「トランスジェンダー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トランスジェンダーとは

2018-05-04

友人に差別意識があったのがショック

友人の子供が通う予定の中学校で、男女の制服自由に選べるようにするかどうかの議論がされている。

私自中学校に入った途端にスカートを履かせられるのが嫌で嫌で、高校卒業までの6年間ずっとストレスを感じ続けてきた経験があるので、やっと世の中そこまで来たかと嬉しくその話を聞いていた。

その話を同級生(女)としていた時、私は嬉しいというニュアンスでしていたのだがあちらはそうでもなかったようだった。

「でもねえ。うちの子女の子)がズボン制服着たいとか言い出したらねえ。なんか性同一性障害みたいでちょっとねえ」

そう言われた瞬間にそれ以上なにも言えなくなった。

ちなみに私はスカートは嫌いだったがトランスジェンダーというわけではない。

自分と同じ年代の同性なら当然に制服自由化を受け入れているかと思っていたのに、根本根本のところで差別意識を持っていたのかと思ってすごくショックを受けてる。

2018-04-27

キモいから差別じゃない

トランスジェンダーだっけ?

あんな感じの人で、見た目は男だけど、心は女って人が

いかにもな女の恰好ピンクスカートとか)着ると似合わなくて割とキモいと思うんだけど

それは差別じゃないんだよね?


整形で顔とか変えられるのに、やらない本人はキモイって言われたいって事だろうし

2018-04-23

オタク差別」の論点整理

オタク差別存在するか」議論、いくつもの論点ゴッチャになってて混乱するので自分なりの整理をしてみた。

論点a:生得属性ではない集団への不当な扱いは「差別」と呼び得るか

これに関しては、まあまっとうな疑問なんで「オタク差別」論者の分が悪いと思う。

これまで「差別」という語は、民族とか性別とか宗教とか、とにかく生得的な属性後天的に変えることが不可能あるいはきわめて困難な属性に対して適用されてきた。

人はオタクに生まれるのではなくオタクになるのであり、後天的に獲得される「趣味」という属性を共有する集団オタクである以上、それに対する「差別」という語の適用違和感を持つ人が出てくるのは当然だろう。

この点については「オタク差別」論者がもっと理論武装した方がいい。今の論理じゃ多くの人を説得できないと思う。

論点b:オタクへの不当な扱いは存在たか

あったに決まってる。

十万人の宮崎勤虚構だったかもしれないけど、探せばオタクへの不当な扱い、迫害蔑視証拠なんて山ほど出てくる。そもそもオタク自体がもとは侮蔑語として造語されたものだし、オタクであることを理由いじめられた人も自殺した人もいる。

今の20代以下にはそんな実感は薄いかもしれない(それはいいことだ)。でも年長のオタクたちはそれを経験してきてる。なかったなんて言わせない。

論点aにもとづいて「オタク差別」を否定するなら理解するし「オタク差別」論者も真摯に向き合うべきだと思うけど、論点bの否定を始めたら……戦争だろうがっ! 戦争じゃねえのかよっ……!

論点b’:オタクへの不当な扱いは存在しているか

過去迫害対象だったかもしれないけど、今は別に迫害されてないだろ」という議論もある。

かに若い世代だとオタク普通になってきたりするみたいなので、若い人たちにとってはあまり実感のない話かもしれない。これに関しては周囲の環境も大きく影響するので、「別に迫害なんてないじゃん」と思う人がいるのは当たり前っちゃ当たり前なのだろう。いい世の中になったもんだ。

でも議論最中に平気で(自虐ではなく相手への侮蔑として)「キモオタ」とか言う人なんかを見てしまうと、いやいやまだ蔑視は残ってるじゃん、という気になるんだよなぁ。完全に解消された、とするには時期尚早なんじゃないかと思う。

(「キモオタ」はオタクの中でもキモいやつを指しているのであってオタク全体への蔑視ではない、って言う人もいるけど、「ヒス女」は女性の中でもヒステリーを起こすやつだけを指す言葉であり女性全体への蔑視ではないなんて理屈が通じるとでも思ってるのかお前は)

ただ論点b’に関しては、繰り返すけど個々人の置かれた環境問題も大きいから、論点bを否定する人と同列の扱いをするのはよろしくないと思う。論点b’に疑問を呈している人がオタクなら、素直に迫害経験しないオタクが増えたことを祝いでおきましょう。

もちろん論点b’を持ち出す人の中にはそんな言葉を使ってオタク罵倒する人なんていないはずである。いやだな~まさかそんなアホがそうそうその辺にいるわけないじゃないですか~HAHAHAHAHA!

論点c:オタクが別属性差別してきたことについてはどう考えるのか

これは論点がずれている。ある局面被差別側にいた人が別の局面差別側になっていることは、その人に被差別者としての側面があることを否定しない。

オタクの中に、性差別民族差別に加担する人が一定割合いたことは事実で、ネット上で差別カルチャー大手を振ってのさばっていた(そして未だにのさばっている)ことに対しては反省必要だろう。オタク自分たちのなかの差別主義に向き合うべきだ。

でも、だからオタク差別なんてない、とか、オタク差別を言い立てるべきではない、という論理おかしい。

ヘテロセクシュアルシスジェンダー日本人女性の中に同性愛者やトランスジェンダー外国籍者への差別に加担する人が一定数いたとして、それをもって女性差別存在否定するのは違うよね。

パレスチナ人差別するイスラエルユダヤ人や、レバノン人を差別するリベリア黒人(※)も、アメリカヨーロッパではユダヤ人差別黒人差別の標的になるかもしれないし、そういう時には差別被害者として怒っていいよね。彼らが自国に帰ったときには自分差別反省するべき、という話と、それはそれとして彼らはこの局面では被差別側であり彼らへの差別非難に値する、という話は矛盾しないよね。

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43538302

自分たちにも抑圧者としての側面があるから自分たちへの抑圧を言い立てるのはおかしい、とオタクが考える分には倫理的な態度だと思うし、オタクに抑圧された人が被害者面すんなと言いたくなる気持ちはわかるけど、それを認めちゃうと他の差別問題封殺できてしまうので、あんまよろしくない理路だと思う。

まとめ

論点aは「オタク差別」を訴えるならちゃん理論武装してほしい。そこがガバガバからツッコまれまくってるんだよ。

論点b’は個人の実感によるところが大きいから色んな人の話を聞くのが大事だと思う。

論点cは本題にはあまり関係ないがオタクも身を律すべき。女性外国人差別しておいて「自分たちを差別するな」と言っても説得力は薄い。

論点bを持ち出して実際の迫害歴史否定しようとするやつはただのクズなので耳を貸す必要はない。論点bを持ち出して史実否定を始めた段階で、他の点でどれだけ正しいことを言っていようがこの点に関してはまともに取り合うべき相手ではなく、「オタク差別」に関する議論から退場するべき存在

大事なのは、誰が何を言ってるか。論点bに固執する論者に対する反論論点aにこだわってる人に向けても意味がない。無意味に敵を作らないようにしましょう(戒め)

2018-04-20

anond:20180420001950

からLGBT差別されているのは「性別」の一点のみであると何千万回も言っています

LGBTは「レズ」「ゲイ」「バイセクシャル」「トランスジェンダー」と違うことのように扱われますが、差別される要因が「性別である一点のみであるということで共通しています

その後増えた「クアイ」や「アセクシャル」も性別による差別を受けているということでは共通しているので同じです。

もし「性癖」で混乱するならそれを忌避する理由が「性別であるかどうかだけで考えればすぐにわかますよ。

2018-04-16

LGBT当事者の端くれだけど、「LGBTが気…本音」の記事炎上の仕方に違和感がある

やましい内容でもないので、オープンにしてあるほうのはてなブログで書こうか迷った内容なのですが、

私のことをセクシャルマイノリティと知らない読者さんも多いことだと思いますので、念のため自衛のためにこちらに記させていただきます

(メインの記事当事者視点で語ってしまうと、自動的カムアウトしてしまうことになるため、という意味です。)

LGBT気持ち悪い人の本音 「ポリコレ棒で葬られるの怖い」

https://withnews.jp/article/f0180406003qq000000000000000W03j10101qq000017134A

昨今、こちらの記事が「いじめる側の理論であると、かなりの勢いで燃え盛っていますが、

私の一読した感想としては、「どちらかといえば、「理解しよう」としてくださっている側」かな、と思いました。

たとえば、記事中の、

「同性パートナーだと保険金の受取人になれないんですよ! 3年前に知って驚きました。そんな不都合は、すぐ解消してあげたらいいと思うんです。」

こういったところに、このような感想がすぐ出てくるということは、ほんとうに忌み嫌っている側でもないし、共存したくないと思っている側ではないと思ったんです。

「そういう人はいてもいいと思うし、自分にはよさはわからないけれど、それが原因の不都合があるのは不平等から解消されるべき」

という思想は、決して叩かれる側の思想ではないと思うのです。

急に風潮が変わってびっくりしている、とか、自分にとっての当たり前が急に当たり前ではなくなってしまって社会の変化の早さに戸惑っている、と言ったふうに、

この記事から感じられたのは、「戸惑い」の感情でした。不理解、ではなかったように思われます

率直な感想として、率直でいいと思います

実のところ、何を美しいと感じたり、何を好ましいと感じたり、何を疎ましいと感じたり、何を吐き気がすると感じたり、するかは個人思想自由であって、見ず知らずの他人正義感から本音を語るような場ですら)「差別的から発言してはいけない」、といって規制していいものではないと思うのです。

この方はじっさいゲイ活動家の方にあって話をし、その場で相手を怒らせたわけではなく和やかに話を終えて場を去ったことでしょう。

そして、別れた後から、「あれが、本当のLGBTか、良く解らない……。自分と同じ性別を愛するなんて理解不能だ」と自分の中で反芻する。

それで、とても、いいと思います

自分は、LGBTのなかでも、(ここで具体例としてあげられた)ゲイではなく、T(トランスジェンダー)なので、

ゲイの方の感想はまた違うかもしれません。

LGBTとひとくくりにされていますが、LGBとTは本質的に違うもので、おそらく、LGBの方の納得する「社会理解」とTの納得する「社会理解」は、

段階的にかなり異なっているものであるのではないかと思われます

LGBは恋愛にまつわるマイノリティですから恋愛(~結婚、家庭)に対する社会の捉え方が変化すればそれですべて問題解決するのです。

そこで、現状のところ、上記で述べられたパートナー保険金を受け取ることが不可能だといった制度上の不都合は、解消されるような流れになりかけているように見えます

そして、制度上の不都合解決された先に求めるのは、「同性愛をめぐる目線への不都合の解消」になることかと思われます

一言で言えば、「同性愛異性愛と同じぐらい自然ものだし、同性愛からかったり、あるいは過度に神格化してほしくない」といった要望になることでしょう。

そういった段階の不都合辟易しているLGBの方からすれば、先ほどの記事の人はそのようなからかうような視点をまだ拭えてはいないですし、おそらく、自分たちを攻撃してくる対象と映ることでしょう。

自分はTのほう、トランスジェンダーのほうであり、トランスジェンダーの中でも比較的少数派のTGなので、「身体性別性自認が異なり、かつ、身体的な改造を求めないタイプになります

社会的に性自認の方で生きられれば充分、といったタイプではあるので、自分が最も求めている「社会理解」は、生まれつきの身体のまま、戸籍等を性自認のほうに変更することが可能になること、になります

まりTGは「性別というものの捉え方」にまつわるマイノリティなので、性別のものに対する社会の捉え方の変化を要求しているのです。

ちなみに、私の外見につきましては、初対面では99.999999パーセント身体の方の性別認識されますあくまで、中性的ファッションを好む人、と認識されています

性自認のほうのファッションを購入し着用しておりますが、ジャストサイズの服で、かつ社会に紛れて違和感がないものをチョイスしていますので、変な話、異性装とすら認識されることはありません。

TGである私の求める「社会理解」は、この状態で、どうみてもそういうふうに見えない「もう一つの性別」として扱え、と要求しているわけです。

……どうですか?受け入れられますか?

「うっ」と思いませんでしたか

これを認めてしまえば、社会が混乱すると私も思います

というのも、これは、今までの性別というもの概念をいったん壊して再構築するように社会要求しているわけですからちょっとハードルが高いことだと思います

目の前の男性/女性に見えるAさんについて、本人に聞くまで性別がわからないという状態です。

現代社会では、目の前のAさんはどうやら男性っぽいか男性だろう、と決め打ちしてかかることが当たり前のように許されていますが、

その行為自体が「失礼」になり、本人が「男性です」と答えるまで、どうみても男性でも「性別不明」として扱わなければいけない社会になりうるわけです。

とうてい達成されうる目標だとは思えませんし、それにこれがもし達成されてしまった場合不利益を被る人が出てくるでしょう。

初対面でまだ性別を明かしていない相手からスマート男性/女性扱いやエスコートをしてもらえない社会になるわけですから

もし、こういう風潮になった場合、かなり困惑……しませんか?

多分、先述の記事男性困惑ってこういうタイプの「困惑」じゃないかと思うんです。

同性愛違和感がないという人で、先述の男性困惑感想否定的感想を言っていた人は多いですが、確かに同性愛理解やすいんです。

でも、同性愛はすんなり理解できても、トランスジェンダーの中の狭義のTGを同じように理解することが出来ない人は結構いるんじゃないかと思います

どうでしょう

「初対面で性別不明扱いにするのは、中性的な外見の人に限定すればいいのでは?」というアイデアもありますが、それもまた、難しい問題を孕んでいます

というのも、中性的からといって必ずしもセクシャルマイノリティだというわけではないからです。確かに中性的な男女に少なからセクシャルマイノリティが紛れ込んでいるのも事実です。しかし、そうでない人も多いです。

学生のころ、中性的雰囲気同級生がたまにいましたが、その中で何人かは現在トランスジェンダーとしてカムアウトするようになりましたし、

そして、何人かは既婚者になりました。つまり、当たり前のようにいた中性的学生たちの中には、多くの異性愛者と少数のトランスジェンダーがいたわけです。

彼らの性自認が「どっち側」なのかは、外見から見分けるのは困難だと思います。私も、彼らが大人になってカムアウトしたから「ああ、そうだったのか」と知っているにすぎないですし、当時はわかりませんでした。

このあたりの事情を鑑みますと、万人が納得する「理解」や「共存」って実は結構難しいですよね、っていう感想です。

VR空間なら自由に生きられそう。

2018-04-10

anond:20180405121243

女性だが男性服装が好き(男装)とか女性だが女性が好き(レズ)とかいから

トランスジェンダー生物学的に男性の一部には心はレズビアンで男装してるという人もいるのだろうか

やはりそういう人も女子トイレや女風呂に入れるようにして戸籍女性にしてあげて同性婚を認めなきゃならんのだろうな

2018-04-09

anond:20180409121622

トランスジェンダーxトランスジェンダーホモか? よく考えろや。

増田流に言うと、秋月涼x菊地真ホモか? 言わんでもわかるやろが。

anond:20180409115720

おお…トランスジェンダーのことだけ指してるんだと思ってたわ!

教えてくれてありがとう

2018-04-07

女人禁制男子禁制の許されるラインってどこなの

お前らはどれ?

・許さない派─┬─絶対ダメだよ派─┬─女性専用車両ダメだよ派(犯罪予備軍扱い不服派)

       │         │

       │         └─トイレ更衣室もダメだよ派(下心丸出し派)

       │

       └─そもそも性別境界などないのだよ派(トランスジェンダー派)


・許すよ派─┬─緊急時以外ならいいよ派(人命尊重派)

      │

      ├─弱者保護ならいいよ派(シェルター派)

      │

      ├─宗教なら仕方ないよ派(石上神社派)

      │

      └─興業ならいいよ派

           |

           └─税金が投入されていないならいいよ派(相撲歌舞伎アンチ派)

2018-04-06

GBTってひとくくりで言うけど

日本場合LとGの間にも格差あるよな

ゲイ公言してる著名人はちらほらいるけどレズ公言してる著名人はいないじゃん?

バイトランスジェンダーは言うもさらなり

2018-04-05

トランスジェンダー男性出産」って何かと思ったら

女が子供産んだだけじゃん

バッカじゃないの

はてな民教育レベル低すぎwww

トランスジェンダー男性が出産 フィンランド初の事例が物議 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

はてなってネトウヨと表裏一体なんだよなぁ

ネトウヨが言いそうなトランスジェンダー間で子供を作るのが許せないとして物議を醸してるじゃない

はてなでは、それを全然問題じゃないとネトウヨの逆をとってるだけ(笑)

けど、問題は大有りなんだよ

性別民法上の根幹をなすもの

FtMで男になるのであれば、男として扱われなければいけない

そして、民法上男が出産することは想定されておらず

男が出産するということであれば、民法の根幹の性別要項を抜本的に変えなきゃいけない

そういった抜本的な法制度の変更をするならしっかりと準備しなきゃいけないのに

リベラルとか自己満思想の為にトランスジェンダー勝手に男に押し込んだことで

法律カバーできない子供誕生することになった

その点において物議を醸してるんだよ

なんでも一緒にすれば必ず問題が起きる

俺はずっと言ってるが結婚制度にしてもそう

LGBTを異性婚の枠組みに押し込んで同性婚を認めろとか、教育レベルの低いアホのいうことだと

いい加減アホは、議論の前提条件の法知識を学んでから話をしろ

anond:20180405140135

なんか想像したらいらすとやさんが描きそうな感じのイメージだった💦

土俵から市長さんを移動させてから心臓マッサージをしたら良かったね

トランスジェンダー力士とかは現れないのかな。

トランスジェンダーというのは

「心は女性なのに、体が男性だ。」

と感じるものだと認識しているが、

心の問題であるならば、

「心は女子小学生なのに、体がおっさんだ。」

と感じるトランスの人もいるのだろうか?

トランスジェンダー男性出産」って何かと思ったら

女が子供産んだだけじゃん

バッカじゃないの

2018-04-02

これ書いたの男だろとか女だろとか言うけど

トランスジェンダーセクシャルの人もいるし、男らしさ女らしさを見直しジェンダーというのも曖昧になってきてる社会らしいし。これ書いたの男だろ女だろというのを見るたび、なんか胃がふわっと浮いたみたいな不思議な気分になる

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん