「3d」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 3dとは

2024-07-24

自分には向いてないなと思ったゲーム

オープンワールド

やってると飽きてきちゃう。なぜか。

おそらくはやる事が多すぎる&どこに行けばいいかからないってのが大きい

バトロワ

長いよ。一試合10分とかかかるじゃん

3d箱庭アクション

これに関しては一部のゲームは好き。ラチェクラとかね。

2024-07-23

弥助関連の騒動の始まりについて

事前知識として

・第1作「アサシンクリード」は2007年ごろに発売され、「シャドウズ」を含めるとメインシリーズとしては14作も出ており、海外では割と人気なシリーズで、日本でもゲーマーであればタイトルくらいは聞いたことがある人も多いかもしれない。

海外忍者人気の高さからか、忍者といえば日本アサシンということで日本舞台を望む声はシリーズ初期から一定存在した。

第3作「アサシンクリード3」のオープニング映像にてホルスの目(古代エジプトシンボル)、Ω(オメガギリシャ文字)、鳥居(日本における神域のシンボル)の3つが描かれているシーンがあり、

以前から一部ファンの間ではその3カ国を舞台にしたシリーズが出るだろうという予想が出ていたが、古代エジプト舞台10作目「オリジンズ(2017年発売)」、古代ギリシャ舞台11作目「オデッセイ(2018年発売)」の発売後

SEKIRO(2019年発売)やGhost of Tsushima(2020年発売)など日本舞台にしたヒット作がゲーム業界で続いたことなどから日本舞台シリーズ作品の期待が高まっていた。

(実際はオデッセイ~シャドウズまでの間に2作品出たため、日本舞台シリーズはもう出ないのではという声も上がっていたが)

(おそらく)事の発端

日本舞台シリーズ最新作「シャドウズ」の情報解禁。トレーラーや発表された内容からファンの間に不満が広がり始める。

主な原因としては以下の2つと思われるが、正直ここまではシリーズファンゲームファンたちなどを中心にしたツッコミや、炎上とまでいかずとも規模の小さい小火程度だったのではないかと思う。

一言でまとめるなら「過去作に比べて雑な部分やスタンスの違いが目立った」というところだろうか。

実在人物主人公起用

今作はダブル主人公であり、実在人物黒人男性「弥助」と架空人物日本人女性「奈緒江」」である

これまでのシリーズでは主人公架空の現地人という法則があり、近年におけるUBIはいわゆる「ポリコレ推し」が強かったため、日本男性差し置いての弥助の主人公起用を疑問視する声が出た。

だが個人的にはこれは明言化された法則ではない(はず)なので、UBIに対する不満のきっかけ程度ではないかと思っている。

舞台に対する考証について

シリーズ作品ユニティ」で作成したノートルダム大聖堂3Dマップデータが、2019年火事で焼失した部分の復旧に使用できるのではないかといわれたり、

UBI自身も直近の作品であるオリジンズ」、「オデッセイ」、「ヴァルハラ」において「ディスカバリーツアー」と称して歴史ガイド配置したり、フィールド自由に歩き回れるようにした学習教材用バージョン提供するなど

舞台となった土地文化建築物歴史考証を売りにしていた。

しかし、公開された動画の畳の形状や、田植え風景を見て「豊作で人手がいるのだろう」という発言、植生の季節感から、事前調査や考証が不足していると捉えられる部分が多数発見されたことで不満が一気に広がった。

海外製のゲームなのに指摘が細かすぎ」とか、「フィクションなんだから現実と違うところもあるだろう」という意見が叩かれる原因はここにあるだろう。

直近のシリーズでUBI自身が考証力の高さを売りにしていたということを知らない≒話題にいっちょ噛みしにきただけと受け取られてしまうからだ。まぁ話は既にそんな次元じゃないというのもあるが。

(おそらく)延焼した要因

このあたりから急激に炎上の規模が大きくなり自分は追いきれなくなったし追っていないのでパッとおもいつくものを箇条書き程度に。

・UBIへのインタビューでの弥助起用の理由が「私達の目になれる人物が欲しかった」などの発言拡散される。

日本向け動画中国語字幕を設定するなどポカミスを連発する。

・コンセプトアート関ヶ原鉄砲隊ののぼりなど、多数の盗用が見つかった。

ロックリー氏の関係の部分は正直良くわかってない。弥助は一次資料が少ないのに伝説サムライが云々みたいな表現ロックリー氏の著書とUBIに共通していて、そこから発展して追求されてるみたいな感じだろうか。

2024-07-20

最近みたアニメ

目次

ピンポン

BNA ビー・エヌ・エー

フリップフラッパーズ

えとたま

キャプテン・アース

コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜 1期

ゾンビランドサガ 1期

ピンポン

松本大洋×湯浅というクサヤ×ブルーチーズみたいなアニメ

非常によかった。最高に高校青春していた。

アニメーションのクセは思ったほどなくて、OPラストだけ苦手だったけどOPのほかの部分は大好き。

「少し泣く」ってこの漫画だったのか!と、いいシーンなのに笑ってしまってカナシス

私は老人・師匠キャラ同窓会展開が好きなので、3人が会する場面が一番好きかも。ポセイドンも悪イメージずっと付かなかったね。まあずっと高校の質が下がってると繰り返し言われ続けてて同情票集まったし。デビル拾う器量が質の低下から来るものかもってのも物悲しい話です…。デビル、よかったよ。こっちも短期間でえらいことになってます

 

アニメキャラも話も面白かったけど、根本的にこの手のお話って苦手なんですよね。この作品ってもの凄い才能があるけどそこそこ卓球が上手いでとどまっていた二人(それも親友!)が本気で努力したら超短期間で最強になるってお話じゃないっすか。年一大会高校生ってそういう短期間にしなきゃいけないんだけど、それでもやりすぎだよなぁと思っちゃってキャラ愛の障害になる。似た作品ですきなのがはねバド!。あれもピンポンみたいにほぼ急に主人公最強になるから作品は好きだけど主人公はそんなに…みたいな玉に瑕な評価に落ち着いちゃうのだ。キャラならやはりドラゴンも捨てがたいがオババの息子が一番になるか?

あとOPのような高まった後の二人が喋ったり入場するシーン欲しかった。

BNA ビー・エヌ・エー

今石と吉成曜ネームバリューだけで見ちゃう作品しかも色彩がいいよね!

んー…。面白かったよ。

アニメーションはグリグリ動くよりはメリハリと嘘で躍動感重視な感じ。トリガーみてんなぁーって気分。ちゃんと見た作品ないけど。

人並の能力プラスアルファで獣の能力といった人の上位互換みたいな獣人が居て太古からひっそり共存してたけど人口の差か現代でもめっちゃ被差別側に追いやられている、なんか変な世界

そんな獣人ユートピアといわれる特区舞台なんだけど…ユートピア理由は「獣人しか居ないから」。

…うーん…。それ、ユートピアじゃなくて隔離なんじゃね?人と獣人ちゃん共存してこそユートピアじゃね?文明の発達で生存圏が入り混じったけど、動物園動物だけだよって。言葉を選んで自然保護区と言い換えてもいいけどそれユートピアかなぁ。

都市獣人ならではの構造にはなってなくて、ほぼ普通人間都市ビースターズズートピアの後に見るとガッカリするよね。そもそも獣人の姿になるのは威嚇に等しいと、みんな普段は人の姿で過ごしているか最初祭りとき以外、「獣人の街」感は皆無。

ユートピアの負の面も描きたいからか、話は基本、街の暗部ばっかり。ギャングに貧民、窃盗賭博宗教。先述の要素もあり良いところがほとんど描かれないから、美点が人(がいないから)に差別されないしかない。(ネット規制されてるし)

よって獣人にとって大切な街、守るべき街みたいな根本スタンスを共有できなくて、価値を感じない。人界の差別…もそこそこひどいんだけど、今も相当数獣人暮らしてるわけだし…そっちでみんなでガンバったほうがよくない?とポリコレが進んだ現代視点で見ると思っちゃう。結局、人が居ない舞台設定にしたいだけの雑な設定に感じられて、獣人アニメとしてはそうとうガッカリだった。(さらにいうとほぼ主人公人間視点異文化の来訪者視点が欲しかたからだけの両種が居る設定に感じられた。世界獣人オンリーでいいよ別に。)

話は結構好きだったよ。男女探偵バディものっぽい雰囲気でよかったし、「俺は間違わない」のカウンターにグッときたし。そういえば終盤のラスボスへのセリフは「すべての獣人は俺が守る」って感じの初期セリフを被せてくれたら皮肉にもなってなおよかったなぁ。これならなおよかった点は主人公ラストもかな。あえて街に留まる選択をしたわけだけど、ラストSNS誕生日おめでとう投稿いいねするとか(中盤迷って押さなかった)、人間界に存在を知らせる感じで終われば、なお選んでここで暮らす感が出たと思う。唐突獣人化して引きこもって密航して…って背景があるから、どうしても失踪した人の家族や友人目線を考えるとね…。こっちにきた親友ナズナけが人間界の繋がりじゃないんだからなぁ。(私の獣人街の価値が低すぎて描写が無い家族の方が大事に感じてしまう)

 

あとこれも微マイナスなんだけど、本編内容にED曲が絡むんだけど、こういうパターンて曲がハマらないと話にも減点しちゃうのよね。曲が好きになれたら加点だけど。二人のあのキャラであの披露場面であの曲調を好きだったり選ぶのは微妙、かな。曲単体で嫌いってほどでないし。毎回ED見てたし。

  

話のオススメ野球回です。ゲストキャラ声優の演技のおかげで一番好き。絵は繰り返し多めだけど、聞いてるだけで楽しい

 

 フリップフラッパーズ

1話15分で脱落。

ごめん、自分はこのキャラデザの目と口から感情を読み取ることができなかった。ずっと人形が喋ってるみたいで驚くぐらい感情がノらなかった……。

赤松作品みたいだよね。まおちゃんとかネギまみたいな。

 

えとたま

どちゃくそ面白かった。いや萌えアニメっぽいし期待値ゼロで見たんだけど、まさかこんな作品だったとは。

OP時点で3Dに驚いた。そして作中でもクオリティそのままですごい、本当にすごい3Dアクションを見せられて、本当にテレビシリーズでこれ見ていいの!?不安になったぐらい。大満足。こういうアニメーションが見たかったんだよ。日常パートは、最初干支言えない天丼やまたアキバかよみたいなのをグッとガマンしてもらえれば。そういうのはすぐ消えて、ハイテンポで止まらないスピード感のたたみかけで脳をやられた(デスデスだけは最後までガマンしてくれ)。やっぱ1、2話はこういう強いつかみが大事だよなと痛感した。メタネタ好きですし。中盤は流石に多少落ち着いて進行したけど、総集編すら楽しく見れた構成はよかったし、どうみても捨てキャラに見えた犬猿(猪)に作中で言及したときコイツぁ信頼できるぜと思いました。

ゲストイラストウサギへきるぶつけるのは卑怯

 

減点なところもあるんすよ。男人間やソルラル設定とか形骸化してるなーとか、人間界に集まってる部分ほぼ要らないなーとかの単純な人間非介入ほんわか干支争奪バトル話でよくない?だとか、ドラたんは覚悟してたけどピヨたん回ほぼ蚊帳の外将棋回じゃん!(泣)とか。

にゃ~たんの「記憶喪失によるキャラ探し」も最初だけで、ほぼチュウたんのための逆算だよな。とか。

でも2Dの会話劇と3Dアクション両方で高得点だされたら満点超えるよね。

モ~たんもそんな好きなキャラじゃなかったのに終盤の短い尺でめちゃくちゃキャラが深まる話ぶっこんだりで大幅加点に転じました。

あとはにゃ~たんの記憶喪失がねぇ。元々、飄々かつ深謀遠慮っぽい性格みたいだったから、フジリュー太公望と伏義みたいな記憶喪失後のふざけたキャラ込みの二面性があればよかったよねぇ。せめて衣装チェンジが欲しかった。昔の巫女風な服みたいな。デタッチスリーブだけでも追加してくれれば…!

 

音楽OPイントロED大好き。ソルラルチャージバンクもよかったにゃす。(EDのようにちょっとでもいいから毎回変化があると心のゴローさんが喜ぶんだよね)

聞いてね。

 

キャプテン・アース

半分?12話ぐらいで脱落。

巨大ロボが宇宙で戦うぜ!……というのを期待すると死ぬ

いい点。女の子可愛い褐色ワンピ可愛い魔法ハッカー少女ロジカルかわいい。突然現れるランドセル少女で視聴決定(しかし以後出ない)。敵のエロさは…私、エロはわりとどうでもいい。

悪い点。ロボが活躍しない。

まあボンズアニメなんでね。覚悟してたしね。

序盤はよかったんですよ。合体バンクケレン味あって満足度ド高いし(毎回ロケット飛ばすの!?)。説明無し専門用語ラッシュも嫌いじゃないし。しかいかんせんメインロボが出ない…そもそも設定がかなり迂遠…。

 

1.敵が地球上で4分間のチャージを行なう

2.敵が地球から離れた場所に巨大ロボになって出現。

3.敵が地球に到達できたら人類全滅。

 

Uターンしたら成功!と地方人口維持みたいな目標設定なの。謎。宇宙人が敵じゃねーのかよ(宇宙人だけど)。

で、初期は唐突に手順2から始まって人類監視して迎撃するんだけど(ファーストコンタクト主人公父親ロケット特攻撃退できる弱さ)、以後はなぜかチャージ装置と小型ロボットが一体になって、手順1を戦いながらチャージするようになる。なので地上で制限時間までに敵を倒せ!に変わる。

主人公も巨大ロボのコアの小型ロボで戦うからかなりスケールダウンするわね。しかチャージできちゃったら地上で戦ってた主人公宇宙に行くのに間に合わないから…。実質地上戦運命の分かれ道。一応2号ロボとかでカバーな話にはなるんだけど…

毎回ガオガイガーガイガーで戦って時間がかかったらファイナルフュージョンもせず敗北。みたいな。それって見たいか

それを敵が敵幹部覚醒のためにまず5回繰り返すことが確定する。5回は多いて…。しかも一人一話かと思ってたら一話で収まらなかったりで…ギブアップです。

 

地球に来たら即敗北の敵に一応、世界各国で防衛網は敷いてるものの…

日本

種子島

名あり主要メンバー1桁の組織

子供4人が活動して敵を防ごう!ってシナリオはムリがあるよ!

用語解説はしないにしても主人公ロボの解説ぐらいはしようよ!

アースエンジン地球製なの!?動力源は主人公が偶然手に入れた銃でしょ!?主人公が撃つまで動力源無しの置物だったの!?ヒロインの銃は撃たなかったんでしょ!?なんでそんなもんつくってんだよ!?

しかも弱いしさぁ!ガンガン格闘するような機体でもないですって!?

 

…うん、ダイガードでも見るかぁ。

しかも序盤にいい年した男女の恋愛駆け引きのやりとりを敵・味方2組でやるという謎采配。脚本がなにを考えているのかまったくわからない。

 

主人公も「久しぶりにあった友人にブーメランみせたろ!」っちゅう、17歳の高2にしてはちょ~と幼すぎるキャラで、全員中学生設定でよかったよ。無知ヒロイン魔法少女中学生が適正だってエヴァと交換しよ?

 

ED曲はめちゃくちゃいいんで。聞いて。後半変わるらしいしここで切ったのは正解か。

 

コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜 一期

またボンズかぁ……………………。

これも色使いが気になった作品

完走したけど、正直、視聴赤点を0.001点上回った作品。毎回「打ち切るか…」と思いながら見てた。

魔法妖怪超能力・ロボなどなどなど、常人を上回る力をもったもの超人総称した戦後昭和世界で、今と数年後の未来の場面を平行しつつオムニバスで毎話いろんな超人の話をする。

ボンズ作品なので、OP最後のような主人公活躍を期待してはいけない。

 

超人になったからには・超人の力でなにをなすか。そんなテーマと向き合った各話の出来は、正直、よい。けっこうよい。基本は思想のぶつかり合いなので真面目にみてないとかなりわからなかったりするけど、様々なジャンル超人活躍するエピソード面白くできていると思う。だから、余裕で視聴できる。

そんな各話横の出来はいいのだが、それらを貫く縦の物語、「超人課」に関してはうーむ…。やや停滞感が強い。エピソードと変化が弱い。

というか主人公問題

主人公超人保護意識が高く、(一応)普通人間ポジション

なのだが、熱血漢はわかるものの、それにしても口調が強い。結構強硬派言動に感じる。

それでいて超人保護の実績・活躍はというと、それほどは芳しくない。あんまり上手くいかない。

頭脳知識にしても親や上司世代が勝っているし、駆るロボは同僚の未来人が作ってあげたもの。腕の謎の力は解放したら家族同然の人に封印してもらわなくちゃならず、それら抜きでも普段の行動からかなり人を頼り(使い)気味。

環境無自覚に甘えていて態度は強気、みたいに写ってしまう部分が多少ある。なんと表現すればよいやら。

適切ではないかもしれないが「THE末っ子」みたいな?ちょっと高慢にも見える態度のでかさだけど彼の地盤ってほぼ志だけで頼りにできるキャラじゃあない。

結局、終始主人公を好きになれなかったという話さね。

 

主人公超人課を抜ける未来についてもビジュアル変化が薄いかぼんやりしてるとどっちの話?と偶になったり。一応敵対してるけど各キャラそこそこ普通に喋ったりと絶対的決別じゃなさそうだったりでフックなりえなかった。分割2クール前提のせいか1期範囲でいい感じにまとまるわけでもなく、あぁ、飛び出したけど結局仲間集めで頼り先作ってんなと覚めた感じになっちゃった

 

魔法少女アースちゃん好き。ジャガーさん好き。笑美さんすき。全体を通してやりたいことも多分わかる。各超人お話面白い。なーのーに、赤点ギリギリ。超低空飛行。なんだろうかあえて言えば、「全体を通してやりたいことも多分わかる。しか面白くはなさそう」かな。興味の部分への刺激が低い作品だった。

色彩についても特徴的ではあるが昭和モチーフのせいか薄暗い世界が続くので強い魅力にもならなかったみたい。

 

曲は…特に無し。EDだけ笑美さんの動きのためだけに毎話見た。

 

ゾンビランドサガ 1期

宮野真守だけでおつりが来る!!!!!!(宮野真守三石琴乃の鳴き真似だけで満腹じゃい!!)

からこんなパンチ1話から繰り出してくれると見ちゃうんだよね。

非常に面白かったです。

当時話題になってただけの理由はあるのだなぁ。

想像以上に佐賀要素丁寧にぶっこんでるし、よかったよね。

ゾンビ要素・アイドル要素、はぁ、特に加点もないけど、キャラシナリオがよければよいのだ。

いや主人公さくらちゃんよかったですね。方言よかったですね。初期のどやんす流されなんとか牽引する姿にグッときて好きになりましたね。最終回は思わず泣いちゃいましたね。受験に落ちた後の悟りさくらちゃんが一番好きです。

アイドルアニメ別にきじゃないけど、彼女がもろもろ頑張るのを見るアニメとして視聴しました。もちろん主人公を活かす他のキャラの味付けも(ゆうぎりさん以外)よかったからです。(ゆうぎりさん以外)

…全体的によかったら特に書くこともなくなる。

たえちゃんもよかったね。会話中とかダンス中とか、絵が退屈・予想の範疇になりそうなときはたえちゃん見とけばとりあえず普通と違う動きが見れるので退屈しないですね。あれでいて練習もよく頑張ってたりほんわかしますね。

ヤンキーリーダーになるのはびっくりしたけど、驚くほど邪魔にならずテンポを阻害せず進行したし、リリィは明るく不穏不満分子集団のいいアクセントだったしアイドル二人は普通アイドルものしてたし。じゅんこのほうがやや好き。

 

曲。OPSEが入るOP問答無用勝利なんすよ。「んみゃく」これ聞いて。さいつよ。しかSE増えるとかたまんねぇ。それぞれのキャラ協調性なく好き勝手に歌ってる感じでよき。

作中のライブや曲は…マジメに見てないので特にいかな。CMソングが一番好き。最初ライブ3Dになったときはそういうアイドルアニメメタったネタかと笑ったんだけど、後から普通アイドルして3Dしててそこはごめんなさいしないといけない。

昔、絵がかけなくても漫画が描けるって3D人形漫画作るツールとか出てたけど、結局普及してないよなぁ。

構成したりする手間も面倒くさがるくらいのが大半で、それをやるアクティブさがあったらそれこそ、3D始めるなり絵を描くなり始めてしまうだろうし。

AIエッチな絵を生成する止まりでどこまで普及するかねぇ?

レタッチも大掛かりになってしまったら1から描いたほうが早いってなる時もあるし。

anond:20240719235912

クレカ規制はないが表現規制企業怠惰転載対策もあったかファンボは対策できるクリエイター以外は離れたし、fantiaは転載対策はしたがクレカ規制課金者が瀕死

patreonはクレカ使えるが未だに転載されるし国内では厳しくなったDAZ(3D)関連以外はそんな使われないよ・・まあ最近目まぐるしくパトロン系の状況は悪化してるので更に酷くなるだろうと予想している

2024-07-18

anond:20240718185802

まあ、それが3Dモデル3Dアバター?の強みやろうからな。増田が好きならそれでええよ。

わいはアイテムNPCの反応、感情表現も決められた数個の動作しかなかったり、そういうシーンじゃないのに、たまたま見えた表情を「可愛い」とか「かっこいい」って言ってるのが性に合わんかった。

いずれ、生成AIで高品質3Dモデルが作れるようになったらええな。誰もが推しを彩れる素晴らしい技術や。

縞パン流行ブラウン管が廃れたのが原因だ

貧乳コンプキャラ、15年前の縞パンに似てる

https://anond.hatelabo.jp/20240718120400

上記文章を読んで、実際の女性ファッションとしての縞パンではなく、美少女イラスト流行した縞パンを語りたくなったので書く。

ブラウン管が全盛期の時代1990年代末頃まで)のPC美少女ゲームすなわちPC-98のエロゲでは、パンツレースフリルを描き込むのが流行っていた。これは実際にレースパンツを履く女性が多かったという訳ではないし、エロゲユーザー(いわゆるオタク)の間でレースパンツが好まれていたという訳でもない。CGコンピューターグラフィックスイラスト製作する側の都合が大きな理由だ。

当時のCGイラストではやたらと細かい模様が使われていた。パンツに限らず女性服装にはやたらとレースフリルが使われていたし、人物とは関係ないゲーム画面のUIユーザーインターフェース)の装飾にもレリーフ模様がやたらと使われていた印象がある。細かい模様はブラウン管との相性が良く、ブラウン管の滲(にじ)みによって立体感表現できたのである

【参考】→ 『 「昔のドット絵ブラウン管の滲みを前提にデザインされていた」に疑問の声』( https://togetter.com/li/1131267

こうしたドット絵を当時は手打ちで描き込んでいたのである。当時のCG制作ソフト機能が貧弱であり、ドットの一つ一つを手入力するしかなかったからだ。どうせドット手打ちするならばと、ついでに細かい模様を描き込もうという気にもなるだろう。なにせPC-98のモニタ解像度わずか640x400しかなかったのだから

しかし、Windows95が普及しモニタ解像度が上昇すると共に液晶モニタ流行すると、ドットで細かい模様を描き込むテクニック通用しなくなる。ブラウン管と違って液晶モニタではドットの一つ一つが滲まずにクッキリと映るからだ。その上、高解像度表示のために拡大すると、そのドットが大きく表示されてギザギザに表示されてしまうのである

この頃にレースパンツに代わって流行したのが縞パンである

フォトショップなどのCGソフトを用いてパンツの横縞模様に3D効果を施せば、臀部が立体的に表現されるのだ。それも、解像度の拡大にも耐えうる形でだ。拡大しても縞模様はギザギザになることもなく、滑らかな曲線を保ったままになる。

ちなみに、ラグビーユニフォームにも横縞模様が多用されるが、理由としては横縞模様による膨張効果によって体が大きく見えるからだという。

レースパンツから縞パンへと、美少女イラスト流行が転換した時期は1997年だと私は考える。

美少女ゲームブランドにおいては、エルフからLeafアクアプラス)へと業界トップが入れ替わる時期であるエルフドラゴンナイトシリーズ同級生シリーズ、遺作シリーズなど写実度の高い絵柄でドットを細かく書き込むことに定評があり、パンツレース模様が主流だった。一方でLeafから発売されるゲームは、雫(1996年)、痕(1996年)、To Heart1997年)、こみっくパーティー1999年)とアニメ調の絵柄であり、パンツ縞パンが多かった印象にある。

1996年発売のPCアダルトゲームで年間売上高No.1ゲームが『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』(PC-98、エルフ)であり、1997年では『To Heart』(Windows95Leaf)だったことは、まさしく美少女ゲーム流行が「エルフPC-98・ブラウン管モニタ・写実調・レースパンツからLeafWindows液晶モニタアニメ調・縞パン」へと転換したこと象徴と言っても過言ではないだろう。

実際に美少女ゲームの絵柄の流行においても、みつみ美里アクアプラス所属)の作風が主流になったこから明らかなことだ。

インターネット上での縞パン流行の始まりは、ビスケたん2002年)だろう。美少女ゲーム会社由来の流行ではなく、インディーズ(いわゆる同人)発信の文化としてだ。この頃から美少女イラストにおいてはパンツ縞パンであることが好まれるようになったのだろう。

とはいえ、そうしたインターネット文化を『ネットランナー』というソフトバンク系列情報誌ぽよよんろっく渡辺明夫)のイラストと共に後押ししたことからインターネット上の縞パン流行は完全なるインディーズとまでは言えないだろう。

そうした縞パン文化を今も引きずっているキャラクターとしては、初音ミク2007年)が有名だろう。公式設定として初音ミクパンツ縞パンとされた訳でもないのに、ファン勝手縞パンイラストを描いたことによって、初音ミクといえば縞パンという印象がいまだに拭えないのだ。

ちなみに今から15年前といえば2009年だが、この頃になると縞パンブームを過ぎてもはや陳腐化された時期といえるだろう。それを象徴するのは、当時放映された『けいおんアニメ1期の6話である文化祭のライブで澪が転倒してスカートの中を衆目に晒ししまうのだが、そのパンツを直接描かずして縞パンである隠喩的に表現するシーンがある。パンツのものは描かなくとも、水色と白のボーダー柄だけで縞パン認識するに決まっているという信念がひしひしと伝わってくる。

【参考】→『 澪のパンツのシーンに秘められた裏話!』( https://x.com/K_onkinenbi/status/1422165281061756929

2024-07-16

アイドルマスターSideMライブの「アイマス最高」コールから見るファンの分断

【起きた事象

最近行われたライブの「アイマス最高!」のコールを巡ってXが若干学級会の様相を呈した

否定派に多い人】

SideMをサ終より前から知っていたP

以前からバンナムの行い※1によりアイマス最高コール文化に疑問を持っていたPが多いが、アイマスブランドで唯一ゲームが全てサ終を迎えたことでその不満は爆発。

それにより「SideMは好きだけどバンナムは好きじゃない」という思いを持っているPが多い

(勿論サ終前からユーザーが全員同じ気持ちではないだろうが)

※1

アニメが765・デレは2クールだったにも関わらず1クール。そのため半分のユニットしか出番がなく、アニメに出たユニットと未登場ユニットで曲数格差も発生した。

・4thライブ時期のCDリリース頻度の低下(おそらく3D音ゲーとの兼ね合いが原因)

音ゲー1(エムステ)の不出来(過度な低難易度仕様)からサービス終了

・後継の音ゲー2(サイスタ)から3Dモデル削除(後にMVという形で後から追加はされたが、全ユニット実装の前にサービス終了)

・突然の音ゲー2・モバゲー版の終了によるゲーム全滅

サービス終了発表直後に新ブランド(ヴイアライヴ)の発表

・各ブランドから何人か集めた家庭用ゲームSideMキャラハブられた

その上最初公式からきちんとした説明がなく、声優生放送番組ツッコミを入れる事態が発生した

肯定派に多い人】

・他マス兼任P

SideMはサブの場合もあるし、他マスもSideMガチ推し場合もある

他マスPなのでSideMもひっくるめてアイマスが好きなためコールをしている

SideMゲームプレイ済の人もいればそこまで詳しくなく、中にはサ終のことやそれにより界隈が荒れたことすら知らないでライブに参加する人もいる

・サ終後にSideMを知ったP

YouTube歌ってみたtiktok(特にS.E.Mというユニットの曲が最近バズった)曲を知り、そこからSideMライブに来るようになったP

ゲームに触れてない層であるため、いざこざがあったことを深く知らない

ここまで記載した事柄に関して、あくま肯定派/否定派に多いPの属性というだけあって必ずしもその限りではないことに留意してほしい

問題

多分否定派が毎度ライブで「アイマス最高!」を聞いて複雑な心境になるくらい

元々ファン文化なので、無くなったところで公式にとってもそこまで大きな問題にはならないと思われる

SideM関連でPが揉めてることがXで話題になるというネガキャンはあるが

解決方法

否定派が新たなコールを主流にする

Pにできるのは精々これくらいなのではないだろうか

Xの意見では肯定派だけでなく否定派も「個人自由ではあるよね…」という形が多い

結局風化して終わると思う

ライブ後の度に同じ話題で盛り上がる可能性も高そうだが

【筆者について】

推しがいたためゲームは全てプレイし、6th〜7thあたりまてライブに参加してたP

他マスはデレステアニメ時期にプレイライブ経験

少し前なら界隈のことを知っているので、野次馬根性もありつつ書いてみた

Pの派閥はXを参考にした

2024-07-15

ハス太・LaVista! (ビースター Mō shon pasu tekunona ejji no yama Idaten VISTA wo kokoro de yuku Orijin kara makuro no kashiiko e Jusei no kako made Utau VISTA VISTA Kieru VISTA VISTA Ukabu VISTA nemuru VISTA sakebu VISTA kieru VISTA Porigon de wa giji teki torippu 3D 3D 3D OR NOT 3D Toribyū kara yomitoru ejji wo Zuhō de kat tobu Utau VISTA VISTA Kieru VISTA VISTA Ukabu VISTA nemuru VISTA sakebu VISTA kieru VISTA Mō shon pasu tekunona ejji no yama Idaten VISTA o kokoro de yuku Orijin kara makuro no asoko e Jusei no kako made Utau VISTA VISTA Kieru VISTA VISTA Ukabu VISTA nemuru VISTA sakebu VISTA kieru VISTA

anond:20240714185908

3Dモデリング好きなのでチマチマ進めてると休日溶ける。

土は常備菜作って、予約していた医者行って、普段できないとこまでガッツリトイレ掃除して、本棚とか整理して、ザッと掃除機掛けてたから、2〜3時間しか作業できんかった。

日は一日じゅう家にいた。作業しつつ合間にコーヒーとか飲んだり、作った常備菜を消費したり。進めておきたかったとこまでは行ったので3時間くらいゲームした。

今日最終日だけど 出掛けないだろうな、スクリプト書こうかモデリング進めようか迷ってる。

anond:20240715035013

3D化の波に乗れず、カスメについていけずコイカツにも入れずカスタムエロ市場から締め出されていたワイ、NovelAIと言う人類の叡智を持って再び戦場に降り立ったで。

止め絵だけ見ればセル画と遜色ない3Dモデルが作れる技術コンシュマーにはあるんだから、それがエロゲー業界に降りてくればいいと思うけど、それよりは動画生成AI進歩の方が早そう…。

アニメ業界Unreal Engine活用破滅を招きかねない

つむぎ秋田アニメLabの取り組み、大変すばらしいと思います

https://b.hatena.ne.jp/entry/4756283245566539264/

しかし一点重大な危険性がこの前編後編の記事内で取り上げられていません。

それはUnreal Engineスキル保持者の給与水準です。

現在ゲームアバター映像等のエンタメ関連産業で周辺技術者は払底しています

何故ならこれらエンタメBtoC企業給与の倍から4倍の水準でBtoB企業建築機械FAが引き抜いていくからです。

おそらくアニメ産業だと給与ギャップさらに広がると思います

この記事で描かれている作業従事者のスキル経験者だと引く手あまたです。

エンタメ産業が1案件千万円程度で受けてみんなで取り掛かる仕事に対し、BtoB大手だと着手前の調査費やコンサル費でそれくらい費やします。

そこでガッチリ仮想化3D設計を組み立てることでのちの数十億円、数百億円の案件を取りに行くのでコストは惜しみません。

もちろん全く別業種なので内容に興味がないならそれまでですが、それをねじ伏せるくらいの給与移籍金が飛び交います

もし今後アニメ産業で推進していくなら、ガッツリ金を積んで引き抜きを防ぐか、会社を強く愛してもらわないととんでもないことになると思います

すごい挑戦が成功しつつあることは喜ばしいですが、バンダイ側はおそらく「事業安定という部分」で心配していたのだと思います

スキル者を中小が確保し続けられるかどうか。

2024-07-12

ゲーム配信とかやめてくれないかな(無理)

配信者どいつもこいつもWin専用ゲームばかりやったり

Vtuber3Dの体を持ったらバーチャルキャスト(やはりWin専用)で配信し出したりして

アンチWin自分発狂してチャンネル登録を解除するしかない

どうにかならないのかこの状況

ゲーム配信とかやめてくれれば少しは俺の心の安寧が訪れるんだろうが

無理か

この文章打つ間も手が震えてるんだから

自分ガイジっぷりは筋金入りだ

Rewardsポイントを獲得するのに毎日Xboxで遊ぶ必要があるので、最近はHumanityという3Dレミングスちっくなゲームをやっている

難しくてイラつくこともなくはない

2024-07-08

谷水文香BOT人生

   平成11年4月13日   延岡西高校入学式。  第1学年主任、 英語科、 井上修二。

   平成14年       里見拓士が北予備でファジー数学を教えていた。  当時の大志寮の寮長は、 高橋虎雄。

   平成15年3月10日  永山悟が東大理科一類後期試験合格した。

   平成17年   東京都北区駒込の以下の小さいスタジオ出入りしていた。 https://www.google.com/maps/@35.7373641,139.7501617,3a,75y,131.96h,95.39t/data=!3m8!1e1!3m6!1snsqRi0nokMrcC4TrjcD_xQ!2e0!5s20091101T000000!6shttps:%2F%2Fstreetviewpixels-pa.googleapis.com%2Fv1%2Fthumbnail%3Fpanoid%3DnsqRi0nokMrcC4TrjcD_xQ%26cb_client%3Dmaps_sv.share%26w%3D900%26h%3D600%26yaw%3D131.96370538686978%26pitch%3D-5.38725407618584%26thumbfov%3D90!7i13312!8i6656?coh=205410&entry=ttu

   平成18年9月21日    20日の選挙安倍晋三総理大臣就任

   平成18年9月24日6時  増田開始  最初書き込み     例  絶対に許さないよ、 おげれつ

   平成19年11月17日   裁判所書記官巡査などが、増田の期待の星、MONO君登場、などと書き込みをしていた。

   平成20年6月8日より少し前  熊谷の息子が秋葉原で暴れていて女の子下半身開陳させるなどしていたら、歩行者天国トラックが突っ込んできて、賛同者の高齢者等が下敷きに

                  なった。

   平成20年11月17日、18日     別所厚生労働省次官殺害される。

   平成20年12月6日          有名評論家加藤周一死去(89歳)

   平成23年10月23日午前11時9分   志村署の村田戸田橋の下発狂

   平成24年6月25日      団藤重光元裁判官が98歳で死去

   平成24年8月27日      消防署消防士バクサイに女の子わいせつ画像を貼り付けた。

   平成25年1月         須佐由子がFacebookに、ハッピー、と書き込む。

   平成25年2月10日      朝日新聞で、船田=クラーセン=さやかが、生活が出来ないと発狂するようになった。

   平成25年6月19日      黒羽刑務所で森脇の手下の連行係の刑務官立花高志に似ている奴が、平気で怒るからな、と言った。

   平成25年8月         宇多田ヒカル母親飛び降り自殺

   平成25年10月5日      山口県美祢社会復帰センター近くで、桜坂やっくん自殺

   平成25年12月5日       餃子の王将社長が射殺される。

   平成25年12月31日     NHK紅白歌合戦で、司会の田森が、スタジオを見て、生きているようにみえますね~、という発言をしてしまった。

   

2024-07-06

増田Apple Vision Proファーストインプレッション

何者にもなれないことを心に刻みつつ感想を述べる。

過去自分はOculus GoとMeta Quest2を持っていた。

より具体的に言えば、まずOculus Goを買って失望した。

そして「次でダメだったらVRは見限ろう」と思って買ったQuest2にも失望した。

なのでQuest3は買っていないし、メタの目指す方向性にも賛同しない。

メタバースなんて流行らないよね。

最近メタ路線転換して恥も外聞もなくVision Proをパクっているのは良いことだと思う)

まず前提を確認しておく。

Vision Proは「VR」ではなく「AR」がメインである

現実光景ビデオパススルーVision Pro内のディスプレイに表示し、そこにデジタルオブジェクトを重ねる。

ブラウザウィンドウをいくつも空中に浮かべたり、巨大なウィンドウを広げて動画を観たりできる。

机の上でマスコットキャラクターを動かしたり、遠く離れた友人の3D映像を傍らに表示して会話したりできる。

また、Vision Proは、iPhoneと同じカテゴリ製品ではない。

PCMac)と同じカテゴリ製品である

Vision Proを付けたまま外出するどころか、家の中で動き回ることすら想定されていない。

じっと椅子に座ってPCを使うのと同じ感覚で使うべきものだ。

ではVision Proの使用感について語る。

さんざん言われている重さについては、そこまで重くは感じなかった。

というか良くも悪くもQuest2なんかと同じ装着感だ。

思うに、そもそもヘッドセットバンドで頭に巻き付けるという方式が間違っている気がする。

帽子のつばにぶら下げるとか、ネックバンドで下から支えるとか、何か別の方式模索して欲しい。

ライトシールも無くしたほうがいいんだろうな。

Vision Proで表示されるものは非常に美しい。

iPhoneの画面にドット感が無くなったのをAppleは「Retinaディスプレイ」と呼んでいたが、そのレベルに達していると思う。

Vision Proの中だけでウィンドウをたくさん浮かべ、動画を視聴し、Macミラーリングして作業をするぶんには、まったく何の問題もない。

一方で、パススルーが思ったよりも悪い。

もちろん最低限の実用性は備えている、というか業界最高レベルではあるのだろう。

Apple Watchの通知の細かい文字でも読めるくらいだ。

ただパススルーで見ると「解像度が1段階落ちた」感じがする。

たとえばVision Proを被ったままパススルーテレビを観るとちょっと美しくない。

となると「テレビ映像Vision Proにミラーリングしたい」と思ってしまうのだが、そういうアプリがまだないのがストレスである

パススルー完璧だったなら、アプリVision Proに対応していなくても、現実にあるものをそのままパススルーで見ればいい、ということになる。

しかし現状はそうではないので、とにかくVision Proの中ですべてやりたい、現実のさまざまなものVision Proの中に入れていってほしい、という気持ちになる。

まり、何と言うべきだろう、Vision Proから覗いた現実空間劣化していて、現実空間Vision空間が繋がりきれていないのだ。

もちろん、さらに将来的にはテレビやらの「目で見て使うような家電」は現実に置く必要はなく、Vision Proの中に置けばいい、という話にはなっていくだろうが…。

ともあれ今後、パススルーの性能は「本当に現実とまったく同じ」になるくらいまでめちゃくちゃ上がってほしい。

と同時に、Vision Pro対応アプリもどんどん増やしていかねばならないだろう。

Appleによれば、iOSアプリVision Pro対応は追加作業ほとんど必要ないらしい。

開発者が「このアプリVision Pro向けに配信する」というチェックを入れるだけでいいという。

それが本当かどうかは知らないが、アプリ開発者の皆さんには是非ともお願いしたいところである

文章入力には難があり、一つのボトルネックになっている。

現状、Vision Proを仕事に使うならMac接続することになり、そうすればキーボードを使えるので実用的には問題ない。

逆に言うと、Mac接続しないといけないのはキーボードを使うためだ、ということではある。

iPhoneを外付けキーボードのように使えたら、と思う。

ただ、仮想キーボードに触れて文字入力する感覚は、思ったよりも良い。

まり、ぜんぜんお話にならない、というほどではない。

無理やり喩えるなら、トラックパッドゲームをしたり、マウスでお絵描きをしたりするような感じか。

視線入力は、最初の頃はだいぶ暴れていたが、リアルタイム最適化が働くのか、それともこちらが慣れたのか、しばらくすれば落ち着いた。

とはいえ、一つ下のリンク選択してしまうとか、指でのタップが誤反応するとか、そういうことがちょいちょいある。

Webページリンクがいちいちハイライトされるのも鬱陶しい。

逆にボタン選択時のハイライトが見えづらいこともある。

このあたりのUIは今後どんどん改善されていくだろうし、改善されていって欲しい。

イマーシブビデオという180度VR動画がある。

Apple公式に用意しているもので、Quest2で観たものよりはさすがに綺麗だが、しかしそれでもまだ映像が粗い。

今後、たとえばVRアダルトビデオが観れるようになったとしても、Vision Proの解像度を満たすのは難しいのではないか

というか、180度360である必要がないと思うので、空間ビデオみたいな感じでやって欲しい。

ざっとこんなところだろうか。

Vision Proのハードウェア的なスペックはかなり要求を満たしていると思う。

あとはOSアップデートだとか、アプリ対応だとか、ビデオ解像度だとか、そういうソフトウェア問題になるだろう。

いや、ヘッドバンド構造はまだまだ改良の余地ありだが…なんか革新的アイディアはないんかね?

Appleには頑張ってもらいたい。

2024-07-05

455h0|3

0nc3 \_/p0n 4 7!m3, !n 4 (3274!n (0\_/n72y, 7h323 \\//45 4n 455h0|3 n4m3d (!nd323114. \\//hy \\//45 5h3 (41|3d c!nd323114, j0\_/ 45|{? \\//311, 47 h32 m0m'5 ƒ\_/n3241, 5h3 d\_/mp3d 7h3 45h35 0n h32 0\\//n h34d, 4nd ƒ20m 7h47 5!6h7, 5h3 \\//45 c41|3d "(1nd32-(0\\//323d" 4nd 1057 h32 2341 n4m3.

]-[32 #\_/5|34|\\||), \\//]-[0 0\_/71!\\//3|) #!5 \\/\\/!ƒ3, \\//45 4150 4|\\| 455#013. +#3 |)4`/ 4ƒ732 +#3 ƒ|_||\\|3241, #3 |)3(3!\\//3|) 4 (#!(|{ +#233 `/3425 `/0|_||\\|932 +#4|\\| #!|\/|, |34|\\|93|) #32, 4|\\||) 3\\//3|\\| |)3(1|)3|) +0 |\/|422`/ #32. 4|\\||) 50, (!|\\||)323114 90+ 4 5+3?515+32 4|\\||) 4 #41ƒ-515+32 \\//]-[0 \\//323|\\|'+ 3\\\\/3|\\| |3100|)-2314+3|).

+#3 5+3?515+32 \\//45 4150 4|\\| 455#013. 4 ƒ3\\\\/ |)4`/5 4ƒ+32 |\/|0\\//!|\\|9 !|\\|+0 (!|\\||)323114'5 #0|_|53, 5#3 541|), "\\//0|_|1|)|\\|'+ !+ |33 |\/|023 (0|\\|\\/\\/3|\\|13|\\|+ +0 #4\\\\/3 4 9|_|35+ #0|_|53?" 5#3 +#3|\\| #4|) (!|\\||)323114'5 |\/|0|\/|'5 9|24\/\\//3 !|\\| +#3 `/42|) 4|\\||) +#3 01|)-455 +|233 |\\|3}{+ +0 !+ (|_|+ |)0\\//|\\|, 4|\\||) ƒ02(3|) +#3 (0|\\|5+2|_|(+!0|\\| 0ƒ +#3 9|_|35+ #0|_|53.

0|\\|3 |)4`/, 4|\\| 1|\\|\\\\/!+4+10|\\| +0 4 |3411 4+ +#3 (45+13 422!\\//3|) ƒ02 +#15 455#013 ƒ4|\/|11`/. |3|_|+ |33ƒ023 (!|\\||)323114 (0|_|1|) 234|) !+, +#3 5+3?515+32 2!??3|) !+ |_|?, 54`/!|\\|9, "+#323'5 |\\|0 \\//4`/ `/0|_| (4|\\| 90." (!|\\||)323114 |)!|)|\\|'+ \\//4|\\|+ +0 90 4|\\|`/\\//4`/, 54`/!|\\|9, "!'|) 24+#32 90 +0 #311 +#4|\\| +#4+ ?14(3."

50, 0|\\| +#3 |)4`/ +#3 |\/|0|\/| \\//45 !|\\| +#3 #05?!+41 9!\\//!|\\|9 |3!2+#, +#3 5+3?515+32 \\//3|\\|+ +0 +#3 |3411. !|\\| +#3 `/42|), +#3 (0|\\|5+2|_|(+!0|\\| 0ƒ +#3 9|_|35+ #0|_|53 \\//45 5+!11 90!|\\|9 0|\\| 45 |_|5|_|41.

"|\/|4`/|33 ! 5#0|_|1|) 1!9#+ 4 ƒ!23 #323 4|\\||) #4\\\\/3 4 |30|\\|ƒ!23," (!|\\||)323114 +#0|_|9#+, |3|_|+ 5#3 5+0??3|) #32531ƒ. 5|_||)|)3|\\|1`/, 4 \\//!+(# 5#0\\//3|) |_|?.

"(!|\\||)323114, \\//hy 423|\\|'+ `/0|_| 90!|\\|9 +0 +#3 |3411?" +#3 \\//!+(# 45|{3|).

"\\//]-[4+'5 !+ +0 `/0|_|?" (!|\\||)323114 23?1!3|), #01|)!|\\|9 4|\\| 4}{3.

+#3|\\|, ƒ02 50|\/|3 23450|\\|, (!|\\||)323114 \\//45 \\//24??3|) !|\\| 4 |)2355 +#4+ 100|{3|) 1!|{3 _|3\\//315.

"!ƒ `/0|_| |)0|\\|'+ 90 +0 +#3 |3411, +#4+ |)2355 \\//!11 |&<!11 `/0|_|. |\\|0\\\\/, 93+ 90!|\\|9," +#3 \\//!+(# 54!|).

(!|\\||)323114, |\\|0+ \\//4|\\|+!|\\|9 +0 |)!3 +#323, 231|_|(+4|\\|+1`/ |)3(1|)3|) +0 90 +0 +#3 (45+13.

4+ +#3 (45+13, 455#0135 _||_|5+ 1!|{3 #32 5+3?515+32 \\//323 90!|\\|9 (|24z`/ |)4|\\|(!|\\|9, 100|&<!|\\|9 ƒ02 4 0|\\|3-|\\|!9#+ 5+4|\\||). |\\|0+ 4 51|\\|913 ?3250|\\| 51|\\|(3231`/ (0|\/|?1!|\/|3|\\|+3|) 0+#325, 4|\\||) +#3`/ 411 533|\/|3|) +0 +#!|\\||{, "!'|\/| +#3 (3|\\|+32 0ƒ +#3 \_/|\\|!\\\\/3253."

(!|\\||)323114 |)!|)|\\|'+ |)4|\\|(3 4|\\||) 5?3|\\|+ #32 +!|\/|3 5|\/|0|&<!|\\|9 (!95 !|\\| +#3 (02|\\|32. +#3|\\|, 4 |\/|4|\\| !|\\| +#3 ƒ145#!35+, |\/|05+ 3}{?3|\\|5!\\//3 5|_|!+ (4|\/|3 |_|? +0 #32 4|\\||) 54!|), "#3`/ 9!21, 423|\\|'+ `/0|_| 90!|\\|9 +0 |)4|\\|(3?"

\\//!+# +#3 (!9 5+!11 !|\\| #32 |\/|0|_|+#, (!|\\||)323114 23?1!3|), "! 0|\\|1`/ |)4|\\|(3 \\//!+# |)34+# 4|\\||) |\/|!5ƒ02+|_||\\|3."

ƒ02 50|\/|3 23450|\\|, +#3 |\/|4|\\| ƒ311 #34|) 0\\//32 #3315 4|\\||) 54!|), "\\//311 +#3|\\|, 13+'5 90 +0 4|\\|0+#32 200|\/| 4|\\||) #4\\\\/3 50|\/|3 ƒ|_||\\|. (0|\/|3 0|\\|, (0|\/|3 \\//!+# |\/|3," 4|\\||) +2!3|) +0 |)249 (!|\\||)323114 +0 4|\\|0+#32 200|\/|. |3|_|+ (!|\\||)323114 ?23553|) #32 (!9 494!|\\|5+ #!5 #4|\\||) 4|\\||) 14|_|9#3|), "00?5, |\/|`/ #4|\\||) 51!??3|)."

+#3 |\/|4|\\|'5 5(234|\/| \\//]-[3|\\| 5#3 |3|_|2|\\|3|) #!|\/| \\//45 50 ?4+#3+!( +#4+ |\\|0 0|\\|3 \\\\/4|\\|+3|) +0 5133? \\//!+# #!|\/| 02 |)4|\\|(3 \\//!+# #!|\/|. 0ƒ (0|_|253, |\\|0 0|\\|3 (423|) +#4+ +#!5 ?!+!ƒ|_|1 9|_|`/ \\\\/45 +#3 ?2!|\\|(3 \\\\/]-[0 0\\\\/|\\|3|) +#3 (45+13.

3\\//3|\\|+|_|411`/, 4 |30|23|) (!|\\||)323114 +]-[|23\\\\/\/ #3|2 5#03 4+ +#3 5+4!|25 4|\\||) \\\\/3|\\|+ #0|\/|3 |3423ƒ00+. +#3 5#03 \\//45 91455, 50 !+ 5#4++323|) !|\\|+0 ?!3(35.

+#3 |\\|3}{+ |)4`/, \\\\/]-[3|\\| 4 532\\//4|\\|+ \\//45 (134|\\|!|\\|9 +#3 (45+13, #3 ƒ0|_||\\||) 4 5!|\\|913 5#03 0|\\| +#3 5+4!25. +#!|\\||&<!|\\|9 !+ \\//45 \\//3!|2|), #3 0|_|!3+1`/ (#3(|{3|) +#3 5#03 4|\\||) ƒ0|_||\\||) !+ \\//45 (04+3|) \\//!+# 4 13+#41 |)053 0ƒ ?0!50|\\|.

2|_||\/|025 5?234|) !|\\| +#3 (45+13 +#4+ +#!5 |\/||_|5+ |33 4|\\| 4++3|\/|?+ +0 |&<!11 +#3 ?2!|\\|(3, 4|\\||) 3\\//3|\\|+|_|411`/, 4 |3!9 1|\\|\\\\/35+!94+!0|\\| 5+42+3|). +#3 !|\\|\\//35+!94+!0|\\| \\//45 5!|\/|?13: +#3`/ |\/|4|)3 4 23?1!(4 0ƒ +#3 5#03, 4|\\||) 4|\\|`/0|\\|3 \\//]-[053 5!z3 |\/|4+(#3|) \\\\/45 42235+3|) 45 4 5|_|5?3(+.

0|\\|3 4ƒ+32 4|\\|0+#32, ?30?13 \\\\/323 10(|{3|) |_|? _||_|5+ ƒ02 #4\\\\/1|\\|9 +#3 2!9#+ 5#03 5!z3. 50|\/|3 0ƒ +#3|\/| #4|)|\\|'+ 3\\//3|\\| 90|\\|3 +0 +#3 |3411, |3|_|+ +#3`/ \\\\/323 |)24993|) 4\\//4`/, !|\\|5!5+!|\\|9 +#3`/ |\/||_|5+ |33 1`/!|\\|9.

3\\//3|\\|+|_|411`/, +#3 !|\\|\\//35+!94+!0|\\| 234(#3|) (!|\\||)323114'5 #0|_|53. !+ \\//45 \\//]-[3|\\| 3\\//32`/0|\\|3 \\//45 100|&<!|\\|9 4+ +#3 |\/|0|\/| 4|\\||) |34|3`/ \\\\/]-[0 #4|) _||_|5+ (0|\/|3 #0|\/|3 ƒ20|\/| +#3 #05?!+41. +#3 5+3?515+32, 0ƒ (0|_|253, |)!|)|\\|'+ ƒ!+ +#3 5!z3.

50 (!|\\||)323114 \\//45 +#3 0|\\|1`/ 0|\\|3 13ƒ+. +#3|\\|, +#3 5+3?515+32 |\/||_|++323|) +0 (!|\\||)323114, "#311 533|\/|5 +0 5|_|!+ `/0|_| |33++32 +#4|\\| +#!5 \\//021|)."

0ƒ (0|_|253, +#3 5!z3 ƒ!+ (!|\\||)323114 ?32ƒ3(+1`/, |3|_|+ 5#3 (14!|\/|3|) !|\\||\\|0(3|\\|(3, 54`/!|\\|9 +#4+ 5#3 #4|)|\\|'+ 90|\\|3 +0 +#3 |3411 4|\\||) +#323 \\//45 |\\|0 |)2355 4|\\|`/\\//]-[323 !|\\| +#3 #0|_|53 45 ?200ƒ.

|3|_|+ +#3 ?2!|\\|(3 5#0\\//3|) #32 4|\\| 3|\/|?+`/ (!9 |30}{ !|\\| +#3 +245# 4|\\||) 54!|), "+#!5 !5 +#3 54|\/|3 |324|\\||) +#3 (2!|\/|!|\\|41 \\//45 5|\/|0|&<!|\\|9. \\//]-[`/ !5 +#4+?"

+#3|\\|, (!|\\||)323114 92!|\\||\\|3|), |_||\\||3|_|++0|\\|3|) #32 _|4(|{3+, 4|\\||) 54!|), "9|_|355 ! ƒ31+ 1!|{3 |)4|\\|(!|\\|9 \\//!+# |)34+# 4ƒ+32 411. 2!9#+, ?2!|\\|(3?"

|3`/ +#3 +!|\/|3 +#3 ?2!|\\|(3 4|\\||) +#3 0+#325 |\\|0+!(3|), !+ \\//45 +00 14+3. +#3 923|\\|4|)3 4+ +#3!2 ƒ33+ 3}{?10|)3|), +4|&<!|\\|9 0|_|+ (!|\\||)323114 4|\\||) +#3 ?2!|\\|(3.

!+ \\\\/45 _||_|5+ ?45+ |\\|00|\\|. +#3 |33115 24|\\|9 +#20|_|9#0|_|+ +#3 (!+`/, 4|\\||) +#3 235!|)3|\\|+5 54!|) +#3!2 ?24`/325 ƒ02 1|_||\\|(#.

+#3 5(4++323|) ?!3(35 0ƒ +#3 5#03 |33(4|\/|3 4 \\//34?0|\\|, 4|\\||) 3\\//3|\\|+|_|411`/ _||_|5+ 54|) ƒ249|\/|3|\\|+5 +#4+ 0|\\|1`/ #|_|2+ ?30?13, 4|\\||) |\\|0 0|\\|3 !|\/|49!|\\|3|) \\//]-[4+ +#3`/ 02!9!|\\|411`/ 100|{3|) 1!|{3.

+#3 3|\\||).

最近二次創作で妙な角度のOKマークをよく見るのだが

これあれだな、多分3Dモデルポーズでそういうのがあるんやろな

2024-07-04

anond:20240704170141

それは多分3Dゲーをやらないレベルユーザ向けだな

ブラウザJavaScriptバリバリサイトは重くてもGPUを使ってこないのでCPUパワーが必要になる

実写の悪いところばかり見るのがオタクの悪いところよなぁ

銀魂福田監督漫画表現現実表現するのが上手く、それまではカツラが目立つ映画しかなかった髪色髪型が独特な漫画実写化をかなり現実よりに引き寄せた人だし特にギャグ漫画実写化は名手だ、原作へのリスペクトが薄めなのは良くないが。

山崎監督だって日本で低予算でありながら海外通用するような美しい3D映画を作れる稀有な才能の持ち主だ。

大量に作っているから鼻につくかもだが人情噺も安定して上手い。原作へのリスペクトが薄めなのは良くないが。

ジョジョ四部だってスタッフキャストから原作愛は感じられなかったが、言うほど悪いクオリティでもなかった普通に楽しく見れた。

実力ある人ほどさほど興味ない作品実写化に関わる機会も増えるし、思い入れが全くない作品監督をすることもあるだろう。

原作へのリスペクトが足りないだけで実写の全てを否定してボコ殴りにする癖は良くないと思う。

2024-07-03

2024年4月アニメ感想

銀髪メイドガールズバンド渋滞していた244月期、意外と粒揃いだった。

Unnamed Memory、アストロノオトはまだ未消化。

HIGHSPEED Étoile

フル3DCGレースものレースシーンの見せ方がいまいちからなのか主人公成長の描き方が下手なのか盛り上がらないまま終わってしまった。

素材は良いのに調理が残念パターン3Dぽさを感じさせないキャラクタモデリングは良いだけに勿体ない。

Lv2からチートだった元勇者候補まったり異世界ライフ

令和のくぎゅう枠。令和にくぎゅうとか正気かと思ったがくぎゅうは大正義だった。胸がキュンキュンお耳ピコピコ

他の同棲キャラハーレム要員かと思いきや、ルームシェア相手みたいな扱い。

THE NEW GATE

安定の男性ボーカルOP+低予算=残念枠。FateSAOの影響を受けすぎていて大丈夫かと心配してしまう。二期は無い…よな。

アイドルマスター シャイニーカラーズ

ソシャゲアニメ枠。

リリース当時に「最近ソシャゲ難しい…」と思った程度のエアプなので初見お断りファン向けに見える。3DCGモデリングは悪くないが、全員違う顔なのに何故か同じ顔に見える不思議

ほぼ全員を同等に扱おうとしたせいなのか、山も谷もない無限平原のようなストーリー展開は毒にも薬にもならない苦行。作品を通して描きたかったものは結局何だったのか。Pも登場するが何か良いこと言ってる風でやってることはただの後方腕組み彼氏に見える。

最終話ライブシーンが一番力を入れていた(?)ようだが実写ライブカメラワーク意識したのか、アニメライブ特有の派手に動かすような演出が無い分、映像としていまいち面白味が…。もうちょっとやりようがあるでしょうと。ただでさえ歌モノが被ったこタイミングでこれはなかなか辛い。

一番人気っぽく見える無理心中強要地雷キャラ(?)がどうして出てこないのか不思議だったけど二期で出るっぽいのでそっちに期待します。

ガールズバンドクライ

このバンドいつも喧嘩してんなな今期のダークホース枠。

3DCGアニメとしてはよく言えば味がある、悪く言えば古臭い感じは当初こそヤバそうに見えたものの、中指立ててけの勢いで押し流してしまったのでやはり謎の勢いがある作品はめちゃくちゃ強い。何年か後に二期とかあると嬉しい。

この素晴らしい世界に祝福を!3

シーズンを重ねても変わらない安定の面白さ。カズマさん何気に気が回るし優しいよね。

ささやくように恋を唄う

揺れる百合戦争な感じで面白いのだけど制作スケジュール破綻してしまった。原作買います

じいさんばあさん若返る

ほのぼの枠。東北ネイティブじゃないのでどの程度正しい発音なのかよくわからんが、何かが違う気がする。

異世界転生ものだと「精神年齢身体年齢に馴染む」というありそうな気がする理屈精神身体に合わせて若返る傾向があるが、本作は精神年齢そのまま身体だけ若返るというあたり面白くなるのかも、と思ったのだけど普通にほのぼのギャグ枠だった。

デート・ア・ライブ

デートしてデレさせるという温いコメディの皮を被って容赦ないドシリアスをぶっ込んでくる温度差に風邪を引きそうになるシリーズも気付いたら5期。

いい最終回だった

ブルーアーカイブ The Animation

期待のソシャゲアニメ枠。

ゲームアスナ(バニーガール)が出るまでガチャをぶん回したところで満足した程度のエアプなので期待したのだけど、世界観も設定も何一つ語らない、主人公アニメに於ける立ち位置も定め切れていない、一昔前のソシャゲアニメのような内容で正直微妙薄い本で見かけるキャラもいない…ユウカは一瞬だけ出たけどあれは一体何だったのか。

異口同音に皆、エデン条約編が面白いと言ってるので今回はエロゲ共通ルートフラグを立てなかった時のノーマルエンドみたいなものなのだろうと理解した。

次(?)に期待します。

ゆるキャン△ SEASON3

キャンプという日常鑑賞アニメ枠。としか言いようがない…。

リンカイ!

おっさん趣味JKやらせシリーズ枠、女子競輪編。

競輪の魅力を伝えるとかじゃなくノリと勢いで競輪選手なったけど勝負世界って大変だよねという話。

ギャンブルに対する悪いイメージ自然漂白したあたり、ウマ娘コンテンツとしてめっちゃ上手いんだなあと変な感心してしまった。

ワンルーム、日当たり普通天使つき。

見てる内に癖になってくる枠。こういうのでいいんだよこういうので。本当に。

花野井くんと恋の病

すまんがその石を…しまってくれんか…ワシには強すぎる…。2人とも極端にピュアピュアで泣いちゃったよ。

怪異乙女神隠

怪異もの枠。綺麗に終わった…のか?乙ちゃん再登場しないの?

怪獣8号

この頃は面白かったんだということを思い出した。まさかあの9号とのバトルがこんなに長引くとは誰が思っただろうか。

鬼滅の刃稽古

続きは劇場3部作な辺りに大人の都合を感じる。このために頑張って上手く膨らませたのだろうなと。

しかし振り返ってみると1クールもかけるような話だったのだろうか。

響け!ユーフォニアム3

この部活いつもギスギスしてんななスポ根枠3期。

このシリーズの演技、声に乗せる感情機微を他作品に比べ意図的に強くしてるように感じる。なので余計に思ってしまうのか、人間的で良い性格をしてる久美子の演技はやはり素晴らしいの一言

話題になったアニオリ展開は原作未読勢的には何の文句も付けようもなく納得するしかない展開だったように思うが、原作勢的に色々思うところが出るのも理解はする。とはいえあの麗奈が決めたのならきっとあれが最善だったのだろう(となってしまうので麗奈を使ったのは上手いと思う反面、狡いとも思う)。

死神坊ちゃんと黒メイド(第3期)

内容的にハードだったりドシリアスだったりする時もあったのに何故か最後ちょっと良い話みたいなラブコメで巻き取ってしまうのが謎に凄いシリーズ3期。

いい最終回だった。泣いてまうやろ。

終末トレインどこへいく?

SF青春ロードムービーファンタジー。なんだこれ???なんだけど決して悪くない作品だった。でもなんだこれ???

西武池袋線沿線住民はこれでよかったのか…?

出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした

何故これを最後まで見てしまったんだ枠。

蒼井翔太には大変申し訳ないが、やれやれ主人公性格の悪さを声質がより強調してしまっていてヘイトが多く溜まってしまうのでかなり上級者向け。蒼井翔太にはもっと格好良いキャラやって欲しいです。

神は遊戯に飢えている。

時々出てくる頭脳ゲーム枠。流し見る分には好きだったけど、ノゲノラの壁は厚く高いことを教えてくれる。

声優ラジオウラモテ

おっさん趣味(?)をJKやらせシリーズ枠、女性声優編。

お仕事ものエンタメと生々しさのラインを何処に引いてバランスを取るかが面白さのポイントだと思うが、本作はファンタジーなエンタメ寄り。新人女性声優周りで醜聞とかの生々しいネタをやろうとするとリアル洒落にならなさすぎるから仕方ないね。夢も希望も無い芸能界の汚い話は推しの子がやってくれるし、こういうのも良いのでは。

声優ラジオ要素はほぼオマケなのでタイトル詐欺気味。最終回の収録演出は好き。なんやかんやでちょいちょい泣いたよ。

戦隊大失格

原作1話だけ連載開始時に読んだ記憶。その後ほぼ話題を聞くことも無かったので微妙なのかなと思ったけど、主人公がブレブレしてて結局お前どうすんだよなあたり面白いと思う。

1たす2たすサンバルカン

転生したらスライムだった件 第3期

シーズンまでの記憶が薄らいでるけど、安心して見られるというのは良いね

転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます

意外と面白くなった枠。期待薄だったけど見続けてると面白くなっていくの、大変よいと思います

転生貴族、鑑定スキルで成り上がる

チート無双というよりは地味に仲間を集めていく系。面白くない訳ではないが…(好みの問題)。

変人サラダボウル

なんだこれ???枠。変人図鑑を見せられているような…。なんだこれ???

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?

フェルン(違う)が可愛い枠。こういうのでいいんだよこういうので。

魔王学院の不適合者II~史上最強魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~(2ndクール)

またもや制作スケジュール破綻してしまった。全力でギャグをやる魔王様ほんと好き。クぅイック♪クぅイック♪

魔法科高校の劣等生 第3シーズン

安定のお兄さま枠。作画も間の抜けたBGMシリーズで一貫してて大変よい。シュールギャグをやるお兄さまほんと好き。

無職転生Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~(第2クール)

無職転生人生。まとめて視聴したせいか何度か泣いてしまった。ルディは十分すぎる程に経験を積んで成長したし、前世のツケももう払ったんじゃないだろうか。

ルディにはもう幸せになって欲しい。師匠かわいすぎて死ぬかと思った

夜のクラゲは泳げない

今風な話をやりつつ青春な感じもしつつ綺麗に纏められちゃったなあ枠。ちょっとハードな展開しても良い感じに終わるストレスを残さな配慮が良い。

夜桜さんちの大作戦

これが噂のSPY×FAMILYですか(違う)。2クールっぽい。

龍族 -The Blazing Dawn-

大陸アニメ枠。作中で登場する言語文字表記)は中文そのままでその時だけ字幕表示タイプ作画エフェクト日本のそれと大差ない、どころか下手な低予算作品より遥かに美しい。

しかし会話テンポや妙に多いギャグシーンが1020年前の日本アニメのようで、ちぐはぐ感が物凄い。

お話は全くわからんというか説明されても多分理解できないぐらい難解な気がする。

狼と香辛料 MERCHANT MEETS THE WISE WOLF

アニメ化、どうやら新エピソードとかじゃなく最初から作り直しっぽい。所々記憶残滓がある。

ロレンスさん、初っ端から死にそうな目に遭いすぎじゃないですかね…。

月が導く異世界道中 第二幕

異世界水戸黄門。新キャラ出て面白くなりそうな、いまいち盛り上がらないような、何とも微妙インターミッションって感じ。


来期の期待は2.5次元推しの子、恋は双子で割り切れない、しかのこ、負けイン、小市民、相変わらず多いな!

anond:20240703133052

そうすると、空間全体をくまなく撮影、もしくは完全な3D映像として再構成するような技術がないと、それを実現できない…

あるよ。

わずか」20基のGoProカメラ空間撮影ができるらしい。

https://www.moguravr.com/gracia/

現時点でも実際に動くデモアプリが公開されてて、小部屋くらいのサイズ撮影された空間自由に歩き回れるのが体験できる。

公開されてるのは静止画だが開発側は動画もいけると豪語している。

anond:20240703133936

そんなにアニメとしてすごいのか。気になるなぁ

でも話が嫌いなんだよな。ルックバック

 

スラダンアニメとしてはすごかったけど、スポーツスラダンと作者に想い入れないとかなりしんどかった

スラダンライオンキング(3D)並にしんどかったし、ラスト1分の設定のところまで、

ライオンキングの方がしんどくないくらいに怠かった

VR映像ってさ、カメラ位置固定で周りを見回せますってだけでは物足りないよね…

やっぱり自分からカメラ位置視点)を任意場所に変えて、色んなものを眺める自由が無いと、テクノロジー恩恵を感じられないんだよ

何とは言わないがね

そうすると、空間全体をくまなく撮影、もしくは完全な3D映像として再構成するような技術がないと、それを実現できない…

それを待つしかないんだな

ナニとは言わないが

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん