「養育費」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 養育費とは

2017-11-17

恋人っぽい人ができても恋人であるということをはっきりさせてはいけない。

まして結婚などしてはいけない。

のらりくらりとかわしながら、

相手が「私たち恋人だよね」と思える程度に会っておき、

でも、事実婚とは言えない程度にしか一緒に過ごさない。

子供ができたら、住民票を抜いて、海外転出する。

海外日本を行ったり来たりして、日本にいるのを年間180日以下にする。

どの国にも180日以上いないようにする。

どこの国のレジデントでもない。

税金も色々逃れられる。

収入を額面上極力減らす。

名ばかりの会社があるので、必要もの会社の経費にして

航空券代と海外滞在費は出張費

やりたいことは会社事業にしてしまう。

自分報酬はほぼなしにしておく。

自分大学院博士課程にいるので貧乏学生になる。

ベースの一つとなる国の現地に、ビジネスパートナー的人を見つけておく。

現地で何か必要となったらその人を利用する。

子供ができても結婚してはいけない。

結婚しなければ離婚しなくていい。

離婚しなければ、財産分与もない。

離婚協議もないか公正証書も作らないで済む可能性が高い。

結婚しないだけでなく、毎日一緒に暮らしはいけない。

同居しているとは言い難い程度にしておくことが重要

同居していないのであれば、事実婚だとも言い切れない。

はっきりさせようと言う相手の言い分はのらりくらりとかわし、

そもそも付き合ってるのかどうかすらはっきりしないような感じで、

でも離れていかない程度に会ってやる。

でもそのうち相手は離れていく。

そして子供養育費を払えと言ってくる。

でも、日本に住所がない。

差し押さえ根拠となる公正証書もない。

公正証書を作るためには住所が必要

とにかく話し合って書面にしようとなったら、

基本、話し合いには応じない。

それでもうるさくいうのなら、

とにかく収入全然ないんだといいはる。

安すぎる日本養育費算定表を持ち出すと

払うことになってもすごく少ない養育費でおさまる。

相手が愛想をつかして離れて行ったら「捨てられた僕かわいそう」と泣いてみせる。

そうすると、カモが寄ってくる。

カモは心の弱った女を選ぶ。

カモが寄ってきたら、避妊しないで二人目の子供を作る。

心の弱っている状態妊娠出産育児となったら数年は逃げられない

出産までは子供母親住民票は抜かない。

出産一時金がもらえる。

出産海外の安い国で、出産後一時金の請求

できれば認知しないのがベスト

養育費請求されない。

一人目の子供のの母親から養育費請求無視する。

しつこく言ってきたら、二人目の子供にお金がかかるから、一人目の養育費学費も払えない、と言う。

日本にあるマンション(ローン返済中)からテナントが出て行ったので収入がないと言う。

生命保険切り崩して、なんとか生き延びてるんだ、僕かわいそう、と言う。

でも、新しい子供とその母親海外で借りた家に住まわせる。

一人目の子供のの母親から養育費請求無視する。

子供母親は、自分の子供の父親子供を顧みない、というのを受け入れられないので、どんどん心を病んでいく。

いつまでも自分の子供の父親は本当は悪い人じゃない」というかすかな望みを捨てられない。

自分の子供の父親クズだと認めることほど辛いことはない。

そして、子供にそれを気づかせるわけにはいかないから、子供の前では父親を褒める。

父親クズになればなるほど、相手は病んでいく。

心を病んでいくと、裁判を起こそうとかいう気も起きない。

仮に起きても、日本に住所がなくて収入ほとんどない相手と戦うことを考えると、

心を病んでいる人は諦める。

しか養育費なしで一人で子供を育てているため、

弁護士費用なんて考えるだけでも「無理だ」となる。

一人で自分子供を養わなくてはいけないので、

心身ともに疲れ果てている。

戦う気力は残っていない。

数ヶ月に一度くらい、やさしいことを言ってやると、

「やっぱり悪い人じゃない、きっとちゃんとしてくれる」と思って、

またしばらく持つ。

たまに子供にあってやると、「会ってくれるだけ、悪い人じゃない」となる。

子供お金使いたくない」というと、

母親子供が悲しい思いをすることを避けようとするので、面会交流時に金をくれる。

「これで、二人で美味しいものでも食べて、楽しんで」って。

その金で二人目の子供とその母親を呼んで焼肉にでもいく。

何か言われたら「収入のない僕かわいそう」「捨てられた僕かわいそう」「お前が僕を追い出したんだ」っていう。

二人目の子供の母親もいずれ離れていく。

でも、一人目で養育費を踏み倒しているのを知っている状態で一緒にいたわけなので、

二人目の母親も強くは言えない。

子供母親達は子供に辛い思いをさせたくないので、子供父親クズだということは言わない。

養育費を払わなくても、子供父親関係を維持しようとして会わせてくれる。

から子供母親には、子供思いの心の弱った女を選ぶべき。

養育費を払わなくても子供に慕われる僕の老後の出来上がり。

子無しでいくつもりの人は出産育児補助の増額には反対なのだろうか

タイトルどおりの話。

不倒城

赤ちゃんだけじゃなくて子どもは正直いってめちゃくちゃ可愛い

http://mubou.seesaa.net/article/454914968.html

シロクマの屑籠

子ども権利を守りながら出生率を増やすなら、核家族的な子育てをやめるしかないのでは

http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20171116/1510812000

このへん ↑ の子作り・子育ての話が盛り上がるたびに思うんだけど。

子供を持つ気が無い人の気持ちの話。

 自分子供を育てる気がない人たちはどの程度なら他家の子供の養育費負担する気があるのかな。税金を含めて。戦後日本人口統計を見ると(*1)、社会育児リソース(要は税金)は配分ではなく量そのものが足りないと思っている(*2)。

 で、子育て世帯やこれから子供作るor作りたい世帯育児補助なり出産補助なりの増加に賛成だと思うんですけど、本人の嗜好なり思想なりで子供を持つ気が無い人たちや、子育てたかったけど諦めた人たちはこれ以上の負担をするくらいなら出生率が減り続けてもかまわない(=人口自体は減少速度を増しながら減り続ける)と思ってるのかな。

 じっさい「自分子供を作らないから知ったことではない」と言い切る人はそんなに多数ではないと思うんだよね。長い老後が予想されるのに、ほとんど若者子供がいない社会なんて暮らしにくいでしょ。

 このくらいの負担で、このくらいの次世代人口生産されるのが望ましい、という社会的合意があれば政治行政も動きやすいと思うんだけども。

 子供を持たない・子供を持つのを諦めた皆さんは、子供が今いる、あるいは子供をこれから持ちたいと思ってる世帯に今より多くの資源(=税金)が配分されることに賛成ですか?

 そのための増税は許容できますか?

 子供を持たない・子供を持つのを諦めた皆さんにとって望ましい、あるいは許容可能日本出生率はどの程度でしょうか?(いまのままで問題ない/人口が減少してもどこかで安定するからいい/人口置換水準で安定するのが望ましい) あるいはそんなことはまったく気にならないのでしょうか?

好むと好まざるとを問わず、子無しで行くつもりの人はすでに極少数とは言いがたいのに、出産育児周りの話で部外者あつかいなのは変だなあといつも思う。その人たちがどれほどの負担をする気があり、代わりに社会は何を差し出せるのか、もっと議論されるべきだ。

 最初から子供を持たないと決めている人と、子供を持つのを諦めた人の間には大きな温度差があるはずだから(ここまで一緒にしてるみたいな書き方でごめんなさい)、どっちかわかる形で教えてもらえるとありがたいです。

 まあ上のリンクシロクマ先生が書いてるように、家族と親に集中している子育て責任を、子供に関わりたい子供のいない人も社会的に共有できればいいんだと思うんだけど、これはまた別の話(育児リソースの分配の話になるかと思う)。

 ちなみに増田は男で子供が好きで、むかしから駅で子供を見るとニコニコするほう。

 20代の頃は非正規雇用なので子供は持てないだろうけど出産育児補助の増額には賛成でした。

 30代で幸運にも転職して結婚して子供もできた。子供は思ってたより面倒だけどかわいいです。

1:いうまでもないが出生率戦後ずっと低下傾向で、1974年人口置換水準を割って、まだまだ下がり続けている。つまり5歳以下は物心ついて無かったものと考えれば、戦後を生きている現日本人ほとんど(2016年統計75歳未満は87% http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2016np/pdf/gaiyou2.pdf)は、国外生活経験者を除き、人口を維持できない国の生活しか知らない。増田なら誰も知らないだろう。実感を持って出生が多かった時代を語れる人間はもうほとんどいないはずなんだが、高齢者ふくめこれが意外と共有されてない。

2:配分に問題が無いというつもりはない

日田舎へ帰省したときに出た同級生の話。

一人っ子

離婚して実家に戻っている。

・昨年?子供を産んだ。

子供は元夫の子ではないため養育費はもらえない。

事故に遭って発作が出るようになったため仕事に就けない。

実家の両親は定年退職して、父親パートタイム勤務、母親は畑仕事家事をしている。

 

今は親の金生活できてるみたいだけど今後どうやって生きていくのかと考えてしまう。

生活保護という選択肢もあるけど、

あの田舎でその選択肢は躊躇しそうだなと思う。

でもそれ以外に生きていく道ってあるのか。

 

自分上京して結婚もせず少ない給料ギリギリ生活をしているが、

自分の老後を考えるとこの同級生の話を思い出してしまう。

2017-11-16

anond:20171116204204

遺産分配はしない、一緒に暮らさない、あくま精子提供養育費だけとルール作ればいいのでは?

このツリーそもそも元増田要望一夫多妻制への要望じゃ全然ないよな

一夫多妻じゃなくて一夫多精だ

それなら今でもいくらでも方法有る気がするが

anond:20171116202237

遺産分配はしない、一緒に暮らさない、あくま精子提供養育費だけとルール作ればいいのでは?

今ある精子バンクだって提供だけで子供精子ドナーを合わせる訳じゃないからな

いわば経済保証のある選択シングルと同じ

あと遺伝子的に親戚が増えすぎないように精子ドナーには提供数の上限があったはず

anond:20171116192055

昔の日本には「夜這い」という文化があり乱交OKでした。

欧米キリスト教文化が発展して、一夫一婦制確立されました。(1人に1人のパートナーをあてがっておけば不満が爆発しなくなる)

日本欧米化して一夫一婦制が主流派になってしまったけど、人間本来の姿は一夫一婦制ではなく、生涯で複数パートナーを持つことでしょう。

お互いに合意生成がはかれるのなら、金持ち精子をもらって養育費も出してもらえばいいんじゃないでしょうか?

インドネシア大統領をつかまえたデヴィ夫人相談したらいい男を紹介してもらえるんじゃないでしょうかね?

一夫多妻じゃないけど、そんなかんじの話

トラバで指摘されたのでタイトル変えました。内容は変えてません。旧題「一夫多妻制ってなんでだめなんだろ 」

女だけど疑問に思う。

才能って遺伝するらしいけど、どれほど才能ある男性が何億と稼いでも、1人の妻が一生に産める人数は限られてるのって勿体無いなって思う。

主に優秀な遺伝子お金が。

例えば鳥山明が、精子プラス子供大学までにかかる何千万費用もくれるってよーって言ったら、産み育てたい女性はいくらでもいるよね。鳥山明だったら子供1人の養育費なんて痛くも痒くもないだろうし。

(なんで鳥山明かっていうと、ホットエントリに上がってたからなんとなく)

献血とは言わないけど骨髄バンクくらいのテンションで、精子提供してくれるお金持ちが増えたら少子化解消すると思うけどなあ。

育児費用保証と、未知の才能の遺伝子なんて最強の組み合わせじゃん。産まない理由がない。

もちろんボランティアからしたい人だけがすればいいし、肉体関係とか、遺産相続権は無しの条件。養子みたいな感覚で。お金が有り余ってる人だけすればいい。

精子バンクは今もあるけど、何百万もかかって高い上に、養育費など補助もないかバリキャリかつ実家の助けなど相当環境に恵まれてないと無理。

私のように、健康で産む気もあるけど給料が平凡で恋愛向いてない女はどうすりゃいいんだ〜

結婚相手見つけろと言われるかもしれないけど、結婚こそ考慮すべき事項がごまんとあって、相手は誰でもいいなんてとても言えないよ。

その点、精子だけなら大人いか喧嘩しなくて済む。

2017-11-14

anond:20171114220249

アファーマティブ・アクションを行っているノルウェーですら、あまり女性は変わっていないようだ

男女平等格差対策少子化対策トリレンマ KY雑記ログ http://crossacross.org/ky/Tradeoffs+among+gender+equality+and+birth+rate

女性男性より経済的な優位性を持ってたとしても、男女の関係ってそんなに変わらないと思う。

 ノルウェー福祉子育てに手厚く、例えば育児休業にはほぼ1年間の所得が丸々保障されますし13、シングルマザー支援も手厚く貧困率アメリカ日本より大幅に低くなっています14。これらの制度総体として見た時、子供に対する手当が月2~3万、シングル親の場合にはその倍が支給されるという市議会での調査もあります15。親になった人にとっては、非常に子育てやすいと言えるでしょう。そのためノルウェー出生率は高く維持され、今でも2.0近くあります。一方で無子率は決して低くはなく、45歳無子率(最新の1965年まれコーホート)は男性で22.9%、女性12.5%ほどになっています16 17 18。これは、ノルウェー男性10.4%は離婚不倫により事実上一夫多妻となっており、その分結婚できていない男性がいて、それ以外に12.5%の子供が持てない男女がいるという構図になります。また1940年まれコーホートでの45歳無子率は男13.9%女9.5%と4.4%差であったのに対して、この男女差は年々拡大する傾向が見られます

 さてこの事実を、「女性自分より年収の高い男性とした結婚したがらない」という風潮と合わせて考えてみましょう。Science Nordicの指摘によれば男性収入が低く結婚を戸惑っているうちに逃げられるとの話でしたが、逃げた女性所得のあるバツイチ男性結婚するなり不倫したりすることになります養育費天引きされるので、再婚不倫所得が無いと無理でしょう)。その場合も、離婚不倫によってシングルマザーとなった女性には税金により十分な手当てが支払われます

2017-11-12

anond:20171112214702

子供二人を大学卒業させるまでに掛かる養育費用を計算し、

その額を貯金できるまでは、男は収入を最大化することに専念するべき。

という方針を、嫁と相談して理解してもらった上で、仕事に専念しよう。

はいつどんな理由死ぬかもしれないのだから

真っ先に考えるべきは子供の将来であり、

そのための資産を残すことが最優先だ。

既に十分な資産があるのであれば、

嫁との関係、家への貢献を重視したほうが将来のためになるだろう。

2017-11-07

オンナの本音

彼女増田を振って、背が高くてハーフイケメン外資に勤める高収入のオトコのほうに行った。それで幸せだったらいいのだが、彼女妊娠中にDVが始まり、オトコは外にオンナを作って出て行って、離婚訴訟では家事を一切やらなかったとかなんとかなんだかんだと難癖をつけ原因を全て彼女のせいにして慰謝料養育費を値切っていた。

結論:女の言う「好きなタイプは優しい人」って言うのは全部ウソから

2017-10-29

14歳年上の彼

22歳の時に付き合い始めて四年経った。

私は26歳、彼は40歳に。

四年の間に色々あって遠距離になった。

彼は仕事が忙しくてなかなか休みが取れないので私が毎月会いに行ってたけど、次第に行かなくなった。

バツイチで前の奥さんとの間に子供がいる彼。

前は絶対この人と結婚すると思ってた。

初めて結婚したいと思えた彼氏だった。

今はぼんやりとないかなと思う

好きって気持ち遠距離の中で分からなくなった

子供がいること、前の奥さんがいることが彼女として辛くなるかどうかなんて付き合ってみてからじゃないとわからないと思って付き合い始めたけどまあまあつらかった

彼の誕生日に元嫁からおめでとうってLINEが来てるの見て死にたくなったし

私へのプレゼントマメじゃない彼が娘へのクリスマスプレゼントは何ヶ月も前から考えてるのにも死にたくなった

全部普通のことだし、娘と自分は比べるもんじゃないよって友達にも言われたけどそうは言っても比べるのをやめられなかった

こんな普通のやりとりすら辛くなるなんて、私は元嫁と娘という存在が許せないということで、でも彼はその2人に対して責任があるから関わっていかなければならない存在で。

給料から考えて平均の倍以上の額の養育費を毎月支払ってるのも嫌だった

ボーナスが出ると元嫁から電話がかかってきて取られてるのも嫌だった

私が嫌と口出しすることでもないし彼が選んだことだから何も言わなかった

彼が、私には未来があるから別れたいと言うなら自分に引き止める権利はないって言うのもいつも嫌だった。

私が終わりといえば終わる関係ってことだ

今は1カ月以上連絡取ってないけどこのまま終わる気がする。

引き止めないという彼のスタンスが今となっちゃありがたいのかもしれない

遠距離になって気持ちが冷めて良かったのかな

結婚してもハードモードすぎるもん。

自分を落ち着かせて

別れるなら最後にちゃんと話はしなきゃな。

と思いながら毎日先延ばしにしている。

つらいね

2017-10-28

今思えば20世紀の時に抱いていた21世紀のワクワク感は異常だった

35~54歳の未婚者 半数が「あえて結婚していない」

http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000113232.html

---

35に到達してないのでアレだが、独身でいる理由上位の「家族を養うほどの収入がない」は実感あるね。

独身でも食費やら何やらを意識しないといけない上で、結婚となると子供養育費もかかってくる。

子供貧困問題の例を見てもわかるように、親の収入子供の今後の将来に直結していくので、

親子の幸福を願うならいっそ結婚しないのも手だと思うし、この行動を非難してはいけないと思う。

---

貧困脱出するには多くの収入を得らなければならないが、今以上の収入を得る事はそう容易くはない。

待遇の良い求人を出した途端、真っ先に派遣会社に見つかり、営業攻勢に遭い、取り込まれしまう。

コネ就職重要になってくるが、上級階級にあるコネが無ければその分、必死に探さないといけない。

起業するにしても外国人留学生日本起業していたりと、自分が行動を起こす前に先回りされている。

---

彼らは外国語の利点と日本で学んだ知識を生かした上で勝負してくる、レベルも意欲も違いすぎる。

西川口中華街がその例かもしれない。日本中国人商売ができる分、収入で勝てるわけがない。

今後はベトナム人留学生起業競争に入ってきて更に競争に激しさを増すとか、そんな話さえある。

---

まあ競争による豊かさを享受できる位、人生をかけた戦いが激しさを増しているって事なんだろう。

独身は死なない程度に親のスネをかじって、細々と食っていく事で精一杯で、現実はそう甘くはない。

どうすればいいか政治家の腕にかかってくるけど、この前の選挙結果は変わらず。多くは望めない。

未来を諦めていないけど、20世紀に見た未来21世紀って、こんなもんだったんだなって思っている。

---

1964年の時に「2020年にまた東京オリンピックやるんだよ」って言いたいよね。ちょっと悲しいけど。

2017-10-27

こんなの匿名しか書けないから吐き出し。

この間(といっても数ヶ月前)別れることに同意したばかりの、子供父親結婚はしていなかった)が「元カノと再会して避妊しないでやったら一発で子供できたから新しい家庭つくる」と、出産直前に言ってきた。子供にどう説明すんの、って聞いたら「君に兄弟を作ってやりたかったけどママは忙しかたから他の人のところに赤ちゃん来ちゃった」っていうって。アホかと思った。

逆算すると別れることに同意した時点で既に妊娠していたわけで、それでも妊娠したであろう時期には何にもなかったとという。なわけなかろう。ちなみに、別れたのはこの子供とは全く関係がない。そもそも、その時女がいたとか子供がいたとか全く知らなかった。

別に他の女がいても、一発だろうが百発だろうがやってても全くどうでもいい。別れたんだから。この際、別れる前からずーっと二股でも100またでもどうでもいい。でも、子供兄弟が増えること、その母親父親と新しく家庭を築くこと、そういうのは、まず考慮すべきじゃないのか、と腹が立って仕方がない。しかも、私たちは別れていても、父と子の関係は良かったし、しょっちゅうあっていたのに。

そんで、子供ができたら、私と暮らしている子供とは外では会わない、自分の新しい家でしか会わない、という。外で会って欲しい、と頼んでいた日には「暑いから今度でいいや」とか言って会いにこないし、しか養育費学費も払わない、お金いからって。水商売出資したり、会社をいくつも経営したり、飛行機に乗ってあっちこっち行くお金はあるってのに。

こうやって並べてみると、客観的には最低のクソ男にしか見えない。

でも、見た目はすごいソフトだし、めっちゃ頭いいし、人を攻撃したり、嘘ついたり、ひどいこと言っていじめたりはしない、わざとは(わざとじゃないけど無視・無関心は基本)。女と遊びまくったり、酒やギャンブルに溺れることもないし、養育費以外はお金のことはちゃんとしてる。小さな会社をいくつかやってるけれど、給与遅配もしたことないし、当然決算とかもちゃんとやるし、クレジットカードの支払いだって絶対遅れない。

からどっかでまだ、こんなちゃんとしている人なんだからちゃんと養育費払って、ちゃんと子供と面会して父親してくれるんじゃないか、と思ってる。実際、今度の子供が生まれるまでは、頼めば週に一、二度は子供と会ってくれていたし、子供と一緒にいる時はちゃんとどっかに連れて行ってくれたりするし、子供楽しいって言っているし、パパ大好きだ。

今まで何年もことごとく期待を裏切られてそれで別れたのに、まだそうどっか期待して待ってる自分が嫌だ。客観的事実を並べてみて、もしこれが他人だったら「そいつはクソ男で、あんたが子供を養ってるから子供は飢えない、大丈夫って甘えてる」っていう、きっと。でも、まだどっかで、期待してる。

多分、相手がクソ男だということを認めてしまうと、その人に惚れた自分も、その人の子供を持った自分も、全て否定してしまうことになる気がして、信じたいと思っているんだろうと思う。せめて自分の子供のことはちゃんとする人であってくれ、と願ってる。

子供のために父親には会わせたいし、せっかくだから新しい子供(うちの子にとっては兄弟)とも仲良くなってほしいけれど、45にもなって避妊もしない男&子供いる男と付き合うのにその子供のことについて全く考慮しないで一発目で避妊しない女の家に我が子を送り込みたくない、と思ってしまう。

ちなみに別れる前から、この父親とはあまり一緒に暮らしたことがない、基本移動の多い人なのだ。本人は暮らしているつもりだったようだけれど、時間的問題だけでなく、生活のものに対する主体的な態度が全くないので、お客さん状態から脱することはなかった。子供にとってはパパは時々来る人、って感じだったので、私たちが別れたことで生活に変化はなかった。むしろ、前よりちゃんとパパと過ごす時間ができてよかったと思っていたくらいだった。なのに、突然子供が生まれて、外では会わない、新生児忙しいから動けない、スカイプ赤ちゃん一緒じゃないとしない、と。

今までは家にあまりいないとはいえ、自分と会う時間を作ってくれて、自分だけのパパだったのに、いきなり知らない人とその子供が出ててきてそっちを優先されるって、傷つく。新しい子が生まれて「新生児って大変なんだね」と言われた。つまり私たちの子の時は、大変だって感じるほど主体的じゃなかったってこと。それに、私たちと一緒に暮らすことはなかったのに、今回は自分で家を借りたんだって私たちにしなかったことを他の人にしているのを見るのは、もう恋愛感情がないとはいえ、自分価値否定されているようで苦しい。

きっと彼も傷ついていて、即席とはいえ新しい安心できる場所ができたから、そこにいたいんだろうし、過去の私とその子供は考えると辛いからなかったことにしたいんだろうなあ、とも思う。きっといろんな傷でズタボロになっていたところに、自分を大好きで10年も思い続けてくれた元カノが来たんだから、そりゃあ食いつくだろうし、失いたくないと思って、危険を犯す(前の女との子供に単独で会う)のを避けようとするのも理解できる。

理解はできるよ、でも、子供に会うことと養育費払うことは「傷ついてるんだから仕方ないよね」とはならないよ。

国は早く人間工場研究を始めるべき

IPS細胞技術があるんだから10年か20年もすれば実用化できるよな。

はやく女性出産義務から解放してあげて。

工場で生まれ子供養育費独身税で賄えばいいし、人口増えれば税収も増えるし。

2017-10-26

anond:20171026085317

別に搾取するのが自国の女である必要はどこにもないが、搾取する対象というのは必要なんだよな

女は同格以上の男としか結婚したがらないので、社会的地位を低くして強引に上昇婚を成立させる

移民を入れて、移民の女に産む機械シッター押し付けて、出生率回復アピールする

子持ちやシングルマザーに対する支援を厚くすれば、孕ませた覚えもないガキの養育費を、

なぜか未婚の男が払わされる形になる

何を正義とするかは別として、結局誰かに負担押し付けなければ成り立たないのが現実

2017-10-24

anond:20171024112327

顔や運動能力と違って、カネは本人と切り離せるからな。

邪険にしてもカネさえ入ってくればよしとなりかねないし、

離婚→実は自分の子供でもないのに養育費けふんだくられるとかできてしまう。

2017-10-23

養育費年功序列で上昇した分の賃金で賄うようになってた

から日本では公的支援が貧弱でも子育てができた

でも高度経済成長が終わり、不景気になって終身雇用年功序列崩壊し始めた

規制緩和非正規若者が増えたし、賃金も上がらないか教育費やらの余裕もない

結婚できない、子供を産まない若者が増えて少子化が加速して景気が悪くなって

でもこれまでは公的支援なくてもやっていけたよね、ってことで若者支援には消極的

減った人口移民で補おう、賃金も安くて済むしってのが今の状況

2017-10-19

anond:20171019220233

そんなくだらない「議論」が成立したとは思えないんだが


と言う突っ込みすら思いつかないのは馬鹿すぎる

例の炎上してる女性プロブロガーって

結局どうしたいの?どうなりたいの?

不倫だの離婚実はしてましただのよりさ、彼女の将来のビジョンが全くわからん

この人ってプロブロガーだよね?

主婦がメインターゲットなんだよね?

あい燃え方したら普通にお金に困りそうなんだけど…

でも養育費は払うって言ってるし、収入は自信あるんだよなぁ…

炎上商法も焼き畑みたいなもんだし長続きしないよね

彼女はどうなりたいのかな?

2017-10-17

anond:20171017144902

子供がいて財布が別という事は、子供養育費は全て妻が出すって事になって

それで問題ないという事はありえねーだろとなるけど。

それともDINKSが前提?

2017-10-12

https://anond.hatelabo.jp/20171012023130

いや、慰謝料子供関係ない

相手不倫なりDVなりやらかした時に勝ち取れる事もあるもんやで

子供に貰えるのは養育費、月数万程度子供を育てるのに普通に消える金額や、その程度のもんもほとんどの父親は払っていない

2017-10-06

https://anond.hatelabo.jp/20171006171607

から出来るのは離婚には素直に応じてきちんと養育費を払うことだよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん