「宇宙世紀」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 宇宙世紀とは

2022-06-18

anond:20220617152757

学園ものかあ。

なんでガンダムであるかの必要性は…とかいうつまんないことは今さらチラとも考えはしないけれど、

水星魔女、というサブタイトルが来たときのグッとくる感じがサッパリとなくなってしまってガッカリはしたかな。

宇宙世紀ではあるだろうけれども、

従来の戦記物としてのガンダムという枠組みでやるのだとしたら

水星という場所からやってきた魔女とは?

どういう人物なのか?なぜ水星から地球圏にやってきたのか?

物語の中で水星圏はどういったところなのか?

というような興味をそそられる要素が一瞬にしてなくなってしまった感じ。

では、転校生を紹介します。

水星から来た〇〇ちゃんでーす、

で終わってしまうことになってしまったのはかなしい。

2022-06-16

anond:20220615155634

宇宙世紀なの?って思ってしまった勘違いはあった。

ポケ戦とか08小隊とか、非富野宇宙世紀があったし、ターンエー終了後種までの空白期と思われていた期間に展開したGセイバー宇宙世紀の先の話だったからね。Gセイバーに連なる世界なのかと。

2022-06-15

anond:20220615153011

当時の感覚だと「アナザーガンダムなのになんで機動戦士なの?」っていうのもあった

そのときまでは【機動戦士ガンダム】は富野宇宙世紀だけだったからね

anond:20220615125447

ぶっちゃけシリーズの1部作品(GだのSEEDだのどうのこうの)が嫌いなら、それに関わらなくて良いように、複数シリーズが同時展開してるのがガンダムからね、嫌なシリーズだけ見ないで語ってれば良いだけ。

2010年以降で、宇宙世紀好きの為にUCやりながら、現在進行形でOOやAGEを「過去作の絡み一切無しの新参者向け」を新作で出しながら、SEEDリマスターとWの小説やって島本マンガ版Gがやっていたんだからさ。

変な話、「無視に勝る嫌悪感表面は無い」が正解だった。

そんななか、このナイツマ作者の嫌い発言は、「お気持ち同意の同情票を取得するテクニック」であり、まとめサイト地下アイドルYouTuberが使う下策に過ぎない。

「好き」を語って支持者を味方につけようとすると、「好きの専門家」と比較されて勝たなきゃ「にわか扱い」されて、逆に叩かれるからね。

「嫌い」って話で絡んでくる奴は、嫌いの質は問わないが、同志であるって理由から、質を問わずに味方になりやすい。

ナイツマ作者がツイッターで呟いていながらも、作中のキャラ思考として、同じ内容を描いていたなら、意図したテクニックなんだよな。

別にナイツマ作者を叩く気は無いが、未熟さがあったなとだけ語ろう。

漫画版ナイツ&マジックの作者・加藤拓弐氏の事を嫌いになった切っ掛け。

この人を知ったのはいつだったか

ナイツ&マジックアニメ放送していた時期に

アニメ原作の展開を省略しまくってるダイジェスト版だけど漫画版は作者のロボ愛が凄いぞ!」

とかそういう売り文句か何かでこの人がナイツファンに持ち上げられまくってたんだったか

ロボットだけ描ける人・人間だけ描ける人は多くてもその両方を描ける人というのはあまり居ないから凄い人だなと思った

漫画家さんだけど漫画を描いてる息抜き趣味の絵を描くとか、Ex-Sガンダム資料を見ずに描けるとかとんでもないエピソードも聞いた

とにかくロボットの事が好きで堪らない、ナイツマの主人公エル君をそのまま漫画家にしたような人、みたいな存在ナイツファンに言われていた

そんな凄い漫画家さんがこの世に居て、そんな人にコミカライズ担当してもらえるナイツ&マジック小説家になろう発の作品の中でもトップクラスラッキー作品だと思った

その加藤先生趣味ロボットを題材にしたギャグ漫画を描いてる、という話もナイツ関係話題を追っていると当然目に入った

無料で公開している、という事で読ませてもらったんだけども…割と早い段階であれ?と思った

本人も後に訂正しているんだけど、ロボットアニメが大好きで堪らない!というキャラが「新機動戦ガンダムX」という新機動戦記ガンダムW機動新世紀ガンダムXタイトル混同して覚えていた

そこを不思議に思ってナイツファンに聞いてみた所、どうも加藤先生世代的に富野ガンダム直撃世代の層なので平成アナザーガンダムに詳しくなかったのではないか?という解釈を聞かされた

その時は「ふーんそんな物かな…」と思ったけど、もしこれが宇宙世紀作品なら加藤先生タイトルを誤らなかったんだろうなーとか、ロボアニメが大好きで詳しい設定のキャラがそんな凡ミスをして良いのか?とか悪い印象を持った

決定的に加藤先生に対して不信感を持ったのは、Gの泉の女神様・その39の事だった

https://twitter.com/isiyumi/status/1089097269800914944

機動戦ガンダムSEED劇場版がいつまで経っても公開されないね!という、ガンダムシリーズファンにとってはまああるあるネタの一つを取り扱った回なんだけど

これ以前のGの泉の女神でこういう「ロボットアニメを題材にしたブラックジョーク」は一つも無かったので、「え?SEEDではこういうネタやんの?」と正直驚いた

実際ガンダムSEEDは古くからガンダムアニメファンには受け入れられてるとは言い難い作品だったのは事実ではある

ファンマナーが悪い、スタッフの口が悪い、予算ばかり掛けた割に内容が破綻しているなどといった話はこの20年間絶えず耳にしてきた

島本和彦先生長谷川裕一先生など古くからガンダムに関わってきたクリエイターや、スーパーロボット大戦Another Century's Episode、ガンダム無双などゲーム作品からSEED本編について思う所があるのは伝わってきた

別に加藤先生特別SEEDについて何かを思ってる訳じゃないだろうし、これもまあ…ガンダムファンあるあるネタの一つに過ぎないんだろう、と思っていた

最近、ふと何を思ったのか加藤拓弐先生名前と「種死」(*ガンダムSEED DESTINYの略称蔑称的な意味合いも含まれる)でTwitter検索してみた

すると、「ああ、この人ふつーにSEEDの事嫌いだったんだなあ」って昔の呟きがヒットした。ナイツ&マジックコミカライズが始まるずっと前、2010年頃の呟きだった

今ではその呟きは削除されて見えないけど、一応スクリーンショットは撮っておいた。つい最近まで見れたのについ最近何故か消してしまったらしい

https://i.imgur.com/mdxgL4G.jpg

あのロボットアニメ大好きな加藤先生にここまで言わせた種死の方が悪いと言うならそれもまた事実だとは思う

加藤先生は他のロボットアニメは大体好きというかここまで言う事は無いし、Gの泉の女神様でも他の作品をああいネタにした事は無かったか

たださ、名前を間違えたりするくらい興味無い作品があったり、わざわざ作品の中でコケにするくらい嫌いな作品があるなら「自分はありとあらゆるロボットの事が大好きです!」みたいな面をするのはやめろよって素直に思った

ナイツマのエル君もロボット大好き!ってキャラでありながら「ロボット破壊して良いのはロボットだけなのです!(怪獣など非ロボットロボット破壊するのは許さない)」ってちょっと狭量な思想だったけど

このジャンルのありとあらゆる物が大好き!ってキャラクターを売りにしてる人物が、一部の物だけは蔑み嫌ってる所を見ると幻想が壊れるというか、当たり前だけどこの人も人間だったんだなーって気付けるようになった

とりあえずそういう事があってからナイツ&マジックコミカライズ版の作者加藤拓弐先生の事が俺は嫌いで嫌いでたまりません、という日記

追記

加藤先生も嫌いだけど、そのリプ欄で加藤先生追従するように十数年前から変わらないやりとりでSEEDを貶してる所謂アンチ的な連中も大っ嫌いだなって思った

追記2】

Gの泉の女神様・その39に登場する闇の女神というキャラは「劇場版SEEDが公開された時に封印から解放される」という設定のある種一発ギャグ的な設定のキャラなのだけど

劇場版SEED制作・公開決定が改めて報じられた去年の5月から現在に至るまで加藤先生はこの闇の女神SEEDについて一切触れていないので、

「この人は今後絶対に公開される筈がない劇場版SEEDネタにしたかっただけで本当は公開を待っていた訳ではないんだな」と解釈して改めて加藤先生の事が大嫌いになりました。終わり

2022-06-01

ガンダムZZは残念な作品

最近ガンダム感想話題なので、単なるおっさんの俺もガンダム関係文章を書いてみる。


ファーストから逆シャアまでの宇宙世紀を扱った作品の中で一番微妙、はっきり言えば悪い評価をされやすいのはZZだと思う。自分ファーストから逆シャアの中で悪い評価をつける作品を1つ必ず挙げろと言われたら、ZZを挙げてしま可能性が高い。


ただ、ZZは他の作品と比べても、キャラクターは非常に立っていて、キャラクターデザインも良く、魅力的なキャラクターが多いし(服装ガンダムっぽくないという人もいるが、あれはあれで魅力的だと思う。シャア仮面に比べれば、そこまでおかしいというわけではないし)、モビルスーツも派手なのから渋いのまで多種多様で、他の作品と比べても実に面白い機体が多いと思う。


では、何がいけないのか、となるとやはりストーリーだと思う。ストーリーについては最初コミカル路線酷評する人がかなり多いが、酷評本質コミカル路線であった事ではないと個人的には思っていて、酷評されるのはコミカル路線からシリアス路線ちゃんとした説明なく急激に路線転換をしてしまたからではと思っている。例えばマシュマーはえらいコミカルだったのに再び出てきたら、何か強化されてコミカルさがなくなっていた。もし、ここでマシュマーが強化されて、コミカルさがなくなるというようなストーリーちゃんと描かれていればよかったけど、別にそういうこともなかった。もし、あの気のいいマシュマーが冷酷な感じになっていくそれ相応の描写があれば、すごく良かっただろうとかなり思っている。このように特にちゃんとした深い描写がなく、急激な転換がZZ酷評の一番の原因だと思っている。


こういう路線転換を代表として、特に終盤を中心にストーリー展開があまりにも雑なところがある。一番いい例はグレミーの反乱が唐突すぎたことだ。他にもこういう雑な扱いをされた代表的な例としてはイリア・パゾムとか3Dとか、何かすごそうな感じで出てきたのに、生死すら描写されずにフェードアウトしたというのが挙げられる。特にイリアキャラデザインもものすごく攻めていて、明らかにインキャラ級の力の入ったデザインをしているのに(力が変な方向に入って、ガンダム世界っぽくないものすごい服をしているけど、俺はあれはあれで好き)、扱いがモブより少し良い程度の感じだったのは謎だった。イリアは本当はどういう扱いにするつもりだったのか、というのが俺がガンダム公式質問できるならしたいベスト3には入っている(イリアジュドー逆シャアオーラみたいな共鳴をしていたし、本来モブみたいな扱いにするつもりではなかったと思っている)。


このようにストーリー酷評したが、ストーリーの背景は良いものが多いと思う。まだ子供ような年齢なのに危険ジャンク屋や軍人やってないといけないというような問題とか(ガンダムチームばかり言われるけどアクシズ側もマシュマーとかイリア10代だし、かなり若年が双方の軍にいる)、当時のエゥーゴ立ち位置とか、アクシズの状況とか、うまく調理すれば面白くなる要素は十分にあると思う。


ストーリー展開については急に逆シャアが決まったなど、色々と言われる所がある。何が真実なのかはちゃんとは把握できていないが、俺はZZキャラクターモビルスーツストーリーの背景は良いと思っている人間なのでZZは非常に残念な作品だと思っている。なので、俺は死ぬまでに俺はコミカル路線最後までふり続けたZZシリアス路線にふり続けたZZの2種類を見たいと昔から思い続けている。まあ、これが達成されることはないとは思うが、何かの間違いでガンダム公式の偉い人の目に留まって、少しでも動いてくれるとうれしいと思って、文章を書いてみた。

2022-05-31

夫に勧められてるわけじゃないけど、ガンダムが大好き

もしかしてガンダム感想系の増田って、はてぶのおじさんに受けやすい?

夫に勧められてZガンダムを見た https://anond.hatelabo.jp/20220530234933

面白かったので、自分も便乗して感想メモ簡単に書きつらねてみたくなりました

ところどころネタバレ注意。あとBLに疎いタイプなので腐女子観点には期待しないでね;;

ガンダム以外のアニメはあまり詳しくないです

ちなみに、父親と夫はおそらくガンダムよりエヴァ

追記:急いで書いたものなので誤字や抜けなどちょいちょい修正しました

書いてないけどオリジンも勿論見てるよ。閃ハサは学生時代原作小説読んだ

せっかくならはてぶ民の好きなシーンやセリフも知りたいです

初代ガンダム

小学生中~高学年くらいだったかな。文通仲間やクラスアニメ好き達の間ではSEEDシリーズ流行真っ盛りの頃、当時の私は1stガンダムに夢中になっていた

父がケーブルテレビの一挙放送を流していたことがきっかけだったと思う

はじめは適当に流し見していたはずが、ランバラルの渋さにドキッとし、ミハル一家とカイの悲劇小学生の胸は揺さぶられ、なんかかわいいガルマに同情し、気付けばハマっておりテレビ版も劇場版も両方見た

大人になってからも相変わらず楽しめるし、また違った目線で見れるのが楽しい

当時は子供っぽい行動をとるアムロ同族嫌悪イライラすることもあったが、今は親戚のおばさん目線なので、最終回の仲間の元へ帰るシーンで泣いてしま

一年戦争宇宙世紀の流れは初見では中々理解しきれなかったので、ファンブック的な資料本等も色々読み漁った。新しいガンダム知識がどんどん増えていくのが楽しかったなあ

設定が作り込まれててフィクションとしての説得力が凄いと思う

好きなモビルスーツドムズゴックアッガイ

好きなキャラクターキシリア様、ミライさん

好きなセリフ:「手の空いている者は左舷を見ろ、フラミンゴの群れだ」

Zガンダム

一番好きなシリーズ。1stにハマッてしばらくした後ケーブルテレビ連続放送で見た

とにかく登場人物が全員良い感じに狂っておりつつも人間臭いので面白い。見ていて飽きない

特に最終話付近、怒涛の盛り上がりのラスト数話がお気に入り

シャアvsハマーンvsシロッコの三つ巴戦のかっこよさ。どんどんおかしくなるカミーユ。宙に漂う百式の美しさ。

Zは好きすぎるが故に結婚後夫にも勧め、全話一緒に見てもらった

カミーユに殴られ涙を流しながら「サボテンが花をつけている……」とポエムを語り出すクワトロがなんか面白くて(いや深いこと言ってるんだけどね)、二人で大声をあげて笑った

好きなモビルスーツティターンズカラーガンダムMk2、キュベレイバウンドドック

好きなキャラクター:ジェリド、ハマーン

好きなセリフ:「トーレスのやつ、トーストにしてやる」

ガンダムZZ

そこまで面白くはないんだけど、ハマーン様が好きなので惰性で最後まで見た

前半はコナン少年探偵団を見てる気分。後半は少しシリアスになるのでまあまあ見れる

一度しか通して見てない割には記憶に残っているシーンが多いので、今思うと結構楽しんで見れていたのかもしれない

苦手なところ:ブライトさんに不倫させようとする展開が生理的に受け付けない(増田ミライさん推し

好きなモビルスーツカプール

好きなキャラクター:マシュマー

好きなセリフ:「ハマーン様、ばんざーい!」

逆襲のシャア

これは高校生になってから観た。もちろんケーブルテレビで。ありがとうアニマックス

見慣れた登場キャラたちの、より大人になった姿が感慨深かった。シャアだけは相変わらずなのも、なんだか滑稽で笑えた

宇宙世紀区切りとしても、アムロvsシャアの争いの幕引きにも相応しい最高の映画だと思う 長い大河ドラマ最後まで見終わった満足感

敬礼シーンは子供ながらにグッときたし、みんなでアクシズ押し返しからのエンディングの流れが物凄くアツい

ちょいちょい出てくるミライさんたちの地球目線描写もなんだか廃頽的で良いよね

アストナージさんを殺すな(怒)

好きなモビルスーツνガンダム

好きなキャラクターミライさん

好きなセリフ:「革命はいつもインテリが始めるが、夢みたいな目標を持ってやるからいつも過激なことしかやらない」

ポケットの中の戦争

コロニーに住む普通少年、アルの目線から見る一年戦争に、新鮮な気持ちで楽しめた作品

バーニィとの出会い・別れでアルの心は大きく変わるが、すぐ傍では何も変わらない日常流れる

コロニー平穏生活をする人々、戦いに身を置かなければならない人々、全てが愛おしい

みんなで笑顔でいられる世界けが続けばどんなにいいか

大人になった今でも、クリスマスになると思い出す大好きな一本です

好きなモビルスーツケンプファー絶対みんな好きよな)

好きなキャラクターバーニィ

好きなセリフ:「アル泣くなよ、戦争はまた始まるって」

ターンエー

ガンダム」としてという括りではなく、「富野監督作品」として一番好き

世界名作劇場にも似たポカポカした雰囲気断トツ好き。菅野さんの曲も世界観に合ってて最高

最終回の月の繭ではぽろぽろとあたたかい涙がこぼれる。夫に勧められた増田さんと同じく、最終回は何度も見たくなる

セリフテンポ感もピカイチで、ついつい復唱したくなる。「黒歴史」という概念を産み出した功績も地味に凄いよね

ガンダムの枠を超え、生活に寄り添う美しい作品です

好きなモビルスーツカプル

好きなキャラクターロラン、ポゥ

好きなセリフ:「このターンXすごいよ!さすが∀のお兄さん」

**晩御飯時間が近づいてきたので、ここから短いです**

OVA作品劇場版

有名どころはひととおり、昔ツタヤレンタルして見たと思う

0083デンドロビウムが出てきたところはかっこよくてマジで興奮した

MS IGLOOは全体的にこれが好きだろ?って押し付けられてる感じがせんでもない

F91は安彦せんせいのキャラデザがかわいい~ あとMS次世代感とか貴族の設定だとか新しいなと思った

クロスボーンアニメ化しないのかな?

Vガンダム

富野精神状態が反映されたであろう鬱シーン多くて怖かった

年寄り特攻のとこと、ラスト数分のカテジナさん、曲の良さも相まって涙出た

「いくつもの愛をかさねて」が名曲

G、W、X

飛び飛びでしか見れてないけど、作品雰囲気テンションはそれぞれ好き

SEEDSEEDディスティニー

厨二ごころ真っ盛り時代に1stガンダムと並行してて見てしまったせいか、なんか好きになれなかった作品

特にキャラクター恋愛描写自分には刺さらなかった。けど大人になった今見ると、また違うんだろうな

ダブルオー

学生時代リアルタイムで流しで見てそんなに印象に残っていなかったが、大人になって再度夫と一緒に見たら想像以上に楽しめて(正直なめてた)二人で面白かったね~と言い合った

テレビ版は中だるみもしてたけど、締めの劇場版お気に入り賛否両論ガンダムでやる内容か?という意見が多いみたいだけど、あれ普通に一本のSF作品としても良かったし、ガンダムでやってくれたからこそ、さら面白く感じた。私はオチにグッときたよ

鉄血

リアルタイムで全話見たはずだけど当時仕事が忙しかったせいかハマれず、全然内容もモビルスーツも覚えてない

ビジュアル的に印象深かったのはコックピット背骨?を直接繋いでいたところ 一体感が凄い

自分場合心に余裕があるときじゃないと作品もしっかり楽しめないようだ

ガンダムUC

個人的には公式同人誌位置づけ

しかストーリーラインは流石しっかりしていて面白かったし、モビルスーツ描写戦闘もかっこよかった

ミネバ様をメインを置くことによりオールドタイプガノタちゃんと惹きつけるの、上手いなあ

それに加え作画も良く演出現代に合わせて作られているから、同世代の人が宇宙世紀に入りやす作品だったと思う

実際、TV放送中は周りでガンダム入門した人少し増えたし

Gレコ

久しぶりに富野節が聞けて良かった。懐かしいあのリズム これだよこれ~

これも仕事が忙しかった時期にテレビシリーズを一度とおして見たきりで、内容は正直あんまり覚えてない

明るいエンディング曲はめちゃくちゃ耳に残る。キャラクターも全体的にみんな明るくてかわいかったなぁ

2022-05-22

ZZのプルと0080クリスデュエットするキャラソンがあったんだよ

あったよな?

あれ、なんだったんだ?

作中に接点ないよな?

あれ、存在しない気がしてきたぞ……

くそお、キングレコード許せねえ……

なので、宇宙世紀の穴埋めが大好きなみんなー! プルとクリスミッシングリンクを埋めてくれ!

ナガノ博士みたいのオーツキ教授出していいから。

2022-05-20

宇宙世紀0079生まれ歌謡曲ベストテン

黒柳「第〜位は?」

バタバタバタバタバタバタバタバタ

ちゃーららー

ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる…

で、誰も出てこないって失礼だと思うよ😔

2022-05-11

anond:20220510101701

福井が全部悪い訳ないだろ

逆シャア直後の時代舞台にした宇宙世紀物でニュータイプを掘り下げない方がどうかしてんだよ

2022-05-10

anond:20220510101701

ガンダムユニコーンがヒットしてから宇宙世紀ものNTに縛られすぎなところはあるよな

外伝漫画とかはそんなことないんだけど

近年展開されてるUC120年代舞台にした作品群に期待するしかない

2022-05-04

anond:20220504012824

ガンダム宇宙世紀)のビーム類は重金属の粒子だから鍔迫り合いもできるということになっている

2022-04-13

J.デビッドブリマーって誰だよ

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096

シーズン1 (300)7.7 2016 すべて

宇宙世紀0096年。『シャアの反乱』から3年、工業コロニーインダストリアル7〉に住むバナージ・リンクスは、オードリー・バーンと名乗る謎の少女出会う。戦争火種となるビスト財団ネオ・ジオン残党組織『袖付き』による、『ラプラスの箱』の取引を止めようと行動しているという彼女に対し、協力するバナージ。しかし、同じく取引の阻止のため乗り込んできた地球連邦軍と『袖付き』との戦闘により、コロニー戦場と化してしまう。オードリーを探して戦火を走り抜けるバナージは、『ラプラスの箱』の鍵となる純白のモビルスーツ、『ユニコーンガンダム』と運命的な出会いを果たす。『ラプラスの箱』とは何か、それが抱く秘密とは何か……。宇宙世紀100年の呪いが、解かれようとしていた。※各話の初公開日は本作品の第1話放送開始日となります。(C)創通・サンライズ

出演 J.デビッドブリマー, トロイ・ベイカー, ウェイン・グレイソン

ジャンル アニメ

オーディオ言語 日本語

2022-03-31

anond:20220331104900

古い新しいより

宇宙世紀以外で割と公的にもファン的にもフロントにででくる作品

という意味で挙げたつもりだけどね

2022-02-08

ナラティブガンダムが二流って

宇宙世紀映像化されててでも富野じゃない後付けだからそこそこで

宇宙世紀アナザーガンダムかつ駄作は心情的に三流としておきたい

2021-12-23

社会に何故パヨクというはた迷惑存在一定数いるのか考察してみた

そもそも社会主義者共産主義者牢屋から出したのは、第二次大戦後日本占領したGHQなんだが、これがかな~りマズかった。

合衆国は一応、自由標榜してたし、日本の行き過ぎた軍国主義をどーにかしたかったんだろうが、連中、共産主義を舐めすぎ。

戦前から狂信してるレベルの筋金入り社会主義者たちに、ソ連抑留洗脳された人々が加わり、次第に手が付けられない勢力になっていく。

実際、パヨク日本社会全体に急速に拡がっていったのは、今から半世紀以上前昭和20年から30年代にかけての話。

とりわけ若い連中が学生運動かに取り込まれて行って、ヤバいことになった。

当時は、マンガはごく一部を除きお子様向けという社会的位置づけだったし、大人の鑑賞に耐えられるようなアニメなんて影も形もない時代

当然、異世界転生も魔法少女も進撃してくる巨人忍者現代吸血鬼世紀末覇者宇宙世紀も何にも無ぇ。青狸ですら昭和44年連載開始だ。

そんな社会環境中二病発症し、こじらせると『オレの右手が』じゃなくて共産主義って島に行き着いたりしたワケだな。

んで社会をより良くしよう、社会革命しようとか本気で考え始めたのはいいが、結論から言うと洗脳された迷惑人間爆誕

共産主義革命のためなら敵対する相手をポアしてもいいとか、オウム真理教狂信者あたりとやってることはまったくおんなじ。

頭に洗脳ケーブル自分で刺して歩いているのに気づいてないのは当人のみ。馬鹿なの?死ぬの?生きてて恥ずかしくないの???

その後就職先を無くすという厳しい現実を前に、反省した者もいたが、メディア関係やら共〇党やら教育関係やらに入って更に悪化した奴もまた多い。

パヨク活動に漬かり切った当人たち、もう若くても60代後半とかだ。いまさら半世紀くらい前から自分が間違っていたなんて、とても言えない罠。

そればかりか社会から相手にされないため、今度は自分たちの言いなりにならない社会を憎んだり、壊そうとか考えたりする。

そんな連中に、お隣の儒教国家がはした金を与えて、手先に使っている模様。それで共産主義という島は息してるらしい。

あと家族による洗脳もまた強い。そこらへん、某学会と基本構造は似ており手口はカルトと一緒だ。数は少ないが、そうやって再生産されてるケースもなくはない様子。

ちなみに我々が被る迷惑については、例えば国を売って一儲け企む人間は、確かにパヨク界隈は圧倒的多数だが彼らに限ったことではなく、実は自民系にもそれなりに居たりする。

パヨクだけの専売特許ではないので、そこは区別されたし。

2021-12-15

anond:20211215094029

「令和3年元旦……から既に1年が過ぎていた。地球の周りの巨大な人工都市は、人類の第二の故郷となり、人々は、そこで子を産み、育て、そして死んでいった。」と書き足せば、大体の人は分かってくれると思います。(宇宙世紀的な思考

2021-12-04

宇宙世紀アースノイド診断

以下を「はい」か「いいえ」で判断してください。

登山無駄リスクを負う行為馬鹿馬鹿しい 

旅行は近場で十分、海外なんて行かなくていい

インドア派だ。アウトドアアクティティは避ける

・「挑戦的」であるより「安定的」でありたい

・何かに挑戦する人を見るとストレスを感じる

はい」が3つ以上ある人は、宇宙世紀になっても宇宙に出す、地球重力に魂を縛られた人として、スペースノイド迫害したりするでしょう。

あとコロニーが落ちて来たりする。

2021-11-27

anond:20211127150503

宇宙世紀世代自分はもう老人なので、

昨日ガンソード観てて、もうエルドラVの老人達の方に感情移入するようになってたことに気付きました

若いな、若造…」とか言ってみたいだけの人生だった…

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん