「ワナビ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ワナビとは

2020-07-25

anond:20200725232031

才能があると思い込んでるワナビか。ガソリン撒いて火を着けた人殺しと同じ

2020-07-20

anond:20200720105250

昔レディコミであった体験談漫画webに移っただけだよね

作者がワナビでそこからプロになる人もいるし、元々プロweb宣伝してるパターンも多いけど

anond:20200720004508

つか、完全創作の人も多いと思うけど

「全員自分体験をそのまま書いている」と思い込んでるのが謎

バズらせて商業出版狙ってるワナビもいるだろうし、ただの趣味もいるだろうけど

商業コミックエッセイも作者本人が創作だと言ってるものに対しても体験談と思い込んで

夫の許可を取らずにこんなもの出版するのはクソとか言ってるバカ時々いるよな

2020-07-17

anond:20200717124512

元増田は分かりやす釣りだが、

実際に「三点リーダーは二つ続けないといけない」と信じているワナビは多い。

ネットの「創作作法」的なもの鵜呑みにしてるわけだな。

本当のところ、三点リーダーの数だとか、

段落最初は一字下げるだとか、

「!」の後に空白を開けるだとかは、

出版社ローカルルールにすぎない。

フォントは何にするか」や「行間はどのくらい開けるか」などと同列の

出版にあたって行われるパッケージングの一部なのである

元をたどれば文科省通達に由来していたりすることもあるが

文科省だって別に正しい日本語」を制定しているわけではない。

Web小説に「この字は常用漢字じゃないですよ」なんて指摘する人はいない。

同じく三点リーダーの数なんてのもアマチュアWeb小説サイト

わざわざ指摘しなきゃいけないようなものではないのだ。

元増田反面教師的にそれを示してくれているんだね。

2020-07-15

ネトゲの姫になりたいおばさんが見ていて辛い

たまたま入ったVCサーバーに姫ワナビおばさんがいる。


鼻にかかったぶりっこ声と舌足らずな喋り方、Twitterに載せられるクリームパンみたいな太った手が見切れた写真野良で組んだパーティ仲間への暴言オリジナリティ満載な時代遅れキラキラ定型挨拶、どっかの絵師Twitterから持ってきたであろう少女漫画みたいな女の子アイコン、わざとらしい初心者へのアイテム支援、全部が見ていて痛い。


なにが一番痛いって、声と話の内容から推測するに姫ワナビおばさんはおそらく30半ばくらい。

姫やっていいのはJDまでだろ。


しかも、サーバーには寝てるとき以外ログインしてる上にいつもPCから接続してるアイコンが出続けてる。

たぶんニート

サーバーメンバーがいつログインしてるかも監視してて、ログインしててもVCに来ない奴の悪口は平気で言う。

ネトゲやってるやつにまともなやつはいないが、自分が見てきた中でも群を抜いてヤバすぎる。


推定30半ばニートの性悪ぶりっこデブおばさん、見ていて痛い。


同じサーバーで遊んでいたら、ここを抜けてもいつかゲーム内で遭遇するだろうと思うとVCサーバーから抜けられない。


戻れるならコイツと知り合う前に戻りたい。

2020-07-13

anond:20200713163848

若いだけで面白くもない育児日記はお前みたいなエロ目的の男しか見てないって事だろ

普通にアクセス稼いでる育児日記って育児漫画とか育児エッセイワナビとかの「読ませる」内容を書ける人たちだし

そういう人は大抵若くないし

2020-07-09

anond:20200709092800

一作も書き上げたことないけど脳内では超名作のプロットがあるワナビがよくやる粗探しにそっくり

2020-07-08

anond:20200708020547

教本の一冊も終わらせられないワナビだってわかんだよね

2020-07-01

anond:20200701130117

いや、昔からワナビ職でしょ保育士って。

でも実際に働くとあまり環境悪すぎて挫折して辞めていくという。

ワナビ職が待遇悪いのはどこも同じこと。待遇悪くても気にしない夢持ちが来るから待遇改善する気がないという。

保育士は流石に不足してるけど、それは最近の急激な需要増加と保護者民度悪化によるものだしね。

子供かわいいけど保護者が最悪」ってのは良く言われる事。小学校以上の教員もそうだが。

2020-06-23

書きたいシーンとシーンを繋ぐのがだるい

ワナビなら分かると思うが皆これをどう解決してるのか聞きたい

ワイは今恋愛もの小説構成を考えている所で、明確に要所で書きたいことは決まっている状態

だが主役カップルをくっつける前段階でぐだぐだしていてどうにも次の展開に入れないでいる

そこに伏線を仕込めとか目立ってなかったキャラに何かやらせろとかそういう意見仕入れたが、増田にいるワナビならどうする?

2020-06-14

anond:20200614185442

黒人は店を燃やそうとドラッグ使おうと警官武器を奪って暴れようと無罪しろ」という差別推進運動なんだから

そりゃあ日本で乗っかるやつは特権階級ワナビの異常者以外はいないだろうな

2020-06-13

芽の出ないワナビくんに45歳で作家デビューしたラファティの話をするのと、60年間誰に見せるわけでもない妄想をひたすら書き続けたダーガーの話をするのはどっちが優しさなのだろうか。

2020-06-08

anond:20200608110527

ワイもAIになりたいワナビならぬワナイやで

略してワイやで

2020-06-05

anond:20200605152532

下方婚で思い出したけど、売れないワナビ男を女性会社員同棲しつつ養ってるケースは実際にあるんだけど、

その関係法律婚するケースってすごく少なくて、破局していくなーと思っている。

だいたい、女側が「このままだと子供が持てないな」ってワナビ男を捨てて、正社員の男と法律婚していくんよね。

ワナビヒモからしたら20代前半のイケメン期を吸われて、30手前で放り出された状態

ワナビヒモを養っちゃうようなイケメンに弱い女性は「デレ期(dr期)」と「冷め期」っていうのがありがちで気分が激しくて、

 「冷め期」が来ると突然完全にどうでもよくなり、顔も見たくなくなってしまうらしい)

これが発達女は「理解ある彼」に法律婚してもらえて、放り出されないまま中年までイケる場合がそこそこある。

2020-06-03

鬼滅亡き後の次世代ジャンプ漫画

呪術廻戦。ポスト鬼滅の一番手。令和の幽遊白書。対腐女子最終兵器五条悟」。

チェンソーマンB級映画意識したスプラッタバトル。とにかくキレッキレのセンス。作者は天才

アクタージュ。演劇ものジャンプでは珍しい題材だが展開にメリハリをつけて上手く週刊連載向けにしている。あと百合

AGRAVITY BOYS。一話完結型ギャグ漫画ストーリーに「型」を作らないまま続けているのがすごい。現在ギャグ陣ではピカイチ

アンデッドアンラック個性的能力バトル漫画。絵柄が古いのはご愛嬌マニア受けはしそう。一般受けはしなさそう。

マッシュル。魔法世界ですべてを筋肉解決するとか「なろう」で死ぬほど見たことある設定。まあスカッ説教展開が受けるのはわかる。ブラクロ後継者

タイムパラドクスゴーストライター話題沸騰の新連載。才能のないワナビ漫画クズを生き生きと描いている。俺はこの不愉快さは計算だと思うね。

2020-06-02

anond:20200601093850

いまエンジニアで1000万貰っている人のうち、1000万貰うためにエンジニアを目指した人がどれほどいるか

 

たまたまパソコンとか好きでエンジニアになった人たちが、たまたま自分のいる業界が1000万クラスも夢じゃなかっただけだろう。

料理が好きで料理師になった人、介護を志して介護専門学校には行った人、小説が書きたくてワナビニートなっちゃった人との差は、スキルアップへの意思とかじゃなくて、運だと思うよ。

2020-05-18

ワイ二次創作メインの小説書き

たまにオリジナルも書くけどキャラプロフィールが思いつかん

おかげで心情描写スカスカ、それ以外もまともに書けへん

まだ小説ワナビのころの方がキャラ性格生い立ちがボンボン浮かんでた気がする(本編が書けたとは言ってない)、なぜなのか

2020-05-13

anond:20200511135415

違和感があったので書いてみる

筆者は当時そのへんのエロゲ会社ライターとして働いていた

引用元が言いたいのはおそらく「あのサブカル感なんでなくなっちゃったの」が正しい

サブカルというワーディングに反感を覚えるかたもおられるだろうが、まあまあ、どうどう

エロゲが衰退したかどうかは結構面倒な話になるので割愛する

あとゲンガーの話してるけどエロゲンガーがあこがれだった時代存在したのだろうか……

あの当時、なぜエロゲに謎のテキストライターが集まったかというと、

ライター』という職業を志す者にとって一番稼ぎやす場所だったからだ

家で稼げる、ダメ人間でも雇ってもらえる、これ大事なことね

また、1作品あたりの予算コンシューマほどかからいかプロデューサー適当

企画さえ通ればあとはテキストライターが好き勝手やることができた

ライター供給源となる場所テキストサイトが多分に役目を果たしたはずで、

自分もそのうちの一人だ

90年代後半の暗雲垂れ込めた社会00年代初頭の失望

それに原始インターネットを混ぜこんで鍋でぐつぐつ煮てでてきたものがあのエロゲ文化

社会空気とカネと「プロデューサー」の雑さ、これがエロゲを生み出していて、

読んでくれる顧客もヒマだった。

ニコニコ動画が出てきてコンテンツ映像的な消費しやすさが意識され

Twitterが出てきてコンテンツリアルタイム性が要求されるようになった

こんな時代ワナビの書くエロゲは売れない

顧客フォーカスして売るというまともなビジネス誕生である

クズライターは放逐され、かつ主婦層のインターネット参戦が目立ってきた頃には単価もクソ落ちてきたので俺もライターをやめた

んだが結局またソーシャルゲームライター業をしている

最近エロゲ業界でもソシャゲ業界でも「未経験からライター」が増えている

ワナビですらない小説もろくに読んだことのない連中が、だ。

しかしこれが商業である

ちゃん規定の量をサラリーマンライクに生み出すのがこの時代ライターに求められる一番の才能だ。

さて、あのとき、あそこに確かにあった空気は一体どこへ行ってしまったのであろうか。

そして持続可能だったのだろうか?

儲かる場所はすぐ商業化され、ニコニコ動画でも小説家になろうでもnoteでもYouTuberでも「あの空気」は一瞬発生してすぐ消えてしまった。

自分テキストサイトに最初見て、エロゲライターになり、ニコニコ動画を経てソシャゲ屋になりVTuberライターもした。

ずっとそれを追いかけている。

熱狂混沌と雑さと退廃、ダメ人間たちの青春

いつもそれを夢見ている。

2020-05-11

anond:20200511140006

ユーザーエロいらないって人の方が多かったしな

いやエロありきの抜きゲもそれはそれで一定の売り上げはあったんだけど

オタクの間でブームになり熱く語られてワナビが発生するようなものではなかったし

2020-05-08

意識高い系ワナビとそうじゃない人の差は何か?

なろうとしている存在がどのくらい難しいポジションかっていうのを理解できてないのが意識高い系ワナビ

理解できてるか、過度に難しいと思ってる人がそれ以外

2020-05-04

なろうって、原作プラットフォームとしては案外優秀かも

↓のサイトとか見てると、やたらとなろう原作漫画が多いわけだ。

https://comic-walker.com/contents/list/

以前は、「あん白紙の方が価値があるレベル駄文でも、ランキング取ればマンガ化されんのかい」と苦々しく見ていたのだが、

最近になって、これは視野が狭かったのでは無いかと思い始めた。

どういう事かというと、小説文章力ゴミだと駄作しかないが、

マンガというのは「原作ゴミレベル文章力であっても関係ない」という特徴があるのだ。

まりアイデアさえ良ければ、後はマンガ家の能力次第で結構いける可能性があるのだ。

逆の例としては、マンガ化にとことん恵まれない銀河英雄伝説などがある。

あれは原作は傑作だが、その傑作ぶりには多分に田中芳樹文章力寄与している。

しろ文章力と傑作性が不可分となっている。

そのせいで、誰がマンガ化しても全然うまくいかない。

一方、なろうの作品基本的文章力勝負していない。イヤーグワーを素でやるレベルだ。

ならばなぜランキングを取れるのかというと、コンセプトとあらすじが時流を捉えるからだ。

「なんとなく手に取って見たくなるあらすじを書く」

事については文句なしの才能を持った連中がランキングに乗っているわけだ。

となると、マンガ化するには悪くない素材と言える。

原作はどうせコンセプトを抽出してしまえば絞りカスみたいな物なので、マンガ化してしまえば途中からオリジナル展開にでもしてしまえば良いのである。どうせ受けるコンセプトだけで始めた作品は着地を考えてないせいでエタる可能性が高いんだし。

何なら、「原作出版しないままマンガ化する」という手も使っても良いだろう。マンガが売れたら原作に興味を持つ人も出て来るだろうから、そうしたら出版すれば良い。

そう考えると、出版社は中々良い鉱脈を手に入れていると言えるだろう。

1:なろうのランキングに乗る。

2:マンガ化する。

3:売れたら続ける(売れなければ打ち切る)

4:もっと売れたらアニメ化する。

作品このようなルートをたどる場合原作が無い場合出版社は2から自力でやらなければならない。

才能を発掘するのも大変だし、外れる可能性も無視できない。外れたら投資はそのまま損失である

一方、1から始められるのであれば、最初から「受けたコンセプト」で2を始められる。

「絵は上手くても話しづくりがダメ」というようなマンガ家の卵に心当たりがあれば、婚活より簡単マッチングできる。

しばらくは原作ありだからプロットに困る事も無い。

問題は、マンガ家が他人のフンドシで相撲を取る状態なので、モチベーション的にお察しになる可能性が高い事だが、

そこで上記のようなサイトで連載という形にすれば、「ダメなら打ち切り」がジャンプより簡単だし、仮にモチベーション急降下で不定期連載になっても読者も気づかない可能性が高い。

あとは、原作者とマンガ家のワナビ二人相手に、どう転んでも出版社が損しない契約を結べばノーリスクハイリターンの濡れ手に粟である


まり、あれは「ランキングに乗れば出版され、マンガ化される」という原作ありきのメディア展開のではなく、

順番が逆で、

ランキングに乗れば、マンガ化しやすいか出版される」というメディア展開ありきの原作なのではないだろうか。

そう考えると、悪名高いなろうのランキングは、出版社・原作者・マンガ家の卵の3者ともにメリットのある、「三方良し」のプラットフォームと言えるのではないだろうか。

2020-04-28

anond:20191222224550

ワイはワナビだった時期があるから感嘆符の後とかに一字空けるのが癖になってるで

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん