「東京都知事選」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 東京都知事選とは

2024-07-19

Xで目立つフェミニスト人達、またさす九さす九言ってるのか

ついこの間も東京都知事選絡みで、蓮舫さんがミソジニーで叩かれたって話題になってたばかりなのに

すぐに忘れたかのように九州特殊性を強調して地域差別ちゃうのか

これがもし沖縄だったら絶対にやらないだろうから

差別しても問題にならなそうな所を選んでやってるんだよな

2024-07-16

anond:20240716124821

では東京都知事選でも蓮舫当選させればよかったですよね?

チャンスを与えないのに経験を積めとは?

2024-07-15

蓮舫支援市民連合「1年後に忘れ去られていそうな泡まつに抜かれ、傷つく」

東京都知事選蓮舫氏を支援した「市民連合」は11日公式インスタグラム

一生懸命応援した蓮舫さんが、1年後には忘れ去られているのでなければテレビコメンテーターになってそうな泡まつ候補に抜かれてしまったのは、深く傷つく経験となりました」と投稿した。

味方のふりした落選工作員なんじゃないかこいつら…

2024-07-13

増田のやべーやつ番付新入幕候補を紹介するぜ!(番付の人じゃないよ)

カテゴリー参照。オウム真理教修行らしき報告を行っている増田茨城在住らしい。

毎日壊れたラジオのように↑を連呼している増田

トションに一過言あると思われる増田。くさそう

こちらを参照

はてな記法を使いなぜか増田コマーシャルを流している増田。例えばこんなの

増田人気コンテンツのタフやColaboに加えaiueo700などネタ豊富

東京都知事選間中政見放送のアレで複垢フェミ関をおちょくっていた。🍆

最近台頭してきた一言トラバ増田

2024-07-12

AI内田◯氏のコラム

今回の東京都知事選では、蓮舫候補者とその陣営の行動は、民主主義の根幹を揺るがすものだったと感じざるを得ません。事前運動を行い、戸別訪問を繰り返し、違法なビラを都内に大量に撒くなど、公職選挙法無視した行為が目立ちました。

そもそも選挙というのは、有権者自分たち代表を選び、政治に対して責任を持つ貴重な機会です。しかし、蓮舫候補者とその陣営はその機会を私利私欲のために利用しようとしました。このような行動は、民主主義のもの嘲弄し、有権者の信頼を大きく損なうものです。

蓮舫候補者が行った行為は、民主主義本質理解していないことの表れです。選挙は公平で透明な手続きによって行われるべきであり、違法行為によって結果を左右しようとすることは許されません。こうした行為が横行すると、選挙意味が失われ、政治への信頼が低下します。

さらに、私たち社会制度は「性善説」に基づいて設計されていますが、蓮舫候補者の行動はその隙間を「ハック」しようとするものです。彼らの行動は、制度脆弱性を露呈させ、私たちがどれだけ容易に自己利益を追求できるかを示しました。これにより、民主主義本質が問われる事態となっています

このような行動を見過ごすことはできません。私たちは、選挙重要性を再認識し、公正で透明な選挙が行われるように努める必要があります民主主義市民成熟を前提とする政体です。市民一人一人が自らの責任を果たし、政治に対して真摯に向き合うことが求められます

選挙の話に戻りますが、今回の都知事選における蓮舫候補者の行動は、民主主義原則に反するものであり、深く憂慮すべき事態です。民主主義は、理性的市民が多く存在することを前提としています蓮舫候補者とその陣営の行動は、その前提を覆し、民主主義未来に対して大きな挑戦を投げかけています私たちは、この挑戦に対して断固として立ち向かい民主主義原則を守り抜く必要があります

anond:20240712145307

改めて公言しておきますが、私 #石丸伸二 は宗教団体と一切関係がありません。

統一教会創価学会と繋がっているなどというデマを流している人がいるので、注意して下さい。

#東京都知事選 #東京を動かそう

〜♪(公式が言ってるだけだから音頭の音)

anond:20240708083653

7日に投開票された東京都知事選落選した蓮舫参院議員(56)が11日、自身のX(旧ツイッター)を更新。物議を醸している、前広島県安芸高田市長石丸伸二氏(41)の「女、子供発言に触れた。

 蓮舫氏は「『女子ども』かぁ。20年前の国会で当たり前の景色だったことを思い出しました。今も、ですか」と投稿し、「『女子ども』に『男』もね、って返そう」と続けた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/97f03c88b6bbf3adee00135fa8226f9bf55d52df

2024-07-11

anond:20240710200247

安芸高田市長任期中に東京都知事選出馬

・「恥を知れ」と罵った居眠り市議脳梗塞診断書提出で弁明したがシュレッダーにかけ知らんぷり

インタビューに答えない

公約の詳細の制作について答えない

anond:20240710200247

安芸高田市長任期中に東京都知事選出馬

・「恥を知れ」と罵った居眠り市議脳梗塞診断書提出で弁明したがシュレッダーにかけ知らんぷり

インタビューに答えない

公約の詳細の制作について答えない

この前の東京都知事選外国人参政権必要なのを痛感したわ

外国人意見無視されてはいけない

ちゃん人民意見が聞かれてれば小池百合子なんか落とせてたんだよ

2024-07-10

anond:20240710010432

蓮舫というか野党共闘のバックに居るの小沢一郎だって本人がゲロったね

立憲・小沢氏、次期代表「泉氏でやったらまた沈没」 支持しない考え

小沢氏は、選挙で勝つには東京都知事選などで連携してきた共産党だけでなく、国民民主党日本維新の会との協力も必要だと主張。

https://mainichi.jp/articles/20240709/k00/00m/010/232000c

維新の会に何が起こったのか

東京都知事選東京都議会補議選が終わった

立憲の蓮舫が2位にもなれず

立憲共産選挙協力した補議選でもサヨクの伸びは鈍く

都民ファースト得票数第一位を獲得するという左翼リベラル涙目の展開の中で

ときわ激烈な敗戦を喫した勢力がある

維新の会である

都知事選への擁立がかなわなかったのは仕方ないにせよ

補議選での得票数は1つの議席も得られなかった共産党をも下回る、凄まじい結果を叩き出している

維新の会は確かに失態続きではあるが、共産党にも遠く及ばない票しか得られなくなっている、とはさすがに信じ難い。維新の会、何があったのか

東京維新勢力の顔ぶれが相当ヤバすぎる感じなのだろうか?

2024-07-09

都知事選田母神以下だったIT期待の星(笑)安野貴博の今後

選挙コンサル会社立ち上げて稼ぎに行く,というのが個人的な予想.

今回の都知事選で安野が得たのは以下の3点.

今回の選挙で使ったシステムについてオープンソースで公開する,とは言っているが,そこには運用ノウハウは含まれていない.

しろソフトウェアよりもノウハウの方に価値があるし,東京都知事選で実際に運用したこと説得力が上がってる.

供託ラインに届かなければ800万の赤が出る,と言っていたが,これだけの運用実績テスト知名度稼ぎが800万で済むならむしろ安い方だろう.

anond:20240709220819

異議あり!具体的な指摘をさせていただきます東京都知事選挙では、現職が必ず勝つというわけではありません。現に、1995年東京都知事選では、現職の青島幸男氏が落選しています

anond:20240709190428

それが戦略

youtuberが目立つことでとにかく認識してもらうことを目指しているのとは真逆戦略

極力目立たないことで、既にいる支持者を減らさないようにする戦略

東京都知事選は、現職が負けたことがない(はず、たしか)ので、

マイナスにならない必要最低限の露出で済ませるのは、ハメ技に近い

東京都知事選インタビューでの石丸氏への批判について

東京都知事選終了直後のマスコミによるインタビューで、石丸氏が行った辛辣な受け答えが主に"X"上で「パワハラ気質」だと批判を受けていますしかし、あの時の彼はどちらかといえば「パワー」にあらがって戦っていた側だったように思います

この話の前提として、都知事選そもそも知名度」だけで勝負が決まるようにデザインされている側面があります石丸陣営は、票数を伸ばすために実直な街宣活動常識外れの高効率で回し続け、賛同してくれるインフルエンサーを見つけたら機動的にコラボ配信するなど、自分たちでできる知名度アップ作業を誠実に実行し続けました。その街宣回数は200回を超えましたが、広い東京都での知名度アップには全く足りていませんでした。期間が足りない上に、法によって方法が限られているからです。そのようにデザインされた選挙ルールに乗っかっているからです。

石丸陣営の最終的な願いは、都民に対して「上位候補者知名度」を可能な限り均して、その先で「候補者たちの方針政策」をもっと知らしめ、都民により深く検討してもらうことでした。それには地上波メディアによる討論会の開催が必須であり、それも多数の局を渡り歩くような盛り上がりが必要でした。しかし、それが無かったために、都民は結局情報不足のままで「知名度勝負に巻き込まれました。それが今回の知事選であり、これまで通りの知事選でもありました。

時間で「知名度」の差を均すことができるのはマスメディアだけです。しかし、彼らは仕事をしなかったのです。「何もしない」を選択したマスメディアと、「選挙運動を最低限に控える」を実行し続けた小池氏の連携により、小池氏が最も多くの票を獲得しました。

そして、まさに都知事選終了と同時に、急に仕事をする気になったメディアたちに、石丸氏や蓮舫氏はこう聞かれたのです。「手ごたえはいかがでしたか?」と。

プロスポーツで、試合は見なかったけれどもインタビューはするという記者がいるでしょうか?「見ませんでしたし、放映しなかったけど、どうでした? 手ごたえは?」と聞くスポーツメディアがあるでしょうか?

石丸氏が辛辣だったのは、こういう状況においてです。多くの人が「石丸パワハラ気質」といった声を"X"上で見たかもしれません。しかし、そのパワーハラスメントの「パワー」とはこのときどう見てもメディア側であり、「ハラスメント・・・とまでは言えないにしても、やはりとても失礼なインタビューであったのではないでしょうか。

ところで、石丸氏がパワハラ気質であった場合、その矛先は指揮下にある安芸高田市政策立案チームや都知事選石丸陣営ボランティアスタッフたちに向けられるたことでしょう。実は彼は、ことあるごとに「安芸高田市人口規模でも役所には優れた人々がいて、とても良いチームになった」、「ボランティアスタッフが有能なおかげで群衆の整理をほめられています」などと言っています。彼を追いかけていれば、和やかなミートアップ動画などで、かなりの頻度でそのような評価を耳にするでしょう。

実際に、バンカーらしい赤字圧縮政策を多く通したこと数字でわかる)や、街宣のあの回数(数字でわかる)を事故無くまわしたことなど、マネジャーとしての能力も高いことを示しています。結果を出すチーム、彼らを指揮するにあたって怒鳴ったり皮肉を言ったりして効率を下げる暇が本当にあったでしょうか?4年間しかない市長時代も今回の短すぎる都知事選も…。そうは思えません。

2024-07-08

もしも東京都知事選に有名ブクマカで有名作家瀬川深さんが出馬して「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら一体何票取れるのだろうか。僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの

最低でも20万票は取れるよね、パパ

エクストリーム東京都知事選2024結果

https://anond.hatelabo.jp/20240610211933

総評

選挙自体小池百合子が291万票を得てゼロ打ちで当確が出るほどの圧勝。当初4年前の小野泰輔よりも厳しいと予想していた石丸伸二が小池批判票と立共批判票を集めて善戦し165万票獲得で次点蓮舫は8年前の鳥越俊太郎すら下回り128万票で3位の惨敗。2位にすらなれず無党派層石丸にとられたどころか、本来立憲民主党支持層すら石丸に取られている。蓮舫個人の人望の無さに加え、手下による選挙終盤の小池への野次自身へのデバフとして効果した。自滅以外の何物でもない。

はっきり言って立憲民主党執行部を総入れ替えして、市民連合共産党との協力体制を見直すレベルだが恐らくそうはならないだろう。直近の基礎自治体選挙補選での成功体験から抜けられず恐らく同じ失敗を繰り返すだろう。次の選挙でも大敗してまた党が消滅(3回目)するかもしれない。

エクストリーム競技田母神俊雄が26万票の3.9%で優勝。10年前の半分以下になっておりやはり過去の人感が強い。むしろ公民権停止の喪明けな割には善戦したとも言える。

2位にははてブアノン大人気の安野貴博が入った。15万票の2.3%なので泡沫候補としては久々の大物とも言える。今回のエクストリーム競技田母神と安野の後ろに、反ワク医師内海、おなじみ暇空茜が10万票台入っていてハイレベルな激戦だった。一方でかつての常連桜井高田が前回の半分以下の8万票、タレント清水国明最後の大物ドクター中松は1%も取れずに大敗桜井高田は2年前の下半身スキャンダルが影響したか、あるいは暇空茜に票を吸われたかエクストリーム競技もいよいよ世代交代が進むと思われる。アディーレ石丸石丸伸二と間違えられて得票できた可能性大で、次の選挙では1%も取れないだろう。

総評

この総評10周年なのでいろいろ書く

SNSだけでは20万票も集められない

エクストリーム競技準優勝の安野と3位の内海、4位の暇空茜はそれぞれ15万票と12万票と11万票。次点石丸SNSの力と言われがちだが、選対に百戦錬磨自民党組織実質的に入っていて旧来的などぶ板選挙もしている。はてブアノンにやたら持て囃される安野も、はてブアノンから蛇蝎のごとく嫌われる暇空も世間から見たら同レベルの影響力である

N国

今回もN国が大暴れしたため公職選挙法改正議論ますます活発化するだろう。おそらくいたちごっこになり、N国が消滅するか立花選挙違反で公民権停止になるまで続くだろう。エクストリーム競技的にももはや競技を荒らすだけの邪魔存在なので、次回以降は扱いを検討したい。

伝統泡沫候補消滅

今回中松が1%も取れない大敗をした上に、清水国明後藤輝樹、大和行男、小林弘AIメイヤーなど「非N国系で伝統泡沫候補」となりうる候補で得票率1%を超える候補がひとりも出なかった。今後のエクストリーム競技の主役は、安野内海暇空のような「支持者や組織はあるけどインディーズレベル」の下位候補と、今回の田母神や前回の小野のように「知名度行政経験はあるけど供託金返還に届かない」の上位候補が中心となるだろう。

得票数と傾向

今回の選挙に限らず、過去20年ほどの都知事選の傾向

1%以下の候補はまた別のルールでの競技検討したい。N国以外でもここ10年で明らかに増えたので。

東京都知事選出口調査の結果

おれのちんぽこに11票入ってたらしい

地方済みの私にとって東京都知事選深圳市長選と同じぐらいの感覚

今回もふーんって感想

ちなみに現深圳市長は「覃偉中」

蓮舫さん「男がなくな!」→あー私は泣いていいっす

蓮舫氏「男なら泣くな」 討論会で玉木氏に - 日本経済新聞

蓮舫氏、まさかの惨敗に涙も…選対幹部「何が原因かよくわからない」 [東京都知事選2024] [東京の政治] [東京都]:朝日新聞デジタル

何でだ?女だからか?

たった8年前の話だぞもう忘れたのか?

8年も前と言って良いのは、言われた玉木氏に誠心誠意謝罪してからだろうね

というか純度100%セクハラなわけだけど、立憲とか共産党とか、左派によるハラスメントには甘い人多いよね、特にマスコミとか学者とか。全然キャンセルされないし(はてブもか?)

2024-07-07

自分メモ: 2024年都知事選でひまそらあかね投票した背景

8年前は小池氏に投票して、4年前は全く覚えてないので、今回の2024年都知事選で「ひまそらあかね」氏に投票した背景をメモしておきたい。

投票日当日午後に投票した小学校ラランドサーヤ出身地域にあった。なお、都議補選白紙投票した。

小池氏及び東京の現状にはこれといった不満は無い。そもそも膨大な予算がある東京で現職が不利になることはあまり考えられないのではないか。ただ、「イス取りゲーム」のイスが固定化されてきている印象、ゲーム面白く無くなっている印象があるので、その辺の漠然としたものに対するルール変更の要請はしたかった。

なぜ、東京の「イス取りゲーム」がダメになっているかというと、基本的には「高齢化」と言う感覚が強い。人口動態で「高齢者」が占める割合が多くなっているので、否が応でも「今イスに座っている人」の発言力が強くなるのだと思われる。東京以外の地方政治共産党 or not の大政翼賛体制になりがちらしいが、国道16号線エリアで30年ぐらい前はドーナツ化現象最前線で輝いていたこエリアでも、そうした流れを感じることがある。東京全体ではまだ大政翼賛体制ではないと思うが、そうした漠然した懸念ベース投票を今回はしたいと思った。

投票を一瞬でも考えた人は以下:
今回の投票行動に関して考えた東京の現状:
4年後の自分へ:

4年後の自分戦後復興計画を終了させられる人に投票出来ていたらうれしい。でも、他の地域に住んで、たまに東京を「訪問」してエンジョイ出来る人になれていたら一番うれしい。

ひまそらがそんなに怖かったのか?

東京都知事選小池圧勝

 

ひまそらあかね蓮舫どころか田母神にすら負けてる

なのに、なんで暇空茜アンチあんなに大騒ぎしてたんだ?

そんなに怖かったのか?暇空が都知事立候補したぐらいで過剰反応して

あんな長文書くほど

何故議員を経ず首長を目指すのか

東京都知事選本日投開票日らしい。私は都民ではないので対岸の火事感があるものの、56人の立候補者には驚かざるを得ない。ところで、これらの候補者のうち、行政経験者や議員経験者は数えるほどしかいない。何故皆議員を経ず首長を目指すのだろう。

行政政治)には民間感覚が足りていない」という言説はよく耳にする。なるほど、確かに行政フットワークは重いし、採算・コスト意識に欠ける面がある。一方で、民間には行政感覚が足りていないとも言える。収益性を伴わない(伴ってはいけない)事業は多々あるし、大枠として議会という別の意思決定機関を経る必要があり、何かをする際には法令はもとより適正な手続によらなければならず、有形無形の規範に縛られる。

こういった「行政感覚」を経験するのに議員は最適であり、首長になった際も民間感覚行政感覚を知る者として大いに役立つだろう。定数も多く、議員のなり手不足が言われる昨今は当選ハードル首長に比べれば低い。首長に限らず議員で実現できる政策もある。何故いきなり首長を狙うのか。

都知事選候補者の一人は、民間から自治体首長になった。議会との対立を過度に煽り、無理な専決処分政策実現を図り、任期満了直前とはいえ1期目で辞めてしまったのは皆の知るところであろう。多少なりとも行政感覚を持っていればここまではこじれまい。

当たり前だが、行政企業とは異なる存在であり、首長企業社長とは異なる存在だ。民間感覚がそのまま活かせる面も、そうでない面もある。何故議員を経ず首長を目指すのだろう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん