「ワナビ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ワナビとは

2024-02-19

ここ半年ぐらいでtwitterで増えた中華AI絵師について

プロフィールに「AI+加筆」という趣旨英語または繁体字があり、日本語日常ツイートほとんどせず、淡々AIポン出しでは出来ない高クオリティにまとめられたイラストを出す。自分のTLだとブルアカがよく流れてくる。

確証は無いが、あれらは中国ゲーム会社出身イラストレーターじゃないかと思っている。

2023年のはじめ、既に中国では、生成AIで出力したものを整える社内イラストレーターという構図ができた上で、その人員カット問題になっていたぐらいだし、その業務の中で優れた作画技能を持ちつつ生成AIを扱うことにも長けた絵描きが沢山生まれたことは想像に難くない。

しかし、中国イラストコミュニティにもAI利用そのもの批判的な人間は多いので、twitterに逃げて来たのではないだろうか。

そうでもなければあの、「絵描きの目で監修されている」雰囲気は出せない。本邦のワナビに毛が生えたAI絵師とは明らかに加筆のレベルが違う。

日本人絵師コミュニティの「仕事では使えない(使ったことが知れたら同業or顧客の一部から滅多打ち)」な環境ではなかなか見られない、「十分な実力を持ったプロ絵描きが生成AIを使ったら」があれらのイラストであるなら面白いなと思う。

2024-02-13

デカい胸苦手男増田よ、「作者」になろうぜ

anond:20240208215941

まず、件の増田男性女性かはしらないが、それとは関係なく、デカい胸が苦手な男性一定数居る。

ただ、それはデカい胸が好きな男性も居るという事と特に変わりなく、それを根拠に「~するべき」などと他者に何かを求めたり、正当性を主張したり、それを根拠他者揶揄したりしていいものでは無い。

というのがごく当たり前な結論だと思う。

 

このごく当たり前の結論に行きつく為の論理性の欠如(と自分の「気持ち」の優先)とそうなる傾向にある界隈の特異さを根拠増田性別エスパーしている人もいるようだが、

個人的には論理性に男女差があるとは思っていないので、増田男性でも全然おかしくないと自分は思っている。

男性にも女性にも論理的に考えられる人間とそうでない人間が居て、たまたま増田男性の中の「そうでない」人間だったというだけの話。そんな増田の非論理性や幼稚さ(後述)に気付きおかしいと思う人間も、当然男性だけでなく女性にも居ると思う。

増田風に言うなら「女だけど論理性の無い増田が苦手」な女性普通に居るだろう。(可能なら「自分だよー」と手をあげてもらえると分かり易い)

 

増田デカい胸が苦手なことは別におかしなことでは無いし、これから自分の中で思い続ける分には別に問題無いと思う。

ただそれは、それが個人的気持ち範囲を超えない限り約1億2000万分の1だ。

こう言うと、よくある「お気持ち」への揶揄と受け止められるかもしれないが、そうではない、

お気持ち」は確かに大切だ。でも、(日本だけでも)約1億2000万人いる他の人だってそれぞれ大切な「お気持ち」を持っているのであって、

その他に客観的根拠なりなんなりが無い限り、あなたお気持ちがほかの誰かのお気持ち一方的優越することはない、結果としてそれは1億2000万分の1のお気持ちという事に成らざるを得ない。

これは子供から大人になり、自己中心的視点から脱して、自分の「お気持ち」が他の誰かの「お気持ち」より重要などと言う傲慢で幼稚な妄想から脱した多くの人が持っている感覚であって、

そこに男女は関係ないと思う。男性の中で幼稚な人も当然居る。

 

で、ようやく本題なのだけど、増田自分が「作者」になったらどうだろう?

漫画でも、絵が描けないなら小説でもいい、

あなたが読者である限り、あなた気持ちは1億2000万分の1でしかない、それはどうしようもない、仕方のないことだ。

でもあなたが作者になれば、あなた作品にとってあなたは唯一の作者であり、1分の1になれる。

当然自分の作ったキャラクターの胸を小さくしてもデカくしても自由。それどころか他の何事も自由だ。しか自分勝手感情他人押し付けること無く。

もちろんそうは言っても創ったものに対してごちゃごちゃ言ってくる輩(たとえば増田のような)も出てくるだろうが、そういうのは「1億2000万分の1」だと思って無視してもいいし、重要だと思うならありがたく意見を頂戴して作品キャラクターに反映させてもいい。そこも自由だ。

それに、そういう風にごちゃごちゃ言われる経験をして、言われる側の気持ちを分かってから他人にごちゃごちゃ言ってもいいんじゃないか?

自分でやってみると気持ちが変わるという事もあるかもしれない。

 

……とここまで書いたが、当然、増田男性でも女性でも有り得るのと同様、そもそも既に増田が何らかの創作者と言う可能性も当然ある。

その場合はまぁ、既にある自分作品自分性癖自由表現したらいいんじゃない? 以外にあまり言う事は無いが……。

 

自分創作者の……というよりいわゆるワナビ世界結構地獄だと思っているので、

普段なら他人に容易く勧めたりはしないのだが、増田のような甘えん坊(自分個人的感情根拠他人に何かを当たり前に求めたり揶揄する様な)なら一回この地獄を味わってもまぁいいかと思ったので勧める。

男性なのに女性だと思われるような感性を持っているのだから」「少なくとも増田のような分量は書けるのだから」のようなおべんちゃらは言わない。増田文章を読んで才能を感じたとかも特に無い。

とはいえ論理性が無くとも、精神的に未熟でも、いい作品を作ってしまえたりするのも創作世界残酷な部分。案外地獄を味わう事無くするっと行ってしまうかもしれない。

そっちの方は1億2000万分の1の何百倍も確率は高いだろうから、やってみるといいと思う。

罷り間違って大ヒット作家になった暁には、「実はデカい胸が苦手で、増田に書いて……」とインタビューとかで経緯を正直に話してもいいよ。

 

 

補足:

ただ、少なくとも僕ヤバに関しては、作者は女性なんだから増田男性なら「男性自分の好みを根拠に、女性作者に変更を求めたり、揶揄したりする」事のグロテスクさにはもうちょっと気を付けた方が良いと思うぞ。

増田は既にある程度反省しているっぽいけど、増田に乗っかった人も。

巨乳好きの男性が、自分の好みを根拠に、女性作者に変更を求めたり、揶揄したりする」だと異常さがわかるんじゃないか

おそらくあなた嫌悪するであろうそれと何が変わるんだって話だからな。

場合によってはセクハラにもなり得る話で、そうなったら反省すればいいって話でも無いレベルになってくるからな?

 

補足2:

ちなみに自分デカい胸は特に気にならないし、基本的にうれしい派。

ラストオリジンとかもいけるので、一般的にはかなり不自然な程大きくてもいけるっぽい。

多数派ではないかもしれないが、どちらでもいい、他人に求める事はしない、当然そういう人間も居るよってことで。

2024-02-07

anond:20240207231355

サラリーマンとはお仕事としてテキトーITやってるだけの、

geekじゃないすべての人のことだぞ。99%くらいそうだと思いますけどね

ITエンジニアはどこの国でも、天才ガチgeek と 真面目な移民・真面目な下級庶民のするお仕事

IT科学技術全般が好きで好きで仕方がないガチgeekならしゃーなしだが、

それ以外でそこそこの学歴あるのにわざわざITエンジニアリーマンやってるヤツって、

かなり控えめに言っても頭が悪い

 

関連増田:キミ、確か院卒で米国の○○で開発してたことになっているよね?

https://anond.hatelabo.jp/20230123163055#

  

未来のことはどうでもよく、とりあえず今、そこそこに給与を得たい』だったら、難しく考えるな誰でもイケると応援したい

IT業界は誰でも何かしら出来る仕事はある。IT知識よりも必要なのはタフさと語学力

ワナビってないで適当に応募すればよかろ

2024-01-25

anond:20240124202726

コレ読んでて思ったけど女の子の話じゃないのかもな

女に置き換えてるだけで

エログロ好きな男っていっぱいいるし

女子会お好み焼き屋でやらないだろうし

そもそも女の子同士だとこんな衝突中々ないし

男の漫画家ワナビかに置き換えれば納得できるわ

2024-01-10

anond:20240110191652

発達障害女性人生を書くならば理解のある彼くんとの出会いなんてそれこそ漫画で最も盛り上がるところだろうに

と思ってる人が少ないだけじゃね

素人趣味創作ならともかくプロ商業漫画なら売れるためのノウハウがあるはずで、

そこでそれは描かなくていい/描かない方が良いと指導されているんじゃないか

プロ目指すワナビ創作でもプロのを参考にするだろうし

2024-01-09

anond:20240109131314

「絵だけは上手くて、絵で食っていきたいワナビ」は常に供給過多だしな

んで年食うほど体力もなくなるし絵も技術も古くなる

アシの口もAIが発展したら減りそうだし

2023-12-18

小説の最終選考残って喜んでたらただひたすらに地獄だった

スペック

投稿歴 7年(うちブランク3年ぐらいだから実質4,5年)

書いているジャンル 大衆文学系 長編の賞に応募しがち

都内在住のアラサー 小説家になりたいと思い始めたのは高校生ぐらいか

愚痴から匿名投稿の方がいいかと思って。

俺は大学生の時から小説をシコシコ書いて賞に応募していた。学生の時は、短編は一次通過するけど長編は棒にも端にも、みたいな、まあよくあるワナビーだった。

それでもめげずに、なんとかつづけた。

二十代半ばから、出したらだいたい通過するようになった。二次まで通るようになったので、何回か編集部からコメントがもらえたりした。

そんで今年、初めて最終選考まで通過した。もちろんうれしかったけど、地獄みたいな時間だった。

一カ月も結果を待ってなきゃいけない……ただそれだけなんだけど、落ちたらどれだけ落ち込まなきゃいけないんだろう、みたいなことを延々考えてしまって、意識を保っていること自体苦痛だった。

一回目は正直本命の賞じゃなかったから、つらかったけど、落ちたあとはわりとケロッとしていた。

問題二つ目。今年二回も最終に残ったんですよ。働きながら。すごない?

けどこれが本当に本当に地獄すぎた。毎日結果のことを考えて泣いた。起こってもいないのにすでに絶望していた。

前回の賞と違って本命度が違ったというのが大きいと思う。賞金もちょっとした年収ぐらい出る。書籍化約束されている。名だたる作家を輩出している名門の新人賞

もしこれでデビューが決まったら……めちゃくちゃ楽だよなあ……そう、思ってしまう。そんなふうに思ってしま自分の心の弱さに、また涙がでる。その繰り返しだった。毎日毎日

俺は一年に一本長編小説を書いていて、500枚ぐらい(15万字ぐらい)になるので一年がかりの大がかりの作業だ。これがもうものすごく疲れる。

会社員ではないが仕事をしながら執筆しているので、普通に忙しい。バイトではなく自営なので、繁忙期は仕事してるだけでわりとハードだ。

学生の時はあまり思わなかったが、仕事していると常々思う。

仕事して金稼ぐ方が圧倒的に楽だよなあ、と。

あたりまえのことだがデビューしていない人間の書く原稿原稿はいっっっっっっっっっっっっさい発生しない。あたりまえだ。

あたりまえではあるのだが、仕事をする一時間原稿を書く一時間で生み出すものの差を思うと泣きそうになる。

もちろん金のことを言い出すのは言いっこなしだと思う。でも、何年もやっていると、どうしても、バカみたいな時間だよなあ、と思ってしまう。

学生の頃、小説を書くだけあって俺には全く協調性がなく、みんなと一緒に頑張って何かをする的なことが全然できなかった。そういう自分の性根をわかっていたので、就活をしながらも(小説家にならないとどっかで人生詰むだろうな)と思っていた。実際会社員を数年やっていたが全然ダメダメだったし、給与キャリア全然上がる見込みがなかった。

けど独立してみたら案外イケた。一人親方仕事をする分には俺はわりとうまくいく側の人間だったらしい。月70万~90万ぐらい、バッと稼げるようになった。会社員の時は手取り25万とかだったのに。

手取り25万の会社員の頃、仕事へのモチベーションは皆無で、(まあでも俺小説家になるっていう切り札隠し持ってますし?)(賞獲ったら一気に出し抜くぜ)と思ってどうにか、キャリアを積めそうにないことをごまかしていた。同世代たちが中間管理職になったり後輩指導したりしてるのを、すごいなあと思いながらも、自分がどうやらそこにはいけなそうなことにないことに絶望したり、バリバリ働いて稼いでいるらしき同世代らに対して醜いコンプレックスを感じたりしていた。小説家になりたい、と思っている一方で、同世代よりは年収稼ぎたい、とか、出世してみたい、とか、そういう世間一般に即した野望も捨てきれずにいた。要するにすごくどっちつかずだった。

会社を辞めたのにはいろいろ理由があったのだが、辞めたら適性があっていたのか会社員時代よりいろいろうまくいった。

仕事内容も自分の得意分野だしやってみたかった憧れの仕事だった。ものすごくあっさりと年収が上がったし、お金を遣える幅も変わった。

そうなったとき、あれ?と思った。俺小説をわざわざ苦しんでまで書かなくても楽しくない? と。

話は戻る。最終選考の結果、落ちた。振出しに戻った。

あーーーー自殺したい、と心から思った。それを実行するには成功率ものすごい低いらしいと知っているので試しもしなかったが、何をしても、もう、楽しくない、と思った。

落ちたことよりも、落ちたということはまた最終選考に残って、はらはらするひと月を過ごすこの地獄みたいな体験を繰り返さなければいけないのかということが、とんでもない苦痛に思えた。今も思う。一応原稿は書いてるけど、今後どうしていいかよくわからない。

二回も残るってことは才能があるんだと思う。でも、ここ継続できるかどうかも才能の一つだ。ここでダメなら小説家になれたとしても続かない。

みんな、やたらと頑張ってって言ってくれるけど、努力している人を応援することで夢に乗っかりたいだけなんじゃないのかって最低なことを思ってしまう。

小説を書くことだけじゃない。夢を見続けるのにも体力がいる。

最終選考どころか選考通過もせず、小説誌の選考結果ページに自分ペンネームがないことに絶望してはしょげかえっていた学生時代自分に言いたい。

どうにかここまではこぎつけた、でも、ここはここで地獄だぜ、と。

AV女優とかお笑い芸人とかが小説書いて出版してるのみると正直発狂しそうになる。俺も何か突飛なプロフィールあればカドカワあたりが拾ってくれるんだろうか、とかね。

読書ぐらいしか好きなことないから金は売るほどあるし人生それなりに楽しい

それでも俺は小説家をこれからも目指すんだろうか。今はもうよくわからない。疲れてるから小説家目指してるとは思えないぐらいの駄文だけど小説家なりたいワナビに届いてほしい。

小説の最終選考残って喜んでたらただひたすらに地獄だった

スペック

投稿歴 7年(うちブランク3年ぐらいだから実質4,5年)

書いているジャンル 大衆文学系 長編の賞に応募しがち

都内在住のアラサー 小説家になりたいと思い始めたのは高校生ぐらいか

愚痴から匿名投稿の方がいいかと思って。

俺は大学生の時から小説をシコシコ書いて賞に応募していた。学生の時は、短編は一次通過するけど長編は棒にも端にも、みたいな、まあよくあるワナビーだった。

それでもめげずに、なんとかつづけた。

二十代半ばから、出したらだいたい通過するようになった。二次まで通るようになったので、何回か編集部からコメントがもらえたりした。

そんで今年、初めて最終選考まで通過した。もちろんうれしかったけど、地獄みたいな時間だった。

一カ月も結果を待ってなきゃいけない……ただそれだけなんだけど、落ちたらどれだけ落ち込まなきゃいけないんだろう、みたいなことを延々考えてしまって、意識を保っていること自体苦痛だった。

一回目は正直本命の賞じゃなかったから、つらかったけど、落ちたあとはわりとケロッとしていた。

問題二つ目。今年二回も最終に残ったんですよ。働きながら。すごない?

けどこれが本当に本当に地獄すぎた。毎日結果のことを考えて泣いた。起こってもいないのにすでに絶望していた。

前回の賞と違って本命度が違ったというのが大きいと思う。賞金もちょっとした年収ぐらい出る。書籍化約束されている。名だたる作家を輩出している名門の新人賞

もしこれでデビューが決まったら……めちゃくちゃ楽だよなあ……そう、思ってしまう。そんなふうに思ってしま自分の心の弱さに、また涙がでる。その繰り返しだった。毎日毎日

俺は一年に一本長編小説を書いていて、500枚ぐらい(15万字ぐらい)になるので一年がかりの大がかりの作業だ。これがもうものすごく疲れる。

会社員ではないが仕事をしながら執筆しているので、普通に忙しい。バイトではなく自営なので、繁忙期は仕事してるだけでわりとハードだ。

学生の時はあまり思わなかったが、仕事していると常々思う。

仕事して金稼ぐ方が圧倒的に楽だよなあ、と。

あたりまえのことだがデビューしていない人間の書く原稿原稿はいっっっっっっっっっっっっさい発生しない。あたりまえだ。

あたりまえではあるのだが、仕事をする一時間原稿を書く一時間で生み出すものの差を思うと泣きそうになる。

もちろん金のことを言い出すのは言いっこなしだと思う。でも、何年もやっていると、どうしても、バカみたいな時間だよなあ、と思ってしまう。

学生の頃、小説を書くだけあって俺には全く協調性がなく、みんなと一緒に頑張って何かをする的なことが全然できなかった。そういう自分の性根をわかっていたので、就活をしながらも(小説家にならないとどっかで人生詰むだろうな)と思っていた。実際会社員を数年やっていたが全然ダメダメだったし、給与キャリア全然上がる見込みがなかった。

けど独立してみたら案外イケた。一人親方仕事をする分には俺はわりとうまくいく側の人間だったらしい。月70万~90万ぐらい、バッと稼げるようになった。会社員の時は手取り25万とかだったのに。

手取り25万の会社員の頃、仕事へのモチベーションは皆無で、(まあでも俺小説家になるっていう切り札隠し持ってますし?)(賞獲ったら一気に出し抜くぜ)と思ってどうにか、キャリアを積めそうにないことをごまかしていた。同世代たちが中間管理職になったり後輩指導したりしてるのを、すごいなあと思いながらも、自分がどうやらそこにはいけなそうなことにないことに絶望したり、バリバリ働いて稼いでいるらしき同世代らに対して醜いコンプレックスを感じたりしていた。小説家になりたい、と思っている一方で、同世代よりは年収稼ぎたい、とか、出世してみたい、とか、そういう世間一般に即した野望も捨てきれずにいた。要するにすごくどっちつかずだった。

会社を辞めたのにはいろいろ理由があったのだが、辞めたら適性があっていたのか会社員時代よりいろいろうまくいった。

仕事内容も自分の得意分野だしやってみたかった憧れの仕事だった。ものすごくあっさりと年収が上がったし、お金を遣える幅も変わった。

そうなったとき、あれ?と思った。俺小説をわざわざ苦しんでまで書かなくても楽しくない? と。

話は戻る。最終選考の結果、落ちた。振出しに戻った。

あーーーー自殺したい、と心から思った。それを実行するには成功率ものすごい低いらしいと知っているので試しもしなかったが、何をしても、もう、楽しくない、と思った。

落ちたことよりも、落ちたということはまた最終選考に残って、はらはらするひと月を過ごすこの地獄みたいな体験を繰り返さなければいけないのかということが、とんでもない苦痛に思えた。今も思う。一応原稿は書いてるけど、今後どうしていいかよくわからない。

二回も残るってことは才能があるんだと思う。でも、ここ継続できるかどうかも才能の一つだ。ここでダメなら小説家になれたとしても続かない。

みんな、やたらと頑張ってって言ってくれるけど、努力している人を応援することで夢に乗っかりたいだけなんじゃないのかって最低なことを思ってしまう。

小説を書くことだけじゃない。夢を見続けるのにも体力がいる。

最終選考どころか選考通過もせず、小説誌の選考結果ページに自分ペンネームがないことに絶望してはしょげかえっていた学生時代自分に言いたい。

どうにかここまではこぎつけた、でも、ここはここで地獄だぜ、と。

AV女優とかお笑い芸人とかが小説書いて出版してるのみると正直発狂しそうになる。俺も何か突飛なプロフィールあればカドカワあたりが拾ってくれるんだろうか、とかね。

読書ぐらいしか好きなことないから金は売るほどあるし人生それなりに楽しい

それでも俺は小説家をこれからも目指すんだろうか。今はもうよくわからない。疲れてるから小説家目指してるとは思えないぐらいの駄文だけど小説家なりたいワナビに届いてほしい。

2023-12-12

YouTube2chまとめ動画を夢中になってみている

5chだろ?というツッコミはなし

いや、夢中にはなってない

動画の内容が、なんというかソシャゲで周回プレイをしながらPCで見るのにちょうどいい頭の悪さであり、程よくスカッとする話でもあるからソシャゲを周回プレイしてるとそんな動画ばかり再生しているというのが実態

その中でもよく見ているのは不倫した妻をスレ主が法的に制裁する話で、

  1. 妻と不仲
  2. 妻に不倫兆候
  3. 興信所調査を依頼。妻の不倫が確定する
  4. 離婚に向けて弁護士相談
  5. 離婚調停前の妻・間男への私的制裁
  6. 不倫した事実を妻が否定、あるいは開き直る
  7. 妻の不貞事実であることからスレ主優勢で離婚が成立
  8. 元妻・間男スレ主に慰謝料請求の取り下げを要求
  9. 元妻・間男の両親や弁護士などの協力で慰謝料の受け取りを完了
  10. スレ主の社会的成功
  11. 元妻・間男の、慰謝料の支払いと社会的信用の失墜を原因とした凋落破局
  12. 元妻から奇行のような復縁要求

という流れがだいたいのお決まりパターン

テンプレ通りだから全部作り話だというつもりはない

実体験を他者に伝える時、伝達能力が未熟でも経緯をテンプレに落とし込むことで伝達が容易になるということはあるのだ

まあ、そういうのは事実から大事な部分が欠落したり、逆に事実から外れたことを盛られたりするんで大事な話では勘弁してほしい

とか思ってたんだけどついさっき、もしかして2chスレまとめといいながら実は動画投稿者ストーリーを考えたんじゃないかという疑念を持つに至った

ひとつは元スレが明示されていないこと

まとめサイトでこれはルール違反じゃなかったか

それともうひとつ

それぞれ別の投稿者投稿したある二つのまとめ動画において、「スレ主の住む家の近所で空き巣が出没するようになった頃、復縁を迫っていた元妻がスレ主に送ったジュリメを無視され続けることに耐えられなくなってスレ主の愛車を盗み、スレからの抗議の電話を受けた後に交通事故を起こし病院スレ主を迎える」と同じオチがついていた

同じスレをまとめたのなら同じオチになるのは当然なのだが、前述した通り元スレが明示されておらず、オチに至るまでのストーリーが異なる上、一方の動画では空き巣他人だがもう一方では困窮した元妻であり(ああ、近所に空き巣が出没するようになったのは、車を盗んだ犯人を元妻と特定するのに必要防犯カメラを設置する動機必要だったからですね)、盗まれた愛車も一方は自動車でもう一方はバイクである

これ、2chまとめ動画投稿を薦める情報商材に、ストーリーテンプレと素材、あるいは往年のゲームサイバリオン』に実装されてたようなストーリー成プログラム付属してんじゃないか

そんなものでほどほどに面白い話が量産できてしまうのかと思うと元作家ワナビとしては複雑な気持ちになるのだが、こうして書きだしてみるとこんなものをほどほどに面白いなどと思う自分なんだかなぁという気持ちにもなったりもする

まあストーリー自体勧善懲悪だし、多少はね?

2023-12-09

社会的人生の経緯だけを辿れば山月記とか車輪の下共感する余地は大きくあると思う。このまま死にさえすれば。読んだ時は自意識を突っつかれたような気分になった。

境遇とはまた別にプライドめっちゃ高くて中途半端に頭が良い人間の大きすぎる理想とそれに対する強すぎるこだわり、というより手放し難い憧れ。それを人生の芯に据えてしまったがための苦しみみたいな内的な部分でも大いに共感は覚える。そこも作品のかなり本質的な部分ではあるのだろうけど、努力限界世界の広さに打ちのめされたという所が自分人生と決定的に違う話なんだろうなって思う。

人の生の有限性と無意味自覚した上で、何かしなくてはという焦燥感けがある。でもそこで抗っていくための何かがない。他人の輝きにあやかって憧れるばかりで、実際に手を動かすのが心底面倒臭い。面倒臭さに抗って続けてみても、喜びは少なく面倒臭さだけは変わらない。辿り着きたい所まで行くために、これから感じなければならないであろう面倒臭さを思うと気が滅入る。

よしんば最後まで手に入らなかったとて、ここまで面倒臭くなかったのなら人生希望を持ち続ける対価としてちょっとくらいは耐えられたかもしれない。

憧れではない、心の底から湧き出るような喜びや情熱のような原動力が無いために人生に対するやる気も失せていく。どうしようもない面倒臭さ、怠惰さだけが募っていく。

大きな理想なんて諦めてささやかな喜びを拾い集める人生なんて、光も差さない真っ暗な絶望だとしか思えない。そして実際そういう生き方をしてみれば案外悪くないもんだなと思ってしまいそうな事が異様に恐ろしい。

それこそワナビとか真面目系クズみたいな言葉揶揄されるような人間のものだと思う。

あの手の言葉ニュアンスって理解と言うより実感の問題だし、罵倒言葉として成立すると思っている、実際に使う人間ってやっぱそういう方面同族嫌悪じみたものがあるんだろうなって思う。自己紹介に近い。邪推が過ぎるか。

2023-11-27

平行世界の最悪な自分を考える能力もっと強く働かせるべきかも知れない

最近な、平行世界自分めっちゃいい人生送ってる光景をよく幻視するんや。

そんでソイツが語るんや

「なんでお前はそんな所で消耗してるの?」

ってな。

でな、"跳べ"と目でゆーと来るん。

でもそれはきっと悪魔の実セル幻覚だと思うんだよな。

跳んだ先にあるのは崖っぷちで、俺はそこに落っこち地獄を見るんだ。

それはまるでダークソウルの「これ全裸になって思いっきジャンプしたら届くんじゃね?」って所にある宝箱が実際には絶対届かなくて回り込まないと取れないようになってるような感じでさ。

俺は平行世界に立ち並ぶ無数の最悪を回避してきて今にいるんだよ。

夢を追いかけてワナビになり職歴アルバイトのみで引き返せない年齢になった可能性。

就活で今とは違う会社に入って結果的ブラック企業で体を壊していた可能性。

周りの休めという言葉無視して働き続けたせいで精神科に通い続けていた可能性。

怪しい民間療法を信じて体にヤバイ後遺症を残していた可能性。

色んな最悪を回避して、今の最悪ではない程度の人生になんとか留まっているわけだ。

俺の人生の出目は俺が思うほど良いものばかりじゃないと思う。

きっとまだ見ぬサイコロの裏側には見えているものよりもずっと酷い目も潜んでいるんじゃないだろうか。

そう考える想像力が試されているんだと思う。

俺は今試されているんだよ。

もっといい人生を歩めていた可能性に目移りしそうになっている状況に対して、同じかそれ以上の最悪の可能性もあったことに気付けるかどうかを。

振り向いたってしょうがねえんだ。

前だけを見てて進むしかねえんだ。

振り向いたってなんにもない。

そうだよな?

2023-11-17

「#●●になった流れ」のハッシュタグの無産オタクが哀れすぎる

漫画家とかVTuberとか創作で飯食ってる人がどうやって食えるようになったのか知りたいのに、

無産のワナビファンになった流れとかをハッシュタグ化し始めて一気に陳腐化したな

なにかのファンであることしか誇れないの哀れすぎる

2023-11-01

各巻4000部しか売れてないラノベ作家だとしたらそれは単なるマイナー副業家の域を出ないだろ……

つうか6万って600円の投げ銭100人から集めるだけで達成できるわけで、多くのAI絵師ドンドン達成してる程度のレベルじゃん。

それを指して「有名作家じゃんマジやべえ!」はおかしくね?

俺はおかしいと思う。

やっぱアニメ化するラインは超えないと無名なんじゃないかな?

有名ってのは「興味がなくても勝手名前が耳に入る」のレベルだと思うよ。

日本語定義的な意味合いでね。

まあこれは世界作家に対する解像度の低さが悪いんだけどね。

LV0「一作書き上げたこともないワナビ

LV1「HPに載せたSSが一部でちょっと話題

LV2「自費出版したはいいけど全然売れてない赤字作家

LV3「新人賞を勝ち上がって実力でレビューした期待の新人

LV4「アニメ化もした有名作家

LV5「アニメ原作馬鹿売れの超有名作家」 

ぐらいの感じやろ?

まあ人口分布考えるとそこまで間違ったピラミッドだとは思わんけど、それにしたってLV2~LV4ぐらいの間にある個性あふれるグラデーションがガン無視されている感じ。

「有名ではないし食えてもいないけど紛れもなく作家と呼ぶべき人物」っていう立ち位置の複雑さから皆が意識をそらし過ぎてるんだと思うわけよ。

2023-10-28

AIの使いみち

新しい道具には三種類の使われ方がある。

一例としてVOCALOIDを見てみると、それはまず女性ボーカルの伝手などない零細DTMerのためのジェネリック知り合いの女として売り出された。

次いで、零細インドア趣味レベルというより「売れる曲」が書けるクリエイターにより、作者の意図を忠実に出力する優秀な歌手として使役されて人気に火がついた。

そして最後には人間にどれだけ寄せられるかという評価軸と離れて「VOCALOIDという楽器」になった。そうなるとPOPSシーンのありようそのものに、支配的とまでは言わないまでも少なからず影響を与えるようになる。

自分VOCALOIDメイコとか初音ミクパッケージを見てアイタタwとしか思わなかったのだが。

流れをまとめるなら

1. ワナビ用の自己満オモチャ

2. プロ仕事アシストツール

3. 新しいシーンを拓く存在

になったわけだ。

さてAIだが、今のところ(1)の使われ方ばかりが聞こえてくる。

ぜんぜん絵が描けない人でもそれっぽい絵をでっちあげられる。

まともに文章が書けない人でもそれっぽい(略

資料がまとめられない(

調べ物のやり方がわからない(

要するに「既存工数のかかる需要に応じて、それっぽい体裁成果物モドキを一瞬ででっち上げる」という、劣化コピー生産機としての使い道ばかりが取り沙汰される段階。

初音ミクがあれば陰キャオタクでも女性ボーカル曲っぽいものが作れる、すごい!」という。

でも早晩「需要のありかた」そのもの作用するフェーズに入っていくんだろう。

今のところあんまりそういう意味で先見的な話は聴こえてこないのだが。

2023-10-16

anond:20231016165314

ぜんぜん有名じゃないだろ。こんな情報商材コンサルまがいのやつ信用すんのワナビだけ。

anond:20231016112415

もう親なんだからワナビ根性はさっさと卒業しとけよ。

 

トップ層はどの業界だおると同じ。遠い夢ではなかったとかいうお前と同等以上の才能を持った奴が、育児ときヘロヘロになっているというお前の5倍頑張った末に打どりつく場所だ。

チャレンジできなかったら、それはチャレンジ出来る才能がなかったんだよ。

2023-10-14

anond:20231013120318

現状、あの界隈は「成功する」ってビジョンがあるんだよね

難易度や実際に成功というほどのものか?というのは置く)

レザークラフトとか、フルートとかを趣味でやるのとは違う世界

でもなければ、同人誌即売会なんてもんが成立するほどの供給を維持できないよ

もちろん、即売会への参加者は全員プロ目的とかじゃないけれども

バイトしながら漫画家目指してる、みたいなのが下支えしてたはずなんだよ


これはアイドルとか歌手声優とかと一緒のもの

駅前とかで歌ってる下手くそかいるべ?

声優とかも素人の発表場所増えたよね

同人誌即売会は、オタク社会的な扱いが産んだ徒花で

漫画家とか小説家とか、そういうワナビを生み出す職業(餌)に支えられたイベントだけども

それが、萌文化への抵抗が減るにつれて、妙な盛り上がりを見せただけだと思うんだよね

AI絵が社会に受け入れられたら半分以上ごっそりといなくなるだろうし

それがいなくなるってことは、界隈の熱量が減るってことだから

昔の規模さえ維持できずに自然消滅的に消えるような気がしてる

趣味レザークラフトのバザーで全国イベント10万人とかできないべ?

イラスト描いたりマンガ書いたりするのは、そのうちそういう趣味に落ち込んでしまうと思う

実際、もっと小規模なイベント平和にやったほうが楽しいねって人も増えてるしな


話を戻すと

イラストとかで成功したい人間にしてみりゃ「絵の巧さ」は大事ポイントなんだよ

人の目を集め、自身の名を成すために

趣味草野球やりたいやつと、プロ選手になりたいやつで、意識違って当然って思うべ?

んで、比較的枠が決まっていてハードルが高いスポーツ選手将棋とかと違って

漫画家とかイラストレータは夢を見やすいんだよ

最近はなろう系の隆盛で小説家希望も増えてるだろうな

2023-10-13

「一回作ってみろ」はマジで至言なんよ

ゲームにしても、小説にしても、漫画にしても

やると分かる事があり、やらない限りは気付けない


ぶっちゃけ、この言葉は手を動かさなワナビに言ってんだから

これで折れる奴は、折れた方が幸せだよ

件の漫画家さんは、十数年でも燻って、実際に描くという意思はあり続けたわけだから

あの話、実際に何の反証にもなってないんだぜ

趣味の分野でプロになるってのは、【そう言う事】だろ


泣きゲ全盛期に同人描きで、そっち系雑誌に拾われて連載を得て

単行本を数冊出した奴を知ってるけど

すげぇ描いてたよ4コマとかストーリー漫画

本屋バイトしながらカツカツの同人活動

雑誌連載を得て漫画家になって、単行本本屋で予約させられた

結婚して子供出来てたけど、その頃には無断UPとかが盛んで

あれは止められないから、一定程度しょうがないと割り切ってマネタイズを、みたいなこと言って喧嘩別れして、その後は知らん

ツイッター更新停止、ブログ自然消滅ペンネームでの活動も見なくなった

今どうしてんだろ?



仮に、サラリーマンやりながら、と考えた場合

お前ら出来るか?

サラリーマンとしての仕事をきっちりやって、会社サラリー分の利益提供しながら

余暇漫画を連載って

それって、過保護にしないと折れちゃうよ、みたいな奴にやらせることか?

漫画家一本やり?

それこそ、老齢まで漫画家で居られてる超人、どんだけの人数だと思ってんねん

その枠に入るのに「漫画を描きたい、でも描けないですよねー♪」みたいな奴の背を押せって?

馬鹿かよ

この漫画家の生存バイアスに引っかかると中途半端ワナビでいて

人生壊す気がするよ

anond:20231011170001

2023-10-11

anond:20231011152358

現時点の感じで食っていこうとすると時間がかかるから当座凌ぐ仕事は見つけたほうが良いと思うが、三作も仕上げて販売にこぎつけるのはワナビの中の5パーセントもいなさそうなので本当に頑張ってほしいと思った。

ニジエやピクシブはやってるけどXはこの名義でやってなさそうなんで、こだわりがないならやって欲しい。(やってたらすまん)

無理に交流しようとかバズろうとかしなくてもいいけど、ネットエロ絵探しマンエロ絵師フォロー関係リツイートいいねから別のエロ絵師を芋づる式に発見するので、神絵師とすぐ繋がれなくてもその端の端の端くらいには居て、検索したら見つかるくらいのところにいたほうが良いと思った

エロ漫画練習してるアマチュア絵師も沢山いるからそこに混ざるのも良いかもしれない。

anond:20231011092928

君は何も経験していないのにクソ投稿するだけの妖怪煽り増田じゃないかアッハッハ

ゴミみたいな経験でも経験して良かったわ

人の苦労を少しは推し量れるようになったからな

ちな俺はもうすっぱり諦めたんでワナビでもなんでもないんで

そこんとこよろしく

ネオワナビ青葉真司

刑務所の中京都アニメーション作品を鑑賞していて、2016年1月出所する際のアンケートには、「1年後に作家デビュー、5年後に家を買う、10年後は大御所」と書き、自身の夢を抱いていたことが明かされました。

被害者意識暴力性と破壊衝動の強いワナビは青葉真司まで行ってしまうんだという事実

2023-09-29

漫画描いてるワナビだけど全然完成しない

明日月例賞締切日なんだけど

起きたら完成してないか

2023-09-26

anond:20230926192734

書かないワナビでいられる奴は幸せもんや

基本的に書かないワナビだったのになんの因果生活基盤になるとこまでいってもうたから大変苦労をしてるって奴は沢山いる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん