「尺度」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 尺度とは

2017-11-13

選択夫婦別姓に冷静に反対しよう

選択夫婦別姓に反対していこう。

効率的・実務的側面から反対
文化的歴史的側面から反対

①.効率・実務

 西暦2015に最高裁が「選択夫婦別姓却下」と判断を示しました。

これを受けて原告団長の塚本協子さんは「判決を聞いて涙が止まらなかった」

「『塚本協子』として生きること、死ぬことができなくなりました。」と述べました。

 しかし待ってください。それって法律解決しなくちゃいけないことでしょうか?

 真犯人名前を教えましょう。旧姓で呼んでくれない職場旧姓で呼んでくれない銀行旧姓で呼んでくれない葬式

 やつらです。

 数年をかけて裁判を何度も起こすより! 三井住友銀行毎日クレームを送りましょう。

 この投稿を見たら「ペンネームでも簡単に口座が! マイナンバーを持ってお近くの銀行へ!」のキャンペーンをしてください。

 「パスポート名前を記入させないで」とお便りを送りましょう。

 年賀状なんてやめて、外務省とか東京都生活文化局とかに絵葉書を送りましょう。

 「佐藤から始まる同姓同名なんてたくさんいるんだから本日は晴天なり』と自筆記入させてくれませんか?」と添えて。

 サイボウズ社長の青野さんは理不尽にもこう言っています

子供の姓はどうするんだ」

今回の訴訟では、子供の姓のルール改正は求めていませんので、「結婚時に決めた戸籍筆頭者の姓に統一する」だけです。もし、別のニーズ子供は新しい姓にするとか)が発生したら、また時代に合わせて改正検討すればいいと思います海外のように、両親の名字をくっつけて子供の姓にする時代が来るかもしれませんね。「ますだおかだ」とか。

 みなさんには役人友達がいませんか? みなさんの友達は泣いていませんか?

 「鈴木佐藤結婚するだけで『鈴木』『佐藤』『鈴木佐藤』『佐藤鈴木』『鈴佐』『鈴藤』『佐木』『木藤』とにかくたくさんだ!」

 ただでさえ無駄の多い役所仕事無理難題要求するのは、みなさんの反対するところではありませんか?

 そもそも戸籍本名だと神様が決めたわけではないのです。

 戸籍戸籍本名本名です。

 選択夫婦別姓は結局、戸籍にしがみついているだけですから最高裁が別姓を認めてくれたところで無意味です。

 子供名字は、親の名字は、先祖名字は、友達名字は……。戸籍に全てを任せようとしてしまます

 選択夫婦別姓の先にあるのは、子供が「父親名字になりたい。母は要らなかった。戸籍を変えたい」と訴訟を起こす未来です。

 私たちの涙は止まらなくなるでしょう。

 効率的・実務的に言って役所をただ混乱させるだけの選択夫婦別姓制度には断固反対していくべきで、

 「そういえば所ジョージさんって芳賀隆之って戸籍上なってるらしいですが、所ジョージの方が本名って感じがしません?」と不動産会社の人に言いましょう。

 選択夫婦別姓なんて結局、子供名字をどうするのか決めなくちゃいけないんですから

 社会は何も悪くありません。悪いのは会社です。

②.文化歴史

 既に主旨は述べましたが、ではどうして戸籍擁護するのか整理させてください。

 みなさんもご存じの通り、夫婦別姓というのは極めて男女差別的な側面があります

 日本は長いこと、夫婦別姓の国でありました。

 中韓現在夫婦別姓であるように、極東では女性家族の中でただ一人、男の姓を名乗ることを許されないものでした。

 子供と同じ名字を名乗ることができなかったのです。

 そこで明治維新の頃、列強ルール「妻は夫の名字を名乗る」という先進的な男女差別へと乗り換えたのが日本です。

 名字の話をするだけで昔の各国のパワーバランスの話になりました。

 名は……ちょっと土地を変えれば全く違う理論で働いている、とても価値のあるものです。年輪です。地層です。百科事典です。

 ロシアには「父親名前が、子供自動的に足される風習」があります。「父称」で検索

 プーチン大統領は「ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン」という名ですが、ミドルネームにあたる「ウラジーミロヴィチ」は父親から来ています

 砕いて言うと「ウラジーミルウラジーミルの子の、プーチン」です。ウラジーミル・プーチンの父もウラジーミルだとミドルネームに書いてあるのです。

 父親子供名前が同じというのは日本からすると変かもしれません。

 しかし「名前無頓着名前」は世界的には多々あることで、マクドナルドは「ドナルドの息子」という意味だとされています

 マクミランは「ミランの息子」、マッカーサーは「アーサーの息子」とされています

 名は文化歴史的価値のあるもので、善とか悪とかそういう尺度で語るべきものではありません。

 日本では源義経牛若丸だし、豊臣秀吉は羽柴藤吉郎だし、鳳凰院凶真は岡部太郎だし……。

 名は大切なものではありましたが、そのせいか代わりの名前がぽんぽんと出てくるものでありました。

 大切な名、名字戸籍。これは財産ではありませんか?

 選択夫婦別姓の先にあるのは「寿限無」や「ピカソ」のように長い長い名前です。

 「親のせいで俺の名前120字以上になった! ツイートできない!」となります。 

 そういう一般的人間ユーモア役所仕事というのは相性が悪いものです。

 名乗りたい名前があるなら自由に名乗ってくれて構いません。それが国民の総意になる未来もあるでしょう。

 戸籍とは別の本名という風習が起きるかもしれません。

 しかしそれはともかくとして国がきちんと古くさく管理するのを許してあげてくれないでしょうか?

 そうしてきちんとされたものが百年先、千年先にどう解釈されるのか私たちには全く想像できないのですから


余談

 選択夫婦別姓には明確に全国民が反対すべきです。

 一方で「夫婦は夫の名字が九割以上」の現状はもうちょっとどうにかなってもいいんじゃない

 訴訟、待ってます

2017-11-12

anond:20171112094847

自分が食べると不味い=こいつら味分かってない」って文章読むと見えるけど、まさかそういうことじゃないよね?

若者若者なりの美味しさの尺度があって、それがあなたのと違うというだけでは。

2017-11-01

女性を虐げる権利

少し前まで、日本人男性は生まれながらにして「女性を貶め、搾取し、虐げる権利」を持っていた。

家事育児介護押し付け賃金労働から遠ざけることで可処分所得を奪い、若い時分に性的奉仕強要することで可処分時間を奪い、奪い尽くしたら「ババア」とか「役立たず」と罵ることで自尊心を奪ってきた。

また、如何に女性を手酷く扱い、貶めるのが上手いか価値尺度になっていた。「何人の女を泣かせてきたか」「妻が如何に無能性格が悪いか鬼嫁等の表現)」を述べるのが、日本人男性間におけるマウンティングになる。

最近日本人男性幸福度が低いのは、この権利が奪われつつあることに対する被害者意識によるものだと思う。

2017-10-30

anond:20171030103946

社会が変わったかどうかの話に突っ込まれたらいきなり有利不利だの規模だのの別尺度を持ち出してくる雑魚www

2017-10-26

キモおっさん問題の真の問題点

それは「何が問題なの?」と言われてしまうこと

キモいことが問題なのか

金がないことが問題なのか

おっさんなのが問題なのか

個々の要素に分解するとわかるが

一番解決やすいのが「金がない」ことで

一番解決が望めないのが「おっさんである」こと

金がないのは政治経済によって手を打つことができるが

おっさんであることは誰にもどうしようもない

キモさは「『キモさ』という尺度が可変的」かつ「小綺麗な格好をするなど、『昨日よりは今日の方が確実に良くなっている』的な状況に持ち込みやすい」のでモロに個人努力資質による)

金がないことはもはや政治経済解決するしかないことなのだが

政治経済は(キモさはともかく)金のあるおっさんまたは爺さんが牛耳っている

そして連中はキモ問題問題だなどと思っていないので永遠にキモ問題解決しない

まり金のあるおっさんを早急に引きずり落とす必要があるのだが、キモ当事者おっさんからおっさん価値観すなわち「キモ問題?それって何が問題なの?要するに自己責任だよね?」みたいな価値観を完全に内在化してしまっていて金のあるおっさんに歯向かえない

金のあるおっさんキモ問題解決モデルケースみたいになっていて他に理想的終着点が見えてこないのもある

そしてキモ当事者は「おっさん」=世の中牛耳ってる方に近い属性なので政治的にモノを訴えるとかノウハウがなくてできない層なので、他の弱者が救われんとして運動とかしていると嫉妬発狂しそうになったり実際に発狂したりしてしま

俺の問題差し置いて何であいつらが救われるんだ、と、上から目線

キモ問題の真の問題点は、キモ当事者自分弱者犠牲者だと本当には認めていない点、虐げてきたのが金のあるおっさんどもであることを認めて連中を攻撃する覚悟を持っていない点だ

黒人差別女性差別同性愛差別もみんな黒人女性同性愛者たち、当事者たちが声を上げることから始まって、何百年単位でやっと実を結んできたが

キモおっさん達はおっさんなので疲れてしまっていて、もはや強大な敵に刃向かうなんてことはできないのだ

金もなければ休日に何かするような気力もない

戦うより「キモ金って何が問題なの?」という内なる声になぶられながら鬱々としている方がエネルギー収支が得だと思ってしまうのだ

キモ問題永遠に解決しない

当事者が全員死んで終わりだ

2017-10-10

幸せを感じるときとその持続性

子供がいる、いない。

可処分所得が高い、低い。

仕事が充実している、充実してない。

日々のストレスが高い、低い。

などを幸せを測る尺度とすると、75%以上の人が幸せを感じるという基準はありそうな気がする。

でも、こういうのって瞬間的なことではなく、持続するかどうかが重要だと思う。

瞬間的な幸せって、以外に簡単に作り出せる。

でも、持続性の観点から日々取り組んで仕事もこなし、生活も作り上げている人って意外に少ない。みんな無知だ。



消費税の話も、瞬間的な幸せを求める無知国民向けのネタだよね。

自身が老人になるとき子供がいればその子供が成長したときを考えてると明らかに消費税は上げた方が良いのに。

みんな、瞬間的な幸せしか考えていない。

そして、それに迎合する政治家達。

もっと、真に国のこと、国民のことを考えて押し通してほしいものだ。

安倍さんなんって自分のことしか考えてないし。

憲法改正して歴史に名を残せれば、後生国民が膨大な負債に苦しんでも、別に気にしないんでしょ。本人は老後の生活保障されてるからね。

2017-09-27

anond:20170927172019

自分学歴と言う尺度の無力さを感じた。学歴は単なる規定された単位を取得できたという事しか表さず、人格的な要素を何も表さない。

割とはてブとかこことかで「どうせFランだから…」みたいな事書く人多いけど、あまり意味が無いなと。

2017-09-23

しかしたら世間的には幸せじゃないのかもしれないけど、やりたいことやって、自分の好きなように生きてて、それはそれで幸せなんじゃないかなと。

幸せ尺度なんて人それぞれ。自分楽しいと思える生き方をしよう。辛い毎日は生きることが嫌になるから

2017-09-22

正直なところを告白しよう。福島第一原発津波破壊され、放射能汚染されていると聞いた時、真っ先に奇形児が多発する情景を想像した。

それはおぞましい光景だろうが、同時に好奇心を満たす光景にも違いなかった。

気持ち悪い、でも見たい。正常なのが異常なのだ。そういう国になって行くと思った。

人間になりきれなかったまがい物で世が溢れると思っていた。倫理的尺度が緩められると思った。でもそうはならない。放射能汚染被害は言うほどでもなかった。双頭の烏、多脚の虫、花、そういうものが増えると思ってたのに。勿論これは願望ではない。しかし、遺伝子配列おかしくなってしまった化け物のような物体を見たいという欲求は誰でも抱いている筈だ。震える程、クリーチャーのようなそれを見たい。

2017-09-19

anond:20170919034307

しか不倫報道くらいだな外野無関係だろ論が出てくるのって

不倫報道以外も殆ど当人関係者以外無関係ものばかりなのに

昔は下らないと腹も立っていたこともあるが

数字が取れる」という尺度で流してるだけと思えば大して腹も立たない

もっと有意義トピックを流せと言ったところでその番組の大半の視聴者には需要が無い

幸いにもTV以外の情報アクセスするコストはググッと低くなった世界になってるし

そして知ってもらいたい情報を多くの人に広める手段も用意されている

ここまでお膳立てされて尚既存メディア愚痴を言うしかないならまあそういうことなんだろう

2017-09-18

世界進化しているのだろうか

ふと、最近我に返ることがある

幸福度尺度にした時、我々は本当に前進しているのだろうか

後退しているとは言わないが、数百年前と大して変わってないような気がしてしま

唯一あるとしたら医療技術か、死亡というゲームオーバーが減ったことは大きい

多分そのくらいだ

2017-09-17

anond:20170917175559

ボキャブラリーの多さは言葉知識の多さの尺度しかならないよ。

例えば極めて多くのことを感覚でのみ理解記憶している人がいたとして、その人の言語的な知識が少なかったとしたら100種類の綺麗を1つの表し方しかできないが、一方でこのひとは100通りちゃんと区別して認識できている。

そして、知性ということばは

物事を知り、考え、判断する能力人間の、知的作用を営む能力。「知性にあふれる話」「知性豊かな人物

比較抽象概念化・判断推理などの機能によって、感覚所与認識にまでつくりあげる精神能力

のように定義されているので、”物事を知り、考え、判断”した内容を表現できなかったとしても、それは知性が(少)ないことにはならない。

2017-09-11

怒ってもいいよね

毒親の血を受け継いだのか、自分モラハラ気質があるという自覚がある。

なのでささいなことでイライラしたり、そのイライラを人にぶつけたりしないように普段から気持ちにゆとりを持って生活するように心がけている。

言いにくいけどこれはどうしても言わなければ、ということを言おうとするときには必ず

「これはわたし主観的な不平不満に過ぎないのではないか

理不尽要求ではないか

というような自己チェックをする。

思い込みや誤解に基づいて意味不明な怒りをぶつけられ一方的罵倒されることの理不尽さを小さいこから嫌というほど味わってきたので、それをわたしで断ち切ろうと思っている。

今日、一人で外出しているときに、母が倒れたという報せを受けた。

圧倒的に毒が強いのは父親のほうだが、そんな父と共依存状態の母のことも好きではない。

が、まあとりあえずその出先から直接、母が運ばれたという病院に駆けつけた。

命に別状はないが数か月入院になるとのこと。

父はごく軽度の認知症が始まっており、実家に一人で置いておくにはちょっと危うい。

お盆に久々にきょうだい揃って会ったときに、子ども達+その配偶者達で、現状を共有したうえで今後どう親の面倒を見ていくのがいいか、とかそういう話をちょっとした矢先の出来事だった。

報せを受けてすぐに、家にいる旦那にも電話して「とりあえず今日このまま病院に行くから」と伝えた。

帰宅してから旦那に母の容態や父の今後のことを話そうとした。

すると露骨イライラしている様子の旦那

わたしの話には生返事で、池上彰テレビ番組を見ている。

「ねえ、聞いてる?」

と尋ね終わらないうちに食い気味で

テレビ見てるのわからない?!」

と、怒りを露わにした口調で言われた。

呆気にとられた。

「いや、話の重要性を考えてくれないかな」

と言うと

「じゃあ、『今ちょっといかな』って一言言えよ」

と。

普段、たとえば「次の旅行いつ行こうか」みたいな他愛ない話のときはそれを言うが、今日はさすがにその余裕はなかった。

というか、夫婦なら当然、このようなときは容態を気にかけて帰宅を待っているものだと思っていた。

帰宅と同時に

「お母さん、どうだった?」

とか、そういう会話から情報共有が始まるものだと思っていた。

もうなんて言っていいかからなくて


「親が入院したっていう話、そんなに軽い?」


と言ったら、当てつけのように乱暴テレビスイッチを切った。

何をどう話せばいいのか本当に途方に暮れてしまい、仕方なく遠方に住んでいるきょうだいLINEで母の状態を詳しく伝えたりしていた。

途中で水を汲みに台所に立ったら、またテレビをつけて見始めた。

真剣に見入って「へー」とか「うんうん」とか言っている。


もう、その場にいるのが無理だった。

たまっている雑務をこなそうと思い、別室の自分仕事スペースに移動した(自宅で仕事をしています)。

その別室に入るときに、ドアを閉める音が思いがけず大きくなってしまった。

故意にではないのだが、結果的にそれが旦那には当てつけと受け取られたようだった。

直後、旦那がすさまじい勢いで床をドンドンと踏み鳴らして、何か怒鳴り始める声が聞こえた。

何と言っているかはわからない。

けれどもとにかく怒っている。

また、呆気にとられた。

一体、何をしているのだろう。

わたしに怒っているのだろうか。

池上彰テレビは確かにおもしろい。

よく二人で一緒に見ている。

邪魔が入るのは確かに本意ではなかろう。

また、別にテレビ邪魔されたことだけでなく、他にもわたしに不満があるのだろう。


しかしですね。

今回はですよ。

今回は、旦那のほうがおかしいよね??

今までたいていのことは我慢できると思っていたが、今自分の頭の上には「離婚」の二文字がくっきりと形になって浮かび上がっている。

ケンカしたくない。

でも明日は、きちんと話さないといけないのだろう。

わかってくれるのだろうか。

わかってくれなかったとき絶望を感じるのが怖い。


今まで何度か、カルチャーショックというかなんというか、「自分尺度だけで相手評価しちゃいけないな」と思わされる出来事はあったけれども、これは自分尺度とか関係ないと思うのだけど、どうなんでしょうか。それが確認したくて。

2017-09-09

デジタルな今の時代に生まれたくなかった。

ネットが発達して、誰もが便利に過ごすことが出来るようになった。

自分ごとにカスタマイズされて、求めてるものおすすめしてもらえるようになった。

これ以上ないくらい便利で、コンテンツにあふれている時代

でも、そんな時代じゃなく、もっと昔のアナログ時代に生まれたかった。

何より最強だと思われてて、番組スケールが大きくて、タレント破天荒過ぎて捕まったりするテレビ業界

サビがわかりやすく明確で、とにかくストレート歌詞がウケたりする音楽シーン

そしてなにより、テレビCMを作ることを、そこに有名ミュージシャンキャッチーな曲を使うことを、

イケてるコピーを作ることを、そしてアートして捉えられることを何より追求していた広告業界

特定の誰かじゃなくて、みんなが感動できて自分ごと化できるものを目指していた時代

細かくターゲットを設定したり、無駄とか効率化とかの尺度で考えなかった時代

そして、それがすごく美しかった時代

そんな時代に生まれて、そして、広告業界で働きたかった。

2017-08-25

女は他人尺度で生きている

男は自分尺度で生きている!

はい主語警察が来ましたね。

すみません主語でかかったです。

そうですね、他人尺度でビクビク生きている女はすごく多いですが、他人尺度なんて存在すら関知せず、自分の信じる世界観こそ常識、と思っている新世界の神な女も非常に多いです。

男も、くだらないオモチャ独自価値見出して楽しく暮らしているバカおっさんも多いですが、自分の考える世間体世渡り術で妻や子供を縛り付けることも多いです。


ところで、他人の目に怯えて暮らすのって人生損していると思いませんか?

もっと楽しいと思うことだけを考えて生きた方がよくないですか?

そう思っている面も、私自身すごくあります

ですが、自分一人が楽しかったと思う人生を歩んでも、世の中的には無価値ですよね。

多少は楽しさを犠牲にしても、他人評価される人物であり、評価される業績を残さなきゃいけないのかな、とも思います

何事もそうですが、自身の考えを、どう生かすか、が焦点なのかな、というのが真理かもしれません。

他人の目が気になる人は、ビクビク怯えて暮らすのではなく、他者評価に耐えるくらい努力をして自信を持つべきでしょう。

自身価値観快楽のみ重視する人は、その享楽がどこかで誰かの役に立たないか他者価値観押し付けてないかという観点には敏感であるべきでしょう。

誰しも自分一人では生きられないのだから自分にとっても他人にとっても幸せ生き方をして欲しいと願っています

全ての人がね。

2017-08-23

https://anond.hatelabo.jp/20170822202048

普通とか世間は考えなくて良い。

気持ち悪いと感じたらそれが君の尺度なんだよ。パーソナルスペース侵入されるのが嫌って事はそこまで心を許せてない証。

2017-08-16

https://anond.hatelabo.jp/20170816193514

自信ないのはみんな一緒だけど

自信を持てって言われるのはあなたは出来るんだから自信持てばやれるよってことだと思う

本気で自信を持てって言われるようになったのは中学までの尺度ではなく学歴などの社会尺度に乗ったタイミングかと思うけど

もっとからだったんじゃないか

自分もこの前言われたわ

少し脳みそ休めてリラックスしたいけど

2017-08-02

常識なんてもの当人幸せにはしない

他人の目を通して評価される尺度たる常識が、その当人意識をないがしろにすることは想像に難くない。

から常識を捨てろとは言わないが、常識なんてものはその程度なのだと強く言いたいことに気付く。

ガンダムで例えれば、コアブースターコアファイターの違いをにわか説明する必要性程度の存在感しかない。

2017-07-29

https://anond.hatelabo.jp/20170728125801

ある種の表現が無いことそれ自体表現の幅の狭さだろ。それを描いて大衆が喜ぶか、作家がそれを芸術性という直接の関係がない尺度を伸ばすために有効に使えるはともかくとして。

2017-07-20

アダルトチルドレンあなたへ

アダルトチルドレン機能不全家族

わたし自身も小さい頃からよく感じていたことだ。

わたしの親は親ではなかった。

ただ同じ屋根の下暮らしているあかの他人といったところだった。

いうなればネグレクトに近かった。

育児という育児は受けてこなかったし、子供に似合わない家事の出来ようやしっかりした態度だったと思う。

ここ数年、「アダルトチルドレン」や「機能不全家族」といった言葉が少なからず注目を浴びていると思う。

どういった背景でそういう状況が生まれたのか。このような現代になってしまったのかわたしには分からない。

ただ最近思うのは、権利擁護心の問題に過干渉過ぎるのではないかということだ。

アダルトチルドレン機能不全家族というのが悪いとは思わないし、少なから問題ではあるとは思う。

ただ、人間というのは不思議ものでそれなりに適応して生きていくと後から振り返って思う人も少なくないと思う。

わたし主観ではあるが、少なくともわたしの育ってきた環境というのは世間的に見て相当ひどかったと思う。

ただそれでもわたしは「それなり」に生きている。

この「それなり」というのは案外重要だと思う。

どんな人間でも少なから問題は抱えているし、その問題の大きさや苦しさというのは他人尺度では測れない。

他人から見て大きな問題に見えることも何もなかったように過ごす人もいれば、小さな問題で死を覚悟する人もいる。

要するに人生幸せなんてものは測れないし、案外気にするほどのことでもないのだ。

この日本に生きていれば、少なくとも道端で倒れて死ぬことはそうそうない。誰かしら声をかけるだろうし、それなりの手当てもあるだろう。

人として1番恐るべきことは「孤独」だとわたしは思う。

孤独世界を狭める。

エヴァ的な話になってしまうが、世界の見え方なんて角度次第でいかようにも変わる。

そしてこの現代には世界を知るだけのリソースはいくらでもある。

今この記事アダルトチルドレンかなんかで検索したどり着いた悩める人たちに厳しいことだが言いたいと思う。

少なくともあなた検索して調べてきたならキーボードを打つだけの手もあるし、理解するだけの頭がある。

ならば1歩外へ出てみよう。

それは物理的な外出でもいいし、自分世界の外という意味ならネット上でも何でもいい。

それが出来ないのであれば、あなたは一生そのことを悩み続けるただの頑固者なだけだ。

医者でも何でも直せない。

直るのは自分からだ。

2017-06-17

《真面目な質問民進党はなぜバカな事ばかりするのでしょうか?

民進党だって学歴で言えば頭の良い人が過半数のはずです。

頭の良さの尺度は色々とあると思いますが、学歴と頭の良さがそれなりに比例するのは一般的認識だと思います

にも関わらず、バカな事ばかりするのはなぜでしょうか?

例えば政治家を以下の3つに分類します。

A) 頭が良くて良い事をしようとする人

B) 頭が良くて悪い事をしようとする人

C) バカ

自民党の行動を見ると、バカ比率はそれなりに少なそうに思えます

しかしそれに比べると民進党バカ比率は非常に高いと思えます

一体なぜなのでしょうか?

自分なりの予想は以下の通りです。


Aのパターン

A-1) Aの人は民進党方針と合わずに離党してしまうので、結果として高学歴バカが濃縮される

Bのパターン

B-1) 国民バカだと思っているので、それに合わせた行動を取った結果、敢えてバカな行動をしている

B-2) マスコミをうまく利用しようとした結果、敢えてバカな行動をしている

B-3) 反日なので日本を悪い方へ導こうとした結果、どうしたってバカな行動になってしま

B-4) 本気で安倍政権が悪だと思っているので倒す事を一番の目的にした結果、敢えてバカな行動をしている

Cのパターン

C-1) バカなので民進党方針が正しいと思い、言われるがまま指示に従っている

C-2) バカなので純粋に正しい行動をしていると思っている

C-3) バカ反日なので日本を悪い方へ導こうとして行動した結果はバカになる




以上です。

手段目的がごっちゃになってますが、それを分けると面倒臭そうだったのでざっくりこんな感じに分けてみました。

みなさんはどう思いますか?

意見をお聞かせ下さい。

2017-06-15

生きている理由がない、だが、死ぬ勇気もない

たぶん、ここ数十年で幾度となく繰り返されてきたであろう話題。そして、これからも何度となく同じ話をして行くであろう話題。だけど、この先に幾星霜の年月を重ねようとも、決して人類が回答を得ることはかなわないであろう話題

「このような増田を書く際には適度な自分語り必要である」との先人の教えに倣い、私も自身人生を少し顧みる。

とは言え、特にこれといって語れるような、起承転結栄枯盛衰の激しいエピソードはない。期待に沿えず申し訳ない。

私は、凡庸な働き者である両親の下に産まれ大学まですべて可もなく不可もなしと言ったレベルの国公立で通し、東証一部ではないが倒産寸前でもないと言ったどこにでもある企業就職し、今に至る。要は平和謳歌していたわけで、「幸せかどうか」という尺度で測れば、私は十二分に幸せなのだろうと思う。


先日、同級生の友人らと一席設ける機会があった。私の交友範囲は、狭いようでいて結構広い、まあ所謂普通」の範囲内だ。私ほどの年齢になると、このような場でだいたい出てくる話題と言えば、増田諸氏にもお馴染みの「子供の話」である

子供習い事は何がいいか、今どきは中学受験をさせるべきか、保育園になかなか受からない、・・・語らいの場を彩るには事欠かない。

私自身は独り身だが、そう言う話題は端的に言えば好きである同級生の、愚痴のような自慢のような我が子の話を聞くのも好きだし、独りやもめが一丁前に進言することも吝かではない。

だが、そう言う話題をしていると避けて通れないのが「増田結婚しないの?」「増田の子供、見てみたいよ」等の友人の無邪気な言動である

もう何度となく聞かれたので回答が半ばトークスクリプト化しているが、私自身は結婚する気が全くない。子供を作る気もない。

友人らの結婚式に持参した祝儀袋は50枚ではきかないし、友人らの華燭の典の末席に私の椅子を加えてもらえるのは悪くない。幸せのおすそ分けがあった数年後に、友人らの間に生まれた新しい命に触れる栄誉に浴した機会も両手両足では足りないだろう。

そんな友人達の子供の相手をするのも、また楽しい。先日も友人宅で友人の子供たちとゲームで盛り上がった。そういった私の姿を見てきている友人達はいつも怪訝そうな顔をして、お決まり言葉を投げかけてくる。

曰く、「増田絶対にいいお父さんになれるよ。」と。

しかし、残念ながらそんな姿を友人たちに見せる機会は、永遠に実現する事はないだろう。なんだかこちらが申し訳なくなってくるが、こればかりはどうしようもない。

結婚出産をしない事の仔細については伏せさせていただくが、私自身はLGBTという訳でもないし、病気等によって子供が作れない身体という訳でもない。過去交際した異性がいない訳でもないが、結婚するというビジョンは当初から皆無だった。




・・・さて、長々と私の宴席話を綴ってしまったが、ここまでが枕詞である。以下より表題の件となる。

最近発生したとある些事によって、私は自身の今後の人生を考える機会を得た。それは老後の事であったり、貯蓄の事であったり、人間関係の事であったりする。

不思議不安はない。「少くとも僕の場合は唯ぼんやりした不安である。何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安である。」と言ったのは太宰だったか芥川だったか。或いは川端だったかも知れない。

老後を一人で支えていく貯蓄は作れる。今現在のところは十分な資産が無い為「ある」とは胸を張って言えないが、仮に70歳定年制度が導入されようとも、食べていけるだけの資産形成するだけの資力はあるものと自負している。

加齢による孤独との付き合いも、それなりにこなしていくつもりだ。とは言え、老境に達した事もない若輩が悟ったような事を口にするのも軽々しい。鋭意努めるといった表現に留めておこう。

そのような事を独りごちること数日、ようやっと私は「自身に生きている理由がない」と言う平々凡々な結論に至った。

却説そうなると困ってしまう。理由もないのに生きていくには、あと数十年という年月は些か長すぎる。排泄物生産する装置として延々と過ごしていくには動機けが心許ない。

人生に対しての意味を考えるのは、数多く存在する宗教という団体が約二千年ほど前から継続して取り組んでいるようだ。詳しくは知らない。

彼の団体が世に出している成果物を拝見したこともあるが、私には意味を見出すだけのものはなかった。

理由も無い、意味もない。そうなると次の段階として「可及的速やかに、かつ周囲の迷惑を最小限にとどめる形で自殺する方法考察する」ということになるが、私にはそれを実行するだけの胆力が備わっていなかったようである。自ら命を絶つという行動を想像するとき自身の玉袋が萎びていく感覚が如実にそれを証明している。

安田講堂演説をぶった後に割腹して果てたのは誰だったか筋骨隆々とした当時の写真を見るに、グラビアモデルか何を生業としていた人だと推察しているが、どうだろうか。職業はともかく、その胆の据わりようはまさに驚嘆に値するが、私には到底真似のできない所業である

理由も無く、勇気も無い。理想も無かった。願望もこれといって無かった。意味のある無しは私自身が決定するものではない。後世の人間理由付けしたもの意味だ。

かと言って「無い」状態を維持していくのも据わりが悪い。回答でも解答でも一向に構わないのであるが、「ある」状態にしたい。ふとそう思い至って有休申請をしたのが昨日の午後、目の前のキーボードを叩いては嘆息する作業に飽きてきたのがつい先ほどの話だ。

先人の知恵を生かす事こそが人類であり、その事を辞書で引くと即ち「英知」である。ならば私も人類の英知の恩恵に与ろうと「はてな匿名ダイアリー」なるサイトの中に設置されている検索窓で「人生 理由」と入力してENTERキーを叩いたところ、検索結果は0件だった。平日の昼間から人生 理由」や「人生 意味」といったワード検索をかけている中年男性という絵面も大変に珍妙ではあるのだが、ここで膝を折るわけにもいかない。

Google検索で「人生、宇宙、すべての答え」で検索すると「42」という解が得られるというのは割合に有名な話ではあるが、できれば証明過程のほうも見せていただきたいので、「人生 理由」や「人生 意味」などのワードGoogle検索をかけても、有象無象が多くて選り分けるのに四苦八苦しているうちに時間けが過ぎ去っていく。回顧するに到底建設的な所作とは言えない。

※ちなみに、「人生 理由 anond」等とGoogle検索すると、先人への英知に到達する作業が捗ったという事実も申し添えておく。


・・・結局、特段の進歩もなく、たまっていた有休を消化して終わるだけの一日となりそうだが、髪の毛一本分、まさに寸毫ほどの厚さだけでも遺物があれば、後進増田諸氏の灯台となり得る可能性はあると考えた。

可能性に賭けることは好きではない。そもそも賭け事が嫌いだ。だが、この愚かな人間がしたためた理由意味もない駄文が、誰かにとっての灯火となれば幸甚である

大海原の中のマッチ一本分にも満たない、本当に小さな灯り火であるが。

ここまでお付き合い頂き、かつ増田諸氏の人生の貴重な時間をも少々頂けた事に深謝する。増田諸氏の人生に幸多からん事を祈念して、ここで筆をおく。

2017-06-13

http://anond.hatelabo.jp/20170613215800

あなたは「飛び抜けることができる人間」という言い方をしたので

これは比べる外部を念頭にした尺度です

外部を尺度に頑張る人間がくだらないとか迷惑になりがちというのはその通りです

まりあなたが推奨する特別な人というのもくだらなくて迷惑になりがちな人です

特別というのはどの特別もそのていどです

http://anond.hatelabo.jp/20170613165142

一択だろ。

増田は違うからそういう話をされても微妙空気にならないけど、微妙空気になる人を増田尺度で測る意味がわからない。

一択

http://anond.hatelabo.jp/20170612211304

宗教に入れ入れいってるコメント

心の安寧を求めてるんじゃなくて

俺は物理的に死にたくないし周りの人間にも死んでほしくない

物理的に死ななければそれ以外は心が不安定だろうが不幸だろうがどうでもいい

死ぬということが嫌だ

酔っぱらってても死ぬのは嫌だ

寝起きでも嫌だ

泣いてる笑ってる死ぬのは嫌だ

時限装置爆弾勝手につけられてる感覚がいや

死ぬ権利ではなく死ぬ義務

不老不死が良くないとかおかしいとかは不老不死体験していない人間がいっても説得力ない

老化による倦怠感と不老不死をごっちゃにしないでほしい

絶対不老不死はいものだと確信している

人間尺度で1年から100年が1000年や10000年に伸びても宇宙からしてみれば些細なことだ

なら無限大に生きてみたい無限大に過ごしたい

宇宙が終わってしまうならその瞬間までめいいっぱい生きていたい

終わりを決められるなんて嫌だ

死という運命に操られるのが嫌だ

避けようがない運命を知らぬ存ぜぬで生きる器量がない

死にたくない

効率を考えても将来を考えても死ぬ

死ぬことが成長性を阻害している

今まさに死のせいでこうなっている

死がない世界に行きたい

死ぬことが良いわけがない

死にそうになったら命乞いをする

助けてという

死にたいとか嘘だ

誰もが後悔する

死にたくない以外ない

カッコつけるな俺も死にたくない

この文章を読んだやつは漏れなく死ぬ

いつかは分からないけど絶対死ぬ

どんな偉そうなやつも死ぬ

身分が低いやつも死ぬ

全員死ぬ

どんな才能も死ぬ美人死ぬこどもも死ぬ老人も死ぬ全員死ぬ

どうしてこの時代に産まれしまったのか

最悪

死にたくない

死ねなくなる方法があれば頑張れた

洗脳で頭がおかしくなれば救われるのか

大事な人が死ぬことがいいわけがない

死ぬことがいいわけがない

宗教詐欺

詐欺をすすめるな

俺は死にたくないだけ

神を信じたいんじゃなくて死にたくないだけ

心の安定を求めてるんじゃなくて

死にたくないだけ

有限のほうがいいなんて大嘘

慰めてるだけ

あれもやりたいこれもしたい、やりたいこと積み重ねたいのに

死に潰されるから気力なくなる

自分を納得させようと必死なだけ

無限の命が尊くないなんて誰が決めた

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん