「呼び名」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 呼び名とは

2019-02-20

anond:20190219205704

死んだ人間本人から得られた情報などこの世にひとつもないだろ

なら関与した生きてる人間情報に限られるから経験たかどうかは愚問だろ

結果もがき苦しまず助けも請わず未練も言い残さな局面の死は安らかなもの

人為的あくまで死を目的とした行為場合はそういう呼び名になるだろ

かに楽にさせてあげようとして死を意図していなかったものなのも多く含まれるだろうし

それらはまた別の呼び名だろう

2019-02-18

新しい男の呼び名を考えた

精液発射台



しかし弾頭を持たない発射台などただの巨大な棺桶に過ぎん。

そう、精通していないショタおねショタ愛者達の格好の餌食となる。

しかし私は私の性癖を残したい。まさしく、自由性癖者となるのだ!!

2019-02-06

anond:20190206170152

今、人間呼び名と国の呼び名すり替えたよね、バカを露呈しにきてんの?

罵倒語言いたいだけの人は規約読んで出直してね。

次は通報するから

2019-01-30

シュタゲの実写恋愛映画が見たい

面白いアニメ何かない?って聞かれて、シュタインズ・ゲート勧めるんだけど、ヲタ言葉って人を選ぶから盛り上がる12話辺りまで保たないんだよね。

いっそ振り切ってアイドル主演でヲタ言葉髪型や髪色も自由にして、呼び名オカリン統一して、内容もSF恋愛ものとして振り切って作ってくれないかな?

そしたら万人受けして、アニメ再ブレイクもあり得ると思うけどな。



もしもし、俺だ。よもや貴様機関圧力に屈したのではないだろうな?…』

2019-01-24

だってチンポがあったら入れたいと思ってんだよ

まあまあ見た目が良かったら「おっしゃちんポコハメはめてみっか」って言ってハメたくなるんですよ。

でもしない。それは自分自分価値を貶めてるような気がしてしまうから

しかしそれこそオールエイジのカビが生えた思考だとなぜ気付けない?

古来より女は男の所有物だった。太陽という呼び名傀儡だった時もあった。

そんな世の中だったせいで女は自然自身身体という矮小価値をよりどころに生きるようになってしまった。

しかし今、我々の生活は激変し、女性は男と対等以上に渡り合えるようになってきた。

もはや所有物ではない。

もはや「自分を安売りしたくない」などというジェンダーロールに縛られた考え方をしなくても良いのだ。

良さそうなちんポコを片っ端からハメハメしてアヘアヘ言う時代が来てるのだ。

立ち上がれ女たちよ。

自分人生世間体任せにするくだらない生き方はもうやめるんだ。

2019-01-16

みんなもっとVtuberを愛してくれ

Vtuberを好きになれ。

めちゃめちゃ面白いぞ。

Vtuberでもバーチャルライバーでもバーチャルタレントでもバーチャルシンガーでもバーチャル技術でも呼び名は何でもいいがあの辺を好きになれ。

あれこれ批評するのは全然いいが批評する前にまず好きになってからにしてほしい。

冷めた目で突き放したことを言うのはやめろ。

バーチャルについてはバーチャルを愛してから口を開け。

2019-01-13

anond:20190113140917

何でもかんでもフェミって言うの流行フェミニストって増田以外では「女性に優しい男性」以外のなにものでもないんだけど

いや平成も終わるってのに「保母さん」という単語を使ってて出会いの場でもないのに7歳下をナンパするオッサンはもう字面だ毛でやばいだろ

まあちょうど保母さんという呼び名に対してのジェネレーションギャップ年代差だな

2019-01-12

anond:20190112225913

呼び名を変える逃げ道はありかも知れない

今あるやつだと、混浴とか男女それぞれのトイレの外にある障害者トイレかな

あれ、もうどうにかなってない?

今のままでよくね?

2019-01-11

新元号に「安」が入るべきでない理由

左翼の難癖のように思っている人も多いようなので

偏諱授与」からその問題性の解説を試みてみる。

まず「諱(いみな)」について。

諱とはざっくり言って本名のことである

織田信長で言えば「信長」が諱である

諱は「忌み名」に通ずると言われ、おいそれと呼んでいいものではない。

から織田信長には「上総介」という通称仮名)があり、

家臣や他の大名たちは「上総介様」「上総介殿」などと呼ぶわけである

ちなみに、これは実際に「上総介」という官職に任官されたわけではなく、官職風の呼び名にすぎない。

後に「右府様」「織田右府」などとも呼ばれているが、こちらは正式右大臣に任官されたから。ややこしいね

次は「避諱」について。

もともと中国に「避諱」という慣習があった。

これは偉い人の諱を使うことを避けるというもの

たとえば唐の二代目皇帝李世民の諱「世民」を避けるため、

その部下だった「李世勣」という武将が「李勣」に改名したり、

「民部」と呼ばれていた官庁が「戸部」に変更されたりしている。

一説には「観世音菩薩」が「観音菩薩」と呼ばれるのも「世民」の避諱だとか。

一方で、日本では「避諱」の習慣はあまり定着しなかった。

古代の「大伴」氏が淳和天皇の諱「大伴」を憚って「伴」氏に改姓したことや、

国家安康」で有名な方広寺鐘銘事件などは日本での「避諱」の一例と言えるが、

それよりも日本で広く行われたのは「偏諱授与」の慣習だった。

これは「そんなにも大切な諱を可愛い家臣にあげちゃうよ」というもの

たとえば松平信康長宗我部信親らの「信」や、

浅井長政黒田長政らの「長」は、

織田信長から偏諱と言われている(家臣だけでなく同盟国の嫡子かにも与えている)。

文字ある諱のうちの一文字だけを与えるので「偏諱授与」、あるいは「一字拝領」という。

ちなみに、偏諱でもらった字は、名前の上のほうに置くのが基本である

もっとわかりやすい例が伊達政宗さんところの家で、

政宗自身一族中興の祖の名前をもらったものだが、

その父親の「輝宗」は室町幕府第13代将軍・足利義輝の「輝」、

その父親の「晴宗」は室町幕府12代将軍・足利義晴の「晴」、

その父親の「稙宗」は室町幕府10代将軍・足利義稙の「稙」、

その父親の「尚宗」は室町幕府第9代将軍・足利義尚の「尚」…

と代々の将軍から偏諱をもらっており、

それだけ幕府との結びつきが強いということを示している。

さらに言うと、天皇から臣下への偏諱授与は極めて少ない。

後醍醐天皇の諱「尊治」から「尊」を授与されて足利高氏足利尊氏改名したくらいである。

さて、ようやく今回の新元号についてなのだが、

現在日本は「一世一元の制」ということで、

一人の天皇につき一つの元号しか制定されず、

その元号天皇の「諡号(死後に贈られる尊称)」になることが決まっている。

この諡号というのも、そもそも皇帝天皇を諱で呼ばないためのものだったりする。

そして、この元号を決定するのは内閣なので、

いわば天皇名前内閣首長である総理大臣が決めているに等しい。

まり新元号に「安」や「晋」の字が入った場合

偏諱授与ときわめて似通った構図になるのだ。

たか総理大臣が新しい天皇陛下に偏諱を与える」。

これは左翼よりもむしろ右翼問題視する事態だろう。

もちろん安倍晋三の諱は「晋三」なので、

名字である「安」はまだマシなのだが、

それでも安倍首相真の愛国者、真の勤王家であるなら、

自分名前が含まれるような元号は避けるのが当然だと思われる。

以上、長くなっちゃったけど、新元号に「安」が含まれることを危惧するのは、別にギャグでも難癖でもないよという話でした。

いや、まさか含めるわけがないじゃないか、本気で心配するなんて馬鹿馬鹿しいよ、という意味ではギャグだけどね。

2019-01-07

anond:20190107155053

ハゲ」「童貞」「キモい」と呼ばれても、まんこなんて言い返す下劣人間にはなりたくないものです。

そういう奴らはもっとひどい呼び名をつかうから性器よびなんて大したことないよ

anond:20190107154903

君の狭くて正義に満ち溢れた世界ではそうなんだろうね。

実際には女にひどい目にあわされた連中はいっぱいいる。

そういう奴らはもっとひどい呼び名をつかうから性器よびなんて大したことないよ

2019-01-01

anond:20190101212619

結局、関係性のある言葉なっちゃうんだよな

おばさんにおかあさんって呼びかけるみたいな

関係性を持たない年齢性別毎の呼び名ってないのか

2018-12-27

anond:20181227160859

詳しくないんだけど、「クリーンミート」でググって1ページ目に表示されるのは「クリーンミート培養肉」としている記事しか見当たらない。

試しに「クリーンミート 大豆」でググってみると「フェイミート」と言う語も検索結果に現れるようになった。フェイミートとは大豆などの植物性食品などで肉のような食感、味を再現したもののようだ。

英語版ウィキペディアでは clean meat は「試験管内で動物細胞培養することで生産される肉」の呼び名の一つとして紹介されている。

https://en.wikipedia.org/wiki/Cultured_meat

衝撃!「日本語が読めない日本人」は案外いる

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/toyokeizai.net/articles/-/256321

以下の文を読みなさい。

  『エベレスト世界で最も高い山である。』

上記の文に書かれたことが正しいとき、以下の文に書かれたことは正しいか

「正しい」、「まちがっている」、これだけからは「判断できない」のうちから答えなさい。

  『エルブルス山はエベレストより低い。』

捻くれたはてなーどもはこれが悪問ではないのかと言います

ちなみに私もそう思った捻くれたますだーです。

たぶん疑り深い人は「判断できない」を選んでしまいそうです。

それは「エルブルス山」についての情報が無いことが原因でしょう(ロシアの山ですって奥さん)。

例えば「エルブルス山」ではなくこんな特殊な山だったらどうでしょうか?

  (a)『サガルマータエベレストより低い。』→ 「サガルマータ」はネパールでのエベレスト呼び名。同じ山を指すわけですから「まちがっている」になります

  (b)『オリンポス山エベレストより低い。』→ 「オリンポス山」はギリシャの山...ではなく火星にある太陽系最大の山。ですからこれも「まちがっている」になります

エルブルス山」についての情報を持ち合わせていないため、これらのような特殊可能性を考えてしまうのです。

さて、こうした人でもすんなり答えられる問題にするには、どうしたら良いのでしょうか?

問題文に少し情報を加えてみます

  『エルブルス山はエベレストより低い。』→ 『ロシアエルブルス山はエベレストより低い。』

これで(b)のような地球外の選択肢は消せます

エベレスト位置を把握しているのならこれだけで(a)の別名説も選択肢から外せますが、そうでない場合考慮最初の文も変更しましょう。

  『エベレスト世界で最も高い山である。』→『中国チベットにまたがるエベレスト世界で最も高い山である。』

これならば疑り深い人でも大丈夫ではないでしょうか?

以下の文を読みなさい。

  『中国チベットにまたがるエベレスト世界で最も高い山である。』

上記の文に書かれたことが正しいとき、以下の文に書かれたことは正しいか

「正しい」、「まちがっている」、これだけからは「判断できない」のうちから答えなさい。

  『ロシアエルブルス山はエベレストより低い。』


...え?ロシア中国チベットも知らない場合ですか?

たぶんそのような人はこんなに疑り深くないので大丈夫です!

2018-12-26

anond:20181226162857

それも初期作品の設定であって絶対条件でもないよね

今やオートバイにすらあまり乗らないし

「実写のヒーロー物」「日曜朝やってる」「呼び名仮面ライダー」ぐらいしか共通点ない

いや、それは全くもってそうなんだけど、だったら「仮面ライダーである必要がないなって思ってさ。

「売れる」とかそういう商業意味はあるんだろうけど。

anond:20181226091334

それも初期作品の設定であって絶対条件でもないよね

今やオートバイにすらあまり乗らないし

「実写のヒーロー物」「日曜朝やってる」「呼び名仮面ライダー」ぐらいしか共通点ない

2018-12-14

2018年末になるので「なろう系」の今後のアニメ化話を少し……


一年上前に書いたのをたまたま読み返したら「そう言えばこれを書いた頃は『転スラ』はアニメ化決定していなかったのに、今はもうアニメ放送されているな」と思い返したので、つらつらまた書いてみることにしました。

前に書いた時には期待を込めた予想・想像でしたが、本当に『転スラ』がアニメ化された上に、更にもう放送されているという現実の展開の早さに吃驚です。

わず一年程度の間でこの現状です。

しか適当に描いた予想・想像でしたが、実際に2クール制作され、今のストーリー展開のペース、そしてOPから読み取れる予想では前に書いた通り書籍である6巻か7巻あたりのところで終わる展開になりそうです。

予言ではないですが、適当なことを予想して書いておくと(本当に正解した場合の時だけは)自慢できるから、書いておくもんですね。

まあ本編を読了済みで、ある程度は知見のある人なら予想できるであろう範囲のことでしょうけど。

とりあえず『転スラ』のことはこれぐらいにして、前に書いた時以降に「なろう系」と呼ばれそうなウェブ小説からアニメ化されることが発表された作品に注目して、今の現状を整理してみましょう。

もう数日で年末年始、つまりコミケになるのでこの時期には色々なアニメ化の情報が公開されると思われ、その中には「なろう系」のアニメ化もあるかもしれません。

そのコミケ前になってしまますが、年末年始バタバタしてしまう人も多いので、その少し前に情報を整理してみましょう。

まずは前に書いた時にはもうアニメ化の発表がされているものをチェックしてみましょう。


これらは最近色々な情報が解禁されましたが、『盾の勇者の成り上がり』がまさか2クール制作されるとは思いませんでした。

これは『転スラ』の予想はほぼ正解したのに対して、こちらの予想は反対にハズレました。

書籍版が結構長々と刊行されていてまだまだ終わる気配がない作品なので、博打……なのかはお金を出すスポンサー制作側の判断なのでなんとも言えませんが、前にも書いたとおり私の考えでは2クール制作するとは思わなかったです。

ただ書籍版が20巻を超える大長編なので、アニメ化を機に動けば大きいリターンはあるかと思います

「なろう系」と呼ばれる作品の多くは大長編なので、今後のアニメ化の試金石になるのかもしれません。

同じ会社から出版され、そして同じ雑誌コミカライズを展開している『無職転生』のアニメ化に繋がる流れの一環なのかもしれませんしね。

もう一つのアニメ化の『賢者の孫』。

こちらはネット民的な視点からウォッチ対象になりやすネタ枠的な存在ですが、「ED主題歌アーティストの “女性バーチャルタレント限定オーディション」というのを開催し、斜め上なのか斜め下なのか分からないですが、予想するだけ無駄方面ネタを散らしつつ、2019年4月放送が決定していることを知ることになりました。

前に書いた予想では強引に1クール……とか書いていましたが、『盾の勇者の成り上がり』が2クール制作されるならこちらもワンチャン……とかそんな想像も頭の片隅に。

さてどうなるでしょうか?


そして今回の本題ですが、前に書いた時以降にアニメ化が発表された順番にリストアップしてみます



最近は本当に多いので、ここに挙げた以外での「抜け」があるかもしれません。

あったらごめんなさい。

まずは上には挙げませんでしたが、アニメ化が告知され、そのわずか数日後には制作中止となった『二度目の人生を異世界で』を取り上げないと、今年は語れないのかもしれません。

中止になった経緯は余りにもイレギュラーパターンなので言及するにも難しいですが、(なろう系には出版からデビューした現役の作家さんもいますが)素人が下手に残すログって怖いですね。

チャイナリスク」という本来言葉意味とは違うのか違わないのか微妙なところですが、今の時代アニメ海外配信も当たり前の時代なので、色々と各方面に向けてのチェックというかフォローが難しくなってきています

そしてそれとは別パターンですが、『ありふれた職業世界最強』はアニメ化と放映時期を発表してわずか一か月程度で、TVアニメ放送延期を告知するというよく分からない流れでした。

以降は動きをほとんど確認できないので、アニメ化がキチンと動いているのかは自分業界人でもなんでもないのでその辺りはよく分かりません。

『私、能力平均値でって言ったよね!』はアニメ化の発表がありましたが、今のところ特に追加情報ほとんどないのでよく分かりません。

出オチな系なコメディ色が強い作品なのでアニメ化した場合は、最終回をどうするんだろう?ってシリーズ構成の人の苦労を想像して出来上がりを楽しみにしたいと思います

異世界チート魔術師』。こちらもアニメ化の発表以降は追加情報ほとんどなし。

少年エースコミカライズが連載されているので、ヒーロー文庫よりももしかしたら、KADOKAWA方面から情報公開があるのかもしれません。

最近よく分類されやすい、チート&イキリなキャラカテゴライズされる系統作品なので、主人公に変な呼び名が付く可能性が高いかもしれません。

蜘蛛ですが、なにか?』は既にショートPV存在していて、それを観る限りはもしかしたら(大迷宮内での描写は)全編フル3Dアニメ作品可能性も。

PV以外はこちらも追加情報ほとんどないので、展開待ちでしょうか。

書籍版はKADOKAWAからコミカライズヤングエースUPと、KADOKAWAが表立って展開している作品です。

なろうの本編は今の展開に区切りがつけば完結の可能性が高いと思われますが、なろうと書籍版に展開の違いがみられ、それを並行で進めようとしているからか、最近ではなろうも書籍版も進みがスローになっているのが難点でしょうか。

作品の人気的には大迷宮での成長・進化テンポの良さが売りの一つだったと思われ、それが失われる後半のストーリーアニメ化には不向きな印象があるので、個人的には1クール強敵連戦危機・成長・進化連続で怒涛のハイペースがどう描かれるかが注目と思っています

魔王様、リトライ!』は「モンスター文庫」という双葉社から出版で、「モンスター文庫からは初のアニメ化になります

「なろう系」としては余り際立った特長を感じるタイプ作品ではないですし、固定ファンが多いというわけでもない作品なので、アニメオリジナルラスボスが終盤に登場する展開もありそうな気がする作品です。

乙女ゲーム破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』は「なろう系」としては、女性向け作品アニメ化としてはお初のモノになるのかもしれません。

基本的女性読者向けの作品ですが、内容的には恋愛コメディになるので、メインキャラの男女比率も同数程度ですし、アニメの仕上がり次第では男性にも幅広く楽しめる作品として受け入れられる可能性は高いです(最近女性向けのアニメ作品が、男性にも受け入れられる程の人気を得るような作品が出ていないので、久しぶりにそういう作品を見てみたいという期待を込めて)。

原作イラスト担当されている方がそのままコミカライズ作画をやっていて、コミカライズも評判が良いので、個人的には何気に期待している作品だったりします。

『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』は「小説家になろう」ではなく、KADOKAWAの「カクヨムからまれ作品になります

まあ色々と面倒なので「なろう系」と大別しても余り問題はないと思いますが、そういうことにうるさい人も多いので注意しましょう。

この作品成功するかどうかは分かりませんが、KADOKAWAとしては「小説家になろう」(株式会社ヒナプロジェクト)にアクセス数と、最終的な公開管理権的なものを握られるのは悔しいことと思われるので、「カクヨム」でのヒット……はともかく、アニメ作品があるんだよという実績は欲しいでしょう。

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』は転生・転移系ではなく、VRによるMMORPGもの

転生・転移系とは違う「なろう系」の定番パターン舞台設定で、簡単に言えばSAOからデスゲーム要素を抜いたもの説明するのが正解でしょう。

あれ?そう言えば今回リストアップしたアニメ作品は、この『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』を除けば、全て異世界転生・転移系になりますね。

そして巻数・売上的にも妥当とは思いますが、別要素の問題があったので、『八男って、それはないでしょう!』がアニメ化の発表にはまさかと吃驚しました。

作品のものは内容的に特に問題はないと思うのですが、同じ作者の別作品が「チャイナリスク」がありそうな状態だったのでアニメ化はないなと自分は考えていたのですが、いつの間にかその作品はなろう上から削除されたので、リスク管理した上でアニメ化の動きを進めていたようです。

個人的に注目は、『乙女ゲーム破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』と『蜘蛛ですが、なにか?』ですね。

乙女ゲーム破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』は「悪役令嬢モノ」とも分類される系統作品で、これがヒットすると他の女性向けの作品アニメ化への追い風となるかもしれません。

蜘蛛ですが、なにか?』はショートPVの出来が良かったので、これならアニメ映えしそうだなあと思いました(大迷宮編は好きなんですよ……)。




という感じでアニメ化が発表されている作品を軽く紹介してみました。

整理して見直してみると、多いですね弾数が。

実際どれがヒットするのかはアニメ本編の出来次第なところもあるので予想は難しいですね。

そうなると今後アニメ化しそうな作品を予想してお茶を濁すのが一番でしょう。

自分としては、コミカライズが(一応は)少年向けの限界突破な『異世界迷宮ハーレムを』を挙げてみたいと思います

なろうの方の原作更新がほぼ止まっていますストーリーストックはありますし、エロ系は一定需要があるので(笑)、これはアニメ化するんじゃないかなあと予想しておきます

あと2019年は「カクヨムからアニメ化をKADOKAWA積極的に展開しようとするのではないかと思わるので、『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい』あたりも候補に挙がっているんじゃないかと予想しておいてみます



そして今年『転スラ』がアニメ化されたことで、残る超大物は『無職転生 - 異世界行ったら本気だす -』と、「このライトノベルがすごい!」では単行本ノベルズ部門で2年連続1位と圧倒的な強さを誇る『本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~』ぐらいになるでしょうか。

本編そのものはどちらも完結していますが、そのどちらも超大長編なので1クールでのアニメ化はまずないかと思われます

4クール用意しても多分完結しない可能性が高いですが、かつてはNHKでは『彩雲国物語』や『ログ・ホライズン』など分割になりますが4クール以上放映したこともあるので、『本好きの下剋上』はNHK枠でのアニメ化ならありえそう……と予想してみます

そうなると『無職転生』に関しては、先行している『転スラ』のメディアミックス展開の成功具合次第でしょうか。

あとはPV数と売上的には、『とんでもスキル異世界放浪メシ』と『転生したら剣でした』あたりが候補に挙げられるかと思います

「なろう系」の書籍化の際には「絵師ガチャ」で当たりを引けないとヒットしないみたいな話がネットに転がっていますが、更にアニメ化まで繋げるには「漫画家ガチャ」で当たりを引くと倍率ドン!のような気がしますので、『とんでもスキル異世界放浪メシ』と『転生したら剣でした』の2作品に関してはコミカライズの出来が良いので、そういう意味アニメ化に近いような気がしま(笑)


さて他に識者の意見を参考にしたいと思うので、ブックマークした上でアニメ化される作品を予想してみてコメントしてくれたらありがたいですね。

「あ、この作品もあったな」みたいなこともあるかと思いますので。

2018-12-13

anond:20181213152927

技術または現象としての魔法がない世界もあるのだが、ぶっちゃけ異世界という感じがあまりしないのが難点

地球物理に縛られているということでもあるし、単に呼び名変えただけじゃねという内外の批判にも耐えられない

歯車ひとつとっても、歯車である時点でだいたい地球産だ

2018-12-09

芸人って言うのやめてほしい

お笑いタレント漫才師、なんと言っていいかからない芸能人人達総称して芸人と言うのが一般的に浸透してるけど

芸人自称する人の中で「おまえは何の芸があるわけ?」という人がいっぱいいる。

韓国だとそういう人の呼び名としてギャグマンっていう言葉があるんだけど(おそらくコメディアン語源日本でもそういう軽めの呼び名が定着すればいいのに

2018-12-05

anond:20181205093411

しらんけど、暗号的な呼び名ゲートウェイ=発展場 的なニュアンスイベントを開催したりすることがあるんじゃなかろか。

「〇〇くんを励ます会」(ヤクザ映画でよく見る慰労会)みたいな。

2018-11-27

anond:20181127210120

こういう自分意思ではないのに、男がセクハラ加害者っぽい呼び名をつけるのはちょっと

男もセクハラ被害者というなら、その主体は誰なのか、Itなのか、明らかにしてほしいし

2018-11-19

[]【3】2018 晩秋広島博多別府

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181119190934




コンパクトな予行演習


安さ優先の一人旅といえ、ユースホステルで眠れる自信がなかったので、予約サイトで一番安いビジネスホテルを取ったは良いものの、2泊7,000円のホテル風呂トイレ洗面室は共用の上、冷蔵庫もなく、カーテンを開ければ階下に斎場というなかなかの感じで一瞬たじろいだ。

バス移動もコンパクトだったが、このコンパクトさも結構ものだ。

ともかく部屋に荷物を置いて、一旦2日後の新幹線切符の購入と夕食の為に広島駅へ向かう。

日はすっかり暮れていた。


広島駅切符を購入し、尾道ラーメンで腹を満たした後、ホテルに戻る為、煌びやかな夜の広島を歩く。

ホテルに戻りたいっていう安心感は旅に結構重要なんだよな、高くてももう少しホテルを選べば良かったかな」と思いながら、夜風に当たっていると、長距離バスの疲れか眠気が襲ってきた。

フロントで教えられた共同浴場で一風呂浴びて寝よう。


一階に備えられた共同浴場は小ぶりの銭湯の様な感じで、「他に呼び名は無いといえ『大浴場』は盛りすぎなんじゃないか」と思った。

しかし、小さいながらもサウナも併設の浴場は、ユニットバスより余程つかれを癒すのにもってこいで、「サウナに個室の寝室がついていると思えばこれはこれで悪く無いかもな」と思い直した。

旅の最終日は大分別府温泉だが、ここで一先ず先に湯治の予行演習だ。


【4】2018 晩秋、広島・博多・別府 3日目|3日目 ゴジラと朱の大鳥居 へ >>

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん