「脚本」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 脚本とは

2018-04-18

名探偵コナン ゼロの執行人 を見た

なんや全然アクションせえへんで。って思ってみとったら中々ええ脚本でな。

なんかこう、相棒みたいやなって具体的に作品比較して見てもうてん。

コナンの行動理由も近年では珍しい感じ。原点回帰やな。まぁ近年全部見とるわけとちゃうから、そのへんは曖昧にしとこか。

で、もう安室透のことを劇場に来てる人はみんな知ってる設定なんやな。

まぁ純黒を見た時にわりと後悔して、今回もそんな感じしたから、頑張って事前に色々と勉強して見にいってん。褒めてぇや。

それで、まぁやっとアクションや。

おお、すげぇな。すげぇ…おお~。金払う価値ある映画になっとるで。コナン映画が。

って思ってたんやけど、途中から

コナンスケボー凄いけど……お前、おい、お前…子供一生懸命走っとんのやぞ…

車に…車に乗せたれよ…

車に乗せえよ…

車に乗せたってくれよぉ!!!

お…!乗せるで!

いや乗せへんのかぁい!!!!!!

ってなってそこに気持ちを奪われてたら、なんか事件解決して席でソワソワしだしたんや。

これ…ここで終わるんか…終わるんか……

うわ…これはここで終わるな………

終わった……


いや終わらんのかぁい!エンタメやな!物足りへん言うとこやったわ!!!!

そっこからはもう、なんかわけわからんアクション映画しとったな。あんなん見たことないで。ラピュタ世界でも見たことないで。

でもめっちゃ満足したわ。うん。いやーコナン全部見てへんけど傑作の部類に入るんとちゃうかな。

よぉできた映画やったで。

冒頭で警察めっちゃ死んでて可哀想なんやけど、その辺スルーすんのかな。

そういう残忍なコナンも好きやで。

ネタバレパシフィック・リム:アップライジン

オペレーター怪獣が四体発生しました! なぜか日本に向かってます富士山です!」

司令「何故怪獣たちは富士山を?」

博士レアメタルだ」

司令「えっ?」

博士富士山の地下にはレアメタルが沢山ある。それを怪獣は狙っているのだ」

司令「(……?)れ、レアメタルなんですね! それは大変だ!」

博士「それと富士山の地下は世界火山とつながっていてうんたらかんたら」

司令「(……???)そ、それは人類危機ですね! 今すぐ対処しなければ!」

みたいなシーンがマジであって、その瞬間から脚本知能指数が1/10くらいにになってんの。正直おっそろしく雑で見てらんなかった。

どうしてこんなことになったのか……

2018-04-13

銀英伝の新アニメ、わざわざ第1話宇宙会戦を持ってきておいて、

CGできれい作りました」以外なんもなくてがっかり

演出デザイン脚本どれをとっても、

SFに切り口も哲学ももっともらしさもなんにもない。

ガンヲタ薄っぺらオナニーであるガンダムUCと同じ臭い

モーパイのわくわくする感じを勉強すべき。

コナン映画観たぞ

相棒櫻井脚本からテレ朝色(左翼)を抜いた感じ

実況しながらだと確実にキャラの相関図分からなくなるタイプのお堅い警察

あとガンダム

純黒もだいぶ逆シャア入ってたが

あの安室シャアより弱いアムロって感じだったが今回の安室はかなりアムロだった

連邦の白いモビルスーツは化け物だった

一年後の実況板が楽しみ

あそこおっさん多いしな、盛り上がると思う

アニメ」が苦手なオタクの話

家族の影響で家には大量の漫画があり、小さいこからそれを読んで育ってきた。ラインナップはメジャーからサブカルまで様々だ。新しい話題作もどんどん入ってくる。ジャンプを始めとして漫画雑誌も様々読んでいたし、自分お小遣い漫画を買うことも多かった。そのほとんどを読んで育ちながら、ひょっとして自分結構詳しいのでは?”そこらのオタク”では適わない”強さ”を持っているのでは?そんな風にイキっていた。

成長し、”オタク文化”に触れるようになると、その認識根本から間違っていたことがわかった。オタク文化というのはアニメ文化のことらしい。

俺はアニメほとんど見ずに育ってきた。そうすると、びっくりするほど話が合わない。他の人と知っている作品の話に参加しようとする。「あの声優が、あの脚本が、あの作画が、あのOPが…!」何も言ってることがわからない。どうやらオタクコミュニケーションアニメで成り立っているようだ。

仕方ないので、勉強と思ってアニメを多少は見るようになった。まあ食わず嫌いは何でもよくない。…うーん。文脈がわからないなあ…。漫画だったら「右上から左下に読む」みたいな、根本的なところからからない感じがする。知らない作品ならまだいい。知ってる作品アニメを見ると、なぜそこをカットしたのか、なぜこういう演出になったのか、なぜ…悪いところしか目に入ってこない。

そんな状態が続いていて、未だに漫画好きながらアニメとは適切な距離感が取れない。人前でオタクとも名乗れない。一般人と話が合わなくなるからじゃない、もしそこにオタクがいたらそいつと話が合わないからだ。

アニメのわからなさ、特に疑問なのがこの三つ。

・オープニングとエンディングで必ず歌を入れるのは何で?ルール?そこで歌ってるキャラ、そんな風に歌うようなキャラだっけ?

声優関連の文化が全体的にわからない、何で普通アイドルは嫌うくせに声優アイドルとして崇拝するのか

・なんで漫画の「アニメ化」ならやったね!で「実写化」なら残念なのか。同じことでは?

こんなアニメ嫌いのオタクって話を他であまり聞かないけど、仲間はそこそこいるんだろうか。もし今後出会えたら、そいつとは多分仲良くはなれないと思う。

2018-04-12

銀英伝リメイク無理

どうせ見たって叩きたくなるだけだから気が進まなかったがファン矜持として1話だけは最後まで見ようと思って観た。

8クールもやるわけないし脚本多少いじられてるだろうなと思ってたけど通信傍受というかたちで初めてヤン存在認識するラインハルトにはちょっと苦笑した。

ファーレンハイトイメチェンっぷりもギリ笑えた。

キルヒアイスは笑えなかった。

このキルヒアイス軽率に謀反しそう。

やはりキルヒアイス癒し系やぼったイケメンでなくてはならんのではないか

キルヒアイス、お前は優しい。が、言っておく。お前は姉上とおれにだけに優しければいいんだ」

などと言いながら髪の毛をくるくるしたいけど直毛すぎてできないじゃないか

ユリアンも直毛になっていた。エンディングに未発表キャライラストがドバっと出てきたがこちらもみんな直毛になってた。ポプランもアッテンも。これは明白な天パ迫害である

そしてラインハルト

このラインハルトかしこそうなのはかしこそうだがとてもナイーブそうで野心や狡猾さを感じない。

冷酷さは感じられることは感じられるがそれは卑屈なたぐいのもので、自信や傲慢裏付けられた高飛車な冷酷さってものを感じないのだ。

覇気もない。幼いころ満天の星空の下で己の無力を嘆きつつキルヒアイスと誓い合ったときの固い覚悟を、こわれぬ誓いを、内に秘めた情熱さえも、全く感じない。

これじゃまるでゆとりハルである

こんなラインハルトにローエングラム伯爵家の名跡はまだ早いのではないか…と心配になった。

ラインハルトは、戦闘中や軍議中にあるときの隙のなさとは裏腹に、キルヒアイスやアンネローゼと時を共にするプライベートな場面では、年相応の無邪気さや茶目っ気も披露する。ラインハルト天才部分だけでなく人間味を示すことで、彼のキャラクターに深みがうまれ重要ファクターだ。

その微妙な変化を堀川とき声音だけで表して見せたが、今作にそれを期待するのは難しそうだ。

また、ラインハルトといえば自分より一回りも二回りも三回りも年の離れたオッサン提督どもをアゴでつかい反抗されれば弁舌と実力で黙らせるクソ生意気なクソガキであり、そこが痛快で魅力的である

そこで気になるのがすでに発表された主要提督陣、双璧のキャラデザ。

帝国暦458年まれロイエンタールは、帝国暦467年うまれラインハルトより九つ年上のはずである。ミッターマイヤーは457年生まれで8つ離れている。しかし新アニメの彼のキャラデザではそうは見えない…。年齢操作が行われた可能性が高い。

商業的に双璧はドル箱になりえる素材なので多少盛られるのはしかたないとはおもっていたが・・・。この調子でほかの提督たちの年齢まで操作されたんじゃたまったものではない。

今年はBANANA FISHアニメ化されるとか。

こちらもすでになかなか惨状な様子。

好きだったもの過去遺物となり現代蹂躙されるのを眺めていることしかできない状況は、いつ経験しても胸が苦しい。

シティハンターは概ね古参ファンも納得できそうな雲行きらしいな。カードキャプターさくらもまた。

そういった作品存在もわすれてはならない。

うらやましい限りである

いつになるかわからないFF7リメイクには少し期待していたが、開発は難航を極めている様子。ほんとうに今年でるのかよ。PS4買ったぞ。

2018-04-11

前期2強だったアニメに、敢えてダメ出ししてみる

2018冬アニメは、ゆるキャン△宇宙よりも遠い場所がとにかく面白かった。

2トップだったことは間違いないのだが、しか欠点のない作品などあるわけがない。

敢えて気になった所をツッコんでおこうと思う。

異論反論大歓迎。


まずゆるキャン△

演出仕事してんの?

かに話は面白かったが、見せ方については、単純に登場人物の行動と会話と表情を殆ど正直に並べているだけで、それ以上のことは何もやってないよね。

良く言えばシンプルストレート、悪く言えば映像としてもっと色々表現できるものを削ぎ落としすぎ。

から見方によっては退屈極まりないという感想を抱く人がいてもおかしくない。

まあ、原作付きアニメは大体そんなもんなんだろうけど。


次によりもい。

モノローグいらね。

前述のゆるキャン△と比べたら桁違いに素晴らしい映像演出なんだからモノローグなんて蛇足だろ。

もっと映像演出だけで全てを語ればいいのに。

てか、モノローグは突然入ってくる客観的語り口の好き嫌いがハッキリ出るので、本編でほぼ毎回入ってきたキマリモノローグうんざりした人は確実にいるはず。

そうでなくてもアニメモノローグなんて、よほど神がかった内容でもない限り誰も聞いてないでしょ?

そもそもマリあん俯瞰で何かを語るタイプじゃないと思うし。

花田氏の脚本特にモノローグ挿入しがちなので、そこは監督コントロールしないとって感じ。

2018-04-10

40歳誕生日に見た夢の話

の前に自分語りになるが大学生の頃、5〜6人で劇団を作り活動をしていた。

今思えばいろいろヘタクソ過ぎる割に理想だけは高く

あーだこーだと言い合ってた。

この劇団を作るにあたっての中心人物演出自分

華はないけどいい脇役できるA。

Aは役者としてはいまいちだったが、頭がよく

劇団の裏方仕事ほとんど引き受けてくれてて

スケジュール調整、経理宣伝などほんとありがたかった。

そんな彼女自分はいコンビだと思っていたが

劇団を作る前に告白するも「彼氏を作る気はないと」断られた。

しか劇団をやっていくことには興味があり賛同してくれいっしょに活動することに。

自分的には活動するうちに、仲良くなれると淡く思っていたのだが。

そこそこ劇団の人気が出てきたとき客の中に

Aに対してストーカーをするやつが出てきた。

ストーカーと言ってもちょっと気持ちの悪いメールを送ってくる程度だったが

恐がりなAはとても精神的に追いつめられていた。

もちろんそこで自分は「俺が守るよ!」なんてことを言ってたが

どうも「結局、こいつも下心がある」と思われ逆にAは追いつめられたようになっていった。

その頃からAはキレることが多くなった。

些細なことで何時間も怒りの電話をかけてきたり

外のカフェであっても大声でわめき散らしたり。

人間、怒られるとこっちも怒りっぽくなるんですね。

そのうち顔を合わせるたびに喧嘩になり劇団解散した。

そこから連絡も一切取らず。

ちなみにAは最後の方に入ってきたイケメンと密かにつきあってました。クソが。

月日は流れて自分劇団経験を生かせてなんとか脚本放送作家仕事

小さいながらにできるようになり、家庭を持つこともできた。

そんな前置きがやっと終わって、夢の話。

Aが夢に出てきて、いろいろと謝りだした。

そして、もう一度やり直せないかと、一緒に生きてくれないか

あなたを選ぶことが正解だったなんて言ってきた。

夢の話だけど、すげえ悩んだ。すごく好きだったから。愛憎どろどろだけど。

けど無理って断った。どうせまた喧嘩ばかりの日々になるからと。

そこで目が覚めたが、夢の印象が強すぎて1日ぼーっとして

これじゃいかんと書きなぐってみた。

20代のどろどろとした恋愛20年経ってもなかなか振り落とせないもんですね。

2018-04-08

原泰久キングダム」の実写映画化が発表された。

1年の間、脚本会議にも参加してきたという原は

意見尊重して頂き感謝しております。納得の脚本です!! 予算も破格!! キャストの皆様も超豪華!! 絶対面白いです!!」

コメント

2018-04-05

安易流産させるフィクションが嫌だ

妊娠というスキャンダラスな、あるいは幸福なシーンはやりたいが、しか赤ちゃんが生まれてきてしまったら、既存キャラやその赤ちゃんキャラを動かすのが面倒だったり、今の人間関係が変わってしまう、あるいは妊娠したのが主人公サイドだった場合に、主人公たちの自由な行動が制限されプロット制限されるなどのリスクがあるので、その赤ちゃん流産させるという脚本一定数ある。アメリカ連続ドラマなどでは、特に堕胎宗教的タブーゆえに、赤ちゃん脚本から退場させるにあたり、流産という「穏当」な手段が取られるといった事情もあるようだ。

私には妊娠出産経験はないし、母性父性があるわけでもないが、脚本の都合で安易流産させるといった描写にもやっとする。それを言うなら謎解きのために人を殺すミステリなんてどうなるんだよって感じだけど、なぜかもやっとする。

2018-04-04

ネットフリックスの B the Beginningとダーカーザンブラックの違い

みなさんネットフリックス入ってます??


最近ネットフリックス出資して日本アニメスタジオアニメを作らせて、日本テレビ放送しないでネットフリックスだけで放送するってことが始まっています

B ~と、AICOってやつと、デビルマンね。デビルマンは癖つよいけど、見る価値あり。


で、何が言いたいのかと言うと、B the Beginningってアニメは絵も綺麗だ、音楽もいい、演技もいい、演出もいいって感じなんだけど、肝心の話が面白くない。

ネットフリックスさん、なんとかしてくれ。


警察組織サスペンス犯罪を追う話と、超能力者パートがあって、同時平行で話が動いていくんだけど、こうこう繋がっているんだ!って話が出てくるんだけど。

それが、ああそう、って感じにしか受け取れないんだよね。同じ話の中で、感心させるような繋がりを見せてこなかったし、どうやら因縁がありそうだって感じさせても衝撃がない。


しかもそれが延々説明で終わって話の中に組み込まれないし、ドラマはないしで、こっちからしたら関係のない話を交互に見せられているというかね。

話は練っているんだが、いやだからなんなの?というか。



で、だ。今ニコニコでダーカーザンブラックってアニメ無料配信をやっている。全24話で月曜日までかな?

その8話を見終わったんだけど、7-8話は探偵が猫探しをするパート超能力者パートがでてくるんだよね。


で、そのさっきのB the beginngingと違って素晴らしいのよ。7話の最初から8話の最後まで匂いなり香水なりの話なんだが、探偵話のオチもなんというかそれに沿っているし、

超能力者の話のオチも良くてね。


いやまあ、漫画原作オリジナルじゃ質が違ってくるのは当たり前なんだけど。。今期アニメ南極のとか脚本が別格でよかったしなあ。おそらく今年トップ3には入るアニメ


ダラダラと話してきたが、脚本なんとかしてくれやってだけね。Darker than Blackおすすめです。宇宙よりも遠い場所っていう南極行くアニメおすすめ。そんだけ、ばいばい。

宇宙よりも遠い場所 そらよりもとおいばしょ 必ず観ろ

以前ここでメイドインアビスについて書いたら思いのほかコメント付いたので、また盛り上がりに少しでも助力したいので書いとく

いやあまじですごい 完璧

正直なところ、このレベル脚本日本アニメで観れるとは思わなかった。

ハイレベルアニメ脚本と言えば最近だとPixer作品とかはよく話題になる。あちらは作り方から違って脚本にかなりの労力を割いているのは観れば明らかだけど、それに比べて日本作品脚本はやはり重点を置かれていないというか残念なものが多いのは事実

価値観の違いだろうし脚本ですべてを判断するものでもないが、やっぱり脚本の出来が良いと面白さも感動もすべてがブーストされる、というかダメ脚本は減点が多くてせっかくの演出効果が半減するような減点方式なんだと思う。

そこにおいてこの作品脚本の完成度が極めて高く、錬りにねって作られたのが火を見るよりも明らか。出来が良すぎて日本アニメでないような感覚すら覚えた。(これを比較対照として出すとアレルギー起こされるかもしれんが、少し前に記録的ヒットを飛ばした男女の身体が入れ替わるやつとかは、脚本が複雑ではあったけど無駄矛盾解決しないまま残しまくってるので、あれは複雑ではあるけど完成度は低い脚本の最たるものだと思う。おかげで何も残らない。そこで勝負してないからと言われればそれまでだが、、、うむ)

本当にこのレベル作品日本で作られたことをとても嬉しく思う。まじですごい。脚本完璧だし、絵もすごいし、演出もいいし、演技もすごい。音楽もよい。非の打ち所がないとはこのこと。

自分感動の押し売り系の作品が大の苦手だけど、ここまで上手にやられると自然と感動し自然と泣くんだなと我ながら驚いた。

あと素晴らしいのは安易エロに逃げないとこ。おれは男だがエロはまったく必要ないしむしろあると邪魔だということをこの作品を観て再確認した。もうエロとか露出とかはまったくいらない、1ミリ必要ない。

回収されてから伏線と気付くような素晴らしい仕掛けのオンパレードしかも一つも無駄がなくすべて丁寧に拾っていく。12話まじやばい。いまでも思いだしておめめがウエッティーになる あの仕掛け考えた人控えめに言って天才だと思う 思いの強さを数字で表しながらダム決壊する すごすぎてすごい

どう考えてもこういう作品が売れなくちゃいけない。今期の良アニメ、とかじゃない、世紀の大傑作だよこれは。自分の子どもたちがわかる歳になったらこ作品絶対に薦める というか観せる。

みんなたちも必ず観てくれ 絶対に損はしない、ほんとに。いやまじで おれウソつかないよ

2018-04-03

anond:20180403195013

台本通りに喋ってるだけでしょ。

一般人参加番組でも全部脚本だったと聞いてる。

増田さん、本気で言ってるのかな??ピュアメン?

2018-04-02

ヒーロー「考えろ……考えるんだ……!」

アメリカンヒーロー「そこら辺にある物と己の筋肉を組み合わせてド派手に道を切り開くんじゃぁぁぁあぁああああああ!!!」←謎の説得力マックス

日本ヒーロー「話術的なアレでハッタリと言えるかも怪しい屁理屈こねてたら何か騙されてくれたぞ?!」←脚本への不信感マックス

どうしてこうなってしまったのか

いつからこうなってしまったのか

2018-04-01

監獄お姫様って、某実録漫画ネタそのままだったんだな

女性刑務所に入ってた人の実録漫画読んだら

監獄お姫様にでてきた刑務所ネタほぼ全部のってた

監獄~の監督脚本がこの漫画も参考にしてたのかもしれないけどまんますぎる

なーんだ

2018-03-30

2018年春開始の新作アニメ備忘録その2

https://anond.hatelabo.jp/20180330084802 の続き

ひそねとまそたん

ボンズ制作オリジナルアニメ

総監督樋口真嗣

監督小林寛(キズナイーバー等)

シリーズ構成:いつもの岡田麿里

キャラクターデザイン伊藤嘉之ハガレンソウルイータースペース☆ダンディ等)

・メインメカニックデザイン河森正治(今期はパンドーラも担当

モンスターコンセプトデザインコヤマシゲトダーリン・イン・ザ・フランキス等)

軍事考証:小柳啓五(メイドインアビス脚本等)

美術監督金子雄司(アニメーター見本市「POWER PLANT No.33」、サカサマのパテマ宝石の国等)

美術デザイン:平澤晃弘(ID-0、よりもい等)

音楽岩崎太整モテキ映画)、血界戦線等)

音響監督山田陽アニメーター見本市の作品ほぼ全部、輪るピングドラム君の名は。メイドインアビスエヴァンゲリオン(整音とか)等)

音響効果野口透(エヴァンゲリオンアニメーター見本市、シン・ゴジラメイドインアビス等)

エヴァ系譜岡田麿里

 

フルメタル・パニック! Invisible Victory

ジーベック制作原作は同名のラノベ

監督中山勝一エヴァンゲリオン監督planetarianシリーズディレクター西の善き魔女 Astraea Testament監督等)

シリーズ構成脚本賀東招二原作者自ら担当

美術設定:天田俊貴(封神演義賭ケグルイキズナイーバー等)

美術監督木下了香(美峰の人)

音楽:いつもの佐橋俊彦フルメタル・パニックシリーズガンスリンガー・ガール等)

音響監督:いつもの鶴岡陽太フルメタル・パニックシリーズヴァイオレット・エヴァーガーデン等)

過去アニメシリーズも全部、原作者がシリーズ構成を務めてるらしい

2018年春開始の新作アニメ備忘録その1

 GIGAZINEから春の便りが届いたので、気になった作品だけ。備忘録とは名ばかりの、個人主観をまとめただけの、まったく邪悪エントリー

※ここで触れる作品はすべて原作未読なので、どんな物語なのかほぼ分からないまま書いてます。あとソースWikiなので多分間違ってるとおもう。

 

B: The Beginning

production I.G制作中澤一登原作オリジナルアニメ

監督中澤一登残響のテロル総作監キャラデザ等)、山川吉樹監督リトバス、キルミー、ダンまち等。最近絵コンテ…とじみこ、アリスと蔵六等)

プロデューサー黒木類(攻殻機動隊ARISE劇場版PSYCHO-PASSポケモンORIGIN等)

音楽…池 頼広(TVドラマ相棒シリーズ虐殺器官いぬやしき舟を編む等)

音響監督:いつもの長崎行男舟を編む正解するカド宝石の国等。今期はピアノの森担当

 

A.I.C.O. incarnation

ボンズ制作オリジナルアニメ

監督村田和也総監督正解するカド 副監督コードギアス 監督翠星のガルガンティア 絵コンテ電脳コイルエウレカセブンプラネテス等)

シリーズ構成:野村祐一エウレカセブンコードギアスDARKER THAN BLACK等)

メカニックデザイン高倉武史(プラネテスアクエリオン翠星のガルガンティア等)

音楽:いつもの岩代太郎翠星のガルガンティア正解するカド等)

音響監督:いつもの明田川仁(リゼロ少女週末旅行、よりもい、封神演義等。今期はゴールデンカムイこみっくがーるず食戟のソーマ担当

音響効果古谷友二(リゼロ少女週末旅行封神演義等)

 

重神機パンドーラ

サテライトマクロスF、⊿、アクエリオン、すかすか、博多豚骨ラーメンズ、Caligula等)制作オリジナルアニメ

原作河森正治メカニックデザインマクロスアクエリオンエウレカセブン等)

監督佐藤英一絵コンテアクエリオンマクロス⊿等)

シリーズ構成:根本歳三(妖狐×僕SSログ・ホライズンマクロス⊿等)

メカニックデザイン河森正治

音響効果中島勝大(十二大戦等)

マクロス系譜新規IP

 

LOST SONG

ライデンフィルム制作オリジナルアニメドワンゴと共同制作なのにネトフリ限定

原作監督脚本森田と純平(Occultic;Nine等。)

美術監督大久保錦一(タイバニ等)

・背景美術:でほぎゃらりー。同社はカラードワンゴスタジオノックが共同で立ち上げた背景美術スタジオ。下火になってるアナログ技術継承理念に掲げていて、地上波アニメは本作が初めて?らしい。応援してる。

音楽白戸佑輔(色んなアーティスト楽曲提供してる。ピアニスト。)

 

ウマ娘 プリティダービー

P.A.WORKS 制作アニメ原作Cygamesスマホゲー。

監督及川啓この美術部には問題がある!等)

・副監督太田知章(P.A.WORKSの人)

キャラデザ総作監椛島洋介シンフォギア等)

美術:いつもの草薙(ハクミコcitrus、よりもい等)

音楽プロデューサー岩代太郎(今期はA.I.C.O音楽担当

 

多田くんは恋をしない

動画工房 制作オリジナルアニメ

監督山崎みつえ月刊少女野崎くん 監督輪るピングドラム 助監督等)

・副監督藤原佳幸(NEW GAME、プラスティック・メモリーズGJ部等)

シリーズ構成・脚本中村能子月刊少女野崎くんカブキブ!等)

音楽:いつもの橋本由香利月刊少女野崎くんさんかれあ、とじみこ、ささみさん、輪るピングドラム等)

音響監督土屋雅紀GJ部プラスティック・メモリーズ、NEW GAME、妹さえいればいい。三ツ星カラーズ等。今期はButlers、ヲタ恋も担当。)

音響効果白石唯果(月刊少女野崎くん等)

OP:オーイシおにいさん

実質月刊少女野崎くん2期

 

キャプテン翼

david production 制作。同名の漫画原作

監督加藤敏幸絵コンテ妖狐×僕SSJOJOシリーズ等)

シリーズ構成:いつもの冨岡淳広シリーズ構成…西の善き魔女 Astraea Testamentイナイレダンボール戦記、ヘボット等)

音楽松尾早人オケの人。アレンジャー神のみぞ知るセカイJOJO1期、競女等)

音響監督:いつもの岩浪美和グランクレスト戦記博多豚骨ラーメンズ等。今期はWIXOSSラストピリオド担当

シナリオ新規ではなく、原作準拠とのこと。

 

3D彼女 リアルガール

フッズエンタテインメントメルヘンメドヘン等)制作原作女性向け漫画雑誌「デザート」掲載作品

シリーズ構成:いつもの赤尾でこ(恋雨、ミイラの飼い方等。今期は鹿楓堂よついろ日和担当

完走できるといいね

 

こみっくがーるず

Nexus2012年設立。元請…わかばガール制作原作きららMAX4コマ漫画

監督:徳本善信(初監督作品?)

シリーズ構成:いつもの高橋ナツコ異世界はスマートフォンとともに。覇穹 封神演義等)

脚本:いつもの待田堂子セントールの悩みからかい上手の高木さん等。今期はCaligulaも担当)、いつもの横手美智子クジラの子らは砂上に歌うからかい上手の高木さん等。今期は若おかみは小学生!も担当)、いつもの花田十輝わかばガールユーフォ、ノゲノラ、よりもい等)

美術監督田尻健一美術監督ヤマノススメ

音響監督:いつもの明田川仁音響監督…リゼロ少女週末旅行、よりもい、封神演義等。今期はゴールデンカムイA.I.C.O.、食戟のソーマ担当

音楽末廣健一郎(リゼロ少女週末旅行ミイラの飼い方等。今期はゴールデンカムイ担当

つよい

 

メガロボクス

トムス・エンタテインメント制作原案漫画あしたのジョー

監督・コンセプトデザイン森山洋(初監督。各種デザイン…LUPIN THE IIIRDシリーズ進撃の巨人シリーズ甲鉄城のカバネリ等)

脚本:真辺克彦(カルテット深夜食堂(ともにTVドラマ))、小嶋健作(深夜食堂TVドラマ))

 

ヒナまつり

feel.制作月がきれいこの美術部には問題がある!等)制作原作KADOKAWA漫画誌「ハルタ掲載作品

監督及川啓この美術部には問題がある!等。今期はウマ娘担当

キャラクターデザイン総作画監督:神本兼利(大正野球娘。ヨスガノソラ等)

美術監督吉原俊一郎JOJOシリーズ恋は雨上がりのように等)

・背景:いつもの美峰JOJOシリーズ恋は雨上がりのように覇穹 封神演義等)

音響監督:いつもの本山哲(この美術部には問題がある等。今期はCaligulaも担当

キャスト小澤亜李が参加しているので実質この美続編

 

魔法少女サイト

production doA制作ごちうさ劇場版のみ)制作アニメ原作秋田書店漫画サイト「Champion タップ!」掲載作品(のちに週刊少年チャンピオン移籍)。

シリーズ構成:伊神貴世脚本輪るピングドラムRewrite等。今期はされど罪人は竜と踊るシリーズ構成も担当

音楽井内啓二ダンまち王室教師ハイネGRAVITY DAZE等)

キャストまさかキズナアイ参加

 

若おかみは小学生

マッドハウス制作原作青い鳥文庫児童小説

監督増原光幸こばと。しろくまカフェ等)、谷東(テルマエ・ロマエアニメーター見本市「HILL CLIMB GIRL」等)

シリーズ構成:いつもの横手美智子こばと。しろくまカフェ等。今期はこみっくがーるず脚本担当

音響監督:いつもの三間雅文こばと。、進撃、シンカリオンCCさくら等)

音楽はまたけし勇者のくせになまいきだ。こばと。まおゆう魔王勇者等)

実質こばと。続編

 

Caligula -カリギュラ-

サテライト制作。同名のRPGゲームが元。

監督和田純一(監督長門有希ちゃんの消失、すかすか)

シリーズ構成:いつもの待田堂子長門有希ちゃんの消失からかい上手の高木さん等。今期はこみっくがーるず脚本担当

音響監督:いつもの本山哲(すかすか等。今期はヒナまつり担当

 

ピアノの森

ガイナックス制作原作漫画雑誌モーニング掲載作品

監督中谷学(初監督ドリームワークスアニメCG担当してた人)

シリーズ構成:伊丹あき悪の華等)、あべ美佳(NHKラジオドラマ脚本の人)

キャラクターデザイン総作画監督木野下澄江(妹さえいればいい、NEW GAME、ガーリッシュナンバー等)

音響監督:いつもの長崎行男舟を編む正解するカド宝石の国等。今期はB: The Beginning担当

音楽富貴晴美ピアニスト大河ドラマ西郷どん」等NHKドラマ

3DCGアニメ系譜

 

ゴールデンカムイ

ジェノスタジオ2015年設立制作虐殺器官刻刻制作原作週刊ヤングジャンプ掲載作品

監督難波日登志(いつだって僕らの恋は10cmだった。総監督 最近絵コンテ刻刻7話)

シリーズ構成:高木登バッカーノ!、デュラララ、さんかれあ等)

・重火器設定:渡辺浩二(ガンスリンガーストラトス等)

動物設定:墨佳遼(MH各種デザイン

美術監督森川篤(くまみこメイドインアビス等)

音響監督:いつもの明田川仁(リゼロ少女週末旅行、よりもい、覇穹 封神演義等。今期はA.I.C.O.、こみっくがーるず食戟のソーマ担当

音楽末廣健一郎(リゼロ少女週末旅行ミイラの飼い方等。今期はこみっくがーるず担当

アイヌ語監修:中川裕

アイヌ語監修が付いている。こないだ関西弁キャラを演じる人についての増田が上がってたけど、言語監修や方言指導って大事よね。あとジェノスタジオがんばえー

 

ラストピリオド-終わりなき螺旋物語

J.C.STAFF制作原作Happy Elementsスマホゲー。

監督岩崎良明監督ラブひなゼロ使、極上生徒会ハヤテのごとく!オオカミさんと七人の仲間たちミルキィホームズ等)

シリーズ構成:白根秀樹ハヤテのごとく!キルミーベイベーダンまちしょびっち等)

美術監督岩瀬栄治(ノゲノラ、ガルパン等)

音響監督:いつもの岩浪美和(今期はキャプ翼WIXOSS担当

音響効果小山恭正Infini-T Forceキリングバイツポプテピ等。今期はWIXOSS担当

 

ヲタクに恋は難しい

A-1 Pictures制作原作は渋コミック連載作品

監督シリーズ構成:平池芳正WORKING!!アマガミSSにゃんこデイズ等)

音楽本間昭光ポルノグラフィティ楽曲プロデュース等多数)

音響監督土屋雅紀(今期はButlers〜千年百年物語〜、多田くんは恋をしないも担当

サントラが楽しみ

ルパンレンジャーセクハラが酷かった

3/25放送テレビ朝日ルパンレンジャーvsパトレンジャーを見たのだけど、モヤッ箇所が満載だったので書きとめる。

この回は国際警察ルパンレンジャーたちが働くビストロで昨日の事件について話しているシーンから始まる。

その事件現場のレストランを聞いた陽川咲也が「ちょうど(その店に)初美花ちゃん誘おうと思ってたのに」と叫び、そこから早見初美花をデートに誘おうとする。

断る初美花に無理やり連絡先を押し付けて行く咲也。

その一部始終を見ていた夜野魁利に初美花が「なんで助けてくれないの」と言うと「いいじゃん仲良くなっちゃえば。警察情報引き出せるかもよ」と言ったのである

ここまでわずか2分弱だけど、自分の耳を疑った。

学生時代アルバイト接客業をしていた私も実際にこういった経験がある。

でも相手はお客、執拗に誘われたり触られたりしても強く言えないことが多い。

それに対して同僚のこの発言は「女を使え」と言っているようでとても不快に感じた。

しかに女であることを上手く利用している人もいるが、嫌がっている女性に対しての発言としては最低である

いやよいやよも好きのうち、なんて馬鹿言葉があるが、嫌がっているふうに見えていいなんてことは実際ほっっっっっとんどない。嫌なものは嫌。シンプルに嫌。マジで

その後ギャングラーとの戦いでルパンブルーギャングラーに飲み込まれルパンレッドイエローかばって飲み込まれしまう。

一人になってしまった初美花はギャングラーが次に行きそうなレストランを見つけるが「私一人で…どうしよう…」と悩んだ末、咲也を誘うことにする。

店に誘ったものの会話に困っていたところにギャングラー登場。

国際警察ギャングラー戦闘開始、そこへルパンイエローとなった初美花が現れルパンコレクション横取りゲットする、という流れ。

しかに初美花一人でギャングラーに立ち向かうのは厳しかったのかもしれない。

けど店に偵察に行くのに何故咲也を誘わなければならなかったのか。

一人でレストランに行く抵抗感?ギャングラーが現れたときのための保険

魁利のフリ通り「女を使う」展開になったわけだけど、でもぶっちゃけそんな必要あった?

偵察なら一人いけばいいし、入るのに抵抗感があるなら店の外から見張ってればいい。

ギャングラーに一人で立ち向かうのは厳しいから国際警察を利用するのだとしても、ギャングラーが現れてからタレコミすればすぐに飛んできたのでは?

まあそれだと堅実的すぎて話として面白くないのはわかる。

わかるけど、嫌な相手だけど目的のために女を利用して誘い出すというこの展開、このご時世やっちゃまずいでしょ。

脚本書いた人はおそらくこの話のどこに問題があるかわかってないんだろうなーと思う。

その意識の低さこそがやばいんだけどね。

それを日曜日の子ども向け番組でやるやばさ。

戦いが終わった後、咲也への対応に困る初美花に「あの後放置かよひっどいな~」、透真も「自分でなんとかしろ」と、なんか本当に救いがないですね………。

元はといえば二人を助けるためにやむを得ず(脚本的にはね)そうしたというのにね………。

「仲良くなっちゃえば」とけしかけておいたの自分なのにね………。

見始めてすぐから見終わった後までずっとやるせない気持ち

魁利にギャングラーから初美花を守る勇気があるのだとしたら、こういう場面でも守ってあげてほしい。

もしくは助けるまでしなくてもいいから、せめてこういう場面で「いいじゃん連絡してみたら?」とか「ほんとは嬉しいんじゃないの?」などの言葉を投げ掛けるのはやめてあげてほしい。

性的に嫌な思いをした人をさらに傷つける言葉で、セカンドレイプに値するということをどうかわかってほしい。

戦隊ものをあまり見ないので違ったらあれだけど、昔から戦隊ものが男女混合なのは男の子でも女の子でもヒーローになれるということなのではないのだろうか?

少なくなくとも私はそうなんだと思っていた。

から男女平等とはかけ離れた今回のストーリーにはとても失望したし、脚本家だけじゃなくこういう話が普通という考えが世間にはまだまだ根深いのだなと感じた。

でもせめて子どもが見るこういう番組ではそういう考えを子どものうちから植え付けないでほしいので、どうかジェンダー観の対応を急いでほしい。

2018-03-29

anond:20180329030939

どこのトラバに返すか迷った元増田だけど、モノローグについてはいしづかあつこ監督というより、脚本花田十輝氏によるところが大きいのでは?

ラブライブでも「それ全部キャラ説明させちゃう?」みたいなシーンがあったし、響けユーフォでも主人公モノローグ作品と不可分だったりと、この人の脚本の特徴に思える。


例に漏れずよりもいも、ほぼ毎回ラストモノローグが入るので、ともするとダメ押し的に見えなくはないアレが鼻につく人はいるだろう。

何より「仮にも映像作家なら、そんな語りで処理するんじゃなくて、もっと絵を作り込んで見せろよ」というのは正論ではある。

でも個人的には、それすら多少の粗に思える程度に、それ以外の全てが高水準でまとまっていて、そんな事は滅多にない時点で神アニメ確定。

別に好評の多寡作品の真価が決まるとは思わないが、国内はもとより海外の好事家にも概ね好評みたいなので、自信を持って視聴を勧める次第。

2018-03-27

元gouzouだけどアイマス辞めた理由について説明する

どうも、googleエゴサすると「gouzou アンチ」って出るようになったかつてgouzouと名乗ってたアイマスアンチだよ。

今日は僕がアイマス辞めた理由について説明する。

1.デレアニが壊滅的にクソすぎた

まりにもあんまりすぎてクソすぎた。酷い鬱展開にキャラ改変に万策尽きても崩れた作画無能Pを「これがお前らwwwww」と難癖つけてくる無能脚本に腹が立ってしょうがなかった。お陰で非Pからは煽られるわあの後劇場版とかの新展開もないわアニメ曲はデレステに来ないわデレ劇が唯一のアニメ化扱いになるわでもう完全な駄作

2.ゲームが壊滅的にクソすぎた

プラチナスターズがあまりにもクソでクソでゲームもやめた。グリマスもオワマスになっちまうし。デレステも一部コミュがクソすぎたので切った。最近アイマスはどれもこれも脚本がクソすぎ。

こんなところかな。CD書籍も全部売っぱらっちゃって部屋がとてもスッキリした。でも心配しないでくれよドラえもん(ry

2018-03-25

グレイテスト・ショーマン

ミュージカル馬鹿スイーツのみるものみたいな風潮って

色々ありつつララランドが一回封じた気がするんだけど

ショーマンの面倒なところは確実に馬鹿スイーツが見るものと言われてもおかしくない脚本の荒さとか

全く同じ構図のカメラワーク面白味が無いとか

音楽物語作用してないとかあるんだけど

それを黒人差別迫害を描くことでなんか社会派ぶっちゃった感じが

深い泣ける映画だったみたいな感想になってるからスゲーモヤモヤする。それでモヤッとした人はたくさん居て、結局またミュージカル馬鹿の見るものみたいな風潮に戻ったのがすごく惜しい。

CG感満載のサーカス描写PTバーナム映画としては愛が無いし

結局This is me歌った意味ってなんやってんって感じだし

中盤から主人公要る?っていうかなんで主人公許すの。こいつら給料もらってる?

ってそのへんすっ飛ばしてると言ったら「描かれてないだけ」と言うだろうが、そういうことじゃないんだよ。

描く気すらないし裏設定すらないんだよ。迫害側が裕福になった描写も無い。結局白人支配下

それで最後に引き渡した彼には、エンタメの才能が劇中には一切なさそうなんだよ。もうお先真っ暗じゃん。

うそろそろ稼いだころだから興行も影響しないだろうし、こんな微々たる感想も広まらないだろう、素直に感想書いたよ。

本物を使って偽物を描いたことで、本物が偽物になったような映画だったわ。嫌いだ。

2018-03-24

anond:20180324091917

横だけどそうかなぁ、てさぐれのアドリブ中の人たちの個性のおかげで奇跡的に面白かったと思うけどね。ラジオも含め完全に声優に助けられてた。

ただ声優にそれを求めるのは健全じゃないよねっていうのはそうだし、ファンもそれを分かってる上で彼女らを称えてた感じと思う。

ある意味で「主体脚本から声優アドリブに切り替える」ことで人気を博した稀有成功例だよ。あなた寒いと思ったかもしらんけども。

anond:20180323205440

声優フリートークプロじゃないし、

てさぐれのアドリブパートはひたすら寒いだけだった

 

アニメキャラクターは音声を具現化している声優より、脚本のほうにの主体があるので

その主体声優アドリブに切り替える事に無理があるんだよ

 

Vtuberは最初から主体中の人に一本化されているのでそのブレがない

2018-03-23

ブギーポップ炎生(炎上)を解説する

まず、原作者およびイラストレーター(以下絵師)がアニメ制作に参加するかは、ケースバイケースである

ほとんどのアニメでは原作者が多少の口出しをする程度で終わるが、近年は原作者アニメ脚本を書いたりするケースも増えてきた。

ただ、基本的アニメ制作制作会社におまかせするものであって、原作者および編集部が主導権を握っているわけではない。

アニメ化の企画も、出版社が立てているわけではなく、まずアニメ制作会社が立案して、それから出版社に打診している。

(でもカドカワが主導してそうなアニメ化前提のメディアミックス企画とかはどうなってるんだろう? 教えて偉い人!)

アニメの「キャラクターデザイン」とは、原作キャラクターデザインをもとに、アニメで動かしやすいよう、アニメーターがアレンジすることである

漫画家絵師がいちからキャラクターデザインする」という意味でのキャラクターデザインは「キャラクター原案」と呼ばれる。

ライトノベル場合キャラクター原案作家なのか絵師なのか曖昧なところもあるので、「キャラクター原案」ではなく「原作イラスト」としてクレジットすることも多いようだ。

今回の騒動ではこのあたりを混同して、「緒方キャラ原案廃止して新たに別人がキャラ原案を作った」と勘違いしている人が散見された。

余談ながら、オリジナルアニメ場合でも、キャラクター原案は有名絵師キャラクターデザインアニメーターと、分担していることは多い。

俺妹』や『魔法科』のように、もともとアニメーターが絵師として起用されていたので、そのままアニメキャラクターデザイン担当した、という特殊なケースもある。

以上を踏まえた上で、今回の問題を整理しよう。

原作絵師に話を通さずにアニメ化されるなんておかしい」

緒方剛志がアニメ化発表時に素直に反応していることもあり、アニメ化の話が通っていなかったということは考えづらい。

「見たことねえ」「認めてねえ」というのは、あくまで「キャラクターデザイン確認が回ってこなかった」ということについてだと思われる。

原作絵師アニメ制作から外されるなんておかしい」

既に説明したとおり、原作者および原作絵師アニメ制作に「参加していない」ことそのものは異常事態ではない。

「参加したかったのに外された」のか、「納得の上で外れた」のかは、現状では判断しづらいように思われる。

「元のデザインから変えるなんておかしい」

そもそもアニメキャラクターデザインは「元のデザインから変える仕事である

今回はかなりキャラデザの癖が出ているが、このくらい原案と変わってしまうことはそう珍しくない。

「知らないデザイン販促イラストを描かされてかわいそう」

緒方剛志は「ブレザー着たヤツに日程を合わせる為に短期間で絵を描かなきゃいけないからムカつく」と言っているのであって、

「ブレザー着たヤツにキャラデザを合わせて絵を描かなきゃいけないからムカつく」とは書いていない。

マッドハウスではなくカドカワが悪いんだろ」

印象論だが、緒方剛志の怒りは「連絡がなかったこと」よりも「キャラデザがダメなこと」に向いているように思う。

まりキャラクターデザイン仕事に対する怒りなのだからマッドハウスと話をつけようとしたのではないか

「そうは言っても苦情の窓口はカドカワじゃね?」

マッドハウス広報アカウントリプライを送ったあと「無視ということでよろしいんですね?」からの「監督辞めるってよ」なので、

監督が辞めると言った」という話し合いはリプライの前に行われていたはず。

まり時系列としては、

アニメ化発表→緒方キャラデザを見て怒る→マッドハウスと話し合うも決裂→広報アカウントリプライ→返答がなかったのでぶちまけてすっきり

という順番なのではないか

この場合緒方マッドハウスの話し合いをカドカワがセッティングした可能性があるので、

本件で「カドカワが働いてない」と断言するのは保留したほうがいいのではないかと思います

「じゃあなんで広報アカウントリプライを送ったんだ?」

知らん。

「おまえはどう思ってんの?」

いまのところの印象では「アニメ制作からは納得の上で外れたがその結果として出てきたキャラクターデザインが(緒方目線で)あまりに酷かったので後から文句を言っている」の可能性が高いと思っている。

ただし、私はそんな極まったアニオタではないので、アニメ制作のところについては間違いがあるかもしれない。

まり根本的なところで怪しい記事なんだ。すまない。

詳しい人のさらなる詳説があったら嬉しい。

特にキャラデザってどのくらい原作サイドに確認するの?」「キャラデザの決定を原作絵師に伝えないってありうるの?」というのが分からない。

原作者絵師とじっくり相談して決定する

・決定直前に確認を取るだけ

原作者には確認を取るけど絵師には取らない

・決定後に知らせるだけ

白箱確認しろ

など、いろいろ考えられる。

現場による」って言われそうだけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん