「スリッパ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スリッパとは

2018-09-18

anond:20180918135609

これは、呪いとか悪霊の類のしわざだね。

あなたに憑いている悪霊は、職場人間臭い感覚を与えてしまう。

から上司も同僚もくさいと感じてしまう。

彼らに具体的にカラダのどこが臭いか嗅いでもらうと良いが、

ほぼ間違いなく、どこが臭いのか分からないと言われるだろう。

ただ、あなたそばに近づくとくさい。それだけなのだ

職場以外の人間彼女や友人、医者に対しては悪霊は何もしないから、臭いと言う人は居ない。

悪霊を追い払うためには、霊験あらたかな神社でお祓いしてもらうのがお勧めだが、

とりあえず今すぐハッカ油を買ってきて、全身に吹き付けよう。

衣類も靴もスリッパ椅子も全部ハッカまみれにしてしまうといい。

強烈なハッカ臭の除霊効果によって、力の弱い悪霊であればすぐに退散するだろう。

会社臭いと言われるのだがどうしていいかからない

最近俺が会社に行くとあからさまに窓を開けられたりしてなんなんだと思っていたら、上司に社内でお前の臭い問題になっている。不潔だ。直せないなら辞めてくれと言われた。

特に通り一遍というか特別気を使ってるわけではないが、同じ服を着続けるとか風呂に入らないとかそういうことは一切ない。

歯も三食食後に磨いている。

まりに驚いてしまい、彼女友達相談したら、ぜんぜん臭くないと言われた。

翌日一応気をつけて出社したら、上司に別室に呼ばれて、お前に改善する気がないのはよくわかった。今日は帰ってしばらく来なくていい。改善したら連絡してこいと言われた。ショックが大きくてどうしていいかからなくなった。

彼女相談すると、まったく感じないからわからないけど、一度全部洗濯しようと言ってくれ、一生懸命洗濯してくれた。スーツ類は全部クリーニングに出し消臭対応をしてもらった。

その後上司に連絡を入れて翌日出社したら、また上司に呼ばれて

お前はなんで直さないんだ?

お前の臭いで他の社員からクレームが何度も入ってるんだ。頼むから直すか辞めるか決めてくれ。と言われた。

その後比較的仲のいい社員に聞いたらその上司だけでなく社内の大半が臭いと思っている。悪いけど俺もそう思うと言われた。

訳が分からなくなっていい年なのにボロボロ涙が出てしまった。

帰りに体臭系を扱っている病院に行った。

そこではいろんな検査をやってもらったのだが、先生曰く同じような悩みで来る人は最近多い。その人たちの多くは確かに体臭がキツいけど、あなたはまったく普通です。客観的にも主観的にもぜんぜん臭くないとのこと。

訳が分からなくなったのだが、病院での結果を上司に報告した。

一通り聞いた後で、だが臭いもんは臭いんだよ。

別にお前が嫌いとかそういうのはないからそれは信じてほしい。ただ社内からクレームは多く、俺もそう思う。

頼むからなんとかしてくれとしか言えない。

本当に訳が分からないのだが、どうしたらいいのだろうか。

追記

上司が言いはじめたのは上司の一存ではなく、女子社員彼女上長に訴え、それをその上長であるこの上司に訴えたのがきっかけだそうだ。

これは複数の人に聞いたので確認できた。上司としては臭いとき最初は思ったそうだが、以前から臭いとは思っていたそうだ。女子社員が連名でこのままでは働き続けられないと何度も訴えた結果こうなったそうだ。

臭いときで辞めさせるかということについてはその他の社員職場環境を守るためということだった。

臭いについては聞いてみたことがある。汗臭さが凝縮したような臭いだと言われた。

会社は靴を履き替えたりはしないのでスリッパが原因ということはない。

病院には会社からの帰りに行ったので、臭いと言われている状態だった。

あとタバコは一切吸わない。

周りをきちがい扱いしてもらいたい、自分の悪いところを認められない奴ということに関しては、原因と現象自覚できれば直したいと思っているので現在思いつくこととしてクリーニング病院に行ってみた。

本当に何が何だかからずどうしていいのかわからない。

2018-09-04

anond:20180904150833

うちも少し収まってきたけどベランダ覗いたら上の階から室外機のホース?垂れ下がってるしよその家から飛んできたっぽい箒とスリッパがあるしどうしよう

2018-08-22

スリッパをはけ

同居人いくら言っても室内でスリッパを履かない。

仕事から帰ってくると裸足でぺったぺったぺったぺったと

足を床に張り付かせる音をさせながら歩く。

うちはフローリングCFで、絨毯やカーペットの部屋はない。

その音が耐え難いほど不快で、聞きたくないか耳栓をしている。

集合住宅なので、夜に大きな音を出すのは嫌だし

 イヤフォンでずっと音楽を聞いてたらこっちの耳がおかしくなりそうだから

何故履かないのかというと単純に「履きたくない」かららしい。

ずっと靴を履いているから家では開放されたいのだろうが。

何も自分の部屋内で履いてくれとは言わない、共有部分では履いて欲しいだけだ。

足の裏にも汗をかく、床に汗と一日繁殖させた菌をばらまきながら歩くのは不潔だ、

もしかして水虫菌をばらまいているかもしれない(気づかずなっている人もいる)、

誰しも無菌と言うわけではないしいっさい汚すなと言うのではない、

毛が落ちるなどどうしても防げない現象には文句を言わないが、

ただスリッパを履いて欲しいだけで、それで防げるものを、何故履かないのか。

言うとへらへら笑って逃げ出すかごまかすかで、絶対にわかった、履くとは言わない。

理屈として自分のほうが分が悪いことは理解しているからか、

「え~~でも~~」などと言いながら逃げるだけ。

こちらを論破するくらいの理屈反論を並べたててくるならば、

まだ「そこまでの思い入れがあるならば」とこちらも思えるものを、それもない。

(まあ、言い返せないのだろうが)

帰ってきてすぐに風呂に入るとか、足を清潔にする配慮をしてくれればまだしもそれもない。

いつまでもだらしなくリビングテレビを見て、そのまま風呂にも入らず寝落ちしてたりする。

今夜もぺったぺったぺったぺった、汗と汚れを床にスタンプする音が聞こえる。

正直、育ちが悪いと思う。他人の家にも裸足で上がる人間なのだろうか。

うその音が妖怪が歩いている音にしか思えなくて、

ぶっちゃけ奴はチビデブブサイクおっさんなので、もう妖怪しか見えなくて、

心の底から気持ち悪いし怖気がする。

奴にスリッパを履かせられるならそれで解決する問題だ。

だが無理だろう。40過ぎた人間はそうそう変わるまい。

そもそも自分から変わる気のない他人を変えることなどできないし

他人を変えようとするなんて傲慢なのかもしれない。

変わってくれればという期待もとうに捨て去った。

そんなわけで、一番合理的かつ早い方法として

離婚して出ていくことにした。

今夜はお祝いだ。

2018-08-20

こんな気持ちははじめて

僕がはじめてネットに触れたときそれは赤い文字が踊るポータルサイトだった。

Yahoo!検索。そこが入り口だった。

やがて、別なインターネットが現れた。Google検索。何で知ったのかは忘れたけれどもとにかくGoogle検索すればYahoo!に出ていないことも出てきた。Yahoo!検索して望んだ結果が出てこないとGoogle検索し直す。そんなことを続けいているうちにやがて最初からGoogle検索するようになっていた。

Googleはいだってすごかった。最初に出たときから。今となっては狂気の沙汰としか思えないツールバーが登場したときも、僕はそれをインストールした。親のパソコンに。そして画像検索がでたときも、ドキドキしながら検索した。Googleはすごかった。いつだってすごかった。Google Mapsだってすごかった。今もすごい。

ただ、最近思うことがある。こんな気持ちははじめてだ。あの、画面に一本線が現れたとき気持ち。「え?」って気持ちダブルクオートを2回入力するときの煩わしい気持ち。あの、自動キーワードを消す機能

から自動キーワードを消す機能はあったように思う。思う結果が出ないときダブルクオートでキーワードを囲って、ドヤ顔して技を披露したこともあったように思う。最近はそれを明示的にするようになっただけなのか?いや、そうだとしても、体験的には「だけ」ではない。圧倒的な煩わしさ。トイレに行ったら、「履くのが面倒だと思ったので裸足でも行けるようにスリッパを取り払いました」と言われているような感覚。俺はスリッパを履いてトイレに行きたいんだ。

本当に望んだ結果がないなら消されてもしょうがない。けれども、丁寧にもダブルクオートでくくってやると望んだ結果が出てくるのだ。ああ、こんな気持ちははじめてだ。Google氏、かつての体験をもう一度。

せめて1タップワード強制に切り替えられるようにとかしてくだしああ。Love Google Love Forever.

2018-07-21

ざるそば

足に赤いぶつぶつができたので、皮膚科に行って診てもらった

どうやら水虫だった模様

そこで先生が『ここまでうじゃうじゃいるのはなかなかないですねー ざるそば並みですね』と言った

この日から水虫との生活が始まった

なんだか落ち着かないので、名前をつけることにした

名前ざるそばにした

ざるそばが来てから私の足元は一変した

靴は全部とりかえ、五本指靴下を大量に買い、スリッパも畳のやつにした

実害(かゆみ等)はないのにここまでするのもなあ、と思ったが、水虫初心者なので加減がわからない

それら対策とともに、毎晩毎晩『元気に旅立っていけよ』と言いながら薬を塗っていたおかげか、赤みは引いてだいぶ経った

もうすこしでざるそばとは完全におさらばのようだ

なんだか名残惜しい気もするが、また一緒になるのも嫌なので

今年はできるだけサンダルを履いて過ごすことにしよう

2018-07-18

スリッパって何に使う物なんだろう

スリッパは多分日本での発明ではなく海外から輸入された物だろう。

日本では家の中で履くための物だが、靴履いて家の中に入る国で一体何の為に発明されて何に使っているのだろう。

2018-07-14

バードヘッズ

あ~いますっげえアイデア思いついたんだよ!

世界を一変させるようなスゲエやつ

 

でもスリッパはき損ねて足の親指でよっよってやってるうちに忘れちまったんだよ

なんだよくそイーロンマスクもうれションするぐらいのすげえアイデアだったのに!

 

きっとこうやって天才になり損ねたやつ世界にいっぱいいるんだろうな、、

2018-07-12

スーツ+コックシューズはありか

スーツを着ているので、黒い革靴(合皮?)をはいてるんだけど

ボロボロになってきたので買い換えたい。

基本デスクワークだし、外に出ることも無いし、会社に来たらスリッパに履き替える人も多い。

なるべく安い靴が欲しい。

私の足は、甲が高く幅が広い。3Eか4E無いと、小指が痛くなる。

から広告性のときローファーを履かずに、

おばさんとかが履きそうな合皮革靴を履いてた。

うーん、コックシューズってあり?安いんだけど。

2018-07-11

anond:20180711122612

子供日本人盗撮されたと外国旅行サイトに書くのはどうだ?

宿で差別されてほかの客の食事と内容が違ったとかスリッパ自分らだけ使い捨てだったとか露天風呂に入るなと言われたとか

観光地外人自分らだけ別料金だったとかタクシーで同じ道をぐるぐるとかも

特定施設や宿のコメントで書くと営業妨害と言われかねないけどドコドコ地方とだけ書けば自由自在

日本掲示板でなく日本無関係でかつ日本と仲良くなさそうな国

日本から問い合わせがあっても情報開示しなそうな法人又は個人サイトで現地語で書き連ねるとその国の外人来なくなると思う

外国排斥デモYoutubeに実際の映像があるからそれと組み合わせて例えば

俺はヨーロッパで明らかに見た目欧米人なのに現地民に集団にらまれ子供が泣いたとかいろいろやりようはあると思う

まれた、ように見えた、だけならただの個人の感想だしね

2018-07-05

好きな男の家に行ったら、別の女のスリッパや髪留めが点々としていた。

わたしが置いていた日用品は以前忘れていったハンカチと一緒に全てまとめて返された。

わたし誕生日から、一日時間を頂戴とお願いしたら、夕方17時くらいに「じゃあ今日解散ってことで」と突き返された。今までは何だったんだ!

そんなこんなでアホほどきつい誕生日を迎えてしまった。

うお〜〜〜〜〜きつい〜〜〜〜〜〜〜〜つらい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜こんなにしんどいものとは

2018-07-03

DCMブランドスリッパ

ケーヨーD2スリッパ買った。

履き口に「DCMブランド」のタグが付いてて、履いてる最中に足に当たって痒い、こそばゆい不快

抗菌ビニールスリッパ H-17ST27 DCMブランド 大人スリッパ | DCMホールディングス

http://www.dcm-ekurashi.com/goods/427368

http://www.dcm-ekurashi.com/images/goods/dcm/4573330636349.jpg

デザインした奴、馬鹿だろ。

て言うか一度でも履いてみればこの欠陥、気付くだろ。

実際に履いてもない商品を売りに出してんの?

2018-06-20

被災地より

吹田市民です。

おとといの地震がどうだったか、現地レポート

私のスペック。30代男性大阪市内会社に勤務。妻、30代、専業主婦

私は、小学生の時、西宮市阪神大震災震度7経験済み。

自宅。築40年のマンション。古い。6階。

朝、いつもアラームは8時20分に設定している。(始業は10時なので、ゆっくりめ起床)

アラームがなる前に、揺れに気づき飛び起きる。

妻も既に起きていて、本能的に体を寄せ合う。

阪神大震災の時の感覚に近かった。

阪神大震災の時は、目覚めた時、既に揺れており、部屋が平行四辺形にグラグラ揺れていたのを覚えている。

違ったのは、振動の長さ。阪神大震災の時は1分ぐらい続いたと思うが、今回は15秒ぐらいで済んだ記憶がある。

震源に近かったせいか緊急地震速報は、揺れの最中から鳴り出した。

揺れが収まってからテレビをつける。

玄関にいき、下履きを持ってきて、泥を払った上で、室内用として使用する。(ガラス陶器割れて散乱しているので)

妻は、浴室用のゴムスリッパを履いた。

続いて、自宅内の被害確認

ダイニングの食器棚が倒壊し、食器は約半分が使い物にならない。

書斎PCモニター24インチ液晶)が机から落ちていた。正常に動作するかどうかは、未検証

書斎本棚が倒壊し、再起不能なほどに壊れた。当然、中の本はすべて書斎内に散乱。

寝室は、引き出し式のクローゼットが私の寝床に倒れていた。すぐに飛び起きていなければ、頭直撃コースだったに違いない。

それ以外は深刻な被害はなかった。

続いて、風呂に水を貯める。ガスの元栓を閉じる。ベランダなど、すべての扉が開くかどうかをチェック→正常に開いたので、問題なし。

電気確認問題なく供給されている。

ネット回線確認問題なく通信ができた。

自分と妻のワイモバイル回線音声通話は不可だったが、4Gは通信できた。

我が家は、基本的必要ものしかストックしないという妻の方針のため、非常食になるようなものがない。

会社上司に連絡。電車がいつ動くかわからないこと、部屋の中に割れ食器家財道具が散乱していることを伝えると、出社しなくて良いとの連絡。

(家の惨状写真に撮って送ったら、たいそう驚かれた。上司京都に住んでいるので、ここまでひどくなかったのかもしれない)

確認したところ、こういうとき必要ものとしては、2リットルミネラルウォーターが2本と、昨晩沸かしたお茶約1リットルしかない。

そこで、コンビニへ買い出しに行くことにした。

買ったものは、昼食の弁当×2、非常食相当のカップラーメン×2、朝食相当のカロリーメイト×1、紙パックのお茶1リットル とりあえず、夕方まではしのげる量の食料を確保。

自宅に戻り、午前中の間はテレビネット情報収集しつつ、下手に動いて余震にやられないよう、寝室で待機。

正午過ぎにお昼を食べて、そこから部屋の片付けを開始。

下履きを履きながら、室内の割れ物を回収していく。みかんダンボール箱相当で、3箱分ぐらいの、ガラス陶器割れ物が発生。

かい割れ物は新聞に包んで、特に営利凶器になってしまいそうなものは、ガムテープラップ養生してからマンションゴミ捨て場に捨てに行く。

同じような割れ物が、たくさん捨てられていた。

片付け作業中、1時間に1回ぐらいの割合で、テレビをつけて情報収集。私はずっとつけっぱなしにしたかったが、妻はこういう状況で災害放送をずっとつけていると、精神的にもよくないと反対。

私も納得して、必要以上に情報に接しないよう心がけた。単純に、片付けにも集中できるという意味で、効果は高かったと思う。(私はテレビ見ながらの作業は、ついつい手がお留守になりがちなので)

5時になり、ライフラインの疑問が解決しないかと思い、マンション管理室に行ってみる。

水道水がにごっていること、ガスを使っていいのか、この2点を尋ねに行った。

詳しい人はいなかったらしく、水は自己判断で、と言われた。

ガスは、一定震度に達すると自動的ストップするので、再始動の手順がガスメーター記載されていることを教えてもらった。

それ以上のことは、管理室ではわからなかった。

帰りに近所のスーパーに寄り、夕飯を買う。惣菜と水を買った。

昨晩の残り物、白ごはんねぎ焼きが残っていたのでそれを電子レンジで温めて、惣菜といっしょに食べた。

室内の掃除はあらかた終わり、あとは細かい破片を取るために粘着ローラーをかけるだけとなった。

夜は、寝室とは別の、一番家具の少ない部屋で寝ることにした。

念の為、天吊の灯具は外した。寝るにしか使わない部屋なので、当面困ることもない。

翌日は普通に出勤するも、一部でJRが動いていないため、阪急で出社。30分の遅刻

妻は、最後の片付けをしていたようだ。

一部の交通機関を除き、平常運転だったようだが、街の中には様々な傷跡がのこっていた。

マンションや駅のエレベーターは、軒並みストップ。点検して安全確認されるまで封鎖。

公共施設の多くで、天井や壁に亀裂(クラック)が入っており、これも点検修理が終わるまでは近づかないよう、カラーコーンなどで規制線がはられている。

街ゆく車の中には、工事関係の車が目立った。かんでん○○とか、ガスサービスセンター○○といった、インフラ関連会社や、

○○ビルテクノサービスといった、ビル管理系の車がよく目につく。

自分会社の自席は奇跡的になにも倒壊していなかったが、いくつかのモニターは倒れていたようだ。

あと、うちの会社の部屋だけエアコンがついておらず、昨日今日暑い中、汗をふきふき仕事をしている。

マスコミ報道内容とか、ヤフーニューストピックを見ていると、地震の扱いは過去地震と比べて小さいように思う。

死者の数は1桁、翌日から通常営業できるようになったせいか、さほど深刻に受け止められていないように思うが、

実際に震源の近くで暮らしているものからすると、余震に怯えたり、想定外の後片づけに悩まされたりと、色々苦労をしている。

ただ、これだけの震度でありながら、犠牲者の数が少なく済んだのは、阪神大震災経験が大きいと思う。

私は小学生の時に自宅で震度7経験したが、揺れ方だけ見れば、あの時の悪夢と全く同じだった。

違いは、揺れた時間の長さでしかない。

それにもかかわらず、倒壊損壊した建物火災になった建物わずかばかりであったのは、過去の教訓が行きていると思う。

高架橋の倒壊や鉄道脱線がなかったのも素晴らしい。

阪神大震災では、出席番号1つ前のクラスメイトを亡くした。

当時幼いながらも、そのことで、人の生死なんて、いつどうなるかわかったもんじゃない、と感じた。

改めて今回思うのは、儚さだ。人の命もそうだし、割れ食器たちを拾い集めている時も、同じ気持ちを抱いた。

しかし、22年前と比べると、確実に社会は変わったと思う。もちろん、前向きな意味で。

マグニチュード震度だけ見れば、当時より少し小規模だが、被害の規模は明らかに小さい。

建築物は、確実にあの時よりも丈夫になっている。

情報インフラも発達し、被害状況がほぼリアルタイムで分かるようになった。

色んな課題を抱えているこの社会だけど、耐震性というか、カウンターディザスタネスとでも言えばいいのか、

そういった社会の対抗力というのは、確実に進化している。

亡くなったクラスメイトの命も含め、過去震災災害で命を落とした人々の尊い犠牲の上で、私達は日々暮らしているのだと実感した出来事だった。

2018-06-19

地震で死を覚悟してからやったこ

もっとかい地震体験された方にはあほかと思われるかもしれないが、それでも昨日の揺れはやばかった。

朝出かける準備をしてた時で、立ってられないほど揺れて棚からぼこぼこ物は落ちるし完全にオワタと思った。

揺れが収まりちょっと落ち着いたら死ぬわけにはいかんという気持ちと、もし今死んでも納得できるように色々やったのでちょっとまとめておく。

会社は休む

普段はあまりブラックとは思ってなかったが、なんとしても来い系のことを言われたので行けないと言った。

ひたすら来い来い言われるので一週間休むつって移行連絡は無視してる。

クビになっても知らん、そんな会社ならやめても良いし死んだらなんにもならん。

防災バッグ作り

まずは死ぬわけにはいかない。

東北熊本の例を見てもこれから更にやばい地震が来ることは多いにありえる。

カバンパンとかお菓子とか軽くてカロリーあるものと水、便利らしいサランラップちょっとした着替え、タオル、充電したバッテリーくるくるして充電できるやつ、トランプ文庫本一冊、スリッパ、鎮痛剤やアレルギーの薬、あたりを入れて枕元に置いた。

とりあえず身動きが取れなくなったり、避難所生活に困らないように、あまり重くならないようにと色々考えながら荷造りするのはなかなか楽しい

もっと色々持っていきたいかなと思ったが、家にある自分が買ったものでもリスク犯してまで持っていきたいと思うようなものは意外となかった。

夏だから防寒的なことはいらないし軽くすんだ。

あと、家族や連絡とりたい人の電話番号メモした紙。

今週ずっと雨っぽいのでバッグの中でゴミ袋で覆ってる。

避難訓練

布団の足元に靴を置いて、カバン位置も何度も確認

蒸し暑いエアコンつけて閉めきってたら開かなくなるかもしれないし、窓とドアは開けている。

マンション非常階段位置や、高さも再確認

テーブルの下に隠れる動きも何度も練習した。

・やりのこしたこと

しかしたら本当に死ぬかもしれない。

やりのこしは嫌だし、色々やっておくことで冷静さを保てる。

まず家族や知人に生存確認

ずっと会ってなかったじいちゃんばあちゃんや、別れた恋人にも連絡してしまった。

別れた恋人不安だったようで、またちょっとだけ寄り添えた感が味わえてほっとした。

それから気持ち落ち着け意味と、もう一回見ておきたいということで好きな映画や本を見直す時間

もう何度も見てるものから落ち着くし、やっぱええなあまだ死ぬわけにはいかねえという活力が湧いてくる。

睡眠

ずっと余震が続いてたし、夜も寝れないだろうと思ってゴロゴロしながら寝れる時に寝た。

案の定夜にでかめ地震が何度もあって、ぐっすり眠るのはどっちにしても無理だったと思う。

データクラウドに移行

写真とか動画とか自炊した本とか、ローカルにあるものは全部クラウドにアップした。

もし家がぶっ壊れても喪失感からぎりぎり耐えるためにやっておいた。

インタビュー練習

避難所や街でテレビインタビューされた時の練習もした。

うっかりするとネットフリー素材化してしまうので、パワーワードは避けて原稿を作り、淀みなく言えるように唱えてみた。

ここまでやるとかなり自己満足感があり、今はかなり冷静でいつでも来いや状態だ。

インタビューに答えるためになんとしても生き残らなくちゃいけない。

大阪の人、ちょっとぎすぎすした空気もあるけど頑張ろうね。

2018-05-30

男子トイレ奥の個室

https://anond.hatelabo.jp/20180529130519

を開いたときタイトルを見てふと思い出したこと


小学校の頃って男女でトイレ入り口が別れてなかった

しか中学からは隣り合ってたけど別の入口だったが小学校は一緒だった

地域や規模によるのかどこもそうなのかは知らない


中で右側に男子用の小便器が並んでいて、左側には個室が並んでた

間に一応敷居があってスリッパに履き替えたあとでどっちでも行けるような作り

それで小便器が並んだ方の奥まで行くと曲がり角があってそのときにも個室があった

そっちが男子用で個室が並んでるのが女子用らしいかったのだが、小学生時代からわかれているという考えもなかった

田舎な分、外にあるトイレだって男性用か男性女性用(大便器がある)ってくらいだったし


男子用の個室も最初の頃は場所的に掃除道具入れだと思ってたくらいだ

あとからトイレの個室だと知ってもわざわざそんな奥まったところにある怪しげなところに行きたくないと思って基本行くことはなかった

場所的にも内緒話する人が入ったりイジメとかそういう系に使われそうな雰囲気しかなかった

さらに汚かったし

わざわざこっちは女子用みたいのを教わることもなかったし、普通に男子が使ってるのもよく見たか男子用じゃないとか思うこともなかった


そういう人ってけっこういるんじゃないかなって思うんだけどどうなんだろう?

かいこと気にしない人なら奥に個室あることすら知らないとかありそうだけど(自分も知ったときにこんなところに曲がり角あったのか、と思った)

2018-05-25

靴下

洗濯した後にペアにするのが面倒で、なんとなく似た色合いのを履いた。

靴やスリッパを履いている間はもちろんだが、定食屋の座敷でも誰にも指摘されなかった。

それがきっかけで、左右で違う靴下でも気にしない生活をして、そろそろ1年。

実に快適だ。

これを書きながら、「アクセントになっていて、むしろオシャレなんじゃないか?」とか「仮面ライダーW とか ビルド っぽくて カッコいいかも」とすら思っている。

もっとも、揃っているのに越したことはないので、新しい靴下を買うときにはなるべく同じ色を買うという、弱気な面も持ち合わせているよ)



みんな、まだ靴下で消耗してるの?

2018-05-22

クソみたいな部署

2015年秋ごろ 出社したとき自席に知らない方からお土産が置いてあった。付箋がついており、名前も書いてあったが知らない方のため不審に思い、触らずに放置PCを起動しメール確認していたら、その方から机上のお土産についてのメールあり。(印刷しましたが処分した可能性あり。印刷したもの写メはある)気味が悪いのと自分の好みのお菓子ではなかったため持ち帰り母が食べた。わさびマヨネーズ味のおかきがウケるとでも思ったのか。

2016年11月 スリッパ紛失

隣の課の方が別の出入り口にある下駄箱をさがしたところ、そこにあった。

2017年11月12月

私の所属している部の50周年記念の懇親会後、隣の課の方(若手の方)2名のうち1名から「○○(もう1名の若手の方)がお前(私)のこと好きらしいかLINE教えて」と言われる。

3名でのグループLINEをつくるのかと思いきや、○○という方からその日の深夜に個人宛に連絡が来る。

週明け、帰りの電車に乗っている際に○○からLINEの着信が来るも、すぐに切れる(ワン切り?)。直後に「間違えて電話しちゃいました!」とのメッセージ。1時間ほどおいて大丈夫ですよと返信。(それ以降の謝罪なし)

1か月後くらい、再び○○からLINE着信→すぐ切れる→「また間違えました!」こちらは反応せず放置。数日後、別室にてデータ入力を行っていた際に、若手の2名+もう1名?(この辺は記憶曖昧です)で私のほうを見ながら会話。下の名前を呼んで「△△(私)の下の名前だよ。□□って」と何度も名前を呼ばれる。

不快に感じていたため全て無視。その週の週報にてLINEの件とともに上司に報告。彼らから謝罪なし。

2018年4月 スリッパ紛失

14時にスリッパがないことに気付く。16時半ごろには元の場所に戻っていた。

上司に報告後スリッパはその場で処分。新しいスリッパは自席にて管理をしている。

2018年5月 自席のゴミ箱コピー用紙(A3)の包み紙が捨てられている。

すでにゴミ箱パンパンになっており、その上に包み紙をぐしゃぐしゃにしたものが置かれていた。

(自分コピー用紙の包み紙を処分するときは、四角く折りたたんでから捨てている)

マナーモラル理解していない社員が多いイメージがついてしまい、不信感が募っている。

また、スリッパについては名前を大きく書け、自己防衛が足りないと言われた。

関わっている奴ら全員、外を歩いているときに鳥の糞が頭に落ちる呪いをかけた。

2018-05-19

anond:20180519130324

抗菌スリッパかも知れないけど、

靴を脱ぐときに靴は触ったりしないで出来てるの?

脱いだ後に靴箱に入れるとき手で持ちますけど、

待合室に座る前に洗面所で手洗い皆してますか。


前行ってた歯医者は、器具ちゃんと殺菌(滅菌?消毒?)してて、

音声で「殺菌(滅菌?消毒?)できました」完了すると、

女性AIの声でアナウンスされるところだった。

他所ではみたことないけど、音声サービスがないだけでやってくれてるんだろうと思いたい。

anond:20180519123518

俺の足が汚いという前提で床を汚すなという言い分が気になるが

治療から降りるときスリッパの上に着地してるから汚れる心配はない。

その上で履いたままの方がいいのかどうかが疑問。

診察台に乗っている間、スリッパを履いている意味がないと思うんだが。

anond:20180519120910

スリッパ脱ぐだろ?

治療が終わって、スリッパ履くとき、床に素足か靴下はいた足で立つだろ?

そうすると、床が汚れるんだよ。

床を汚さないようにスリッパ履かせてるのに意味ねーじゃん。

って歯科助手のおねーさんたちは思ってる。

から治療中でも絶対スリッパは脱ぐな。

どうでもいい疑問

歯医者で診察台に横になるときずっとスリッパ脱いでるんだけど

今日、ふと隣のやつ見たら履いてた。

脱がない方がいいの?

2018-05-16

親の前で自殺未遂した話

親の前でマンションベランダから飛び降りようとした。

軽く勢いをつけて手すりに登ろうとしたけど、泣きすぎで力が入らなくてうまくいかなかった。

三回目のジャンプで親に手を引っ張られてよろよろと室内にころげこんだ。未遂未遂くらいで終わってしまった。

希死念慮は昔からあった。小学生の頃からずっと。その度に「読んでいるシリーズ新刊が読めなくなるのは残念だから」とかなんとか理由をつけて先延ばしにしてきた。

リストカットしたことがない。しようとしたことはあるけれど。小説で「手首を切ってもうまく死ねない」と読んだことがあったし、うっかり生き残ったら跡を誤魔化すのが大変そうだと思っていた。

高校生の頃、クラスメイトの今から思えばちょっとメンヘラ中二病が入った子と「どうしてもっと前に死んでおかなかったんだろうって思うよね、早く死にたい」と意気投合したことがある。私は表面的には今日明日ハッピーです、という体をとっていたので、その数分間が私の学校生活で唯一希死念慮を表に出せた経験になる。

正直17歳くらいで自分死ぬんだろうなと思っていた。酒が飲めないうちに死ぬのは惜しいなとも。

大学に入った直後高校時代よりも楽しく、開放的で、死にたいと思うことは少なくなった気はする。

それも居酒屋ホテルバイト疲弊するまでの間だったが。無能力感でバイト帰りに川を見て、「ここから飛び込んだら深さがないから頭から飛び込んでどこかに打って気絶して溺死かな」と考える日が続いた。

まりにも仕事ができなかったのでADHDを疑い、通院が始まる。ADHDではないものの極度のあがり症と診断され、通院し続けるようになった。

その後いろいろあって至る現在就職活動ストレス買いで作った借金を親に詰られ、死のうと思った。

ベランダから見る地上には全く恐怖を抱かなかった。履いていたスリッパを放るように脱いでしまったので揃えてから決行しようと思っているうちに止められた。

親にはずっと死にたいと思っていたことを泣きながら話した。親はピントのずれた返ししかしなかった。

自分の無価値感についても話したし、期待に添えない子供でごめんなさいと繰り返した。「そんな期待なんかしていない」と言われた。

飛び出すように家を出て、半日考えた。

私は「価値がない子供でもいいから生きていてほしい」と言われたかった。「死のうとなんてするな」と言って欲しかった。

親の期待やら何やらから逃れたくて、自分が親の思い通りに動く人形じゃないと証明したくて親が嫌がるとわかっているオタク趣味に夢中になったのかもしれない。でも結局逃れられなかった。親はそれを「正しい」方向にしようとし、私を「正しくない」と糾弾し続けた。

事実借金してまで買い物をするのは異常なのだとわかっている。でも止められなかった。自分の無価値から目をそらしたかった。

でも逃げさせてくれなかった。大学自主休講したこと就活を(私はそれなりに頑張っているつもりだが)頑張っていないこと、大学に行く時だけ電車に乗ると吐き気がすること(実際は楽しいことがあった後でも吐き気がするし、大学自体に恐怖心を抱いて家から出られなくなり、それを治療していたこともわかっているはずである)。

私はもう耐えられない。生きていくことに耐えられない。親に生きてくれと言われたら生きるつもりなんて、何でもかんでも親に依存しているのだろうか。でも親にさえ生きてくれと言われなかったらどうしたらいいのだろう。私にはもう、死なない努力をする精神力が残っていない。

カウンセリングにでもかかれば変わるだろうか。今更もう何もかもどうでもいい。

これから私は身辺整理をする。親が望む通りに物を減らして片付けをし、部屋を綺麗にする。

無駄遣いをせず私がしてしまった借金を返し、3〜50万くらいの現金を作っておく。

葬式に来て欲しい人のリストアップをする。遺書を書く。

それが終わったらなるべく迷惑をかけない形で命を終えようと思う。

1年もあれば準備には十分かなと見積もっている。それまでに生きる気力が沸くようなことがあればその時考え直す。

簡単な賭けだ。十分な金を稼ぐまでに生きる気力が沸くかどうかの賭け。

考えてわかったのは「やっぱりもっと早くこの決断を下すべきだった」ということ。

せめて大学に通う前に決断していれば、私大の決して安くはない学費を親に浪費させずに済んだのに。そのお金で老後資金の足しにできただろうにと思ってしまう。

お父さんお母さん、お金時間を私みたいな不良品に使わせちゃってごめんなさい。

ももうすこしで、マイナス100をプラスにはできないけど、マイナス50くらいにはできるように頑張ってバイトするからね。

私の生涯最後一年くらい、苦労や心配をかけないで済むように、私頑張るから

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん