「空リプ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 空リプとは

2017-12-01

学科教員ブロックされた話

この記事いい話Advent Calendar1日目の記事です。

AdventCalendarに名前があるのにわざわざここで書いているのはハイコンテクストネタです。分かる人には分かります

突然ですが、先日僕の行く大学教員Twitterブロックされていました。

からなんだという話ではあるのですが、いい話っぽいのでまとめたいと思います

原因

いつからブロックされていたかが分からないので原因が詳細には分かりません。

色々と日々Twitterで僕が言っていることに反応したんじゃないかと思います

よっぽど構って貰える人がいないのか、中年おっさんTwitter学生空リプしまくったり、学生同士の会話のコンテクスト無視してクソリプをしているのを見ると悲しくなります

その人の講義はやれXMLデータベースだのJava Appletだのを言っていたので頭が痛くなって履修をやめました。

おそらくこういったことをインターネットバカスカと書いてクソクソ言っていたのでブロックされたのでしょう。

学科教員ブロックされないためには

同じ大学の皆様には教員との良好な関係を築くためにも上記のような心がけが必要だと思います

僕はインターネットクソ野郎なので無理でした。

2017-11-18

俳優熱がさめた

もうn番煎じではあるが突然俳優熱が冷めた話をする。

ある作品のある役でどっと人気が出た俳優を、そのある作品きっかけで好きになった。

その俳優をAと呼ぶことにする。

それから過去作品を貪るように見て、楽しくてツイッターアカウントまで作った。

オフ会してA語りをしまくったり、ガッツではないけど行ける現場にはなるべく足を運ぶようにした。

とにかくすべてが楽しかった。こんなに楽しい世界があるのかと、とにかく新鮮な楽しさを覚えた。

だけど、なぜだかあっという間に、突然Aヘの熱が冷めた。

理由は2つ。

1つはAのヲタクたちを見てからだ。

最初古参の人たちも仲良くしてくれたし温かいヲタクが多いんだと嬉しくなった。

が、なんだか最近SNS上でのAヲタが心底鬱陶しい。SNSというかtwitterだ。

これはAヲタあるあるなのか、それとも俳優ヲタという界隈自体がそういう性質なのかは分からないが

ある個人へのツイート感想考察などに対し、

「私はこう思うしその解釈は違うのでは?」という感じのツイート空リプでやりあう。

また現場SNS上で悪目立ちしたヲタク空リプ(鍵なしアカウント)で晒し合うなど。

なんとなくTLが不穏な空気になると、誰のツイートでこんな空気になるのかが大体分かるくらい

はっきりと分かるように空リプをする。

直接やれよっていう感じもあるが、とにかく自分解釈と違うものへの攻撃が強い。

(私が匿名のこの場所を使ってこのような文書を書いていること自体もそれと同等だということは承知している)

そして、古参押し付けがましさだ。

とあるごとに懐古する。あのイベントではこんなこと言ってた、今じゃこんなこともうないだろう、など。

まあ懐古するのは誰にでもあることだし、ただのつぶやき程度だからどうでもいいのだが

それを新規ヲタに向けてわざわざリプして教えてあげたり、

文章のいたるところから新規あなた方には知らないことを教えてあげよう」という匂いがきつい。

こういうのはAヲタに限らずどこの界隈でもいると思うが、Aヲタ古参はそんなに多くないため

そのある古参絶対存在みたいな感じになっている。

それを新規がありがたく頂戴している。皆喜び、その古参を讃える。

宗教のようですごく不気味だ。

もうあげたらきりがない。

Aへの笑えないマジ恋ツイートしんどい

笑えるテンションでマジ恋を叫んでいる人のほうがよほど健全に思える。

Aの接触イベのために化粧や服を頑張るとかも、しんどい

普段からやらないやつが突然綺麗にはなれない。普段から習慣的に頑張れよと思ってしまう。

Aのツイートに毎回タメ口でリプを送るやつも、しんどい気持ち悪い。友達じゃないんだよ。

ヲタクを見て俳優ヲタ卒をするっていうのを何度か見たことがあるが

本当にそれだ。

とにかくAにまつわるSNS疲れた。それなら私がSNSを辞めろ。正論だ。そうする。

2つめ、まあこれが決定的なのだ

その「ある作品」にAがとらわれすぎているところだ。

その「ある作品」はもう終わった。しかし、未だそこにワーキャーしている人も多いし

ヲタクもAというより、その役でしか見ていない人も多い。

別に構わないのだが、

当のAはそんな状況を見てからか「その役のイメージから出たい」という。

ならば、もういい加減、ある作品のある役に関する発言や行動をやめたらどうだとすら感じている。

ある作品とは関係のない場所でその役のセリフを言ってはヲタクを喜ばせたりするからだろう?と。

分かる。その役で自分が人気を得たんだという実感は分かる。

言っていることとやっていることが矛盾している。

それを見てスッと熱が引いたのを感じた。

Aの熱量ってそんなもんなんだ。へえ。

素敵な俳優だと思ったのに、すごく残念だった。

だけどヲタクって盲目だ。

そういう矛盾には目が向かないのか、むいたとしても背いているのかは分からないが

誰一人触れていない。気持ち悪さが倍増した。

またAが素敵な演技だ、素敵な役だと思えるまで

Aを応援することはないと思う。

2017-08-31

所感。

話題の「真木よう子コミケ参戦表明→炎上→辞退→クラウドファンディング中止」の一件についてツイッターぼそぼそやっていたところ相互フォロワーから「こんな荒れた話題俺は見たくねーんだようるせえ!」と空リプが来てやりづらかったので此方にまとめる。

別に批判をしたいわけでもなければ攻撃をしたいわけでもなく、ただ自分の中で感じたことを吐き出してまとめたいだけである

◆全体的に

個々の問題自体はそれほど大事ではないが、どれも元々コミケが抱えていた問題であり、それをよく思っていなかった人々からの不満噴出にも繋がったのだと思う。

些細な引っかかりでも、積み上がれば大きな不安となる。

コミケルールについて

コミケと言うのは、よく言われる通り「全員が参加者」という前提のイベントである

販売者顧客という立場ではなく、サークル参加者と一般参加者だ。要はイベントに参加した全員で作り上げるもの、という意識が強い。

そして、この大イベント薄氷を踏むような、あるいは綱渡りをするような危うさでこれまで続いてきた、という認識の人が多い。

一つでも対応を誤れば、二度と開催ができなくなる可能性もある。

忠告するコミケ参加者側に対して「運営でもないくせに」「そんなにえらいのか」という指摘もあったが、だからこその忠告だろう。

写真について

また参加表明の際に出回った画像に、コミケ開催中にビックサイトの内部で撮られた写真があった。

「あれは撮影禁止区域での撮影ではないだろうか?」「周囲に写っている人へ了承は取ったのだろうか?」という疑問が呈されていた。

混雑していない場所だった為恐らく明確な撮影禁止区域ではなかったろうが、そうだとしても周囲へ写っている人への了承は得られていない可能性が高い。

その上クラウドファンディングという大金を集める告知と共に出回ってしまった為、「営利目的での使用」にかかる可能性もある。

それを持ってしてまず、「ルールをよく知らない、影響力の大きな人が来てしまった」と言う認識が広がってしまったのだろう。

クラウドファンディングについて

クラウドファンディング自体は悪いものではなかったと思う。

前例があるのは知らなかったが、それなら尚更問題はなかっただろう。

ただ、800万円と言う目標金額は大多数の参加者には大金大金だ。

それだけ集めるなら会場費も込みにして、別のところで別のイベントを開いた方がお互い幸せなんじゃないか、という疑問も湧くのは仕方のないことに思う。

◆会場について

キャンプファイアにて公開されていたクラウドファンディング募集した金額の使い道には雑誌制作費・支援者へのリターンにかかる費用という文字はあっても、当日会場で係る経費や混雑対策費などの文字はなかった。

コミケ普段来る層と、真木よう子写真集を買いに来るファン層はほぼかぶらないだろう。

となれば単純に真木よう子ファンの分だけ来場者数が増え、その分列を作るスペースが必要になる。

周りには列で正面を潰されるサークルも出てくるだろう。

しか交流をしたいと言うことは、ともすれば本人が手売りをする可能性もあり、手法として嫌われる牛歩にもなりかねない。

列の整理や混雑対策も持ち出しと(一応)考えるならば、尚更コミケでわざわざ狭いスペースを間借りするメリットは、会場の面から見るとない。

写真集について

自分が初めてコミケへ行った時、既にコスプレエリアは大盛況だったが、まだコスROMへの風当たりは強い時期だった。

三次元人間被写体の「写真集」は、コスプレをしていてさえオタクには馴染みの薄いものだったのだろう。

現在、以前よりコスROMへの当たりは柔らいだろうが、そうでない生身の人間の「写真集」となると、抵抗があるのもわからなくはない。

交流目的と言うのもコミケルールに明確に反してはいないだろうが、それでもサークル参加者は自分の作った「創作物」にこそエネルギーを注いでいる人が多数のはずだ。

そんな中写真集は作るがどんな方向性かも決まっていない、と言われてしまっては「そんな、やりたいことをやる場所へ来て、やりたいことがわからなくて進路が決まらない学生みたいなこと言われても……」という話である

ツイッターでのやり取りについて

本人はよくファンともツイッター上で交流していたようであり、もしかすると一番厳しげな意見に返事をすることで、やんわりと忠告してくれていた人々への解答にしようと思ったのかもしれない。

だが結果的には、これまたネット上では嫌われている、同情心を誘い自分は手を汚さず周囲の人々に攻撃させるファンネルと化してしまった。

果たして悪意があったのかなかったのかまでは推し量ることが出来ないが、悪手であったことは確かだ。

ツイッター上で散見された意見について

「いやなら見るな」と言っていた人がいたが、テレビと違い現地に行ってしまえば見る見ないの話ではなく、上記した「会場について」の問題に直面することになる。

真木よう子一人の為に真木よう子ファンが増え、その分会場は狭くなり、移動に支障をきたすかもしれない。

そう考えるととても「いやなら見るな」で片付く問題ではなさそうだ。

◆辞退・中止が発表されて

案の定オタクは心が狭い」だの「そう言ってオタクを貶す人々には来てほしくなかった」だの対立が発生している。

叶姉妹並みの対応をしてほしかった訳ではなく、様々な疑問点を解決すれば、受け入れられた部分もあったとは思う。

大体書きたいことを書いたのですっきりした。

おしまい

2017-08-12

https://anond.hatelabo.jp/20170812170455

ツイッターってのはある種「不幸自慢大会」なところあるから

そういうのはある程度しゃあないと思うなあ……インスタとかフェイスブックとかにしといたほうが精神衛生上良いようなきがする。

ツイッターランドはもはや自分いかに不幸に見せてネタにするかの合戦になりかけてるし、

そういうの大嫌いって人とトラブルになる例もゴマンと見るけど、まあ無理してあそこでやるこだわるような必要あんまりないと思う。

空リプについては、メンション飛ばすと外野から怒る人ってのがごまんといるから、なかなか必要もなしに飛ばしまくるってのも抵抗覚える人もいるし。

Twitterであったいざこざ

駄文なうえ長い。でも吐き出すところがなくてここに書く。すまん。

リアルの友人とSNSでだけしかつるまなくなって、そのSNSでうまくいかなくなってしまったっていう話です。

ある日突然ネガティブな事をTwitterで書き始めた友人(仮名 ネガちゃん)がタイムラインの大半を埋めるようになったので心配で飯に誘い出した。

最近みんなが冷たい、とくに誰がっていうわけじゃないんだけど、避けられている気がする」

ネガちゃんの悩みを聞いて、できるだけ励ますようにそんなことないよ思い過ごしだよってやんわり否定した。

俺よりネガちゃんはTwitter歴が長くて、アカウントジャンルにあわせて使い分けていて、友人と呼べる人がたくさんいる。本当に気のせいだと思った。

その後しばらくネガちゃんの愚痴とか悲しいことの列挙は収まったけど半月経った頃からまた荒れはじめた。

内容は色々だけど誰かへの不満を空リプガンガン発信して、深夜までずっと呟く。我慢できなくなってネガちゃんをミュートした。

初めてミュー機能の便利さに感動した。毎日絶望とか鬱ポエムで埋まっていた俺のTwitterが急に平和になった。

お互い仕事をするようになってからTwitterしか話をしなくなっていたけど、ネガちゃんとは飯をよく一緒に行っていた仲で家も近い。

オタク趣味が別々になっても相手の好きなものをよく知っている貴重な友人だった。ミュートした事に僅かに罪悪感はあった。

ある日、ネガちゃんから俺宛に空リプじゃなく、リプライ機能

「一緒にごはんに行きたい」

っていう返信が来た。奇跡的に気づいたのが半日くらい経った後だったんだけど、その日のうちに返信を送ることには成功した。

仕事からそんなにすぐには返信できないし、その日の夜は予定があったから無理だったんだけど

「こんなに傷ついてるネガのことはどうでもいいんだ、ふーん、静かに怒ってます」みたいな返信がきて

ネガちゃんのプロフィール?欄が【みんなが無視してこんなに苦しい私を気遣う事もできないの?】的な内容になっていた。

ミュートにしてた俺も悪かったかもしれないけど、思い切ってネガちゃんをブロックした。

次の日、不機嫌な自分を周りに見せるのは大人として恥ずかしい、みたいな誰かのつぶやきサブアカウントから引用返信で送ってきてた。

返信内容に困って、まだ返信してない。

オタク趣味が合う学生時代からの友人だったから出来る限り気遣いはしてたつもり。

罪悪感より鬱呟きがTwitterに届かなくなったのを心底ホッとしたし、他人絶望とか悲しみばっかり受信してたらこっちが折れちまうし。

【リアフレブロック】の罪悪感はたぶん忘れられないだろうけど、これで良かった。

こんな愚痴最後まで読んでくれる人が居るかわからないけど、愚痴を垂れ流している辺り、盛大なブーメランですね。すみません

2017-08-02

https://anond.hatelabo.jp/20170802232702

うん、だから論理的帰結だ」って一体何の増田に対して言ってるんだろう。

元増田はただの空リプだぞ。

2017-07-08

ガチ恋じゃない

自分ガチ恋ではないと言ってるうちはガチ恋ではないということにしてほしい

だって現場毎回行ったりしてないし

ラジオとか動画配信も気が向いたときしかチェックできてないし

同担拒否とか思ったこともないし

認知なんてされたくもないし

twitterで本人にリプライ送ったこともないし

ていうかむしろ早く結婚してほしい

そしてそれを発表してほしい

その発表を素直に心から祝福してやはり自分ガチ恋ではなかったと安心したい

ついでになんか勘違いしてそうなガチファン勢を結婚発表で焼き払ってほしい

いや、本当にただのしがないファンですよ

そりゃイベントはちょこちょこ行ってるし

ニコ生コメントメールが読まれときは嬉しいし

なるべく手書きファンレターも書くようにしているし

てかファンレターとかこの人で初めて書いたし

twitter自分がつぶやいた話題時事ネタではない)を数分後に本人も同じような内容でつぶやいてたときもしかしてエゴサして空リプならぬ空レス的にファンサをくれてるのではとアホなことを思ったし

行ったイベントサプライズで接触ありだったとき心臓止まるかと思ったと同時にそういうつもりで来てない自分の身だしなみを若干反省したし

番組でのちょっとした発言に(あ、この言い方はたぶん嘘だな)と思った直後に「まあ、嘘なんだけどね」と続いたときは信じかかってた他の視聴者優越感を覚えたし

自分と同い年だから本人の言う世代ネタが全部わかることに勝手シンパシーを感じているし

さらに言えば生まれ年どころか月まで一緒なのは幸福運命の導きだと思ってるけど

でもこんなのはよくあるただのファン言動思考ですよ

そう、今月誕生日ですよね、おめでとうございます

こっちはもう誕生日を迎えてしまったので、久しぶりにあなたより一つ年上です

親しい相手以外に誕生日プレゼントを買ったのもあなたが初めてです

週末の誕生日ソロイベントも行きますが、誕生日関連としてはニコ生のほうが楽しみだな

同業者にお祝いされているあなたを見るのが好きです

もちろんいつものあなたも好きです

幸せそうなあなたを見ているとこちらも笑顔になって、元気が出てきて、幸せになれます

いつもありがとう

これからもずっと応援しています

2017-05-16

主にTwitter

対岸の火事を眺めながらお酒を飲むのが大好きなので、知ってるけど関わりがないくらいの距離感の界隈での炎上案件対立案件を見つけ、それに関係してるアカウントを探してツイート追って、関連ワードツイート検索して空リプやらに目を通して、っていうのが楽しくてしょうがない。

その後一通りリサーチが終わったら、大抵自分アカウントでそれとなくそ案件に対して客観的(っぽい)ツイート揶揄して満足するんですけど、たまにFF内に対岸の隣町くらいに住んでる人がいて、優しく「これはこういう事情で起きてるので笑うところじゃないですよ」みたいに諭されて心が痛む。なので、この場を借りて謝罪させていただきます。人様を僕の脳内勝手道化扱いして笑いものにしてすみませんでした。でも多分一生やめられないので今後はできるだけ脳内で完結させてツイートまではしないように努力します。

2017-02-01

Twitterアイマスアイコンから見るP分類分け

春香正義感強い、自治厨(ののワさんアイコンサイコパスキチガイ率高い)

千早政治宗教社会問題ツイート多すぎ togetterコメ欄にも頻繁に登場

美希→目立ちたがり屋 ライブ暴れた自慢やラブライバー叩きが趣味

 真→ツイート面白くない

雪歩→初老から高齢 特殊性癖持ち

あずささん→同じく年齢層高い たまに上げる部屋や手の写真が恐ろしく汚いことが多い

双海姉妹常識派 

律子→エアディス大好き たまに空リプ攻撃的なツイートを連投して不穏な空気

 響→空気読めない FFからクソリプ多い

貴音→おっぱい好き エロRTトップ

伊織アイコンかわいい

2016-12-09

身内アカウントがこわい

Twitterを利用し、いわゆるクラスタと呼ばれる人達と繋がって5年以上経つ。

彼女達との付き合いはネット上だけに留まらず、同人イベント後のアフター、遠方のフォロワー上京したときオフ会新年会忘年会といった季節の節目の飲み会、はては年賀状お中元お歳暮のやりとりなどがある。

から見れば仲良しこよしな関係かもしれない。

実際、付き合いの長いリアルの友人達から「○○クラスタっていつもみんなで集まって美味しいもの食べて、仲がいいよね」と言われたことがある。

しか本名と顔、住所や職業を知っていてもなお、私は彼女達の輪に溶け込めないのだ。

クラスタフォロワー同士が繋がるきっかけは空リプだ。

「Aさんやばい

「これだからAさんは…」

「Aさん天才かよ」

といったツイートがTL上に流れてくる。

クラスタでは空リプがどう受け止められるのか分からないけれど、私が所属しているクラスタではごく自然に当たり前のように名前が流れてくる。

「Aさんって名前をよくTL上で見かける」と誰かがツイートすれば共通フォロワーから面白い人だからフォローすれば?」と返ってくる。

こんなやりとりからフォローし、フォロー返されるのが習慣となっていた。

ある時、私を除いた殆どフォロワーとあるフォロワーの身内垢と繋がっていることを知った。

空リプが当然の文化なので複数人達が「○○さんがまた何かやってる」とツイートしていても、私のTLには彼女がいない。

ホーム画面に飛んでも「身内垢。フォロー申請拒否します」の文字

身内垢というのはこちらからフォロー申請するものではないのだ。

彼女の身内垢を知っていても、向こうからフォローされぬ限り何もできない。

一度、フォロワー数人で遊んだとき○○さんの身内垢でのツイート話題になった。

適当に相槌を打って、私は笑って誤魔化した。

彼女達は私が○○さんの身内垢と繋がっていないことを知らない。

そもそも誰が誰をフォローしているかなんて普通は気にしない。

気にしている私の器が小さいだけ。

○○さんの本垢と繋がっているけど、身内垢とは繋がっていない。

彼女達と私の間にある壁を再確認した。

はいわば中途半端者で、彼女達の仲間になりきれていないのだ。

もちろん、何人かの身内垢からフォロー申請がきたのでそちらと繋がってはいるけど。

そこで話題に上がっていたのは本垢では到底言えないようなことだった。

身内垢とは外部から隔絶され、選ばれた人しか見ることが許されないものだ。

私は○○さんには許されてもいないし選ばれてもいない。

それでも彼女本垢からしかけられ、リプのやりとりで盛り上がることもある。

みんなの輪に溶け込めず、かといって自分から一歩を踏み出す勇気もない。

ここまで身内垢に対する嫌悪感を露にしてきたが、私も身内垢を持っている。

それは文字通り、高校大学で仲良くなった友人だけをフォローしている。

人の身内垢が怖いと思っているくせに自分は引きこもっているなんて、馬鹿な話もあったものだ。

要するに、「みんなと一緒に楽しめないと寂しいから仲間にいれて欲しいけど自分から言う勇気がないので察して欲しい!」とくそ甘えたことを抜かすワガママチャンなだけなのだ

もしも同じ思いをしている人がいたら「それはあなただけじゃないよ」と伝えたい。

まあ、伝わったところでなんの解決策にもならないのだろうけれど。

たとえ解決策にならなくとも「こんな些細なことで思い詰めるのは自分だけかもしれない」と感じている人にこのブログが届けば幸いである。

2016-10-24

同人活動における交流とは

作品内容とツイッターでの性格リアル性格は全て別なのはわかってはいるけれど、

ツイッター上で繋がりがある人とイベントで会ってからツイッターメチャクチャ揚げ足取られて煽られている。


煽り人はツイッターで口があまり宜しくない方だ。

会う前はビクビクしていたのだが、スペースで挨拶した時はそんなこと全然なくて、かなりシンプル服装で、結構痩せていて、とてもナチュラルメイクの方だった。

かなり緊張しつつも挨拶して、話をして、何事もなく終わった(気がした)


そして、イベント後、私はとりあえず感想を送れる人には送った。

感想を書くのには時間がかかる。小説ならばなおさらだ

思ったことをメモした付箋を貼り、付箋の中から良かった部分をピックアップし、文章気持ち悪くないか解釈は間違っていないか、読むのに長くないか…。

そういうことを気にしながら感想を送る。交流のある人には大体送っている。

感想を送るのは好きだ。

相手が喜んでくれて、何より次の本を書く原動力になるなら嬉しい。


でも、そういう気分の時ではない時がある。

ヘルニアの痛みがひどいとき作品を作っているとき、上手く生活ができないとき、次の本の内容を考えている時など。

イベントが終わってからすぐの約2ヶ月、私はヘルニアの痛みと謎の胃痛にやられてほぼ寝ていた。

痛くない時はなるべく感想を送った。

とりあえず、ツイッター上で交流のある人で、ちょっとトラブルに巻き込まれたり、悲しんでいる人から先に送った。元気になってもらえればと思った。

だが、そこがいけなかったのかもしれない。交流順位をつけられてると思われたのかもしれない。

数週間後に煽り人が表垢で「感想くれるって言ったのに!」って空リプしていた。

私が以前「今度長い感想送りますね!」というリプを待ってくれたらしい。

(有言不実行になってしまったので、かなり長文になってしまったが感想手紙を書いた)


私は「今度感想送りますね!」という一言をもらっても、その一言でもう感想をいただいたようなものです!と思っているし、

忙しいと思うのでその力は他の神本の作者さんに使ってください!とも思っている。

もしくは、前回のイベント新刊を買ってくれた方が今回のイベント新刊も買ってくれたり、既刊の在庫数や、支部ブクマ数も感想だと思っている。

けど感想は貰えたらそれはもう嬉しい。メチャクチャ嬉しい。痛みと折り合いをつけつつ、次の本を頑張ろうと思える。

締め切りが間に合いそうになくて、泣きながら原稿している時の活力だ。

だが、自分作品感想がなかったものには「きっとその程度の作品だったんだ…ではこんな形はどうだ!?」と思って次の本の構想を考えている。

感想についての考え方は人それぞれなので、私と煽り人の感想について考え方が違うのだろう。


私がその人に対して過敏になってしまっているのかもしれない…と思ったが、あまりにも失礼なリプライが来た時に「もしや…意識的に煽ってるな…!?」と思って検索をかけたら、

煽り人の友達が「イラレの使い方でメッチャ煽ってたねw」「やっぱり?やり取り見てウケたわ~」という一文を、煽り人の鍵垢にリプしていたのを見て確信した。

煽り人は煽り意識があって私を煽っていた。私はかなり親しい間柄でないと煽ってくる人を好ましいと思えない。

年齢について、イラレの使い方について、PC不具合解決方法について、同人誌を作るための機材について、ヘアメイクについて…。

気に入らなければブロックしてくれて構わないのに…と思っているが、粘着煽りが好きなのかもしれない。

今度、同じカプの他の人も交えてオフ会を開く約束をしているのにも関わらず、煽りリプライが来る。

会うのに煽るのってすごいな…手紙渡したらその場で燃やされないかな…と思いながらマジレスを返す日々。

作品で殴ってやる!と思ってウェブ作品を上げたが粘着は止まない(作品のパワーが少なかったのかもしれない…)


私が煽り人に何が気に入らないのか聞いて直したとしても、多分わかりあえない問題からどうしようもないんだろう。

ただ、少なくともこのカプが好きで、モヤモヤが消えなくて作品にしないと消化できない!まだ足りない!もっと書きたい!

と、思ってイベントに出て、素敵な本をその場でゲットできるうちは波風が立たないようにしたい…。

だが、私はアカウントを消す。ツイッターがなくても同人活動はできる。

同人活動は、私の萌えを聞けぇ~~~~ッ!ってスタンスだし、人付き合いが下手なので、あまり交流に深入りしないようにしよう。

好きな人と好きなものに囲まれ活動しても文句は言われまい!なんてたっって「趣味」の同人活動だもんね!


PS.うた子さんのこの記事は何回読んでも良かった

http://fanblogs.jp/utap/archive/32/0

2016-08-30

アイナナのお花畑ファン運営アンチの皮を被ったうたプリオタクに告

あのさ、いい加減お前らで言い合うのやめてくんない?

そこ言い合いしたって何の得にもならないのはお互いわかってるでしょ

ここは一つ論点整理マンが今の状況を、お花畑なアイナナちゃんファンにも腸煮えくり返ってるうたプリオタクにも分かるように図解してあげよう

パクリ疑惑

言わずもがなカードの構図パクリ疑惑やグッズのパクリ疑惑

 これは運営対応が悪い。パクリならパクリでさっさと認めればいい。

 パクリじゃないならパクリじゃないとはっきり言ったらいい。

 うたプリの某○花さんだってジャニから衣装パクった事実はないってすぐ言ったでしょ?

 それで騒動が沈静化するのはうたプリの例からして明らかなんだから、さっさと対応したらいい。

プロデューサー作品私物化疑惑

 →これも運営が悪い。そもそも簡単にバレるようなところに自分チラ裏置くな。

 これはお花畑ファンだってそうじゃない人だって反吐が出るでしょう。

 一部のうたプリオタクが某○松さんの曲についての自己語りで作品私物化されたように思ってるのと同じような思いだろ、察しろ

情報漏洩疑惑

 →これも運営が悪い。危機管理能力なさすぎ。これを擁護するお花畑ファンもいないだろ。

以上のことからして運営が悪いことは明らかなので、さっさと運営謝罪しろ別にここの疑惑が全部白だったとしても、こんだけ混乱を生み出したことに謝罪必要

そんで、お花畑ファンはさっさとその口縫い付けろ。これ以上頭の悪いアイナナファンが多いと思われる前にさっさと界隈から消えてくれ。

運営アンチの皮被ったうたプリオタクは一度自分ツイートを全部見直せ。アンチ臭が漏れ出てるぞ。あわよくば、この騒動でアイナナ潰したいんだろ?そうじゃなきゃ本当にツイート見直せ。余計なところまで攻撃して煽るな。それをしたらお前らもお花畑同類だ。

好き放題言わせてもらえば、お前ら同じ穴の狢だぞ。臭いものに触れたら同類だ。

花畑の奴らも何言ってんのか理解できないし、それを上から正論叩きつけて「目を覚まさせてあげてるんだから感謝しなさい」とか言いながらクソ空リプ投げてんのも理解できない。それただのインターネットお節介マンな。全く実にならない。

本当に運営のことを思うなら今は黙っとけクソババアども。

自分記事も含め、この件は全くもって不毛な争いを引き起こしてるからさっさと運営謝罪しろ

テクシはアイナナひいては運営の為に、作品の為に、ファンの為にとか言ってる奴が居たらそれは詭弁だ。

作品の為に人を煽って騒動拡大する意味ないだろ。こう言ったらアテクシどもは「煽ってない」って言うけど頭に水掛けたら?騒動全く関係ない人から見たら明らかに煽ってることは確かだぜ?

自分含め、関係者はさっさと頭冷やせ

2016-06-29

SNS疲れで若手俳優オタやめた話

だいぶ前はてブ等で長年同人をやられてた方がTwitterをはじめとしたSNSに疲れ同人卒業したり距離を置いたり…という記事を何個か見ました。

自分同人ではないのですが、2.5次元界隈でTwitterがしんどくなり、専用アカ消したりしたなあ…ということを思い出しました。

何がしんどくなったのか最初に箇条書きすると、

①色々な人と繋がり、共通フォロワーさんが増えたことにより、Aというフォロー外だけど苦手な人が出来た。フォローされないようブロック自衛していたが、Aがアカウントを変えたタイミングフォローされ、無視してたら、ほんのりフォロバを促すようなリプが来てしまった。(これが大きな理由)

②2.5次元2次元界隈でよく見られるゆるふあアイコン拒絶反応

金銭感覚の違い

イベントに行ける、行けない地方格差

自分フォローしている人達犬猿の仲になってしまった

引用RT空リプなどでの身内での変な馴れ合いに寒気

とかですかね…。

これらは未成年若いフォロワーさんに多かったように思えます

自分アニメ漫画といった作品に対しての熱は冷めにくいのですが、俳優声優さんアーティストさんといった人に対しての熱は元々熱しやすく冷めやすタイプでした。ところが、あるきっかけでとある俳優さんのことが気になりだし、気づけばめちゃくちゃブロマイド買っていたり、自分人生史上最大の沼に陥ったのです。こんなにハマった人始めてだしこんなハマり方したのも始めてだったのです。

そこで調子に乗った私は自分以外にもこの俳優さんのことが好きな人と知り合いになりたい!現場出合い厨とかしてみてぇー!と思って勢い余ってよくある繋がりたいタグでたくさんの方々と繋がりました。(といってもフォローは2桁でしたけどね!ちゃんと自分で見極めてフォローしたはずなんだけどね!)

最初はとても楽しかったです。毎日幸せハッピーって感じでした。推しに囲まれ生活最高ー!ってなりました。

でもこの頃から自分性格上②みたいなアイコンの人はあまりフォローしなかったしプロフもゆるふあ〜な感じの人はブロックしてたかな。

(ていうかぶっちゃけた話、ああいうゆるふあアイコンってどこが良いんですかね…はっきり言って痛いしダサいセンスない。本当にコラージュ上手くなりたいならそこらへんのアプリじゃなくてフォトショ使えば?写真の切り抜きとか透過とかスマホアプリよりフォトショGIMPのようなパソコンソフトのほうが優秀だと思うんですけどね。小さい画面で操作するのイライラしません?成人してもあんなのやってる人とかみると大丈夫?て思ってしまう…)



ところが、自分フォローをしている人達が段々と相互フォローで繋がっていき、⑥のように身内のノリみたいな変な馴れ合いが増えてきた頃から、少しずつ、居心地が悪くなっていきました。

元々「構ってちゃんタグ」とか「私のこと好きな人ふぁぼ」とかいうの好きじゃありませんでした。この頃からリプをURL引用したりする人とか出始めて、「なんで@でリプしないの?面倒臭すぎない?あんたと私の知らない人との会話とか興味ないし他所でやってくれ」って思ったり。あと内容のない薄っぺらいリプ合戦とかね。素で「〇〇好きあいちてる❤️」「私もやで❤️」みたいなリプ送りあってる人達よりも、「うんこ黙れ」みたいなリプ送りあってる人達の方が絆が強い気がします。(あくまでも個人の見解です)

また、③で前述した通り、どの界隈にもいると思うのですが、お金をたくさん使うのにお金にだらしない方はあまり良い印象を抱きません。

別に現場全通したりグッズをたくさん集める人全員嫌いという訳ではありません。が、現場行き過ぎたせいで、次のイベント代のお金を親から借りたりするのはどうなの…って思いました。このような発言をしている相互さんを見かけてかなり引きましたしそこからこの人のこと好きじゃなくなりました。趣味お金自分お金で遣り繰りしろよな。


④も2次元、2.5次元界隈ではあるあるではないのでしょうか。イベントってたいがい東京なんですよね。時々関西も少しあって、たまに福岡名古屋とか。アニメイベントだとほぼ首都圏ですね。当たり前ですけど、東京に住んでいる方はイベントに行きやすいですよね。

それに対し地方に住んでいる人は、チケット代以外にも交通費宿泊費もかかって、イベントが終わる時間曖昧だとドギマギしますよね。イベ終わりどうしよう、新幹線飛行機乗れるかな、いや一泊しようかな、夜行バス間に合うかな、最終じゃないと無理かな。とか。財布との戦いでもありますよね。公式よりも交通機関のほうにたくさん貢いでる…?!と気づいて絶望したり。TL見てるとイベントに行きまくる関東組とお留守番地方組とで闇を感じたりしました。

…え?関東に引っ越せばいいじゃんかよって?それが出来たら悩まねえよ!!東京家賃高すぎ!!いや家賃だけじゃなくていろんなもん高すぎ!!


このような事からだんだんTLを追わなくなっていき、裏垢に引きこもりがちになりました。

そしてある日、私は推しの動画付きツイートRTしたのですが、そのツイート主こそが前述したAでした。

私がリツイートした後「RTありがとうございました、もし良ければ相互になりませんか?」という内容のリプが来たのです。突然のことにびっくりした私は、そのままスルーしたのですが、②のようなゆるふあアイコン、そしてその人のツイート雰囲気が苦手で無理で…。

共通フォロワーさんが多かったのでいつかフォローされないように先に自分からブロックしました。


そして、数日後、Aがアカウントを移行した時にフォローされてしまいました。どうやらリプから察するに、少し前から私の事が気になっていたみたいです。フォローされた時はうわ、しまった…と大きなショックを受けたのを覚えていますプロフィール欄も詳しく書かれていなかったため、フォロー返すのやめよう、無視しよう、気づいていないフリをしようと思ったのです。実際それで昔自分が苦手なタイプの人からフォローきても何人かやり過ごしてたし。


ところがそのまた数日後にAからすみません!!!フォローさせて頂いたのですけど!!!」みたいな内容のリプが来てもう恐怖しかありませんでした。ツイート一字一句覚えてませんけど!が異常に多かったのを覚えています


今思えば普通にブロックしちゃえば良かったのにと思うのですが、その頃の私は共通フォロワーさんにAをブロックしたことをAに言いふらされでもしたら面倒なことになりそう…と変な考えを起こし、フォロバ後速攻ミューしました。

これあるあるだと思いませんか。共通フォロワー多すぎる苦手な人にフォローされてブロックしづらいの。

え、ないって?それはすまん。

色んなことが重なって重なって、もう大好きだったこのアカウントやTLが嫌になって、フォローしてる人も嫌になって、気づけばこの俳優さんを好きな気持ちも少し薄れていることに気がつきました。今までと同じポテンシャルでその方を応援できなくなってしまって、すごく残念な気持ちになりました。そしてフォローしてる一部の人に失礼な言動をして傷つけてしまった…。もうこれは本当に申し訳ないと思っているし、人間疲れが重なると言動が酷くなるんだなって痛感しました。

自分と同じ俳優さんが好きな人と繋がって想いを共有したいと思ったのに繋がった人が嫌いになってその俳優さんへの熱も薄れるなんて本末転倒じゃねえか!!くそ!!なんかとても悔しい。なんでこんなことで好きなものが離れちゃうんだろう。


その後私と同じような悩みを抱えていた付き合いの長いフォロワーさんと傷の舐め合いをしたり、やばいそれウケるめっちゃネタに出来るじゃんと励まされたり(?)したのは良い思い出。

この一連の流れから私が学んだことは、

Twitterで誰かをフォローする時はとにかく慎重に!石橋を叩きすぎることはない!

・なるべく年が近い人をフォローする!

(年が離れすぎてると価値観金銭感覚が明らかに変わるので)

共通フォロワーが増えすぎるのは危険複数人とのリプは楽しいがその分リスクを背負うことになる

……てところですかね。

結局今でもTwitterで長い付き合いがあるのは2.5次元にハマる前に繋がった2次元界隈の人ばかりです。

皆様も、TwitterSNSで少しでも疲れたなと思う時は早めに手を打たないと大変なことになりますのでお気をつけ下さい。


ちなみに⑤は、嫌になった方のフォローを整理して大丈夫な方だけ相互を続けていたらこんな感じの状態になってた。相互フォロー関係がいつの間にかなくなって、片方がアカウントを変えて悪口言ってた。これもあるあるじゃなかろうか…


あっちなみにAに前垢ブロックしてたのバレてたみたいです。もう最近ツイッタラー怖い。

※こいつ誰が好きだったんだろうみたいな詮索は呉々もお控え下さいませ。

2016-06-13

同人誌を書いているけど寄ってくるコスプレイヤーが恐い

同人誌を書いて売っている。

1度に刷る冊数は1000冊くらい、ツイッターフォロワーは1万人超。

コスプレイヤーがどうも苦手で好きになれない。

同性だからか、それともナメられているのか分からないが、全体的に態度が馴れ馴れしく上から目線が多い。

イベントで会って、そのあと数回リプライしただけでこちらにガンガン空リプを送り、

頻繁に私の名前を出してツイートする。

とにかくノリが馴れ馴れしい。

数回目のリプライタメ口は当たり前で、友達なのか?というくらい延々と話しかけてくる。

態度もでかいし口もでかい

そんなことをしてくるのはコスプレイヤーだけだ。

コスプレイヤーはノリが独特で、ツイート数や空リプが異常に多く、

内輪ノリ仲間意識が強い。

そしていつもなにかしらモメて学級会を開いている。

私は人との交流が苦手で、ひとりで黙々とアニメを見てゲームをして漫画を書いているのが

好きなのでそういうノリは苦痛だ。

仮にも相手美人コスプレイヤーであればまだ納得できる部分もあるが、

自分よりも顔もスタイルも劣るアンパンのようなコスプレイヤーに「今回の本も結構よかったーwww」と

親しくもないのに言われると、なんだろう…となる。

最近ではツイッター絶対フォローし返さないようにしている。

自分被写体にしてそれをSNSに堂々と載せている人種と、

ひとりで暗く漫画を書いている私では気の合うはずもない。

毎回売り子の申し出を断るのがめんどうでうんざりしている。

ウェイ系やパーリーピーポーと何が違うのか分からない人が多すぎる。

同人サークルコスプレイヤーは完全に違う人種なのに、

同じイベントのとても近い場所にまとめられていてつらい。

2016-06-08

好きな人ができた

16歳のとき好きで好きでどうしようもなくてきっと結婚するんだろうなと思っていた彼氏がいた。一つ上、他校の男の子だった。

彼は高校女友達がおらず、私以外の女には目もくれなかった。けれど大学生になった途端好きな女が出来たから別れて欲しいと言う。泣いた。

ガン泣きしてメールだけ(LINEなんてものはない)は毎日してほしいと言った。してくれた。

その女には恋人がいたので彼はその女を諦め私のところに戻ってきた。でもまたすぐ好きな女ができた。家まで行った。門前払いをされた。

その日はどうやって家に帰ったのかいまでも覚えていない。

私を別れて好きな女2がセックスさせてくれないのだと言って私に連絡をよこしてきた。私は彼に会いに行った。まだ好きだった。

その後また付き合ったけれどダメだった。

それから一年に一度くらい連絡が来て私は彼と会っていた。自分から絶対に連絡しなかった。断られる確率100%からだ。

もうすぐ彼と出逢って10年になる。

彼が好きすぎてどんな男の子に出逢っても彼と比べてしまっていた。お陰で二十歳を超えてから恋愛なんてしたことがない。

そんな私に好きな人ができた。

好きなジャンル、友人経由で知り合った男性だ。年上かと思ったら年下だった。落ち着いている男の人はみんな年上に見える。

異性として見ていなかったので毎日ツイッターで仲良くさせてもらっていた。一緒にゲームもした。

この間一緒に遊んだ時に私がなくしてしまったものを探してくれた。男の人に優しくされたのは久しぶりだった。

友人に報告をすると、「死ぬまで高校時代彼氏が好きなんじゃないか心配していたから嬉しい」と泣いてくれた。

正直私もそうなのだと思っていた。上記の彼はそろそろ結婚をしたのではないかと踏んでいる(二年ほど連絡がない。彼が私に連絡をしてくるとき彼女がいないときだと相場が決まっているのだ)。

でも片思いなんて十年ぶりだ。しかも年下の彼とは家が近いわけでもなく、新幹線で片道一時間はかかる距離である。流石に毎日会いたいなんてことは言えるはずもない。

つい先日一緒に遊んだばかりだ。また会う約束をしたいけれど理由が見つからない。

好きだと思っている状態で彼に会っていないのがとても不安だ。

ツイッターでのやり取りが多いためLINEを交換しているけれど送る理由も見つからない。他人に見られたくないのならDMを使えばいいし、私も彼も暇さえあればツイッターを見ている。

ネット記事では「空リプは脈あり」なんて書いてある。彼は空リプの達人だ。知らない人の名前が私のタイムラインに並ぶ。

理由をつけてLINESkypeをしたい。でもその理由が見つけられない。

共通の友人が彼に恋人がいないこと、いまは彼女がほしくないことを聞いて教えてくれた。

私が勝手に好きになっただけなので「私のこと好きじゃないんだ……」なんてことは言わない。

無意味に連絡がしたい。

好きな女の子タイプが知りたい。黒髪が好きだと言うのならこのブリーチしてある髪だって黒く染める。細い子が好きなら痩せる。私は好きな男のために努力したいタイプだ。

彼はあまり友人とベタベタしないタイプからそんなことを突然聞くわけにもいかない。

私は彼と手をつないでみたい。

友人には「ホテルへ連れ込め」と言われたけれど、別にセックスはしたくない。二人で並んで共通話題で盛り上がれたらそれでいい。

駅で後ろ髪を引かれながら「今日は楽しかった。ありがとう」なんて連絡を取り合うような恋愛がしたいのだ。

先述の恋人ネットオフ会で初めて出会いメアドを交換したので、ネットから始まる恋愛には抵抗がない。でも彼がそうだとは限らない。

恋心の自覚が遅かったせいで彼の声も忘れてしまいそうだ。声が聞きたい。なんでもない話がしたい。

2016-01-17

http://anond.hatelabo.jp/20160117033453

自分感想をもらう側だった。

ほぼ全て返信したけど基本的にめんどくさいとは思ってた。

 

相手ROMだったり作家でも好みじゃなかったりすると最初は嬉しくてもすぐにめんどくさくなる。

特に好みじゃない作家。お返しに大して好きでもない相手作品も褒めたりして究極めんどくさい。

ROM作品を上げる度に反応してくれた人については、

「またこの人か…たまには知らない人からメッセージが欲しい」と思ったりもした。

反応来なかったら来なかったでさびしいのだけれど。固執されてるみたいでこわい。

ハイワガママでございます

 

逆に好きな作家相手とのやりとりは嬉しいって気持ちが持続してたしそれほど負担にならなかった。

ブコメの「イケメン以外に…」って話は確かにそうなのかもしれない。

 

結局あなた作家にとってやり取りを望む相手じゃなかったってことじゃないのかな。

頻度を減らしたり匿名や返信不要空リプ使ったほうが懸命かも。

2016-01-12

匿名ということ

 ツイッター匿名性が心地よいと感じていたのに、気づけばそうもいかなくなってしまった。ブログをやっていた時代も、気づけばコミュニティ形成されて「これを書いてしまったら、○○さんが傷ついてしまう可能性がある」と頭をよぎり、あえてぼやかすことが何度もあった。でも、それを悩んで三日くらいして何も告げずブログを削除し、アカウント自体を消した。なかったことにしたのだ。それによって、何かが起こることはないし、その期待はなかった。知らない間に知り合いのブログが消えたり、親しい人が何も言わずブログを消すのだって自由だよな~と思いながら去っていく人をみていたからかもしれない。

 ここ最近ツイッターである本音を書いてしまった。我慢していたことを、あえて言うには理由があった。けれど、画面の向こうの人はそれを知るわけがないし、知ってどうなるわけでもない。そうなると、私の言葉に対して「これだから~」と空リプもどきをしてくる。被害妄想といえば、それでいい。それでも、なんだか居心地が悪くて、ツイッターをやる意味コミュニティとは何かを考えてしまった。

 ブログもこうだったし、ツイッターもこうなると、一体どうなるのだろうか。今後私はどこに思いを乗せれば良いのだろうか。そう思うと、言葉にできない感情で押しつぶされそうになる。共感同意が欲しいわけじゃない。むしろ批判されたっていいと思っている。だって匿名から、それが大きいのではないだろうか。

 けれど、文字にすることでしか発散することが出来ないからという理由で書き続けてしまう。ネットにあげてしまう。もういっそ紙に書いて捨てるようにすれば、このモヤモヤとは切り離されるのだろうか。そもそも、共感とか欲しくないといいつつネットにあげる時点で、私はもうだめな人間なのだと思ってしまうのだ。

2015-10-23

JKイラストRT直後の空リプ

一方的に見られている」「対象特定可能」という点で割と近い概念だと思うがどうか。

と、ここまで書いてブコメ類似してる気がしてきたぞ…。

2015-04-03

http://anond.hatelabo.jp/20150403234531

デマツイートRTで広まって

バカが信じてるから専門家がさっさと論破してくれ!!!

って思ってもなんか専門家空リプを繰り返してフォロワーだけを相手に講釈垂れてたりする

しょうがないから素人が殴る羽目になる

うんこ

2014-12-17

好きな娘に届かない

好きな娘がいる。

その娘とは同い年で、知り合ったきっかけはTwitterだった。

初めて知り合った時はTwitter黎明期だった。最初はなんてことない、ただのフォロワー同士だった。

お互い意識なんてしない、ちょっと話が噛み合ったらリプライを数回やりとりする程度の繋がりしか持っていなかった。

その娘とは趣味が合う。

自分もその娘もコスプレ趣味だった。音楽趣味も、同じバンドが好きだった。

昨今コスプレ好きなんてごまんといるけど、当時マイナーだったバンドまで好きだったのに驚いた記憶がある。どちらかが相手の趣味に合わせわけじゃなく、ただの偶然だった。

この時、特別恋愛感情はなくて、気が合うフォロワー程度だった。

東京引っ越した。

数年前、就職のために自分北海道から都内へと上京した。その娘も都内のはずれに住んでした。

急に、会える距離まで近づいてしまった。

それまでは、Twitterしかやりとりしてこなかった。

けど、急に直接顔を合わせて会話ができる距離まで来た。

実際にその娘と会った。

一緒にバンドライブに行ったり、プリクラ撮ったり、ご飯食べたりと何度か遊んだりした。

たから見てもデートのものだった。

行儀もよく言葉尻も柔らかく、育ちのいい子だと思った。となりを歩いていても恥ずかしいなんてことはまるでなかった。

だけど、自分告白をしなかった。 好きな感情はあった。

結論としては自分ヘタレなだけだったけど、言い訳をするならば、その娘の気持ちがわからなかったからだ。

どうして自分なんかとライブに行ってくれるんだ?

どうして自分なんかとプリクラ撮ってくれるんだ?

どうして自分なんかとご飯を食べてくれるんだ?

そんなことをずっと考えてしまっていた。

「そこまで一緒にしてくれるなら、その娘も君のこと好きなんじゃないの?」

何人か友達にそう言われた。確かにそうかもしれない。

だけど、これまでTwitterしかやりとりをしてこなかった人間同士が、じゃあ会って飯食って告白して・・・それで相手がOKしてくれても、なんだかしっくりこない。

自分の中で、恋心ってのはインターネット上では膨らませるべきものではないと思っている節があるからだろう。

相手の顔も直接見ず、声も聞かず、触れもせず。

それなのに、相手の上辺だけの情報のみしか知らないのに好きになる、っていう事が自分では出来ない。

今の時代ニコ生Skypeなど相手よりリアルコミュニケーションを取れる手段は増えた。

だけど、やっぱりお互い好きになるには、「インターネットでの知り合い」ではなく直接遊んだりする「友達」になってからスタートを切りたかった。

インターネット上で好きになりたくはなかった。

そんな事を考えているうちに、あの娘はどんどん魅力的になっていった。

コスプレで言えば、出来栄えの良いコスプレをし、知り合いも増えイベントなんかにも行く回数が増えているようだった。

それに伴ってTwitterフォロワー数も増えていっていた。

気づけば、彼女の中で自分は「フォロワーの1人」でしかなくなっていた。

あの娘は、自分なんかより仲の良いフォロワーと会話していて、自分タイムラインでそれを流し見するだけ。

すっごい悔しいけど、それを邪魔しちゃいけないことは自分でわかってる。

いわゆる空リプなんてものも送らず、ただただ仲良しそうだなあ、って感情で押さえつけてる。

こちらからリプライを送ることはあっても、あちらから自主的に来ることはめっきり少なくなった。

LINEIDも知っていたが、こっちはTwitter異常にレスポンスが悪かった。

「好きならもっとアピールしなよ。自分に自信持ちなよ」

何度も同じようなことを友達に言われたが、「好きでもない男にアピールされたら余計嫌われるんじゃ・・・」って心情がこれを邪魔した。

まだ好きなくせに、どうせ自分なんかじゃ、って半分諦めてる。

どうしたらあの娘に振り向いてもらえるだろう、って何回も考える。

同じ趣味があるなら、その土俵で頑張っていく?

でもだめだ、彼女は一途に趣味スキルを上げていっているけど、自分結構な雑食であれやこれやとやりたいことがあって一つのものになかなか集中できない。

じゃぁ、そこまで好きなんかじゃないんじゃない?

どうだろう。

ひとつ言えるのは、今までの人生の中で最高に人を好きになっている。

その娘のことはすっごい好き。

だけど、なんだかもう振り向いてはくれない感じ。

多分、直接遊んだ時に男をみせられなかったのかなって思ってる。

前に遊びにさそったけど、何かと理由をつけて断られてしまうのでもうだめだと思っている、

まだ全然諦めきれてないけれど、この年が終わったらこの想いがぷっつりと切れてしまいそうで怖い。

いや、もう諦めるべきなのはことなくわかってる。

いっそあの娘が彼氏を作ってくれたらこの想いも終わるだろう。

だけど、彼氏なんかできちゃったら気が気じゃなくなってしまうかもしれない。

その彼氏と別れた時に慰め役として近づこう、なんて性根の悪い考え方までしてしまう。

なんで好きかって言われると、正直、具体的にはわからない。 多分、今までもこれからも、なんでその人のことを好きになったか聞かれても、気付いたら好きになってたとしか言えないだろう。

あの娘はとても一途で、まっすぐで、輝いていて、綺麗で、可愛い自分じゃもう、届かない存在になってしまった気がする。

2014-09-24

ヲチがバレた

最初好きな作品ジャンルの人だったから何気無くフォロー返したんだけど、仲良いフォロワーへの擦り寄り空リプまれてないみんなに嫌われてるコミュ障アピール更にはタイムラインで盛り上がっている話題に対して自分は嫌い、どうでもいいとわざわざ聞いてもないのに無関心アピール

極めつけはブロックされた相手の事を名指しでぐちぐち言い出すクズだった

○○の人にはよくブロックされるじゃねえよ 痛い人間から避けたいっていう自衛策なんだからてめえにどうこう言われる筋合いないし他の人だってミュートかヲチしてるだけだろ

そいつとは色々あって縁切れたんだが、その後ヲチがバレるようなアクションをうっかりしてしまって鍵かけられちまった

ヲチなんて最低!と思ってた時期もあったあの頃では考えられない、巡回先が減ったと落胆している自分クズ、またはそれ以上になってしまったと自負している

2014-07-11

http://anond.hatelabo.jp/20140711112732

またまた冗談をw

増田だって空リプだらけじゃないかと言っているんですよ。みっともなくてね。

空リプという気持ち悪い文化

人の目を見て話せないんです、僕、私。

みたいな人のネット上の免罪符空リプなんだから普通学生社会人生活やる人は、見苦しいからいっそやめちゃえばいいと思うんだが。どうかな?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん