「学長」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学長とは

2018-08-21

anond:20180821165234

お察しの通りアメリカのほうが遙かにやばい

"College is a scam"(大学詐欺である)みたいなホット論点アメリカにはあるんだけど、その中でもよく話題になるのがアメフト関係

そもそも大学フットボールの人気が日本人想像を遥かに超えるレベルで白熱してるので金権スポーツの温床になるのは想定の範囲内だけど、

アメリカ大学学費がクソ高くてみんな多額の学資ローン負債を抱えてる、ってテーマとも関わってなかなか香ばしいですね。

一例としては、「多くの大学で一番給料が高いのは学長では無くて大学フットボールチームの監督である」とかみたいな話がゴロゴロしてる。

"Is college a scam?"とかで検索していろんな記事を眺めてみると背景の雰囲気はつかめるのでおすすめ

2018-08-07

anond:20180807204643

学長、うちの子供はこのように日本語も満足に書けないんですが、これでどうにか入学を、、、」

承知しました

anond:20180807203151

学長、うちの息子は自分名前も書けないんですが、これでどうにか入学を、、、」

承知しました

2018-08-06

教育環境差別

東京医大で点数が引かれていた件とか、女子大の意義とか、そういうのを見ながらしばらく前から思っていたこと。

女性のことというより教育機会の話。

念のため最初に書いておくけれどもこの増田でもって女性叩き、男性叩きを助長したいわけではない。

私の出身県(東日本、非首都圏)の高校以降進学率は男女でだいぶ違う。

大学等進学率、男性が42.9%で女性が52.8%。

これが「大学進学率」となると、男性40.9%、女性38.0%。

大学等」と「大学」の差は県内にある女子大存在の差が理由ひとつではないかと私は思っている(4年制1校、2年制4校。この理由裏付けは取ってない)。

単純に高卒後の学歴をつけるという意味だけで進学させようとしたときに、

①とにかく学校の種類は問わずに、進学させたい

②県外にやる金銭的余裕はない

③本人にとって県内に行きたい学部がない(県外にはある)

④本人にとって県内に興味のある学部はあっても行ける学力がない

という4条件が揃ったとき男子女子より不利になるという状況は、県内においてひとつ現実ではないだろうかと思う。

41%と38%の差は「ほぼないもの」という仮定で、もし県内に「男子短大」があったら、男性全体の進学率はどう変わるんだろうか。

④だけの場合勉強しろっていうそういう話でもいい。それはそれで現実だと思うから

で、③に②の条件がそろった場合なんとかクリアできるかもしれない状況って、男性の方が有利なのかとも思ってしまう。

でもそういう条件がより多くの男性クリアできるのだとしたら、県内出身男性大学等進学率はもっと上がっているのではないか

この差はどうやって埋めるべきなのか。埋めるべきものなのか。

これが性別逆だったら、それなりに問題になるのではないかと思ったりするのだ。

お茶女の学長の話は、全文ではないがかいつまんで読んだ。女子大必要性理解できるし、必要だと思った。

無条件に女性大学入試で点数を引かれていいとは間違っても思わない。

女性であっても男性であっても、浪人生からって点数を引かれていいとは間違っても思わない。

某九大にいる地元出身女性の一部が、本当は東大かに行けるレベルなのに外へ出させてもらえなかった、という話をtwitterで見た。

これを聞いて思ったのは、大学レベルは天地ほど違う私が行った駅弁大学地元出身生。この中での女性比率

たまたまかもしれないが、学科同期だけで見た場合地元出身者は女性の方が多かった。

彼女たちの進学理由に「地元から」というフィルターがどの程度あったのかはわからない。


どこをどう変えていけばいいのか現状わからない。

くどいようだけど、この増田でもって女性叩き、男性叩きを助長したいわけではない。

そもそも偏った見方しかできていないという思いもあるし、全体を見渡せた考え方をしているとは思えない。

女性差別に関わることと、地方教育環境教育機会のことを同時に考えてるから私の中でまとまらないのではとも思う。

まとまってはいないのだけれど、とにかく、考えている人・考えようとしている人の中に何かのとっかかりになればいいと思って書き残しておく。

追記コメントで指摘があったので。数字は今年度(2018年3月卒)の速報データです。指摘ありがとう。そうだよね、必要情報でした。私自身はそこと10年くらいの年齢差があります

2018-07-15

豪雨災害について、書きなぐり

2011年3月に、大阪大学で行われた卒業式において、

当時、学長であった哲学者鷲田清一教授は、一通りの -文字数として数えると

240文字ほどの祝辞をを述べた後、

「途方もない災害が起こってしまいました」

との言葉で、卒業式スピーチをはじめました。

原発問題の有無や、テレビ流れる「亡くなった方」の数字の桁こそ違えど、

豪雨災害としては、「未曽有の」災害であった点、そして

これから対策根本的に見直さなければいけないという点、

そしてなにより、

近しい人を亡くされた痛切さが伝わってくるという点で、

今回の2018年7月豪雨、ぼくは、3.11と同質のものを感じています

また、途方もない災害が起こってしまいました。

今回の豪雨、ぼくは降水量としては3番目に多かった神戸に住んでおり

かにいままでにない雨の降りかたでした。

加えて、徒歩にして500mほどの場所土砂崩れが発生していましたが、

それでも、「災害に巻きこまれつつある」という意識希薄でした。

「雨が降っている」というのは日常範囲現象だもんなあ。

NHK広島の人が、こんなことを書いています

広島でも「当事者として行動する」ことは難しかったようです。

被害地域が広域であったこと、下手に現地取材を行えば自身被害者になってしまマスコミリスクに加え、

しかすると「雨の災害」だと、心のどこかでラベリングをしていた(し続けている)人も多くいたんじゃないかなあ。

現在は、豪雨災害ニュース一色、現地から報道ばかり、といった感じですけれど

実際の雨が降っているとき映像は、ほとんどが京都嵐山だったり

神戸大学の裏山のものばかりだった印象です。

それらのニュースをみて感じたことがあったので、書いておきます


取り返しつつあるように、豪雨災害一色となったニュースの中で

「ご家族を亡くされた方」に密着しているものが、目立ちます

家族を亡くしたお父さんの後ろには、画面を通じて確認できただけで

お父さんの後を追うように、20人ぐらいの「マスコミの人」がいました。

よく「心ないマスコミが!」という意見は目にするけれど、ぼくは今回

少し別のことを、その映像から感じました。

「このお父さんは、ひとりでこの時間を過ごすことにならなくてよかったんじゃないか?」

家族を亡くされた苦しみ。

自宅が浸水し、心の支えを失ったなか、  

いったいなにを支えに生活を取り戻していくんでしょう。

想像するだけで胸が引き裂かれそうになるよ。

そんな苦しみと喪失感のなか、あのテレビに写ったお父さんが

「だれにも見向きもされず、ひとり」だったら、どうだったのだろう。

もちろん、痛みから回復過程において、

「ひとりで悼む」という時間は、きっと、必要になるでしょう。

そのような時間が、最初必要なひともいるでしょう。

から一部の人たちから「クソマスコミが!」と呼ばれるのでしょう。

けれど、人間みんなが「苦しみをひとりで耐え忍ぶ」ことをできるように

デザインされているとは思えないのです。

ぼくだったら、どうだろう。

家族を失くし、立ち向かわなければいけない現実は山積み…

そんなときに、それがたとえ気遣いからでの「ひとり」であったとしても

その孤独に耐えきれないのではないか

そんなふうに感じます。きっと気が狂ってしまうよ。

カメラをかつぎ、マイクを握ったマスコミのみなさんではあるけれど、

自分ではない他者」に囲まれながら、

これもまた回復過程において必要な「言葉にする」ことを

きっと、しぼりだすように、されているお父さん。

きっとあの映像を、ぼくらが痛みへの共感を持ちながら

受け止めることができるか、それを試されているんじゃないかなあと思うよ。

ああ、痛い体験ですね。強くなろう。

3.11、多くの人がそうできたように、また今回も。

そう、3.11です。ぼくはニュースで水につかった西日本の街を見るたびに、三陸を思い出します。

みんな、元気かい? ぼくでもそうなんだから、みんなはきっと

ぼく以上に思い出すよなあ。

しんどかったら、テレビ、消していいからな。

逃げているように思わないで。

あれだけの傷をうけてまだ7年です、

「みんなが生活してくれている」それは奇蹟だし、

その事実が、関西を救うよ。もう救われてる。

みんなが絶望していないんだよ。それは、みなさんが、

暮らしている、その事実がおっきいと思うよ。

すっごいワガママを言うと、

笑って生活してくれていたら、もっと勇気づけられる!

「ただ、いてくれること」そのことがどれだけぼくらを救うか。です。

いつもありがとう(^_^)

みなさんがそういてくれるんだもの

きっと、ぼくらにできないはずはない。

なにもできない自分を責めてしまうみんなへ。

大丈夫役割がくるよ。

倉敷市市役所職員友達がいるんだけれど、

もう、寝る暇もなく働いてるって。

いま、できることがある人が、必死にやってくれてるから

そんな皆さんに敬意を持って過ごせたらいいよなあ。

そして、それが原因で心を痛めるかもしれないけれど、

「関心」が向けられていること、

さっきのお父さんの話のように、間違いなく支えになるから

FIGHT BACK!

それぞれの立場で、穏やかに、闘おうな。

みんなの状況が少しでも良くなっていきますように。

2018-06-30

anond:20180630154750

違うよ。とにかく士業系の人数を増やしてるの。で、価値をなくしてるの。弁護士とか薬剤師とか獣医師とか。

アベトモが学長だったら多少の利権からアベトモに利益を与えられるというのが一つ。

士業の価値をなくしてるから、優秀なやつが起業にいてくれるんじゃないかというのが一つだろうなと思ってる。

2018-05-28

anond:20180528094730

動画が出回ってて誰がやったか特定されてるんだから、顔出しや謝罪問題じゃないよ

だいたい、前途ある若者人生悲惨なまでに破滅しなけりゃ、監督学長タマが取れねえじゃねえかぐらい思ってんじゃないのw

2018-05-26

anond:20180526152103

あ!突然後ろからタックルを仕掛けてきたり、監督コーチの指示をの意図を間違えるコミュ障(学長認定)な日大生だ!

本当にかわいそう

年長者

件の監督とか学長の話ぶりで思ったんだけど、彼らは年長者や権力者意見には嫌でも従うべきっていう社会通念で生きていて、きっと若い頃もそうしてきて、今やっと上の立場になれたっていう感覚なのかなぁと。

ところが世の中は、年長者の意見なんてもう貴重でも何でもなくて、額面通りの正しさを求めていて、下が上を平気で叩くし簡単に入れ替わる。そんな世代感の乖離みたいのがあるのかなぁ、と思った。監督学長からしてみたら、青天の霹靂なんじゃないのかな、「は、話が通じない…」みたいな。擁護するつもりは全くないけど。

この感じ、日本上下関係の変化みたいなものって、ここ10年くらいの変革なのかなって体感あるけど、歳をとったり権力を得たりするとそういう感覚も鈍るのかなぁ。

2018-05-25

「私は学長です」

かの放送大学学長Twitterアイコンはゆるいのに、この一言だけでどこぞの印籠みたいなパワーを発揮してて凄かったなあとふと思い出した。

日本大学学長の会見

まだやってた。

時間近くやってるな。

この日の会見で米倉氏に代わって司会を務めたのは広報部の男性で、

質疑応答の際に、まだ明確になっていない事項に関してはお答えできないことがありますのでご理解いただけますようお願い致します」

と呼びかけた。

また、大塚学長マイク音量が小さいと記者から要求があった際も、

冷静に対応。会見がスムーズに進むように務めていた。

司会が当たり前のことをするだけで、なんだかすごく立派な司会に思えてしま不思議

日大大塚学長会見に女性乱入もの申しに来た」退席

まんさん笑

司会から質疑応答スムーズに行われるよう、ご協力お願いいたします。

発言に対しまして挙手、会社名、質問者名前を名乗ってお願いします」と依頼がある中、

女性が「そんなまどろっこしいこと、やってられないのよ! いいんだよ!」と叫んだ。

さらに「もの申しに来たのよ! みんな聞きなさい!」などと絶叫し、退席させられた。

日大学長会見

すげえ。

今度は「今どきの学生コミュニケーション能力が低くて友達になじめない。世代も違うのでうまくコミュニケーションがとれなかった」とか学生コミュ力が悪いとか言ってるwww

2018-05-22

日大学長ヤクザと揉めて

騒ぎを納めた現副学長人事権アメフト部監督椅子をゲット

ほんで今回この騒ぎ

ともなるとデカシノギ匂いがする...(by白竜)

この仕事私が仕切らせてもらいたいのですが、まず何をしたら良いのでしょうか?

お礼はベストアンサーの方にコイン50枚です。

anond:20180522190517

日大 学長」「日大 理事長」で画像検索してみれ。どう見ても外見がマフィアドン

意見を言えるような組織ではないことが察せられる

anond:20180522190517

トップが誰なのかよくわからない巨大な組織はほんと、あんなもんだよ。

誰?学長?

今回はちょっとひどすぎるけどね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん