「少子高齢化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 少子高齢化とは

2024-06-23

そろそろ男性の性欲をコントロールすべきでは この反対語は、そろそろ女性の性欲をコントロールすべきでは、になるのだろうか

前者は男性の性欲を抑制することで社会から性的ハラスメントを撲滅するべきであるという文脈で使われる。

後者少子高齢化に対する対策として女性の性欲を向上させることで計画外の妊娠を促すという意味合いで使われる。

男性の性欲を抑制する効果がある薬はどうやら存在するようである

女性の性欲を向上させる薬というのは存在しないようである

から後者に関しては完全にSFファンタジー世界仮定の話になる。

もちろん、前者も完全に仮定の話になるのだが。

どちらの場合でも、その性欲をコントロールする機関なるもの存在必要になるのでは?

この場合、実行可能なのは国家ということになる。

国民の性欲をコントロールするべく、コロナワクチン摂取イベントのようなものを定期的に実施するべきであるという主張とも言える。

これを行った場合、確実に税金健康保険料は上昇する。

前者の場合は、そのことで失ったお金を取り戻すすべがない。

後者場合は、少子高齢化対策として機能して人口が増加するようであれば国力の上昇につながるならば経済的にもとは取れるかもしれない。

そのような話の前に、そもそも国家国民に対して、公衆衛生的な目的乖離した目的で定期的に薬剤を投与するようなことが許されるのか?という話をしなければいけない。

コロナワクチンですら反対派は存在する。

おおよそ、そのようなことが許されるわけはないのは言うまでもない。

から、性欲をコントロールする主体国家を想定しているのであれば、かなり頭の悪い人の言動ということになる。

あるいは、なんらかの自主規制として社会がそのような暗黙の了解形成するべきという理論なのだろうか?

個人自主的に性欲を抑制したり、上昇させたりすることを期待しているのであろうか?

例えば、喫煙という行為社会プレッシャーにより大幅に抑制されている。

そのようなもの社会合意形成するべきであるという主張なのだろうか?

前者の場合セクハラやあるいは性的暴力抑制する目的のための手段として主張されている。

しかし、そのような効果はむしろ副次的ものである

もしも男性がその性欲を抑えることをした場合に与える社会的な変革のうちの瑣末事でしかない。

まず子どもの出生が減るのは間違いない。

意図しない妊娠ゼロになるからだ。

これにより国力は現在より更に低下する。

そして上記にも書いたように国家が何らかの形でそれに関与するならば、そのような国家意図的に国民コントロールする術を手に入れることになる。

そのような権力行使する国家とは極めて自由のない国家となりえる。

また社会差別さらに進むことになる。

性欲を開放するときに選別が行われるからだ。

おそらくは合意の取れたパートナーがいる場合に限り、性欲の開放は許可されることになるのであろう。

そのようなパートナーがいない場合には、その性欲は有害である判断されてその性欲は否定される。

まりセルフプレジャー存在しなくなる。

このことは性産業さらには性風俗産業にたいしても壊滅的なダメージを与える。

性関連サービスで働く人達はその収入源を失うことになる。

女性性的な魅力を失うことになる。

これは結果論としてだ。

男性に性欲がなくなれば、女性に対して性的な魅力を感じなくなることになる。

まり女性男性に対して性的な影響力を行使出来なくなる。

このことは女性に対して有利に働くケースもあるが、不利に働くケースもある。

もともとの目的である暴力を防ぐことはこれによりなくなる。

一方で性的な魅力を失った場合にも、女性社会的な地位現在同様に維持できるのかは予測がつかない。

おそらくは女性にとっては不利に働く。

ものすごくハンサム男性が何らかの事故などによって顔面に激しい損傷を受けた場合にも今までと同様に生きていけるか?という問題想像すればわかりやすいかも知れない。

女性性的な魅力を失うことで、そのゲタはなくなることになる。

そのときにより厳しい局面を迎えるのは、能力のある女性ではなく、能力の低い女性である

弱者女性誕生する。

結婚風俗産業経済的にその女性を救うことが難しい社会形成される。

そのための社会福祉が必要なるが、そのような予算が捻出できなければ、国家はその女性たちを男性にあてがうことになる。

全体として国家男性の性欲を抑制した場合、あまりハッピーな方向へと向かわないはずだ。

おそらくは、その国は滅びる。

そもそもがすべてファンタジー世界の話であり、真面目に考えるような話でもない。

また

男性の性欲を薬でコントロールするべきであるという主張は

女性の性欲を薬でコントロールするべきであるという主張の

裏返しであり

前者を主張する人間

後者を主張することも容認するということである

そのことを自覚せずに前者を主張するような人は馬鹿はいわないが少し考えが浅いと判断できる。

もう少し自分が何を言っているのか深く考える習慣を持つべである

仮にも学問世界で生きているような人間であるのなら、特に

2024-06-21

anond:20240621191227

それをやったのが中国ですね

超絶男余りかつ日本よりハイ少子高齢化です

かつて日本も似たような事してたから今があるんですよ白痴

少子高齢化を軽減するために女性を減らすべき

子供は結局のところ女性が産むので少子高齢化改善したいなら男性より女性が沢山居たほうがいい

そはほんまか?

女性産む機械ではない

全ての女性が上位5割の男性しか番いたくない以上、一夫一妻制におけるカップルの数は男性人口/2となる

まり女性人口がおよそ半分になっても出生数は変わらず、

且つ、ろくに働きもしない上に無駄長生きする方の性別が減り、少子高齢化を軽減することができるのである

なんなら後者の方がインパクトがある

政治家どもには人工再生産におけるクリティカルリソース女性でなく男性であるということに気がついてほしい

2024-06-18

今の日本は1998年の状況から全く変わっていない

社会のIT化、省庁再編、金融再編、平成の大合併などの小さな変化・進化はもちろん進んでいる。

しか社会根本的な問題部分はほとんど変わっていない。

少子高齢化人手不足産業空洞化、低成長社会デフレ東京一極集中インフラ老朽化

これらの問題は20年以上に渡って取り組んでいるが、一向に解決していない、解決する気配すらない。

なぜ1998年という年を出してみたかというと、この年が戦後初めてGDPマイナス成長となった転換点だから

経済どん底なのに、テレビ音楽などのエンタメだけは最高潮の盛り上がりだったのも印象に残っている。

資源価格の高騰によるインフレドイツにDGPで抜かれた、東京人口1400万人、観光業で食っていくしかなくなった。

今年1月の能登半島地震では人手不足がれきの片付けすら進んでいない。

1998年から始まったこの国の沈滞感、閉塞感も限界に達している。

日本人口に関する統計的に、地方若い女性が都会へ流出する動きは見られますか。

統計的に見て、日本地方から若い女性が都会へ流出する傾向は顕著に見られます。以下は、その動きを示す主なポイントです。

### 人口流出実態

1. **人口移動報告**:

総務省人口移動報告によると、地方から都市部への人口流出は続いており、特に若年層の女性流出が目立っています東京都を含む首都圏への転入超過(転入者が転出者を上回る現象)は顕著です。

2. **若年女性流出**:

若い女性(15~29歳)の流出は、地方にとって特に深刻な問題となっています。これは、進学や就職の機会が都市部に集中しているためです。また、都市部生活利便性や多様な就業機会、文化的な魅力などが地方に比べて高いと感じられることも要因です。

### 統計データの例

内閣府の「地方創生に関する現状と課題」によると、地方人口減少は若年層、特に若年女性流出が大きな要因であるとされています都市部特に東京都区部)への流入は続いており、地方の若年女性人口が減少していることがデータで示されています

総務省の「人口移動報告」によると、毎年多くの若年女性が進学や就職のために地方から都市部へ移動しています東京都への流入特に顕著で、これが地方人口減少に拍車をかけています

### 地方創生の取り組み

政府自治体は、地方創生の一環として、若年層(特に女性)の地方定住を促進するための様々な施策を展開しています。これには、地方での就職支援子育て支援、住環境改善などが含まれます

### まとめ

統計データは、地方から都市部への若年女性流出が続いていることを明確に示しています。この傾向は、地方人口減少や少子高齢化の一因となっており、政府自治体にとって大きな課題となっています地方創生の施策成功するかどうかは、この人口移動の流れをいかに緩和するかにかかっていると言えます

2024-06-17

anond:20240617190249

後ろ向きな姿勢っていうのは単に君の思考について述べただけで精神論でも何でもないんやが。

少子高齢化状態だと何やっても無駄、と思ってるようだがそんなことないからな。

anond:20240617190046

少子高齢化という癌を無視して、円高がー円安が―財政規律が―積極財政が―インフレが―デフレが―ってやってきたのが政策の失敗でしょ?

後ろ向きな姿勢かい精神論に何か意味があるの?

anond:20240617182213

政策の失敗を棚に上げて少子高齢化のような自然発生的要因のせいだけにするのって失敗の正当化というか出来ない理由探しというか敗北主義的というかまあとにかくえらく後ろ向きな姿勢で嫌いだわ。

anond:20240617182213

直視したところで高齢化率を為替財政ほどコントロールできるわけではないんやから無駄ではないと思うけどな

低成長の原因の9割が少子高齢化だったとしても残り一割を改善する意味がなくなるわけではない

為替財政経済に影響を与えないなら無駄と言えるが

anond:20240617182239

91年ごろはバブル崩壊後の後処理が主因

今は少子高齢化が主因

30年も経ってるんだから同じ不況でも主要因が違うのはまあ当然

そして少子高齢化の方がタチが悪い

何故なら、不良債権はある程度の人間自殺必至の経済状態に追い込む覚悟で処理することができる(実際やった)が

山ほどいる高齢者をそうやって処理する事は現実的にも政治的にも不可能に近いか

ポルポトスターリンみたいなのがトップになればできる、というレベル

2024-06-16

anond:20240616104628

少子高齢化だけじゃなくてありとあらゆる方面政策で役立たずどころか害悪なのが自民党ですから

2024-06-10

anond:20240609223735

戦後なんて人間大量に減って、田舎はジジババだらけだったし、子供はすぐ死ぬし、田舎は割と少子高齢化してたような

でも助けがないと分かると案外ジジババもシャッキリするようで、子育てはするし働いてボケてる暇もなかったように見える

氷河期40代もどうせ金も支援もないと傷病兵のような気持ちいるから、黙って働いて、贅沢なんかする余裕ないから黙って死ぬ

これから就職する人は、人手の需要が上がってるから賃金は増えないとおかし

あとは私らがバタバタ死ねば明るい未来しかないのでは

大丈夫、私ら若い頃みんな睡眠不足を自慢して栄養ドリンク飲んでタバコ吸ってたし、栄養状況はこれから更に悪くなるし、医者にかかる金もいから、団塊世代より長生きなんかしたくてもできないよ

2024-06-09

なにが面白いって、少子化対策経済を云云かんぬん言ってる連中が、毎月誇らしげに円を売りまくってそれを周囲にも推奨してるってところよな

自分さえ助かれば後はどうでもいいって考え方が透けてて、本当は少子高齢化で訪れる未来ことなんてこれっぽっちも関心ないのが丸分かり

口では政治の失敗を糾弾し続けて、でも誰も自ら政治世界に飛び込んでまでして変えるつもりはありません、対策とやらもその実態はただやってる感が欲しいだけです、実際の行動は日本の国力を下げる方向の草の根運動を全力でしま

なにがしたいんだよ

anond:20240609153147

アプリが主流の時代な上に少子高齢化出会える場所もなく

しか現実でも女は大半こんな感じの行動なのに?なんか女に幻想抱いてないか

anond:20240609100707

孫子」の言葉を借りて考えると、「善戦者の勝、制人而不制於人」つまり「善く戦う者は他を制し、自らは他に制せられない」という教えがあります。これは、我々が抱える課題においても、他者環境支配されるのではなく、自らの道を選び、積極的未来を創り出すべきだという示唆を持っています

少子高齢化日本が直面している深刻な課題ですが、「無子無齢化」といった極端な考えは問題解決の方向としては適切ではありません。我々が目指すべきは、社会全体で知恵を集め、支え合い、持続可能未来を築くことです。そのために、政策技術社会制度の変革を通じて、新しい解決策を模索し実行していくことが重要です。

また、孫子は「知彼知己、百戦不殆」(敵を知り、己を知れば、百戦して殆うからず)とも言っています。つまり問題や状況を正確に理解し、自らの強みと弱みを認識することが、どんな困難にも対処する鍵となります現在少子高齢化に対しても、冷静に状況を分析し、効果的な対策を講じることで新たな道を切り開くことが求められます

私たち未来私たちの手に委ねられているのです。その手中にある可能性を活かし、前向きに挑戦する心を持ち続けることが大切です。

少子高齢化

目指すべきは無子無齢化

まり日本の滅亡

2024-06-07

もしかして少子高齢化って詰んでる?

高齢化が進んで社会保障費が嵩むうえ働ける人が減るので税収が減って困ります

子供を産んでください。

子供を産んだら出産育児期間は働けなくなるので税収が減って困ります

あと子育て支援で出費が増えるので余計に税金が欲しくなります

少子高齢化が始まったらどこかで本気で高齢者切る以外で社会を立て直す方法ってもしかしてない?

2024-05-29

3枚切りの食パンはどこへ行けば買える?

5枚切り食パンとか消費期限が保たねえ。

一人暮らしの治部少に過ぎたるものが2つあり、島の左近と五切り食パン

と言われるほど5枚きりは食べ切られん。

といいつつ二日ほど消費期限が過ぎたるもの食パンを食べる毎日

もうこんなパンいやだ。

おら糖尿がデルタ

だけど、3枚切りの食パンならなんとか期限内に消費しきれる。

でもさ?

なんで3枚きりの食パンコンスタントに買えるところがねえの?

なんかコンビニでもスーパーでも売ってたり売ってなかったりどういうこと?

つーか好きとか嫌いとか最初に言い出したのは誰なんだよ?

つーか世の中に3枚きり食パン専門店とかあってもいいくらいだよ。

つーか少子高齢化の世の中だよ。

もっとつよししっかりしてほしい

2024-05-23

スタグフレーション食らった自業自得の皆様へ

失われた30年って「成長が」失われたって意味からね。

失われた30年の解消をしろという国民の総意が有るから安倍から岸田までインフレ目指してガンガン緩和した。

結果として株価上昇した。民主党政権時のような、国立大学卒のコンビニ店員や生保営業なんて居なくなった。

緩和したのだから当然円の価値が下がる。

すると現金ストックしていた老人、引退世代が騒ぎ出す。

引退世代から支援を受けて、悠々暮らしていた自称中流も騒ぎ出す。

ファッションとして反政府反政権やってたジジババ共は、ようやく自分が何を言ったのかを思い知るわけだ。

失われた30年解消にはインフレが伴う。

少子高齢化する日本ではジジババ共の再雇用が重なり実質賃金が下がる。(特に段階ジュニアが定年を迎えるこの時期はさがりやすい)

そこにウクライナロシア戦争、台湾海峡危機イスラエルパレスチナ戦争が重なり情勢不安によるコストプッシュインフレが発生。

コストプッシュと緩和によるインフレ円安好景気による無職就業技能無し無職就業非正規か安い賃金になりやすい)、ジジババ共の再雇用が重なって実質賃金低下からスタグフレーション

国民の願いに世界情勢が悪魔合体した結果が今だよ。

お前らの選択だ。ちゃんと受け入れとけ。

ちなみに儲かる業界無茶苦茶儲かってる。

ウチは中小だが2022年度の俺年収1000万が、2023年度3000万に膨れ上がった。

社長は余裕の億超えだ。

知恵を使って儲かる業界に潜り込めばこんなもんよ。

自分が求めた失われた30年解消の意味すら理解できてない奴には無理かもしれないがね。

2024-05-20

anond:20240520153227

少子高齢化社会では、警察人員不足も深刻。

電話で済む用事電話で済ませるようになってくる。

特にコロナきっかけで、直接話すのは感染リスクの高い行為として警戒される。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん