「マイクロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マイクロとは

2020-05-25

"ギガスハウス"10 件 (0.29 秒)

"メガハウス"5 件 (0.52 秒)


"ペタスハウス"約 9 件 (0.63 秒)

"エクサハウス"1 件 (0.25 秒)

"ゼタスハウス" に一致する情報は見つかりませんでした。


"キロハウス"1 件 (0.20 秒) もしかして: "キロハウス" "キロハウス"約 4 件 (0.19 秒)

"ミリハウス"との一致はありません。

"マイクロハウス"との一致はありません。

"ナノハウス" に一致する情報は見つかりませんでした。

"ピコハウス"3 件 (0.54 秒)

2020-05-23

マスクって普通に考えてマイクロ飛沫製造機だと思うんだけど誰も検証してないの?

からのもの防げないなら内側から出るものも防げないというか粗い目の間から出てこれると思うんだけど

2020-05-21

サバイバル時に使える火の起こし方

マイクロマネジメントはやる気を削ぎますよ」

社会人の人は上司に何か指摘された時、良い子の皆んなは親から宿題早くやりなさいって言われた時に使ってみよう。

30分は燃え続けるよ。

2020-05-15

256GB使い切ってしまった

スイッチマイクロSDなんだけど

発売日に128GB買って使ってたら去年の正月にいっぱいになったんで、256GBに買い替えた

必要ものだけ再ダウンロードしたんだけど、昨日ゼノブレ入れようとしたら空きがなかった

クリアしたDLゲーやら体験版やらを消してなんとか15GB空きが出来たんで落とせたんだけど

今ちょー安売りしてるバスケとかとてもとても入らない

買ったけど遊んでないのとかクリア前で止まってるゲームちゃんと遊んで消していくしかないなぁ

でも延々遊べるイカスマブラが悪いんだよ

ぼくの考えたあたらしいニューノーマル

2020-05-13

Docker使ってみた

Docker使ってみたけど、良い点とクセのある点がはっきりしてます

良い点:

コンテナ概念としてわかりやす

YAMLのべきとうせいでうんちゃら

マイクロサービス検証用に最適

悪い点:

勝手コンテナNAT環境下に置くのが意味不明

なにを考えてこんな仕様にしたのか

Dockerいじれる人なら自分ブリッジ作るはずだが・・・

結論

LXCコンテナでいいよね

2020-05-08

コロナって、何mol感染するものなんだ?

消毒液で「99.9%除菌できた」といった謳い文句記載があるが、希釈されて、試薬の検出しきい値を下回っただけじゃないのか?という疑問がある。

(そもそも菌じゃないし、測定条件を書いていないから消毒液数滴垂らしたあと、オートクレーブに突っ込んで滅菌したかもしれないし、遠心分離機で上澄みだけマイクロピペット採取してるかもしれない)

PCRも元々少量のものを増倍しているので、マグネシウム量に敏感で失敗したりする。

マラソンなどで飛沫が広範囲に飛散するという話があるが、希釈を考えなければドンドン広がるだろう。

机をアルコールで拭いているが、そもそも指先に付着する量くらいで感染しないのであれば無駄だし。

(2mの机を舐め回したら感染する量になるのならよほど変なヤツしか感染しない。トイレ舐めた人が感染したらしいが因果関係はわからない。トイレ以外はコロナの無いクリーンルームに居たわけでもないだろう)

2020-05-05

マイクロ飛沫って何ですか?

ちなみに空気感染の原因となる飛沫核は5μm以下の粒子ね。

マイクロ飛沫が5μm以下ならそれって飛沫核じゃん。

なんで別の用語を使うのか?

それでもこれは飛沫核ではなくてマイクロ飛沫ということ?

2020-04-20

anond:20200420002710

閉じてるメシ屋を都市立地型のマイクロ食品工場見立てて空いてるテーブル作業台や出荷場と捉えればデリバリースタッフを拡充して固定客を積んでいけば結構安定しそうな気もする

2020-04-17

マイクロサービス流行ってからひどい設計が増えた

モノリスモノリスいう人がいるけど、本当にモノリスシステムなんて見たことない。

マイクロサービス流行って、なぜそこでシステムを分割した?ってシステムが増えた。

マイクロサービスって言葉流行る前はわりと適切に分割されていたのに。

2020-04-15

anond:20200415164748

空気中を飛散するマイクロコロナ飛沫と、次亜塩素酸飛沫が全て上手く衝突するなんて

現実的には起こり得ないだろ。

もしそれが起こり得るなら、マイクロコロナ飛沫同士がぶつかって大きな飛沫となって地面に落ちるはずなんだからさ。

まり人類空間除菌に期待しているほど、空間除菌されないのが現実

次亜塩素酸飛沫と未衝突のマイクロコロナ飛沫は依然として漂ってる。

anond:20200415113416

割と真面目に物理破壊スキームみたいなのは通用せんのか?とは思うわな。

ウイルスの外皮にだけ通用する周波数マイクロウェーブを数秒間照射すれば実質ウイルス全部死ぬ、みたいなのは物理的にはあり得るはずだし。

2020-04-13

日本工業力の高度化ってなんで止まったんだろう

アメリカが凄いのは疑いようがないが、日本がどうしてアメリカに肩を並べられるほど高度な工業力にならなかったのかが気になっている。

iPodホイールの使い心地に極振りし、あの当時はまだ余力はあったように思う。

iPhoneが出て部品割合日本製が多かったことがあり、差別化の要因はソフトウェアと言われた時代があったが、

今はApple独自に作っている半導体差別化要因になった。

GoogleAppleほど上手くできていないが、独自半導体差別化要因になった。


日本場合ガラケーと言われていた頃は、各社独自技術を詰め込んでいて差別化していた。

ソフトウェアに関しても、数字入力するとリンク先に飛べるというのは、日本人には古臭く感じるだろうが、

インドだとQVGAが主流でありKaiOSに取り入れられようとしてる。

QRコード絵文字ルーツをたどれば日本だ。

探せば日本からというのはあるが、主導権が取れていないという感じか。


日本標準化に失敗するのはアジアからというのもあるが。


spaceXなど宇宙製品を見るとアメリカがずば抜けているのがわかる。

飛行機分野もそうだ。

CPUGPUの成長伸びしろが減っているが日本は作れるだけの技術はない。

スパコンは何とか富嶽がつないだが、次世代を育てるという感じでもない。

GoogleのTPUはアーキテクチャ的にはCPUより簡単ものになったが、日本ハードを作ろうという感じでもない。

量子コンピュータを作ろうにもマイクロウェーブ制御技術もない。


はてな技術の話はしなくなって、みんな政治経済の話ばかりになった。

2020-04-07

anond:20200407200929

ガタイが良いけど実は弱い奴って格好の獲物じゃん

チビで強そうな男は、挑んで勝ったところで

「こんなチビを選んで勝負挑んで恥ずかしくないのか?」の扱い

実際のところ160cmないマイクロ星人でも、格闘技をやっていれば180cmやきう部員より強いんだけど

そういう武勇伝って結局本当に戦闘力がどうとかじゃなくて宣伝から

見栄えがするほうが偉い

チビがノッポデブに勝つ方がチビチビに勝つより格好いい

2020-04-06

マイクロ飛沫の実験映像に映ってるおじさんも10年ぐらいしたら

おもしろWebメディアあの人は今みたいな取材受けてたりするのかな

2020-04-04

マスクは呼吸回数を増やし、積極的感染確率を上げている可能性。

マスクをすると、空気抵抗により息苦しくなる。

その結果、より多くの酸素を吸収しようと呼吸回数が増える。

呼吸回数が増えると、より多くの空気が肺胞を出入りする。

結果として、浮遊する汚染されたマイクロ飛沫を肺胞に取り込みやすくなってしまう。


医師は、すべての吸気をN95フィルタ越しに濾過するので、息苦しくて呼吸回数が多くても感染危険は無い。

息苦しいから、定期的に安全ゾーンで休憩するのだ。



スポーツジム感染が広まるのも、呼吸回数を増やす運動ばかりしているからと考える。

本当に感染したくなかったら、マスクは使わない方が良い。

咳エチケットが気になるなら、マスクは口だけを覆うようにせよ。

ゆっくり呼吸し、脈拍を落ち着かせ、体内の酸素消費量を最小化する。

から感染を防ぐために、目は閉じるか、薄目に。



電車内で、カッと目を見開き、スマフォ凝視している姿を見るたびに、

君らホント感染に対して無知無防備すぎるんだなといつも思う。

2020-04-03

anond:20200403022622

無自覚感染者が付けるとマイクロ飛沫が止まるが本当の未感染者は効果ない が最新の説

2020-04-02

anond:20200402160925

マイクロ唾液がエアロゾル化して空中を飛散するんだよ。

それが、目の粘膜に付着するだけで発症する。

中国の眼医者メガネしないとダメって言ってたやろ。

新型コロナは、空気感染こそしないけど、ほぼほぼ空気感染に近いレベル感染が広まるんだよ。

各種粒子のサイズマスクの防御力

各種粒子のサイズマスクの防御力を調べてみた.なお,私は医療専門家ではない.

um: マイクロメートル(0.001 mm).

nm: ナノメートル(0.001 um).

粒子サイズ

粒子サイズ出典
PM2.52.5um[2]
スギ花粉25 um[2]
クリ花粉10 um[2]
COVID19粒子0.05-0.2 um[1]
エアロゾル(一般的定義)0.01-1000 um[3]
エアロゾル(通常の呼気の87%)1um[4]
エアロゾル(咳やくしゃみからの飛沫)5 um[5]
酸素分子0.000364 um

呼吸用防護具の防御レベル

感染予防拡散防止出典
サージカルマスク△ [*1][5]
N95レスピレーター0.3um:95%[5]
電動ファン付き呼吸用保護[5]
市販マスク0.3um:22-71%/1um:47-90%/5um:90-99.6% [*2][6]

[*1] 多くの空気抵抗比較的少ないマスクと顔の間から漏れて」入ってくる。空気フィルターを通過すれば捕捉されるが、顔とマスクの間から飛沫が漏れて入った場合には捕捉されずに呼吸とともに体内に入る。[5]

[*2] データが古いので現在市販マスクアップデートされているかも.

出典

[1] Wikipedia, https://ja.wikipedia.org/wiki/2019新型コロナウイルス

[2] ミヤマ(株) 環境分析測定&リサーチ, http://www.miyama-analysis.net/micro/2013/10/pm25.php

[3] Wikipedia, https://ja.wikipedia.org/wiki/エアロゾル

[4] 日本医事新報社, https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=14278

[5] フィットテスト研究会, https://square.umin.ac.jp/fittest/pdf/ft_text.pdf

[6] 1986,各種マスク粉塵及び細菌捕集効率, https://www.jstage.jst.go.jp/article/expanim1978/35/3/35_3_293/_pdf

ガーゼや布でマスクを作る動きがあり,どの程度のもんじゃ,と思って調べ始めた結果です.が,布やガーゼがどの程度フィルターとして機能するかは良い情報が見つからなかったです.

そもそも市販マスクでも感染予防には大して役に立たないので,あくま拡散防止のためですね.

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん