「合致」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 合致とは

2019-04-22

anond:20190422222712

で?この制約のどれにオタクコンテンツ合致してるって?お前の好みでしかない規制要求が?

適当なページ上げるだけなら誰でもできる。俺がそのページ読んでないとでも思ったの?

ブサイクが顔を整形できるから国家神道にはまるわけで

 学校に行って学校が言うように生きていれば整形できてこの島で生きていける上に

外国を騙して生活していける旨味があるから平成天皇についていっているだけで、

昭和時代と比べて社会も席巻していないし、ほとんどの日本人ヤクザ趣味についていったし

中身があるのはどうみても民間で、司法行政には何も中身がないし、整形するために自殺して

日本人じゃなくなった人がマウントしてるだけで本当に哀れな奴

 やってることが臭い上に、日本人の本性に全く合致してないので、流行ってないし受けないし

最悪やな。

2019-04-21

30前半で今再就職活動中なんだけど、一社内定保留中。

今まで4社経験してきたのでこれを最後転職にしたいんだけど、保留中の会社じゃまた5年くらいしたら転職する羽目になるかもしれない。

悪いことに、中堅企業面接に呼ばれてそこで中堅企業の社内体制の良さを垣間見しまった。曰く、「この年齢なら何万円出す」曰く、「教育はどこでこれくらいの期間をかけてやる」とか説明されてしまったんだ。

しかし、転職歴の多さで断られてしまったのが悔しい。職務スキルもそれなりに合致していたのに。上司家族から不可抗力転職だったことが大きいと思う。

連休明け以降は転職市場が大荒れになるかもしれないし早く決めたい。12月から本格的にやっておけばよかったね。

anond:20190421201136

すまん、俺とトッドで「世俗化」の解釈が違とったw

イランイスラム圏の中では第三次産業中心社会になっとるが

今も大統領より宗教指導者の方がエラくてコーラン合致しとるかが政治で最優先

イスラム教の戒律社会生活に何より優先されるという点では非常に保守的から

イデオロギー的に保守的でも経済が発達すると非婚少子化が進む例だと俺は思って挙げた

anond:20190421190944

高度経済成長期以来、世の女性勤労者全体では、大卒エリートなんかより

高卒以下の女子工員とか店員とかの方が圧倒的大多数だよ

で、そういう女子労働力が求められたのは資本要請

中卒や高卒就職した女の子に、「これから女性も自立」なんて考えてたのは

圧倒的少数派、大多数は、貧乏家計のため働きに出て

それが高度経済成長期の第二次産業第三次産業の発達と時期的に合致しただけ

2019-04-20

KKOと活気ある街作り

キモくて金のないおっさん」と「活気ある街作り」の関係性について考えてみる。

KKOとくたびれた感

KKOにはくたびれた感がある。

くたびれた感を別の言葉表現すると

となるだろう。

過酷労働に疲れ果てトボトボと帰宅するKKO

「家に帰ってもなにもやる気が起きない」

KKOと聞けば、そういうシーンを連想する。

容姿に優れない」「経済的に優れない」「中年男性」という3条件を満たしていても「KKOらしさ」のない人間もいる。

例えば「見た目のよくない売れない中年芸人」などがそれである

「見た目のよくない売れない中年芸人」は「キモくて金のないおっさん」という条件を満たしながら「応援」されて成功する場合がある。

KKO応援されない」という言説への反例と言えよう。

逆にKKOの条件を満たしていなくても「くたびれた感」があると忌避される。

容姿絶対的基準がないことは、あえて言うまでもないだろう。

金を持っていても「くたびれた感」があれば周囲から嫌煙される。

年齢について言うなら、おっさんもかつては若者だったのだ。

(KKOは「おばさん」も含む場合がある。性別重要ではない)

すなわちKKO構成する3条件とは、根本的なポイントではない。

KKOらしさ」は「くたびれた感」によって規定される。

3条件を満たしていても「くたびれた感」がなければKKOらしいとは思われない。

くたびれた感と活気

くたびれた感の反対を考えてみると「活気」ということになる。

活気を別の言葉表現すれば

となるだろう。

個人レベルKKOを脱却したいのなら「くたびれた感」を消して「活気」を出さなければならない。

よく「見た目には清潔感が大切」と言われるが、それは本質的ではない。重要なのは「活気」である

KKO自業自得」という言説も「活気」を出せば解決できるという理屈に基づくのだろう。

世間にとって「活気がない」=「悪」というのはあえて言うまでもない自明の理なのである

から、そこはわざわざ語られない。だが、心当たりはあるだろう。

シャキッとしなさい。元気を出しなさい。背筋を伸ばしなさい。笑顔を絶やしてはいけません。

ただしKKOもなにも好き好んでくたびれているわけではないのかもしれない。

強いられている「低賃金長時間労働」が原因と考えることもできる。

KKO低賃金長時間労働については鶏と卵の関係なのかもしれない(その辺は後述)。

「活気ある街作り」という流れ

本邦では「活気ある街作り」が試みられている。

いったいなぜ「活気ある街作り」を目指しているのか明確なところはわからない。

しか大衆に「活気ある街作り」=「善」と認識されていることは確かだろう。

元気のある街。笑顔のある街。24時間営業バーゲンセール。ケバケバしい看板

「活気ある街作り」とは、こういう方向性だ。

KKOはよく「弱者救済」の文脈を持ち出す。

しかし「弱者救済」もそれ単体で存在するのではない。

「活気ある街作り」という大きな流れの中にあるものひとつが「弱者救済である

活気ある街作りと弱者

「活気ある街作り」と「弱者」の関係を考えてみよう。

まり「活気」を演出するツールとしての弱者である

子供」「老人」「身体障碍者」「女性」の例で考えてみる。

子供が「活気」の象徴であることは、説明するまでもない。

子供の声は騒音ではない」という言説が一定の支持を得るほどだ。

ゲームばかりやってないで外で遊びなさい」という理屈も「活気ある街作り」という文脈に繋がる。

「元気に走り回る子供」の姿は活気を感じさせる。

老人はそれ単体では活気ではない。

しかし老人が出歩くことは「年齢というハンデに負けずアグレッシブ活動」という意味を持つ。

また老人が存在することで「助け合い」という「活気」を演出するイベントが発生する。

例えば「若者が老人に電車で席を譲る」という行為は「活気」のあるシーンである

創作物の中でも「大きな荷物を持った老人が横断歩道を渡るのを助ける」シーンを幾度となく目にしてきたはずだ。

身体障碍者についても老人の場合と、おおむね同様である

「ハンデをものともせずアグレッシブ活動する」ことは「活気ある街作り」という方向性である

また「車椅子に乗った人を手伝う」のは活気を演出する「助け合いイベントである

一方で精神障碍者身体障碍者ほど受け入れられてはいないのが実情だろう。

それは「助け合い」という活気を印象付けるイベントとあまり関係がないからではあるまいか

女性存在もほかの弱者と同様に「活気」を演出する。

女性存在は「女性が一人で出歩けるほど治安が良い」という意味合いで活気の演出となる。

また「女子高生」などは「活気」のシンボルアイコンとして用いられがちだ。

「飛び跳ねる女子高生」は活気の象徴だ。

権利を求める一部女性の「活動」は良く言えば「アグレッシブ」、悪く言えば「狂犬」だ。

だが、それでも「元気があってよろしい」ということなのだろう。

くたびれた感よりも「攻撃的で噛み付く」くらいの方が好感をもたらす。

ところで、すべての女性弱者として救済されているかというと、そうでもない。

女性の中でも「くたびれた感」のある人間は救済されない。

それは「活気ある街作り」という目的合致しないためだ。

活気ある街作りとKKO

さて、ここまで読んできたら恐らく気づいただろうが「KKO」=「くたびれた人間」は「活気ある街作り」という方向性には合致しない。

くたびれた人間は「活気のなさ」の象徴である

くたびれた人間他人を助けもしないし、助けられもしない。

くたびれた人間の周囲では「助け合いイベントが発生しないのだ。

(なお「仕事に疲れてくたびれた人間」が助けられるシーンは活気とは言えない)

くたびれた人間の中には「仕事で疲れているのだから暇な老人に席を譲る必要はない」と公言するものさえいる。

もしも、くたびれた人間に金を与えたらどうなるか?

「つらい、しんどい疲れた」と言いたがるタイプが街に出歩くことになる。

よくよく考えてみると、日本の街には「休憩する場所」があまりないように思える。

「休憩」は活気ある街づくりからは遠ざかる方向性であるためだろうか?

疲れやすタイプ人間を出歩かせないために、どうすればいい?

金を与えてはならない。暇を与えてはならない。

面接の段階で「くたびれた」タイプ人間は弾かれる。

くたびれたタイプには出来るだけ出歩いてもらいたくないからだ。

さて「くたびれた感」は低賃金長時間労働によってもたらされるのか?

あるいは「生まれ持った気質なのだろうか?

世間は恐らく「くたびれた感」を生まれ持った気質判断しているのだろう。

KKOは「KKOに金と暇を与えても活気ある街作りには繋がらない」と認識しているはずだ。

現状を踏まえて待遇改善要求するなら「金と暇があれば活気ある街作りに協力する」という姿勢を示すのが有効だろう。

まずは応援したいと思わせなければ、助けてはもらえない。

なぜ「活気ある街作り」を目指すのか?

近年では工業立国の先行き不安とともに観光立国を目指すべきであるとの声が出つつある。

美しい国」。国全体がそういう世界観アミューズメントパークを目指している。

ヒントはいくつかある。アニメで言うなら「クールジャパン」「聖地巡礼」もその一環だろう。

「活気ある街作り」の集積によって美しい国が実現される。

観光立国を目指した都市景観を考えると「くたびれた人間」は存在してはならない。

活気ある街作りとは矛盾が生じるから「くたびれて帰宅する人」の姿を目にしたくない。

から場所時間帯をずらしてもらいたい。

くたびれた人間を隠したい気持ち特に観光」を意識する人種ほど強いだろう。

観光に携わる人間ほど「景観に害を与える」くたびれた人間を敵視しているはずだ。

さら政治家資産家などの決定権を持つ人間観光を強く意識しているだろう。

そのような人間が決定を下すからKKOはいつまでも救済されない。

根本的には、そろそろ「活気ある街作り」という方向性自体を見直すべき時期であるように思う。

他国観光立国を見ても必ずしも活気ある街作りを目指す必要はないように思える。

観光には活気どころか「ゆったり感」「のんびり感」の方が求められているのではあるまいか

さら少子高齢化の加速する日本において今後も「活気」という方向性勝負するのは厳しいだろう。

KKO積極的に「カメラへの映りこみ」を狙うべきだろう。

都市景観を守るためにKKOを隠す」方向性が無理となれば「KKO存在にあわせた都市景観」を考えなければならない。

結局のところビジョンとは映像なのである

「活気ある街作り」という映像リアリティをなくしてしまえばいい。

KKOはどうすべきか?

  1. 活気を演出する(個人アプローチ)
  2. 「金と暇があれば活気ある街作りに協力する」という姿勢を見せる(社会的アプローチ適応)
  3. 「活気ある街作り」からの脱却を目指す(社会的アプローチ・改変)

2019-04-16

anond:20190416223148

必ずしも対立する概念じゃないんでないの?

利と徳が合致することもあればしないこともある。

合致しない場合に利と徳のどっちを優先するかの閾値立ち位置によって違うだけで。

2019-04-15

何でもかんでもSlackでやりたがる最近コミュニティが嫌い

オープンソースソフトウェアに限らず、ユーザ会とかでもだけど、最近発足したコミュニティあるあるな「このSlackに参加したい人はこちらの招待リンクを使ってください」みたいなことにすごく顔をしかめたくなる。何が「オープン」なんだろう。

Slackは便利なのは認める。その他のチャットサービスもだいたい便利。

けれども、ログが公開されていない(アカウントがないとログが見れない)とか、そもそも招待リンク参加者個人のやりとり(勉強会LTだけとか)でしか出回ってないコミュニティとか本当に無理。それって選別性のサロンと何が違うの? オープンってつけてクローズなことやってるだけじゃん。

それでいて行動規範とか透明性とかガバナンスに気を配っているふりをする。何かおかしくないですか? そこよりもまず改善するべき場所があるんじゃないの?

何かのコミュニティを名乗るのであれば、そのコミュニティ目的合致する人を公平に受け入れるべきだ。

2019-04-11

anond:20190411151332

意味わからん ワイはバカを見つけ次第煽っとるんでちゃん目的手段合致してます

まず自分自身をあおらないといけないな?

anond:20190411151106

元増田日記)←バカ←ワイ←横やで

意味わからん ワイはバカを見つけ次第煽っとるんでちゃん目的手段合致してます

anond:20190410235334

作品全体が好評価になるのを見越してこの手法をとったのでは。悪印象を挽回できるほど全体が良ければこの手法機能するわけですよね。

作品全体が好評価場合でも、「提示だけして居心地を悪く」せず、普通にテーマとして物語に組み込んで完成させたほうが、よほど影響が強くなるかと。

わざわざ提示だけして居心地を悪くする必要はないです。

この件については反証する方法があります制作サイドの人間の”動物ファースト”的でない行動・言動確認できたなら、作品善意を載せた可能性を否定できるでしょう。

商業作品として製作・発表されたもの商業目的じゃないと主張する場合商業目的じゃないと主張する側が証明をする必要があるでしょう。別に反証する必要特にないです。

「動くものは何でも襲ってくるぞ!」とゴリラが言っています。キュルルちゃん(とかばんさん)はボート上でそれに気づき、動かなかったんでしょう。

仮にそういうことなら、それを描く必要があるんですよ。

皆さん言ってらっしゃるセルリアンに、けしかける」ですが、けしかけたと取れるシーンは実はありませんよね。ホテルに飛び移るビーストを二人の力では止められないでしょう。探さなかったのはビーストボートまで跳躍できる膂力があったので、ホテルからも逃げられると踏んだのもあるのでは。

仮に、ビーストセルリアンのいた場所勝手についてきたというのなら、キュルルの決断・行動としてのドラマは無いですね。セルリアンがいる場所と知っててビーストを連れてきたのなら、それは、けしかけたのと同じです。いずれにせよ、それが示される必要があります

データを取ってはいないでしょう?... いえ、ご経験理由としているのはわかります

ええ、データとして客観的に立証したことではないので、私の意見として受け取っていただければ。とはいえ、「初見面白さがわからないものを何度も見返す人が少数派」というのは、視聴率やらソシャゲ離脱ポイントやらでデータは取られてると思いますよ。

ただただ悲しい派・このような扱いにした制作を許せない派 もいらっしゃいました。集計をとったわけではないので比率がどうかは不明です。「他のキャラなりに、うながさせるとか方法はいくらでもあるのです。」なるほど。カラカルに「ほら、この子にお礼言いなさいよ」とか言わせたら、確かに印象はずっと良くなりますね… ただ俺はキュルルちゃんの落下のためにああでなければの立場ですので。

わざわざキュルルちゃんに悪印象をつけるのは、悪手である、というのは、先に書いた通りです。

たとえばケムリクサで、わかば水槽転送されたり、橋のヌシに出くわしたり、多くのイベントは偶然じゃないですか。

いわゆるご都合ですね。ご都合を全く消すことはできなくても、気にならない範囲まで減らしたり、理由をつけたりすることはできます。それが脚本の腕ですね。

http://irodorich.com/archives/6780

わかばが、あそこにいた原因としては、こういう説があります。湖の水を根こそぎ吸い込んだのなら、種が出てくるのは必然でしょう。

いえもちろん、偶然によらないイベントを用意したり他の流れと同じ原因から始まる必然的結果にするのは不可能ではないでしょう。その意味リソースが潤沢にあれば、と申しました。

まぁそうですね。フィクションでない作品を目指したのでなくて、単に技量問題でしょう。ただドラマからご都合を排除するのは悪いことじゃないのですが、排除しようとした結果、ドラマが消化不良になったら、それは本末転倒というものです。制作者は「多少のご都合で盛り上がるよりも、ご都合をできる限り排除して、特に盛り上がらないドラマを作りたかった」のか、というと、私はそうでないと思います

売り言葉に買い言葉になってしまますが… けもフレ1の最終戦でのフレンズ同士の交流はそれほど高質でしたか主人公勢以外での話です。けもフレ2で多かったのはそちらなので。

けも1ラストフレンズセリフは、これまでのエピソードを想起させる形で、それぞれのフレンズが、それぞれの得意技を生かして戦うというもので、非常に高質でした。「交流」ということが、言葉を直接交わしてる会話を指すなら、少ないですね。ただ、けもフレ2の「交流」に私は意味や盛り上がりを特に感じませんでした。

オオミミギツネさんのシーンはそれに該当していますが、ギャグ的な魅せ方で俺は流されてしまいました。初見では。

「オオミミギツネさんのシーン」だけだと、ちょっとどこかわかりませんでした。ともあれ、のほほんとした交流シーンをやりたいなら、危機最中にやらなくてもよいでしょう。

最初からフレンズ」ですが、必ずしもそうだとは言い切れないと思いますジャングルでは及び腰だったし、荒野では面倒事に巻き込まれないように逃げようとしていました。当時基本的にはおうちを探すことを優先していました。その割に車掌ラッキーさんに振り返ってお礼を言ったり、リョコウバトに絵を描くために夜を徹したりします。まあ確かに「なんでこんなに気を使ってるのかわからない」的な描写があれば更に盛り上がったでしょうね...

フレンズに対する態度に大きな変化があるなら、変化した理由必要になりますよね。その理由は、「元々フレンズが好きだったことを思い出した」でも良いのですが、それならば、どういう理由過程で思い出したか、が必要になる。

微妙に変わってはいるというなら、「微妙だけどしっかり変化してる」ことを印象づけ、やっぱり、その理由過程を描く必要があります

厳密には一話の施設の様子などに、当時の様子が推理できる判断材料がありますが、概ねそうです。サンドスターコールドスリープさせる機能が描かれていないし、記憶を失っているのもフレンズ化と合致します。パークの客ならばパークの外におうちがあったんでしょう。

ミステリというのは謎が提示されて、その謎について事態が進展して、新たな手がかりが出たり、真相と思われるものが二転、三転するなどして、最後に謎が解けて(あるいは解ける以外の形で解消され)終わるわけです。けもフレ2の場合、冒頭の謎が、特にそのまま触れられず進展しないままずっと進みます最後カットで一応謎は解けますが、それは冒頭の時点で予測できた推理確認されただけです。それではミステリとしてはダメです。

2019-04-10

anond:20190410223420

提示だけして居心地を悪くすることは、作品に悪印象を残すことになり、悪い印象の作品から何かを学ぼうとすることは人間はあまりしないので、負の効果があるでしょう。それを超える正の効果がある、とする根拠はないように思われます

作品全体が好評価になるのを見越してこの手法をとったのでは。悪印象を挽回できるほど全体が良ければこの手法機能するわけですよね。

商業性を捨てた善意を追求している、という過程は、かなり蓋然性が低い、とはいえるかと。

この件については反証する方法があります制作サイドの人間の”動物ファースト”的でない行動・言動確認できたなら、作品善意を載せた可能性を否定できるでしょう。

危険で、恐ろしいビーストから逃げず、敢えて解り合おうとする」ことをやりたいのかもしれませんが、暴れまくるビーストをどうやって船に乗せて連れてきたか、なぜみんな無事なのか

「動くものは何でも襲ってくるぞ!」とゴリラが言っています。キュルルちゃん(とかばんさん)はボート上でそれに気づき、動かなかったんでしょう。皆さん言ってらっしゃるセルリアンに、けしかける」ですが、けしかけたと取れるシーンは実はありませんよね。ホテルに飛び移るビーストを二人の力では止められないでしょう。探さなかったのはビーストボートまで跳躍できる膂力があったので、ホテルからも逃げられると踏んだのもあるのでは。

全体の平均を取ると、「初見面白くないと感じる作品の、考察は、されにくく、されても特に人気に繋がらない」ことになります

データを取ってはいないでしょう?... いえ、ご経験理由としているのはわかります

視聴者の多くというか「ざまあ」と言った人の多くは、ですね。まぁ視聴者の多くは、イエイヌに対するキュルルちゃんの行動・言動問題があったと判断しているでしょう。

ただただ悲しい派・このような扱いにした制作を許せない派 もいらっしゃいました。集計をとったわけではないので比率がどうかは不明です。「他のキャラなりに、うながさせるとか方法はいくらでもあるのです。」なるほど。カラカルに「ほら、この子にお礼言いなさいよ」とか言わせたら、確かに印象はずっと良くなりますね… ただ俺はキュルルちゃんの落下のためにああでなければの立場ですので。

ドラマ的にすると、各イベントの発生を偶然に頼るというのは、どういうことでしょうか?

たとえばケムリクサで、わかば水槽転送されたり、橋のヌシに出くわしたり、多くのイベントは偶然じゃないですか。フィクションなので気にならないわけですが、キュルルちゃんの「大好きだー」を必然的にするイベントを追加してもその発生は偶然によるものになるのでは。イベントを廃した結果、自分で振り絞っているような描写になって脱フィクション化がなされた。いえもちろん、偶然によらないイベントを用意したり他の流れと同じ原因から始まる必然的結果にするのは不可能ではないでしょう。その意味リソースが潤沢にあれば、と申しました。

量より質ですね。

売り言葉に買い言葉になってしまますが… けもフレ1の最終戦でのフレンズ同士の交流はそれほど高質でしたか主人公勢以外での話です。けもフレ2で多かったのはそちらなので。

そんな状況で、のほほんとしてると、セルリアンの存在危険自体茶番に見えてしまって

オオミミギツネさんのシーンはそれに該当していますが、ギャグ的な魅せ方で俺は流されてしまいました。初見では。

エンタメ否定した純文を作りたかったわけではないと私は思います

意見尊重します。覚悟たかどうかも今後のスタッフの様子からおそらく判断できるでしょう。

最初からフレンズに親切ですし、特に自分フレンズを好きだと気づいていない」ようにも見えないので、「自分フレンズを好きだということに気づいた」と言われても、盛り上がりがないんですよ。

最初からフレンズ」ですが、必ずしもそうだとは言い切れないと思いますジャングルでは及び腰だったし、荒野では面倒事に巻き込まれないように逃げようとしていました。当時基本的にはおうちを探すことを優先していました。その割に車掌ラッキーさんに振り返ってお礼を言ったり、リョコウバトに絵を描くために夜を徹したりします。まあ確かに「なんでこんなに気を使ってるのかわからない」的な描写があれば更に盛り上がったでしょうね...

キュルルの正体って、一話のキュルルが出てきたところに、サンドスターがあって、ラストで、パークが無事な時からいたことがわかるから、キュルル自身フレンズだろうという話ですか?

厳密には一話の施設の様子などに、当時の様子が推理できる判断材料がありますが、概ねそうです。サンドスターコールドスリープさせる機能が描かれていないし、記憶を失っているのもフレンズ化と合致します。パークの客ならばパークの外におうちがあったんでしょう。

2019-04-08

anond:20190408103801

論理的反論は出来ているよ。

全員が1票なんだから、1票が動くことは全員が動く事と同じ。

1票には1票の価値があり、それはゼロではない

自明だ。

 

 

だがお前の「感情」を説得することは恐らくできないだろうな。

お前が主張しているのは、自分は無力であるという自己認識であり、自分世間合致していないという疎外感であり、自分選択他者から無視されるという成功体験の無さからくるあきらめだ。

気持ちはわかる。本当だ。

だが、この場合感情論を述べているのはお前なんだよ。

「行く気がなくなる」と、自分自身で言ったようにね。気分の問題なんだよ。

2019-04-06

anond:20190406105140

手作りエクセルシートなら各自好きに作れるからどうとでもなるかもしれないけど。

基本的には

1. OS(マイクロソフトとか)やエクセルVBA関数、その他ライブラリ対応を待って、

2. それを利用したミドルウェア屋とかOCR屋とかが対応して、

3. そのミドルウェアを利用したSIer顧客企業システム合致するかテストして

4. 顧客企業自らテストして・・・

みたいにいくつも業者テストがはさまるんじゃないの。

2019-04-05

けいおんは何がすごかったの?

例えばハルヒは同時期の深夜アニメと比べて段違いの作画の良さやEDダンスとかエピソードシャッフル話題性があったし、らきすたニコニコ黎明期ランキング合致してオタク層にヒットしたって後から説明できるけど、

けいおんがヒットした理由はなんかぼやっとしてるんだよな。

日常系というジャンルで見ると先行していたけどそれ以前に無かったかと聞かれればあったし、ストーリーは要所のイベントで盛り上がるけどめちゃめちゃ語るかってほどでもない。

絵柄の可愛さ?癖が無くて受け入れやすい所が受けた?けいおん以降萌えスタンダードが尖った絵から丸っこい感じにシフトしたなぁとは思う。

楽曲の良さ?近い所だとマクロスFの曲もヒットしていたけど、アイドルでもプロ歌手でもない女子高生作詞作曲して歌っているって所が受けた?

ライブシーン?確かに手書き作画演奏は良いけど、全体から見ればそこはメインじゃないしヒットの直接的な要因では無い気がする。

色々考えたけど、平均点以上の要素が重なって見やすくとっつきやすい所が広い層に受けて、さらに当時勢いを増していた2ちゃんねるまとめサイト(名前を出すのも嫌ななんたらおんとか)のまとめが加わって「けいおんってすごいんだな。みんなが見てるから俺も見よう」くらいの人も取り込んでヒットしたんじゃないかなぁと思いました。終わり

2019-04-01

新元号バランス感覚がすごい

何になったとしても必ず文句を言う(批判するために批判する、あるいは粗探しをする)ヒトは一定数居る、という前提が確実にあるなかで、とてもよい落としどころなのでは。

観測範囲の偏りは認識しているつもりだけれど、それにしても。

少なくとも、ぼくはこの元号は好きだ。

これは完全に好みの問題だけれど、ぼくにとっては何より語感がよいし、今の時点で古くささを感じないのがよい。

いまにとっての昭和が古くささを言外に表すものであるように、令和の古くささは、これから時間をかけて醸成されるものであるがゆえに。

2019-03-26

anond:20190326162425

なるほど

提示された増田基準では具体的な作品名の例示がなされてないし

仮説としての増田基準尊重するなら

基準合致しないものは全てエロ萌えだけに頼った作品ではないと言える

2019-03-25

anond:20190325215542

一般的に荒れるのはスレタイと本文とイッチのレス捌き次第で

トピック合致してれば絶対に荒れないというのは甘え

2019-03-24

anond:20190324153659

全員に平等お金が配られた場合インフレということになるでしょう。

すなわちキモいおっさん(おばさん)に限定して金が配られる必要性があります

それならば「イケメン税美人税」あるいは「ブサイク減税」が希望合致していると思います

これらは冗談の類だと思っていましたが、もしかしてわりと本気なのでしょうか?

2019-03-18

anond:20190317212717

これなんかわかるんだよな。もっと別の症状かもしれないけど

高校当時はさ、写真1枚だけでも十分な空想ができてたし、そこに魅力を感じていたのだけど、今はそれができない。恐らく記憶が薄れて来たというのが大きいんじゃないかと思うけど、成長して芸能人とかAVとかも含め多くの異性を知ってしまったというのもある。

記憶問題というと、当時は、狭い世界の中で、別に仲良くなくても同じクラスで四六時中一緒という異常な環境にいたわけで、こんな発言するだろうなとか一挙手一投足が具体性を持って再現できていて、そこには紛れもない知り合いの虚像存在していたので、空想物語性を持って捗っていたのだけど、それがいまや断片的な記憶しかなく、頑張って想像してもどうもリアルイメージが描けず、結果、ハリボテがただエロい格好をしてるだけといういまいち抜けない状況に陥る。特に年を食ってくるとただのエロ画像なんて見飽きてるわけで、そこにある物語で抜きたいわけよ。いやもう、実は抜くのすら不要で、そこにある物語に没頭したいわけよ。でも描けない。高校当時はいきなりテロリストが攻め込んできたとか、異能の力に目覚めたとか、学校異世界転生したとかいろんなフィクションを想定して、知り合いの異性との物語を絶えることなく紡ぎ出していけたのに、今それをやると知り合いの性格がみんな同じような感じになって、というかどこかのアニメで見たようなキャラクター性格に似通ってしま全然面白くない。多くの世界を知って、より緻密に空想世界を描画できるようになってしまったのも災いしてる。飽きてるのもある。異界の化け物にとらわれて、なんか微妙衣服のはだけた知り合いを異能の力で救い出す、とか、またそのパターンかよと。しかも救い出してから関係性の構築に全然リアリティないよと。というかお前、歳がおかしいだろうよと。もっとこう大人になって仕事場取引先として昔の知人に出会って、その後、じわじわ仲良くなってきゃっきゃうふふとかないのかよと。いやもう全然面白くないよそれ。仕事とか空想世界に出してくるなよ萎えからしか全然リアリティーないじゃんその空想。異性の大人になった姿、うまく想像できてないじゃん。そのOL姿や振る舞い、どうせどっかのAVから引っ張ってきたやつじゃん。というか昨日見保険営業のやつじゃん。

もう一つは、やはり知り合いの異性の相対的優越性が低下してしまったという事実100人しか異性を知らない状態で、クラスで一番や二番目に可愛い異性とか、それはもう空想も捗ったわけだけど、芸能人とかも含め1000人の異性を知った状態で、しかもそこに時間軸もかけあわされ、今可愛い誰々、当時可愛かった誰々、とかと比較し始めると、どうしても知り合いの異性の評価相対的に低くなってしまう。頑張って空想をはじめても、いやそれもっと誰々さんの方が盛り上がるんじゃね、そもそもリアリティもそっちの方があるんじゃね、とかノイズ邪魔をする。じゃあ、その誰々さんで空想しようとしても、学生の時みたいに濃密な時間を一緒に過ごしてるわけではないから、やはりリアリティがない。そもそも最近AVの方々のレベルが高過ぎて、そっちの方がいいじゃんとかなって、そっちならわざわざ空想する必要ないじゃんとかもうね。

で、そんな症状に陥って既に何年も経ってるのだけど、何かできないかと思って、例えば高校中学の時みたいに盲目的に誰かに夢中になれないかと、アイドルとかを検索したりもした。アイドルオタになれば、十分な空想ができるだけ相手を知ることができるんじゃないかと。別にエロいことを考えてるわけじゃない。先にも書いたけど、そこにある物語に没頭したいだけなのよ。でもこれもうまくいかなかった。まず動機が不純というか曖昧というのもあるけど、これだと決めた異性が見つからない。というか歳を食い過ぎてアイドルはみんな同じような顔に見えるし、じゃあ三十代くらいの芸能人はというと、ちょっといいなと思う人はいても、演じる役や流行、出演する番組にあわせてすぐ茶髪パーマにしたり濃いメイクしたりファッションを変えてきたりして、想像一貫性を持たせられない。途中でこれじゃないなとなるケースも多々。何年も見た目を変えず揺るぎなく自分の好みに合致する異性なんてまず存在しない。

と、長々と書いたけど、最近は就寝前の想像力を持て余して、国際紛争とか異能の力で解決したりしてるわ。

2019-03-15

PC仕事してるとどうしても動画みたり漫画読んだりで気が散って集中できないか

アカウントもう一個作ってそっちは仕事以外のデータ置かない環境にしようと思ったんだけど

今のPCと同じ設定、アプリ入れ直すのが死ぬほど面倒くさい。

Windows10なんだけど調べたら同期でどうにかなりそうではあるが

Microsoftアカウントログインすれば複数PCで同じ環境になる趣旨記事ばっかり。

唯一やりたいことと100%合致した記事が一つだけあったからその通りにやったが成功しない。

権限だか設定だかいろいろ原因を潰していったが無理だった。

ムカついて元アカウントフォルダコピって新アカウントに上書きして、

アプリもProgram Filesから以下略して、ブラウザも(以下略したら8割再現できた。

クソ面倒くさい設定いじってた時間の1/5の時間で終わった。

死にたい

2019-03-12

anond:20190311205043

自分の気に入らないコメントは全て悪口で、年齢的に無理と言われると年齢差別だと騒ぐくせに自分底辺労働などと言って職業差別するというダブスタ

そんな沸点の低さでは作業療法士だの看護師だの教職だのは無理じゃないかと指摘すれば、就職自体が無理だと言われたと勝手拡大解釈してよくわからない明後日方向への反撃。

リアルでは表面上おとなしくしていたとしても根本的にコミュニケーションが成立しない性格であることはすぐにバレるよ。

ご気性や理解力・傾聴力の乏しさをなんとかしないと、どんだけ学歴やら資格やらで自分を強化しても面接で即落ち、運良く採用されても周囲とトラブって長く続かずにやめることになりかねない。

一連のやりとりをざっくり見て、人の心は鏡だなーとしみじみ感じた。

すぐに被害者意識むき出しにして屁理屈こねて相手に言い返して稚拙な揚げ足とってドヤってるから、まともな感性の人は静かに去っていって他人を見下してドヤるブクマカばかりが残ったんだろう。

反撃コメントを書いていた時間だけ、増田さら劣化した。

ただでさえ職歴と年齢にハンデがあるのに、なんの収益にも繋がらない反撃に労力と時間を費やして、職歴なしの空白を無駄に延長している。

優先順位を考えなよ。増田で暴れてる余裕なんかないはずだ。

自分は悪くないブクマカが酷い人だらけだと書き連ねることで増田になんの益があるんだ。

残念ながら世間理不尽で不平等なんだよ。

増田職業自由選択できるが、雇う側も誰を雇うか選択できる。

基本、年齢制限性別制限を設けてはならないのは「募集」の段階の話な。

応募はできても採用されるとは限らない。

誰も増田雇用しなくてはならない義務を負わない。

表向きは容姿や年齢を理由にせず別の理由不採用にするなんてことは当たり前に行われている。

世間が悪い差別だなんだと騒いでも状況は変わらない。

みんなそれを体験してるから増田の甘っちょろさや被害者意識世間知らずが故の理想論イラッとくるんだろうよ。

増田は今、敵(世の中全般や志望先)をわかってない・誤認している、己も過大評価しているので就活が百戦危うい状態と感じる。

さっさと自分棚卸ししてアピールポイントや適性を見極めて、それを提示した上で社会ニーズ合致する仕事はないかハロワなり専門の支援団体などで聞きなよ。

参考になる情報が欲しいなら人の話をちゃんと聞いて、参考にならんと思っても口には出さずに礼を言いな。

それができないか社会性がないと言われたり絶対雇わねえと言われたりするんだよ。

と、ご忠告申し上げても、リアルではできるネットではやらないだけだとか屁理屈言うんだろうけどな。

2019-03-11

にじさんじ新人がヤバすぎる件について(2019/03/11

当方Vtuberファンなのだ備忘録として記録しておく

Vtuberグループにじさんじ」で新人男女2名が加入した

女の方は事前に配信事故地声が露呈し、本配信で萌声を披露されてもなんだかなぁという感想

配信内容は「1万人舐めてたわ」に恥じない10万人目標ロリコンcoといったヤベーやつアピールなど先代の改良型といった印象

男の方は事前リークで身バレ疑惑が立っていた所、配信内容とアカウントの特徴が合致していくという流れでかつsteamアカウントをそのまま名前変更だけで使い回した為本人と認定された

男の方がヤバい点は未成年淫行オフ会では飲み物媚薬を飲ませるということを自供している点だ

キャラクタービジネスをしているのに明確にイメージを低下させる要因であるにも関わらず運営は無反応のまま対応には至っていない(以前の割ばしセクハラ事案に対しても続報が無い為対応しないと思われる)

男は2年間ほど有名VtuberとPUPGのDUOで遊ぶ仲でオフで会ったりライブスタッフとしても出入りしているそうだ

ツイッター上で上記発言をしている相手と親交を続けてる時点でそういう仲なのではないかと思われてしまうだろう

相手の有名Vtuberも元々中の人の悪評はあるがキャラクタービジネスイメージ大事だと思うので相手方の運営対応にじさんじ新人男に対してどうするかも注視していきたい

男の方の配信内容は、一般的FPS実況者的な喋りで特に面白い所もなくこの逆境に対して挽回できそうな喋りではないと感じた

ゲームの腕前も上手い訳では無い為、コネ採用なのではないだろうか

Vtuber界隈は優しい世界だったのだが、先日渋谷ハジメ氏が表(ニコニコ大百科ふたばツイッターetc)でも叩いていい風潮を作り上げたため今回の騒動となっているのだろう

個人的には、関係性を売りにしていたにじさんじであるが故に関係性をインフレさせるためにオフパコFPS勢を採用したのではないかと穿っているため、このまま活動を続けてもらいガチ恋勢達の怨嗟が聞ければ最高のエンタメになると思うが違うか?

2019-02-28

今年冬っていつだよ

2月末の今ぐらいの時期に、新作ゲーム(というかポケモン)が「今年冬発売」とか言われるとモヤモヤする。

まあ大方、年度をまたいで2019年11月(恒例の21日)か12月なんだろうけど。

感覚的に捉えた場合

12月前後3月の半ばくらいまでは冬と思う人も多いのでは?

ぐーぐる先生に「冬 いつまで」って聞くと「2019年3月21日木曜日」って言うし。論拠不明だけど。

気象学的に捉えた場合

122月が冬、と定められている。まだギリギリ2月から今も「今年冬」の範囲内。

から「もう数日で出るよ」という意味で受け取る・発する人もいないとは言えない。

暦で捉えた場合

1012月が冬になる。あるいは立冬立春までが冬、といった区分のどちらか。

今回は偶然「今年冬発売」の意図するところに合致しているようだが、体感とかけ離れた暦ベース表現を告知で使っているとは考えづらい。

放送業界的に捉えた場合

1~3月が冬になる。いわゆる冬アニメとかの区分

 

こんな感じでゆらぎがある表現なので、これ言うのが1月とかだったら、もっと事態あやふやになってくる。

さらにその頃に「今冬」と言えば、その場合は大方2019年3月中までには、って事になるだろう。

「今年冬」と「今冬」には微妙な違いがあるが、混同される可能性もあることも考え合わせておかなければならない。

ややこしいんじゃ。

もっと分かりやす表現ないのか。

よくあるのが第3四半期、Q3みたいな表現もありえるが、それは会計年度を表す表現で、会計年度の開始月は国や組織によって違ったりする。

プレスリリースのような文章ならいいが、一般向けに理解されるとは思えない。さらに多国展開してる商品だと混乱する。

1月まりの四半期的表現があれば、絶対的でよさそうだけど。

2019年末、終わり頃、暮れ頃、とかでもいいがそれだと11月可能性はない感じに聞こえる。

2019年来冬(Next winter 2019)という表現もできそうな気がするが…

2019-02-26

需要供給

私が付き合いたいと思うタイプ女性は、私のようなタイプとは付き合いたいとあまり思ってくれないようだ。

私と付き合いたいと思うタイプ女性は、私が付き合いたいと思えるタイプであることが少ない。

明らかに需給バランスがあっていない。

完全に好みが合致するタイプなんていないんだからどこかで妥協必要、と思って1点だけ好みから外れる女性と付き合ったこともあった。

しかしその1点が欠けていたがゆえに、大変失礼ながら短期間で大事にしようという気持ち萎えしまった。

これは自分にとっての優先順位問題か。

いずれにしても需要供給がうまくマッチさせられることはこの先あるのだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん