「身体障害者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 身体障害者とは

2024-06-16

anond:20240616075722

俺は別人だが

身体障害者

義足で歩くのでバランスが悪い

障害者の俺と付き合うメリットがない

3ヶ月に一回通院している

多分死にやす

なので付き合えないことが確定

ははっははっはぁ

2024-06-15

anond:20240614213954

村田沙耶香コンビニ人間

主人公が働くコンビニ新人として入ってくる白羽。「男なのにコンビニバイト程度の職にしかつけない」(この職業蔑視も白羽の意見理由を、現代縄文時代と変わらないムラ社会社会不適合者に厳しいせいだと主張する。

「僕はずっと復讐たかったんだ。女というだけで寄生虫になることが許されている奴等に。僕自身寄生虫になってやるって、ずっと思っていたんですよ」

市川沙央『ハンチバック』

主人公が暮らす施設ヘルパーである田中。身長包茎(手術済み)。重度身体障害者で金には困らない主人公に対し、田中は健常者の男性ではあるが貧乏モテないため主人公を憎んでいる。「インセル」や「弱者男性」といったワードも登場する。

どっちも有名作だし、弱者男性はむしろ女性作家の興味が向きやす人物像だと思う。彼らは愚かしい人物として描写されてはいるが、ある種主人公のご同類であり、同じ穴のムジナとして描かれている。

男性作家だと自称弱者男性私小説的な作品主人公に据えるパターンはいっぱいあるけど、いうほど登場しなくないかしか私小説だと、現実の作者は作品を完成させる能力があり商業出版されたりもしてるという矛盾がある。

なぜ弱者男性フィクションに登場しづいか。腹の中で不満をたぎらせてるだけで全然行動しないパーソナリティから物語が動かないんだよ。

そのかわり内面描写が得意な小説では「現実では関わりたくないし自分はなりたくないけど、あいつらの生態を知りたい」という怖いもの見たさ的な需要がある。そして弱者男性は誰から透明な存在だが、女性は謎の敵意を向けられたりしつこく言い寄られたりと、加害される形で不本意に関わる機会が結構あるので興味が向きやすい。

2024-06-14

https://anond.hatelabo.jp/20240614204953勝手タグ付けソースだよ

1996年 (第1巻) 5月 特集:脳の科学こころ問題医療人間
1996年 (第1巻)11月 特集高齢者介護医療人間
1996年 (第1巻) 4月 (創刊号) 特集戦略研究と高度研究体制学術教育
1996年 (第1巻) 6月 特集:第3回アジア学術会議学術教育
1996年 (第1巻) 8月 特集日本国際賞受賞記念講演会から学術教育
1996年 (第1巻) 9月 特集:若手研究学術教育
1996年 (第1巻)12月 特集:第124回日本学術会議総会学術教育
1996年 (第1巻) 7月 特集地球環境問題を考える環境
1996年 (第1巻) 特集:転換期にある工業産業工学
1996年 (第1巻)10月 特集女性科学研究ジェンダー
1997年 (第2巻) 2月 特集パラダイムの転換学術教育
1997年 (第2巻) 3月 特集大学改革任期制学術教育
1997年 (第2巻) 6月 特集伝統と新しい地平 ―第4回アジア学術会議学術教育
1997年 (第2巻) 7月 特集:第125回日本学術会議総会学術教育
1997年 (第2巻) 8月 特集:第16期から17期へ学術教育
1997年 (第2巻) 9月 特集:第17期の発足 ―第126回日本学術会議総会学術教育
1997年 (第2巻)10月 特集:高度研究体制確立を目指して学術教育
1997年 (第2巻)11月 特集地域における学術活性化を目指して学術教育
1997年 (第2巻)12月 特集:第127回日本学術会議総会学術教育
1997年 (第2巻) 特集:2国間学術交流レイシア派遣団報告学術教育
1997年 (第2巻) 4月 特集地球食料問題を考える環境
1997年 (第2巻) 1月 特集平和共生歴史政治・国際
1997年 (第2巻) 5月 特集グローバリゼーション産業空洞化歴史政治・国際
1998年 (第3巻) 3月 特集クローン羊"ドリー":遺伝子科学のはかり知れないインパクト    化学生物
1998年 (第3巻) 特集クローン羊"ドリー":バイオテクノロジー最先端で今、何が、どうなっているか    化学生物
1998年 (第3巻) 2月 特集二国間学術交流 スイス及びスウェーデン派遣団報告学術教育
1998年 (第3巻) 6月 特集21世紀科学への視点 ―第128回日本学術会議総会学術教育
1998年 (第3巻) 7月 特集アジアにおける学術の直面する課題 ―第5回アジア学術会議学術教育
1998年 (第3巻)12月 特集:新たなる研究理念を求めて ―第129回日本学術会議総会学術教育
1998年 (第3巻) 1月 特集地球未来 ~人間の存続環境
1998年 (第3巻) 5月 特集地球惑星宇宙科学の現状環境
1998年 (第3巻)11月 特集食品研究の新領域をさぐる ―食とからだの科学を中心に環境
1998年 (第3巻) 4月 特集ジェンダー   ―社会的文化的性別」と現代ジェンダー
1998年 (第3巻) 8月 特集日本経済課題展望日本ビックバンに向けて社会
1998年 (第3巻) 9月 特集行政改革課題展望社会
1998年 (第3巻)10月 特集ライフスタイルの転換と新しい倫理 ―21世紀社会に向けて社会
1999年 (第4巻) 4月 特集生殖医療とその社会的受容医療人間
1999年 (第4巻) 1月 特集21世紀に向けた学術の新たな改革学術教育
1999年 (第4巻) 3月 特集国民の期待に応えて ―科学最前線から学術教育
1999年 (第4巻) 6月 特集:IGBPの研究成果の統合に向けて ―第130回日本学術会議総会学術教育
1999年 (第4巻)10月 特集日本学術会議創立50周年学術教育
1999年 (第4巻)12月 特集:わが国の大学等における研究環境改善について(勧告) -第131回日本学術会議総会学術教育
1999年 (第4巻) 2月 特集ごみを考える環境
1999年 (第4巻) 8月 特集海洋環境
1999年 (第4巻)11月 特集科学技術社会社会
1999年 (第4巻) 特集少子化問題社会
1999年 (第4巻) 5月 特集学会インターネット情報
1999年 (第4巻) 9月 特集学術からみた「美しさ」について人文
1999年 (第4巻) 7月 特集人口環境 ―持続的発展に不可欠なアジア役割 ― 第6回アジア学術会議歴史政治・国際
1999年 (第4巻) 特集科学技術の発展と新たな平和問題歴史政治・国際
2000年 (第5巻) 1月 特集学術研究の国際ネットワーク学術教育
2000年 (第5巻) 3月 特集:第7回アジア学術会議学術教育
2000年 (第5巻) 4月 特集世界科学会議21世紀のための科学学術教育
2000年 (第5巻) 7月 特集:第17期を締めくくる成果 ―第132回日本学術会議総会学術教育
2000年 (第5巻) 8月 特集:第17から第18期へ学術教育
2000年 (第5巻) 9月 特集:第18期始まる学術教育
2000年 (第5巻)10月 特集俯瞰研究プロジェクトへのアプローチ学術教育
2000年 (第5巻)11月 特集研究業績評価 ―実態問題学術教育
2000年 (第5巻)12月 特集:第18期活動計画の全容学術教育
2000年 (第5巻) 特集各部抱負学術教育
2000年 (第5巻) 特集:第8回アジア学術会議学術教育
2000年 (第5巻) 特集世界科学アカデミー会議学術教育
2000年 (第5巻) 2月 特集安全災害
2000年 (第5巻) 6月 特集男女共同参画社会における日本学術ジェンダー
2000年 (第5巻) 5月 特集司法改革課題展望社会
2001年 (第6巻) 2月 特集21世紀とヒトゲノム医療人間
2001年 (第6巻) 4月 特集21世紀と新エネルギーエネルギー
2001年 (第6巻) 1月 特集21世紀科学役割を問う学術教育
2001年 (第6巻) 3月 特集21世紀科学アカデミーデザインする学術教育
2001年 (第6巻) 5月 特集学術活動のための次世代育成学術教育
2001年 (第6巻) 6月 特集:「科学技術」の概念を人文・社会科学へと拡張学術教育
2001年 (第6巻) 7月 特集大衆化された大学での教育はいかにあるべきか学術教育
2001年 (第6巻)11月 特集日本学術会議改革に向けて学術教育
2001年 (第6巻) 特集:常置委員会の目指すもの学術教育
2001年 (第6巻) 特集日本社会の変容と教育の将来学術教育
2001年 (第6巻) 特集:第1回アジア学術会議学術教育
2001年 (第6巻) 特集特別委員会活動経過学術教育
2001年 (第6巻) 8月 特集遺伝子組換え食品をめぐる最近の動向環境
2001年 (第6巻)10月 特集:食から見た21世紀課題環境
2001年 (第6巻) 9月 特集10代は変わったか!こども
2001年 (第6巻)12月 特集データベースの新たな保護権利制度導入反対への初の声明情報
2001年 (第6巻) 特集21世紀IT社会情報
2002年 (第7巻) 5月 特集医療最先端医療人間
2002年 (第7巻) 8月 特集ナノテクノロジー化学生物
2002年 (第7巻) 9月 特集動物実験化学生物
2002年 (第7巻) 1月 特集新世紀の日本学術会議学術教育
2002年 (第7巻) 3月 特集科学技術新世学術教育
2002年 (第7巻) 6月 特集:新しい日本学術会議に向けて!学術教育
2002年 (第7巻) 7月 特集ノーベル賞100周年記念国際フォーラム創造性とは何か」学術教育
2002年 (第7巻)11月 特集:変革をめざす国立大学 ―学長たちは考える学術教育
2002年 (第7巻)12月 特集日本学術会議の今後の方向に向けて!学術教育
2002年 (第7巻) 特集:「大学の自立」と「学術経営」のあり方を探る学術教育
2002年 (第7巻) 特集:第2回アジア学術会議(SCA)学術教育
2002年 (第7巻) 特集学術科学研究の成果と社会学術教育
2002年 (第7巻) 4月 特集学術の再点検  ―ジェンダー視点から(1)ジェンダー
2002年 (第7巻) 2月 特集創造性と日本社会社会
2002年 (第7巻)10月 特集:「身体障害者との共生社会」の構築に向けて社会
2002年 (第7巻) 特集日本計画社会
2002年 (第7巻) 特集グローバル化時代対応する高等教育課題歴史政治・国際
2003年 (第8巻) 2月 特集研究教育現場から見た国立大学改革学術教育
2003年 (第8巻) 3月 特集科学社会 ―いま科学者とジャーナリストが問われている―学術教育
2003年 (第8巻) 7月 特集私立大学さらなる発展学術教育
2003年 (第8巻) 8月 特集:第18期から第19期へ学術教育
2003年 (第8巻) 9月 特集:第19期始まる学術教育
2003年 (第8巻)10月 特集:新しい学術の体系学術教育
2003年 (第8巻)12月 特集:第19期活動計画学術教育
2003年 (第8巻) 特集活動計画各部抱負学術教育
2003年 (第8巻) 特集:第3回アジア学術会議(SCA)学術教育

2024-06-10

anond:20240610145259

きょうだい兄弟姉妹障害者がいる健常者)」は結婚まず無理という社会問題がある

事故とかで後天的身体障害者に…とかならまだしも、知的障害者となるとな

2024-06-07

官製マッチングアプリでも俺は論外にされそう…😔

身体障害者精神障害者無職普通学歴職歴ボロボロ能力証明する実績はちょっとある、多趣味だったけどやる気が完全になくなった、猫が嫌い犬がちょっと好き、噛み癖のある犬を一時期育てた経験あり、某有名映画に出演している、成人女性が嫌い、ようじょが好き…

2024-06-06

無能はつらいよ

当方ASD/ADHD診断済みの弱者男性

ギリギリ社会生活をおくれるレベルなので、発達障害のことは隠して働いている。

だけど最近定型発達者とは脳の違いが根本的に違うんだなってことが分かってきて辛い。

昔、ADHD定型それぞれ100人にとったアンケートか何かで、「集中したくてもできない時が1日に何回もある。そのせいで仕事勉強に支障がでている」って項目に、ADHDは90人近くがはいと答えたのに対し、定型は5人ほどだったのを見て驚愕した。

定型でも30人くらいは集中できなくて困っているんじゃないか勝手想像していたから、5人という少なさに本当に驚いた。

俺の頭の中はいつも色んな考えが嵐のように渦巻いているんだけど、普通の人はそうじゃないんだな。


コンサータを飲んでみたら頭の中がスッと静かになって少し定型気持ちがわかった。

仕事に集中しようとして自然と集中できることに感動した。

メールチェックしようとしてすぐにメールボックスを開けて、今対応するもの、後にするものをさっと分別できることに驚いた。

タスクを細かく分解して優先度をつけたり、期限までに溢れそうなものを先んじて上司相談できたことに涙が出そうだった。

だけど、その感動と同じくらいかそれ以上に定型が妬ましかった。

こんな薬を飲まなくても、定型にとってはこれくらいできて当然なんだと思うとやるせない気持ちが溢れて悲しかった。

俺が頭の中の嵐に呑まれないように必死になってやっている作業は、定型にとってはなんでもない取るに足らない作業であり、俺がなんでいつも疲弊しているのか一生理解されないのだろう。



コンサータは体に合わなかったからすぐやめてしまった。

そしたらまた俺の頭の中で嵐が渦巻き始めた。

このまま無能として生きるのは辛い。

いっそ障害者雇用にしようか。

でも障害者雇用って身体障害者が優先されるって聞くしなぁ。

まぁそりゃそうだよな、頭ん中バグってるやつはとりたくないわな。

2024-06-04

モテ論争なんてどうでもいいから、どうやったら精神身体障害者の俺がハーレムコロニー形成できるようになるか教えてくれよ!

ちなみにボクサーパンツはいてるからペニスは外にはみ出てないよ!😟

anond:20240604102617

従業員一定数以上の規模の事業主は、従業員に占める身体障害者知的障害者精神障害者割合を「法定雇用率」以上にする義務があります。(障害者雇用促進法43条第1項)

民間企業の法定雇用率は2.5%です。従業員を40人以上雇用している事業主は、障害者を1人以上雇用しなければなりません。

2024-06-03

可愛い幼女とお突き合いしたい👊💥

身体障害者になってしまったが、拳法の心得はあるつもり…😟

2024-05-30

anond:20240530104033

オタク解釈では、本来白人若い美男美女恋愛したりアクションしたりする美しいコンテンツであったところ、ポリコレ勢力圧力で誰も望んでない黒人デブや年増や同性愛者が出るように改変されて絵面が汚くなったってことになってるから叩くんでしょ

絵面が綺麗/可愛ければ黒人でも同性愛でも身体障害者でもなんでも許容できるけど、ポリコレ要素のせいで絵面が汚くなるのは我慢できないのがオタク

2024-05-10

俺が騙されたらめった刺しなんてできないわ…

多分、その女より弱いし、身体障害者から不可能だと思うわ尊敬するわ…

2024-04-27

anond:20240427005520

身体障害者男性は確かに弱者ではあるけど

健常者女性痴漢したりもするから

介護士看護師がよくやられるという

「えっ?俺弱者なんですけど??」って振る舞われると被害を訴えにくくなる

2024-04-18

バカ助教という立場の弱い人を訴えるなんて~!」

立場が弱いのにネットでイキって誹謗中傷しなければよかったんじゃ

暇空が身体障害者生活保護受給という立場の弱い人の1レスだけの書き込み粘着して開示請求2回やって2回とも負けて3回目チャレンジしてることにはダンマリだよね

助教立場の弱さ故にあらゆる罵倒を許されるなら生活保護受給者は死なない程度の傷害ぐらいまでなら無罪でいいんじゃね

2024-04-14

anond:20240414080209

障害者手帳持ちにタクシー券を配ってる自治体もたしかあったはず。都内にはたしか無かったと思う

普通身体障害者に配布するものだと思うから療育手帳持ちにも配布されてるのかは知らない。

よく「知的障害者バスなどの公共交通機関に乗れる人は(知的障害者のなかでは)エリートです」って聞くけど、公共交通機関に乗れるようなエリート知的障害者でも、たまに突発的に暴力をふるうタイプがいるのはいったい何なんだろう。自分はその現場を目撃したことがある。

2024-04-11

身体障害者バカにされないのに発達障害者バカにされるのはなぜ?

同じ障害者なのに扱いが違うのはおかしくない?

もしかして見た目で判断してる?

2024-04-07

暇空茜が2回開示失敗したザンギエフにまた開示チャレンジ

ご、ゴミー!

昨年に5ちゃんねる上でこんなやりとりがあった

A「(暇空によって福祉団体に)更なる火種社会の闇を次々暴いていくの凄いな 」

B「暇空が放火して回ってるだけじゃんw 最早社会害悪レベルだよw 」

Bの方が暇空に開示請求され、ザンギエフと名乗って開示請求情報集めをするようになった

一度目は開示に同意するか否かを非請求者側が選べ、ザンギエフは拒絶し、開示されず

二度目に情報開示命令申立が行われたが、法テラス経由の弁護士無償ザンギエフを弁護、やはり開示されず

1億円課金されている暇空弁護団が0円弁護士に負けた

そして今回、異議訴訟申し立てられる

二度目の請求却下されたのはおかしい!という申し立て

暇空は開示が成功したらザンギエフ情報を公開すると宣言しており、脅迫を繰り返しているので多分通りはしない

アノンが堀口くんに敗訴した時に暇空は介入するために横から8回ぐらい申し立てをして全部却下された

却下されたといってもそれだけ裁判は長引くし相手時間や金が消費されるので嫌がらせとしての効果は高い

ザンギエフ相手にもこれから無限リーガルハラスメントが行われる恐れ

ザンギエフ相手の暇空の弁護士小沢一仁で、石川優実に無惨に負けフェミに一矢報いたい思いから暇空と結託したが

ザンギエフ身体障害者自分福祉を受ける側だから福祉団体潰しをする暇空を批判していただけでフェミではない男性

そんな人物への嫌がらせ裁判にもcolabo潰しのためのカンパ金が注ぎ込まれている

2024-04-03

おっさん障害者人権はない

身体障害者なんだけど

おじさんはいくらでも叩いていい、気持ち悪い生物だって扱われんだな

40になるまでこんな扱いされるなんて知らなかったよ

幸いにもおっさんになるまでに家族にも友人にも恵まれたからさ

自分の家とか友人コミュニティに閉じこもってればキツくはないんだけど

買い物とかで外出ると4回に1回は嫌な思いするわけ

おっさん属性持ってるとド直球の差別とか喰らうの

普通の人は知らんでしょ

先月もファストフード店障害者用の駐車場に停めたらさ

店内で女の人に「障害者障害者らしく遠慮してろ!」ってキレられたわけ

もちろん店の人は知らんふりよ

流石に車で泣いたわ

それ以外でも電車降りた時に突き飛ばされることが多くてさ

もう怖くて満員電車も乗れんくてな

幸いにも理解ある職場なんで続けていけてるけどな

あと、エスカレーター歩行者もやべーな

荷物引っ掛けられて転んだりな

いから右に立ってると、無理矢理押し通られるんよ

エスカレーターも怖すぎて最近エスカレーター譲るようになったわ

おもしろいよな

エスカレーター譲るってなんだよ

最近の人は「自分権利侵害されてる」って思った瞬間に

感情のリミッターが外れるみたいなんよな

こいつは悪いヤツだから何してもいいってな

そういう考え方とスペースやリソースを余分に取る

身体障害者って属性が多分相性が悪いんだろうな

それにおじさん属性プラスされるともう最悪よ

もう何してもいいってなるみたいなんよな

俺はXとかインスタやってねえからわかんないけど

多分俺みたいなのはソーシャルネットワークでも救われない

底辺存在なんだろうな

2024-03-31

LGBTかい安全多様性はあり知的障害は無し

身体障害者しか採用しない会社障害者理解があるフリするのと同じように

現代では優しく器の広い人間のふりをするためにゲイレズは受け入れられる

2024-03-30

anond:20240330011406

物乞い業にも階層があって、

分かりやす身体障害者四肢欠損、失明、皮膚病等)がトップで、

その中で更に年齢が若い程、物乞いとしての価値が高い。

五体満足の成人男性なんて物乞い界隈では価値がないので誰も救わない。

現実はどこまでも非情である

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん