「トランスジェンダー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トランスジェンダーとは

2020-05-22

LGBT理解者です

LGBTって、レズゲイバイトランスジェンダー頭文字のやつ。

世の中配慮されたい人なんて山ほどいるのに、声がでかい代表者がいるおかげでどんどん色んなものに影響与えてる。

一般的には異性愛者で一般的には体と心の性が一致してますけどこういう人もいますよねみたいな態度じゃ許さない!ってお怒りの様子。

自分の持病だってもっともっと配慮されたいんだけど、されないんだよねうるさい声のでかい代表者がいないからね。

同性愛者なんてもう何十年かしたら後ろ指刺されることは少しずつなくなるんだから、生まれ時代が悪かったなって諦めるしかなくね?

自分だってまれ時代が違ってたらどうなってたかからない。

勝手に手繋ぎたければ繋げばいいし誰も他人が手繋いでるとか繋いでないとか興味ないし、そこまで注目しないよ、自意識過剰なんだよ

人前でキスするカップル性別とか関係なく気持ちいからやらないでほしいけど。

トランスジェンダーレズバイゲイとは方向違うし桁違いの辛さなのに一緒にされてかわいそうだから、分けてあげてほしい。

ディズニーで挙式したカップルも別れてたし、どうでもいいよ。

2020-05-15

anond:20200515054545

流石に公的書類のどこに自分性別記載されてるかぐらい把握してるよ。

マイナンバーカードは番号だけ求められたので提出を免れた。

女性則なんて知らなかったな。そこまで特殊業務じゃないか大丈夫

この規則存在意義からすると、妊娠/授乳可能性のないトランスジェンダー適応外になりそうだね。

バイトでも通知カードマイナンバー)求められるから

性別なんて会社にはバレてるだろうにというのと

正しい性別労務が把握していないと

女性違反であとあと労基にタレ込まれそうな怖さある

もっとトランスジェンダー女性則は適用されるのか

妊産婦保護目的から子宮摘出していたり閉経していれば適用除外できるのでは

見た目が男とも女ともわからん人の話

つっても自分ことなんだけど。

そしてかまととぶるのもあれだから先に言っとくけどLGBTQ+の世界には一通り足突っ込んでるし知識もある。トランスジェンダーに一番近い。

戸籍は女。最近は大体いっつも男ってことで働いてる。体はなんもいじってない。男性ホルモン摂取してない。

で、不思議というか悩みというかがあるんだけど、自分は何をアイデンティティにすればいいと思う?もうちょいわかりやすく言うと、他者に対して自分はどう映っていてどう映るべきなんだと思う?

男として働いてる女?男っぽい女?

いいねマンガみたい。イケメンパラダイスみたい。イケメン女子、かっこいいよね。女子高ではヒーローになれる。学生時代はそんな位置づけにされそうになったこともある。そしてこれが正解だと強く思ってしまっている自分がいる。アイデンティティっていうのは自分に対する他人自分共通認識なのであって、今の状況を一番正確に書こうとするならこのタイトルが一番合ってる。人によっちゃこれは事実以上の何物でもないというかもしれない。

でも一番にあげといてなんなんだけどこれは絶対却下だ。なぜなら自分は”女ではなく”て、自分を女と説明されることにとてつもない嫌悪感を抱えているから。

女ってーのは事実じゃん、染色体・外性器etc...っていう批判は聞き飽きるほど聞いたけど、自分にとっての女という体験(=人生)は、というか性別という体験そもそもその定義以上のものを含むものだと思う。

まぁ勘がいい人は性同一性障害とか性別違和とかいキーワードが頭に浮かんだだろうし、分かんなかったらググってほしい。そしてその嫌悪感を抱くことこそがその障害を持つ者の定義であるわけで、ここを議論しても仕方ないから許してほしい。

というわけで自分を女として知っている知り合いの多くは自分を男っぽい女だと思ってるだろうし、一度女として認識した人間へ向ける視線をひっくり返すのはとても難しい。自分はそれがとても悲しい。通ってきた門は変えられない。



幸か不幸か、自分は初対面の人間に対してその入り口をある程度意図的に変えられる。つまりこれから自分はその人と付き合っていくにあたってどっちの性別で行くか大体決められちゃうってことである

ちなみにこれは初対面一発目で相手自分の望む性別自分認識するということでは必ずしもなくて、話していくうちにちらちら実は男なんです~/女なんです~要素をチラリズムさせていく、もしくは単刀直入自分性別宣言してしまえば納得してもらえるってぐらいの見た目を自分はしているってことだ。端的に言うと一人称を変える程度で私の性別は揺らぐ。

また会うことなんてねぇだろうなって人は勝手にあっちの想像に任せて話を合わせている。会話の節々で「あっこの人は今自分を君付けで読んだな」とか判断材料にして。

これから長く付き合っていく人間に対してはそうもいかないので、大体付き合いが長くなってきた時点で胸が裂ける思いがしながらも自分ネタバラシをする。しか卒業を目前に鬱で発狂した自分はもう考えるのをやめたくなって、性別欄のない履歴書を黙って送って、雇ってくれた会社の人に自分性別判断を託した。(性別のわかる公的書類の提出はいらないとこだった)

はじめて会ったとき君付けで呼ばれて聞きなれないながらも若干安心して、それから職場では同じ戦術ながら奇しくもずっと男として働いている。



男として働きだすと言われることが真逆になった。女の子っぽい男の子だね、かわいいね、と。(ちなみにほとんどが初対面の客からである。世の皆さん、人の性別安易に突っ込まないでください、肝が冷える)

女の子っぽい男の子、というタイトル自体はも満更でもない。それどころかその受け皿に収まってしまおうか、つまりそれを自分アイデンティティにしてしまおうかという選択肢まで生まれだした次第だ。しかしそう言われるたびに腹の底が冷えるような気持になり、その話題をどうにかしてそらしたくて仕方なくなる自分には、そのラベル積極的自分を売っていく気にはまだ到底なれない。

話が少しそれるが、自分はあわよくばわかりやす自分他人に分かってもらえるようなラベルアイデンティティが欲しいと常々思っている。しかも自信をもって自分から提示できるような。(この場合の自信っていうのは真実か否かっていう次元の話)

性別不明の人間に対する探るような人々の視線は、一度経験してみてほしいと思う。みんな説明安心がほしいんだと思う。

男として生きてくのも色々大変なんだ、特殊な業種なんだが仕事中に生理なんか来た時には泣きそうになった。女子更衣室のチェックのために同僚の女の子読んでこなきゃいけなかったときは笑いそうだった。不意打ちのボディタッチはいつも致命傷になりうるししょーじき男として生きるのもしんどい。これが一生続くのかと考えると。

自分(の身体)が女だと知られることが自分への他人見方を決定づけてしまうことになる一方で、男か女かしかないこの世界真実を隠し続けながら一生過ごさなきゃいけなくなると思うと死にたくなる、ライトに。積極的死にたいっていうよりはこの苦しみから解き放たれたいの方が近いほうの死にたい

悲しくて泣きたいけど、今まで流してきた大抵の涙は、大人になったらよくなるとかなんでそんなことでくよくよ悩んでいるのかとかい言葉で流されていった。もう大人になってしまった。



Xジェンダーとか、LGBTだけにとどまらない言葉は世の中に無数に存在していて、それに出会うことはできる。でもその言葉に含まれる人々は、一般社会の中で存在していることになっているだろうか?その受け皿は、いまだ世の中に生まれはいない気がする。

アイデンティティ自分他人共通認識で、他人の中に存在できない自分は、いない。それがとても虚しい。考えても分からない。どうしよう?

2020-04-16

受けとめられない

中学生の息子から自分トランスジェンダーだと告白され、ただでさえ動揺しているのに、誕生日にロングヘアーウィッグや除毛剤が欲しいとAmazonの買い物かごを見せられた。

思春期の気の迷いじゃあないのかとか、一年後も同じことを言ってる自信はあるのとかたずねたら、小学三年生から自覚していたと。

とにかく、お母さんは眠いから今日はもう寝ると言って寝室に来た。カミングアウトしてくれたことは嬉しい。だけれども、もう少し時間を頂戴と伝えた。

2020-04-04

anond:20200404122242

ポリコレ警察です

ヨンヨンのトランスジェンダーの日であり差別は許されません


https://www.nnh.to/04/04.html

トランスジェンダーの日

1999年2月性同一性障害者の自助グループTSTGを支える人々の会が制定。

男と女」だけではとらえきれない性の多様性について、広く社会的理解を深める日。

おかまの日」と言われていた日をそのまま「トランスジェンダーの日」としたことにより、「おかまトランスジェンダー」という誤った認識がなされる恐れがあることから当事者の間で日附を変更もしくは廃止すべきという声が上がっている。

あ。そうなんだ。

2020-04-03

anond:20200403215853

だけど私の性欲は異性に向き(処女から自信ないけど)、そして今まで好きになった人も男女半々なので、多分シスヘテロ?とかいうやつなのだ

節子、「今まで好きになった人も男女半々」ならシスヘテロやない、バイセクシュアルや。シスかどうかは知らんが筆致を見ればまあシスなんやろ。

シス」ってのはシスジェンダーの略で、「身体の性と性自認が一致する」って意味や。生まれつきまんこがあって自分は女だと思ってるなら(あるいはちんこがついてて自分は男だと思ってるなら)シスジェンダーや。逆にまんこがあるのに自分は男だと思ってたりちんこがついてるのに自分を女だと思ってるのがトランスジェンダーや。

ヘテロ」ってのはヘテロセクシュアルの略で、「性的な意味で好きになるのは異性だけ」って意味や。「同性だけ」ならホモセクシュアル、「私は誰のことも好きにならないよ」ならアセクシュアルで、「男も女もどっちもOK」ならバイセクシュアルや。

で、「シスジェンダーヘテロセクシュアル」な人間まんこがついてて、自分を女だと思ってて、男が好きorちんこがあって、自分を男だと思ってて、女が好き)が今の社会多数派であり権力を握ってるから、まとめて「シスヘテロ」とか「シスヘテ」って呼ばれてるんや。

本来シスジェンダーヘテロセクシュアルは全然違う軸の話で、単にそれを兼ね備えてるやつが多いってだけの話やから、気ぃつけてな。

2020-03-27

anond:20200327122551

トランスジェンダーでもMtFパス度高くないと男扱いだから駄目

痩せてて中性的で顔が整ってるFtMじゃないと駄目

ぶっちゃけ自称するだけだから本当にFtMじゃなくてもよくて、実際は「女体持ち」であるかどうかが一番重要

ポリコレ 最強ユニット

発展途上国出身

先進国出身な時点で恵まれポイント付与されてしま

貧困家庭出身

せっかく途上国でも上流階級だと台無し

黒人

アジア人ガチ被差別階級なのでポリコレパワーすら弱い 黒人の方が強い

子供

基本 子供への攻撃は巨大なリスクを伴う

これも基本 男は全員特権階級加害者側なので

トランスジェンダー

LGBTの中でも最強の属性 LGBを倒せる稀有存在 ただトランス女性にするかトランス男性にするかは難しいところ 身体的に女性の方が強そうだからトランス男性ってことにした方が良いか

発達障害持ち

本人の性能を落としてしま諸刃の剣だが、ポリティカルストレングスを高めるには必須 アスペルガーとかだと傀儡にするしかなくなりそうなのでADHDあたりが無難

身体障害

思考能力に何ら影響を与えずにパワーを強化できるお得な属性 ポリコレ力を極限まで高めるなら全盲+四肢欠損くらいが良いか 

公害が原因とかだと環境問題特攻が得られてさらに良い

強姦被害者

上の条件を満たしつつこれになるのはかなり難しそう(四肢欠損者をレイプする鬼畜はそうそういなそう)だが、あると嬉しい属性 身体障害を腕一本くらいに抑えてこっちを取るのもアリか

2020-03-14

フェミニズムに少し関わると見えたこ

ポール・ハギンズ監督による映画クラッシュ』という秀逸な映画がある。アカデミー賞を取っている。

この映画簡単にいうと、

人種の坩堝であるアメリカにおいては、日常様々なところで人種差別があるのは当たり前の日常になっていて、差別する方もしたくない方も疲れ果てている。しかし一旦大変なことが起こると、人種の壁など一瞬で超えることが私たちは出来るじゃないか。という主張の映画である。もう私はこの映画に感動しまくって、涙が止まらなかった記憶がある。批判もあった。そうはいっても差別をなくさなければならないのだから、この映画のように差別なんかどうでもいいじゃないか、という主張なのでは問題解決にもならない、など。

どちらの意見整合的ではあるとは思った。が、どっしにしろ私たち人間は協力しないとこの世界では生きてはいけないという、赤裸々な真実はあって、目をそらしていいわけではないのである。どちらの意味においても、である

さて、フェミニズム話題として、最近はあの石川優実さんによる#KuToo が話題をかっさらっている感がある。華やかな表舞台では#KuTooは石川優実さんとともに世界的に評価されつつも、その裏側では石川優実氏のあまり矛盾した態度とそれをよく表した#KuToo本(靴から考える本気のフェミニズム)に対する猛烈な批判である

私が気になったのは、どちらが正しいかなのではなく、どうしてそんなに極端に矛盾した状態になっているのか? であった。これは一旦はいってみる価値があるのではないかと、フェミニスト側の立場仮面を被ってTwitter上で観測を始めた。

こうした問題は、双方の目を持たないと、実はその真相が見えてこないのである。実はこれ、全くの単純な考え方であり、例えば子供二人が喧嘩していた時、仲裁に入る人はどちらの目線にも立つはずであろう。別に仲裁たかったわけではないが、一方の側にばかり視点偏重させると結局、人はため息か悪態をつく以外になくなってしまうのである。その視点を私に与えたのが、昔見た映画の冒頭の「クラッシュ」だった。

で、どうだったか

結論を言おう。

#KuTooはそんなこと無関係に大いに役に立っている、それは間違い無いという単純な事実が一つある。石川優実さんがいう通り、少しずつ労働現場では強制がなくっていているなどということの他に、安倍首相共産党小池氏が、日々国会で厳しく論戦を繰り広げていたのに、#KuTooの話で、小池氏が安倍首相の言質をとって、一時予算委員会拍手と笑いに包まれたという名シーンであるあんな和やかなシーンはあまりたことがない。

だが、一方で、KuToo本は最悪の駄本であるあんな酷い本もない。たとえ敵側の人たちをクソリプする人達と罵ろうとも、やってはいけないことのオンパレードで、現代書館までその人たちをなんの根拠もなく犯罪者呼ばわりするのである。やってはいけない改竄捏造・酷い引用の仕方、到底倫理観のかけらもない行為しか思えないものである裁判になりそうなので、そうなったらコテンパンにやられて欲しい。

そして、石川優実氏は相変わらずで、クソリプ攻撃応酬に疲れ果てたのか、とうとう「死にたい」とまでTwitter上で公言する有様。それをみる味方側も誰も批判しないという異常な光景、私はもはやこれはただ事ではないとしか思えなかった。

死にたい、と公言したのは、いわゆる死ぬ死ぬ詐欺である。あのねぇ、石川さん、それ女の弱さを利用する、フェミニズムに最も反する行為じゃないか。信じがたい暴挙である

そして彼女はすぐさま、ハングル韓国応援要請(これは彼女が心を落ち着ける以外の目的はないと推測)、英語で同様にTweet拡散。あまりにもこれは自己本位であり、あんなのを許す味方も含め、頭おかしいとしか思えない様相

私はその時点ではまだよくわかっていなかったが、何れにせよ、#KuTooを崩壊させかねない、愚行そのものであった。

どうしてそこまでに至ったのかについては、理由簡単である。「怒り」に任せたかである。KuToo本ではっきりそう言っている。彼女原体験は、彼氏にブチ切れて彼氏に女の苦労を認めさせた、そこにあるからだ。

から怒りは一番正当であり、怒ってさえいたらなんとかなる、と。しかしそれは、あまりにも無知であり、彼女が受けたMeToo被害だって、失礼だけど有り体に言って無知だったからに他ならない。もちろん男が悪いのではあるが。

宇崎ちゃん騒動や、ラブライブ騒動も実は全てそれで、あまりに「怒り」に任せすぎるのである

何故なのか。

それはもう、はっきりしている、女性差別が現に存在するからである彼女無知ながらも自分一人で「女性けがどうしてハイヒールを履かねばならないのか」を発見できたのも、女性差別が現に存在するからである。そうした認知がなければ彼女は静々「ルールから仕方がない」と大人風に冷淡にただ納得していただけであろう。

他にもある、トランスジェンダー女性に対する差別である

結局は、怒りに任せないと、理解させる方法がないのだ。少年ブレンダさんも、怒る以外に方法がない。どうしてもわかってもらえない。

ーーー追記

他にも女性差別に関し様々な怒りの声が世界で沸き起こっている。真っ先に思いつくのは前述した#MeTooでもある。

あるいは視点を変えて女性教育重要性を主張するマララさんであったり、アメリカ女性トップレスでも良いじゃないかと主張して上半身露出デモを行う人たちもそうであろう。多くの女性差別への怒りに対する声はもう止められない。

それでもなかなかそれら勢力と反対側にいる人たちは理解しないのだ。

もちろん現実には共感して支持する人もいるにはいるが、それらは彼女女性が「怒る」のは差別の大きな枠組みとして「女性差別」があると言うことをどうにか認めてほしいと言う切なる願いに他ならないとしか思えないのである

本当に理解の壁というのは高過ぎて絶句するほどに思えることすらあった。

ーーーー

これがフェミニズムにまつわる悲しい、しか事実であった。

彼女たちに怒る理由は十分すぎるほどある。それは決して「あなたたちそんなに怒るな」なんて到底言えるレベルの話ではない。差別とは何か、もう一度原点に戻って考えるべきではあるが、冷めた目で事態をを見つめるのは、例えばブコメなどで、適当意見をいう程度で済ませるのは、関心を持つのであれば、できたらやめて欲しい。

言論の自由はある。

だって、そうした問題を見つけられたのははてブコメントTwitterなどで、騒ぎになって可視化されたからそれは否定しない。

だけど、そうした悲しいフェミニズムの持つ現実女性差別があるというのを少しでもいいから、どうしてもわかって欲しい。

考えてみて欲しい、極端な話だけど、何年も何年も女性男性の下に置かれて奴隷のように暮らして来たのである

女性奴隷ではない。一刻も早く解放させてあげたい。

これが私の見えたことであり、お願いである。

2020-03-08

台湾デジタル大臣、かっこいいよな……

中卒の元ハッカーapple顧問を務めたこともあるIQ180の天才現在はその頭脳国民のために使う、世界最初トランスジェンダー閣僚

はあ、ラノベかよ……

2020-03-04

この先、オリンピックメダリストは男と元男だらけになったりして

自称トランスジェンダー女性枠で出たら楽勝やん

2020-03-02

TERFを批判するフェミニストは少なくはなかったけど、その中でも少なくない人が「トランス女性を認めることはシス女性解放に繋がる」という論理展開でガッカリしたなぁ。

シスジェンダーの利害とは関係なく、トランスジェンダーへの差別はなくなるべきでしょう。

それって結局「女性社会進出を認めことは経済発展に繋がる」とか言うのと同レベルじゃん。

2020-03-01

ツイフェミ男性権利向上に必要だと思う

正直、自分女性男性階級は女の方が上だと考えている。

・化粧ができる、服に金を使える

時間に対する使える資本が多い

男性アプローチの仕方がまさに資本家と労働者関係

・娯楽等の傾向を見ても、女性の趣向は貴族古典に似通い、男性の趣向は平民労働階級に近い。

つまるところ、アメリカ白人黒人資本家ー労働者の図式に近く、女性男性の図式なる。

しかしながら、これらの権力闘争で下位が多数であるにもかかわらず、勝利した事は少ない。おそらく男性権利向上は難しい。

なぜなら「相手加害者自分被害者にし、闘争によって権利を獲得する」というのは、更なる権利保護格差の補強を生み出すからだ。

それでは何が必要か、と言えば、「非合理な女性特有の資本の無価値化」である。昔の日本で言えば、「無意味階級制度撤廃である。つまるところ、

ルッキズム性的資本

の傾向を無くすのが必要だ。

ツイフェミの言ってる事は、実は一番男性被害を受けている所である事が多い。

男がそもそも努力」するのは、外見的資本と、男性の「性」資本効果を生み出さないからだ。

これらは確かに本能的ではあるが、現在でも血筋というのは価値があるが、あくまで憧れで、あるべきだというものではない。

まり女というもの価値を、ルッキズム批判性的モノ化批判トランスジェンダー肯定によって地に落とす事ができる。

よくツイフェミブサイクだとか言われるが、女ブサイクに一番立場が近いのは男である

これらは、全ての男と、ブサイク女が救われる思想

結果的最近映画は今まで注目されにくかった男性性的魅力やルッキズム肯定的な映画作品が多い。(スパイダーマン もトムホの着替えシーンがあった)

ツイフェミをこのまま暴れさせておけば、勝手男性権利は向上していくのだ。

ただツイフェミトランスジェンダー差別については、反対していくべきだと思う。これは男性権利を奪うからだ。

つまるところ、「男性世界は素晴らしく、女性世界被害搾取だ」と

言うなれば、「資本家は決まり事やストレスが多く不自由労働者自由楽しい」と言うことで、自ずと「おろす」事ができる。素晴らしい

2020-02-29

泣きました 僕は

トランスジェンダーゲイレズフェミニストオタククチャラー在日韓国人ネトウヨ発達障害で中卒で童貞処女団地住みで黒人創価学会員で箸が金属アムウェイ実家焼肉屋で最寄駅が信濃町ギャンブル依存症喫煙者食パンが8枚切りで輸血拒否メンヘラ転売ヤー父子家庭母子家庭ユダヤ教徒イスラム教徒AT免許包茎貧乳で親が若くて祝日国旗掲揚吃音左利き帝王切開まれワキガで小指がなくて腕に根性焼きがあって部落キムチが好きで月一で靖国参拝してて握り箸で元関東軍選挙前だけ電話かけてきて徴兵経験ありで身分証保険証裁縫セットがドラゴンで腕だけ毛深くてアレフ彼女アスナプールはいつも見学で家に固定電話がなくて川沿い住みでスタートページがhao123で耳たぶが小さくて中国残留孤児の子供で統合失調症糖尿病です…

2020-02-25

トランスジェンダー女性女性包摂するたった一つの方法

ネットイナゴ増田どもに第3次フェミニズムの教えの一つを授けてやろう.

百田有紀(シェンター社怪学者)※連想される実在人物とは一切関係がありません

2020-02-24

男の権利→女のために制限しても良い ペニス付きトランス女性の権利制限するのはいけない

男がプリクラを利用するのはご遠慮くださいとかあるじゃん?あれは女の、性犯罪ペニスに対する恐怖から性犯罪者やナンパではない大多数の男の権利制限されている例。

ところ変わって、トランスジェンダー女性身体的には男性(ここでは未手術でペニスあり、テストステロン値や見た目は男性平均の人とする)だが性自認女性彼女らのプリクラ利用をお断りしたら、きっと大バッシングされるだろう。トランス差別だとね。

でもさあ、最初男性権利は「女性が感じる恐怖心」のもとに認められてるのに、トランスだけ権利が守られるのは不公平だよね。だってどっちも恐怖心感じられてるのに。

2020-02-23

ターフってなんぞや?

TERF

「trans-exclusionary radical feminist」という言葉

トランスジェンダー女性排斥的なラディカル・フェミニスト

トランスジェンダー女性を「女性」の枠から除外しているラディカル・フェミニスト

という意味である

子宮持ち女性原理主義者という差別主義者のことを揶揄して使う言葉らしい。


千田先生

「「女」の境界線を引きなおす:「ターフ」をめぐる対立を超えて」

というタイトルを見た人は、

トランス女性女性と見做さないのは差別である。
これからは、ちんこタマタマの無い存在は全て女性と見做そう。
なぜなら、それらの存在子宮持ち女性妊娠させる危険性が無いのだから女性本能的に恐れを抱く男性とは異なる存在なのだ

という論考を当然のように期待する。

「女」の境界線を、チンタマの有無という生物学的にも分かりやす基準で引きなおす…話だろうと思って雑誌を手に取る。



ところが、本文は、ターフを差別主義者と扱うどころか、むしろターフの感覚こそが絶対的に正しいと主張する。

要は法改正によって、チンタマの無いトランス女性女性戸籍を得られるようになったのは

トンデモない許されざる制度改正であり、子宮持ち女性けが女を名乗って良いのだと主張する。

男性のおぞましい性欲は、例え、チンタマを取っていたとしても衰えることはなく、

しろ女性に近づき襲い強姦するために積極的にチンタマを取る可能性すらある。

から、女を名乗って良いのは子宮持ちだけだ。ドヤぁ

みたいなことが書いてあるのかなと妄想した日曜の午後なのでした。

なお、本文は未読です。これから注文します。

anond:20200223120307

実際今の流れが続けば将来的には人種を偽る外科手術も保険適用されていくかも知れないよな

なぜならそれが金になるから

トランスジェンダー関連も結局経済原動力なんだよ

トランスジェンダーは「選択じゃない」っておかしくね?

だって生物学的にモンゴロイドである俺が、自分白人だと思ってて、「私はコーカソイドです」と言ったとしたらさ。これは生物学的な事実とは別に自分意思白人であることを「選択」してるわけじゃん?

別に俺に限らず、たとえば俺の妻は生物学的にモンゴロイドであるが、偶然にも意識の部分でも自分モンゴロイド選択しているだけでさ。

トランスジェンダーは「選択」じゃない!そんな生易しいものじゃない!って怒ってるお気持ちマン馬鹿なのか?

千田有紀論考というトロッコ問題

フェミニズムを専門とする大学教授千田有紀氏が『現代思想』という雑誌寄稿した論考が、トランスジェンダーの方への差別を煽るとして批判を受けている。

増田自身は、批判は誤解であり、千田氏に差別する意図はないと考えます

フェミニズム社会学を専門とする研究者からも、千田論考への懐疑・批判が出ているが、それに便乗して反フェミニズムネトウヨもここぞとばかりに千田氏を批判している。

千田論考はトロッコ問題引き起こしている。

千田論考を黙認・擁護する

トランスジェンダーへの差別を黙認・擁護する

千田論考を批判する

アンチフェミニズムを勢いづかせ、正当化させてしま

トランスジェンダーというマイノリティ人権擁護するのか、フェミニズム擁護するのか、という二者択一トロッコ問題

功利主義的に(最大多数の最大幸福)として考えれば、千田論考を黙認・擁護して、フェミニズムを守り抜くほうが、多数の女性人権が守られるだろう。

千田有紀氏はフェミニズム学会代表幹事であるので、アンチフェミニズムの氏への批判に同乗することは、フェミニズムを後退させかねない。

難しい問題である

2020-02-22

論文」の境界線勝手に引きなおさないで

なんかまたキズナアイバッシングで名を馳せた先生燃えますね.

千田有紀「「女」の境界線を引きなおす:「ターフ」をめぐる対立を超えて」(『現代思想3月臨時増刊号 総特集フェミニズムの現在』)を読んで - ゆなの視点

社会学者の千田有紀氏のトランスジェンダーに関する論文に批判が集まる - Togetter

私はこの先生論文を読んでない(それどころか一瞥してすらいない)ので,どちらの主張が正しいのか判断することができない.だからこの先生論文の「内容」には言及しない.だけど「形式」については言いたいことがある.

査読のない商業誌である現代思想』に掲載されるのは「論文」ではなく「論考」だろうというご意見いただきました。こういう文章をどう呼ぶべきかわからず「論文」と書いてしまいましたが、そのために誤った印象を与えてしまたかもしれません。申し訳ありません。)

この部分が人文系研究者のワイからすると明らかに変なことを書いているので,ここで指摘しておく.これはブログ主さんというよりも,ブログ主さんにようわからん指摘をして混乱させてる人たちに向けた文章です.

評価基準は分野によって色々あるんだって何回言えばわかるんだ

あのね,査読なし商業誌オリジナリティがある論文を載せる分野ってのも世の中にはあるんですよ……

キズナアイバッシングときに私色々書いたけど(anond:20181009213503; anond:20181011090428),査読はたしか重要であり,日本文系でも査読つきの論文が増えてきている(というか分野によっては査読つきの方が多い)わけだけれど,すべての学術論文査読がつくとは限らず,また商業出版ルート学術的な本や論文が載ることもまだまだ多いわけですよ(というか,普通に考えてElsevierとかも商業出版だよな.商業出版ではない学術雑誌っていうのは大学紀要とか学会誌かのことであって).

なので,査読なし商業出版であることを理由学術論文であることを否定されると非常に困ります.その基準だと「学術論文」ではなくなってしまうが,しか学術的に重要である,という論文はいくつもあるわけで.

これが『世界』やら『正論』とかならともかく,さすがに『現代思想』に研究者が注とか文献目録とかつけて書いた学術的な文章学術論文でいいでしょ.

現代思想』や『ユリイカ』や『思想』やそのへんの雑誌は人文系研究者にとっては学術論文掲載し得る場所です(それらの雑誌に載ってるものがすべて学術論文だとは言ってない,念のため.VTuberについての論文VTuberエッセイが同居してたりするので……).別分野の基準を持ち込んでそれらの媒体掲載された論文学術論文ではないかのように扱うのはやめるべき.

(ところで,一部の雑誌では査読論文査読なし論文を混ぜて掲載してることもあるから,そういう媒体では究極的には著者か編集者に聞いてみないと査読の有無はわからんぞ.researchmapだと査読の有無をチェックする欄があるからresearchmapに登録してる研究者ならそっちを見れば査読の有無はわかるのかな.でも読むときには査読の有無とか特に気にしてないよね.面白い論文なら「これめっちゃ参考になる!」って言って引用すればいいしくだらない論文なら「一応目は通したけどあんまり参考にならなかった」と言って引用すればいい.めちゃくちゃ面白い論文査読なし媒体に載ることもあれば「え? ふーん,これ査読通ってるんだ.それはそれは……」みたいな論文もあるので……)

何が悲しくて私がキズナアイバッシングに火をつけた人の弁護をしなきゃならないんだ.ほんといい加減にしてくれ.別の増田anond:20191103222919)でも書いたけど,むやみに戦線を拡大して敵を増やすのは本当にやめてくれ.それはこれまでの献血コラボの実績を何も知らずに「そもそも宇崎ちゃん献血と何も関係ないじゃないか」と噛み付いたクソどもと何が違うんだ?

というか「論文」と「論考」は同じ意味である

これは「論文」ではないので「論考」と呼びます,というのも意味がわからなくて,だってその2つの言葉ってだいたい同じ意味じゃん……?

個人的感覚だけど,学術論文を指して「論文」と呼ぼうが「論考」と呼ぼうが単に修辞以上の意味はないよね.先行研究の整理とかで「○○氏は「××」という論考において△△と主張している」って書いてあったら,それは○○さんが書いた「××」という学術論文には△△と書いてある,って意味でしょ.

投稿規定とかでは「論文」と書かれることが圧倒的に多いし,私も基本的に「論文」と呼ぶことが多いけど,学術的な新規性のある文章を指して「論考」と呼ぶことは別に間違っちゃいない(これ,人文系研究者だったら同意してくれるんじゃないかしら).だから「これは論文じゃないので論考と呼びます」って言われても正直「???」なんだよな……

「これは『頒布』であって『販売』じゃありません!」みたいな内輪の謎ルールになってない? 大丈夫? おっぱい揉む?

論文」と「学術論文」の関係

で,そもそも論として,仮に学術的な形式に則っていない文章でも「論文」と呼べるよね.これは文系がどうとか理系がどうとかそういう話じゃなくて,世間一般における言語感覚問題

大真面目に何かを論じる文章考察する文章はすべて論文と呼びうる.その中で一定形式的・内容的基準を備えたものを「学術論文」として区別しているだけ.

要するに,「学術論文はすべて論文である」は成り立つけど,「論文はすべて学術論文である」は成り立たない.

たとえば,公務員試験を受けると「課題論文」というのを課されることがあるのだが,これは別にその試験のためだけにデータを集めて新規性のある学術論文を書けという意味ではなく,与えられたテーマについて紙に数枚くらい自分意見を書きなさい,という意味

もうちょいみんなが経験してそうな例で言うと,大学受験の「小論文」なんかもそうでしょ.

一般社会において「論文」ってその程度のものなんですわ.私らはアカデミアに染まりきってるからついつい忘れそうになるけど,真面目になにかのテーマについて論じた文章なら「論文」と呼ぶ,という言語感覚の人は一般社会にそれなりに存在しており,そういった一般社会的用法別に間違いではないんですよ.

なので「これは『学術論文』ではないから『論文』と呼ぶべきではない」という主張は,そもそも一般論として間違いです.

アカデミアにおいて何の限定もつけずに「論文」といえば学術論文のことだけど,それは文脈限定されていて短縮された言葉でも意味が通じるからです.コミックマーケット会場で「東」といったら太陽が昇ってくる方角ではなくオリンピックかい害悪イベントのせいで使えなくなっている東京ビッグサイトの東展示棟を指すのと同じこと.

コミケ会場付近をうろうろしている一般人が太陽の昇る方角を指差して「東」といったときに「お前が指しているのは東展示棟ではないのだから『東』という言葉を使うのはおかしい」と言ったら変な人だよね.それと同じように,アカデミアの外にいる人(この場合は例の先生ではなく例の先生が書いた文章についてブログを書いた人)が「論文」という言葉を使ったときに,「お前が言及しているのは学術論文ではないのだから論文』という言葉を使うのはおかしい」と主張するのはハッキリ言ってかなり変な人だよ.

英語でいうarticleとかpaperもそうでしょ.新聞記事学術論文もどっちもarticle.学術誌で何の限定もなくarticleといえば「論文」という意味になるけど,それは文脈限定されているからで,一般人が新聞記事を指してarticleと言うのを咎めたらおかしいよね.

よって,例の先生が書いたものが仮に学術論文ではないとしても(これはもちろん仮定法ですからね),一般人がそれを指して「論文」と呼ぶことを咎めるのは間違っています

これは,文系とか理系とか新規性とか査読とか業績評価とかそういう話ではなくて,一般社会において言葉がどのように流通しているか世間の人びとはどんな言語感覚を持っているか,という話ね.ほんと,我々の考える「学術論文」以外のものが「論文」と呼ばれる局面って,大学を離れると以外とあるんですよ……

まとめ

千田有紀氏のTERFに関する論文学術論文です.また,仮に学術論文ではなかったとしても,それを「論文」と呼ぶ人を批判するのはおかしいです.

学術論文から学問的に妥当だとか政治的に正しいとかは言ってませんので,彼女の主張が間違ってるとか差別的だと思うなら存分に批判すればよいのですが,外形的な基準から学術論文であることを否定しようとすると人文系研究者全般に流れ弾が飛ぶのでやめてください.

文系オタクとしては,ただでさえ一部の同僚から趣味を殴られて不愉快な思いをしているのに,一部の趣味仲間から仕事を殴られるのは勘弁してくれとしか言えません.表現規制フェミニストを殴るなら表現規制フェミニストピンポイントで殴ってください.私たちを巻き込まないで.頼むから

余談

劇場版はいふりのココちゃんキャラソンむっちゃかわいくね? ココちゃんキャラソンとして百点満点って感じだった.特典のイラスト色紙,ミケシロが2枚出たけど砲術三人娘のは引けなかったので誰か譲ってクレメンス……

あとgdgdな雑論文をまあどうせ載らないだろうけどって適当投稿したら掲載決定して割と自分ではよく書けたつもりの論文をこれは載るやろって自信満々に投稿したらリジェクトされたんだけど何が通って何が落ちるかマジでからなくなってきたでござる.山辺あゆみちゃん……私を導いてくれ……ママァ……

トランス女性は男か女か

社会学者千田有紀氏のトランスジェンダーに関する論文批判が集まる

https://togetter.com/li/1471101

これに反論として長いブログ記事があって一応読んだんだけど、本題とは別のところで「トランス女性は男か女か」ってとこが気になったのでちょっと書いてみる。

超ざっくりとまとめると、元の寄稿論文の主旨は

トランス女性女性領域風呂トイレスポーツなど)に入り込むことは、シス女性に恐怖を与えることであり、その気持ち差別ではなく合理的ものである

で、それに対しての反論

トランス女性はなりたくてなったものではない。自分で選んでそうしているわけでないのにそれを排斥するのは差別であるトランス女性の声を聞きもせず一方的に決めつけるな」

というものだと思う。



どっちが正しいとかそういうのはまあそういう論争が好きな人にまかせておくのでそれについてはおいておくけど、

気になったのはトランス女性というのはどういう立ち位置から自分主義主張をしているんだろうかということ。

まりほとんどすべての女性女性のみが立ち入れるプライベートスペース男性が入ってくることを望まない。

トランス女性社会的女性として認めてもらいたい。少なくとも自分の心は女性であると思っている。

ということは、本来的に社会的にも心理的にも女性であるならば、女性のみのプライベートスペース男性が入ってくることは望まないということになる。

からトランス女性女性プライベートスペースに入ろうとすることは、社会的女性にとって望まれないこと自ら行うことになるので、それを主張しているのは「男性としての権利主張」となってしまう。

ゆえにトランス女性男性であるということにならないだろうか。

まとめれば、女性であれば嫌だと感じることをむしろ歓迎するというのは男性側としての意見なので、その主張をしているのは「男性」ということになる。

からトランス女性男性である


しかしそう考えるとトランス女性自分女性として社会的認知してもらうためには自分排斥に賛成しなくてはいけなくなるのでそもそも主張ができなくなる。

まあもっとも、女性として認知はされたいけれどもシス女性社会的に受けている不利益は受けたくないというトランス女性もいるので、それはやはり男性なのだろう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん