「邦楽」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 邦楽とは

2019-02-12

始めて邦ロック理解できた。

自分は、邦楽がよくわからなかった。

特にアイドルとかはマッタク分からなかった。

  

だが、今、ノリアキという歌手の『君はポイズン』とかいうのを聞いた。

ノリアキという音楽家は昔から知ってて、ニコニコのノリで歌ってるネタ系の歌い手だと思っていた。

しかし、音楽を聴きながら、「世界観」がいきなり伝わってきた。

これは、「サウンドノベル」だと直感した。

そう直感した理由を考えてみた。

  

サウンドノベルは、単なる電子紙芝居音楽や音声がついているだけだ。これの何が面白いのか。

それは、小説ではない、音楽による雰囲気表現効果音リアルにすることでの臨場感だろう。

ノリアキの『君はポイズン』には、世界観空気感があり、それが音楽を通じて伝わってきた。

  

なるほどなあと。

速攻で伝わってくる、強制的ものが、音楽にはある。

そこに世界観物語性を感じて感じ入る人が多いのかもしれない。

そういえば、ビジュアル系はそういう感じの最たるものか。

  

自分は、サウンドノベル理解できていたのだから、地続きだったのか。

2019-02-03

海外通用する邦楽ってある?

宇多田ヒカルがもてはやされてるけどアメリカでは総スカンだったじゃん

2019-01-15

anond:20190114120119

洋楽を聞き始めたきっかけは、とあるエロ動画サイト

サイト名は、「エロ動画道場」とかそんなの。

 

いまから約15年ほど前、自分17,8歳頃のことだったかとと思う。

自慰音楽が、とびきり気持ちよかった時期だった。

 

件のサイトでは5~10分程度のAVサンプル動画毎日のようにアップされていた。

自宅がISDNだったので、外付けHDD(20GB)をネカフェに持ち込んで、動画収集するのが楽しみだった。

 

さて、そのサイトには、メインのエロコンテンツの他に、管理人が一押しする洋楽邦楽アルバムレビューがあった。

記憶を頼りに列挙すると、

Ok ComputerNevermindといったロック名盤や、その頃に流行っていたLet go (Avril Lavigne)、

それから、Deathrace King (The Crown)、狂気ピンク・フロイド)、危機Yes)なんかもレビューされてた。

あ、Dizzy Mizz Lizzyなんかもあったな(←いちばん好き)

邦だと、少年ナイフ椎名林檎

 

レビューの内容までは覚えてないけど、とにかく影響されまくって聞きまくった。

気持ちよかったな。

管理人さん、ありがとう

2019-01-14

anond:20190114120119

80年代 ゲーム好きで、ゲーム音楽自然と好きになる。インストゥルメントつながりでクラシック聴くようになる。邦楽殆ど聴かない。

90年代 ↑と似ている、(avexCD)テクノ/ハウス/ユーロビート聴くようになる。MIDI全盛期で音楽作りもするように。

95年代 ↑と似ている、ハッピーハードコアMP3聴くようになる。MP3日本ではまだ知られていない時代

00年代 ↑と似ている、ダンス系/トランス/チップチューンも、このころ流行りだしたインターネットラジオ経由で聴くようになる。

05年代        ダンス系で良くカバーされるポップス聴くようになる。

10年代 ↑と似ている、ダブステップ/エレクトロポップも、YouTubeなど動画サイトなど経由で聴くようになる。

           チップチューンで良くカバーされるロック(オルタナティブ系)も聴くようになる。

15年代 ↑と似ている、シンセウェーブ聴くようになる。

anond:20190114120119

別に邦楽と一緒だろ。ラジオなり映画なりCMなりで聞いて気に入って、って。

anond:20190114120119

逆に邦楽に触れる機会がなかった…

2018-12-30

anond:20181230215332

主観だけで言っていいなら、ヘッドボイスだけで歌う可愛い声の歌手が好き。たとえば、やくしまるえつことか。歌唱法でいえば上の評価の「上手さ」とは真逆だけど。

でも「邦楽歌唱レベルが低い」というのは客観的事実もっといろんな歌い方の音楽があっていいと思う。

anond:20181230214410

そう言われても俺洋楽邦楽比べてないし・・・興味ないアーティスト名前羅列されても興味ないもんは興味ないし。

興味ないだけで否定はしてないんだから勘弁してくれ。

anond:20181230211858

冗談やん?

一応最近で おっ? というのは 前もあげたけど RIRI、あとは TeddyLoid

邦楽のヒットはジャニAKBやほか微妙なジャパDMアニソンタイアップしかないんやから

洋楽と比べること自体が既におかし

メインストリーム以外なら、EDMジャズシャンソンプログレフォークの流れを組む日本語ロック、ジャパメタル歌謡曲アニソン ほか色々あるわな

ワイは、矢野顕子 とか 寺井尚子 とか 小松亮太 とか は好きやで

anond:20181230211016

でも具体的に邦楽ヒット曲あげて?

近年の曲でね?で、ロクなのあげられないじゃん?

どう考えても洋楽の方が上だわな

ヒット曲に限らなければ、邦楽もそれなりに色々あるがそれは、洋楽も同じ

anond:20181230205202

でたー!洋楽至上主義

洋楽なんて邦楽に比べたら膨大な数のアーティストがいて、その中のトップクラスしか日本に入ってこないのに!

その辺の履いて捨てる程いるクラス邦楽アーティスト世界トップクラス比較してドヤ顔するバカ

恥ずかしーーーーー!

anond:20181230204532

日本歌手ってなんで音痴なんだろう

洋楽聞いてから邦楽聞くと「歌っている」というより「声出してるだけ」に感じる

2018-12-14

anond:20181214184828

バンドマン向けの作曲の教本とか読むと「ビートルズの曲は今となっても勉強になるから聴いたほうが良い」みたいに言ってるオッサン少なくないんで、多分コーラとかハンバーガーと同一視出来るもんでもないと思うぞ。

それにビートルズって、ハウリング演奏に取り入れたりとか、MV作ったりとか当時としては革新的なことをバンバンやってたりするわけ。当時の感性で言ったら「めちゃくちゃ衝撃的なバンド」だったわけで、コーラに例えるなら当時からしたら、それまでコカ・コーラなんて存在しなかった時代に「コカ・コーラ発明した!」ぐらいの衝撃的なバンドだったんじゃないだろうか?そもそも当時「バンドオリジナルの曲を自分達で演る!」ということですら革新的だったんだから

まぁ、正直ビートルズなんてよく知らんもんで、他人受け売りにはなってしまうが。

そもそも、今の子たちってそんなに真面目に音楽聴かないと思うのよ。

昔は憧れの対象が少なかった上に邦楽もカッコ悪かったんで、洋楽バンドに憧れた若い子達が一生懸命洋楽を聴いたりしてたわけだ。

今じゃ、娯楽も多様化して憧れる対象分散しちゃった。で、簡単に手に入る安価な娯楽もクソいっぱいあるもんで、音楽を真面目に聴く自体ほとんどいない。音楽が何かの付属品にすらなりつつある。

それに今では色んな技術が昔とは比較にならんくらい進歩してるわけ。素人でもプロと見紛うような曲を作ってネット配信したり出来る時代なわけ。

耳障りが良くて刺激的な曲を、ネット経由で手軽に無料で幾らでも聴ける時代なわけですよ。

そんな中、古い音響技術で作られた、今となっては耳障りが良いとは言えないビートルズの曲を、わざわざ選んでまで聴かないでしょ、今の子たちは。編曲技術進歩して、似たような曲でもっと曲として洗練された曲なんか幾らでも転がってるし。そもそも邦楽もだいぶ進歩して「邦楽ダサい洋楽だ!」みたいな時代も終わりを告げたんで、進んで洋楽聴くのは音楽ヲタだけ。しかも、海外ではバンド音楽の衰退は日本以上に進んでるって話だし。

2018-12-12

anond:20181212234747

いや分かってんだよ2018で揃えてくれたのは

俺は日本の2018の曲は全然しらね

単にこの5年スパンくらいの話をしてただけよ

いいわけじゃないのよ、ほんとありがとう

でも俺はこのレベルの曲なら今までのストックで十分だわ(洋楽邦楽とを含めてね)

anond:20181212231905

ありがとう

でも幾つか聞いてみた感じだと、邦楽に比べてそれ程よくもないというか、洋楽の中でも比較的mediocreな感じがするんだけど...

anond:20181212223001

んなこたーない

サカナクションとかゲスとか最近邦楽レベルが上がっている

正直言ってわざわざ洋楽を聞かなくても相当なものが聞ける

俺が若い頃とは違う

アメリカ音楽を100点とすると

K-POPは70点

邦楽20

カラオケレベルうんこ音楽蔓延している邦楽

一度原爆焦土化しないと復興できないだろう

邦楽HIPHOPってクソだと思ってたけど

KOHHっていいね

歌詞もいいけど普通に音楽センスがいいわ

日本では珍しい洋楽クラスアーティストだと思う

2018-12-01

anond:20181201162403

Youtube Musicプレイリストもなかなか良い

というかあるゆる音楽存在していて、更にあるゆるプレイリスト存在するから最強感ある

Appleビビるのもうなずけると思う

Google PlaymusicApple Musicってやっぱり欧米サービス邦楽に弱かったけどYT Musicはそんなことないしな

Apple MusicYoutube MusicビビってHomePodを捨てる

Alexa, play Bebe Rexha on Apple Music

https://blog.aboutamazon.com/devices/alexa-play-bebe-rexha-on-apple-music

音楽聴き放題サービスの雄はどう考えてもSpotify

日本に居ると邦楽ライナップの乏しさが気になるが、洋楽好きからすると洋楽ライナップの充実さは他の追随を許さな

ちなみに日本国内の音楽好き放題サービスの雄はdヒッツ。dヒッツは邦楽ライナップが素晴らしい

ただSpotifyの優位性は洋楽ライナップの充実では無かったりする

SpotifySpotifyたらしめるものはそのセンスの良すぎるプレイリスト群にある

音楽好きなら間違いなく「プレイリストならSpotify」と言うだろう

Appleもその事には気付いていて、専門のプレイリスト選出チームを作り、そのプレイリストの出来の素晴らしさを訴えてきた

そのAppleの決定は正しく、直接的な競合になるGoogle Play Musicや、Amazon Musicなどよりもプレイリストの完成度が高い

ただ、そんなAppleを見ていたGoogle選択した解法は衝撃的なものだった

Youtubeにある音楽ファイルユーザプレイリストを使って音楽サービスYoutube Musicを作り上げてしまったのだ

問題のあった権利関係Googleの誇る自動認識技術によって解消するという徹底ぶりで、プレイリストの充実さは一気にSpotify比肩するほどになってしまった

元来、そんなプラットフォームを持たないAppleは今回苦し紛れAmazon EchoApple Musicが聴けるようにした

欧米圏のホームアシスタントの雄はAmazon Echoであり、そのユーザ層を取り込もうと言うわけだ

しかし、忘れてはならないApple製品がある

Appleもそのホームアシスタント市場を得るためにApple HomePodをリリースしているのだから

今回のAppleの動きはホームアシスタント市場獲得競争事実上白旗を揚げてしまたことになる

残るフロンティアドライビングアシスタント市場教育市場

ドライビングアシスタントAppleGoogleで二分する形であり、教育市場Googleが席巻している

Appleがどうなるのか今後も目を離せない

2018-11-09

年寄り向けの邦楽ロック

良い年して邦楽ロックが好きなんだけど、どのバンドの歌も10代に向けて歌詞を書いてるように聞こえてしま

聞こえてしまうだけで、別に年齢制限なんてないんだけどさ

ミュージックビデオ制服少年少女が映り込んでることがほとんどだ

3割くらいでいいから、おじさんやおばさんに向けた歌を書いてくれないだろうか

2018-10-27

ライブに一人で行っても浮きませんか?

って聞く人ってどこ行っても一定数いるんだけどなんなんだろ…?

声優アニメ系、アイドルLDH系や邦楽バンドもなんでも行くけど毎回いるよね

いやあなたことなんて誰も気にしてないです

絶対友達と好きなアーティスト被るわけでもなし毎回ネットで知り合った人と行けるでもなし

一人だったら諦めるのか?そんなら最初からその程度の気持ちで申し込まないでほしい

それより一人に慣れると楽すぎてたまに誰かと一緒に行くことになると怠い

2018-10-15

久しぶりにラジオをつけて感じたこ

邦楽レベル低すぎね?

音痴にも程がある

外人に聞かせ続けたら頭ガンガン壁に打ちつけて死んじまうんじゃねえの

2018-09-27

ファンサ関連の記事見て、今までジャニーズとかEXILE系とか普通邦楽バンドとかしかライブに行ったことなくて

私が応援してたのはもうメジャーになって会場もアリーナドームクラスの人たちばかりだったのと

席運が悪くて遠いかなんか端のほうかばっかりだったということもあり

ファンサっていうのは無縁のものそもそもそういうの目当てじゃないしと思っていた

しかし!つい先日2.5次元舞台良席で見てしまったのだ!

なんだあれは…すごいな…目があったりお手振りもらったり投げチューされたり

そりゃあれにどハマりする人がいるわけだわ…別世界過ぎてビックリした

しかも会場が狭めだかそもそも距離が近すぎてびびる

だってめちゃくちゃ男前な人に構ってもらえるってすごくない?!

若手俳優とか売り出し中俳優が多いからなのかなんかそういう文化なのかよく分からんけど

あと10歳若かったらまんまと沼に落ちてたなぁと思いました

また行きたい…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん