「意気投合」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 意気投合とは

2021-06-09

婚活広告出したら結婚出来た

自分は当時婚活中だったんだけど、マッチングアプリ田舎出会えないし、

結婚相談所にも通ってたけど、月5千円~3万円ぐらいかかって、半年やっても成果が出なかった。

諦めかけたとき、月3000円で広告募集って看板を見てこれだと思った。

自分顔写真プロフィール婚活中ですって書いた広告載せたら3ヶ月で11から連絡来た。

その中から趣味が同じだった子と連絡やり取りして意気投合して、デートを繰り返して今年4月入籍した。

もちろん広告出したときからは恥ずかしいって止められて、友達からバカにされたんだけれども結婚できたからよしとする。

世の中はどこにチャンスが転がってるかわからない。

2021-06-08

でも女性相手にうれしそうに話をする人のほうが婚期は早いよ

そういうの苦にならない人と意気投合して結婚していくからね。

気をつかって何にもしないオタクくんのほうが結婚できてない。

2021-06-05

anond:20210605210125

ちゃんと煽ったり批判してくれる人と触れ合えるって大事だよな。ネットでも意気投合できる人たちだけ、お互い甘やかすだけのグループでいたらあんまり意味ないしな。

2021-05-27

anond:20210527200923

日本国内感染拡大が心配だろ、普通に

ここぞとばかりにコロナはただの風邪勢、パリピ勢、健康自信スポーツ好き勢が現地観戦やらパブリックビューイングやらで集まって、意気投合して飲みにいってってすんぽーよ。

2021-05-25

zoom合コンで知り合った男の子と遊んできた

私 :180*91*31 チョコプラ松尾に似てる

相手:178*99*24 森喜朗とか唐澤弁護士系統の顔

お互いにワークアウト好きでプロテインサプリメントの話で盛り上がってて意気投合

最寄駅が微妙に近いらしく一度飯でも行かない?という流れに。

初対面でボディタッチが多くてこれは…と思ったね。


案の定「このご時世じゃ昼からも飲めませんから…」となし崩し的にホテルへ。

結局一緒に風呂入ってそのままやった。

立ちバックで一発、逆A(対面)で一発。


初対面・・・つか付き合ってもないのにやったのは初。

合コンはんぱねーわ。ヤリチンが来るとガチで出来るなこれ。

2021-05-24

腐女子お気持ち(長文

ジャンルで仲良くなった2人と、ジャンルの切れ目が縁の切れ目になりそう。

学生時代から10年近く一緒にいて、それぞれ個人活動イベント出たり、たまに合同誌作ったり。

即売会終わりで飲みに行ったり、一緒に作品イベントに行ったりしてた。

原作が終わってジャンル斜陽になってきて、同人活動は少なくなってきたけど、それぞれの好きなものお薦めしあったり、ご飯に行ったりは続けてた。

1年半くらい前、私はAというジャンルに着水した。

テンション高めに現在進行形で沼り中だ。

同時期に私以外の2人が、Bジャンルにハマった。

それはそれは猛烈に。

同じCPであったことも幸いし、同人イベントライブ、グッズへの課金、見事にドボンと頭の先まで浸水していった。

二人のハマったCPマイナーものだったこともあって、手に手を取って、いか自分たちマイノリティだけど、崇高なものであるかを主張し出した。

それをみた私は「キモっ」と思ってしまった。

マイナーだけに公式供給も少なくて、コマの隙間に目を凝らし、24フレームあいだの19.3コマ妄想する。

同じものを見ても、私が見えない何かを見て萌え燃え上がっている。

その妄想をしたため、このご時世でもオンオフわずイベントに出まくっている。

それがたまらなくキモく見えてしまった。

私もAジャンル於いては、そのような行動をとっているかもしれない。多分とっているだろう。

一人な分、もう少し制御が効いていると思いたい。

一人になった時点で同人誌、イベントへのモチベーションは下がり、今は滝のように流れてくる公式供給を浴びてまったりしている。

ただの愚痴だ。

わたしから誘えば2人は時間を割いて一緒に出かけてくれるだろう。

でも私は目の前で繰り広げられる2人のトークに、ぼんやりとした虚無の目をしてしまいかねない。

私の知らないところで2人で繰り広げたトークの残り香に「よかったね。素敵だね」と生ぬるいあいづちを打つのだろう。

気を遣って私の推しの話を聞いてくれたら、自慢げに公式供給の多さを話して「妄想が入り込む隙間ないんだよねー」とマウントを取るだろう。想像に堅い。

めっちゃ嫌なヤツになる。

からと言って、一度私がキモいと思ってしまった2人のテンションでAジャンルを語られるのも気持ち悪い。

私の好きなAジャンルが汚されるような気がする、大袈裟だが本心

ちょうどさっきも、Aジャンル公式ツィートに「いいね」を推した。

その次に流れてきたBジャンルについての妄想RTをそっとミュートした。

違うジャンルにハマったことで、こんなに自分の心の狭さを見ることになるとは思わなかった。

2人とはこのままフェードアウトになる確率が高い。

この先、また違うジャンル出会って意気投合して、側からみたらキモトークで盛り上がれるだろうか?

ジャンル、同カプだったからこそ見えなかったキモさが、道を違えたことでお互い浮き彫りになった。

私は私のキモさを引きずって、この道を一人行く覚悟をいい加減決めなくてはいけないのだ。

2021-05-19

友達非処女だった

私には高校生の時からかれこれ10年近く仲良くしている友達がいる。昨年、その友人が非処女だということを本人の口から知らされ、たいそうショックを受けた(いまも受け続けている)という話である

一般的女性であればまあ大学在学時あたりで適当な男を見つけて処女なんて捨てているのが普通だろう。一般的女性友達あんまいないから知らんけど。私たちは(ほぼ)女子校出身で、オタクで、腐女子で、卒業した後もきっとなんとなく普通女の子とは違って、恋人なんかいないままだと思っていた。私はモテ経験もないし、そもそも他人性的接触を持つことに関して苦手意識を持っている。(こういう考えの人を、アセクシャルというらしい 詳しく知りたい人はぐぐろう)友人も、人間は苦手、人外の方が可愛い、などとずっと言っていたから、てっきりセックスなんて論外!という考えだと思っていた。

高校の3年間、私と友人は本当に仲が良かった。

前世双子だったといえるレベル思考回路が似ていたし、馬鹿騒ぎするのが楽しかった。

入学時は、やかましいやつだなと思って、正直好きではなかった。

入学から少し経って、放課後に一緒に行ったマック意気投合した。

テスト期間に机を向かい合わせて勉強せずにお絵かき大会をするのが好きだった。

文化祭の出し物に向けてみんなで頑張ったのもいい思い出だ。

移動教室に何気ない話をするのが好きだった。

推しキャラを描きあって、絵をもらった際は喜びのあまり教室を駆け回っていたりした。

お泊まり会をしたとき、なぜかいつも一緒に風呂に入っていた。(自分クラス友達距離感が近すぎて大体入浴をともにする風習があった)

髪が長い彼女が髪を洗い終わる間に、私は全身を洗い終わっていた。湯船に入りながら遅いよ!と野次を飛ばすのも好きだった。

夜中に電気を消した状態いつまでも寝ずにどうでもいい話をし続けて夜更かしをするのが好きだった。

友人は高校2年生頃に、ツイッター男性向けの人気ジャンルの絵を投稿してバズり、A氏という男性彼女フォローした。察しのいい人はわかるだろうが、こいつが彼女処女を奪った男だ。A氏はインターネット上で彼女イラストツイートを見ているうちに彼女人格自体にも惚れてしまったらしく、積極的アタックを続けた。A氏は私達より5歳くらい年上で、当時は大学生だった。

フォローから1年経ったあたりでA氏と彼女は2人で旅行に行った。今考えると成人済みの男がインターネット出会った女子高生旅行に行っている時点でどうかなとは思う。彼は旅館の同じ部屋、隣の布団に寝ている彼女に手を出さなかったという。(当たり前だろアホが未成年に手出すなボケ)当の彼女旅行自体はおおいに楽しんだようであった。

そのあとしばらくして私もA氏とTwitter相互になり、そこそこリプの応酬をするなど良好な関係性を築いていた。

そして大学1年生のころ、友人はTwitter人間関係やらかししまった。詳しい描写は省くが、彼女の家庭環境はお世辞にもいいものではなく、それに甘んじて他人の優しさに頼りすぎてしまったのだ。彼女フォロワーからの信頼を失って最終的にアカウントを消した。私も、ここ数年は彼女の人にたかる態度に辟易としていたので、いつかこんな日はくるのだろうと思って何も声をかけずにいた。これを期に反省するべきだと思っていた。

そんななかA氏は「反省するまで距離をおこう」といった優しい言葉をかけて、彼女に愛想をつかせることなく想いを寄せ続けた。

それから1年ほどが経ち、私はとあるジャンルにはまった。友人はひっそりとTwitterで鍵アカウントを作って活動していたようで、人づてに彼女も同じジャンルが好きだから久々に話がしたい、ということで、交流を再開した。あの一件をきっかけに彼女反省したようで、人間的に大きく成長していた。彼女大学は早々に辞めてしまっていたが、いろいろあってよくない家庭環境からも無事に脱することができ、パートをして一人暮らしをはじめた。それからは週に1度くらいは通話を繋げて、遠隔ではあるが高校時代のような楽しい交流を続けていた。通話をしながら2人で各々のジャンル同人誌を描いたし、どうでもいいキャラ解釈で延々と盛り上がったりした。

高校卒業しはや5年。大学院生になった私と相変わらず仕事を頑張っている友人は通話で盛り上がっていた。もう今はどんな流れの会話をしていたか覚えていないが、彼女は笑いながらこう言った。






「私もう処女じゃないんだよねw」












頭が真っ白になった。

相手は誰か、いつそんなことになったのか、人間は嫌いなんじゃなかったのか、とか、男性気持ちいから描けないわとか言ってたじゃんとか、いつのまに、とか、いろんな考えが脳裏をすごい勢いで流れていった。私は震えた声で「相手は誰なの?」と聞くのが精一杯だった。

相手はA氏だった。半年上前のことだった。

あの一件があってから彼女から距離をおいているうちに別の女性交際していた時期もあったそうだが、やはり彼女のことが忘れられず、交流を続けていたそうなのだ。A氏は住んでいる地域が遠いので、旅行をする際の宿、ということで彼女一人暮らしの家に泊まった。その夜、友人は非処女になった。

高校生ときお泊まり会、私は友人の当時の家に泊まり電気を真っ暗にした状態で、小学生時代ことなどを語り合った。

彼女父親や弟が発する雑音に怯えて、うまく眠れない状態に陥っていた。だからどうせ眠れないのなら私も夜更かししてしまおうと思った。友達小学生の頃の初恋男の子が忘れられないらしい。でもそいつにはもう彼女がいて、もう別れたって聞いたけど、その男の子とどうこうなりたいわけじゃなくて、ただその子には幸せでいてほしい、と語っていた。ロマンチックだなあなんて思いながら私は馴染みのない天井を眺めていた。

彼女の心にはずっとその男の子がいると思っていたから、一生その子が好きなんだろうなと本人が言っていたから、友人が恋愛感情を抱いてないと言っていたA氏に身体を明け渡したことが許せなかった。第一お前は他人に「自分のことを大切にしてよ!」とか散々言ってたじゃねえかよ。そのお前が「セックスってどんなものか知りたかたからwもう二回目はいいかな〜」とかほざいてんじゃない。

気付いたら私は通話をしながら号泣していた。高校生ときの思い出が頭をぐるぐるして、ダム決壊したように涙が溢れる。壁が薄いからたぶん隣の家の人に聞こえていただろうなあと思う。

好きでもないやつとすんなよ!!自分を大切にしろって常日頃言ってたのは誰だよ!!!叫びながら泣いていた。

友人は「まさか泣くとは思わなかった」と笑いつつ困っていた。それはそうだ、私が人前で号泣するのは相当珍しい。こちとら笑い事じゃねえんだよ。

「じゃあ私がある日突然どうでもいいそのへんの男とセックスしました!って報告してきたらお前はどう思うんだよ!!」

泣きながら怒りながら震えた声で伝えると、彼女はようやく私の気持ち理解してくれたようだった。

その後私は通話をつなぎながらTwitterディスコード、スイッチのフレンドなど、全てのA氏とのつながりを断ち切った。あいつを見ると友人が非処女になったってことを思い出しそうだから。なんだかもうA氏が憎くて憎くてしょうがなくなった。記憶から消したくなった。友人はA氏から「いろいろと落ち着いたら同棲しよう」と言われていたのだが、それも許せなくなって「あいつと同棲するくらいなら私と住め」とキレ散らかした。A氏は自分で「性欲が強い」「女装がしたい」などと言っていてなんとなく気持ち悪いなと思っていたので尚更である

なんだかんだで非処女だと伝えられてから1年くらい経つが、まだ思い出してはムカムカする。友人に対して処女厨になっているのだろうか?しかし、これが相手彼女初恋男の子であったのなら何も言わなかったと思う。友人の、「私は恋愛的にA氏のこと好きじゃないけど、とりあえず自分のことを好いてくれてるみたいだし、セックスどんなもんか知りたいからヤっちゃおw」という考えがムカついたのだ。いや、他の友人だったらここまで情緒を乱さなかったかもしれない。

自分のこの怒りと悲しみがどういう原理なのかいまだにわからない。



追記

すいません、ややこしい書き方をしていますが、私と友人は現在23歳です。友人が非処女になったのは22歳の時です。私は23処女です。悪いか

ガッキービッチやったんや・・・

星野源さんと新垣結衣さんは、5月19日婚姻届提出について

逃げるは恥だが役に立つ」での台本読み合わせ時の初対面の日が5月19日だったからだという。

また、初対面時に意気投合し、この日に交際スタートとなっていたことも明らかになった。


出会って即とか・・・

2021-05-16

から10年以上前20代の半ばだったころにワーキングホリデー某国に行ってあてもない気楽な自由謳歌してた時期があった。

20代の半ばを海外でふらふらしてるような奴が入りびたるコミュニティなんて多かれ少なかれ似たようなマインド持ちが多かった。

国を問わずみんなふらふらしてて、でも将来のことを考えていないわけじゃなく、つかの間の自由に興味と行動力若さだけで飛び込んでしまったような人たち。安い日銭を稼ぎ、バックパッカーを細々と続けているその先の冒険を全身で謳歌していた。

夜になると音楽お酒自分英語は拙かったけれど若いというだけの怖いもの知らずで知らない人たちとよくお酒を飲んでいた。

たまに意気投合するとアクティティを共に過ごすこともあった。デイトリップダイビングやそんなことを。

少しの時間しか一緒に過ごさない人もいればそこから細々と今までつながっている人もいる。旅は道連れ世は情けというけれどそれを体現していたのかな。

じきに現実に戻らなければいけない時期がきて、自分もそんな日々とお別れを告げ、紆余曲折ありながら今は日本の片隅でひっそりと経済活動歯車として頑張っている。

自分日本人で、そういう流れでたどり着いた行先はだいたいご想像通りであまりぱっとしない。なんだけど、当時知り合った海外の人たちはみんな国に戻ってから大学などで学びなおして世に出ている。

最近もそういうニュースが知り合いのコミュニティであって、もう年齢が40過ぎてる人なんだけどようやく学位とったよ!って。

いくつになっても大学で学びなおせる環境ってすごくうらやましいと感じた。日本ってそんな感じで一度社会人経験してても大学学位とれたっけ。

2021-04-09

anond:20210408200200

40手前で婚活サイト登録翌日に会った人と半年後に結婚した。追記も読んだが、ワイの場合は35、6で

結婚たかった人と別れて他の人と恋愛結婚する気が失せたが、思うところがあって、40手前で某大手

婚活サイト登録した。

お試しでwebアプローチする説明を受けたが正直ピンと来んかったから、登録した翌日にそのサイト

主催してたパーティ?に参加してみることにした。その時、誘導されて座らされた最初の席の隣にいた

世代の人と意気投合して試しに付き合うことになり、その半年後には籍を入れて、その後生まれ子供

今年小学2年生になる。実質、サイト婚活したのは10日に満たない。そのサイトでは成婚までの最速に近い

記録になるらしく体験談とか求められたが2人で全力で拒否したなw

2、30代の頃のような恋愛感情が湧くことはないが、同世代話題も合うし、教育観も近く、セックス

相性もそれなりに良い。たまに衝突もするけど、家事子育てを分担しながらそれなりに仲良くやってる。

ワイも遅い結婚やったから、今一人でそれなりに満たされているのも分かるし、一人暮らしのペースが一旦

出来てしまうとそのペースに今更他人を入り込ませるメリットを見出せないのも分かる。一人暮らしは一人

暮らしの気兼ねのなさが心地よいし、二人暮らし家族と関わる刺激が心地良かったりするしな。

からこれから結婚不要と決める必要はないし、またタイミングが合えば結婚もいいかもな、くらいの

スタンスでいるくらいが良いんじゃないか、とワイは思う。

2021-04-07

女があてがわれたとして

実際気の合わない女と一緒に暮らすのむちゃくちゃ辛くない?

向こうは義務だと思って同居してくるんだよな?

特に愛とか感情交流がないわけだ

そりゃ中にはお互い気を使ったり意気投合するカップルも生まれるかもしれないが、そんなんレアケースだろ?

キツくない?マジでキツくない?

それなら風俗でいいわ

2021-03-02

人には人の発達段階

大学時代意気投合した彼氏と3年の交際を経て結婚、今年で2年目になる。

なんだかんだと延期になりつつ来月結婚式を迎えるので記念に自分のことを書き出してみる。



私は典型的機能不全家族に生まれ、家では適当に殴られていれば良かったものの、外での振る舞い方が全く分からなかった。

小中のころは道でウンコをしたり机の天板で彫刻作品制作したり消しゴムを食べたりなどの奇行が目立ち、バチボコいじめられていた。

が、ガサツでメンタルが強く、とにかく勉強が出来たため県内トップ公立高校に進学することとなった。



こうして擬似アスペモンスター状態高校入学したわけだが、場所県内トップ校だ。真面目で育ちの悪くない学生に囲まれ、ここで初めて「人間として話しかけられる」経験をする。


コミュニケーション”はものすごい情報量だった。

恋愛青春ごっこに手を出しては失敗し、たまに上手くいき、親友恋人が出来ては絶縁した。

成績はみるみる落ちていった。


常にお金がなかったためバイト先を転々とした。JKカフェ喧嘩で退店した直後にその店が摘発されたこともあったし、レンタル彼女円光もとりあえずやってみた。


そうこうして卒業を迎えるのだが父が女の大学進学を認めるはずもなく、高校就業する学生は1人もいなかったため、まず金銭的に自立すべきと考えて浪人という名目キャバクラ勤務で生計を立てることにした。



これも本当に面白かった。面と向かって酔ったおっさんにブス!ガキ!乳首見せろ!と詰られる日々だがそこは鋼のメンタルで乗り越えた。

客の心をつかめばめちゃくちゃ嬉しそうにはしゃいでくれ、売り上げも伴う。他人に対して情のようなものを感じたのは初めてだった。自分の心は金で動くと知った。


酒での失敗は本当に多かった。記憶飛ばして先輩嬢の客にキスしたり、アフター先で眠って客に店まで届けてもらったり、気に入った客をホテルに誘ったはいいがチンコが臭すぎると爆笑して何もせずそのまま帰ったこともあるらしい。


その後人に迷惑をかけ貯めたお金で入った大学を即中退し今の夫と付き合い始め、キャバ勤務を再開、遊び回っていたところ、ひょんな縁から今の会社就職することとなった。



大学時代教授が知り合いの社長に私を紹介してくださったのだ。「誰か勢いのある奴はいいか」と聞かれて私が思い浮かんだらしい。


上司セクハラに困った時期もあったが、毎度舌打ちしていたら直った。

残業は多いが仕事内容は全く難しくなく、家事帰宅の早い夫がほとんど済ませてくれるためストレスがない。

年収は私550・夫400と24にしては文句のない程度でのびのび過ごしている。



ときどき、どうやってこの快適な生活を手に入れたのだろうかと不思議に思うことがある。


大きな決断自分で下してきたというのもあるが、なにより巡り合わせとタイミングだと思う。

小中で友達がいなかったからこそ大量の読書が出来たし、高校キャバクラ経験が無ければ一般企業で働けるほどの人間性は間に合わなかったし、就職タイミングが少し違えば結婚することもなかっただろう。


間違いなく今の私には余裕があるので、このタイミング感謝気持ちを改めようと思う。迷惑をかけた方々に対しての自省の念を添えつつ。


こんな私を愛してくれるあたたか宝石みたいな存在絶対幸せします。

それが最もシンプル感謝表現方法だと思うので。

2021-03-01

変人の心にしみたスーパー戦隊

本日、「魔進戦隊キラメイジャー」が最終回を迎えた。変人にとっては大変心にしみた内容だった。

この戦隊、見た目やノリは昭和っぽいのだが、中身はしっかりと令和していた。

「中身は令和」とはどういうものかというと、“価値観多様性を認め、大事にする”というスピリッツが全編通して貫かれていたように思う。

そもそも、いつもリーダーでチームの中心的・熱血な性格に描かれがちな赤が、キラメイジャーでは「絵描き」で基本なよなよしており、

それに変わるチームの司令塔である黄色eスポーツゲーマーというのも非常に今風だと感じる。

名シーンやうなるような展開を上げると枚挙に暇がない。いくつか個人的に印象的だったところをざっくりと挙げてみたい。

(以下はネタバレとなるので、見る予定の人は引き返してほしい)



・「周りの目は気にせずに」「好きなことを信じる」というOPテーマ歌詞

・青をストーカーしていた地雷女最後ピンク百合堕ちする。

ピコ太郎ゴールドに変身すると思ったら「やっぱ俺は後方支援が似合う」と言って変身しない。

・絵が得意でないという子どもに対し、画用紙を引き裂いてちぎり絵をさせる赤。

優等生ぶっているクラスメイトJKに対し、「そのままでいい。むしろかっこいい」と言う赤。

・5つの性格に分離してしまった緑の、マイナス思考性格に対し、時にはそういう面も大事と優しく包み込むピンク

・終盤、クリエイター同士ということで、敵幹部の一人と赤が意気投合し仲良くなる。

などなど。



残念ながら、コロナ流行した時期に撮影放送がぶつかってしまい、数話飛んでしまったが、日曜の朝からテンポよくやけに明るくハイテンションに進行していき、

そして「好きなこと」をエネルギー源とするテーマが、多くの視聴者を元気にし、勇気づけていたのではないかと思っている。

好きなことがあれば、辛い時期も耐え抜ける。コロナ禍の戦隊キラメイジャーで、本当に良かった。


もし、この戦隊学生時代に見ることができたら、どんなに支えになったのだろう。

主題歌歌詞のように、クラスメイト視線なんか関係ない。好きなことを貫こう。そう思えたのではないだろうか。

変人の自負があるオタクの皆さんには、この「キラメイジャー」お勧めしたい。

ます有料配信へ、とは言わないけど、Amazonプライムとかで見放題となった暁には是非。

2021-02-18

配信者と裏で繋がってた

配信者と繋がってた。最初はそういう人だって知らなかったけどたまたまゲームしてたら知り合って、意気投合して。

仲良くなってからそのことは知った。

なんやかんやあって付き合うことになったんだけど、私は恋人なんてものが初めてだったもんで非常に舞い上がっていた。

できることはなんでもするのがいい恋人だ!と思っていたために、どんな頼みでも聞いた。

配信中は音入ったらまずいから別の部屋にいて。俺以外の奴と連絡取らないで。ちゃん恋人いるアピールSNSでしてね。

でも自分キャラ的にそういうのまずいから何も言わないよ。写真流出したら嫌だから撮らないで。

そうだよね。しょうがないよね。有名だもんね。その方が合理的だよね。私も納得はしてた。最初のうちは「迷惑かけてごめんね」って言ってくれてたっけ。

忙しいだろうから私が身の回りのことやるね。はじめは「ありがとう」って言ってくれてたけど、気がついたらその言葉も無くなってた。

久しぶりに会ったのに配信外でも私をほっぽって他の子ゲームして、楽しそうに喋ってる背中を見て「なんで付き合ってるんだろう?」って、思ってしまった。

私はただの身の回りの世話をしてくれる便利な奴隷なのでは?一度考えたら止められなくて、そのまま別れを告げた。

私と付き合ってる間も、別れてからも、元恋人SNSは何も変わらない。私のいた痕跡はどこにもない。

何もないような顔をして、ひっそりと次の子を作ってるんだろうな。

地獄に落ちろ。

2021-02-14

anond:20210214182832

うそう、で、そのCMソングを作るために集まったアーティスト意気投合して始めたバンドがマイ・ブラッディ・バレンタインなんだよな。知ってる。

2021-02-12

anond:20210212190536

私の大学では、騒いで授業の進行妨げるクラスメイトに「働いてる合間縫って勉強してるんだぞ」と怒鳴った学生がいたなあ

三流大学で、クソみたいなカリキュラムでも授業料はいっぱしに年100万円くらい取るようなところで

クソはクソなりに特待制度なんてあったから私は年20万円払うだけでよかったが

片道1時間以上かけて通ってたから、別のものを支払ってたんだろう

結局クソ大学なので特に技能は何も身に付かず、複雑骨折した自尊心治癒せず

新卒切符をなんとなくドブに捨て無駄に遠回りして就職した

安定性以外何も望めないような職場では一応、大卒という肩書きだけは通用した

別にどこの大学かは取り沙汰されなかった

住んでいたのがクソ田舎でよかったと思えたのは人生で初めてだった

田舎すぎて使い途がなくて貯まったお金で、学費を親に返すことができた

まあこんなものだろうと安穏と生きていたら趣味意気投合して結婚した相手がよく稼ぐ人で

自分も遊ばせてもらったから」と子供大学進学はいくらであろうと全額親がもって当然という雰囲気

聞けば関西では一流の端っこみたいな扱いの大学エンジョイしたそうだ

多くはないであろう、私の負担分の学費を考えると何も言えなくなるが

騒ぐやつ、怒鳴るやつ、高みの見物してるやつ、そのどれにも我が子にはなってほしくはないし

母校のようなクソ大学だったらお金可哀想だな思うことしきりで

大学時代の友人の現況などは怖くて知りたくないこの頃である

anond:20210212202736

これはつまり…会ったことはないけどTwitter上で仲良くなってそのまま意気投合わたしたち結婚しました!みたいなことかな?

それともルッキズムを嫌い、お互いのステータス情報だけをみてお見合い結婚するみたいなことだろうか。

2021-02-02

追記】“理解のある彼女ちゃん”がいたのに

追記

友達について

物心つく前からの付き合い。こっちは友達のつもりだけど多分向こうがどう思ってるかは微妙。あっちは家族の手前、切り捨てるのが微妙から続いてるっぽい感じもするし、中学の頃別の奴からあいつはお前のことなんかどうでもいいからこそ何でも話を聞いてくれる(否定しない)んだぞ勘違いすんなよ」と言われたこともある。俺と違って健常者で友達も多い。俺にないもの全部持ってて、こいつが「元カノ理解があったよね」って言ったからこそ認められたような気もする。

・A子の近況について

ストーカーはしてない。同期だったころにFacebookでつながって、お互い更新しないのもあってこっちはブロックされてなかった。他の奴の投稿でA子の近況知った。別に嗅ぎ回ったわけじゃない。

。。。

以下本文

。。。

理解のある彼くん”というワードをよく目にするようになり、アスペのワイ「女は楽でいいよなーーッ!!」と思っていたが、唯一の友達に「でもお前の元彼女ちゃんは、かなり“理解があった”よな」と言われて黙る

子供の頃から勉強は出来るが空気が読めずに浮いていた。自分なりに気を使ったつもりでもやはりズレていて、しょっちゅう場を白けさせた。幸いいじめを受けたことはなかったが、いわゆる「班分け」的なやつでは行き場所がなく、修学旅行では人数の関係クラス陽キャグループに投入された。意外にも陽キャグループは優しくて、俺を適度にイジりながら一緒に行動してくれた。「増田おもしれぇ!」と言われたので「もしかたらこのままグループに入れてもらえるんじゃ」と淡い期待を持ったが、そんなことは全然なかった。

大学でも最初は頑張ってみたものの、すぐに周りに距離を置かれて孤立した。せめて可愛い彼女が出来ればとも思ったが、友達が作れない男が彼女を作るのは無理ゲーだった。

何とか就活を終え、童貞のまま就職した。大企業ではないので同期は10人。その中のひとりがA子だった。同期の中でもいつも通り、最初だけ輪の中心にいて徐々にハブられる流れだったが、配属先が同じだったA子だけは離れずフォローをしてくれた。女子に優しくされたことのない俺は舞い上がり、A子にアプローチをした。ダサくて空気の読めないアプローチだったと思うが、何度か粘って奇跡的にOKを貰い、人生初の彼女ができた。

A子は仕事ができた。優しく気遣いができるので、同期にも先輩にも好かれていた。ワイは学歴は1番だったが、案の定仕事ができない。そんなワイに、A子はかなり尽くしてくれたと思う。いつも優しい言葉で励ましてくれ、残業でヘトヘトの日には飯を作って待っててくれた。ワイはA子に依存した。そしていつのまにか、A子がしてくれることを“彼女なんだから”当たり前だと思うようになった。

そんなある日、ワイは仕事で大きなミスをして上司に叱責された。素直に謝れば良かったんだが、ミスデカさにパニックになってわけのわからない言い訳をしてますます上司を怒らせた。同僚たちの軽蔑の目に耐えきれずに早退し、次の日から会社に行きたくてもいけなくなってしまった。ありがちだが、出社しようと玄関に立つと涙が止まらず吐いてしまう。

心配してくれたA子にも酷い言葉を浴びせてしまった。この世で甘えられるのはA子だけだったし、暴言を吐けるのも彼女だけだったからだ。それでもA子はワイを見捨てず、退職して家賃が払えなくなったワイを自宅に引き取ってくれた。広くはない1Kの部屋。何の生産性もなく、家事もできないワイに、A子は頑張れとは言わなかった。病院にも連れて行ってくれた。少し症状が回復した時、ネトゲ出会ったメンヘラ意気投合した。A子が責任感があってまともだからこそ、メンヘラのだらしなさに触れると安心する感じがあった。そこからはもうお察し。メンヘラとの浮気がバレた夜、A子は初めて泣き崩れた。出て行ってくれと言われた。A子に愛されている自信があったから、荷物をまとめる間に引き止められるか、出て行ってもすぐ連絡があると思っていた。でもなかった。メンヘラの家に転がり込んだが、メンヘラメンヘラでは共倒れになるしかない。3ヶ月後に帰ったA子のマンションには別の人が住んでおり、着信拒否されていた。

友人の言う通り、A子は“理解のある彼女”だった。でも俺は友人に言われるまで、どんな彼くんモノの漫画を読んでもA子を思い出すことはなかった。A子を“生きづらい人生に現れた救世主”として感謝するのではなく、“生きづらい人生にやっとき報酬”くらいに思っていたんだと思う。「懸命に生きている自分人生にはそういう女がずっと現れるべきなのになかった。やっと“当然の権利”を手に入れた」みたいな。俺が半生を漫画(笑)にしたとしたら、A子のことは書かなかったかもしれない……とまで思ってゾッとした。

当時は精神的にも経済的にも助けられたし、浮気がなければ、A子は結婚してくれたかもしれない。主夫ですらない(家事をやる気もない)ヒモを飼ってる女って意外といるよね……たいていはヒモだという認識ないまま……

半生漫画理解のある彼くんを登場させられるのは、理解のある彼くんが特別だとちゃん認識して、多少頼ったり甘えたとしても関係を続ける努力を怠らなかった人だと思う。俺みたいに当然の権利として受け取って、努力を怠る人間には理解のある恋人がいたとしても救いにはなれない……というか恋人の“理解”や愛情をぶち壊してしまう。

男全員がそうじゃないだろうが、俺は、女からの優しさを“当然与えられるべきもの”という風に捉えていたんだなとここ数日で考えていた。だからA子のことも特別理解のある彼女ちゃん”と認識できなかった。

A子に謝りたいと思うが、すでに家庭を持った彼女にとって俺なんか忘れたい過去だろう。黒歴史か。謝りたいという気持ちさえ、A子のためじゃなく自分のためで、あわよくば優しくされたいとすら思っている。そういう自分が本当にキモい

理解のある彼女ちゃん”がいたのに

理解のある彼くん”というワードをよく目にするようになり、アスペ(多分。未受診)のワイ「女は楽でいいよなーーッ!!」と思っていたが、唯一の友達に「でもお前の元彼女ちゃんは、かなり“理解があった”よな」と言われて黙る

子供の頃から勉強は出来るが空気が読めずに浮いていた。自分なりに気を使ったつもりでもやはりズレていて、しょっちゅう場を白けさせた。幸いいじめを受けたことはなかったが、いわゆる「班分け」的なやつでは行き場所がなく、修学旅行では人数の関係クラス陽キャグループに投入された。意外にも陽キャグループは優しくて、俺を適度にイジりながら一緒に行動してくれた。「増田おもしれぇ!」と言われたので「もしかたらこのままグループに入れてもらえるんじゃ」と淡い期待を持ったが、そんなことは全然なかった。

大学でも、最初は頑張ってみたものの、すぐに周りに距離を置かれて孤立した。可愛い彼女が出来ればとも思ったが、友達が作れない男が彼女を作るのは無理ゲーだった。

何とか就活を終え、童貞のまま就職した。大企業ではないので同期は10人。その中のひとりがA子だった。同期の中でもいつも通り、最初だけ輪の中心にいて徐々にハブられる流れだったが、配属先が同じだったA子だけは離れずフォローをしてくれた。女子に優しくされたことのない俺は舞い上がり、A子にアプローチをした。ダサくて、空気の読めないアプローチだったと思うが、何度か粘って奇跡的にOKを貰い、人生初の彼女ができた。

A子は仕事ができた。優しく気遣いができるので、同期にも先輩にも好かれていた。ワイは学歴は1番だったが、案の定仕事ができない。そんなワイに、A子はかなり尽くしてくれたと思う。いつも優しい言葉で励ましてくれ、残業でヘトヘトの日には飯を作って待っててくれた。ワイはA子に依存した。そしていつのまにか、A子がしてくれることを“彼女なんだから”当たり前だと思うようになった。

そんなある日、ワイは仕事で大きなミスをして上司に叱責された。素直に謝れば良かったんだが、ミスデカさにパニックになってわけのわからない言い訳をしてますます上司を怒らせた。同僚たちの軽蔑の目に耐えきれずに早退し、次の日から会社に行きたくてもいけなくなってしまった。ありがちだが、出社しようと玄関に立つと涙が止まらず吐いてしまう。

心配してくれたA子にも酷い言葉を浴びせてしまった。この世で甘えられるのはA子だけだったし、暴言を吐けるのも彼女だけだったからだ。それでもA子はワイを見捨てず、退職して家賃が払えなくなったワイを自宅に引き取ってくれた。広くはない1Kの部屋。毎日何の生産性もなく、家事もできないワイに、A子は頑張れとは言わなかった。病院にも連れて行ってくれた。少し症状が回復した時、ネトゲ出会ったメンヘラ意気投合した。A子は責任感があってまともだからメンヘラのだらしなさに触れると安心する感じがあった。そこからはもうお察し。メンヘラとの浮気がバレた夜、A子は初めて泣き崩れた。出て行ってくれと言われた。A子に愛されている自信があったから、荷物をまとめる間に引き止められると思ったし、出て行ってからすぐ連絡があると思っていた。でもなかった。メンヘラの家に転がり込んだが、メンヘラメンヘラでは共倒れになるしかない。3ヶ月後に帰ったA子のマンションには別の人が住んでおり、LINEブロックされていた。

友人の言う通り、A子は“理解のある彼女”だった。でも俺は友人に言われるまで、どんな彼くんモノの漫画を読んでもA子を思い出すことはなかった。A子を“生きづらい人生に現れた救世主

として感謝するのではなく、“生きづらい人生にやっとき報酬”くらいに思っていたんだと思う。「懸命に生きている自分人生にはそういう女がずっと現れるべきなのになかった。やっと“当然の権利”を手に入れた」みたいな。俺が半生を漫画(笑)にしたとしたら、A子のことは書かなかったかもしれない……とまで思ってゾッとした。

当時は精神的にも経済的にも助けられたし、浮気がなければ、A子は結婚してくれたかもしれない。主夫ですらない(家事をやる気もない)ヒモを飼ってる女って意外といる。

半生漫画理解のある彼くんを登場させられるのは、理解のある彼くんが特別だとちゃん認識して、多少頼ったり甘えたとしても関係を続ける努力を怠らなかった人だと思う。俺みたいに当然の権利として受け取って、努力を怠る人間には理解のある恋人がいたとしても救いにはなれない……というか恋人の“理解”や愛情をぶち壊してしまう。

全員が全員そうじゃないだろうが、男は……ていうか俺は、女からの優しさを“当然与えられるべきもの”という風に捉えていたんだなと、ここ数日で考えていた。だからA子のことも特別理解のある彼女ちゃん”と認識できなかった。

A子に謝りたいと思うが、すでに家庭を持った彼女にとって俺なんか忘れたい過去だろう。黒歴史か。謝りたいという気持ちさえ、A子のためじゃなく自分のためで、あわよくば優しくされたいとすら思っている。そういう自分が本当にキモい

2021-01-25

anond:20210125152544

 このJUNG KOOKとV(本名:テヒョン)のコンビは、「グクテテ」「テテグク」「kookv/vkook」「taekook」などと呼ばれ、世界中のARMYから愛されている2人組。BTSの中で最年少組でもある2人は、JUNG KOOKが話したように練習生時代からの仲。周囲は年上ばかりで恐縮していたJUNG KOOKのもとへ、3カ月遅れでVが練習生としてやってくる。「初めて心を許したメンバーはV」とJUNG KOOKが話しているように、2人はすぐに意気投合した。

 

 リラックスしたときには子犬たちがじゃれ合うように戯れて見せたり、料理企画をしようとすれば共にエプロンが着られないというシンクロした動きで笑いを誘ったり、気分がノッたときには抜群の歌唱力で美しいハモり披露して感動を呼んだり……。2人の前では、なんともない日用品も、あるいは才能とも呼べるスキルも、遊び道具になってしまう様子が、なんとも微笑ましい。

 

 そのなんでもない時間も楽しそうな様子は、共に育った双子のようでもあり、付き合い始めたばかりの初々しい恋人のようでもあり、命を預け合うと誓った戦友のようでもあり、そのなんとも形容し難い関係性がARMYたちを魅了してやまないのだろう。

 

 小さい頃から抱きしめると安心する宝物のぬいぐるみに触れるかのごとく、ふとしたときにお互いにボディタッチをしてしまう2人。時折、他のメンバーと仲良くしているところを「嫉妬しているのでは?」と思わせるような素振りが見られることもあり、「一体どういう関係なの?」と、ますますARMYたちの心をかき乱してやまない。

https://realsound.jp/2021/01/post-695204.html

 

なんだこれ。

 

腐女子向け媒体ではなく、

音楽アーティストニュースレビューリアルサウンド」という媒体の、

アーティスト分析」というカテゴリでこんな記事が出てくるのはうすら寒い

2021-01-20

小説くらいって言うけど

私の友人に小説二次創作をしている子がいる

彼女とは高校からの知り合いで、同じアニメが好きと言うことで意気投合した

最初自分と同じRom専だと思ってたけど、親しくなってから「実はpixiv二次創作をしている。」と教えてくれた

でもカップリングが違ったし気恥ずかしかったので読むことはなかったけど、デイリーランキングによく載ってたし、一位を取ったこともある(ランキング見ててびっくりしたからよく覚えてる)

私とその子妄想をしたりしてたけどよく「増田小説書きなよ!スマホメモ帳さえあれば誰でも書けるしw。」みたいな事を言われてた

大学生になって友人は同人誌を作るようになってありがたいことにサークル入場とかさせて貰えてた

友人の本が売れるたびになんかびっくりして現実味全然なかった

未だに友達付き合いは続いていて「増田妄想めっちゃ好きだし絶対書けると思うのにな。超ブクマもらえるよ」って言ってくれる

けど私は何回も小説を書こうとした

けど途中で飽きちゃうのと恥ずかしくて完成まで漕ぎ着けられない

友人は卑下じゃなくて多分本当に「小説くらい」って思ってるけど、自分には才能がなかったんだなって毎回思う

2021-01-15

おばちゃんの3姉妹の思い出

若いころにバックパッカーしていて、

アジアのどっかの国だと思ったが、食堂のおばちゃんと仲良くなった。

聞くと両親が中国系で、なんかの罪で追われたために移民したのだという。

まり移民2世となる。

おばちゃん日本人だと伝えて仕事は何をしているとか意気投合していたのだが、

しばらくして、奥から娘さんらしき人が出てきた。

かなりのおばちゃんである(笑)

そしておばちゃんは娘の説明を熱心に始める。

お互いにつたない英語であるがまあまあ意味はわかる。マジメで働き者とかそういう感じの。

さらにしばらくすると、どこかに電話をし始める。

10分ほどして、さら女の子が2人あらわれた。おばちゃんの次女と三女だという。

イオイどういうことだ。

近所で働いているが切り上げてきたのだという(このあたりが牧歌的である)。

さらにおばちゃん説明が30分ほど続く。

このあたりで鈍感なワイも気づき始める。

「(おばちゃん、3人のうちどれか貰ってくれいうとるやんけ!!w)」

3人とも、あんたならまあええわ的な雰囲気をかもしだしている。ヤバイ

なんだかんだのらりくらりと話題をそらしながら、その場をのがれた。

しかし考えると、情報化社会婚活だの出会いサイトだのいっているが、

本来、男女のなれそめとはこうした「紹介」によるものだっのではないか

そこにどこか牧歌的な、良い意味日本が忘れた古き良き封建的時代をかんじたのである

いま60歳以上の昭和結婚はきっとこんなかんじだったのだろうな、

と思いをはせながら、そのままパタヤゲイバーに向かった。(娘さんゴメン)

2021-01-07

仲の良い男性が全員Vのオタク

VTuberを知っている女友達や私はVが嫌いなんだけど仲良かった男友達がどんどんはまっていくのがなんかホス狂いに落ちてくのを見てるみたいできつい

大学の友人(20代)

大学で一番仲が良い。お互いオタク趣味が合うが3年経っても一向に名前を(苗字でも)呼んでくれない。課題をやったり食事に行ったりする。会話にネットスラングが多い。元々有名な絵師企業VTuberが好き。なんJ淫夢にも詳しい。スパチャの話はまだ聞いてない。

ネットの知り合い絵師(30代)

Twitterで知り合い意気投合ゲームサークル活動についてよく話す。LINE交換してゲームやりながら電話したりもする。会話にネットスラングが多い。企業の有名VTuberが好き。スパチャする。

・元教え子(DK)

塾講をしていたときの教え子。資料アニメ好きとあったので話題にしていたら仲良くなった。ネットスラングに詳しいが言葉選びは普通。音声など推し同人の共有を良くする。バチャ豚を自称していてあまり有名でないVTuberも見ている。スパチャする。

2021-01-02

元旦セックス

元旦セックスした。

ネットで知り合った子と意気投合して会うことになり、初詣した後にラブホへ。

ラブホは意外と混んでいて、残り数部屋しかなかった。

部屋に向かっている途中、近くの部屋から喘ぎ声がだだ漏れだった。

あんだけ喘ぎ声が出るセックスをしているんだと思うと羨ましかった。

私もセックスはしたが、相手全然感じているようには見えなかった。

俺が下手くそなのか、相性が悪いのか。

とりあえず気持ちよかったのでいいや。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん