「自然災害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自然災害とは

2018-12-15

幸せ家族だって

突然癌になったり白血病になったり

交通事故で死んだり、自然災害で死んだりするんだ。

それより長生きしてやりゃあ俺の勝ちなんだ

2018-12-07

政府は、相次ぐ自然災害を受け、重要インフラ機能を高める緊急対策として、今年度から3年間で計3兆円超を投じる方針を固めた。

https://www.asahi.com/articles/ASLD463FDLD4ULFA03B.html

数日前にこんなニュースがあって

そして今日通信障害

2018-11-26

anond:20181126222731

から津波党でいいじゃん

自然災害が起きても赤坂自民亭で飲んだくれて救助タイミングを遅らせればアンタの望みどおりジジババから死ぬ

お前らの大嫌いな障碍者貧困層死ぬ

よかったじゃん

anond:20181126221429

大きな自然災害が起きれば老人は避難中あるいは避難所で死ぬ

普通の日本人」が迷惑がってる障がい者医療不足で死ぬ

若くて健康な人でも家族や仲間がいない人なら困窮して死ぬかもしれない

あと運がない人もね

大地震が起きて津波が起きて弱者がのたうち回りながら死んでほしいが老人は年金が云々だから死ねの人の本音だろ

一緒に魔方陣を描いて巨大地震を呼び寄せよう

2018-11-23

anond:20181123230303

かい地震に遭遇して津波を見れば治る

かい自然災害の前では自分の悩みなんてちっぽけでどうでもいいものだと即実感する

2018-11-19

anond:20181119190147

2018-10-26

ジャーナリストがいなきゃ危険がわからない!!

こいつらアホなん?

危機回避能力もなくなったの?

普通に戦争起きてんのに危険危険じゃないか分かるでしょ

自然災害じゃないんやで

2018-10-20

デブ大麻批判

デブが薬物依存症批判してるのを見て、それって自己欺瞞じゃん、

おまえだって生命維持に必要な分をはるかに超えた栄養快楽目的だけで摂取してるじゃん、

おまえのその腹回りは日頃どれだけおまえがオナニーしてるのかをダイレクトに周囲に発信してるんだよ、

とか思ってたけど、よくよく考えてみると摂食による栄養備蓄の側面を忘れていたことに気づいた。

まり、実はデブは不意に訪れる自然災害などによる断食状態に日々備える危機管理意識の非常に高い人だったと。

そう考えるとデブ批判にも一理あるんだなあと思えるようになった。

2018-10-18

anond:20181018123005

自然災害にはなるべく近づかないのが単純かつ低コストサバイバル術なんだけど、なぜか台風の日にサーフィンに行っちゃうはいるのよね。

亡くなった女性に早く仕事辞めろと言っても聞く耳もたなかっただろうし。いずれにせよ他人コントロールするのは難しい問題だ。

2018-10-12

第三次世界大戦の勃発は個人ではどうしようもない

https://anond.hatelabo.jp/20181012171500

真面目に考えればね。

ふつーは、扇動してカネ稼ぎするだろうね。

生き残りたいなら、「我関せず」が正しいだろう。

扇動者は「お前みたいな自己中心者が戦争を引き起こす」とか宣うんだろうが、影響から言えばお前のほうがデカイよ。

歴史自然災害ほとんど変わりない。個人ができることなんてほぼない。個人の生き死にや幸不幸も飲み込んでいく。

個人ができるのはせいぜい、嵐に吹き飛ばされないように、地面に這いつくばるくらいだよ。

2018-10-02

anond:20181002001432

人事って人のことを考えて快適な労働環境を整える役割ではないの?

内定式に参加する人の目線だよね。

内定式の準備をした人、内定式を取り仕切る人、式の裏方の人、ケータリングの人のことも考えてあげてね。

延期にすると大変なんじゃないかなあ、その後の日程調整。

無理すんなって話だったし。

自然災害って色々あるよね。ガンバ

2018-09-30

日本師弟関係がなぜ理不尽暴力的になるのかについての覚え書き

身毒丸』について検索していた時に見つけた、

折口信夫への旅 第1部 ~小説身毒丸」をめぐって(歌舞伎批評家山本吉之助)

http://www.kabukisk.com/geitohito33.htm

という折口信夫身毒丸解説文の中に、日本師弟関係がなぜ理不尽暴力的になるのかについての興味深い示唆があったので、

もしかして既によく知られていることかもしれないが、自分は初めて知ったので、覚え書きとして残しておこうと思う。


日本師弟関係

最近ではそういうことはだんだんなくなって行きましたが、日本師弟関係はしきたりがやかましく、厳しい躾(しつけ)をしたものでした。まるで敵同士であるかのような気持ちで、また弟子や後輩の進歩を妬みでもしているかのようにさえ思われるほど厳しく躾していました。

例えば最も古い感情を残している文楽座人形遣いなど、少しの手落ちを咎めて、弟子を蹴飛ばしたり、三味線弾きは撥で殴りつけたりした。

そういうことは以前はよくあった。そうした躾を経ないでは一人前になれないと考えられてきたのです。

なぜ、そうした、今日の人には無理だなと思われるような教育法が行なわれてきたかということが問題になります。(中略)

それはある年齢に達した時に通らねばならない関門なのです。(中略)

子供または弟子能力を出来るだけ発揮させるための道ゆきなのです。それに耐えられなければ死んでしまえという位の厳しさでした。』

折口信夫座談会日本文化の流れ」・昭和24年12月)


■例えば…

七月に入り一座は泉州のある村の盆踊りに迎えられますが、源内法師は身毒丸の踊りに若い女たちの面貌がチラついていることを認めて、その晩、師匠身毒丸自分の部屋に引きずっていって「龍女成仏品」に一巻を渡し「芸道のため、御仏のため、心を断つ斧だと思って、血書するのだ」と厳しく命じます

しかし、出来上がったものを持っていく度に師匠はこれを引き裂きます

「人を恨むじゃないぞ。危ない傘飛びの場合を考えてみろ。もし女の姿がちょっとでもそちの目に浮かんだが最後、真っさかさまだ」と師匠は言います

身毒丸は血を流しながら一心不乱に写経を続けますが、身毒丸脳裏には彼の踊りに熱狂する若い女たちの面貌がなかなか離れません。

一心不乱に写経を続ける身毒丸の姿を見ているうちに師匠の頬にも涙が流れてきて、五度目の写経を見た時には師匠にも怒る気力は失なわれていました。


春琴の教え方は 非常に厳しく、

あかんかかん、弾けるまで夜通しかたかて遣りや」と佐助を激しく叱咤し、

時には「阿呆、何で覚えられんねん」と罵りながら撥で頭を殴り、佐助がしくしく泣き出すこともしばしばであったと云います


芸道小説としての「春琴抄」~谷崎潤一郎・「春琴抄」論

http://www.kabukisk.com/geitohito72.htm


『昔は遊芸を仕込むにも火の出るような凄じい稽古をつけ往々弟子に体刑を加えることがあったのは人のよく知る通りである

本年〔昭和八年〕二月十二日の大阪朝日新聞日曜のページに「人形浄瑠璃の血まみれ修業」と題して小倉敬二君が書いている記事を見るに、


摂津大掾亡き後の名人三代目越路太夫の眉間には大きな傷痕が三日月型に残っていた

それは師匠豊沢団七から「いつになったら覚えるのか」と撥で突き倒された記念であるという


また文楽座人形使い吉田玉次郎の後頭部にも同じような傷痕がある

玉次郎若かりし頃「阿波鳴門」で彼の師匠大名人吉玉造が捕り物の場の十郎兵衛を使い玉次郎がその人形の足を使った、

その時キット極まるべき十郎兵衛の足がいかにしても師匠玉造の気に入るように使えない

阿呆め」というなり立廻りに使っていた本身の刀でいきなり後頭部をガンとやられたその刀痕が今も消えずにいるのである


しかも玉次郎を殴った玉造もかつて師匠金四のために十郎兵衛の人形をもって頭を叩き割られ人形が血で真赤に染まった。

彼はその血だらけになって砕け飛んだ人形の足を師匠に請うて貰い受け真綿にくるみ白木の箱に収めて、時々取り出しては慈母の霊前に額ずくがごとく礼拝した

「この人形折檻がなかったら自分は一生凡々たる芸人の末で終ったかも知れない」としばしば泣いて人に語った。』

谷崎潤一郎:「春琴抄」)


日本古代の、理不尽に怒る神と無辜民衆との関係

自分にはこのような仕打ちを受ける謂われはない」という強い思いです。その場合・何に対して彼は意地を張るのかということが問題になります

世間に対して意地を張る場合もあると思いますが、あるいは神に対してという場合があるかも知れません。


ここで神に対して意地を張るということは、神に反抗するという意味ではないのです。

そのように考えるのは近代人の捉え方でして、古代人の場合には絶対者である神に対して反抗するという発想は考えられ ません。

自分に対する神の仕打ちが不当であると感じた時に、古代人は自らの清らかさを神に示すように控え入るのです。

「神よ、この清い私を見てくれ」というようにです。

まり表面 上は畏れ入っているのですが、内心には自分に対する神の仕打ちは不当であるという強い思いがあるように思えます

(中略)

神に対して自分が清い(あるいは正しい)ということを示そうという気持ちを失ってしまえばそれは不信仰ということになります

から理不尽な神の仕打ちに耐えて・彼がそれでもひたすらに生き続けることは「神よ、この清い私を見てくれ」ということになるのです。

それは神に対して意地を張るということでもあ ります


折口信夫座談会神道キリスト教」において次のようなことを語っています

折口は憤りを発することが日本の神の本質であるします。

神の憤りとは人間がいけないからその罰として神が発するものではなく、神がその憤りを発する理由がどこまでも分からない。

神がなぜ祟るのかその理由が分からない。

このことが重要である折口は言うのです。


神が憤るのは人間がいけないからだ・人間が何か悪いことをしたから神が怒ったに違いないと考えるのは、道徳倫理が完成した後の時代の人々の感じ方なのです。

既成の道徳基準があれば、人々はそれに照らし合わせて・神がこれほど怒ったのにはこんな理由があったに違いないと後で納得できる説明を付けようとします。

しかし、道徳がまだ成立していなかった古代人には照らし合わせるべき倫理基準などまだなかったのですから、人々には神が怒る理由など全然想像が付きませんでした。

古代人にとって神の怒りは唐突で・理不尽で、ただただ無慈悲ものに思えたのです。


『神の怒りに当たることと言う怖れが古代人の心を美しくした』(折口信夫・「道徳研究」・昭和29年)


古代人にとって神の怒りはただただ理不尽ものでした。

そのような理不尽な怒りを神はしばしば・しか唐突に発しました。

例えば地震台風洪水旱魃・冷害などの自然災害がそのようなものです。


このような時に古代人は神の怒りをみずからの憤りで以って受け止めたのです。

みずからの憤りを自分の内部に封じ込めて黙りました。ただひたすらに耐えたのです。

そうすることで古代の人々はみずからの心を倫理的に研ぎ澄ましていったのです。

「神よ、この清い私を見てくれ」と言うかのように。


古代人の 生活というものは、風雪災害飢饉病気など、現代人が想像するよりもずっと過酷で・辛く厳しいものであったということなのです。

そのような時に古代人は神の理不尽かつ無慈悲な怒りを強く感じたのですが、そこをグッと持ち耐えて自己を深い内省と滅却に置くことはまこと殉教者以上の経験したことになるのです。

折口はそのような過程から道徳のようなものが生まれて来ると考えました。


貴種流離譚というもの民衆に与えた印象というものは「身分の高い人が落ちぶれて哀れな姿になって・・」というものでは決してないのです。

民衆貴種流離譚に見たものは神の与えた理不尽かつ過酷な試練に従順に耐える殉教者の姿なのであり、それは過酷な生のなかに生きる民衆自身の姿と も自然に重なって来るわけです。

民衆貴種流離譚を愛したのはそれゆえなのです。


神は別に何もするわけではないのです。

しかし、神がたまらなさを感じて涙を流してくれるならば無辜贖罪者は何かしら救われることになる・ 実はそのことだけで十分なのです。

これが古代人が神に対する時の態度です。


源内法師は身毒丸無慈悲折檻を強いながら、それに抵抗することなく・懸命に師の言いつけを実行しようとする身毒丸の健気さ・ひたむきさのなかに無辜殉教者の姿を見たのです。


最近ではそういうことはだんだんなくなって行きましたが、日本師弟関係はしきたりがやかましく、厳しい躾(しつけ)をしたものでした。

まるで敵同士であるかのような気持ちで、また弟子や後輩の進歩を妬みでもしているかのようにさえ思われるほど厳しく躾していました。(中略)

子供または弟子能力を出来るだけ発揮させるための道ゆきなのです。

それに耐えられなければ死んでしまえという位の厳しさでした。』

折口信夫座談会日本文化の流れ」・昭和24年12月)


折口がこのように語る時、折口日本伝来の師弟関係なかに理不尽に怒る神と・神を信じてその仕打ちに黙々と耐える無辜民衆絶対的関係をそこに重ねて見ているのです。


神はしばしば理不尽な怒りを発して、我々に謂れのないひどい仕打ちします。

我々には神の意図することがまったく理解できません。それはただただ理不尽ものに思えます

しかし、それでも神をひたすら信じ・神の指し示す道を黙々と歩むということことです。

過酷仕打ちを受けてもなお神を信じて神に従う人を見る時、神はそのような人々に対して賜らない愛おしさを覚えるであろう。慈悲の涙を流してくれるであろう。願わくば我々を悲嘆のなかから救い上げてくれるであろうということです。

折口はそのような気持ちから道徳のようなものが生まれてくるというのです。


そこには正しいとか・間違っているという倫理基準など存在しません。

善とか悪というのは道徳が成立した以後にある基準なのです。

あるとするならばそれは「清い」とか・「清くない」という感覚的(あるいは生理的な)基準です。


源内法師と身毒丸理不尽に怒る神と無辜民衆との関係無意識のうちになぞっていることになります


まり


神の理不尽な怒り(地震台風洪水旱魃・冷害や飢饉病気など)

→「自分にはこのような仕打ちを受ける謂われはない」と思う

→それでも神をひたすら信じ・神の指し示す道を黙々と歩む

 「神よ、この清い私を見てくれ」


これが、古代の神と民衆関係であり、師弟関係はこれをなぞっていると。


なるほど、自分がそういう目にあうのはいやだけど、ドラマ物語で接するとなんとなく納得してしまうのは、そういう古代から宗教的感覚が今も心の中にあるからなのかもしれない。

準備してきたイベント自然災害で中止にしなければならない決断は、どこにも行き場のない感情との戦いなのである

2018-09-27

怖くてたまらない

シャワー中にふと、振り向いたら髪の長い女の幽霊が居たらどうしよう?なんて考えたりするけど、お化けが待ち構えてるその状況が何だか面白おかしくなって怖くない。

怖いのは、誰もいない家に帰った時、暗闇の中に誰かが潜んでいないかで、

外窓のカーテンの隙間から人間こちらをじっ…と覗き込んでいないかで、

ホームに立っている時、後ろの知らない誰かに突き落とされないかで、

街中を歩くとき通り魔に殺されないか飲酒運転の車に運悪く轢かれないかのような生身の人間が怖い。

そうでもなきゃ、

エレベーターに乗ってる時に大地震に遭って止まってしまわないか、とか、

会社にいるうちに家が燃えしまわないか、とか、

自分ではどうしようもできない自然災害が怖くてたまらないのだ。

2018-09-09

anond:20180909123921

仰ることは、判ります

然しながら、タイミング的に不適切かなとは感じてしまます

自然災害連続して起きたあとです。不安で辛い状況の方々も多い時期。

そんな折りに、自然災害被害のなかったであろう地域の方が、

このような言葉を使ってしまわれるとは迂闊ではないですか。

注意喚起のつもりで言及させていただきました。

たか言葉」の罪深さ。

anond:20180909113615

それはあり得ないな。因果応報なんて起きたことと原因の因果説明できる時だけだと思う。

普段の行いが良かった」「普段の行いが悪かった」なんて曖昧表現合理的でないし、ましてや自然災害なんて因果応報関係ない。

2018-09-08

最近日本って自然災害ばっかりですね。ざまーみろ、ざまーみろと言わせてください。

栄養状態が悪くて弱視になり、

でも、盲学校に行くほどではないのに、

全盲になったわけでもないのに)

親が金目的で全寮制の盲学校に入れ、

夏になり級友ふるさとに帰る中、

邪魔から帰ってくるなと言われ、

そんな中で自分口減らしのため、

金のために親に売られたのだなと分かったあの日

私も未熟な人間なのでしょうね。

あの日

あの日から他人の不幸がうれしくて、うれしくて仕方ないのです。

ケラケラ笑っちゃいます

嬉しくて嬉しくて。(つまらない人生だと嘲笑したければしてください。)

心の底から、ざまーみろと言いたくなるのです。

いいのです。どうせ道徳的な高みに達したり、人間的な完成なんて目指してません。

秋葉原加藤事件で、東京芸大美人学生が死んだときには本当にうれしかった。

ざまーみろ、ざまーみろと飲めない酒でひとり祝杯をあげた。

殺人地震強姦心中児童虐待

そんな被害者にざまーみろと言いながら、

記事を切り抜きスキャンした上で、記事スクラップしつづける。

ざまーみろ、ざまーみろと、何度もつぶやいた。

関西空港で取り残された3000人全員餓死すればいいのにと心底願いましたが、叶いませんでした。

悔しいという感情を禁じえません。

話は遡ります

あの日

私はあの日の日付を覚えています

9月9日でした。なぜかそれだけははっきり記憶しています

から、この時期になると何だか涙が出てきます

しっかりと視力のある私の目から。メクラ扱いされた私の目から

親に売られたルサンチマンだけのゴミだと言っていただいて結構です。

実際そうなのでしょうから

でも、相模原事件だけは、自分のなかで、「ざまーみろ」という言葉は浮かばなかった。

しかしたら、それが自分にとっての蜘蛛の糸なのかもしれません。

手遅れかもしれませんが。

2018-09-07

anond:20180907111228

そもそも全体的にクレームに弱過ぎると思う。

自然災害でなくても、交通渋滞バスが遅れたのに、運転手罵声を浴びせる客は引き摺り下ろせよ!と思う。

自然災害クレーム付けるアホ

台風電車が止まって駅員にクレームつけるアホ

停電関西電力クレームつけるアホ

どうしようもないよな

末端に文句いったら早く回復するのかよ

自分ストレス解消に反抗できない立場人間を使う

本当に頭悪い

[]2018年9月6日木曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
006312807203.364
01688515125.236
0217142483.840
0397181797.930
04142070147.976.5
05433884.577.5
061266755.645.5
0723192083.520
08374419119.452
09657853120.858
1015716329104.051
1111716093137.547
1213116151123.349
132191254357.339
142191903886.937
152302100891.343
161331168087.847
171711212270.937
18104827279.546
199311893127.932
201381228589.045.5
211411209785.838
221591132171.240
2316818878112.450.5
1日249224690499.143

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(214), 自分(174), 女(160), 増田(139), 子供(135), 男(135), 話(106), 問題(89), 今(86), 日本(75), 浮気(73), 北海道(73), 必要(69), 仕事(67), 結婚(65), 人間(64), 前(62), ー(60), 意味(59), 母親(55), 痴漢(55), 普通(55), 停電(54), 女性(51), 相手(48), 感じ(46), 被害(45), 気持ち(45), 気(45), 場合(45), あと(45), 差別(44), 関係(42), 時間(42), 好き(42), 地震(41), 無理(41), 男性(40), 災害(40), 全部(39), 理解(39), 別(39), 今日(38), 社会(38), 父親(37), 理由(37), 他人(37), 結局(36), クズ(36), 原発(36), 子(36), 子ども(36), レベル(35), 言葉(35), 親(35), 状況(34), 情報(34), じゃなくて(34), 他(34), ただ(33), 親権(32), 幸せ(32), 最初(32), 自体(32), ゴミ(32), 扱い(32), 最近(32), 存在(32), 一緒(31), 会社(31), 夫(31), 離婚(31), 頭(30), 養育費(30), 金(29), 責任(29), 意見(28), 世界(28), しない(28), しよう(28), 国(28), 昔(28), 人生(27), 今回(27), 大丈夫(27), 当たり前(26), 元増田(26), いや(26), 女性専用車両(26), ニュース(25), ゲーム(25), 台風(25), バカ(25), ネット(25), 心(24), 時点(24), 声(24), 仕方(24), 顔(24), カス(24)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(139), 日本(75), 北海道(73), じゃなくて(34), 養育費(30), 女性専用車両(26), 元増田(26), カス(24), 可能性(23), 被害者(21), マンコ(16), なのか(15), …。(15), スマホ(15), ブクマ(15), 普通に(15), いない(14), ブコメ(14), ブログ(14), 東京(14), チンコ(13), ツイッター(13), 夫婦(13), マジで(12), 関西(12), 大阪(12), 生活保護(11), リアル(11), 鉄道会社(11), 2018年(11), SNS(11), 分からん(11), わからん(11), 被害妄想(10), ヤバい(9), ブクマカ(9), アプリ(9), リメイク(9), 電子マネー(9), 10年(9), ビアンカ(9), ミソジニー(9), 社会的(9), パパス(9), なんだろう(9), 何度(8), 加害者(8), 上から目線(8), 犯罪者(8), トラバ(8), ツイート(8), ぶっちゃけ(8), 関空(8), 札幌(8), 社会人(8), フローラ(8), 1人(8), ネトウヨ(8), hatena(8), キチガイ(8), 自衛隊(8), IT(8), 差別主義(8), w(8), 慰謝料(7), 災害時(7), 一緒に(7), 娘(7), ブラックアウト(7), ウザ(7), 外国人(7), キモい(7), s(7), 嘘松(7), 低能先生(7), ???(7), インバウンド(7), 人として(7), キモ(7), 10秒(6), k(6), 太陽光発電(6), 中国(6), ホッテントリ(6), かな(6), どんだけ(6), キレる(6), 積極的(6), twitter(6), P(6), アメリカ(6), 反原発(6), 発電所(6), 低脳(6), 基本的(6), AI(6), ルドマン(6), 1年(6), ポリコレ(6), PC(6), A(6), 笑(6), メンテ(6), マーヤ(6), 正義感(6), ー(6), 大分(6), アレ(6), 北電(6), いいんじゃない(6), 数年(6), 妊娠中(6), イケメン(6), Twitter(6), 自然災害(6), 女性差別(6)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

しゃぶれよ (3), うんち (2), no (2), 鉄オタキモい (2), 馬鹿かよ・・・ (2), いいから黙って泊動かせ (2)

頻出トラックバック先(簡易)

■女だけど親権押し付け離婚した /20180906123716(62), ■完全電子マネー派の北海道民だけど積んだ /20180906070228(22), ■この現象名前は? /20180906142824(12), ■もしもパン法律禁止されたら /20180906123603(10), ■DQ5ビアンカを選ぶ奴は頭がおかしい /20180906001400(10), ■好きな芸能人の熱愛とか結婚報道で落ち込む人 /20180905185135(10), ■北海道の大規模停電 /20180906133056(9), ■ネット上ではすこぶる評判悪いけどぶっちゃけ大多数はそれほど気にしてないもの /20180906010741(8), ■猿の惑星って映画勧められて見たんだけど /20180906110056(8), ■レジ袋要りますか? /20180906210641(8), ■たとえ原発が動いていても今回の道内全域停電が避けられない理由 /20180906150754(7), ■男は浮気するのが普通? /20180906135700(7), ■anond20180906173908 /20180906174204(6), ■上板橋OL(32)だけどオフィススカートなのにパンツ履き忘れた /20180906132644(6), ■「サヨクにサヨナラを」 /20180906165251(6), ■妻の裏アカを見つけた /20180906193749(6), ■サマータイム小説書いてほしい /20180906085723(6), ■気持ち悪さの正体がわからない /20180906200542(5), ■40歳独身男「結婚しない人生は、本当に孤独なのか?知りたい」 /20180905184317(5), ■一日一善の一善ってなにすればいいの /20180905163106(5), ■ほっかいどうのくまさんたち /20180906142938(5), ■anond20180906124418 /20180906125527(5), ■anond20180906110056 /20180906134530(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5589747(3982)

2018-09-06

anond:20180906200756

自然災害神様の怒り

戦争人為的もの

始めるも終わらせるも放り出すも自作自演するも戦争人為的にできる

anond:20180906150754

ソーラーパワアーがやはり正しい

中央集権型の巨大発電機自然災害に弱いし戦争が起きたら標的になる

各家庭で個別太陽光電気各自バラバラに確保したほうが強い

[]コトノハ〇×の「複垢連投オヤジ」の理論支離滅裂な件に関して Part.2

コトノハ〇×(http://kotonoha.cc/)において、現在問題となっている大量の複垢を用いて大量連投を行うユーザー(以下:複垢連投オヤジ)と闘って感じた支離滅裂理論に関して言及していく。複垢連投オヤジに関してはanond:20180217203415記事を見てもらえれば詳しく分かるはずである

私は、このコトノハ〇×において、複垢連投オヤジから最も個人攻撃を受けてきた被害者のひとりである
迷惑なことに、複垢連投オヤジ自分理論は押し通すのに他人理論には常に批判しかしない。
ここで、私に対しての批判暴言に対して言及していくことにする。

Part.1(anond:20180718031445)の記事が非常に長く、文字数制限ではみ出すようになったので、続きをPart.2として纏めていくことにする。

しばらく神社や寺のお参りを控えないと不謹慎だと思う

このコトとコメントに対する言及である

「〇〇(私のユーザー名)はしばらく神社や寺のお参りを控えないと不謹慎だと思う」

括弧内がコトのタイトル、その下の2項目がこのコトの〇側の回答のコメントであるユーザー名以外は一字一句そのまま引用した。
言うまでも無く、〇側に回答しているのは複垢連投オヤジアカウントだけである
コメント文言を言い換えると「〇〇(私)は寺社を参拝し、人の不幸や自然災害の発生を祈願している。」というように言いたいものだと解釈できる。

最近は一部のSNSアカウント複垢連投オヤジ対策で公開範囲制限したり運営相談したりしているが、複垢連投オヤジはそのお参りに関する私の投稿を見て知っている。
その中に、人の不幸や自然災害を願うような内容の文章はあっただろうか?
私はそのような不謹慎なことは最初から言わないし、願うはずがないしそのような投稿も無い。
万が一そう捉えられてしまったならそのようなソース(出典)を提示してもらいたいものである
複垢連投オヤジは私に限らず他のユーザーにも根拠が無い出鱈目なことを言っているが、このようなことを言い、他人に認めてもらうためには明確な出典が無ければならない。
特に今回の場合複垢連投オヤジはことあるごとに不謹慎なコトを投稿しているため、それを他人押し付けているようにも思える。

また、「人生の先輩」と書かれているが、Part.1の「年上だから敬語使うべき」でも述べた通り、ただ年上なだけで言動は全く伴わず投稿内容から人生経験が浅いことも一目瞭然なので、複垢連投オヤジのことを「人生の先輩」だと思って尊敬しているコトノハユーザーは全く居ないと思う。
今までの複垢連投オヤジ自称アドバイス(カウンセリング)は紛れもなく全て誹謗中傷価値観一方的押し付けである

〇〇(私のユーザー名)も複垢をしていた件

私が数年前に実験的に作成したコトノハ副垢複垢連投オヤジが偶然見付け、複垢連投オヤジがそれに対して批判したことに対する言及である

この副垢は「コトノハユーザー登録ではメール認証システム採用した方がいいと思う」というコトに対し、出鱈目なメールアドレスで作成できるのかと言うことを立証するために実験的に作成したものだと思われる。
まず、作成し、当該コトに回答した時期がかなり前(恐らく5年以上前)というのもあり、私はこのアカウント存在を忘れており、ログインする情報も忘れていて有効に使える副垢としても成立していない。
このアカウントは、一度だけ当該コトに回答したきり、全く動いていないため、本当に実験のために作成されたのだと言える。

複垢連投オヤジは「お前も複垢やってるんだから俺の複垢批判するなよ。」的なことを言っているけど、本当に比較対象になるのだろうか?他の人は私の副垢に対して迷惑し、苦情を訴えているのだろうか…。
そういうことはなく、複垢連投オヤジ自分の事を棚に上げて人のことを言っているだけであり、批判されているのは複垢連投オヤジの方である

まず、多くのWebサイトにおいて、防衛目的便宜上副垢作成したり匿名機能を利用したりしてメインとは別にかに活動する人は多く居るが、露骨荒らし自作自演行為の為に利用している人は批判されている。
自作自演の多くはいずれはバレて叩かれ、晒されている。

「私も副垢作成していたことがあったが、これは飽くまで実験の為であり、連投、荒らし行為の為ではない。」
結論はこれであり、複垢連投オヤジはこれを分かっていない。
あと、せっかく副垢を持っているなら有効活用するようにと煽られているが、そのような連投や自作自演の為の副垢利用は悪だと思っているため、行おうと全く思わない。
なぜ、幾千と作成して荒らし行為を働いている複垢と、実験のために一時的作成して動いていない複垢を平気で同じものだと比較し、他のユーザーが納得できるように思うのか理解できない。
複垢連投オヤジはもうすぐ40歳なのにまともに考えることができないのだろうか…。

幸福度ランキング

複垢連投オヤジ政令指定都市幸福度ランキング自分居住地である浜松市が1位で、私の居住地京都市より上位だということに対して様々な持論を述べていることに対する言及である

※関連コトのタイトルコメント引用

※〇〇は私のユーザー名。△△は京都市在住だと思われる他のユーザー名。

まず言いたいが、そもそも1人や2人など極少数人の存在がそこまで幸福度に影響を与えるのだろうか?
私達コトノハユーザーは、一般人であり、有名人でもなんでもない。一般人でも、FacebookTwitterInstagramのような大手SNSで有名でフォロワー数が増えれば世間一般で有名になり、影響力が大きくなることも十分有り得るだろう。しかしながら、コトノハは小規模で世間一般的には無名SNSであり、一時期はmixi発祥で少しは有名になったけど、今は複垢連投オヤジや他のなりすましユーザー存在で多くの人が去ってしまった。こんなSNSのどこに影響力があるのだろうか?
複垢連投オヤジは常にコトノハだけを見ていて、自分世界が非常に狭いことをいつも知らされてきているが改めて実感させられた。
コトノハユーザーは誰も、施策を行っている政治家や、影響力の大きい有名人ではないのにこのようなことを軽々しく言うのは止めて欲しい。
コトノハオールスターズも他のユーザーコトノハだけの世界であって、世間一般には何も有名でないから。
コトノハオールスターズが凄いと思っている人なんて、コトノハ内にすら誰も居ないから。

そもそも、幾ら以前公開していたアカウント個人情報コトノハにおいて晒されても、幾千の複垢で上げられても全く無意味であり、今のところ実害はない。
そもそも、私のリアルの知人、他のSNSでのフォロワー等はコトノハになんて来ないからだ。
ほとんどのコトノハユーザーから見ると複垢連投オヤジのこの行為無意味でくだらないことであるが、これだけ続けられるということは、複垢連投オヤジの今の人生に関してコトノハが占める割合が非常に高いのだろう。本当に気持ち悪いものである

無断転載禁止 ← 黙れ

複垢連投オヤジが以下のコトにおいて回答し、「黙れカス」や「死ねカス」などと言った暴言コメントしたことに関する言及である

「他のWebサイト話題を持ち込むこと、並びに宣伝行為は一切禁止します。」

「私のこのプロフィール、並びに投稿の本文の無断転載は一切禁止します。」

上記粘着嫌がらせ行為宣伝行為に関しては発見次第運営通報します。」

私は他のWebサイト投稿した内容を、複垢連投オヤジコトノハ無断転載されることに非常に迷惑している。また、記事存在を紹介してくれるのは場合によってはSEO対策等の良い面もあり、一概に悪いと言えないと思っているが、複垢連投オヤジ場合無断転載し、レビューも必ず一方的批判しかなく「嫌がらせ」という意図がはっきりと見え透いているので非常に迷惑な話である上記はその被害を受けているSNSプロフィール記載した注意書きであり、これも複垢連投オヤジ、只一人の為に記載したものである

まず、私に限らず著作権表記無断転載禁止等の表記利用規約提示している人は非常に多いが、このような表記に関して他人文句を言う筋合いはない。それはその作者、投稿者が自分作品投稿を守るために設定したルールであるため、利用者や閲覧者は守らなければならないものである非営利ならばともかく、企業等が営利的に利用すると場合によっては警察沙汰になる場合もある。管理がしっかりと行き届いたサイトならば、転載確認される記事の削除を申し出ることも出来、削除対象となっている。また、無断転載が多いアフィリエイトが「アフィカス」として嫌悪される理由ひとつでもある。

複垢連投オヤジは以前から自分ルールが全て正しいと思っているのでこんなことを平気で言えるのだろう。
それだから散々文句言われても大量の複垢と大量の連投を続けることが出来るのだろうが…。
この部分を叩き直さなければ複垢連投オヤジはまともに社会生活を送ることは出来ないのだと思う。

友達限定公開にしているFacebook最近ほとんど動いていないTwitter、時々匿名機能質問しているYahoo!知恵袋などは全て、複垢連投オヤジ一人の嫌がらせ目的無断転載理由で、私以外にも迷惑が掛かっている部分があるということを理解してもらいたい。

複垢連投オヤジは時々他のWebサイトコメントに来て、コトノハを広めようとしているが、これは荒らしとして通報を行っている。これは、質問趣旨に合っていないことや無関係URL記載宣伝理由である
非常に迷惑なのでやめてもらいたい。
そもそも今のコトノハが素晴らしいと思っている人間複垢連投オヤジ、只一人であり、多くの人は詰まらないと思っており、複垢連投オヤジに非常に迷惑している。何度も言うが、ここまでコトノハを広めたがるのは複垢連投オヤジにとってコトノハが全てなのか?それくらい世界観が狭いとしか言えない。
とにかく、今のコトノハは悪意の塊で下劣だとしか思えない。広められるのは迷惑である管理人には一度閉鎖して立て直すことをお願いしたい。

〇〇の△△を見ているとストレスが溜まる

「〇〇の△△を見ているとストレスが溜まる」

  • (△△のURL) 大したネタでもないのに同じ所で何日ももったいぶったり、忘れただの知らなかっただのテメーの無知晒しているだけで実にくだらない。

複垢連投オヤジが私(○○)が参加している他のSNS(△△)に関して上記のコト(上段)とコメント(下段)で感想投稿したことに関して。勿論、感想は人ぞれぞれなので批判する人、受け付けない人が居ることも承知の上であるが、複垢連投オヤジだけに関しては言っておきたいことがあるので触れておく。

■もったいぶったり

△△(SNS)においてひとつ話題に関して更新が遅いことに対する文句だと取れる。企業ならば契約の上作成しているならば納期があり、講義論文レポートならば提出期限があるが、このSNSは多趣味の内の一趣味としてやっていることであり、期限など最初から決まっていない。そもそも個人運営するブログ等の場合個人の体調や生活観による。
複垢連投オヤジは以前から他人のことを全く気にせず自分勝手なことを投稿していて、今回も同じであるそもそも投稿更新をしつこく急かす行為は失礼に当たり、厳しい管理人ならばコミュニティを一発強制退会にさせられても可笑しくない行為である。私も浪人生で今と比べ物にならないくら時間があった頃、恥ずかしながらGREEゲームコミュニティ更新を急かして強制退会にさせられたことがある。その方は社会人リアルが忙しく、その合間を縫って更新を行っていたとのことで、その旨を告げられて少しして強制退会させられたのだ。その頃ド暇だった私は共感できなかったが今ならわかる。複垢連投オヤジ工場勤務以外の時間や休憩時間ネット上に四六時中張り付いてコトノハをしているのだろうが、他人はそうではない。それをよくわかってほしい。

■忘れただの知らなかっただのテメーの無知晒しているだけ

全知全能な人は居ない。このSNS旅行やある趣味に関するものなので、実際に訪れてからわかること、後から調べてわかることも多い。実際に行く場所は事前に決めた場所のみならず、現地で知った場所臨機応変に様々な場所に訪れることになるので、「事前から熟知していて訪れる」という例の方が少ない。また、しっかり下調べして訪れたつもりでも、実際は現地で知り得ることの方が多いことがある。
複垢連投オヤジはこれを全く分かっていない。羅列連投で幾度となく自分無知晒しているのに人には厳しいのは困ったものである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん