「カーテン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カーテンとは

2017-11-19

無職人生初めて占いに行ってきた

今まで占いあんまり信じていなかった。朝の占いとかも見てもへ〜という感じで対面の占いは当たるのかなと疑っていたのである

はい転職活動無職であった。

面接へ行っても落ち、モチベーションが下がり毎日だらだら職探しはおり生きてる意味がわからなかった。

そうして面接をした会社から連絡があり採用のお知らせが来た。

でもわたしは新しい会社へ行くか迷っていた。

1ヶ月の期限を決めてバイトしながら転職活動をもっかいするという選択肢もある。

でも早く返事をしなければいけない。

そうして今日ふと思い立って人生初の占い行って聞いてもらおうと思い行ってきました。

占い簡単感想メモ

値段はお店によってまちまち。

初回サービスをやってるとこがある。

HPで予約して先生が空いていれば1時間後に会える手軽感がすごい!

さっそく予約してお店で向かう。

お店に向かう途中で占いでどんなことを話すか迷う。

悩みとしては転職のことと人生が定まらなくてどうしよう的なことである

こういう悩みはハロワカウンセリング案件なのは自分でもわかるが

今すぐ誰かに聞いて欲しかった。

占いカウンセリングの境目難しいね

キドキしながら予約しながらお店に入る。

入り口に受付はなく、先生カーテンを開けて迎えてくれた。

なるほど一つ一つ壁とカーテンで区切られているので個室っぽく他が気にならない。

お金は前払いで相談スタート

まずは手相を見ながら色々とアドバイスをくれる。最初は良いことばかり言うな〜と思ったがちゃんとあなたはここが苦手ね、ここが悪いとこ、と言ってくれる。当たってる!

悩んでることを当ててくる。

肯定感も嬉しい。

占い師さんが言ってることが正反対の時はどうしたらいいんだろう。

すごく褒めてくれるから実際のわたし違うよ〜とはいいにくかった。

自分から喋るのが苦手で相手が喋ってる間にこれはどうですかね?と聞くタイミングが難しかった。

仕事の話しが終わったらお次は恋愛占いをしてくれた。

行く前は占ってもらうジャンルは1個に絞らないと思ったけれど時間が余ったので1個でもなくて良かったらしい。

晩婚になるかもだけど結婚してる!

相手はこんな感じの人と聞いて少し嬉しくなった。

今は恋愛とか考えられなかったので少し気分転換できた話題でした。

実際に行ってみて感じたのは、

重めの相談は流されるのでそちらはカウンセリングへ。

気軽(?)に相談したい場合占いへと感じ。

若い子がお姉さん、お母さんに恋愛相談に気軽に行くみたいに占いへ行く気持ちが少しわかった、気がします。

悩んだニートはぜひ占い

肯定感もらえるぞ、、!

2017-11-15

次の行動指針を立てた

背景

目的

方法

実行

考察

  • 目的は達成された
  • どれぐらい時間かかった?
  • 2週間か。悪くない

2017-11-11

anond:20171110125209

入院中に検査のための骨髄穿刺はしたことがあるけど、そのとき局所麻酔だったし、主治医から外来でもできる検査から安心してって言われてた

なんで骨髄提供だと全身麻酔なんだ? と思って調べてみたら、採取する骨髄液の量が段違いに多いらしいね

ちなみに私は手術室ではなく、6人部屋の病室で、自分のベッドの上で骨髄採取しました

(もちろんカーテンは閉めて)

ベッドにうつ伏せに寝て、2人の男性研修医主治医男性)と女性看護師1名に囲まれながら、パンツ(下着)をお尻の半分くらいまでずりおろされたときが一番恥ずかしかったですね

あとは局所麻酔ガンガン打って、尻の上あたりに例の極太注射針をねじ込む(?)んですけど、麻酔が効いてるから全然痛くない

でも骨盤かなんかに穴を開けてる感触は伝わってきます

例えるなら、下から生えてる親知らずを抜くときみたいな感じですよね

痛くはないけど、なんか工事してる!骨をゴリゴリしてる!!っていう

6箇所も穴開けられたって書いてるけど、その穴の跡、全部茶色いシミになって残ってません?

私は2箇所に穴開けましたが、何年経ってもそのときの跡が消えません

一応女性なので、体に跡が残ったことはけっこう気にしてます

もし自分なら、と考えてみたのですが、赤の他人のために自分の命をリスク晒し、更に体に一生消えない丸い跡がいくつも残るような骨髄提供はとてもできないですね…

2017-11-07

隣室の大学生がうるさい

毎日マージャンをやってるっぽい。

男性の低い声が自室まで響いて本当にうるさい。会話の内容も丸聞こえ。

マージャンの駒?をかき混ぜる音も聞こえてくる。不快

今までも何度かうるさくて、耳栓を使ってたんだけど、今日は無くしちゃって耳栓なしで過ごしてる。耐えられない。

ベランダ喫煙もしてるみたいで、超くさい。カーテン洗濯物に匂いもついたし最悪。

さっき電話クレーム入れたけど「全室に注意喚起の用紙を配布します」とのこと。

この対応も何度かしてもらったんだけど…効果ないんだよね。

どうしたら喫煙騒音減らせるのかな…。

私が神経質なだけかな。

意味いかもしれないけど、話し声を録音してみた。)

11/9追記

コメントトラバくれた方ありがとうございました。

騒音イライラして、思いつくままに書きなぐってしまいました。。

先日管理会社から連絡があり、私以外の部屋からも苦情が出ているとのことで、直接注意していただけることになりました。ベランダタバコも注意してくれるそうです。しばらく様子見です。

近くに大学もなく便利で住みやすいので、このまま静かになってくれると嬉しいのですが。

2017-11-06

ノート文字がかすれて消えそうだからここに置いておく(一応ネタバレ注意)。

1

Adulthood

二人の子から二人の大人へ。最終章「Adulthood」をクリアした。

understand, useless, needed, disable, lost and love

あの出来後のと翌朝。二人でインスタントの朝食を食べ登校する。二人で登校したことで Hanako は注目を浴びてしまい逃亡してしまった。

学校をサボって公園を歩き考え続ける Hisao。考えていたことは二人の間の壁について。昨夜の出来事があったといえども二人の間には互いを理解することを妨げている壁がある。Hisao は Hanako と話をしてその壁を壊したかった。後ろから声をかけられる "H...Hisao"。

Hanako も外出をして公園に来ていた。Hisao の前から逃れて、結局出会ってしまう。とうとう Hanako 自身気持ちを尋ねる Hisao。Hanako の返答は彼の思い込みを打ち砕くものだった。

あの夜の出来事は Hisao の大切な人になりたかたから、他の人より私を見て欲しかたから、庇護対象ではなくて一人の女性として扱って欲しかたから。Hanako告白は Hisao を強く動揺させた。そして告白をした彼女自身も、そんな自分に対して嫌な女だと自覚していた。

"Was... I wrong?"

もちろん彼女は悪くないと思う Hisao だが言葉が出てこない。Hanako告白は続く。家事の前までは少ないけれど友達がいて周りとちゃんとやれていたこと。大火傷を負ってからは全てが変わったこと。周りからの反応で深く傷ついたこと。傷つくことを拒否するために人と関わることを止めたこと。自分が消えてしまえばいいと分かっていたが、人との関わりを止める方がより簡単だったこと。Yamaku 学園に行けば再び社会との接点を見つけられるかと思ったこと。そして Lilly に出会たこと。Lilly と出会って友達になれたけど、Lilly は Hanako ができないことをなんでもできてやっぱり自分は useless だと思い知らされたこと。そして Hisao に出会たこと。Hisao も Lilly と同じで Yuko と簡単に仲良くなれたりして、自分はすぐ不要ものとして切り捨てられてしまうと思ったこと。それは嫌だったこと。誕生日世界中の人が疑いもなく正しくて幸せだと思い込んでいるので、useless な自分はとてもつらかったこと。朝、ベッドで寝ている Hisao を見て、やっぱり自分は切り捨てられてしまうと思ったこと。

そんな Hanako に Hisao は衝撃を受ける。今までか弱くて自分庇護しなければと思い込んでいた Hanako は守られたいと願う子供ではなかった。

語り終えて下を向く Hanako に対して Hisao は振り絞って語りかける。

Hanakoパニックを起こした時心配たこと。寮の自室に閉じこもった時は彼女に拒絶されているのではないかと感じたこと。それからいろいろ考えたこと。

そう言う Hisao に対して Hanako は思わず叫ぶ "I wasn't rejecting you!"。

Hanako がつらくて悲しくて Hisao を押しのけてしまった時も Hisao は彼女を捕まえていてくれたこと。そんな Hisao や Lilly 達の重荷にはなりたくなかったこと。それは Hanako の心から叫びだった。

二人の間にあった壁は崩れた。壁を崩すのに痛みがともなったがとうとう二人は正面から向き合った。

Hisao は続ける。心臓の異常が発覚した時とても怖かったこと。社会から切り離されて Yamaku へ来て自分人生が一度壊れたこと。でも Hanako出会って一緒に過ごして友達になって再び自分を取り戻したこと。そして失ったからこと Hanako気持ちを通じあわせられたのだと。

これは Hisao からの I need you だった。

ずっとずっと自分は useless だと信じていた Hanako はこの言葉を聞いて座り込んで泣き出した。そしていっぱいメチャクチャにしてごめんなさいと謝る。Hisao は彼女を抱きしめてそんなことは言わなくていいという。

そして自分は useless なのにと言おうとする Hanako

"You're my firend, Hanako! You're... No, you're more than that. I love you, Hanako."

泣き続ける Hanako に Hisao は寄り添う。Hanako はずっと自分必要人間だと言って欲しかったと泣く。

ようやく泣き止んだ Hanako に Hisao はいい天気だからこのままクラスをサボろうと提案する。でも……と迷う Hanako に対して大丈夫謝ればいいだけだよと言う Hisao。そんなことができないと拒否する Hanako。だが Hanako はやれる、絶対できるし、力が必要なら自分を頼ってと言う Hisao。そして二人は同じ道を歩いているんだから互いに助け合うのは当然なんだと言う。

"This called love."

公園を抜けて商店街を歩く二人。互いにたがいを横目で見つめながら歩く。なにかを思案しているように見える Hanako に何を考えているのかを聞く Hisao。立ち止まり一心な表情で Hisao に答える。Hisao に私からあげることができることがあると思う。でもそれにはすごく長い時間がかかると思う。だから恥ずかしいけれど、これが最初の小さな贈り物。

Hanako は Hisao の肩に両手を置き、ゆっくり顔を近づけた……

(Fin.)

2

Hanako 編は図書館から始まる。図書館で見かけた Hanako は夢中で本を読んでいた。クラスメイトだと思い出した Hisao は同じ本好きとして Hanako に話しかけるが、全力で逃げられる。

Lilly と出会い再び Hanako と Hisao 。 Hisao - Hanako - Lilly と三人の生活が回り始める。

基本的に仲良くなる→逃げる→もっと仲良くなるというのが Hanako 編。

彼女の逃避は後半になるにしたがってより深刻さを増す。

1. Lilly

Hanako の一番の友人。より正しくは唯一(Yuuko も一応友人だが)の友人。目が見えないのでよく Hanako が買い物に付き合う。

優美な身のこなしでありハイソ雰囲気を持つ。実際言葉遣いがとても丁寧。外見もスコティッシュハーフであり金髪アンド碧眼アンド長身スタイルがいい。

Hisao と Hanako の隣のクラス class represent を勤めており、Hanako と異なり交友関係も広い。

Hanako は Lilly のそんな万能っぷりを頼り、あごがれ、そして対照的自分に対して無力感を抱いている。 Lilly にとって自分価値のない人間だし彼女の重荷にはなりたくないと思っている。

Lilly は、 Hanako は守ってあげなくてはならないけれど、このままでは Hanako にとって良くないとも感じている。

Lilly は Hisao が現れたことで、 Hanako に良い影響が起こることを願っている。

2. Hisao

つい数ヶ月前まで健常者だったが、突然心臓病を発症しそれまでの社会から切り離される。そんな彼為のために両親は障碍児のための学校 Yamaku 学園に転校させる。見慣れない disable (盲目、手足の欠損、聾啞)にはじめは驚いたり疎外感を感じたりしたが、それぞれのユニーク個性を知るにつれて(足を使ってすごい絵を描く Rin義足なのにものすごく足が速い陸上部エース Emi、目が見えないが深い洞察力を持ちできないこととできることの違いを見せてくれる Lilly、聾者だが生徒会長を務める Shizune) disable について理解をしていく。

やがて Hanako、Lilly と仲良くなりともにボードゲームをしたり、お茶をしたり、誕生日会を開く仲となる。そしていつしか Hisao は Hanako の力になりたい、守ってあげたいと思うようになった。

しかし Lilly が家の用事スコットランド滞在している間、 Hanako誕生日が来て、 Hanako の態度が急変する。順調に Hanakofriend-ship を築けていると思っていた矢先に Hanako教室から姿を消し、自室に閉じこもる。 Hanako との関係が壊れるのを心配する Hisao だがどうすることもできない。 Hanako が姿を消してから Hisao はこれまでのことについて初めて考え始めた。そしてこれからのことについて自分が取るべき道を探し始めた。

自室から外へ出てきた Hanako だが、 Hisao は相変わらず彼女自分の間に壁があるのを感じてしまう。なんとか Hanako彼女のことを理解したいと願っていることを伝えようとして、 Hisao は自分の胸の傷を彼女さらす。自分も傷を負っているかHanako は独りではないと伝える。

Hisao の傷に触れた Hanako 。また一つ二人の絆が深まったように感じた。

数日後、図書館勉強していた Hisao 。やってきた Hanako に、 Hanako が自室にこもっていた間ずっと考えていた彼女過去について教えて欲しい、と Hisao は言った。ずいぶんとためらったがとうとう Hanako真剣な表情で語り始めた。

多くの生徒が下校をして静かな校舎の中を二人で歩きながら、 Hanako は昔の火事について Hisao に語り始めた。深夜に突然火が出たこと、熱から逃れようとして体を丸めて小さくなっていたこと、彼女の両親が彼女に覆いかぶさって守ってくれたこと、体の半分だけ助かったこと。

二人はいしか Hanako の寮の部屋まで来ていた。入室を躊躇する Hisao に対して Hanako はドアの鍵を閉めてと言い、カーテンを閉じる。そして大きく息を吸い、覚悟を決めると、ブラウスブラジャーを順番に脱ぎ落した。 Hisao が彼女に傷(心臓手術)を見せたように彼女も傷(火傷)を見せたのだ。

そんなことをする必要は無いと言う Hisao だが、 Hanako はこれが私だからと傷を見せる。そして二人は......

(二人のプレイの後、息も絶え絶えな Hisao は心臓発作の兆候を感じていたところがリアルだった)

はじめは Hanako を守ろうとしていた Hisao だが、結局それは間違いだった。

守るというのは守る人間と守られるべき人間関係だ。その関係は非対称であり、守る者は守られる者に対して優位な力を持つ。

では恋人夫婦としての庇護関係はどうなるだろうか。

3. Hanako

出会いはひどいものだった。話しかけられて、自分空間に入られて、そして目が合ってしまった。

"I..."

"I...I..."

"Ivegottogodosomething!"

パニックになり全力で逃げてしまった。これが出会いであった。

Hanako 編に入ると Hide and Seek (かくれんぼ)という Act がある。彼女と親しくなるということは Lilly や Yuuko そして彼女自身の中に隠れている Hanako を見つけ出すことだ。いろんな彼女がいる。

Life of Pie を読みふける Hanakoチェスを好む Hanakoドールが好きな Hanako 、 Lilly とお茶を飲むのが好きな Hanako 、外へ出る時は顔が隠れるように大きなキャスケットを被ること、火傷の痕を隠すために左側を歩くこと。

何を書いているのだろう。まとまって体系だったことを書かなくては。

3

Disable

Katawa Shoujo とは disable である人々が able であることに焦点を当てた作品だ。例えば Emi は両足が膝より下がないのに、競技義足で誰よりも早く走れるし、 Shizune は聾唖であるクラス委員生徒会長を務めあげる才媛だし、 Rin は両腕が無いのにもかかわらず足で見事な絵を描く。そして Hanako親友の Lilly は、全盲を苦ともせずクラス委員であり友人も多い社交的な女性だ。

ハンディキャップをかかえながらできないことを嘆くのではなく、できることで生活を組み立てている。

それでは Hanako の disable と able は何なのか。実は Hanako には先にあげたヒロイン達のような disability は無い。右半身に皮膚がひきつれるひどい火傷の痕が残るが五体満足であり、他のヒロイン達のような明快なハンディキャップは無い。では Hanako の able は何か。目が見えること?耳が聞こえること?意外と足が早いこと?両腕があること?そう Hanako の able とはそれだけなのだ。 Lilly しか友人はいないし、他人視線が怖くてたびたび授業を逃げ出すし、人からしかけられると赤面してしどろもどろになる。 Hanako とまともに会話できるのは Lilly と Yuuko 、Lilly の姉 Akira、そして Hisao のみだ。Hanako の disable とは able の裏返し、彼女は肉体的に able ではあれど精神的に disable なのだ

どのヒロインも多かれ少なかれ悩みや心の傷はあるが、 Hanako は突出して深く、彼女ストーリーは見えない心の傷とその象徴である人目を惹く火傷の痕をメインテーマとして進む。

Hanako過去トラウマフラッシュバックに襲われて痙攣するレベル)のせいで、火傷の痕を見られることをひどく嫌がり恐る。そのため、普段は髪の毛で顔の半分を多い、人目が多い場所に行く時は大きな帽子を被りLilly の左側で小さくなり、顔の右側にある火傷の痕への視線を遮ろうとする。彼女が心を落ち着かせることができるのは、親しい友人と部外者が来ないところでひと時を過ごすことだけだ。悲しいことに、自分の部屋では外部から侵入者を防ぐことはできても、彼女を苦しめる悲しい思い出が甦るのは防げないのだ。

彼女の disable は他のヒロイン達が外見上のものに対して内面的なものだ。その disable の根本の大火傷が彼女の全てを変えた。親を奪い家を奪い社会を奪った。そしてそれは主人公の Hisao との共通点だった。disable が二人の出発点だった。

Able

「Disable」で Katawa-Shoujo のテーマとは disable の中の able である説明した。そして Hanako は disability を持たない代わりに able が disable になっていることを例をあげて紹介した。ここからはそんな Hanako の数少ない able から彼女の内と外を考察する。

読書

Hanako と初めて言葉を交わしたのは図書館でだった。図書館Hanako にとってクラスからの逃避先であり、本は現実からの逃避先だった。そして読書は Hisao との共通趣味であった。

本編の中で特徴的であるのだが、物語が進み Hisao と Hanako が仲良くなるにつれて、 Hanako図書室へ逃避する回数が減少する。 Hisao たちと外へ出たりして内から外への変化が見られる。しか図書館に来る描写はあるので、本から卒業したというわけではない。本は逃避先から趣味になったというべきだろう。

ゲーム(ボードゲームビリヤード)

振り返ると Hisao と Hanako が交友を深めるのはゲームを通してだった。空き部屋でチェスをすることで友達になり、パブビリヤードを遊ぶことで Hanako の意外と子供っぽい内面を知り、アンティークスタイルチェスセットを贈ることで喜ぶ顔を見た。

いつも Hanako感情を顔に出さず、自分から積極的に出ることもない。Shizune & Misha につつかれても困ってちぢこまるだけだし、知らない人に話しかけられると逃げるし、人に何かを協力してもらうこともできず独りで作業をする。

しかゲームで遊ぶときHanako はかすかに笑み、時には自信を持って駒を動かす。その普段とはちがう姿は Hanako本来気質---人見知りだけど、活発で、遊びに夢中になれて、ちょっと子供っぽい性格が浮かび上がる。

4 Children and Adulthook

Katawa-Shoujo では多くの登場人物高校生だ。高校生というのは肉体的には大人であり精神的にはまだ子であるという、大人子供狭間の期間である。そのためシナリオでも子供から大人への成長を軸とする。 Hanako 編では最終章が「Adulthook」である通り、 Hanako そして Hisao が大人への一歩を歩み出すことがエンディングを通して描かれる。

大人になる」にはいろいろな意味がある。例えば成人することは社会的地位を手に入れるということだし、親元を離れたことに対して「大人だ」と使われることもある。それでは Hanako と Hisao の場合はどのような意味で「大人になった(子供卒業)」のか。これには Hanako 編の主題である体と心が深く関係する。

よく知られた「大人になる」として男女ともに性交経験することがある。Hanako 編においてもこの意味で二人は大人になった。共に痛みを経験し( Hanako処女喪失。 Hisao は軽い心臓発作)一夜を明かしたことで二人は次のステージシフトたかに見えた。しかし後に分かることだが、二人は未だに子供のままの関係だった。

子供(children)という言葉は、作中で直接しかHanako言葉として現れる。

```

"All I ever was to you was... a useless person. Just someone... to protect. Someone like... a child."

```

小さい頃に火傷の原因となった火事により社会と切り離され、そのまま子供のまま育った Hanako は、 Hisao に庇護必要対象(=子供)としてではなく友人以上の人として見て欲しかたか自分の傷を全て見せたという子供のような思いを告白する。 Hisao はこの告白を聞いて自分が全く Hanako のことを理解していなかったことを痛感する。 Hanako の外面的性格ばかり見ていて Hanako がどう感じているかを考えていなかったこと。

しかし Hisao が自分病気のことその心情を同じように告白たことで、二人は互いに理解し合えることを確信した。そして自分相手かでしか考えられなかった二人は、自分相手を同じ道の上の存在として考えられるようになった。

Hanako 編では心をもって「大人になる」ことが提示される。

Hanako は声をあげて泣くことで子供時代に別れを告げた。そして大人最初の一歩としてラストシーン最初ギフト(てれる)を Hisao に送った。

Child

ここから感想(今まではまとめ)。

Hanako のことを語るには子供と成長についてが欠かせない。

子供の頃の Hanako は人見知りするけど純粋好奇心が強い子だったのだろう。しか火事人生を曲げられ、社会から切断され、その気持ちのまま体だけ成長した。自分の生きる意味を見失い、自分を守るため人と関わることを止め、ただ耐えていた。

Hanako が語る言葉に裏はない。 Hanako世界は見たままの世界だ。トラウマフラッシュバックに襲われたときには自分を責める自分の声を周囲に放射するけれど、それが嫌だから鬱の期間は自室にこもる。

フツウならばたとえ Hisao がテキストノートを机に広げていたとしても、勉強より Hanako とのやり取りを優先すると気づくだろう。また茶目っ気のある性格ならばそのことをからかうように勉強しているじゃないというだろう。でも Hanako は見たままを見るのだ(But...)。

Change

成長という言葉を使ったが、作中では Change が使われていた。 You can change という具合に。

変わること、変わるものはいつも Hanako の周りの世界だった(ムービーをみよ)。世界はすごい速さで動き続け彼女はその流れに乗れなかった。しかし Lilly と Hisao に出会たことで、自分でも自覚しないうちに彼女は変わっていた。授業を逃げなくなったこと、自分からしかけるようになったこと、きわめつけは Hisao を電話お茶に誘ったことだろう。そして何より彼女気持ち友達では嫌」。

(ちなみにお茶(デート?)に誘った時の迷台詞はこれ:

"If... if you're not busy... I-I was wondering if y-you would... l-like to... m---"

噛みっかみである。)

エンディングで Hisao は Hanako に変われると保証する。このとき Hanako もいつしか自分が変わっていたことに気づいたのだろう。

5 その他

2017-11-04

新しいカーテン

薄いオレンジ色のカーテンを新しく買った。

そのカーテンに変えてから毎朝良い感じになる。

朝日カーテンを通して差し込んで

部屋が幻想的なオレンジ色に包まれる。

よい買い物でした。

2017-10-29

夜毎に月が肥え太る

川原泉漫画カーテン纏って踊る剣道少年の話があったけどそれを思い出した

2017-10-22

精神科閉鎖病棟入院したときの話

うつおかしくなって自殺しようとしたとき

警察保護されて入院することになってしまった。

措置入院っていうやつで、自治体から強制から

医者がいいよって言うまで出してもらえない。

精神病院なので、もちろん閉鎖病棟。鍵がかけられていて、外に出られない。

ぶっちゃけ、悪い意味で、自殺したいという気持ちがなくなった。

まず、ほかの患者がヤバすぎた。

うつの人はほとんどいなかった。8割方統合失調症だった。

認知症か何かで意味のわからないことをブツブツいってるおばさん。

カーテンをめくって何してるか覗いてくるおじさん。

突然怒鳴りつけてくるおばさん。

全身に墨入れたおじいさん。たぶん元893

保護室という外から鍵のかけられた部屋では、「ここからだせー!!」って顔を窓に押し付けて怒鳴ってる奴もいた。

基本的に誰が暴れたりしてようがナースは我関せずで、通報すると「またかよ」って顔をしながら部屋に連れ帰って眠くなる注射を打って寝かしつけるだけ。

みんな、同じ病人同士なんだけど、頭がオカシイ同士だから

しょっちゅう凄まじい大喧嘩かになるし、

排泄がまともにできない人も含まれてるからトイレもすごく汚い。

犯罪歴があったり、大麻覚醒剤経験のある人が居たり、

話してて普段絶対知り合わないような人とLINEの交換をした。(退院後即、全員ブロックした)

たまーにまともな人もいるんだけど、突然なにもないところで大泣きしたり、やっぱり幻聴とかひどいんだろうなと思った。

聞いてる限りだと、家で面倒見きれないような人が長期間押し込められてるって感じだった。

当たり前だけど、措置入院患者医師許可がないと、

部屋に携帯の持ち込み、携帯の充電器の持ち込みなどの許可がおりない。

刃物NGはわかるけど、最初はコップと歯ブラシNGだった。

嘘でもなんでも良いから、元気で病気が治ったふりをして、医師の前では猫をかぶって入院して一週間で携帯を取り戻した。

措置入院の人は、自分意志では退院できないし、病棟から出ることが出来ない。

大体1ヶ月位で措置解除という手続きがあって、

任意入院という自分意志入院している形になり、

自宅外泊や外出をさせてみて、問題を起こさなかったら

退院許可が降りたら退院、という感じ。

どうやってこのやばい空間から抜け出すかだけを考えてたら、あっという間に退院にこぎつけた。

1ヶ月と3週間かな。

相変わらずうつだけど、もう閉鎖病棟には戻りたくない一心で、絶対自殺だけはしないって思ってる。

2017-10-21

V6が私を救ってくれた

高1の秋頃、学校に行くのが嫌になった。

通学途中の駅のホームに立てば、ここから飛び降りたらどうなるのだろうと思っていたし、学校が近づくに連れて心臓が破裂しそうなくらい音を立てて速くなった。

頑張って通っていたけど回復の兆しは見えなくて、朝決まった時間に起きれなくなったり、学校のことを考えると吐くようになったりした

私は学校へ行かなくなった。立派な不登校のできあがり。

外に出れば誰か知っている人に会ってしまうかもしれないし、昼間家にいると近所の人に自分がいることが気づかれてしまうのが怖くて自分の部屋のカーテンを閉めきって、出来るだけ音を立てずに暮らしていた。

そのころの唯一の趣味といえば、イラク戦争から帰ってくる軍人サプライズ家族を訪ねる動画YouTubeで観ることだった。感動なのかわからないけどその動画を見てると泣けてきて、今思えば自分以外のことで泣く理由が欲しかったんだと思う。

何もしないで1日を過ごしてたから、学力も当然落ちていったし、友達ほとんどいなくなってた。

自分が荒んでいくのがわかってたけど止められなかった。現実地獄なら地獄は何だ。どうせ今が地獄なら死んでも変わらないだろう。いや自分地獄に引きずり込んだやつを殺してから死のうと思ってた。

そろそろ死ぬかと考えているとき学校から呼び出された。狭い教室教頭学年主任担任と私の4人で、出席日数が足りないからこの場で退学か休学か選んでって言われたから退学を選んだ。どうせ死ぬつもりだったし。

その帰りの電車の中で1つの区切りがついたことだし死ぬための準備を始めようと思って、LINE友達から死ぬ前に会いたい人だけを残して他を削除した。200人から40人ぐらいまで減らしたと思う。40人の中に消すか迷っている子がいて、中学同級生で凄く仲が良かった子だった。その子ホーム画面がV6で、彼女の好きなものを見てから消すか判断しようと思った。今でも何でそう思ったのかは分からない。

退学が決まったその足でTSUTAYAに行ってV6アルバムを買った。どれを買えばいいのか全く分からなかったから、Bestって書いてあるVeryBestを買った。

まぁ聞いたことある歌もあるなぐらいで飛ばし飛ばしで聞いてたけど、1つの歌で信じられないくらいに泣いていた。

太陽のあたる場所」という歌だ。あれだけ自分はもう死ぬって決めてたのに、それを聞いたらやっぱりやめようと思ってた。図々しいけど、私のための歌だと思ったしこんな私でもV6応援してくれるって思った。本当に図々しいね

太陽のあたる場所 歌詞

http://j-lyric.net/artist/a001a50/l00a954.html

それからずっとその歌を聞いてた。朝から晩まで延々と聞いてた。聞いても聞いても飽きなくて今度はV6動画ネットで漁った。ライブが見たくてDVDを買いたかったけど、お金がなかったか飲食バイトを始めた。朝に起きる理由ができた。車の免許は持っていなかったから歩きでバイト先まで行くようになった。健康的になった。稼いだお金貯金しながら、過去に出てるV6作品を買う日々を続けていた。

そんなときV6ライブが行われることを知った。絶対に行こうと思って初めてファンクラブというものに入った。1人で行くのは寂しかたから、ホーム画面がV6の子を私から誘った。その子OKしてくれて2人で行った。行きの電車から共通の好きなもの話題で盛り上がって凄く楽しかった。

ライブが始まった途端に私は号泣していた。私を救ってくれた人が目の前に存在している事実が嬉しくて泣いた。私を救ってくれた人たちが私を救ってくれた歌である太陽のあたる場所を歌っていて泣いた。MC面白い話を聞いて自然に笑っている自分にびっくりして泣いた。ライブが終わる頃になると終わらないでほしいと思って泣いた。ライブからの帰り道にV6ライブの話をする人たちを見ていて、自分もその一部なんだと思えて嬉しくて泣いた。

2時間半ほぼ泣いていた。キラキラした会場の中で私を救ってくれた人たちが笑顔で私を救ってくれた歌を歌っていた。多幸感に溢れて泣いたのはあれが初めてだ。

V6が私を救ってくれた。私はV6きっかけにいろんなことができるようになったし、いろんなことを知った。

朝決まった時間に起きれるようになった。部屋のカーテンを開けられるようになった。昔の友達自分から連絡を取れるようになった。適度な労働は適度な疲労と充足感をもたらすことを知った。お金を稼ぐことが楽しいことだと知った。

V6が私を救ってくれた。私は高認をとった。周りから見れば凄く遠回りになったけど、高校卒業した。カーテンを閉めきった部屋にいる高1の私には全部できなかったことだ。

相変わらず通学路だった道を歩くとドキドキするし、今度また同じようなことが起きたらどうしようと不安になる日もある。

だけど私は何度でも立ち上がり歩くことができることを私の人生をもって証明したい。だから私は今歩いていけるのか試している途中だ。太陽のあたる場所を目指して

2017-10-13

今日多々良川

小雨

涼しい(けどカッパきてたら熱こもって暑く感じる

水位低い(川底が露出してないくら

生物なし

庭の柿の木にやたらカラスがきてて、カーテン開け閉めするたびに飛び立ってた

カーカーいってるときは、いるな、と思ってカーテンあけるけど、いると思わずカーテンあけてカラスが2話不意に飛び立ったときは驚いた

高いところにある実は届かないから鳥のゴハンになってる

カラスいるか小鳥がこれなくなってるかもしれない

2017-10-09

2次オタと3次オタの格差

昨日やってた某バラエティに、ラ○ライブ!好きで有名な某男性アイドルグループメンバーが出てたけど

その絵柄のカーテンとか、フィギュア並べてるところの写真が出た時観客がすごくざわついていた。

これが仮面ラ○ダーとかアイアン○ンとかスパイ○ーマンとかだとたぶん感嘆の声が挙がってたんだろうなと思う。

3次元→カッコイ

2次元キモイ

っていう大きな認識格差があると思うんだけど、これが埋まる日は来るのかな。

2017-10-06

anond:20171006122953

おれも画像検索してみたけど、最初の何枚かは窓にカーテンもついてないな。

2017-10-05

anond:20171005171420

短編小説を読んだことあるなー

毎日カーテンとかも洗ってて一日家事ですごしている

子どももいないから家で一人ではさびしかろうと

夫が飼ってきた子犬は、子犬が逃げたふりしてこっそり葬り

子どもは要らない、あなただけいればいいの…って

夫は一途な妻を可愛いけど不気味にも思ってて

正反対のさばさば女と浮気をしている

最後離婚しよう、それが始まりだみたいなの

今つらいこと

・外に出るのが恐い。

・外出するのに化粧するのも面倒、しかしいざ出ようとするとスッピン自分の顔に耐えられず、こんな見苦しい奴が外を歩けない、と鏡の前で何分も塞ぎ込みなかなか外に出られない。

カーテンが閉まっていないと常に誰かに見張られている気がする。

カーテンを開けたら見られている気がする(だから昼間も開けにくい)。

人間と会うのが嫌だから外に出たくない。

・外に出ても誰にも存在を気付かれないようになりたい。

・見張られて悪い噂をされている気がする。

人間が近くに来ると恐いので、電車では目を閉じて、歩く時には眼鏡を外して見えないようにする。

・誰かに何か怒られそうな気がする。

2017-10-03

隣の部屋のカーテンのシャーって音が響くマンション

普請、勘弁してつかぁさい。

anond:20171002224921

一人暮らし自分がお世話になったもの

レンジラーメン100均

ガスなしで袋めんが簡単に作れる

カップめんよりコスパいいし、一緒にキャベツとかもやし過熱して野菜ラーメン食べれる

電子レンジ

オーブンレンジではなくレンジ単体機能のほうがいい

オーブンつきだと使いづらいし高くなる

こいつさえあれば冷凍食品でもシリコンスチームでもだいたいあったか料理食えるしボタンひとつからめっちゃ活躍

俺的MVP

オーブントースター

パンピザ、揚げ物あっためるとき活躍するし安い

カーテン

分厚い遮光カーテンおすすめ

必要であれば断熱カーテンでもOK

盲点にしてダークホース

自分がいらなかったもの

冷蔵庫・・・コンビニの近くに住めばいらない。冷蔵庫あると余計な買い物してしま

洗濯機・・・なくてもコインランドリーでどうにかなった。洗濯物おおいと必須かもだけど自分はいらなかった

レンジパスタ・・・数回使ったけどやっぱりソースを同時にあっためられないのがネックで使いづらいと思って使わなくなった

・・・料理するの最初だけだった

そこの深いフライパン・・・兼用自炊してた頃は大活躍だったけど自炊やめて捨てた

2017-10-02

婦人科記憶

婦人科健診の予約をした。婦人科健診と言えば以前、検査の前に布で股間を拭けと指示されて

分娩台のような椅子に座らされカーテンが引かれて何かしらを突っ込まれ記憶が蘇る。

内部の違和感に思わずトイレに行きたいです」と言ったらカーテンの向こうから話し声。向こうには複数人いたのだった。私は全く知らなかった。

我慢して下さいねー」と言われ、腹の中をぐるぐるされながら何とか耐えた。またアレをやる日が来たのか…

2017-09-12

久しぶりに腹を抱えて笑った

妻が2泊3日で出張に行った。

私は妻が出張へ行った日に午後半休を取り、TENGAを買った。

妻とのセックスは多くもなく少なくもなく。内容も至ってシンプル

から妻がいない時こそTENAGAをフル活用し、自分妄想を虚空にぶちまけるのだ。

私は部屋のカーテンを閉め、吟味してDVDPCにセットした。

「プギャッホーー!ウォノホホ!」

私は固定されたTENAGAに対し夢中で腰を振り続けた。

「アオアォォォォォ!」

絶頂を迎える直前にPCの画面が消えた。読み込みエラーで停止した。

するとPCの画面に獣のような顔で腰を振っている自分の姿が映った。そして、近くの鏡にも。

なんと間抜けな姿なのだろう。ズボンおろし、TENGAに腰を振っている哀れな姿。

私は声を上げて笑ったと同時に射精した。

笑いながら射精した後、これまで感じたことのない平和気持ちが訪れた。

私は軽い腰と共に外に出て、コンビニ募金箱に1000円札を入れた。

勿論シャワーを浴びて手を洗っている。

また笑いながら射精したいが、きっと無理だろう。

2017-09-07

ビジネスホテルの清掃

仕事地方ビジネスホテルに泊まってる。

会社がとってくれたし、へんぴな場所柄、他に選択余地はなかった。

宿泊代金は会社が出してくれる。

から文句は言いづらいのだが、部屋がとても汚い。

ちゃんと掃除してない。

ビジネスホテル、久しぶりに泊まったけど、こんなもんか?

そこまで古くはないホテルだ。

けど、ちゃんと掃除してない。

ユニットバスシャワーカーテンのレールの棒が普通にカビ生えてそのまま。

クロスにとんだコーヒーかなんかの茶色のしみがそのまま。

しみついてとれないのかなと思って、濡れたティッシュで軽く拭いたら、普通にとれるし。

これで朝食付き九千九百円。

六千円くらいなら、まあ、ガマンしようかとも思う。

けど、ほぼ一万円出して、この部屋は酷いわ。

ないわ。

2017-08-21

ベランダ喫煙を咎められてどこで吸えばいいんだ!って逆ギレしてる喫煙者

なんで自宅に喫煙ブース的なものを作らないの?

一人用の喫煙ブース20万くらいで売ってるみたいだし

そこまで本格的じゃなくてもカーテンで区切って空気清浄機を置くくらいでも

大分違うと思うんだけど。

それすら許容できないような家族なら他人迷惑かける前にまずそこときっちり話あえよ

2017-08-19

主婦が暇だなんて馬鹿言っちゃいけない。

夫はトイレ掃除なんてしない。

庭木の手入れなんてしない。車もベッドもカーテンにも金を使わない。

その癖、風呂場で尿を垂れ流す。篭るアンモニア臭風呂の洗剤はいつまでも補充されない。

私はそれをどうにかしなきゃいけない。子作り?背中が汚いあん人間に抱かれるなんて勘弁願いたい。

かいアパート

2ヶ月に1回ぐらいの間隔でカーテン洗濯してるの見かけるんだが、神経質すぎんか?

しかネット検索してみたら2ヶ月に1回は洗いましょうと推奨していた。うーん、そんなに必要かなあ・・・

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん