「精神力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 精神力とは

2018-04-22

anond:20180421164631

MPを精神力と捉えてMP1でも正常に思考できるのはおかしい、とは言わないだろ。現実世界には存在しないステータスだと解釈するのが普通

同様にHPも体力ではなく現実存在しない何かだと考えるべき。

例えばハンタの念能力のように全身を覆うオーラのようなもので、ガンツスーツのように一定まではダメージを完全に無効化し、ゼロになると意識消失して戦闘不能なる、みたいな。

2018-04-20

anond:20180420163628

こうして低能共はスルースキル精神力を鍛えて

辛いときでも楽しめるようになるのかな低能w

2018-04-08

リガリKKO予備軍のゴミオタクマチズモなのって結局

今の規律と無法が合い混ぜになって

自分の実力と胆力じゃ、上にのし上がれない社会が嫌だから

いっそ滅べばいいと思ってるだけなんだよね

ノストラダムスとか期待してた口が今の彼ら

 

コンサバっぽい事言ってるけど

実際そういう社会になったら

真っ先に自分らの趣味に矛先がいくし

ブラックブラック連呼して

土方見下すような雑魚精神力自分らじゃ

到底生き残れないような社会になるだろう

ってのは薄々感ずいてる

 

結局、自分自分破壊したがってんだよな 

自殺する勇気もないからさ

2018-04-05

anond:20180405153105

俺もそうだと思うよ。「思考のスタミナ」なんて聞いたことない。

体力と精神力がいるよーの言い替えだと思う

2018-04-04

anond:20180403170152

他の人がしてきた経験をしてきていない、という面もあるかもしれないけれども、逆に他の人がしてきていない経験をしてきている、という面もあると思うよ。

スポーツで培ってきた体力、精神力思考力、人脈、経験、色々あるはず。

絶対無駄にはならない。

世の中のプロスポーツ全体を見れば、30過ぎて残る人のほうが少ないのだから、そうでない人はそれぞれ、それなりに色々なところで頑張っているはず。そういう人に会いに行って話を聞いたり、体験談を読んだり、そういう人を支援している団体に問い合わせてみたらいいんじゃないかな。今やっているスポーツでも、協会とかがそういう支援をしてたりするんじゃないのかな。

今までやってきたことで無駄なことは何一つ無いって、とりあえず信じてみよう。

そしたら少し気分が楽になって前向きになって、次の一歩を探しやすくなるかもしれない。

2018-03-31

睡運瞑菜ハードルが高い、ので

睡眠運動瞑想バランスのいい食生活…この4つの習慣を身につけるのにもある程度の精神力がいる。特に、既に鬱っぽかったり、発達障害などで生きづらさを感じている人にとっては、そんなん言われなくたってよーく分かってるけどできねーからつらいんだよ!という思いがあるのではないか

そこで、睡運瞑菜に代わって「ストレッチトリプトファン」というのを推したい。簡単に言えば、ストレッチが「運動瞑想」、トリプトファン摂取が「睡眠野菜」の第一歩になるのではないかという考え方だ。

ストレッチ運動として一番とっつきやすく、疲労回復効果もあり、翌日の反発もない。その上、まじめにストレッチに取り組み始めればある程度は筋肉を使うことも実感できると思う。自分自身をより良い状態にするために身体を動かしているのだという自信を即座に得られるのも大きい。慣れない状態筋トレランニングをすると、かえって翌日以降のコンディションを損ねて精神的にも落ち込んでしま可能性がある。その点、軽度のストレッチは限りなくリスクが低く、得られる効果が高い。

身体が硬くてストレッチが苦手だという人にありがちな間違いが、痛くなるところまで筋を伸ばしてそれを我慢しなくてはならないと思い込むことだ。「痛気持ちいい」でもいけない。まったく痛みを感じずに「ちょうど筋が伸びていて気持ちい、でもここから少しでも倒すと痛くなるだろう」というところでゆっくり10回呼吸するだけでいい。

ストレッチ瞑想代用とすることができる。身体の内側がどうなっているのか意識を傾けて、ゆっくりと呼吸をする。それだけで立派な瞑想的な行為といえるはずだ。坐禅特定ヨガポーズなどは「瞑想するまさにそのために、それをするんだ」という目的を強く持てる人じゃないとなかなか続かない。安心して見てもらえる師匠みたいな人がいる環境でない限り、ネットで見聞きした情報だけで瞑想を始めるのは万人にはオススメできない。

起床直後にするなら動的なストレッチがいい。ラジオ体操と若干似ているが、身体を目覚めさせるように、息を吐きながら身体を伸ばす(倒す)というのを1秒ごとに10回繰り返すとか。一番怪我をしやす時間帯なので、上とかぶるが痛みを感じるところまで倒してはいけない。また、寝る前ならジワジワと伸ばす静的なストレッチが好ましい。副交感神経を優位にするイメージで、半目の状態いかにも眠くなりそうな感じでやるとよい。

個人的に最もコスパがいいと思うストレッチは、合蹠(がっせき)のポーズ、長座前屈、開脚前屈の3つだ。合蹠のポーズは無理に体を前に倒さなくてもよくて、膝を揺するだけでも股関節まわりがほぐれてくれる。長座前屈は、つま先に手を触れようなんて思わなくていい。膝裏と背筋を伸ばして真っ直ぐに座っているだけで十分ストレッチ効果がある。慣れてきて物足りなくなってきたら上体を前傾させればそれでいい。開脚前屈も同様で、90度の開脚身体は真っ直ぐ起き上がっていても問題ない。ももの内側が伸びているなーという感覚が得られるところで止めるので問題ない。

次に、トリプトファンだ。朝にトリプトファン摂取すれば、昼に光を浴びてそれがセロトニンになり、夜にはメラトニンが分泌されて眠くなるという。3食バランスの良い食事野菜350gなんていきなりは無理なんだから、まずは起きた後の栄養素のことだけ考えてみるのだ。トリプトファン摂取を「野菜睡眠」のきっかけとしてみよう。

ご飯派であれば納豆卵かけご飯豆腐・お揚げの味噌汁が手っ取り早い。味噌汁インスタントでも全く問題ない。朝に味噌汁って偉くない?なんか気分いいよね?と思えることが大事だ。パンはご飯よりそもそも多くのトリプトファンを含むらしいが、しいていえばベーコンエッグスライスチーズを乗っけたトーストが楽だと思う。

朝が苦手な人は、昼食や「起床後の食事」に意識するだけでもいいと思う。要は、寝る前の食事トリプトファン摂取してもすぐにセロトニンメラトニンに変換されるわけじゃないということだ。1日あたり必要な量のトリプトファンは、日本人であれば普通食生活で充分摂取できているとされるが、ちゃんと朝(起床後)に摂取できているかを気にするべきだ。セロトニンが足りないと脳がハッピーになりにくいし、メラトニンが足りないと寝たくてもなかなか寝付けない。睡眠習慣に悩んでいる人はトリプトファンに着目してみてはどうか。

ちなみに私自身は栄養学や脳科学専門家ではないし、そもそも高校生物すら履修していない。明らかな間違いがあればコメントトラバで指摘して欲しい。ちょっと調べれば分かるが、上記の全てだっていわゆる「ネットでかじった程度の情報」のまとめでしかない。しか自分場合は、ストレッチトリプトファンのことを考えるようになってから毎日死ぬことだけを考えていたような状態から、なんとなく人生を前向きに考えられるまで復活してきた。

勢いで書いたら長くなり過ぎたので、短縮バージョンをまた書くかもしれない。でも、一人でも多くの人に生活習慣改善きっかけとして見てもらえると嬉しい。とにかく、生きづらさを感じているはてな民に幸あれ。

anond:20180331093521

経済力よりも体力じゃね?

激務で体力を消耗した結果、精神力まで消耗され、恋愛の失敗による精神ストレスが昔以上に嫌われるようになり、誰も恋愛をしなくなった。

2018-03-10

anond:20180310003723

ほんとうにそう。笑える。

かに勉強しろこのままじゃだめだみたいに言ってきた人いた?

いなければ何も気にせず気楽に生きられてすごくいいと思うし、

もしいたとしたらそんな言葉無視してきたってことだよね?

このままじゃ怖いことになるぞって言うの、信じないで、好きなもの否定されても、

それでも言うとおりにしなかったってことだよね?

卑屈にはならなかった?

それもすごく精神力がいると思う。

結局私は、勉強してもしなくても潰れてた。

から、うらやましいと思うよ。

2018-02-22

スケート

ずっと羽生結弦が嫌いだった。

発言優等生、行動はドラマチック、絶対王者の名に相応しい勝率。それにあの綺麗な顔と、二次元から出てきたような体と、二次元キャラクターみたいな名前字面

肝心のスケートは全く好みではないが、並の実力と精神力では不可能ジャンプの堪え方と、演技中にジャンプ構成を即座に計算・変更する頭の回転は尋常ではなく、そこだけは本当に認めていた。

どこを取っても全く隙がなく、面白くなくて不愉快で大嫌いだった。

自分はあまり人気ではないスケーターのファンだったので、僻みだとか言われたらあまり否定できなかった。

僻み半分、完璧すぎる存在へのおぞましさ半分といったところだろうか。とにかく嫌いだった。

それが、平昌五輪で変わった。

もともと好きではなかったので、あまり見てなかったために今まで気付いてなかったことは多かったのかもしれない。動画などで彼の演技をとりあえずおさらいするくらいのことはしていたが、ただの流し見で足元までは注視していなかったので、今までも同じことはあったのかもしれない。

しか自分は今回で始めて気付いた。

ショートプログラム、怪我でずっと休んでいたのに素晴らしい演技だった。相変わらず魅力は感じなかった。でもやっぱりすげぇ奴なんだなと思った。

問題フリープログラムだった。

冒頭の4回転サルコウ、着氷時にフリーレッグが表面に触れた。

これは両足着氷の判定になるはずの降り方だった。きっとそれは本人が一番わかっているはずなので、いつもの通りすごいリカバリーをしてくるのだと思った。

4回転トゥーループまさかのザヤック規約抵触した。

彼も怪我でしばらく氷に触れていなかったとのことだったので、まだ本調子でないのかもしれない。後半は失速し、3回転ジャンプの着氷も乱れ、ステップパートは彼らしい気迫が見られたが、繋ぎスケーティングは遅く、これは宇野ハビエルの演技によっては金メダルを逃すかもしれないと思った。

しかし実際はそんなこともなく、フリーレッグのことはなかったかのように満点のGOEがつけられ、後半明らかに滑りきれていなかったスケーティングも素晴らしく加点され、彼は金メダルを獲得した。

このような事はこの競技ではよくある。

演技以上に何故か不明瞭な加点減点がされる、それはもう10年以上もこの競技を蝕む癌のようなものである銀メダル銅メダル選手にも、それがないわけではないことは知っている。

しか自分が嫌いになった羽生結弦プライドが高く、スケートにひたむきで、「全員がノーミスの中圧倒的に勝ちたい」と発言するなど、誰よりも高みを、競技の成長を望む人物だった。こんなことで満足するわけないと思った。不正な採点をされたとまでは言えなくとも、「満足はしていない」くらいは言ってくれると思った。

それなのに現実羽生結弦は涙を流して連覇を喜び、他の選手の肩を抱いて健闘を称え、とても満足げだった上にあろうことか「演技が終わったときSP僅差の2人が後ろに控えてるにも関わらずに、だ)勝ったと思った」とメディア発言した。

なんだそれは。

見間違いだっただろうかと何度演技を見直しても、フリーレッグの着氷を主張するように削られた氷が飛ぶ。

安藤選手が「もっと流れのあるサルコウを飛べるはず」と完璧ではなかったことを指摘する。

首相が祝電で後半の疲れを指摘する。

さらには怪我だ。彼が発言する度に矛盾が生じる。

右足靭帯損傷で全治何週間とか報じられていたのにも関わらず、検査ができてないとか注射ができない位置だとか(注射ができない足ってなんだ)、まぁ紆余曲折あってあんまり良くないので団体は欠場、痛み止めを飲んで競技に臨みました!と言っているのに、よくないはずの右足を携えて表彰台に勢いよく飛び乗ったりする。その後のインタビューではやっぱり「良くない」と言うのに、21日の練習では問題なくアクセルジャンプを飛びまくる報道があった。日の丸大事にするくせに団体戦は休むほど重症だった足は、ある日突然治るものなのだろうか。

嫌いになった羽生結弦はこんな人間ではないと思っていた。

おまけに怪我の休養が明けて五輪に出たらまぶたが二重になっている。

多分、これからもずっと羽生結弦が嫌いだ。

2018-02-20

老害

今は社会からみたら若いほうの人間として年上の人の時代錯誤的な振る舞いや言動にギョッとすることがたまにあるけれど、

・今はギリギリ許容されてる差別的言動自分で気づけなくて、それが許容されなくなった未来ハラスメント老人になってたり、

長生きして自分世代多数派になったときに将来の若者世代の痛みを理解せずに、経済的に逃げ切るためのような行動をとってしまったり、

・加齢が原因で体力が落ちて精神的な余裕もなくなりあらゆることにイライラして周りの人の余裕を失わせたり、

そんなふうに気づかないうちになってしまうことが怖い。

思いやりの気持ちでそうならないように対処していきたいけど、精神力の源泉は健康・財力・体力だと思うと身もふたもない感じでつらい。

anond:20180220105231

転職活動はしているよ!もちろん小休憩が主たる理由ではないけども。

でも行く先がおやつタイム歓迎とは限らないよね…というか「休憩行きます!」って躊躇なく言える精神力があれば難しい話でもなんでもないんだと思う

anond:20180219232323

俺もタバコ吸わないけど、多少の煙やにおいなんて気にしない。

ファミレスとか、喫煙席のほうが人が少ない店だったらそっちに座るし。

一部の声の大きい嫌煙脳の人のはたらきで世の中がどんどん変わっていくほうが、うすら寒い感じがする。

でも嫌煙大正義から大っぴらに反対できないし、自分タバコ吸わないからこういう問題精神力使う気になれないし。

2018-02-18

幸せにならない結婚式

知人よりは親しいが、親友という程でもない、友人の結婚式が終わった。

自分ムービー制作、余興、ウェルカムボード作成などを頼まれてやった。

毎日定時に帰れる職種ではないので、無理だと断ったけど、どうしても!と強引に言われ、結局引き受けた。

余興メンバーとの連絡やり取り、新婦から要望すり合わせ、メンバー備品発注スケジュール管理材料調達動画ボード作成時間。余興の練習

2ヶ月分の土日は丸々潰れたし、材料費交通費練習スタジオ代もそれなりにかかった。その間、他の余興メンバー意見の食い違いがあったり、新婦要望の多さなどを巡って何度も喧嘩した。

当日は朝早くから美容院でヘアメイクをし、安くないご祝儀を払い、余興があったので飲まず食わずのまま裏方で待機。

裏方に居たのでムービーを見ることも、挨拶も、両親へのメッセージなど聞くこともなく、笑顔見世物に徹した。

新郎新婦とはろくに会話もできないまま、おめでとうと声をかけ、なんとなく写真を撮り、終了。

感謝言葉はもらった。お礼の菓子折りも頂いた。でも、失ったものが多すぎて切なくなる。

ムービーって、余興って、用意するのにどのくらいのお金が、時間が、労力が、精神力がかかるのか知っているのだろうか。

ただの安い労働力かつ賑やかしのピエロとして使われた印象しか残らない。

結婚報告を聞きた時、おめでとうと祝う気持ちは確かにあった。

今は、もうわからない。

とりあえず、この式に参加することで、自分は不幸になったと思う。

MP(精神力)が枯渇した時の回復法を教えて欲しい

睡運瞑菜MPの最大値を増やす若しくは減少を抑えるのは分かる。

だけど、MPが無くなってしまった時は判断力も無くなって自滅的な行動に走ってしまう。

YouTube永遠に観るとか、脂モノを大量摂取とか。

負のループに嵌まってしまう。

2018-02-15

パパに求めるものママに求めるもの

パパに求めるもの

毒親除く

 ・収入

 ・決断力(スパッと物事を決めて欲しい)

 ・行動力(どこか遊びに連れてって欲しい)

 ・仕事を続ける精神力

 ・暴力に頼らない

 

ママに求めるもの

毒親除く

 ・家事料理洗濯掃除晩御飯等、食材の買い物)

 ・収入場合により)

 ・パパの帰りを待っていること

 ・行動力決断

 ・無償の愛(なんでも許せる広い心)

 ・感謝されなくてもめげない精神力

 ・365日働きづめ(家事)でも働ける体力

 

 

 

子供が居る場合以下の内容も追加される)

 ・教育

 ・育児や躾(場合によって24時間営業

 ・子供必要な部材(着替えやオモチャ、その他)

2018-02-07

anond:20180207102224

ごめんなさい、先ほど増田を怒らせてしまった者です。

かに傲慢物言いをしてしまたことを反省しています

私は自分自身毒親にならない自信がなくて、今までそういう本を読み漁ってきました。

そして子供に対していつも真摯でありたいと思っています

実際そうできているかは、子供達が大きくなって、家庭の価値観にとらわれずに物を見ることができるようになるまでわかりませんが。

母親になるために我慢することも諦めてきたこともたくさんあります

けれどもそれは全て、私が選択したことです。

おかあさんだから諦めたのではなく、おかあさんになるために自分選択したのです。

私の辛抱は何においても一つも子供のせいではなく、だから子供は少なくとも私の犠牲の上に成り立ってはいない。

子供にはそう理解していて欲しい。

そして私は私の責任において、時にちょっとした我儘も言う。しかし決してそのために子供を不幸にするようなことがあってはならない。

自由とは、そういった責任を果たした上に成り立つものから

一時的にただ我慢することは愛の証明にはならない。

その我慢をどこに噴出させることもなく最後までやり遂げるのは美談かもしれないが、

余程強い精神力と体力の持ち主でなければ最後まで無理をやり遂げられる人間などほぼいないのだから

自分を過信しないで、自分感情自分の中だけできちんと処理できるよう、休むなりして対策を取る。

それほど器用にできてはいいかもしれないが、そういう私の姿勢から我慢や無理をしすぎず責任を果たすということを学んでくれることを願っている。

そして子供も、誰からの負い目も感じることなく、誰のせいにもせず、自分自身責任において、そして決して無理をすることで自分を追い込まず、しっかりと人生を歩んでいって欲しい。

それが私の見つけた、子供を愛するということです。

あの、おかあさんが諦めたもの我慢しているものばかりを恨み節のように挙げ連ね、最後に全部あなたのためよ、あなたを愛しているからなの、と呪いのように締めくくるあの歌が、まだ幼い子供に向けて発信されることは、私の努力が水の泡になるということなのです…

から、あの歌を許容することができなかった。

(みなさんがおっしゃる通り、大人向けに作られ、子供が触れることがない歌なら、まああまり好きな考え方じゃないけど…という程度で、それほど攻撃する必要もない話だったのです。)

それを言いたいがために、あなたを傷つけてしまたことは本当にすみませんでした。

あなたがお母様に何を言われたからといって、おっしゃる通り他人の私が非難する事ではありません。

それは本当に失礼をしました。謝罪します。

鬱を経て見出した5秒で幸せになる方法

10年前くらいに鬱で死にかけました。

原因は働きすぎと家族問題に板挟みになったこと。

そんなわたしが色々なことを経験してみたどり着いた5秒で幸せなる方法

それは、目を閉じて軽く深呼吸して心のなかで「許す」とつぶやくこと。

仕事サービス業中間管理職

慢性的人手不足で月の残業時間は300時間超え。(もちろん手当は雀の涙

20代後半から5年くらいはまともに休みもなく、いつもお店にいました。

家に帰るとわたしと同じ実家住まいの5つ上の兄、冷え切った夫婦仲の両親。

母がけしかけるせいで父と兄の仲は最悪に悪く、父の一挙手一投足に兄が舌打ちやらいらだちを見せ、家の中は常に緊張の糸が張り詰めている状態でした。

仕事では体力も精神力も尽きるまで働き、家に帰ると親兄弟の顔色を見て釣り糸の上を綱渡りするような生活でした。

兄は極度のマザコンで、父が母を苦しめていることが許せなかったのでしょう。

母も、それがわかっていながらわざと兄の前で父から仕打ち(といっても正直しょうもないものばかりでしたが)を、さも不幸な様子で語っていました。

わたしはそれがわかっていたから母の話はほぼ聞き流していました。それがあったからなおさら兄にばかり頼っていたのかもしれませんが)

わたしにも、母から呪詛は送られてきました。

仕事中、いくら忙してく返事ができないといっても5分おきに着信履歴が溜まり留守電にはわたしが助けてくれないから不幸になるといったような呪い言葉が溜まっていました。

(困っているから助けてくれではなくて、わたしが困っているのはあなたが助けれないからだ、というような内容です。母を助けない子供は悪い子。子供に助けてもらえない母は不幸。という呪いです。)

そのままベッドに倒れ込みたい気持ち我慢して、母からの頼み事を聞きました。大半はしょうもないものばかりです。お金払って業者に来てもらえば終わるものです。

もちろんありがとうはありません。

彼女にしてみればわたしが手助けしなかったせいで不便を強いられていたのですから、直したところで普通を取り戻した気分でしかないのでしょう。

こんな毎日が、終わりを見せる様子もなく続きました。

そしてわたし唐突に壊れました。

ある日、いつものようにお店に立っていると入って一ヶ月くらいの新人さんがぎょっとした顔をしてこちらを見ています

「え?○○さん、どうして泣いているんですか?」

【そんなことはない】そう言い返そうとしても言葉がでてきませんでした。

その時はじめて自分が泣いていることに気が付きました。

泣いていることに気づいた途端に、目からは更に涙が溢れ、何か説明しようにも頭のなかで次から次へと湧いてくる言葉が嵐のように渦巻くばかりで一向に口から出てくることはありませんでした。

わけもわからないままに控室に飛び込むと、次のシフトで出勤予定のこれまた入りたての主婦さんが驚いた様子でこちらを見ていました。

やはり何も説明できずに、ただひたすらに涙が流れる目で相手を見ていると、主婦さんは表情を柔らかくして優しく言いました。

大丈夫。あせらないでいいから、ゆっくり息を整えなさい。」

それだけ言うと、わたしの両肩に優しく手を乗せてしょうもない世間話をはじめました。

それは何かに対する愚痴や不満ではなく、毎日ちょっとした発見や何でもない出来事の話でした。

それがどれだけの時間だったのかわたしにはわかりませんでしたが、ようやく嗚咽が止まり状況を説明しようとするとその人はただ「大丈夫よ。わたしに気を使う必要はないから。」とだけ言いました。

途端に新人さんだけをお店に取り残していることを思い出し、お礼もままならずにお店に戻ってしまいました。

次の日、お店の開店準備だけ顔を出すとその日は久しぶりの休みを取ることにしました。

お店に自分がいないことはとにかく不安でしたが、それこそ倒れてでもしまったらどうにもならないと考えたからです。

太陽が明るいうちに街なかを歩くのは本当に久しぶりでした。

ビルの谷間から雲一つない青空を見ていると、自分の心の中も綺麗さっぱりに晴れていくような気がしました。

しかし、母の着信はそれを許そうとはしませんでした。

最初はあえて着信を無視しても、履歴はあっという間にたまり最後留守電が一つ入って止まりました。

それだけですでに久しぶりの休日台無しでした。

わたし留守電も聞かずに家に帰ると、母に怒鳴りつけました。

今まで休むことな自分犠牲にしてきて、罪悪感に苛まされながらもやっと取った休みを奪うほどの用事は一体何だ、と。

それを横で聞いていた聞いた兄が、今度は「親に向かってその口の利き方は何だ!」と怒鳴ってきました。

わたしテーブルをひっくり返しました。目につくもの全てを床にぶちまけて叫びました。

「これでわたしが悪いと言うならわたしには生きている意味がない!xんでやる!」

明らかに二人が動揺したのがわかりました。

それでも兄は強がって「何があった。聞かせてみろ」と言ってきました。

馬鹿か。お前に聞かせてどうなるというのだ。また家族の愛だとか綺麗事を並べてわたしを縛り付けようとしてくるだけではないか

それ以上何も言わぬ二人をおいて、自室に戻りました。兄も母も追ってはきませんでした。

それまで、正直に言うと何度か死んでしまおうと考えたことがありました。

それができればどんだけ楽になれるか。

でも、そんなことをすれば周りが悲しむし、それ以上に迷惑をかけてしまう。

そう思ってはできるだけ忘れようとしました。

しかし、もちろん状況は一向に良くなっていきません。その思いは段々と強くなってきていました。

からこそあんなことを口にしたのだと思うのですが、その瞬間に、こんなやつらのために自分の命を犠牲にしようとしてだなんてことが心の底からバカらしくなってしまいました。

家族は大切にするもの。それが出来ない人間は悪い人間

誰が言い始めたのかもわからない、そんなつまらない思い込み自分が追い込まれていたのだと気づいてしまったのです。

バカバカしい。」

口に出してみると、ここ数年の自分生活全てが本当にバカバカしく感じられました。

今まで一体何をしていたのだろう。


そんなときはるか昔に聞いた言葉をふと思い出しました。

あなたが何かを許せないと思うときあなたは同時にその何かから許されていない。」という言葉でした。

なぜその時その言葉を思い出したのかわかりませんが、わたしは試しに母と兄を形だけでも許してみることにしました。

父をぞんざいに扱う母も、母にいいように操られて父に苛立ちをみせる兄も、そういうものなのだ存在を許すことにしてみたのです。

すると、頭の中だけのことでも、ある意味ではそんな存在がどうでも良くなりました。

どうでも良くなってみると、いままでそんなことに悩んでいた自分バカバカしくなりました。

次に、自分がいないと不安職場を許してみました。

すると、自分職場にい続けていた理由が、売上が悪かったときにせめて自分がいなかったことを悔やみたくないだけだからだということがわかりました。

おかしなことを言っているかもしれませんが、つまりはそういう追い込まれ方をしていたのだと思います。)

考えてみれば、わたしが父を嫌いではないのは、父のそういうところを許しているからに他なりません。

なんだか、それまでの人生が、まるで動いてもいない電車の中でひとりだけ転ばないようにと必死に踏ん張っているだけなように思えました。

そして次に、わたしわたしを許してみることにしました。

お店の売上が思うように上がっていかないのも、両親の仲が悪いのも、兄が母にいいように操られているのも、自分に何かできることがあるかもしれないけど、自分のせいではないんだ。

から自分犠牲になる必要なんてないんだ。

そう思うと、自分という存在を包み込む殻のようなものがすーっと溶けてきて消えていくような気持ちになりました。

あのまま放っておけば、世の中の不幸は全て自分のせいかもしれないと考えていたかもしれません。

言葉が下手で申し訳ないのですが、「いい」「悪い」と、「許す」「許さない」は別のことです。

悪いものでも、それが存在することは許すことが出来ます

逆を返せば、すでに存在しているものは、存在を許すことしかできまないのです。

それならば、存在することに頭を痛めるより、存在を許した上でその中で自分が何をすればいいのかを考えたほうが楽ですよね。

そう思ってからは、世の中の大半のことに心を乱されることはなくなりました。

感情に直接働きかけてくるような出来事も少なくありませんが、そういうときはこうします。

1.目を閉じます

2.ゆっくりから3秒息を吸います

3.口から1秒で息を吐き出しま

4.目を開けて心のなかで「許す」と唱えます

あら不思議

目の前の理不尽なことが、あっという間に他人事になります

どんなに嫌なことがあっても、自分犠牲になってはダメです。

自分ひとりではどうにも出来ないことを許せないと歯を食いしばるより、それを許した上で、自分はどう生きるかを考えたほうが健全現実的からです。

そう思うと、あの主婦さんはあのとき自分ありのままに許してくれていたのかもしれません。

から余計なことを考えずに済んだし、パニックになっていたのにもかかわらず、なんだかとてもホッとする時間を過ごしていたような気がしました。

いまでは家族とも程よく距離を取り、仕事も繁忙期以外の無用残業休日出勤はしなくなりました。

相変わらず残業代雀の涙ですが、あの頃より家族関係仕事の成績も良くなり、何より自分幸せと正面から向き合えるようになりました。

自分を苦しめるものはまずはその存在を許してみる。

その上で、距離を置くなり自分健全でいられる方法を考える。

大丈夫。逃げ道はいくらでもあるし、逃げ道の先にも新しい世界は沢山あります

だらだらとわかりづらいことを書いてしまいましたが、みんなの役に立てるとは思いませんが、誰か一人の役にでも立てたなら本当に幸せです。

2018-02-02

私を親友と呼ぶ人について

最近精神的にあんまり余裕が無いのもあってしんどいので、どこでもいいし、誰も読まなくてもいいから、とりあえず吐き出したいと思って書く。

私を親友と呼ぶ人の事を、私は正直親友だとは思っていない。

とにかく一緒にいるとしんどいし、疲れるし、イライラする。

それなのになぜか10数年来、友達であり続けて、今やなんというか腐れ縁である

私が彼女と離れる事が出来なかった理由は多分2つくらいある。

1つは、私の口下手で大人しめな性格のせいだと思う。はっきり言って人に流されやすいし、あまり人に強く出れない。それがあって、もう嫌い!と言えないまま今に至る。

2つ目は、彼女性格だと思う。有無を言わさないような言い方をしてくる時が度々あるし、勇気を振り絞ってそれはちょっと…と拒否しても、結局最初の案に近い代替案を立てて、これならいいでしょ?という具合に、拒否たこちらの意図を全く読み取ってくれないのである。その上行動力もあるので、会おうと言ったら絶対会うし、会おうと言いつつ延ばし延ばしでフェードアウト…という事はほぼ無いし、私に会おうという誘いを何回も断れるような精神力は無いのである

そんなこんなで今の今までずっと私は親友ポジションなのだ

なんというか、彼女は人の意図を読み取れないタイプ人間である

彼女友達に私を紹介するとき彼女は悪気など何もなかっただろうが、私が腐女子である事を勝手カミングアウトした。うわ…と思った。多分彼女としては、そんな隠すような趣味では無いのだろうと判断しての事だとは思うし、私も隠しているとは言わなかったが、世間的に大声で喋れるような趣味ではないことは周知の事実である

それを本人の許可なく勝手カミングアウトするか。

無理すぎる。

そんなこともあったので、なんとか穏便に縁を切りたいと願いつつもまた月日は流れ、アニメが好きだという男性を紹介された。話し合いそうだから話して見て!とLINEを教えてもらった。

それからその男性とは仲良くなり、今お付き合いをさせて頂いている。

この間を取り持ってくれた、というのもなんとなく拒否しづらい一因である

そんな彼女は今、私の彼氏親友と付き合っている。一応、表面的には親友恋人恋人親友という感じである

これがまたやっかいなのだ

そういう間柄だと、ダブルデードでやれディズニーだ、新宿だ、原宿だとそういうお誘いをされる。

私達カップルは、どちらかというとインドア派で、二人だけで過ごすのが一番好きだし、それ以外のデートは望まない。

それに、相手カップルは正直なところ、めちゃくちゃにイタイLINEやらTwitterアイコン恋人写真にするタイプである

そういう趣味否定はしないが、私達とはまったくもって馬が合わないのである

それを無視して、誘ってくる神経がよくわからない。

正直なところ、最近私が一番難儀しているのは彼女の惚気である

私は惚気やら恋バナやらが苦手な類の人間なので、会話している途中に突然惚気をブッ込まれるとイライラする。

聞いてないし。言ってだからなんなんだ。という気持ちになってしまう。

なので自衛には努めているのだが、なにしろ彼女は鈍感女である。相槌で興味なさそうにしていても、構わず惚気る。気づかない。

LINEでも惚気る。聞いてないし。聞きたくないし。返信を2、3日しないでおいて、その話題興味ないよーアピールをしても無駄である。惚気る。

ハッキリ伝えられない私も私だが、冒頭に書いた様に私なりに、どこかに吐き出して少しでも楽になりたいという思いでこれを書いた。

人との縁は大切にしたいものだが、自分が無理だと思うものとは、積極的に早めの決別を私はお勧めする。

早く親友やめたい。

補足

アドバイスくれた方ありがとうこざいます

めんどくさいね。と言ってくれた方も、ありがとうございます

とりあえず熱中できることを増やしたいなと思います

根暗陰険かと言われれば、まぁ多分その部類だと思います。ここにだらだら書くしか吐き出せないような奴ですし。

まだここの使い方もよくわからないような始めたばかりの人間愚痴に付き合ってくれて、ありがとうございました。

使い方がよくわからないので、とりあえずここに書かせてもらいました。

2018-01-31

anond:20180131114136

クロワッサン症候群」なんてのが本当にあったのかは知らないが

そちらにライフスタイルを合わせるほど強く信じていたものに裏切られたり梯子を外されたり、

というのは特定ライターに限らず似たようなケースがあるはずだ

それこそ増田にもジャニーズやMマスの愚痴を長々と垂れ流してる奴が山ほどいるように

一度どっぷりハマったものから抜け出すのにも精神力必要ということだろう

別に女に限った話じゃなくヤバい

2018-01-30

オタクの殴り書き

20年前から今までずっと続いてるジャンルにいたけど、別ジャンルに移動した。そして1年経った

20年くらい続いているジャンルとは言え全く同じ作品がずっと続いてるわけではないから、一番好きな作品キャラの新作はもう出ていない。

一番好きな作品20年前放送された最初アニメ。一番好きなキャラもそのアニメキャラクター

幸いブルーレイなどが発売されているし、少ないけど、一定以上ファンもいるので枯渇しているというわけではない。

しかし別ジャンルに移動して気付いてしまった。新作が出ない作品居座り続けることは、相当な体力と精神力必要になる。

ジャンルは今も連載が続く漫画で、ファンの数は少なく小規模なものだけど、それでも最新刊が出るとか、作者の方が時々ツイッターにらくがきを上げてくださって、今も常に動き続けている。

この動きのあるジャンルに慣れてしまうと、展開が既に終了した作品との温度差にぞっとする。新作が出ないことは、想像以上に心を削る。

よく自分はあの供給ゼロの中で生き続けていたものだ。同じサイトに何百回と訪れ、仲間同士で必死二次創作してどうにか新しいものを産み続けていた。

ツイッターで6,7年前に同じジャンルの人のみをフォローしたはずなのに、現在のTLでは別ジャンルがごちゃ混ぜになっている理由を察した。

ジャンル栄枯盛衰自分純粋に好きなら関係ないのだろう。自分もそうだったと思う。だから新作がなくても、7年前からずっと同じ前ジャンルにいられた。でも、もう気付けなかった前には戻れない。

展開が終了した作品で今も活動し続けている人、本当に本当に尊敬する。その愛と体力と気力、本当にすごい。素晴らしいと思う。愛しかない。本当にすごいです。

もちろん、現行のジャンルすべてが展開終了と隣合わせでもあるんだろう。今のジャンルではリアルタイムに追えること、新作に出会えることに感謝しながらお金を落としている。少し雲行き怪しいけど・・・。

2018-01-28

格ゲーの1ゲームは何本先取が好き?

二本先取

 レトロタンダート。一本取ってそのまま勝つと思った所から二連敗されたら逆転というシンプル世界

三本先取

 ゲーム展開がスピーディーで俺はこれが一番好き。

一本勝負

 切り替えるタイミング試合中にしか存在しないため精神力がモロに出るが一試合の結果だけだと運の影響も大きいという矛盾が熱い。

四本先取

 格ゲーだとあんま見ない。大会ルールとしてBO7があったりはするけど

https://anond.hatelabo.jp/20180128113703

他人の目を全く気にしない」という強靭精神力と「人並み外れた将棋の才能」を兼ね備える人間でないと女性棋士になれないってことになれば、今より競技人口減るよね。

何言ってんだお前。

2018-01-24

anond:20180124130515

太ってるのは本人の怠惰っていうこともあるかもしれないけど、他にも未成年場合は親も気をつけてあげられてないとか、遺伝とかそういうのが色々あるんだよ。

親がやっぱり肥満場合はその子もそうなる可能性は高いし、家で一人でダイエットしようと思っても、親が高カロリー食事ばかりを出してきて改善してくれないなら、優しい子なら親御さんのために何も言えないとかもあるかもしれないし。

体が弱くて親が運動積極的にさせたがらないとかそういう可能性もあるよね。

もともと太ってる人がダイエットをするってかなりの精神力必要なことだから、もともと痩せてる人がその苦労も知らずに簡単に痩せろよ!って言うのってちょっと無神経だと思う。

それぞれ人には事情というものがあるから、そういう他人容姿だけを取り上げてただの努力不足と断罪してしまう無神経さや無関心こそが一番よくないことだと思うよ。

anond:20180124100834

理屈では全くその通りなんだけど、実際には結構難しいと思う。

出自がわからない子供自分の家に入れて育てるって、かなりの精神力とか博愛精神必要で。

それに養子をとるって言っても、数いる子供の中から一番気に入った子を選んじゃったりするわけじゃん?

じゃあそこで選ばれない子に対する愛はないの?気に入った子にだけ愛を与えるの?ってなると、それもなかなかの矛盾なんだよね。

からこそ、それができる人って素晴らしいしめちゃくちゃ美談なんだけど、まあそれをできない人を責めてもねえ…って思う。

まあ増田はきっとそのピュアさを忘れずに大きくなって、何人もの養子を立派に育て上げる偉い人になると思う。がんば。

2018-01-22

やりたくないことをさっさと終わらせてから、やりたいことに取り組みたいけど、やりたくないことをやると精神力の消耗が激しくて、早く寝てたい気持ちになる

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん