「計算機科学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 計算機科学とは

2019-10-05

プログラマSE

IT業界には

SEと呼ばれると嫌がる人と

プログラマと呼ばれると嫌がる人がいる。

SE計算機科学の基礎知識の要らない低能役割だと思ってる人と

プログラマ単純労働で、脳が死んでいても手が動けば誰でもできる役割だと思ってる人がいる。

2019-08-26

アスペルガー症候群だけど恋愛結婚がしたいという知人の認識を聞いてゾっとした話

IT業界にはこういう系の人が多いけど、その中でそういう障害医者から診断された知人がいる

ふと、この間それで相談のようなものを受けた、人並みに増田くんのように女の人と付き合ったり、恋愛したり、結婚したりするためにはどうすればいいのかと

大の大人が、こんなことをわざわざ聞くのだから、相当な悩みだったのだろう。IT業界では割と30や40や50でも独身という男も女も多いので、感覚がマヒをしていたようだが、ふと街の回りを見ればみんな普通に恋愛をしていて、どうすればいいのかわからないし、恋愛ってどういう感覚なのかと聞いてきた

俺は、普通感性で答えた。そして、それを知人はこう理解していった

「そうか、増田君みたいに相手女の子を僕が大切にしているサーバーやゲーミングPCみたいに大切にすればいいんだね」と

子供の頃、大好きなオモチャを大切にしていたように、女の子を大切なオモチャのように扱えばいいんだね」と

俺はそのあまりにもサイコ言葉を聞いて血の気が引いた、でも彼は本気でそんな認識らしい。

結婚している人間の中でも、そういう認識相手ドン引きされて離婚や、家庭崩壊を起こしてしまITエンジニアの男や女が多いらしいことは、噂で聞いたことがあったが、その根本的な原因に恐怖を覚えた。

IT業界ブラックで、マトモな人間ほど20代のうちに足抜けしてしまい、人を物や数字のように扱って使い捨てが横行しているのも、構成している人材がこういう感性からなのかもしれないと思う

誓って言うが、彼ら彼女らは歴史名前を残すシリアルキラーの幼少期のように崩壊しきった家庭や、性的虐待を受けていたとか、そういう激烈な体験をしているわけがなく、頭の障害として、何の悪気もなく理解ができないという病気になっているのだ。

彼ら彼女らは、本気で人間や生き物と数字や物の境界線あいまいなんだ、計算機科学には異様に強くなり才能が強く出れば出るほど、そういう特性が強くなってしまうのだと

これを読んで発狂する程腸が煮えくり返ってキレるような反応をする人も、ふーんそうなんだと思う人も、反応は様々だと思う

だけど本当に、本当に生きている生き物とモノや数字境界線存在が別というのが理解できない人は、悪いことは言わないから、医者にかかってください、治療すればだいぶんマシになります

間違っても煮詰まって、変な事件を起こさないようにしてもらいたい。そう思った日曜日なのだった。

2019-06-16

anond:20190616023905

使うという立場では実際二位で十分だしなぁ。

スパコン場合はその開発自体研究のものっていう側面もあるからそんな単純じゃないが。それにしても京(けい)って「金とリソースつぎ込めるだけつぎ込みました!」ってイメージ研究対象として面白かったのかな?と外野としてはちょっと思った。実際どうなの。

今調べたら東大計算機科学教授事業仕分けに賛成だったらしいね

2019-06-08

力学的に暴れる

解析力学的に暴れる

量子力学的に暴れる

熱力学的に暴れる

統計学的に暴れる

流体力学的に暴れる

電磁気学的に暴れる

光学的に暴れる

特殊相対論的に暴れる

一般相対論的に暴れる

天文学的に暴れる

天体物理学的に暴れる

宇宙物理学的に暴れる

宇宙論的に暴れる

音響学的に暴れる

数学的に暴れる

数値解析的に暴れる

計算機科学的に暴れる

化学的に暴れる

物理化学的に暴れる

量子化学的に暴れる

分析化学的に暴れる

生物学的に暴れる

工学的に暴れる

応用物理学的に暴れる

地球科学的に暴れる

地震学的に暴れる

海洋学的に暴れる

気象学的に暴れる

医学的に暴れる

医療物理学的に暴れる

放射線物理学的に暴れる

保健物理学的に暴れる

哲学的に暴れる

自然哲学的に暴れる

心理学的に暴れる

教育学的に暴れる

経済学的に暴れる

量子的に暴れる

量子暗号的に暴れる

2019-02-16

プログラミングコンテストハードウェアシミュレーションする系ってありませんか

ハードウェアシミュレーションするの技術を身に着けたいんですけど、

そういうプログラミングコンテストってありませんか。

習得したいことは

C++で、

メモリメモリロケーションとかガーベジコレクションとか

CPUアセンブラ命令を与えてCPU挙動シミュレートしてみるとか

ハードディスク→保存・削除を何万回実行する、とかディスクフラグメンテーションとか

このあたりを実装してシミュレーションしたいのです。

自分作ってみたりはしてるんですが、どうも抜けや漏れがあるだろうし、

コンテスト形式動作確認ができるのであれば利用したいのですが・・・

AtcoderとかTopCoderとかって数学とか計算機科学とかで

Kaggleは機械学習だし、AI系のコンテストはわりとあるんですが・・・

どうもハードウェアシミュレーションする系がないので。

誰かご存知ありませんか?

2019-02-09

anond:20190209150320

ほとんど伸びてないからその他みたいなジャンルにぶち込んどくんが正解だとはおもう。

そうすりゃ他のやつにまずランキングで勝てないから出てこない。

そもそもyoutubeは視聴履歴対応してのおすすめが優れている。ランキングでいいものを見つけるという時代がもう終わったのだと思う。

仮に中韓ヘイト政治ホモランキングから消え去ったとしても、ランキングシステムではyoutubeにはもう勝てない。

検索で、見る奴が望むものマッチするのにとことん特化したgoogleにどうやって勝てるのか?

そもそも日本計算機科学論文数が世界20位(ちなみにyoutubeアメリカ1位、ビリビリ中国2位)という散々たる状況でどうやって見る奴にマッチするようなシステムを作れるのか?

新自由主義で、大学疲弊させて、基礎研究ボコボコになってるつけが日本動画サイトニコニコに影を落としているとも感じられる。

まあ、顧客マッチなんてニコニコ微塵も考えてないだろうけどな。

2019-01-10

anond:20190110141702

ベゾスの時代計算機科学なんて毛の生えたそろばん玉を如何に素早く弾くかくらいの学問だったろうし、今の時代からすればインチキ学部だったのでは

2018-12-28

anond:20181227014045

勝手ジョークぶちあげて揚げ足取られたら話の筋道をそらすのは如何な論法かと思うけどね、ジョークならジョークで完結させろよと言いたいが、「それはジョークだじゃあ話を元に戻そう」、これでいいのでは?それとも子供に対してCPUのことを計算してくれる装置ですよと語りかけるが如く丁寧懇切に連立方程式の解き方からBLAS存在まで説明しろとおっしゃるのかな?

それは筋が通らない話だと思うし議論する気があるなら最低限・・そうだな大学がならう数値計算とか並列計算機の授業のレジュメさらっと目を通すぐらいはしたらどうでしょうか?

https://www.cspp.cc.u-tokyo.ac.jp/hanawa/class/sp20180925.pdf

並列計算機の話としてはココらへんが大変おすすめ

うーむHPCに対するアプローチは二通りあって情報工学的に計算科学の一環(つまりスパコンを作る側)として見るか、1科学者としてのシミュレーションを行う場、仮想実験場(スパコンを使う側)としてる見る場合の2つのアプローチがあると思うのだけど・・・PEZY-SCを搭載したシステムに関しては前者、計算科学の成果としてみるべきシステムだと思うのよ、これの成果としては「非GPUで超メニーコアシステムを実現すると共に高効率システムを構築することに成功した」って言う一つの事実に集約されると思う。

でここで高効率システム基準はなんなのかとというと「HPL」と言うベンチマークですわな、HPL=LINPACKと言う認識で話を進行させるけど、HPL本来連立方程式の求解を行う速度を競うベンチマークであって、これを皆が手放しで賞賛してるのはおかしいと言う批判存在する。

これは一理あってすべての科学技術計算の性能向上に寄与する指標とは言いがたいからだ。

じゃあなんでこれが推されている居るかというと理由は何個かあるけど連立方程式の解を求める必要のある技術計算はとても多いから、昔からやっててデーターが揃ってるから

ここまででHPL重要視されている理由がご理解いただけると幸いなんだけど・・じゃあ具体的に連立方程式使用する場面を示せよと言われると腐るほどあってどれを示せばいいのかわあらんのですが・・

これがなんか1番わかりやすい事例だったかな?

http://www.cs.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/2012/07/05hori.pdf

HPCを利用した構造都市地震応答シミュレーション

まああんまり人様の研究をあれこれ紹介して間違った説明しても申し訳ないので中身には触れないでおくけど実際に連立方程式は最もシェア率が高い問題であると言う認識は持ってくれると

話が早い

まあここまでがHPLがそこそこ信頼されている理由です。

 まあさっきのXeonでいいじゃんって話も一理あって性能が低くてもx86_64時代コードそのまま使いまわせるし、さっきあげたユーザーから見た時楽ちんであるのは事実だ。

なによりintel C++/Fortranコンパイラと言うクソ便利なものがあってライセンス料払うとある程度勝手高速化してくれたりするし使いまわせるコードも多い

まあPEZY-SCよりXeonのほうが計算機を研究してるわけじゃない物理学者とかの各種研究エンジニアからすれば魅力的な点が多いのは事実だと思う

からと言って計算科学としての計算機の純粋な性能向上を主とする研究・開発成果を邪険にしていいわけないしまた別の問題、確かに商業ベースで考えたとき

これらの問題をどうにかしないといけないのは事実だし改善して行かねばならないのはPEZYやエクサスケーラーの各位に残された課題であるのは間違いない。

だが少なくともまだこの世に銀の弾丸となりうる万能システム存在しない。

もしあるなら俺にくれ あといい加減なこと言ってたらゴメン、強いひとに殴ってもらうと筋トレになる

2018-11-19

大学中退なので学士資格が欲しいが穴にハマる

働きながらだと下記が候補ですかね?

でさ、思ったんだけど、19:30〜21:00で通うのとか、そうじゃなくても平日に時間確保するのむずくね?だって俺ら、低学歴就職してるからほとんどがブラック企業で、遅くまで残業でしょ?

救済の仕組みが破綻してて無理があると思うんだけど、どうしたらいいんだろう?契約社員業務委託責任範囲を縮小して働き、定時に上がりつつ、受講すると良いのだろうか?

2018-10-21

一般人プログラミング絶対理解できない

実を言うと、一般人プログラミング以前に計算理解できないんだけど、あれらはまだ大衆的な要素を内在してるから四則演算だけを受け取ることはできる。

それまで大衆的な要素+紙的な要素だったそろばん(計算)が、電子化へと移行する時に大衆的な要素を切り捨てたのね。より高速な計算機に進化するために。

から、それまで大衆部分だけを受け取って喜んでた一般人は急にわからなくなりヒステリーを起こした。

だけど、コンピュータ技術者プログラミング以前にも数学等の計算部分しか見てないか一般人が何を騒いでるのかわからない。

一般の人って、パソコンの凄い人がプログラミングになるとか勘違いしがちだけど(オタクパソコンの大先生論もその変奏)、全く質の違うもの

パソコンって、アプリをひすたら立ち上げて綺麗に絵を描いたり動画を観たりするようなものコーディングじゃない。

日本バカって教養がない極東田舎者からコーディング理解できない。すぐに立ち上げてって言われたときに「パソコン」を持ち上げる。怖いんだろう。自分理解できないパソコンが。UI/UXデザインですら大多数は理解できないんだものあん教科書的なものですら。

とにかくアジアって科学後進国なのね。トップ日本ですらこうなのだから。謎のスタートアップBitCoin人工知能脈絡なく展示してホルホルしてるレベルもの

まず日本に生まれた時点で、プログラミング理解するには圧倒的に不利。英語もできないし。こんなこと言うと、「一般人にもわかやす説明できるのが一流ダー」みたいな恥ずかしい駄々っ子が沸いてくるけど、プログラミングって歴史上一度も大衆相手にしてないので。

昔は数学者や物理学者で、今は計算科学者や技術者

民主主義恩恵で、一般人セミナープログラミング講師のダベりを数百円で見れるようになっただけで泣いて喜ぶべき。

そしてあれは、将来の顧客プログラマ入り口としてやってるの。1000人に1人、将来IT業界に貢献する人材いるかもしれないと信じて。

デザイナーにもプログラマにもなれない一般人はまあ、おこぼれで"科学"コスプレしてツイッターでもやればいいんだと思うよ。

2018-08-17

やりたいことは沢山あるが、時間がない

例えば、今流行りの人工知能。これは人間認知のしくみと関係が深いので時間をかけて研究したい。しかし、今から科学計算機科学の基礎を学び人工知能がなんであるかを理解しようとするとそれだけで時間を使い果たし人生が終わってしまう。このようなことは若い時にしかできないのだ。くだらないテレビ番組ゲームに興じていた自分が情けない。若さが羨ましい。

2018-04-09

anond:20180409154035

計算機科学理系であることは認める。ただ、それ以外の「情報系」で括られるものほとんど全てが経済経営なんかの「ちょっと数字を弄る」系の学問と同等じゃねえ? ってのにはあんまり異論が無いはずだぜ。

具体的には物理CPUレイヤから一歩上位に行ったら大体どれも同じ。

2018-03-19

キーボード語りする。親指Ctrlの話。

親指Ctrl(親指コントロール)使いやすいよ!

親指は他の4本の指とは独立してキーを押せる。

この意味分かる?文字キーを叩きながら、手を大きく動かすことなく修飾キーを押せるんだよ!

なんでみんなこんな便利な指を遊ばせてるの?スペースキー押すだけなんてもったいない

ショートカットで多用するCtrlやAltは、親指で押しやす位置リマップする。

無変換とかWindowsとか、使わないキーを潰して、多用するキーを配置しよう。Altにも現在位置から一つか二つズレてほしい。

スペースキー無駄に長くて親指で押せるキーがそれしかないなら、スペースキーを押しながら他のキーを押したときにCtrlを押したことになるように設定したらいい。SandS(Space and Shift)という名前で調べれば、似た設定のやり方が出てくるので、参考にできる。




正直これまで日本語キーボードの無変換・変換・カナかなって、存在価値が無いゴミクズキーだなと思ってたけど、この位置キーを置くこと自体は素晴らしい。親指で好きなキーを押せるようにリマップするためのキーだ。普通に使うならMacのかな英数が圧倒的に優れているけど、こういう使い道なら109キーボードキー数の多さは有利だ。

かつて計算機科学者様は、こういうキーのせいでスペースバーが短いキーボードを「ハーモニカみたいでキモい」「壊れたキーボード」と罵倒したらしいが、そんな老害共はもう滅びただろう。もしくは「わしのかんがえたさいきょうのキーボード」を製品化させて満足している。

しかし「CtrlはAの左」とかいカルト信者は、SUNワークステーションが滅びても未だ蔓延っている。小指をいじめることがそんなに楽しいか?

俺はCtrlだけでなくShiftも親指で押しているぞ。これでEmacsSKKを併用しても小指は無事だ。

ああ、親指でシフトキーといえば、親指シフトって名前配列もあったけど……ねぇ?

かな入力(笑)OASYS(木亥火暴)NICOLA(暗黒微笑)

2018-01-05

プログラミング教育をやろうってブコメしてる人居るけど

今使われている言語もを教えても直ぐに陳腐化するしガチ計算機科学中学生にはつらくないか、高大連携でやるとか高専でやると言うならいけるかなと思うけど。

そこら辺どう考えてるのかまとまった意見がある人は答えてほしい。

(それでも古漢と排他にするような物ではないとおもうが)

anond:20180104132743

2017-10-29

はてなハードウェアエンジニアが少ない件

エンジニア一言で言っても星の数ほどのジャンルがあるが、その中でも代表的なのはハードウェアエンジニアソフトウェアエンジニアだと思う。

まりに広範囲区分けだが、敢えて定義はしないでおく。

さて、自分新米ハードウェアエンジニアで、ソフトウェア趣味人間である

はてなにはソフトウェア記事(及びブックマーク)が多く、日曜プログラマ自分にとって大変有益である

大抵の悩みは検索をかければ解決するし、自分では想像し得ないようなユニーク記事もあり毎日が発見連続だ。

特にユーザコメントが好きで、皆の関心が伺える“はてなはいくら見ていても飽きない。

ただ、ハードウェアに関する記事が少ないことが残念でならない。

エンジニアカテゴリを覗いても、ハードウェアに関する記事が上がっていることは稀である

たまにラズパイIoTキットに関する記事があるだけで、デジタル回路におけるインピーダンスシミュレーションとか、高速差動信号の放射電波対策とか、そういった踏み込んだ記事はほぼ無いと言っていい。

当然アナログ回路のGNDレイアウトに関する記事は皆無だし、ソフトウェア寄りと言えるRTLコーディング記事さえ見当たらない。

ハードウェアエンジニア守秘義務なのだろうか?

・・・・・・

・・・

ソフトウェア技術日進月歩

イマイチ盛り上がらないハードウェア業界比較して、ソフトウェア業界の隆盛は火を見るよりも明らかである

コーディング環境、つまりPCがあればその先には広大な世界が広がっている。

語弊を恐れず言うが、アイディア次第ではその日のうちにスターダムにのし上がることも可能かもしれない。

当然、アマチュアを含めたエンジニア人口を見るとソフトウェアエンジニア人口は突出しているだろう。

なので記事数の多さは人間性質に依るものではなく、単純に人口の違いだろう。

ハードウェア面白いのに、何故手を出す人が少ないのだろうか。

ロボコンなんか見ていると、胸に込み上がるものがあると思う。

ハードウェア自然界の物理法則の下で成り立っているため、主に電磁気学電気回路電子回路勉強するだけでいくらでも応用が効く。

言うなればソフトウェアよりも参入障壁は低いはずで、高校物理で習ってきたこである程度の回路が組める。

FPGAなりでハードウェアアクセラレータ自作し始めると計算機科学知識必要になるが、ここはむしろソフトウェアエンジニアの方が得意な領域だ。

・・・・・・

・・・

こんなことを言っておいて、自分ハードウェアを始めたのは社会人になってからである

学部修士時代の専攻は材料物理学だったため、工学とは全く縁が無かった。

ここから自分ハードウェアの道に進んだきっかけを書こうと思う。

新人研修の昼休み、あるフラクタル図形を高速描画するハードウェア記事が目に留まった。

当時の自分にはその偉大さが理解できなかったが、2年もの間寝食を忘れて没頭できるその世界に心が惹かれた。

人生を変えることになる出会いだった。2012年の春である

早速オームの法則から復習し、使ったこともない半田ごてやテスターを買ってきて4bit CPU製作に取り掛かった。

ALU(算術論理演算回路)以外はディスクリート部品で組んだため、デバッグ含めて完成までに6ヶ月も掛かってしまった。

その後FPGA存在を知り、8bit CPUを載せてみた。

機械語勉強し、命令デコーダ設計して1年後、自分の考えたプログラム動作したときは嬉しかった。

上述した記事追体験しているようで、仕事を忘れて没頭していた。

続いてFPGAマイコン+汎用ROMの組み合わせでプリント基板を起こしてみた。

目的は勿論、あるフラクタル図形の高速描画である

ここでレベル変換やリセットシーケンスなど、デジタル回路の基礎を身に付けることができた。

基板レイアウトの考え方は専門的であるものWEB簡単情報が手に入ったし、殆ど電磁気学世界なので理不尽ものは無かった。

苦労したのがマイコンプログラムだった。

機械語論理的な手順をコード化するだけだったが、組み込みC言語はそのルールが難解だった。

言い方は悪いかもしれないが、人間の考えたルールだろうと理不尽に思える理論もその設計思想を調べもせず暗記で済ましていた。

メモリリークが発生した場合ハードウェアのように現象を観察して仮説検証することが難しく、ダンプなどのデバッグ手法も知らなかった。

そんなとき、社内でセキュアプログラミングなる研修があったため同期と潜り込んでみた。

参加資格の無い自分が参加できたのは、配線だらけの汚い自作CPU子供のような目で見てくれた上司の厚意だった。

そして1年後、自分モニタの中で鮮やかに描画されるフラクタル図形を眺めていた。

上述した研修講師に1年間師事し、半ばマンツーマン計算機科学を教えて頂いていた。

大学講師の方だったため、C言語ルールではなく命令処理系としての働き、ハードウェアとの関連を核にして叩き込んでもらった。

・・・・・・

・・・

紆余曲折を経て、ハードウェアエンジニアとして働いている。

こういう部署では多少なりともソフトウェアができると光るものである

ただ組み込みC言語以外はサッパリのため、日々独学の毎日だった。

そこで出会ったのが“はてな”だった。

そこにある記事はどれも眩しくて、「ある疑問の解決法」を検索するだけでは決して出会えない珠玉記事の宝庫だった。

きっとハードウェア世界にも、自分では想像し得ないような発見があるはずだ。

それこそあのフラクタル図形のような驚きが。

・・・・・・

・・・

今は仕事の傍ら、奇しくもプロになってしまった自分義務として細々とハードウェア記事を書いている。

残念ながら驚くような技術ではないが、誰かにとって小さな発見があれば嬉しい。

これを読んだ人がハードウェアに興味を持ってくれたらと思う。

2017-04-17

知能を上げる方法

わたしの知っている知能の高い人たち(wais-iiiでIQ140~くらい出す人たち)はみんな興味のないことが全然できない。

好きなことばっかりやってて、どうでもいいことに対してはすごく冷淡。

でこれまでわたしは彼らのそういう性質は知能の代償なのかなって思ってたんだけど、実は因果の向きが逆で、好きなことしかできないから彼らは知能が高いんじゃないかって思うようになった。

そう考える理由ちょっと説明してみたい。

まず人類学問の体系は、だいたいどんな分野であれ似たような方法論に依っている。

物理学でも文化人類学でも計算機科学でもやっていることはだいたい同じだ。

で、知能というのはそこで共通する一般的思考の枠組み、もの見方だと思われる。

少なくとも知能検査で測られる知能っていうのは、そういう性質抽象して測るために作られているはずだ。

そしてこの方法論を学ぶには、浅く広く物事を知るよりも、ひとつ分野を定めて深く掘り下げるほうが効率が良い。

というのも、分野に関係なく、ある程度の深さまで達しないと現れてこず習得もできない思考の仕方というものがあるからだ。

そう考えると、一つの興味をひたすら追求しそれ以外を無視するような知性のほうが、広くこつこつと学んでいく知性よりはやく高度な思考法を獲得するのは当然だということになる。

というわけで、賢くなりたい人はいろんな分野に浮気せず、ひとつ学問を究めてみると良いんじゃないかな。

おすすめ数学哲学です。

(追記)

なんか誤解されているみたいだけど、頭の良い人がみんな専門馬鹿だと言ってるわけではなくて、

一度一つのことを深く追求して得た一般的方法はわりと応用が効くよ、知能ってつまりそういう能力じゃない?ということが言いたかった。

で興味が偏ってる人はそういう発達過程を経やすいんじゃないか、というのがわたしの推論。

もちろん万能っぽい人も中にはいるけど、彼らは興味の幅がそれなりに広いだけで、

やっぱりそれ以外のところでかなり欠落してたりする。

それから、waisでほんとの知能を測定できるかって話になると、そもそも知性とはなんぞやという議論になってしまうわけだけど、

それはあまりに複雑な話題から書かない。

ただしwaisで高いスコアを出す人たちの能力思考法が傍から見ていてそれなりに便利なものであるのは間違いなく、

彼らがそれをどうやって身につけてきたのか、なにが要因としてあるのか考えるのには意味がある、と思った。

知能に直接関与する遺伝子は見つかってないみたいだしね。

2017-03-23

http://anond.hatelabo.jp/20170323162129

ここに書かれていることは概ね正しい.この方は自分モチベーションが低下したことを嘆いておられる.そういう方々は大学に多くいる.しかし,日本大学にはこのような劣悪の環境の中で,モチベーションが低下せずに生き延びている集団も一部存在する.それは最近流行りの言葉で言えば,サイコパス教授だ.学生ポスドク助教そのすべてを人間として扱わず自分出世or地位or名誉のために利用する.そのため,この劣悪な日本環境の中でもそれなりの成果が出る.その業績を元手に,大型予算が当たる.更に悲劇が拡大する.私の少ない知り合いである若手研究者と話しただけでも,医学系や生命科学系,工学系(の中のどの分野でも),農学系.どこにでもいる.比較若い分野である情報/計算機科学にもいる.

最近の若手研究者は目が死んでいる.最近医学の発展により,これらの教授寿命は長い.国立大退官後も院政を引いて分野内で君臨する.偉い先生基調講演をさせるためだけの謎のシンポジウム企画される.下々の者が奔走する.ポスドク助教が偉い先生パワポをつくったり,大型予算提案書や報告書をつくったりしている.そして,外部向けには「うちのラボ生産性の高さの秘訣は若手研究者自由環境を与えることです」みたいなことを言っちゃう.若手研究者マジで国外研究機関に行った方が良いと思う.

ちなみに私は,飲み会の場で(直接の上司ではない別の教授に)口が滑って,「海外大学で働きたいっすわ.研究だけしたいっすわ.(研究上ではない上司の尻拭いの)雑用もう嫌っすわ」と言ってしまい,(直接の利害関係がない)その教授にブチ切れられた.いま思えば,自分がそういうことをしたら,周りの若手が真似をする負の外部効果があるからだろう.

海外大学研究者と話すたびに「日本大学ってなんであんなにヒエラルキー構造なの?バカなの?死ぬの?」と言われる.そのたびに儒教の影響じゃないっすかねと言っている.(とはいえ,私はよく知らないが,バイオ化学であれば,海外ラボも完全なヒエラルキー構造なのだろうと思う)

念のために書いておくと,私は海外大学で働くことを決めた.じゃあ,いいじゃんと言われるかもしれないが,自分母国に愛は当然あるし,母校にも愛はある.なので,国内大学の質が上がったり,生産性が上がることは素直に嬉しい.どうにかしたいとは思う.が,個人の力でできることは本当に少ない.ただただ悲しい.

2017-01-18

プログラミングって「得体がしれない」よな

プログラミングって、これから始めてみようっていうとき、なんだか「得体のしれない行為」っていう感覚がありませんか?

ぼく自身は、プログラムを書いてる側の人間で、いまでこそ少しはプログラミング本質的な難しさをわかってる気になってます。でもつい数年前までは、プログラミングは難しくはないけど得体がわからない、という感じでした。

そのへんのコードを組み合わせて動くものはできるけど、何がどうなっているのかは知らんし、ググって分からないものはできない、という方向で、「プログラミングは難しい」と思ってました。

最近になって、プログラミング義務教育必修化の話題とか、コピペプログラマー話題とかを目にするたびに、かつて自分プログラミングに対して抱いていた「得体のしれない行為」という感覚が思い出されてしまい、少しざわざわした気持ちになったので、ちょっとここに書きなぐらせてください。

だいたいが個人的な話なので、そういうのがうっとうしい人は無視してください。

ぼくが世の中にパソコンという道具があることを知ったのは、たぶん中学生ときです。30年くらい前。当時、電気屋の売り場ではけっこうな床面積を使ってワープロ文章入力する専用マシン)が陳列されてました。文章を書くのは好きだったけど、字を書くのが死ぬほどめんどくさかった自分は、ワープロさえあれば自分小説とか書くのになあと思いながら指をくわえて電気屋の店内をうろうろしてました。しかし、ファミコンすら買ってもらえなかった家計ではワープロなんぞ買ってもらえるわけもありません。そのうち巡回してた電気からワープロが消え、それに代わってパソコンのコーナーが広がっていきました。このパソコンというのは、よくわからないけどワープロとして使えるっぽいし、どうやらファミコンを持っていない僕にもゲームができるらしい、おれに必要なのはこれだ、というわけで、中学生だった自分パソコンという存在に興味を抱くようになったのでした。

はいえ、だからといってパソコンを買ってもらえるような家計ではなかったわけなので、カタログを熱心に眺めるだけの毎日が続きました。その当時の自分にとって、パソコンが欲しいといったら、それはNECを買うかエプソンを買うかという選択でした。冨士通からパソコンが出ていることは知りませんでした。マッキントッシュっていうやつもあって、このPerformaっていうやつはなぜか安いとか、よくわからないけどシャープとかソニー独自パソコンを作っているぞとか、そういう情報パソコンに対する認識のすべてでした。当時の自分にとってのパソコンは、電気メーカーから発売されている商品一種であり、ラジカセとかテレビと同列の存在でした。

なんでこんな話がプログラミングにつながるかというと、ひょっとして自分プログラミングにずっと感じていた「得体のしれなさ」の源泉の一つは、こんなふうにパソコン電化製品として見ていた当時の感覚の延長だったのかもなあと思ってるからです。

ラジカセなら、CDだのテープだのを入れて再生タンを押せば、そのハードウェア機能物理的に体感できます。それに対してパソコンは、プログラミングちょっとやってみても、その行為と、そのハードウェアとが、感覚的に結びつきません。もちろん、プログラミングというのは、物理的なデバイスに結びつけて考えなければできない行為ではありません。しかし、パソコンを「カタログ商品」として見るところから入ってるばかりに、そこでやるプログラミングという行為ハードウェアとの結びつきが見えにくい状態に、なんとなく居心地の悪さを感じていたように思うのです。

もし自分スタート地点が、パソコンを使って文筆やゲームをするところだったら、パソコンは文筆やゲームのための箱だったでしょう。その後でプログラミングを始めていたなら、プログラミングという行為を、文筆やゲームに関連した創造的な活動として学べたかもしれません。

ところが実際には、自分はつい数年前まで、パソコンという電化製品に対する漠然とした行為としてプログラミングを捉えてた気がします。

プログラミングを始めたのは、高校生になって誰も使わないFM77が部室に置いてあったので立ち上げてみたらF-BASICインタプリタが起動したからでした。とくに何をプログラミングすればいいかもわからなかったので、教科書雑誌コードを転記したり、ループで線画を書いたりして遊んでいました。大学に入ってからも、授業でFORTRANとかLispをやらされたけど、基本的自分目的をもってプログラミングするのは数値計算くらいのものでした。そのころになると、本で情報を探して(まだインターネット検索は使い物にならなかった)適当コードをつなぎ合わせるのがプログラミングだと思ってました。そんなん面白くないなあ、とも思ってました。

この感覚、完全に、いま揶揄されているコピペプログラマーのそれだったと思いますちょっと話はそれますが、ブロック遊びとか砂場遊びって、ほとんどの人はわりとコピペプログラミングと似たような感覚でやってるんじゃないでしょうか。パーツを勘で組み合わせたり、とにかく砂を盛っていったりすれば、家みたいなのができるよね、という感覚プログラミングは、自分にとってそれに近い作業でした。学生のころは、内心、自分にもパソコンサンプルコードさえあれば何かすごいものを作れるかもなあ、くらいに思っていたふしもあります

自分バカでした。パソコンがあるとかないとか、関係ないのです。パソコンさえあれば、なんて思う者に、本当のプログラミングがわかるはずがありません。

そんなこんなで、自分はまともにプログラミング経験しないまま社会人になったわけですが、幸いにもプログラミングに対するこの感覚は、仕事パソコンを日々使うようになってから徐々に変わっていきました。

具体的には、パソコンが、自分の中で「カタログ商品から武器」へと変わりました。それと同時に、プログラミングという行為が、武器開発という位置づけになりました。

武器というのは言い過ぎだとしても、ちょっとしたプログラミングは確かに業務上課題を打開しました。それなりに計算機科学教科書を読んで勉強をしたこともあって、いつのまにかプログラミングに対する「得体のしれなさ」も解消してました。

結局のところ、自分にとっては、プログラミングという行為の「得体のしれなさ」から解放されるまでにずいぶん長い時間必要だったことになります自分がそうだったからといって他人もそうだとは限らないですが、たとえば小学校で形だけプログラミングを教わっても、分かるとかわからないとか、好きとか嫌いとか以前に、なんかモヤモヤした気持ちになるだけの子もも少なくないんだろうなあ。それは不憫だなあ。

かといって、自分がいまプログラミングで少しは戦えてるのは、そのむかしパソコンに憧れがあって、得体がしれないなりにプログラミングをする機会が若いときたまたまあったからでもあるので、そういう機会になるなら小学校で形だけでも教えるほうがいいのかなあとも思います

オチがないので、このへんで。

2016-06-17

Winnyは悪だろ

Winnyはもう今は誰も使ってないツールだ。

作者である金子氏が故人となって久しい。

彼の早すぎる死は日本計算機科学界の大きな損失だが、それでもWinnyは結局、悪だ。

Winnyについての話題になると、必ず出てくるのは包丁の話だ。

結局使う者の責任だという、あれだ。

しかWinnyはそれとは違う。

彼が2ちゃんねる47氏と呼ばれていた頃のレスを見れば明らかだ。

次世代WinMXとなる為、権利侵害された著作物児童ポルノを、より広く安全に共有する為に作られたのがWinnyスタートだ。

彼は裁判無罪を勝ち取った。

しかし、だとしても彼は悪意をもってWinnyを作りバラ撒いたのは事実だ。

その悪意が、単に法の裁きを受けない性質のものだったというだけだった。

結局彼は死によって悲運な天才となり、全てを肯定された。

しかしだとしても、少なくともWinnyは悪だったのである

俺は彼に生きて欲しかった。

長く生き、年老いた時に実はあれは悪だったと認めて欲しかった。

お尻ぷりんセスより

2015-11-17

http://anond.hatelabo.jp/20151117013512

プログラミング世界では semantic に構文的という訳語を当てることになっているのか」

これは単純ミスかな…。計算機科学において意味(semantics)と構文(syntax)は明確に区別される概念。そもそもSchemeとAlgol 60が構文的に似てるとは思えんし。

2015-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20150722001956

競技プログラミングというより、計算機科学実践できるかどうかを問うているんだと思う

全員が計算機科学を修めている必要がある業界はあまりないと思うけど、

計算機科学の知見が足らないと不合理な状態に陥りがちなのでは、とも思う

2015-01-28

http://anond.hatelabo.jp/20150127003906

http://anond.hatelabo.jp/20150127035153

この件、はてな民向きには「計算機科学におけるニセ科学トンデモ案件」と言えば通じるんじゃねえかな。

実際、苦言を呈してた人たちの中にはその分野の専門家研究者が少なからず含まれてる。

相対論とか量子論に湧いてくるようなアレなんだよ、要は。

関数型言語ユーザー)に難アリみたいな反応はちょっと悲しいなあ。

2014-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20140511211552

F欄卒の社畜男子です。私も数学勉強中です。

1) 極限と微分

AAが好きなら以下をどうぞ。楽しく読めると思います

http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-371.html

2)積分

微分の反対と言われますが、よくわからないと思います。残念ながら上記のスレッドにも出てきません。

わかりやすい説明を以前どこかで見たのですが、忘れてしまいました。

3) 行列

xとyの方程式を別の書き方で表したものです。

http://www.eisaijuku.join-us.jp/renritu-houteishiki-no-gyoretu-kai.html

4) なぜ必要

いろいろ意見があると思いますが、工学するためだと思います

微分形式、積分形式で表せる現象は現実世界にとても多いです。

逆に工学しないなら、あまりいらないと思います

工学けが理系じゃないし、確率に興味が出れば統計学の方に進み、

計算機科学に進んでも面白いと思います


ようはなんとなくわかればいいんです。

2014-03-25

http://anond.hatelabo.jp/20140325220012

ウェブ以外のものも急速に簡単になっていくとおもう。

これも増田の言う通りですよ。

計算機科学とか数学とかアセンブラがどうとか、

あんまり関係ない話だと思うんですけど・・・

「難しいことを簡単にすることがお金を儲ける一つの方法」で

あることは間違いないです。

ただし、「その難しいこと」、が

需要が少ない場合、もしくは、技術的に本当に難しい場合のみ、

なかなか簡単になりません。

ということは、

自分需要が多いと思う、のであれば、または

自分ならば技術的に難しくない、と考えるならば、

それは立派なビジネスチャンス、ということですね。

http://anond.hatelabo.jp/20140325221535

君その何も分かってないのに思い込みだけで断定して論を進めようとすんのやめろ。

計算機科学の基礎なり数学の基礎なりを少しは勉強してみてから口を開け。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん