「負の感情」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 負の感情とは

2022-06-29

フリーレンだけじゃない!サンデーの新たな看板確定な新連載3作

帝乃三姉妹は案外、チョロい。

https://websunday.net/work/17736/

「○○は~~」という量産型タイトルのせいでネガティブ印象から入った漫画だったがキャラが動くたびに面白くなっていって最近の展開(個別ルートに入って長女とのデート回とか)は特に良かった。

主人公やれやれ系じゃなくてポジティブお馬鹿なのがいいよね。ラブコメ漫画のマイ・ランキングではマガジン馬鹿売れ姉妹ハーレム漫画を超えてる。

 

レッドブル

https://websunday.net/work/18395/

リアル系総合格闘技漫画リアル系から刃牙みたいな化け物は出て来ない。こっちは逆に主人公陰湿性格悪いのがいいよね。主人公はいじめられてるところを総合格闘技の若きスター候補同級生に助けてもらって総合格闘技を始めるのだが、同級生に憧れて始めるのではない。助けてくれた同級生が顔や能力だけでなく性格まで完璧すぎるのにムカついて一度ぶん殴って地べたを這いつくばらせたいという負の感情総合格闘技を始めるのだ。しか自分いじめてたやつの手を借りて。主人公粘着質だけど漫画自体はカラッとしていて読みやすくて面白いからずっと続いてほしい。

 

ラストカルテ ―法獣医学当麻健匠の記憶

https://websunday.net/work/18607/

タイトルは物々しくて推理ものかと思うけど(推理要素も入ってるけど)、獣医を目指す高校生青春漫画(今のところは)。動物ものはやっぱり面白い。主人公確認できないはずの助けた動物のその後や死んだ野生動物生前事実としてナレーションで描いてるのが新鮮だった。

 

 

帝乃三姉妹アニメ化レッドブルー、ラストカルテは実写で映像化になるんじゃないか。これに加えてフリーレンに龍と苺という既に看板となってる2作品メディアミックスを待たされてるわけだから今のサンデーすごい

2022-06-24

今の自分の状況や、そこから生じるマイナス感情さらにそれを語るための言葉すら、誰かにエンターテイメントとして消費されるだけのものかと思うと、またさら負の感情が大きくなる。

しかも、自分のような凡庸な悩みや悲しみなんてものは、エンタメ消費としても、まったくもって価値が無い。その辺に転がった、型通りの悩みや悲しみをなぞっているに過ぎない。

2022-06-22

時々思い返す

メンタル最高に病んでた時、マッチングアプリをやってた

ちなみにワイは交際経験0の20代喪女

オタク婚活サイトより、大衆登録してる婚活アプリからオタク探す方が効率的やろと思って、ぼちぼちいいねもらってメッセージのやりとりをしていた

結果として3人と会う約束をして、2人と会った後アプリから退会した(その間1ヶ月)

理由は単純で、自分のことが好きじゃないのに人のことを好きになれると思えなかったか

同時チャット疲れたのもあるけど、この卑屈な性格改善しないまま知らない人と趣味の話を続けると永遠に病むと思ったのもある

ちなみに交際経験なしは現在進行形

約束だけしてた人は、ぶっちゃけ会話が1番盛り上がったんだけれど、当時のワイはかなり悲観的な性格で、その後の会話で相手の人に申し訳ないとばかり思うようになってしまったのだ

ガンプラ作ってて、素直に近場にそういう人がいるの面白いなーと思って、筋トレ動画話題リアルタイムに笑ったのは事実

でも、自分引きこもりだし、仕事も充実してるとも言えないし、全然化粧しないし友達いないし……と色々負の感情が積み重なって、会う約束の日が近くなるにつれて返事を返さなくなってしまった

そしてそのまま退会してしまった

たぶん、アプリ機能的にブロックたか退会したかはわからない仕様になってると思うので、相手はワイがブロックしたと思っているだろう

まあ実施似たようなものなんだけれど、約束したのに音信不通になってしまって申し訳ないなと度々思い返している

でも、あなたに話合わせるために嘘ついてたわけじゃないんだよ、とそれだけ定期的に思い返している

いい人だと思うから相手出来てるといいな

どの顔でという話ではあるんだけど

2022-06-06

さようなら艦これ

いわゆる引退

提督プロフィール


引退理由

期間限定海域がつまらなくなった

札によって試行錯誤を封じられた。基本的ぜかまし様やTwitterなどの編成をコピるのが、当初から攻略方法だった。札実装前は編成を少し変える余裕があり、ボスにたどり着かなかったり寄り道したりなども楽しめた。今では全海域情報が出揃うまで何も出来ない。海域攻略のための特効艦と友軍弾きのため、迂闊に札を付けられない。札対策のために同じ艦を複数用意するのも、ずっと納得していない。

一回の出撃で勝たなければならない運の要素が増えすぎた。道中、交戦形態基地航空隊、開幕航空戦、決戦支援、開幕雷撃、砲撃戦、特殊攻撃、友軍ガチャ、夜戦CIなどがあり、これからもゆるやかに増え続けるだろうこれらの中でも基地航空隊と開幕航空戦が特に辛く、F5保熟練も使うようになってしまった。キラ付けと違って熟練度は3回の出撃でマックスにはできない。なんでこんな不正行為をしないといけないんだ?

もちろん複数ゲージと大量のギミック面白さは感じない。

時間もったいない

戦果以外の任務をやるなら、それ相応の時間を使うのは仕方ない。ゲームとして驚くほど駄目なイベント海域をやるのは、時間が非常にもったいない。でもイベント海域をやらないなら、なぜ艦これをやるんだ?

二次創作を楽しむには、イベントの新艦を迎えておいたほうが良いか艦娘キャラクターとしての情報なんて、調べたら全部出てくる。つまらないイベント海域心臓をキリキリさせながら時間に追われて天井なし堀りをやらされるのか?道中で撤退もあるし、SAが取れるとも限らない。何ならシャッターもある。

運営を好きになれない

不公平な改造、不公平新規イラストイベント海域終了後の新艦限定グラ。お抱え絵師なら頼みやすいのかな?でも幅広く平等にして欲しいよ。

ランカーにしか配られず何年経っても降りてこない「ささやかな」装備、イベント頻度が少なくなったのに大勢居るイベント限定艦。名前に「これくしょん」なんて入ってなければ良かったのに。

信用できないメンテ終了予定時刻。外部の力を借りてでも改善してくれ。

不満点がいくらでも出る

そういう点ばかり認識できるようになった自分も嫌。そんな自分艦娘を従わせるのも嫌。

鎮守府の皆へ

今まで多くのことでありがとう任務の消化のために幾度となく出撃してくれてありがとう。ずっと遠征に行って資源を集めてくれてありがとうイベント海域攻略を成し遂げてくれてありがとう出会ってくれてありがとう

そして、多くの点で申し訳ない。提督に成り立ての頃システム理解せず、君たちの仲間を轟沈させてすまない。システム理解した後も、ながらプレイによる大破進撃で、君たちの仲間を轟沈させてすまない。俺のくだらないミスで傷つけてすまない。

終戦平和という意味サービス終了まで続けたかった。俺のプレイ課金によって平和が遠のくなら、辞めるべきだと考えた。イベント攻略を通じて、負の感情を強めるのが怖かった。イベント攻略をしないのに、君たちを負傷させる出撃や使わない資源のための遠征をさせる理由がなくなった。

皆を解体せず、このまま去る。どうか楽しく生きて欲しい。さようなら。またいつか、どこかで。

2022-05-17

例のAV問題について一発達障害当事者が思った事

発達障害当事者なんだが、例のAV契約絡みの話を見ていて感じた事を書かせてほしい。

あくまでこれは自分の思った事で全ての発達障害当事者の考えとは思わないでほしい。

同じ職場には来ないでほしいとか、罵倒語的に「アスペ」という言葉を使うとか、更には言葉で書けないような発達障害者に対するド直球の差別を散々放置してきたくせにAV契約みたいな話になると急に発達障害に対する差別だという話が盛り上がるのは言葉ではうまく表現できないけど、もやもやしたものを感じてる(ただ、快のような良い感情ではなく間違いなく負の感情)。

こういう考えに至った自分がひねくれてるのではという点は認識してるけど、外部に書かないと落ち着かなくなったので書かせてもらった。

2022-05-16

キャンプ動画が好きでよく見てたんだけどさ

最近、見てるとこいつらは好きなことしてお金も稼げていいよなって負の感情に流されることが多くなってきた

こっちは東京の1K6畳で上司イジメられながらテレワークしてるのに、なんでこんなに差があるんだ

狭い部屋にキャンプ道具は置けないし、車もないから人の少ないキャンプ場にも行けないし、かといって引っ越しできる収入もない。

今週もまた現状を変えられない月曜日が来た

2022-05-15

度を超えたお節介の先輩から逃げたい

増田20代後半会社員女性です。

以前同じ部署で働いていた、苦手な先輩(独身40代女性)がいます。良くも悪くも世話焼きな人で、直接の上司でもないのにプライベートでも仕事面でも過剰に支配下に置かれる感じがして当時から苦手でした。

(例として、コロナが騒がれ始めた当時、私の夫は単身赴任だったのですが「旦那さんが帰ってきて貴女に移して、うちの部署クラスター、とかならないようにね?」などといきなりLINEが来る(そもそも頻繁に帰省もしておらず、当然しばらくは控えようと申し合わせしていた)というようなことが頻繁にあります。)

私がよほどしっかりしていないのでは、と思われるかもしれませんが、同僚や他の先輩、上司性別わず増田さんは本当にしっかりしているね、抜かりがないね」と言われますので、世話が焼きたくてたまらない先輩側の問題だと思っています

配属が変わって数年経ちますが、今でも頻繁に雑談LINEが来たり、食事ドライブに誘われたりします。角が立たないよう、家庭の事情等の理由をつけて9割は断っていますが、たまに我慢して参加するとマウントをとられたり昔の些細な失敗談に尾ひれをつけてネチネチ言われたりして、100パーセント嫌な思いをします。

最近私の身内に不幸があり、どこから聞きつけたのか「私は貴女の味方よ!ごはんに行こう!」と誘われたのですが、休んだ分の仕事の穴埋めや諸手続きでそれどころではないので「落ち着いたらまた…」と断っていました。

すると私の様子を確かめるためか、職場雑談電話をかけてきたり、平日・休日わずどうでもいいLINEを送ってきたりと、一見心配されているようで、私のほうが気を遣って返信をする…という状況になってきました。

食事の誘いも「じゃあこの日は?来週は?」と食い下がってくるので、嘘の用事では埒が明かないと思い「今はまだ少しそんな気分になれないんです」と返信すると「気分じゃなくても人とは出かけないと…そんなんじゃ貴女おかしくなるよ…忙しいなら余計に人と会って話さないと!また近々誘うね」と返ってきて、正直なところ怒りと絶望で目の前が真っ暗になりました。

悲しい気分を堪えて仕事にも行っていますし、職場で仲がいい人や友人には相談もしています。どうしてもこの先輩とは会いたくないだけなのに、やんやり言えば伝わらず、少しだけ正直に言えば逆に説教される…

はっきり「やめてください」と言いたいところですが、今後また同じ部署になる可能性もあるうえ、圧力が強くて影響力のある先輩なのでそこまで踏み込むこともできません。最近では悲しみどころか、この先輩への負の感情に心を支配されそうな気すらします。

私の心の持ちようかもしれせんが、どのように捉えて、またどのように上手くあしらっていけばいいのか相談したいです。長文読んでいただきありがとうございました。

2022-05-13

5chはもうここ数年アクセスしていなかったけれど、twittertogetter負の感情のせいでまた見出しちゃったのでそこから距離を置こうと約二か月間呟いてない 今はとりあえず積みゲーを消費している 

やっぱ指先や目線文字入力以外の意識の下で一切の邪念無く盛んに動くだけでも身体性のありようが変わってくるな 今後はゲームだけじゃなく物理的な運動意識しなくては

2022-05-11

女って泣いたり文句言うために気に食わないこと探してるとこあるよな

男が精子を溜めて発射することで快感を得るように

女は負の感情を溜めて発散することで快感を得る

男が人前でオナニーしたら捕まるが

女は人前でオナニーしてもよしよしされるからますます調子に乗る

人前でオナニーする女はさっさと逮捕した方がいい

2022-05-05

何もかも放棄していた方がマシだと思いたい

20代後半の女、大学生以降彼氏がいない、好きな人もできない

彼氏のいない間、人並みに遊んでいたし、LINEを交換した人の数は100人超えてるだろうけど、

誰一人として好きにならなかったし、好きになろうとも思わなかったし、そんな私を誰も好きになってくれなかった

たまに”いいかな”と思う人が現れても、何もできず、誘わず、誘われずで消滅

そんな感じで過ごしていたけど、やっと”いいな”と思う人が現れた

合コンで会って、二人で飲みに行くことになった

恋愛していない間で麻痺しきった感覚を信じていいのなら、脈アリだと思いたかった

けど、二人で飲みに行った後は、なぜか大人数で数回飲んでる

この時点で、脈ないのか?ってなるけど、脈アリっぽい行動もある

アプローチの仕方が全くわからないけど、意を決して誘ってみたら玉砕した

いろいろと忙しいって理由だった

「本当に忙しいだけだから連絡する」の一言を信じられない

脈ないんだろうな、と思っては落ち込む

本命の女には、忙しいが理由で断らない、どんなに忙しくても時間を作るっていろんな人が言ってる

相手のインスタのストーリーが上がるたびに気になる

20代後半の男の人って、男だけでディズニー行く?絶対女と二人でしょ、みたいな負の感情が湧いてくるだけ

あーあ、だから誰も好きになりたくないんだよな、と思う

傷つきたくないから、好きって思いたくないし、傷つきたくないから、踏み込むこともできないし

些細なことで一喜一憂して、どうでもいいようなことが気になって

片思いの期間が楽しい人間っているの?自分感情の起伏が腹立たしくてしょうがないんですけど

こんな感情になるくらいなら、恋愛なんてせずに推しを眺めてるだけの人生の方が幸せだよ

って思うし、精神の安定を考えたらその方が絶対にいいのに

早く会って話したいって思っちゃう重い女みたいです

2022-05-04

欲求と、たわわの話

話題になっている例のアパレルブランド火種とたわわに対して、Twitterの鍵垢でずっと色々考えていたことのアウトプットぼやきです。人間なので矛盾してたり、破綻してるところもあるかもしれない。あくまでも自分意見をまとめてアウトプットする形になるので、こういうこと考えとる人も居るんだろうな、くらいの気持ちで見ていただけたら幸いです。

ハトクロの火種の話

まず、たわわの作品のものに対しての意見は黒澤さんに概ね同意です。自分自身も時と場合相手でそうすることがあるように、胸を自分の魅力として着飾ること、振る舞うことは"個人自由"でもあるし、そういう女性自己表現のかたちがあっても良いと思います

なぜ彼女発言があそこまで燃えたのかは、"心の中で性的だと思われることも嫌だ"という層が一定存在することにあると思っています

増田は、公序良俗に反さない限り、谷間が見えたり、ボディラインのはっきりした服を着ることは個人自由ですが、「エロく見られたくて着るわけではない(服が好きできているなどの理由な)のだからエロく思うな」と他人の内心まで制限するのは非常に傲慢行為だと思っています。同時に、心の中でエロく思うことは自由でも、他者が着ている人の意図想像して「媚びている」「OKサイン」などとジャッジを下すことも傲慢だと思います

現状フェミニストが「ハトクロを着る女性男性エロく見られたい女性だ!」と行なっている主張は、後者傲慢さも含んでいると感じるので、(彼女たちが本当に原義的にフェミニストなのかは置いておいて)ハトクロに対しての過度な叩きは女性の身である増田からしてもかなり傲慢に映ります

エロい服を着るのに必要なのはエロく思われない社会ではなく、そう思っても表に出したり、相手をそういった視点からジャッジしないという社会だと思うのです。(これはエロい服に限らず、ゴスロリパンク、どんな服装において言えると思います。)

黒澤さんは、ハトクロ着用の写真性的目的写真ではないので、そう言った言葉を投げかけることは制限していますが、心の中でどう思うかまでは制限していないことが、"心の中で思われることも嫌だ"という層からしたら裏切りに感じられたのかもしれない、それが火種になったのだと考えています

■内心と言動の話

ではなぜ心の中で思うことまで制限したい人が出てくるのか、と考えると性犯罪認識が内心にまで及んでいて、男性の性欲に対して潔癖なのだと思います

自分も勿論男性からのそういった行動や言葉で傷ついたり、嫌な思いをしたことはありますし、被害者としてそういったトラウマ負の感情を抱える気持ち理解できるし、そこには同情しますが、男性の性欲が"原罪"だとは思っていません。

自分はいわゆる腐女子であり、バイセクシャルで、男性同士の恋愛に対する幻想女性性的気持ち欲求を抱いたりします。というかどういった人であれ、そのような欲求は誰しもが当たり前に持ち得るものだと考えています

問題は、その欲求相手言葉や行動としてぶつけたり、相手意図自分欲求ものさしに解釈してジャッジしたり、そういった行動に起こすことです。悪いのは相手服装仕草でも、欲求のものでもないと考えています

そこに対する考え方が、黒澤さんと今回ハトクロを誹謗中傷している方で違うのだな、と思いました。

■では、たわわは新聞に載っても問題なかったのか?

これに関しては増田は"微妙"だと考えています

ですが、国際女性機関(でしたっけ)の「あの作品女性に対する、異性を性的魅力で応援するというシンボル押し付けである」という意見にも同意できません。

増田はたわわが好きです。(増田が絵を描くので)絵としてのクオリティ尊敬していますし、胸の大きな女性現実でも創作でも好きなので、毎週更新を楽しみにしています。何度も言う通り現実でたわわのような女性自己表現があってもいいし、ああいう男女の関係性があっていいとも思っています

黒澤さんの「自分の魅力で異性を応援したって良いのではないか?」という作品の中で起きている関係性や、女性自己表現自由に対する意見にも同意します。

ですが、たわわの登場人物ではなく、作者様や(自分も含め)それを楽しむ人たちによる、性癖フェチに基づいたコンテンツ作成意図とその性的な消費が存在するのも事実だとも思っています

たわわはあくまでも作品で、たわわに向ける印象や作品に対する言葉女性性的ジャッジしたり、それを基準として女性像を縛りつける社会を作る!とは思っていませんし、当たり前ですが、現実創作は違います。もちろんそれを理解している方が大半だとは思いますし、たわわと性犯罪イコールにはなりません。

ですが、新聞という老若男女、そう言った切り離し方ができない人まで目にする可能性がある場に、元々性的目線を向けられたり、少なからずそういった欲求から作られている作品を載せる、というのはなかなかリスクのある行為だと思いました。

私たちは1人の人間で、そういったことを期待されるコンテンツではないことも事実です。

(ただ、女性の"シンボル"としてたわわと対局の女性が描かれるのも、またアイちゃんのような女性自己表現否定になり得るので本当にメディア表現現実の切り離しはセンシティブで難しい問題だと考えています。)

これに関しては自分女性向けジャンルにおいて、創作物が原作やそれに関わるものに与える影響にとても敏感で、"検索避け"というのにとても気を遣っていたという増田自身ちょっと偏った考えもあるかも知れません。

創作物と現実イコールにはなりませんが、お互いがお互いに与える影響もゼロではないと思っています。ので、増田というただの人間にはそれが良いとも、悪いとも言い切れません。

最後になんか色々

性別や年齢、どんなことに関わらず自分以外の人間に対して、相手立場や考えを噛み砕くことはできても、完全に理解してその立場になることは無理だと考えています

私はあくまでも私の立場しかものを語れないし、自身も性被害にあったことがあるので、作品と性被害の切り離しが完全に行えているかというとかなり怪しいことも自覚しています

また、そういう人間第三者として完全に冷静に話すことは難しい、とも思っています

被害者弱者が何かに対して発言する時、行き過ぎればその立場を振りかざした暴力にもなり得るので。

なるべくそういう個人的な感情は省いて考えているつもりではありますが、正直完璧第三者視点で公正にものを考えることはかなり不可能に近いです。正直自分にできている自信はありません。

なんか話があっちこっちに行った気がするのですが、初めにお話しした通り、こういう気持ちを抱いている人もいるんだな、くらいの気持ちで捉えて頂ければ幸いです。

2022-05-03

名前と思いやりの狭間

法律婚を願う、かつどちらの姓にするか揉める男女は女性が改姓するパターンが多いのでは、という話を聞いた。データ取ったわけじゃないんだろうが、まあそうなっても不思議じゃないなと個人的に思う。

私自身は選択夫婦別姓導入して欲しい派かつ絶対苗字変えたくない派だ。ゆえに、これは女性苗字を変えることを推奨する意図文章ではない、と先に明記しておく。

まず男女平等観点から言うと、9割以上が女性側が改正している現状を変えるためには男性に変えてもらう方がいいだろう。『女性苗字を変えるのが当たり前』という現在の風潮は『多くの場合女性苗字を変えている』という事実に支えられているから。

ただ、結婚してどちらが姓を変えるかというのは結局のところ個人個人の間の話だ。ゆえに議論するにあたり『いかにして男女差別を無くすか』よりも、『いかに落とし所を見つけて良好な関係継続するか』が大切になる。(男女差別に日頃から意識を向けている人間同士であれば前者の方向性で話を進めることもできるかもしれないが、稀有な例だと思う。)

日本人女性の多くは『結婚したら自分が改姓するだろうな』と、きっと一度は思ったことがある。ゆえに自分ごととして、改姓までの道がとても面倒なことも理解している。そこで男性が改姓する場合さらに、『希少性』が追加される。

例えば男性が改姓することとなれば少なからず周囲に「どうしたの?」と聞かれるだろう。また、自分の息子には苗字を変えてほしくないという親もいるだろう。

相手立場で考える女性ほど、周囲の視線や親戚の説得といった『改姓によって生じる男性ならではのコスト』を相手に背負わせることに躊躇する。だから自分が変える、ということになってしまう。『相手に思いやりを持つこと』は結婚生活を続けるにあたり、重要なことだからだ。

個人としては、だからといって常に女性改正すべきだとは思わない。女性は「結婚するの?苗字何になるの?」と当たり前のように苗字変わる前提で話を振られる。『苗字を変えたくない』という気持ちを伝えただけで、相手相手の親戚に拒否反応を示される。苗字を変えたくない女性だって、風潮に晒されて傷ついてきたのだ。男性サイドがそうゆう女性の傷つきに寄り添って苗字変えてくれてもいいんだよ?と正直思う。

話を戻す。要は、女性(特に苗字変えたくない女性)の方が男性より改姓に伴うアレコレを考える機会も多く、そのため相手負担も見えてしまうし考えてしまう。そして、自分が譲らざるを得ないという結論になってしまうのではないか

ただ、そのようにして女性我慢して改姓したことについて、どれだけの男性感謝しているのか、また感謝を忘れないでいられるのかとも思う。

これは『当たり前のことに感謝するのは難しい』という話だ。

例えばこの国では蛇口をひねれば水が出るし、スイッチをつければ部屋は明るくなる。でも、そのことをありがたいと日々感じている人はどれくらいいるだろうか。

改姓もそれと同じで、男性にとっては『相手が変えるのが当たり前のこと』だ。なにせほとんどの夫婦がそうしている。

幸い、水や電気に日々感謝の意を示さなくても料金を払う限り日本人は当たり前にそれを享受できる。ただ夫婦関係は、金さえ払えばいいってものでもないだろう。

相手自分のために何かしてくれることは当たり前ではない。これは人間関係の基本ではないかと思う。パートナー苗字を変えてくれた側は、それはパートナーあなたとの関係を思って出した結論だということを心に留めておいてほしい。

ここまでは、法律婚をしたい男女に対して私が思うこと。ここから先は私個人の話だ。

冒頭でも書いたが、私は絶対苗字を変えたくない。そして、嫌がる相手苗字を変えさせたくもない。選択夫婦別姓が無理なら事実婚だ。子供を持つ気もないし。

私はもし自分苗字を変えるとなれば一生根に持つ。それこそ、その後のあらゆる選択の主導権を全て自分が握ったとしても気が済まないだろう。逆に嫌がる相手に渋々変えさせても一生負い目に思うだろう。

日々の感謝は忘れられがちだが、負の感情は意外と長持ちするものだ。片方が一生モノの恨みや負い目を抱えてる夫婦ってどうなんだろう?と思うので改姓を伴う結婚はしない予定だ。

このような問題で各々が悩むのは、現行の制度法律婚する場合どちらかの苗字統一しなければならないためだ。1日も早く、選択夫婦別姓が導入されることを願っている。

2022-04-23

懐メロを聞いていて、

表現問題でたびたび炎上が起きてしまうのは、大人女性共感できる歌謡曲(主に女性失恋を歌う曲)が無くなってしまたからではないかと思った。

すなわち、そのような曲を聞いて、負の感情昇華させるような対象が無くなってしまたから、そっち方向に進んでしまったではないか?と思ったりした。

2022-04-21

辛い境遇にいる人やその同じ境遇にいる人が集まってるコミュニティは独特な口調とか文化が広まってるし負の感情蔓延ってて怖いと言うTwitterで言ったら炎上しそうな偏見形成し始めてる。メンヘラ垢とか発達障害界隈って自分のような幸せな人には考えつかない世界がわかるからよく見てた。一年前くらいから恐怖と偏見というものが出てきた。価値観解説を娯楽として消費させてもらってる癖にキモいとか思うのはないなって。この偏見治したいな

2022-04-20

毎日楽しく健やかに暮らしてる人に増田に来て欲しい

増田には心が荒れて余裕のない人が多い。

そういう人がクソみたいな事を言いまくって増田全体を荒んだものにする。

負の感情は伝染するんだ。

から心に穴が空いてない善人だけが増田に来て欲しい。

そうすればみんな良い気分で建設的な話に集中できる。

俺が今考えてる自動投稿AI説明するとこんな感じだ。

2022-04-08

NTRについて

前置き

最近NTR界隈も一時期のピークを乗り越えて、さらなる円熟味を増している。

王道と呼ばれる流れを汲むものから一発ネタに走ったものまで幅のある様々な作品が日々生まれる中、改めてNTRについて考えてみたい。

しかし、NTRという単語はかなり広い範囲意味合いを含む言葉となってしまったため(NTRとさえ付いていれば何でも好きだという好事家は少ないのではないか)、今回は個人的にその肝だと感じる部分を、登場人物性質という視点から考えてみる。

本文

広く浅くインターネットを眺めていると、NTRというジャンルへの罵倒を見かける機会は割と多いように思う。

NTR好きは頭がどうかしている」だとか、「ただただ不快」、「経験の少ない童貞向け」、「他ジャンルから流入があっただけ」などなど、これらの指摘が本当に的を射ているのかはともかく、各所のランキングで人気人気と持ち上げられる割に、NTRはかなり好き嫌いの分かれるジャンルだ。

なんなら、毛嫌いしている人の方が多い気もする。往々にして、毒づく発言反論する人は少ない。「素質あるよ」だけでは、いかんせん受け身にすぎるきらいがある。

無論、俺苦手だわという人の意見には頷ける部分も多々あったりするのだが、個人的にはこのNTRというジャンルがとても好みに合っているのだ。

妙に捗ること以外にも人気となるだけの良さがあると思っているので、あまりにひどい言われようを目にするとそれなりに悲しくなる。

なので、このジャンルの良さがどの部分にあるのか、少しでも説明できればと思ってつらつらと文章を書いてみることにした。

また当然のことながらこの良さとは、一切現実とは関係のない、妄想の詰まった袋の内をたゆたう上での良さである

まず結論から書けば、個人的に感じるNTRの良さとは、登場人物心理描写の中に存在する。

より正確には、物語の進行に応じて生じる彼氏彼女負の感情、その濃淡によって否応なく生まれるすれ違い、それらに強く打ちひしがれながらもぎりぎり薄氷を踏み割らないで関係を維持し続けようとする、登場人物の心境そのものの強度に依る部分が大きいと思う。

まりNTRの勘所というものは、寝取られたその結果にあるのではなく、寝取られさなかのその過程の内にあるのだと。

これは例えば、床に落としたガラス割れる瞬間を想像した上で、その数フレームからぎりぎりまでスローモーションカメラでじっと眺め続けていたいという願望に近いところがあるかもしれない。

言うならば自分は、ガラス割れる瞬間を見たいわけではないのだ。いや最終的には見たいのだが、その決定的な瞬間に至ってしまえば、あとはガラスの破片が飛び散るだけにすぎなくなる。

もちろんその光景は派手だし、うるさい音もなるし、人目を引きつける力は言うまでもなく強い。このガラス割れる瞬間こそが、NTRにおいては俗に言う堕ちた瞬間であり、そうした場面の押し出しの強さがこのジャンルの人気の一因とされることに異論はない。

ただその一方で、「おしとやかな彼女あんなにあられもない表情を」という描写の裏側にあるもの、その下支えとして連綿と存在する物語の持続性を無視することはできないように感じている。

いやむしろここで言う数フレーム連続性のさなか、張り詰めた緊張感がかろうじてほどけないまま維持される状態こそが、実はどんなNTRにも通じる本質なのではないか

言い換えれば、わざと直ちに解決させないこの煮えきらなさを楽しめるかどうかがNTRというジャンル全体を楽しめるかどうかにつながる、というのが今回自分の伝えたいことである

果たして、あらゆるNTRの設定はこの独特な緊張感を演出しつつ、できるだけ長く持続させるためだけに存在すると言ってもよいかもしれない(これは言いすぎかもしれない)。

ときNTR基本的登場人物を考えると、その多くは男二女一の組み合わせであり、一組の男女に対して間男が登場するという設定が王道だと思う。

そして自分が目にする限り、男二人に関して言えば、あからさまなほどこの両者は対比的な描写が目立つようだ。

性的な部分ではもちろんのこと、例えば彼氏役の男が年若く、彼女に対して奥手であり、女性の扱いに慣れていないような描写をされるのならば、間男側は女性に対して積極的、またはその扱いに手慣れているいわゆるチャラ男系であったり、社会的地位があるようなやたらと人生経験を積んだ人物像が設定される(たまにNTR好きのチャラ男信仰はなんなんだという発言を見ることがあるが、たぶんその理由はここにある)。

逆に間男が汚っさんと呼ばれるようなマイナス寄りの描写をされるのであれば、彼氏側はそれなりにまともな人格女性関係を維持できるだけの人柄を持つ人物描写になる。

取りも直さず、一つの作品の中で彼氏間男は相反する、対立する要素を持つ間柄として広く理解されているところがある。つまり両者の引きつった関係NTRNTRらしくする要素と見なせそうである

思えば、この両者が作品内で直接ぶつかり合うことは少ない。極論、顔を合わせる機会すらないこともあるが、そうであるからこそ、二人の対立的な関係性は最初から最後までほとんど変わらずに維持され続け、効力を持ち続ける。

あるいは彼女役の女性に関して言えば、多くの場合規範的な性質を持たされることになるだろう。よほどのことがない限り、性に奔放な性格付けはなされない。

その性質上、彼女彼氏への秘密を極限まで隠し通そうと行動することになるし、間男はそうした女性の動きに応じて、薄皮をはぐようにその秘密を明らかにしたがる。間男は常に女性意識の逆側を突く。

この両者の行動方針には、やはり対立的な要素が見て取れる。男二人の関係性と同じく、この対立には緊張感を生み出してNTRNTRらしくする効果がある。

一方でこの関係には相互駆け引きが避けられない以上、必ず終わりが見え隠れするという点で、先の例と異なることには注意が必要だ。

物語は畢竟、いつしか終わるものであるが、NTRの終わりは基本的に誰かの性質が変化すること、もしくはそのきっかけが見えたところで幕が引かれる。

幕を引く役割を担うのは主に女性である場合が多いが、その理由はここの違いにあると思われる。

本来ならここでもっと多様な例を挙げて自分意見を補強する材料とするべきだろうが、自分の力ではこれ以上書いても枝葉末節しかならない気もする。

NTRについて肯定的に受け止める感想をあまりたことがなかったのでなんとかここまで書いてみたが、同じ好事家がいればまた異なる視点があるはずなのでぜひ誰か書いてくれたら幸いだ。

・・・

ちなみに、もともと自分おねショタ好きだったが、あまり一方的献身が続く関係性にいつしか疑問を持つようになり、その答えとしてNTR見出したいわば闇落ち勢である

まさか自分がこうした好みを持つようになるとは夢にも思わなかったが、NTRの沼は思いもよらぬところで口を開けて待っているものだ。

anond:20220408004902

私もそう思う

私も私なりにキモい言葉的な動作を考えてみた

キモい発言者個人的感想

その中でも「本人の人格形成にかかわらない生態的な反応で感想が発生している」

「くさい」「うるさい」「いたい」等感覚的なもの動作原理は同じ

生物的に危機感を感じる」に近いけれども「危機感」という具体性や方向性を持たない負の感情

これにより

「生体的に負である」という「個人とかかわりのない感想≒同型の生物的に共通的な」にすり替えることができている

逆説的にそれを容認することは異端であり、人格形成など本人の能力によって補われる部分があり補われていることを異常性として指摘もできる

全面的に負としてマイナス評価ができる単語に仕上がっている

もちろんそんな存在でも存在している限り存在容認されているし、そんな存在でも容認されることが福祉であり社会秩序自由人権といったものになるはず

福祉人権と結びつけて肯定すると人格形成など知能的な部分であったり治療矯正可能な部分において異常性があると認めることができる

そこから引きはがすと生物的で原理的な部分で負の感情をもって否定することができる

救いがない表現

それはすなわち人にむけて使っていい言葉ではないだろう

2022-04-06

anond:20220406192907

面識もないネットの向こうの、しかも直接やりとりしてない人にそこまで負の感情持つって卑屈すぎるでしょ

キモい」の意味に誤解があるかも

また新しい炎上事件ホットエントリーに入っていて、朝から眺めていたんだけど。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1868830

https://togetter.com/li/1868830

はてなブックマークtogetter コメント欄を読んでいて、おや? と思った。

キモい」の声が連なる中で、「キモい」そのものに対して胃を唱えてる人が、どうやら結構いるっぽい。非難しているとか石を投げてるとか、それ自体攻撃のように捉えてイライラしている読者が散見される。「許せない」と同じ意味に取ってる人もいるようだ。

キモい、については俺も悩んでいたことがある。

高校の時まで言われるたびに思い悩んで、反省ループに沈んでたんだけど、当時、見かねた姉が無理矢理に首を突っ込んでくれて、教えてくれた。

キモい、ってただの感想から。」

フケを学ランの肩に落としたまま気づかずに登校したり、教室の床に寝かせてあった女の子の傘を知らずに踏みつけてしまった時とかにキモいと言われた経験があって、そのことを話したら、姉はそう言った。

キモい対応して何かしなくちゃとか、無いから。」

それ自体告白の「好き」と同種で、言われた側は、そうなんだ、でしかなくて、「付き合ってください」の要請まで来て初めて、返答したり、何かリアクションを返す責任が生まれるんだと。

キモい だけでは、言われた側が特に何か変わったりする必要はまったく無い。だから気に病むのは時間無駄どころか、むしろキモいと言った相手迷惑だ、と。

相手迷惑

「お前が落ち込み続けて逆にこじらせて、復讐とかしてきたら最悪だろ?

キモいのは別にお前の自由から他人にも感想くらい自由に言わせる権利をやれ。」

姉はそう言った。俺は幼かったし、新聞などを読まなくてニュースにも興味がなかったので、「権利」という言葉が身近な、教師教科書以外の人間から発せられるのを聞いて、へえ、そんな言い方があるんだ、と驚いた。だから強く記憶に残っている。

あれから数十年が経って大人になったいま、姉のアドバイスは本当に有意義だったんだな、と感謝の念がこみ上げてきている。以後何度も何度もキモいと言われてきたけど、フラストレーションの蓄積が全然無かったから。コメント欄の人たちのようにいちいち気にしていたら、負の感情の重みに耐えられなかっただろうと思って、ゾッとしてる。だから僭越ながら、学びを共有させてください。姉と俺が正しいなら、たぶん、キモい批判非難じゃなく、無害なただの感情の発信。気にすることじゃないと思う。

2022-04-01

[] そのにひゃくごじゅうよん

ウソツキーッス

 

今日は噓をついていい日だ!などと毎日噓みたいなことを書いてる私が言うのも妙な話なのですが

なんか年々この四月馬鹿作法の改め方を指摘されてる気がします。

日中嘘吐いていい、じゃなくて、午前中まで嘘吐いていい、だとか

人が不幸になる嘘はダメ、とか

嘘を吐いたらちゃんネタバラシをする、とか

でも嘘を吐かれても負の感情が篭った仕返しをするのはNG、だとか

こんなにルールがあるんですねって感じです。あとちゃん被害が出過ぎないような嘘で留めるようにしてあるんですね。

出ないとは言わないです、少なくとも騙された当人気持ちがありますからね。

あ、ちなみに午前中までの奴はイギリスでやってる祭日と複合化された際のルールですって、

から日本ではその日一日中嘘吐いててもセーフらしいです。

めんどくせ!

 

ということで本日は【情報の伝達よいか】でいきたいと思います

情報の伝達よいか情報の伝達ヨシ!

 

それでは今日も一日、ご安全に!

2022-03-17

Ado狂言』を聴いて

今更だが、Adoさんの1stアルバム狂言』に再びハマってヘビロテしている。

斬新な発想と複合的な歌声で、これまでにない境地の芸術を生み出している。

私がAdoさんに惹かれるのは、その人間否定の側面である

Adoさんは自分が好きでないと言う。劣等感だとか、苦しみとか、葛藤とか、そこらへんが芸術の出発点になっているのだと思う。

この感情矛盾が高い芸術性を生み出している。

あらゆる層の共感を買っている。私もデビュー以来ハマって聞いている。

私は、この犯罪被害を受けて、人間の負の側面の暴力を、25年間受け続けてきた。毎日負の感情だらけで生きている。

だが負の感情だけでは、身を焦がすだけだ。焼け朽ちるかもしれない。

私は、Adoさんに長生きしてほしい。負の感情人生を焼け焦がしてほしくない。

劇場版EVAラストは、人間肯定の賛歌に傾倒してしまったがために、牙が抜け落ちた表現になったと思っている。

もちろん、これを円熟とか成熟ととらえる向きすらある。EVA最後には適切だったと思う。しかし、安全な帰還に終始した感もある。

Adoさんは、自分が好きになったら引退すると以前から言っているそうだ。それは正しいことだと思う。いつになるかは、Adoさん自身が決めることだ。

ただ、自分を焼け尽くしてしまわないように、上手く人生の円熟・成熟に帰還していただきたいと思っている。

2022-03-14

人間はそこまで強くない

たった1人や少数の悪意によって芸能人とかが命を絶つ選択をしてしまう事、正直それの何倍も多くのファンが居るのにその声は届かなかったのかなとか色々思ったりしたけど、その気持ちが分かった気がする。

まあ私は芸能人でもなんでもないから何様言ってるのって話だしぜんぜん状況は違うんだけど…

この度とある芸能人応援アカウントが1人の人にブロックされてしまった。

くそネガティブ人間なんだけどなるべく表に出さないように穏やかな文面綴るよう努めたし、誰かの悪口言ったりは勿論してないし、そもそもそこまで稼働もしてなかったアカウントだけど、ブロックされたという事は単純に私の何かが地雷だったんだろうなと思う。

同じ人を推してても考え方あわないとかはあるし地雷ポイントも人それぞれだから、と理解したつもりだったがジワジワと効いてきてしまっている。

同じ界隈の他の人から一斉にブロックされたとかじゃないし普通にフォロワーも居るので、本当にたまたまその人の何かに引っかかったんだと思う。

別に界隈から村八分かになったわけじゃないけど、今すごく負の感情がこみ上げてしまっている。

単なるブロックだけでこの体たらくになってしまうのだからダイレクトな悪意のある言葉を浴びせられたらと思うとぞっとする。

悪い感情って一度でも知覚すると本当に良くない、他の人からいくらいいねを貰っても頭に過る、落ち込む、消えたくなる。

人間って思った以上に弱いんだな、生きてるだけで皆偉いわ。

2022-03-05

良き母になるための方法が知りたい

田房永子先生エッセイ本を読んで以来、毒親関連のツイートやらエッセイ漫画をよく読んでる。

私自身、暴力的支配的な父親と、それに洗脳された母親の下で育ってきたので。

なんでよく読んでるかっていうと、毒親記事反面教師にして、良き母になりたいと思ったから。

でも最近毒親本は本人の告白であって解決策を提示しているわけではないんだよな、と気づいた。スカッジャパン!みたいなかんじ。上手く言い表せないけど。

なので、毒親の反対みたいな本が欲しいと思った。

教育・しつけ本はもちろんたくさんある。そうじゃなくて「私の母親はとても良い母親でした!大好きな母親とのエピソード漫画を描きました!」っていうのが読みたい。探し方が悪いのかみつからない。

負の感情のほうが注目されるもんなあ。でも毒親告白大会で傷をなめ合ってばっかりじゃ、結局、歴史を繰り返すことになりそう。

そこで母親自慢・こんな母親だったらよかったのにエピソードを集めれば、理想母親ができあがる気がするんだけど、どうだろう。

良き母になるための方法が知りたい

田房永子先生エッセイ本を読んで以来、毒親関連のツイートやらエッセイ漫画をよく読んでる。

私自身、暴力的支配的な父親と、それに洗脳された母親の下で育ってきたので。

なんでよく読んでるかっていうと、毒親記事反面教師にして、良き母になりたいと思ったから。

でも最近毒親本は本人の告白であって解決策を提示しているわけではないんだよな、と気づいた。スカッジャパン!みたいなかんじ。上手く言い表せないけど。

なので、毒親の反対みたいな本が欲しいと思った。

教育・しつけ本はもちろんたくさんある。そうじゃなくて「私の母親はとても良い母親でした!大好きな母親とのエピソード漫画を描きました!」っていうのが読みたい。探し方が悪いのかみつからない。

負の感情のほうが注目されるもんなあ。でも毒親告白大会で傷をなめ合ってばっかりじゃ、結局、歴史を繰り返すことになりそう。

そこで母親自慢・こんな母親だったらよかったのにエピソードを集めれば、理想母親ができあがる気がするんだけど、どうだろう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん