「ファイティングバイパーズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ファイティングバイパーズとは

2019-04-03

セガサターンプレイステーションに勝つ世界線

先日、この記事を読んで、なつかしいPSSSN64による次世代ハード戦争を思い出した。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/31/news006.html

ソフト売り上げ結果を見れば圧倒的にPS勝利であり、どうあがいても勝てそうにない

https://entamedata.web.fc2.com/hobby/game_rank_ss.html

https://nendai-ryuukou.com/article/056.html

このデータの正確さはわからないが、概ねの傾向は掴めるだろう。

トリプルミリオン3本、ダブルミリオン3本、ミリオン12本のPSミリオン1本のSS。これは勝てそうにない。

当初はSSの方が売れており、ハード100万台の達成はSSが早かった。これはアーケードゲームが強いセガファンが購入したのに対し、

そもそもどこを目指しているのかよくわからなかったPSという位置づけだった。

潮目はもちろん誰もが知るところのFF7の発表だ。あとは多くのサードPS陣営に流れていった。

そこで、スクウェアSCE陣営に付くことを前提として、当時どうやればセガがそこそこ戦えたか

後世の知識を持ってたままループしたとして、シミュレートしたい。

1997年1月FF7が発売、その前年である96年8月トバルNo.1が発売されることを考えると、時間はあまりない。

1994年

まず、ローンチタイトルが弱すぎる(これはPSも同様)

バーチャファイターデイトナUSA(5か月早める)の2本をローンチに発売する。

これでアーケードファンの心をがっちりつかむ。デイトナUSAはそのバカから

パーティゲーにも向いているので、気合で4人対戦機能を付ければ、キッズの遊び道具になったはずだ。

(私の記憶では、4人同時対戦できるレースゲームマリオカート64最初だったはず)

逆にワンチャイコネクション、ゲイルレーサー、 真説・夢見館は開発をやめよう

1995年

この年のセガ発売の重要作品デイトナUSAを除くと

3月10日 パンツァードラグーン

7月14日 バーチャファイターリミックス

8月11日 シャイニング・ウィズダム

8月25日 魔法騎士レイアース

11月24日 バーチャコップ

12月1日 バーチャファイター2

12月29日 セガラリーチャンピオンシップ

サードだと

12月25日 真・女神転生デビルサマナー

くらいだろうか。どうみてもオタク臭い。いや、個人的には悪くないラインナップだが、ドラクエFFしかやらない一般層がこのハードを買いそうにない。

まず、前年のバーチャファイター11月リミックス7月、2を12月に発売するのは頭が悪すぎる。

ここは気合バーチャファイターリミックスは合体させて、ローンチで発売すべきだっただろう。

オリジナルバージョンリミックスバージョンが選べます。これはかなり画期的ローンチだ。

そして、バーチャファイター2は夏に発売すべきだ。バーチャコップ、VF2、セガラリーを立て続けに発売する意味が分からない。

そして、申し訳ないが、シャイニングウィズダムやホーリィアークの開発をやめよう。

冬に発売すべきはシャイニングフォース3だ。発売を2年早めよう。

あと、シナリオ1、シナリオ2、シナリオ3という売り方は最悪だった。

3部作であることは隠して、シャイニングフォース3王都の巨神~というタイトルで売る。

「続くじゃねーか!」という批判が出るかもしれないが、当時はネットはない。大丈夫だ。

1996年

この年のセガ発売の重要作品

1月26日 ガーディアンヒーローズ

3月1日 新世紀エヴァンゲリオン

3月22日 パンツァードラグーン ツヴァイ

3月29日 ドラゴンフォース

7月5日 NiGHTSナイツ

7月12デカスリート

7月26日 バーチャファイターキッズ

8月30日 ファイティングバイパーズ

9月27日 サクラ大戦

11月22日 クリスマスナイツ 冬季限定

11月22日 バーチャコップ2

11月29日 電脳戦機バーチャロン

12月21日 ファイターズメガミックス

あたりだろうか。翌年の1月にはFF7が出ることを考えると、辛すぎるラインナップである

アーケード移植作はどうしようもないので、これでいくしかないが、

相変わらず、バーチャファイターキッズファイティングバイパーズをこの近さで発売するという暴挙をしている。

キッズは春ごろに発売すべきだ。または、昨年末年末戦線に、キッズ同梱のSSを発売するなどをやるべきだろう。

とはいえ、本物のキッズはわざわざ「キッズ」と書かれたものは嫌いなわけだが。

ここで、何回シミュレーションしても、あの名作NiGHTSは発売すべきではないという結論を得た。

もう一つの大好きなバーニングレンジャーである

では、ソニックチームは何をすべきだったのか。

よくifの話で、ソニックSSで早い段階から発売すべきだったという話がある。

もちろんそれは正しいが、日本市場でのソニックの人気はいまいちのため、日本市場ではソニックでは勝てなかっただろう。

ここでやるべきはエニックス口説きである。つまりエニックス堀井雄二に頭を下げ、

うちのコンシューマ主力部隊であるソニックチーム中裕司ドラクエ7の開発部隊として使ってくださいと

頼み込むことであった。つまりチュンソフト立場セガがやりますよ、彼にはファンタシースターを作った経歴もあるので、

RPGできますよ、ということだった。これは荒療治にもほどがあるが、

これまでのセガハードソフトを見ても、やはりRPGは弱い。いまでこそJRPG揶揄されるRPGだが、

当時は一番の花形であり、ハードの生き死にを決める。ここで、ドラクエを取らない限り、SSPSに勝つことはないだろう。

まり結論としてはソニックチームチュンソフトハートビートの代わりのドラクエ開発会社に充てること。

これ以外、セガが勝つ方法はなかったのではないかと思う。

もっと言えば、開発が遅れていたSFCドラクエ6も引き取って、1995年末または1996年初旬に

セガサターンで発売していれば、勝てた可能性が高い。

ドラクエ6, 7が出るハードである

それでも勝てない場合は後のポケモンブームを見越して、

先にムシキング流行らせるなどの方法もあるかもしれないが、

多くの人が持つゲームボーイに比べて、ゲームギアでやったところで、たかが知れているのかもしれない。

他の案も募集したい。

2017-06-08

スクエニの新作をみていると悲しくなる

なんというかセンス絶望的に古い。

ディシディア ファイナルファンタジー NTPS4で発表されたが、いまさら3ON3とはなんなのか。

そもそも作品の枠を超えた全員集合系のお祭り対戦格闘ゲームは94年のKOFから続くKOFシリーズ、96年のX-MEN VS. STREET FIGHTERからマヴカプにつながるシリーズセガでさえ96年にファイターズメガミックスを出して、バーチャvsファイティングバイパーズをやっている。その後も作品を超えたお祭り格ゲーフォロワーは多いが、もう当初ほどのインパクトはない。たとえば、無双☆スターズとか。

もうスクエニ新規IPを作り出す能力がほぼないことはわかるが、いまさら…、いまさらお祭り格ゲーPS4で出すんですか…20世紀か…

2012-06-10

バーチャファイターの思い出

バーチャファイターファイナルショーダウンのダウンロード販売が開始された。

自分はこのシリーズはとても大好きなんだけれど…

昔、自分小学生だった頃、ジャスコの2Fのゲームコーナーに母と行ったんだ。

うろ覚えたけど、ハングオンとバーチャファイターがあったんだ。

一回200円。高かったけどやらせてもらった。

ビデオゲームはそれくらいしかなくて、コインを1枚入れると効果音がする。

バーチャ1の未来的な曲がゲームコーナーに響きわたる。試合開始のナレーションサイバーな感じでワクワクする。

人間のようなリアルな動きのカクカクなキャラクター同士の戦い。ポリゴンで出来ているらしい。ファミコンでは考えられない。

技がヒットすると、ベキッと痛そうな音がする。

ガチャプレイだったけどね。

そして、3ステージ目くらいで負けてしまったと思う。

そして小学校高学年くらいになって

セガサターンが出るんだ。

ジャスコゲーム売り場に出たばかりのセガサターンが置いてあってバーチャファイタ-1がやり放題なんだ。

時間が居座ったと思う(笑)

テレビバーチャファイター2の試合をやっていた。

ジャッキーの大ダウン攻撃が大好きだった。

今はない駅前のゲーセンで、大画面モニターに映し出されるシュンの演舞。

すごい滑らかな動きだ。ゲーセンに響き渡るラウステージBGM

Vジャンプセガサターンバーチャファイター2の画像が乗ったとき

ずっと眺めていた。

バーチャコップバーチャロンデイトナUSAセガ黄金期だった。

セガサターンちょっと背伸びしたS君が持っていて

自分もねだって買ってもらうんだけれど、ソフトを貸し借りしたりした。

ペパルーチョももちろんやった(笑)

バーチャ2もやった。S君はリオンを使っていたな。

6年生の時にS君の家に行った時、Hな本でギャーギャー騒いでたんだけれど。

救命胴衣に半ズボンサポーターという若気の至りみたいなファッションのリオンに比べると可愛いものである(?)

バーチャファイターアニメも見ていたな。

プレステVSセガサターンが競い合っていた。

ファミ通ブロスにバーチャファイター3のアキラの跳山崩捶のスクリーンショットが載った時もビックリした。リアルだなぁと。エスケープボタンで軸移動が出来るぞ!って漫画も連載していたとおもう。

ちょっとから離れたゲーセンに3tbが置いてあったと思う。

自分セガサターンファイティングバイパーズでハニーにスライディングをしてそれをビデオテープに撮ってスロー再生させることに夢中だったけど(笑)今思うと可笑しい。

で、

バーチャ4が出る頃にはもう十代も後半になって、一人で電車千葉セガ系列ゲーセンに遊びに行くようになった。

そこには1台ドリームキャストがあって、無料インターネットが出来る。

で、本格的に対人をやったのは4からだと思う。

ジャッキービートナックルからコンボが強かった。

バージョンが変わってコンボが繋がらなくなっちゃったけどね。

有料会員になるとカードシステムリングネームと段位がわかるのが斬新だった。

でも、ここからアンジュレーションステージの高低差)は廃止され、保守的になったと思う。

セガールナポレオン試合を見に行った覚えがある…

で、5です。

ちょっと自分の体調を崩して長期入院していて…

5はライブモニターが斬新だった。グラフィック的に綺麗だなーとは思ったけれど

保守的と言わざるをえない。もうバーチャファイターという名前が足かせとなって進化邪魔している感じすらする

でもRは2段くらいまで、ファイナルショーダウンで初段まで引き継ぎが出来るので

ちなみにファイナルショーダウンはジャッキー錬士の称号まで遊んでしまった(笑)

あ、俺はバーチャが好きなんだなと思った。

昨日、ジャスティンTVというサイトバーチャファイターファイナルショーダウンの動画配信をしている人がいて2P側に配信者、1P側が初心者で2Pに挑むという放送をしていた。

信者コーチみたいな感じで、マイクで色々と1P側にアドバイスをしている。

リスナーは500人ぐらい居たと思う。セガのまわし者なのかも知れないけれど、

すごい時代になったと思った。

ゲーセンちょっと寂しいけどね。

気になった方は体験版プレイステーションネットワークエックスボックスアーケード(かな?)にあるので是非いっぱい遊んで、ゲーセンで腕試ししてほしい…所だけど

もう撤去されてる所が多いだろうなぁ…

6が出るなら、セガゲームセンター向けに筐体レンタル制度をつくるらしいので

またゲーセンで俺をワクワクさせてくれ!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん