「オブジェクト指向」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オブジェクト指向とは

2018-10-19

増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

前回は「オブジェクトとは何か?」を説明した。

今回はオブジェクトの使い方=オブジェクト指向プログラミングOOP)で用意されている仕組みを見てみよう。

とりあえずPHPで仕組みを学習してみよう。(PHPJavaより簡単なので理解やすい)

OOPでは用語概念がたくさん出てくるので、まずは用語意味を押さえよう。(英単語ばっかだね。日本語にして欲しいね。)

 

注意点:文字化けエスケープ)について (修正済)

以下の説明で、半角文字の「>」(不等号の記号)が「>」という表示に変わってしまっている。

「->」となってるところは「->」(>は本来は半角文字)なので、読み替えてください。

 

ドットインストールPHP入門でOOP学習

 

元増田は、もう一通り全部見てくれたかな?

OK、それじゃOOP関係してる#18から#24を一緒に見てみよう!

 

#18 クラスインスタンス理解しよう

動画でこんな用語が出て来た。

 

 

クラスとは?=オブジェクト定義

クラスベースOOPJavaPHPなど)は、オブジェクトを作るときに、「クラス」という仕組みで用意する。

プロトタイプベースOOPJavaScriptでは、「プロトタイプ」という仕組みで用意できる。=別の機会に使ってみよう)

 

クラスベースOOPで「オブジェクト」と言った場合クラスインスタンスの両方を指し示すことができる。

 

 

クラスメンバー

クラスには「プロパティー」(データ)と「メソッド」(処理)を入れられる。

も作れる。

クラスの中に入っている「プロパティー」や「メソッド」のことをまとめて「メンバー」と呼ぶ。

からメンバーってのは、クラス構成員だね。プロパティーやメソッドメンバーになれる。

 

// クラスオブジェクト設計図オブジェクトデータと処理をまとめて入れられる箱。

class クラス名 {

 // プロパティー(データ)の部分

 public $name = ''; // 名前 // ※「public」の使い方は後で説明

 public $age = ''; // 年齢

 // メソッド(処理)の部分

 public function get_name() { // 名前を取得する

  return $this->name; // ※「this」の使い方は後で説明

 }

 public function set_name($new_name) { // 名前を設定する

  $this->name = $new_name;

 }

}

 

コンストラクター

コンストラクター」は特別メソッドで、クラスからインスタンスが作られるときに、自動的に呼び出される。

コンストラクターを使えば、インスタンスを作るとき自動的に実行しておきたい処理(下準備=初期化とか)をやらせられる。

class User {

 // プロパティー(データ)の部分

 public $name = '';

 public $age = '';

 // コンストラクタークラスからインスタンスを作る(new)とき自動的に実行される特別メソッド

 public function __construct($name, $age) { // PHPコンストラクター名は「__construct」と書く。

  $this->name = $name;

  $this->age = $age;

 }

 // メソッド(処理)の部分

 public function get_name() {

  return $this->name;

 }

 public function set_name($new_name) {

  $this->name = $new_name;

 }

}

 

デストラクター

説明には出てこなかったけど、コンストラクターと反対に、デストラクターという仕組みもある。

 

インスタンス

インスタンスクラスオブジェクト設計図から作ったオブジェクトの(具体的な)実体のこと。

インスタンスは「new」で作る。

$taro = new User('taro', 20); // name='taro', age=20コンストラクターでセットしたい。

これで「太郎」(顧客の1人)という具体的なインスタンスが、User利用者クラスから作られた。

太郎($taro)というインスタンスを作った後は、これで太郎に関するいろいろな操作ができるようになる。

 

アロー演算子

インスタンス太郎」の中にあるメンバープロパティーやメソッド)を使いたい場合アロー演算子「->」(矢印)で指定する。

 

echo $taro->name; // 太郎nameを表示せよ

$taro->name = 'yamada taro'; // 太郎nameを「yamada taro」にせよ

$taro->set_name('タロウ'); // 太郎のset_nameメソッドで「タロウ」という名前を設定せよ

等という操作ができる。

 

#20 クラス継承してみよう | PHP入門

動画でこんな用語が出て来た。

 

 

extends(継承

OOPでは、あるクラスオブジェクト設計図から、別のクラスを作りだすことができる。これを「継承」と言う。

 

// 元にするクラス

class User {

 // プロパティ

 public $name;

 public $age;

 // メソッド

 public function hello() {

  echo "Hello, " . $this->name;

 }

}

// 継承して新しく作るクラス

class Special_user extends User {

 // プロパティ

 public $point; // 特別会員のポイント

 // メソッド

 public function your_point() {

  echo "あなたポイントは".$this->point."点集まりました。";

 }

}

 

上記の例だと、基になった「User」が親クラスUser継承して新たに作った「Special_user」が子クラスとなる。

 

オーバーライド

オーバーライドとは「上書き」という意味

継承して新しい子クラスを作るとき、親クラスにあるメソッド機能を一部改造したい場合がある。そんなときは上書きして、中身を入れ替えることができる。

オーバーライド簡単で、単に同じ名前メソッドを用意すればいいだけ。新たに用意したメソッドで中身が上書きされる。

 

// 元にするクラス

class User {

 // プロパティ

 public $name;

 public $age;

 // メソッド

 public function hello() {

  echo "Hello, " . $this->name;

 }

}

// 継承して新しく作るクラス

class Special_user extends User {

 // プロパティ

 public $point; // 特別会員のポイント

 // メソッド

 public function your_point() {

  echo "あなたポイントは".$this->point."点集まりました。";

 }

 // 親クラスにあったメソッドと同名のメソッドを用意すれば、上書きして中身を変更できる。

 public function hello() {

  echo "こんにちは、".$this->name."様";

 }

}

 

final

オーバーライドして中身を変更されてしまうと困るメソッドがあった場合オーバーライドできないように設定しておくこともできる。

その場合は、メソッド名の前に「final」と書いておけば、最終的な決定形となり、オーバーライドで中身を変更できなくなる。

その他、finalの使い方はマニュアルも参考にしてください。

 

#21 アクセス権について理解しよう

OOPでは「カプセル化」といって、オブジェクトの中にあるメンバープロパティーやメソッド)を外から見えない(操作できない)ようにすることができる。

 

隣の家の窓を想像して欲しい。

カーテンによって、3段階で覗けるようになっている。これと同様のことがオブジェクトメンバーにも設定できる。

 

メンバーアクセス権を設定してやれば、オブジェクトの外からの見え方を設定できる。

 

大雑把に言えば、オブジェクトカプセル化プロパティー(オブジェクトの「状態」)は見えなくして、メソッドオブジェクトの「操作」)は見えるようにしてやれば、だいたいうまく使えます

これは「副作用(予期せぬ変化)の隠蔽化」といって、「オブジェクトの中身を外部から守る」という考え方です。

アクセサー」(ゲッターセッター)という「オブジェクト操作用のメソッド」を用意してあげて、中身の操作制限を加える方法があります

 

区切り

まずは、ここまでの内容をドットインストールサンプルコードなどを実際に動かしてみて、仕組みをよく理解するようにしてください。

#22から#24は、今の段階では「こんな機能も用意されているのか。へー」ぐらいでもOKだと思います

 

多分、素朴な疑問として、「OOPのために、こんな仕組みが用意されているのは分かったけど、何が便利なんだろ?」と訝しく見えるだろうと思います

OOP基本的文法機能を知った後、実際にOOPを使ってみる演習をやってみれば、使いどころや便利さが分かるようになると思います

次回は、残りの#22から#24までの説明を見てみましょう。

 


anond:20181015215004経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

2018-10-17

増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

前回は、オブジェクト説明をした。

今回は、オブジェクトの使い方=オブジェクト指向プログラミングOOP)を学ぼう。

 

OOPの種類

オブジェクト指向プログラミングには、

  1. クラスベースJavaC++など)
  2. プロトタイプベースJavaScript、Ioなど)

などの分類があります

ここではクラスベースOOPを取り上げる。学習時間を短縮するために、Javaよりも簡単PHPOOPの基本を勉強してみよう。

 

PHPとは?

PHP (プログラミング言語) - Webページ作成のために用いられることの多い汎用プログラミング言語一種

PHPは誰でも手軽に使えるように工夫された、軽量なプログラム言語です。

 

PHPの準備

WindowsパソコンPHPを使うために、XAMPPというソフト無料)をインストールしよう。

 

XAMPPはいくつかバージョンがあるけど、ここではUSBメモリに保存できる「ポータブル」を使ってみよう。

↑このページにある「xampp-portable-win32-7.2.10-0-VC15.zip」をダウンロードして、ZIPファイルを展開します。

解凍して出てきた「xampp」をCドライブ直下コピーしてください。

これでPHPの実行環境XAMPP)の準備は完了です。

 

XAMPPの起動

Port(s)が「80,443」と表示されたら、XAMPP上のApacheWebサーバーソフト)が起動して、PHPが使える状態になってます

Apacheを止めるときは、「Stop」ボタンクリックします。)

 

PHPスクリプト作成

phpとは - はてなキーワード http://d.hatena.ne.jp/keyword/php

↓こんなかんじのサンプルコードがあるよね。

<?php

print("Hello, world!");

?>

プログラムソースコード増田に直接書くと、エスケープされて違う文字になるので、上の例では一部文字を置き換えてある。)

上記の表示の中で、全角文字の不等号「<」「>」を半角文字の不等号に置き換えて下さい。)

増田プログラムコード貼付けられないのか。不便だな!)

以上で、PHPプログラミングの準備と動作確認ができた。

 

PHPの基本文法

PHPの教材は、本やネット上の記事動画などたくさんある。自分で分かりやすものを探して読んでみよう。

ここではドットインストールPHP入門を参考にしてみよう。

 

3分程度の動画が30個=90分。最初は内容を理解できなくてもいいから、とりあえず全部一通り見てみよう。(1巡目は雰囲気だけつかめOK

 

「つまづきノート」の作成

2巡目以降は分からないことがあったらノート等にメモして、後で1つずつ解明していこう。

著者あとがき

 

私はGitを学ぶのに、実はとても苦労しました。それと同時に、「きっと同じように困っている人が他にもたくさんいるはずだ」と考えました。「理解するのに数日かかることを、短い時間でパパッと学べるコンテンツを作りたい」そう思いつき、「マンガでわかるGit 第1話」個人サイトにて公開したところ、いきなり、はてなブックマークで800ブックマークされました。

 

“つまづきポイント”を先回りするために

私は、Gitを使い始めて以降、わからないことがあったら「つまづいたこノート」に書いてきました。なお、本書の執筆にあたっても、日々勉強しながら解説を書くという形でした。わかばちゃんが「なんでこうなるの?」と疑問に思う部分は、私が過去につまづいた部分です。

 

ドットインストール PHP入門
(1) PHP利用の準備

 

(2) 構造プログラミングの基礎知識

 

(3) オブジェクト指向プログラミングの基礎知識

 

(4) その他、Webサイト作成一般的知識

 

(今回は、PHPの準備、PHPの基本文法理解までで終わってしまったorz

URLリンク10個以上貼ると、日記が書き込めないみたいなので、増田では記事を分割せざるを得ない。)

次回は、OOP関係している内容(#18~#24)を一緒に確認してみよう。

 


anond:20181015215004経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

今回は、手続プログラミングの後半となる「オブジェクト指向プログラミング」(OOP)について学ぼう。

OOPは内容が多いので数回に分けて説明してみます。(説明が下手だったらフォローお願いしますw)

 

オブジェクトとは何か?

オブジェクトobject)はオブジェクト指向プログラミングにおいて、プログラム上の手続きの対象抽象化する概念である

 

オブジェクト指向プログラミングパラダイムでは、関連するデータを束ね、代入、演算手続き(関数メソッドなど)を介した受け渡しといった操作対象にでき、またメッセージ受け手になれる実体オブジェクトと呼ぶ。

多くの場合オブジェクトは他のオブジェクトを要素として格納することができ、複雑なデータ構造表現できる。

 

Wikipedia説明は分かりづらいね。(初心者だったときの私が読んだら意味理解できないと思う)

 

増田プログラマー養成講座 その2 https://anond.hatelabo.jp/20181016164341説明した「プログラム構成要素」を思い出して下さい。

プログラムは、

  1. データ
  2. 「処理」

の2つから成り立っている。

プログラミング歴史は、この「データ」と「処理」をどうやって使いやすくするか?の試行錯誤になってる。

 

Java入門書にも、データ構造について説明があっただろ?

 

構造体の発展=オブジェクト

複数データをまとめて入れておく箱は便利な道具なので、だいたいどのプログラミング言語でも用意されている。

この講座では、複数データをまとめて入れる箱を「構造体」と呼ぶことにしよう。

 

構造体の各箱には、普通データ」を入れておくんだけど、データだけじゃなくて「処理」も入れておけると便利だ。

データ」も「処理」も保管できるように拡張した構造体に、「オブジェクト」という名前を付けた。

オブジェクトとは、言い方を変えれば、「データ」に「処理」をくっ付けたものなんだ。

 

このWebページ最初の方に「図: オブジェクトフィールド(データ)とメソッドを一つにまとめたもの」という説明図があるだろ?

この図で、オブジェクトの中に、いくつか箱があるけど、

なんだ。

オブジェクトそれ自体特別ものじゃなくて、ただの箱でしかない。データ構造一種であることが分かっただろうか?

今の段階では、難しく考えなくていい。

ややこしくなるのはこの後だ。オブジェクトを使うときに「なんでそんな使い方するの?」という段階になってからだ。(気を緩めないように、ちょっと脅しておこうw)

 

クロージャ

が「オブジェクト」なら、その反対に、

もあるんじゃないか?と思ったそこのキミ。正解!

「処理」に「データ」をくっ付けた仕組みもあって、「クロージャー」と呼ばれてる。

 

クロージャ(closure)、関数閉包はプログラミング言語における関数オブジェクト一種

いくつかの言語ではラムダ式無名関数で実現している。

引数以外の変数を実行時の環境ではなく、自身定義された環境(静的スコープ)において解決することを特徴とする。

関数とそれを評価する環境ペアであるともいえる。

オブジェクトインスタンス変数とは、オブジェクトインスタンスではなく関数の呼び出しに束縛されているという点で異なる。

この説明文読んで、クロージャーの仕組みがスパッと理解できる初心者っていねーだろ?(いたらビビるw)

Wikipedia説明は「何言ってるか分かんない」状態だけど、サンプルを動作させてみれば、仕組みは簡単に分かります

 

第1級オブジェクト

ここまでの説明で、「プログラミング言語は、機能自由拡張できる」と分かっただろう。

から、「データ」と「処理」の扱い方を工夫する歴史の中で、「オブジェクト」という仕組みを閃いちゃった奴がいたんだねw

 

オブジェクトの特徴をもう一度振り返ってみよう。

普段は「データ」をぶち込んでおく箱の集合体に、処理も入れられるように改造しちゃったのが「オブジェクト」だったね?

…ってことは、処理とデータ水と油みたいに別々のものじゃなくて、実は処理もデータと同じように扱えるものだってことになるよね?

そうなんです!

実は「データ」と「処理」は全然別なものじゃなくて、同じようなものとして(扱おうと思えば)扱えるんです!

それで、このデータとして扱えるような「処理」に名前を付けてあげて、「第1級関数」とか「第1級オブジェクト」と呼んでます

(「第1級データ」という呼び名が使われてないのは、データデータとして扱えるのは当然なので、わざわざ第1級データという呼び名を付ける必要がないから)

 

第一オブジェクトファーストクラスオブジェクト、first-class object)は、あるプログラミング言語において、たとえば生成、代入、演算、(引数戻り値としての)受け渡しといったその言語における基本的操作制限なしに使用できる対象のことである

ここで「オブジェクト」とは広く対象物・客体を意味し、必ずしもオブジェクト指向プログラミングにおけるオブジェクト意味しない。第一オブジェクトは「第一データ型に属す」という。

言語によって異なるが、第一オブジェクトは概ね次のような性質もつ

上記説明文の中で「制限なしに使用できる」って部分が重要

 

第一関数(first-class function、ファーストクラスファンクション)とは、関数第一オブジェクトとして扱うことのできるプログラミング言語性質、またはそのような関数のことである

その場合その関数は、型のある言語では function typeなどと呼ばれる型を持ち、またその値は関数オブジェクトなどになる。

具体的にはプログラムの実行時に生成され、データ構造に含めることができ、他の関数引数として渡したり、戻り値として返したりすることのできる関数をいう。

上記説明文の中で「データ構造に含めることができ、」って部分が重要

 

フリーパスでどこでも入れちゃうVIPみたいだからファーストクラス(第1級)と称されてるんだね?

ドラえもんの「オールマイティーパス」を持ってる奴みたいなのが、「第一オブジェクト」「第一関数」ってわけ。

ドラえもんオールマイティーパスは、どこでも入れる通行証です。

これを係員に見せるだけで、どんな交通機関でも無賃乗車できて、どんな有料施設でも無料入場できます

通常なら入ることの許されない立ち入り禁止区域でさえ入れます

 

 

オブジェクトまとめ

 

混乱するようなら、上記説明で、クロージャー以降の話はとりあえず無視してください。

 

参考

オブジェクト説明をどうしようか?と考えるとき、参考にしたページも紹介しておきます

 

 

次回、オブジェクトの使い方=オブジェクト指向プログラミングについて学びましょう。

 


anond:20181015215004経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

プログラミング教育

ソフトウェアエンジニアとして活躍している人たちは昔はマイコンやらなんやらで、最近だとWebプログラミングやらCTFやらを触っている印象。

ただ、プログラミング教育としてはscratchレゴが紹介され、教材としても使われているところが少なくない。

scratchから次のステップに移る子はどれくらいいるのだろう?なんとなく遊んで終わりな気がする。

学生時代scratchsmalltalk(?)が元になっていてオブジェクト指向本質なんだよ!とかなんとか教わって触ったことがあって、c,java,python,rubyやら触ってみた今なら言いたいことはわかる気がする、が、やはりscratchでできることって教える側もわかってるの?

興味を持ってもらうことに意義があるんだという主張もありそうだけど、そこで終わっていいのか?

2018-10-16

増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch

今回は、子ども向けプログラミング学習教材「Scratch」(スクラッチ)を使って、一番簡単構造プログラミング手法を学んでみよう。

 

Scratchとは何か?

Scratch (スクラッチ) は、MITメディアラボが開発したプログラミング言語学習環境である

初心者最初に正しい構文の書き方を覚えること無く結果を得られる、遊び心のある実験インタラクティブアニメーションゲームなどの製作を通してさらなる学習のやる気を起こさせることを意図している。

 

 

タイルプログラミングとは何か?

プログラムのパーツをブロックで並べて、プログラムを作る方法

スクラッチタイルプログラミング一種

プログラミング視覚的に理解やすいので、初心者お勧めです。

 

オンライン版のScratch

スクラッチオンライン版とオフライン版がある。

ここではインストール不要で、ブラウザー上で動作するオンライン版を使ってみよう。

(※オフライン版を使いたい場合は、「Scratch インストール」で検索すれば、インストール方法が紹介されている。)

 

構造プログラミングのパーツを並べてみる

順次(上から下へ並べた順番に処理を実行していくこと)

10歩動かす」などのパーツを上から下へ順番に並べてつなげればOK

 

反復

オレンジ色の「制御」のところにある「10回繰り返す」というパーツを使えばOK

Javaの「for」に相当する機能

 

分岐

オレンジ色の「制御」のところにある「もし[ ]なら」というパーツを使えばOK

Javaの「if」に相当する機能

 

スクラッチの遊び方

Scratch 使い方」で検索すれば、スクラッチの使い方がいろいろ紹介されている。分かりやす記事YouTube動画を探して、いろいろ練習してみよう。

 

参考書

Amazon.co,jpで「本 Scratch」を検索すれば、いろいろ参考書が出てくる。

日本Scratch第一人者と言えば阿部和広先生だろう。とりあえず彼の本を読めばScratchの使い方は理解できるはずだ。

 

まとめ

 

以上で、構造プログラミングの基本である順次」「反復」「分岐」の使い方が理解できた。

次回は、手続プログラミングの後半であるオブジェクト指向プログラミング」を学習してみよう。

 


anond:20181015215004経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理

プログラムとは何か?

プログラムは、コンピューター電子計算機)に与える指示書のこと。

人間プログラムコード)を書いてコンピューターに与えると、コンピュータープログラムに書かれている命令を実行する。

 

コンピューター電気仕掛けの召し使いだ。いくらコキ使っても誰にも文句を言われない。パソコンを10台持っていれば部下が10人いるようなもの。こいつらに仕事やらせれば人間様は遊んで暮らせる。どうだ?命令してみたくなっただろう?

しかし、こいつらはアホだ。正確に命令を出さないと、ほんの少しでも間違っていれば、間違ったなりの動作しかしない。融通が利かない頑固者だ。命令するときバグ(間違い)がないように注意しよう。(命令するのも一苦労なんだよな~w)

 

プログラム構成要素

プログラムは、

  1. データ
  2. 「処理」

の2つから成り立っている。それ以外の要素はない。基本はたったの2つだけなら、シンプルで分かりやすいだろ?

 

問題は、この「処理」をどうやって書くか?なんだ。

「処理」の書き方を巡って、人類試行錯誤を繰り返し、いろんな書き方を編み出して来た。

現代の主な書き方(プログラミングパラダイム)には、主に2つの流派がある。

 

命令型と宣言

  1. 命令プログラミング - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%BD%E4%BB%A4%E5%9E%8B%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0
  2. 宣言プログラミング - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A3%E8%A8%80%E5%9E%8B%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0

 

さらに細分化すると4つある。

  1. 手続型:C、Javaなど
  2. 関数型:LispHaskellなど
  3. 問合型:SQL
  4. 論理型:Prolog

 

手続型は命令型に属する。関数型、問合型、論理型は宣言型に属する。)

これら4つは見た目がちょっと違うけど、「チューリング完全」と言って、計算できることは同じと保証されている。(同じ計算能力がある)

頭の悪いプログラマーはそれぞれの優劣を論じて宗教戦争をやってるけど、賢いプログラマー必要に応じて全部使えるようにしているので、どれを使っても問題ない。

まずは、直観的に分かりやすい「手続型」で練習してみよう。その後、問合型(データベースの操作)、関数型(参照透過性の活用)を練習してみよう。


(ここまでの話は、歴史用語、全体を俯瞰した地図の話だから、今の段階で理解できなくてもOK

 

手続プログラミング言語学習項目

次の2ステップに分けられる。

  1. 構造プログラミング - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A7%8B%E9%80%A0%E5%8C%96%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0
  2. オブジェクト指向プログラミング - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%96%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E6%8C%87%E5%90%91%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0

 

この2点を理解したら、Javaコードを書ける。

次回、この2つを見てみよう。

 


anond:20181015215004経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

2018-09-19

anond:20180919015322

そもそもオブジェクト指向のものが40年以上前技術だろが。

生物が単純な細胞の組み合わせと相互作用で複雑なシステム構成するモデルに習って、単純なオブジェクトメッセージパッシングの組み合わせでプログラム表現する事で、プログラムを完結する小さなオブジェクトという単位に分割し、管理困難な複雑さに対処する事がオブジェクト指向本質だろ。

構造化との違いはデータ構造管理単位に含めた事で、これによって複雑な状態管理オブジェクトの中に閉じ込め、インターフェースだけ意識すれば良くなった点。

本質理解していればオブジェクト指向プログラム作るのにオブジェクト指向言語とか必要ない。ジェネリクスとかそもそもオブジェクト指向関係ないし、後付けのいろんな用語に騙されて本質を見失うなよ。

日本語オブジェクト指向が相性良いと言われてたのは日本語語順オブジェクトメソッドというプログラム上での表現に似ているから、日本語話者にはすんなり理解やすいよねって点。

2018-08-20

当方アラサー

夢を追ってたせいで職歴は非正規のみ&ぐちゃぐちゃだ!

諸先輩方のアドバイスをお願いしたいぞ!

 

自信があるのは情報処理能力だ!

プログラミング言語学習経験もCとレガシー言語で2年ずつあるぞ!

ポインタは深くまでやっていないがな! あとC言語レガシーだったらすまん!

Java大学の授業で半年勉強したがオブジェクト指向SHINEって思ってたぞ!(当時)

WEBデザイナー勉強半年ぐらいしたことがある!

PHPは簡易メールフォームしか作れないが、Javascriptで電卓(笑)作るぐらいならできる!

デザインネット漁って勉強したぞ! 個人的電車内の広告結構酷いと思う!

 

最近事務バイトお茶を濁しながら「GAS便利だけど遅いな」って思ってるぞ! 

今は正社員を目指しているが、年齢的に最後チャレンジだ!

WEBエンジニアを目指すか、WEBデザイナーを目指すか、バックオフィス系でいくか悩んでいる!

なんかアドバイスとかあったら教えてほしいぞ!!

2018-08-08

「○○おじさん」は小動物的かわいさの為に使われるべき

そうなんだおじさん「そうなんだ」  ← かわいいレタス好きそう。すき。

staticおじさん「オブジェクト指向きらい」   ← 敵意を込め過ぎ。きらい。

2018-08-01

オブジェクト指向呪いと、その避け方」と、その読み方

http://mizchi.hatenablog.com/entry/2018/07/31/124354

念の為言っておきますOOP呪いについては特に異論はありません。

クラスしかメソッド所属できないモジュールシステム

古いJavaのような、クラスしかメソッド所属できないモジュールシステムばかりの時代じゃありません。 クラス基本的不要だと思います

Javaは今でも「クラスしかメソッド所属できないモジュールシステム」でしょ。クラスに属していないように見えるのは糖衣構文に過ぎない。

関数参照

https://twitter.com/mizchi/status/1024103868613812225]

オブジェクト指向呪いほとんどの言語モジュールシステムでは関数参照がそのままexportできるのに、すべての関数を static メソッドまたはクラスメソッドとして表現する人が未だに多く、見るたびに指摘してる…

関数参照ってなんですか?「exportする」ってそんなに一般的ではない気がする。

もしfunctionオブジェクトをimportするのを指しているのならば、所詮オブジェクトなので状態が含まれない保証はない。

関数参照 2

https://twitter.com/mizchi/status/1024104303907065856]

RubyJavaPHP でみたので一般的なアレなんだと思う

そりゃJSみたいに柔軟なインポートができる言語ばかりじゃないし…

classの導入

https://twitter.com/mizchi/status/1024151165703938048]

JS似非OOP慣習と向き合うのに class の導入は必要だったと思うけど、それはそれとして class 使わないのは別

これはそう。結果論的にはclassそもそも導入されるべきではなかった気もするけど。

ijk

https://twitter.com/mizchi/status/1024155163399876609]

Dijkstraのijkが好き

めちゃくちゃわかる

記事とは関係ない思い

湧いてきたら追加する

anond:20180801134151

素人目線だと普通プログラムよりオブジェクト指向の方が理解やすいぞ

データも取り出しやすいし取り回しやすくてこれ考えた人スゲーなって思ってたけど

仕事で組むとそうでもなくなるの?

anond:20180801134151

面倒な処理を全部やらせクラス を1つ作っておくだけでも、

全体の見通しが良くなるので、オブジェクト指向価値があるし、初心者はそれで十分ちゃうかなぁとは思う。

オブジェクト指向プログラミング

ハテブのテクノロジーカテゴリーオブジェクト指向うんぬんというエントリ連続で見た。

議論が盛り上がってるんだろうけど読むのが面倒で見てない。

オブジェクト指向は、有用性のあるなし以前に、難しすぎるって時点で失敗だよな。

一般人にはカプセル化理解限界で、抽象型までいくと使えるプログラマーなんてほとんどいない。

カプセル化にしたって、似たような処理を全部一個のクラスメソッドとしてつっこんだだけとか、カプセル化理解してないんだろうなってコードよく見るし。

2018-06-28

時代とともに変わるソフトウェア開発の基礎

コンピュータソフトウェアを開発、運用するエンジニアが持つべ知識スキルの基本セットとは何か?

例えばインテルCPUアセンブラが書けます!と言った場合就活で有利になる場面がどれだけ想像できるか。

UMLクラス図書ます!とか、暗号化理論バッチリだぜ!とか、相対性理論なら任せとけ!とかの場合

おうおうおう、だったら弊社のホームページをカッコよくしてくれよみたいな案件無難にこなせるのかというと

甚だ疑問では無いだろうか。

一昔前はソフトウェアハードウェアのおまけだったわけで、ハードウェアこそがエンジニアが抑えるべき基礎だった。

時代は変わり、ソフトウェアでできることはものすごく多くなった。スマホアプリを作るのに組み込み知識がなくても困らない。

からこそ、現代ソフトウェアのみのエンジニアは旧来のコンピュータ関連エンジニアと道を分かたれている事を自覚しなければならない。

自分キャリア自分デザインする必要があるということ。

古いエンジニアの教えに沿えば、自分も古いエンジニアになる。

今の時代の最適解を見つけるのは困難かもしれない。

だけど組み込み系やマイコン制御をしないのであればアセンブラC言語よりも優先して学習することはいくらでもある。

C#C++よりもPHPが優先される場面もある。

html,css,javascript をある程度自在に扱えるようになるのも長期間の訓練による積み重ねが必要になる。

コンピュータサイエンスネタが無いな……これはプログラミングに役立つネタももちろんあって、構造プログラミングオブジェクト指向プログラミングなんかもそうだけど、表層的に関数分けました、クラス分けましたとかしてもうまくいかない。ネストが浅けりゃいいってわけじゃない。プログラミング以外のネタもある。サラリーマン巡回問題とか。

2018-06-24

関数型言語、本とか読んで勉強したりコード書いてると大変楽しいんだけど

ネット上で情報検索しようとするととたんに信者たちがオブジェクト指向のディスであったりHaskell信者Scalaユーザー内戦仕掛けてたりしてノイズまみれなのどうにかならないかなあ

関数型言語機能や利点を説明する時にいちいちオブジェクト指向比較してディスらなくていいよ

Haskellではこう書くよ」の後に「Scalaではこうなって面倒だよ」とかつけなくていいよ(たいていよく調べるとScalaでも簡潔に書くための糖衣構文があったりする)

 

オブジェクト指向10年ぐらい前の記事が引っかかるとそんな感じではあるんだけど

2018-05-30

anond:20180530111137

いたことないね。その時代なら新しいもの好きは Java に走ったんじゃないかな。

オブジェクト指向といえば C++ なんかの時代だったからね。

anond:20180530111137

COBOLが古いって話題になるとオブジェクト指向COBOLとかあるぞって反論がつくけど、絶対現場COBOL85だと思うわ。

2018-05-24

フレームワークチュートリアルどおりに進めれば、自然DBテーブル対応したクラスを作ることになるじゃん?

そこにデータに関連するメソッド生やしていけば、一応、オブジェクト指向になるじゃん?

2018-05-17

オブジェクト指向は大規模ソフトウェアモジュール化し再利用やすくすると言われていたが、センスに差のあるプログラマたちがそれぞれのオブジェクト指向を駆使してできたのはただの地獄だった

趣味プログラミングしてる

趣味と言ってもホント簡単ものしか作れないけど、オブジェクト指向が何なのか何も分かっていない。やれクラスメソッドカプセル化継承がだとか言ってるけどいーみがわからん

自分が書いたプログラム見るとクラスなんてねーしメソッドっぽいものなんてのもないしQlitaとかで見る他の人がかいたやつとぜんぜん違うのもこれが原因してるのか

大規模なやつとか作るようになったら使ったりするのか。二十~三十行の簡単すぎるやつしか作ってないからまだこれらが必要とする場面にいたってないのか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん