定できてそうだし何の問題もないか

id:vbwmle 人の魅力ってのは何かのステータスを上げると増えるってもんじゃいから難しいよね、としか

id:hilda_i 自分の魅力なんか他人が決めることだわ。

id:nippondanji 自分が思う魅力(価値)と他人から見た魅力は違うと思うんだよね。例えば必ずしも細いのが良いとは限らない。

人生経験・鍛えた体型・容姿(化粧?)・盛り上がった会話、という自分でもある程度客観的評価できる要素で判断している。誰しも自分100%客観的には見られない以上、こういう要素で判断するしかない。でなければ自己紹介も、面接で「長所は?」と聞かれて答えることもできない。

 

id:odakaho 書いてないけど20代向けパーティに参加したんでしょどうせ。

id:snapchatデジタルネイティヴ世代” →「ヴ」って書いちゃう感性がお相手との会話の節々に詰まっていたのではなかろうか

勝手に決めつけ。便所の落書き

 

id:fnm 自意識高すぎる人も、卑屈すぎる人もどちらも敬遠されるからなぁ。もっと自然体で何もしなくても自分肯定できたほうがいいよ。教養知識趣味でつければ良い。自分価値には結びつかないよ

自意識高いとも卑屈すぎるとも書いてない。勝手に決めつけた上に意味不明上から目線アドバイス罪。

 

id:doas1999 婚活に向くかと、結婚に向くかは全く別だしなぁ。

何の話してんの? この記事読んだ?

 

id:hryord あのー、結婚できる相手は一人だけですよ?

から何?

 

id:fugofugo 結婚できていない、誰から結婚相手として選ばれていないのに、昔は婚活無双していたという認識があるのが謎。それ婚活なの?

「以前は30人以上集まる会場で上位人気という経験もザラにあった」。文章を読まずにコメントするな。便所ゴミ箱

 

id:irohasy 若いときは散々年齢で甘い汁吸ってきたのに、いざ自分がその枠から外れたら馬鹿馬鹿しいとか、馬鹿はお前だろ。

それに気づいたという話をしてるのだが、お前は生まれときから全知全能ですべてに気づいていたのか? あと「馬鹿馬鹿しい」と「馬鹿」は意味が違う。文字が同じだからって同じ意味だと思うな小学生

 

id:yokosuque チヤホヤされたくて婚活パーティに出てきてたのが見透かされたのでは。

完全に根拠なし。誹謗中傷レベル

 

id:fishe 年齢は原因じゃないよ。この人は「自立した女性」を魅力的だとしていて、獲得した容姿もそういう系のルックスなんだろうけど、婚活市場でそういう強そうな女性は人気ないのよね。後は「子供いらない」がでかい

婚活市場で女の年齢が重視されるのは常識自分思い込みを通すために常識を平気で無視する非論理の塊。

 

id:superabbit 多分「婚活」というフィールド以外で勝負できる容姿と魅力を持ってそう。子供を持つことに拘りがない人は婚活なんてアホらしいですよ。

id:dubist 自分で「自分の魅力は年々上がっている」と自負してもなんの意味もないよ。客観性がない。それと、結婚する気がなく、子供も欲しくないのになぜ婚活パーティに行くの? むちゃくちゃ迷惑何だけど。

政治家が子作りを奨励したら「子供を作るかどうかは夫婦自由だ!」と反発するくせに、ここでは子供がいらないなら結婚するなという。ダブルスタンダード

 

id:tenderfox 妻が27歳の時に結婚した。私観点だと「この人との20代の思い出が欲しい」というのはあった。

キモッ。チラ裏

 

id:makopan 30代にもなると性格が顔に反映されるから、生まれ持った容姿というよりは表情の端々に現れる性格的な容姿が見られるのよね。整形や肉体トレーニングではどうにもならない。

疑似科学ですらない。迷信

 

id:flatfive いや普通にモテなくなった事にショック受けてますやん。その状態で「現代価値観が」とか「この境地」とか言っても痛々しいって。一回「チクショー!悔しいー!」ってちゃんと声に出した方が健康にいいで。

「このザマ、笑うしかない」ショックを受けてる。文章を読まずにコメントするな。上から目線アドバイス罪。

 

id:ounce 自分肯定するのは素晴らしいことだが、「私はラッキーな方」など他人比較せずにはいられない点、アドバイスの体でマウントを取りたがる点などに、成熟とは程遠いプライドと幼さが漂っている。

それは文章全体の6.6%。重箱の隅つつき。

 

2021-04-25

世の中には自分が正しいと思ってる人が多い

世の中には自分が正しいと思っている人が多い

本当に思っているのだ

頭が良いと思っているのとはちょっと違うのだろう

自分が正しい、間違えていないと思っているんだ

本当に正しいと思っているのか、自己肯定の結果なのかわからない

でも自分判断は正しくて反する人は間違いだと考える

俺はどうだろうか

ハッキリ言って賢いとは思っているが、正しいとは思っていない

ある程度の判断能力はあると自負してるが、判断が求められることなんていくらでもあるし、それを全て正解できるわけじゃない

センターだって1割間違えるんだ

朝ご飯の2択でも間違える

から間違えがあること、及ばないことを知って生きていこうとしてる

俺の考え方は正しい

2021-04-10

anond:20210410143512

自己肯定低い時点でブスか、見た目のハンデを上回るほど性格破綻者のクズってことだけど

こいつはどっちでもありそう

2021-04-07

anond:20210407003052

頭が足りないけど自己肯定して欲しい人は否定しかできないから、そういう人と区別して欲しい人は代案までするだろうね。

anond:20210407082154

から凄い自己肯定承認欲求の塊の様な日記書けるなぁ~スゴイスゴイ

2021-04-06

宗教はいいぞ!

女性の権利運動っていってもさ、社会構造から変えるべきこと、周りの意識から変えるべきこと、個人問題として受け止めるべきこと、いろいろあるじゃん

いわゆる弱者男性問題って後半二つの問題系だと思うのよ

あと多くの場合実存問題だと思うのよ

そこでなんだけど、結局ある個人に対する「救い」なんてのは宗教しか扱えないと思うのよ

宗教学の本で「すべての宗教共通するのは、現状を救いを必要とする状況と考えること」みたいな文章を読んだ記憶があるんだけど、つまりそういうことよ

から「認められたい」とかそういう個人的かつ実存的な意味で「弱者」と自覚する人はマジで大手のそこそこ古い宗教が一番と思うよ

皮肉じゃなくてマジで

自分メンタル死にそうなとき教会神父さんの話を聞いてバザーを手伝ったらなんかみんな親切で久々に「ここにいていいんだ」感を味わったわ

結局宗教って人類が受け継いできた自己肯定のための集合知なわけよ

ウマ娘に感動して現実のほうでは感動できなかった話

現実において病気を負った「スポーツ」とやらの選手

復活し優勝したとニュースで目にして全く感動できなくて

ウマ娘アニメを見て感動してしまった。

なぜか?に向き合わなければウマ娘に感動できなくなる可能性がある。

これは個人的には深刻な問題だ。

理由を把握しておく必要性がある。

ウマ娘アニメ視聴側の視点主観としてみて

現実の「スポーツ」とやらとの自覚できた違いを列挙する。

1.知っている

知ってるので感動できる。

憧れと目標とその経緯を知っている。

競い合うライバルたちとの関係を知っている。

1期2期のアニメそれぞれ12+13話を通して登場するウマ娘たちの概要を見てきて

走る姿と理由をある程度ではあるが知ってしまっている。

もうこの時点ですでにファンになってしまっているのかもしれない。

2.競技真摯である

レース参加者全員が勝とうとしている。

勝利という本能に逆らえないその性質に惹かれてしまう。

かっこいい。

全員が勝つために研鑽している、そのシーンを見ている。

負けて悔しがる、そのシーンを見ている。

勝って喜ぶ、そのシーンを見ている。

負けたものが悔しがりながら勝ったものを称える、そのシーンを見ている。

かっこいい。

3.かわいいウマ娘が懸命に頑張る姿は単純に綺麗

見た目がいい!仕方ないね

盛り上がりどころがわかりやすいつくりになっているのも良い。

なお、綺麗の意味精神性なども含めファジーである

4.つよい

基本的ヒューマンに比べ規格外

1kmを1分弱程度、3kmを3分そこそこで走りぬける存在である

おとこのこなので つよい に対するあこがれがある。

なお、つよいの意味精神性なども含めファジーである。良くも悪くも。

とにかく

つよくて綺麗でかっこいい姿を経緯付きで見せられ

打ちのめされてファンに仕立て上げられてしま

そんなウマ娘たちの雄姿を見ることで激しい感動を味あわされてしまった。

競技としての地位を上げるには

真っ先にファンをつくる土壌をつくれっていう発想に

丸々やられる形を賢く成し遂げられてしまった。

やられた。







と、ここまではウマ娘に感動してしまった理由だが

ここから先は非常にどうしようもない感情の掃き溜めになる。

ウマ娘だけに感動して、現実の「スポーツ」とやらに感動しなかった理由だ。

5.勝つ者の条件を 才能、努力、運 と明言している点

努力と才能は前提であるアニメ作中で言い切っている。

運以前にどちらも持ってないものそもそも前提を満たしていない。

綺麗ごとではない。そこを明示している。

その点が大いに好感が持てた。

勝ちは誇るが努力のものを誇らない。

勝者という立場において

いくらかある前提をクリアしているというのは

当たり前の範疇であると扱っているように感じた。

良い。

現実の「スポーツ」とやらに関わっている連中は綺麗ごとばかり抜かす印象しかない。

汚い。

6.競技ルールが明確

ゲートが開いて、先にゴールにたどり着いた方が勝ち。

わかりやすくて良い。

チームという概念はあれど個人競技であるという点も良い。

勝った負けたが最終的に他者のせいにならない。

更には足を引っ張り合うのではなく、あくまでそれぞれが勝とうとしている。

勝利という本能に逆らえない。

良い。

現実の「スポーツ」とやらでは人間審判判断ルールなどを見て

ルール適用の判定などで非常にもやもやした感情を覚えたことがあるが

少なくともそれに比べウマ娘アニメ内での競技ルールは非常にわかやすかった。

7.人間ではない

人間は汚い、人類は愚か。

ウマ娘に対して思想として差別的ではあるが、

自身がが汚く愚かであるため止むをえまい。

おおよそ自分の中で材料はそろったので理由をまとめはじめねばならない。

現実において病気を負った選手ウマ娘も内容としては

トップアスリートが大きな挫折を経て、そこからの復活劇という

ある意味わかりやす感動ポルノ競技ものといった感じであった。

ただ、大筋としては王道でとても似通っていながら、

現実の「スポーツ」とやらのほうを見て得た感情はどちらかというと負の感情だ。

見たニュースの順番が悪かったのかもしれない。

だがその時にはもう遅かった。この感想好転することはないだろう。

競技内容の映像のあとに見た勝者のコメント

努力は報われる(抜粋意訳)、

やってきたことは間違いではなかった(抜粋意訳)、

病気になった時は努力無駄になったと思った(抜粋意訳)、

と語っていたとニュース記事で見た。真偽までは知らない。

ただ、勝ったやつが言うとつよいな。

劣等感と怒りに満ちた。

復活した勝者のコメントに対しての意訳、解釈の仕方が悪いのかもしれない。

だが一人の弱者としてはそう感じてしまった。

ウマ娘アニメのほうでも

「奇蹟は起きます。それを望み奮起する者の元に、必ず、きっと」

はいったようなことはいものの、

才能と努力の積み重ねを前提とした話だと明示しているからこそ受け入れられる。

才能のないものや積み重ねのないものそもそもそこにいない。

現実はそれを隠そうとする。

若年時における才能の有無の判別は難しいかもしれない。

ただし、ある程度年齢を食った存在に対して努力が報われるという言葉

今更でしかない。もう遅いのだ。しかもそれを隠そうとする。

汚い。

現代日本であればたぶん2428歳くらいがボーダーである自分はとっくに過ぎている。

からもう、今更でしかない。わかりきっている。

これからは報われない努力を続けながらでしかまともに生きることすらできない。

これだから現実は楽しめない。

現実の勝ってるやつが努力報酬について続けて語るべきだと

今更となった弱者の側から思うことは、

才能のないやつが勝つための努力をすることに意味はないという説明だと思う。

比較しない範囲での向上心を持つ、

比較しない範囲での努力をする、

比較しない範囲での成長を得る、

それらは確かに報われているといえるだろう。

それらの経緯が生活を送るうえで役に立つこともあるだろう。

だが勝負という括りでは無駄無意味だ。

努力したけど負けたというのは大多数の客観において評価される実績ではない。

真剣勝負にのめりこんでない身内には慰められるかもしれないが、それこそ誤魔化しだ。

から、勝ったやつ、勝ってきたやつこそ、

勝負において勝てない努力無駄だと、明示しろ

あと、なんでもいいから勝ったやつは、

勝ったことを驕ってくれ。勝ったことに自惚れてくれ。

勝ったということに対して、経緯を誇らないでくれ。

これ以上弱者を惨めにしないでくれ。

相手のいる勝負でなく特定ラインを超えることを求められる試験などにおいてもそうだ。

経緯としての能力の向上という点などがあれば

主観においては努力が報われているということもあるだろう。

だが不合格となればその結果を客観的に見ると努力無駄ものしかない。

繰り返しになるが、

挑み努力すること自体主観では意味があったとしても、

目に見える成果を得られなければ客観による評価や実績とはならない。

弱者希望なんぞ語るな。絶望を明示しろ

弱者に敢えてわずかに与えて奪い、失う様を見てを楽しむ外道どもめ。

これだから現実面白くない。

架空存在であれば、綺麗なだけでいいのだ。

自身の心の汚さ、自身能力の低さ、その自覚から

現実はなかなか好きになれない。

結局のところ違いはそれだけの話だったように思う。

そう思わなければやってられない。

結論としては、自分が悪い。

から現実のほうでは感動できなかった。

ついでに経緯はどうであれ正々堂々と勝ったのであれば

その勝利のものを祝福できないのはよくない。

さらなる自己嫌悪である



とりあえずは自分が悪いだけだと負の自己肯定をすることができたか

多少の元ネタがあろうと架空存在であれば比較的小さいバイアスのもと

これからも楽しんでいくことができるだろう。

ウマ娘アニメ1期2期ともに、とても楽しく面白かった。

青☆3因子出ない。ヘイト

2021-04-05

anond:20210405102425

やれるやらないの前にこの人精神問題抱えてるだけだと思うが

まず対象が好きになってゆく過程すらないし

最終的に習い事ピーキーになって苦しくなるのはわかるんだけどそれ以前にやめちゃってる

要するに好きの強度が低い

分野が好きって言っても楽しい事ばかりじゃなく、部分的には苦しいことばかりだけどやっぱ好きだなあっていう

そういうもの出会えてないだけなんで、まだ打ちのめされるために色々やってみたらいいと思う

あとは、目の前の目標クリアするようにする

上を見すぎない

まあ俺は苦痛でも上を見続けるけど

最初の話に戻るけど、自己肯定感が低くいから好きの強度が低く、だからこそ対象自分も信じられないだけだと思う

自分が好きだなと思ってどうしても譲れない物を見つけたら続くよ

それが自らの感性に対する最大の自己肯定から

anond:20210405143211

お、人が弱みを見せると殴りかかるタイプ自己肯定者だ

2021-04-01

辛かったら逃げても良いんだよ ← これやめろ

近年流行ってるこの言葉 これって一昔前の自己啓発本

「辛かったら自分を変えなさい」の亜種で、結局我々を救わないと思う

  

なぜなら

問題となってることは根本的に改善されない

自分が行動、努力する側であり、相手側はノーダメージ

社会に何も議論を呼ばない

からなんだよね

 

日本人お得意の「人様に迷惑かけるな」

精神の矛先を自己否定から自己肯定ソフトに変えただけで

何も解決しない、冷笑メソッドなんよ

 

これに立ち向かうためには、例えば労働基準法云々への社会運動とか

デモ集団行動の領域に(大抵は)なっちゃうから

おそらく、そういう権利の主張が嫌いな日本人絶対認めないのが悲しいところ

2021-03-23

プロフェッショナル庵野特集はリトマス紙だった

プロフェッショナル庵野特集の反応によって、その人の仕事観のリトマス試験紙になるなと思った。

 

共感庵野すごい!     1割

共感庵野クリエイターもすごい!でも自分にはできない 3割

共感違和感が半々。庵野すごいけどスタッフ可哀相 5割

④全く共感できない。支持しない 1割

 

ざざーっと、Twitter自分フォロワーやまとめなど見ての印象だけれど、分布としてはこんな感じかな。

フォロワーの偏りで割合の誤差あるかもしれん。

 

①は、もう完全にブラック思考ブラックに飼いならされてる奴か、ブラックとして使い潰してる側の人間

大抵そういう場合庵野自分を同一視して、自己肯定してる。使い潰す側なら庵野と、使い潰される側ならスタッフと。

でも、庵野は作るものが凄すぎるしその分の待遇スタッフに与えているから辛うじてバランス取ってるけど、普通のあなたがやったら(やられたら)ただの搾取からね、ってやつ。

 

②はクリエイティブ系とか企画系の職種に多かったかな。あとはフリーランス

まあ、庵野気持ちはわかるんだけど自分にはその気力や実力がないや、っていう諦観や、自分仕事自分の金で作ってないから同じことできない立場の人。

でも出来るんなら庵野側の立場になってちょっとやってみたいっていう気持ちもある

  

③はまっとうな社会人一般企業に勤めて、正社員経験しかない)

なかなか決まらない仕様提案しても方向性すら示してくれない上司、一度決まってかなり動いていたものがひっくり返るetc...

自分職場ではそんな事件起きてほしくないけど、でも、エヴァ面白いし、あの現場ドキュメンタリーとして見る分には面白いと思える。

 

④はブラック経験者だな。日常庵野現場のような、そんな奴ら

 

 

①と②は、上に立って条件が揃えば下を潰す可能性あるんじゃないかな。

 

 

あなた番組を見た感想はどれでしたか

2021-03-20

anond:20210320225809

俺は古典自由主義防波堤を得たよ

自己肯定

ハイエクが個で生きる術を教えてくれた

未だに高卒中卒の親族はなんとかして俺を否定しようと粘着してくるがノーダメになったな

他人比較する必要がなくなる自由主義思想は強い

2021-03-19

小池百合子を見て女性地位向上が社会の損失だと思った

責任逃れと自己肯定ばっかの喚くだけ。

役職で男女を均一にすると男性女性をなだめる、もしくはキレないように我慢する仕事が増えるよね。

もちろん男性問題ないとは言わないけど、とりあえずいざとなったら環境や他の責任にしない女性けが上を目指してくれ。

2021-03-16

anond:20210316125127

フィギュアスケートは幼少の頃から金をかけて子供を育てる競技

彼女らは半ば強制的エリート意識自己肯定意識を植え付けられるわけで

でもその過程を通ってない主人公は逆に劣等意識の塊で

そういう子供たちの歪んだ人格形成を描いている漫画なので

かわいい」というより「かわいそう」が強いんだよな

老いて思うが

人は誰しも、

よく考えて、新しく気付き、深くわかることが楽しかったはずだ

それは科学数学であったり、

親や異性の気持ちだったり、

社会のしくみだったり、

世間渡り方だったりする

とにかく精神が広がることが楽しかった時期があるのだ

ただどこかでそれは止まっててしまうみたいだ

モノや金を積み上げる方法だったり、

自己肯定の一貫で若モンを否定したり

そういうなんの新しい広がりもないことに、恍惚とするようになる

退屈じゃねぇのかなぁそんなの

2021-03-14

anond:20210313225732

なるほどねー

自己肯定ってそうやってやるんだ

犯罪がなくならないわけだ

2021-03-04

異常者なので褒めてほしい

なんとなく分かっていたけど、こないだ床屋からの帰路の途上で俺の目の前を歩きながら談笑する二人組の女子の後頭部が視界に入った時にいい加減確信した

その時も心底から暴力衝動がムクムクと湧いてくるのが分かった

こういうことは初めての経験ではなく、これまでに何度となく訪れたし、その度にスルーしてきた

から今回もスルーした

この先もスルーしていく

思い返すと10代の頃にもう片鱗はあった

当時は夜道に適当な人を選んで背後からついて歩きその人の住まい確認してから帰る、という謎の行為に没頭してた

そうすると動悸がする程興奮したし、その夜は精神的な疲労からよく眠れた

家庭内暴力が酷い家に生まれ幼い頃から父親暴力を見て育ったことが原因、俺は悪くない、というスタンス今日まで自己肯定してきた

でも実際、俺、偉くね?

これまでもこれから法治に挑戦することなく内なる暴力衝動に蓋をして真っ当に生きていく覚悟完了している俺、凄く偉い

から誰か、俺を褒めてくれ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん