「DARPA」を含む日記 RSS

はてなキーワード: DARPAとは

2021-04-05

anond:20210405132900

ロボット系の研究とかで色々あると思うけど、なかなか難しいと思うんだよなあ

車椅子だけでなく、いわゆるロボット人間基準設計された世界に合わせて動かすとなると、

フレーム問題云々までいかなくても、ドアの開け閉めのモーションだけで永遠に悩めそうというか

ドアのノブ、取っ手の種類はいくつもあるし、その寸法も多種多様なわけだけど、

人間常識でそれをなんとなく理解して、なんとなくで使えてしまうんだけど、

ロボットはそれが無理なんで、AIだのMLだの最近時代になっても、

DARPAチャレンジとかで延々とドアの前で計測して、シミュレーションして、学習して、

みたいなのを棒立ちになって繰り返して、ようやく動き出して、それなのに転倒するとかw

映画とかでもそうだけど、作り手視点でなくて単に消費者視点しか見れないと、

最先端ロボットって馬鹿なの?と思われてしまうわけだけど、そうも簡単に行かないというか、

もっとアドホックというか乱暴で良ければ楽だったりもするんだけど、

要はドアをぶち破るまで行かなくても、そこそこ傷つけてもいいとかだったらいいんだけど、

一応課題工場の部屋に入ってバルブを締めるとかだと、金属に傷つけると引火したりもあるわけで、

なんだかんだ人間だったら、消防員が初めて見る扉だったとしても、丁寧な開閉が問題なくできるわけで、

話が脱線しまくったけど、車椅子特殊タイヤとか、

クローラーみたいな運搬用の機械自販機の中身を人間が駅の階段で運んでたりするけど、

飲料缶は最悪下までずり落ちても破損で済むけど、人間は死んでしまうんで、

どんな階段にでも対応できて健常者並みに安全というのを実現するのは難しいんでないかと思ったり

ちなみに、自宅の最寄り駅から近い駅にバリアフリーをかなり徹底した駅があるのだけど、

スロープやエレベーターが充実しているので、普通の駅より障害者を見かける頻度が違う気がする

やっぱり、誰の手助けも借りずに行動したいという気持ち身体障害者だってあるだろうし、

複雑な技術解決するより、単純な技術最後は勝つとも思っているので、

まずは健常者が基準世界に手を入れることと、

それに連携して車椅子側にも手を入れて、現実的解決策に落とし込む方が実現が早いわけで、

2020-10-09

anond:20200603082852

そりゃ軍事技術からだべ。軍人は死にたくないから、本気で使える道具が必要なんだ。DARPA の作った道具なんて一種ドラえもんツールと同じ発想の製品多いやろ。アメリカ軍人さんに敗戦後の日本軍人の処遇を言ってみな?絶対に負けたくないと思うだろうよ。

2020-10-06

インターネット軍事技術転用じゃない・・・

ARPAが使っていた(作った)から違う!みたいな主張が見受けられるが

そのARPAって現DARPAでARPA時代からアメリカ国防総省予算研究開発してたんで

普通に軍事技術の一端じゃないっすかね

日本だと防衛省予算を出す研究開発ですら軍事技術だっていって禁止禁止だって騒いでんだし。

っていうか、軍事技術じゃない!とかくだらないこと言ってないで

軍事技術だろうが何だろうが俺らが幸せになるために民生利用してやる!ぐらいの気概でいりゃいいのに

軍事技術からだめだっていったらアメリカ軍研究機関の出している新式の医療技術とかどうするんだ?

2020-06-21

アメリカ技術が凄いのは軍事投資理由というのは具体的に何が凄い

ネットGPSSiriなど軍事技術から民間転用された技術はあるのは知っているのだけど、

もう少し理由が知りたい。


例えばDARPAの説明資料を見ると、政府支出R&Dは1310億ドルとあり、

金額は凄いのはわかる。

DARPA組織図は普通だし、プロマネが93人と多いわけでもない。


戦略が上手いのだろうか。


Keysightという電子戦レーダーなどの測定器全般を手掛けている企業はあるが、技術力は高そうに見える。

日本だと政府から支出に頼っていると古臭くなっていく気がするのだが、Keysightは先端を走っている。

2020-06-20

anond:20200619104939

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/1193224.html

この記事でも触れられているように、高レベル言語記述したソフトを高位合成技術でRTLまで合成してしま手法が盛んに研究されているのだけど、こんな最先端チップだけじゃなくて、Pythonで書いたAIアルゴリズムがそのままFPGAASICプロトタイピングできるような設計環境を構築しようという動きが、欧米アカデミアですごくすすんでいる。もちろん、機械学習で使うようなシンプル行列演算限定した目的で、かつ枯れた製造デザインフローを用いる前提だからできることなんだろうけど、その目的が限られたコストの中で、お高い先端製造プロセス使わなくても必要最小限の性能を得るような半導体設計のあり方を模索している中での動きなんだよね。そのためにいろんなオープンツールを準備して、カリカリチューンでビンビンのピーク性能は出せないだろうけど、まずはソフトウェアエンジニアが誰でも簡単ハードウェアをいじることできるような環境必要だと彼らは認識しているということ。この分野はDARPAERIというコンソーシアム立ち上げて出資しているので、米国としても将来に向けた戦略的な動きだと思うんだよな。

でも、こういう全体最適や、ソフトハードの間の細部のすり合わせって、もともと日本が非常に得意とするところだと言われているのだけど、今この分野における日本プレーヤーって全く見かけない。多分日本産業界はこういったすり合わせを全て職人的な個人ノウハウを元にしていたんじゃないかなあ。って思った。うまくハマればとんでもない高性能を叩き出せるやり方だけど、高い能力もつ個人依存していたから、景気が悪くなってその人がその分野からいなくなり、ノウハウも後継されなくなった途端に手も足も出なくなっちゃった。一方欧米のこの動きを見ると、個々人の能力は低くてもそこそこのものは作れるようにまず環境を整える。そのためにはどんな技術必要か。ということをトップダウン論理立てて分解して必要要素をリストアップしている。

やり方に優劣はないと思うけど、これからICT分野は特に業界標準的な技術が成立しやすい(独自システムが乱立できたガラケーからOSハードもほぼ規格化されたスマホ時代が移ったようなイメージ)ので、アメリカというか西欧的なやり方がより合うんじゃなかろうかと思う。で、結果としてアメリカ技術力が強いように見えるんじゃないかなあと感じています

2020-06-19

https://anond.hatelabo.jp/20200619104939

アメリカ技術力が高いのは下記のような歴史的経緯からだと考えられています

詳しくは下記の資料などを参照してください。

https://www.jst.go.jp/crds/report/report10/US20151101.html

2020-06-03

どうして日本にはDARPAみたいな技術のわかる公的機関がないのか

アメリカを見ていると今の大統領はともかく、DARPAなどの組織力が強い。

半導体などの民間技術関係する部分についてのレポートを見ると、技術分析がしっかりしていたり、現状の課題解決しようとしている。

世界中から情報を集めていて、尖った技術を持ったスタートアップ投資をしてたりもする。

民間情報収集と分析もしっかりしている。


日本に目を向けてみると、経済産業省資料では大手メディアで取り上げられたことは、いち早く取り入れているが分析ができているのか不安になってくる。

たとえばAIに関してだと汎用AIについて議論しており、一昔前の人工知能ブームと似たようなことが記載されているといえばわかりやすいだろうか。

経済産業省組織図を見ると、自動車課や産業機械課は存在するが、半導体課は存在しない。

2020-05-09

アメリカって研究の目利きってどうしてるんだろう

研究なんて成功するかわからないけど、国がお金を出し渋るのが悪いのだという話を聞く。

日本場合、先に欧米実施されていて成功確率が高いかどうかで、予算がつくか判断される。

日本欧米に比べてオリジナリティの高い研究が少ないと言われるが、そもそも改良するものしか予算がつかないのだから仕方ない。

欧米に追いつけってことで、失敗して無駄になる研究費用を少なくしてきた。


じゃあアメリカはどう目利きしているのかという話を、軽く検索をかけても出てこなかった。

DARPAなんて、そこかしこに手を出しているイメージだが、そもそもどうやってリサーチしているのか。

経済産業省内閣府資料だと、ネットニュースから話題になりそうなキーワードを拾ってきているような資料になるわけだが、DARPAだとそれどういう検索ワードで拾ってきたんだ?という資料になる。


学会を追いかけているのであれば日本でも追いかけている人はいるはずだが。。。

2020-02-06

ムーンショット政策馬鹿にするけど、革新的な案ある人いるの?

目標1:2050年までに、人が身体、脳、空間時間の制約から解放された社会を実現

目標2:2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現

目標3:2050年までに、AIロボット共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現

目標4:2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能資源循環を実現

目標5:2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

目標6:2050年までに、経済産業安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現

ムーンショット自体アメリカDARPAを参考にして作られているわけだが、

向こうは、米国以外の国が技術先行し米国を脅かすようなことがないようにするというのが目的だ。

とはいえDARPA投資先は米国以外も含まれている。

それまでとは動作原理が異なるもの、桁で性能が変わるものを重視している印象がある。

(既存の性能から線形な性能向上から外れるというのを重視しているように見える)


この手の性質上、現代感性からすると荒唐無稽と感じるのが出てきても不思議ではない。

もう一つ、米国を脅かすような目標を立てると潰される。中国中国製造2025を出して覇権を握ろうとしたら米国から対抗策打たれているのが現状だ。

こういう文言にするしか仕方なかったのかなとも思えるが、米国に気づかれないうちに産業力をつけられれば大成功だろう。


さて、そんなムーンショットだが、反対する中から、あまりこれは革新的だという案を見たことがない。

なろう系を見ていても、そんな革新的ものが出ているわけではない。

そういう案を出している人は日本存在しているのだろうか?


個人的には、アト秒レーザー関係、光コムあたりは日本が強く出てきそうな気はしているが。

2020-01-09

米国って制度設計ますぎない?

保険みたいに宗教関係するとコケてるけどさ。

研究とかイノベーションとか、DARPAムーンショット型とか、SBIRとか。

2019-12-05

anond:20191203120748

NFCチップを体内に埋め込んだレベルtrance humanist界隈の会合DARPA人間が出入りしてるんだよ。

ちょっと過激ストリートレベルの知性からアイデアを引っ張ってこようとしてる。

本筋はこのレベルまで進んでる。

https://www.kurzweilai.net/boosting-synaptic-plasticity-to-accelerate-learning

2019-07-29

日本技術情報収集能力が足りていないのではないか

ムーンショット案件を見ていると、制度の手本にしたDARPA比較して、情報収集能力が足りていないのではないかと感じた。

(出口が長すぎるのも気になったが)


国家情報収集能力企業よりは高い。特許庁科研費などから情報収集は出来る。

とはいえUSと比べて圧倒的に弱い。テロなどの情報収集日常的にやっているというのもあるが・・・

国内にどのような人材がいるのかすら把握できているのか怪しい

2019-06-09

日本のホライゾン・スキャニングって科学技術の進展予測出来ているのだろうか

世界各国でホライゾン・スキャニングというもので、国家として科学技術の進展の情報収集するということを行っている。

技術的にはWebクローラースクレイピングによる情報収集である

もちろん日本でも行っているわけだが、バズワードに埋もれている気がしている。


DARPAのようにGizmodoやTechCrunchなどに出てこないが革新的ものをすくい上げられてない

2019-01-14

内閣府資料見てるけど、ソフトに関する議論はあまりないんだな

https://www8.cao.go.jp/cstp/index.html

民間ニュースサイト話題になっているワードは散りばめられていたが、ソフト関係に関してはあまりなかった。

AIについては議論されているが、倫理規制であり、制度設計と言ってしまえばそれまでなのだが、ソフトウェア分野で世界初を取るのを狙うという感じではない。AI倫理についても欧州がやっているか日本でもやっているように見える。

Society5.0でデータ活用する部分で、実装するマンパワー必要だが、構造部分はアメリカ勢にどう対抗するかは議論にはない。

DARPAを真似たImPACTで非連続イノベーションを狙ったプログラムもあるのだが、どちらかというと物性からの応用分野ばかりに見える。


見ていると相対的アメリカという国が不思議で仕方ない。

アメリカ教育を見ていると衰退すると思われるのだが、大学レベルは確保できており、トライエラーお金を流せる仕組みがある。

相当アメリカに対しては民間からも人もお金もかけてウォッチしているはずであるが、日本に仕組みを入れれないのはなぜなのか。

2018-12-18

やっぱトランスヒューマニズム界隈の人たちが今一番おもしろい。

darpaの人とかも来てスピーチしてるし。

2018-11-02

anond:20181102180146

DARPA右翼とは初めて知ったわ。MITギーク達がいつ共和党支持になったのか教えてほしい。

2018-06-21

私は脳科学における、脳情報通信研究の非同意被験者です

こういうのってありえるの??

https://blogs.yahoo.co.jp/trico729 から抜粋

NTT西日本本社)在職中、就業中や退社時に、近くに居ない人の

声が聞こえたり、周囲に人の気配を感じる事が多くなりました。

そのうち帰宅後も自宅にて、私を監視する人の声が脳内で聞こえる日々が続き、

インターネットの切断や、不可解なスイッチ楽器の音や光を感じ、

近隣住民から中傷を受ける機会が何故か増えました。

この現象について、インターネットで調べたところ、

海外では、「remote neural monitoring」、日本では

テクノロジー犯罪」「エレクトリックハラスメント」「思考盗聴

マインドリーディング」「マイクロ波電磁波)可聴効果」等と呼ばれ、

遠隔から無作為に選んだ人物に対して、電磁波(その他の技術併用)を

頭部中心に照射し、脳信号電気信号)を通信衛星にて送受信する技術を用いられ、

国家だけでなく世界規模の脳情報通信技術を応用したプロジェクトである

遠隔からの非同意人体実験被験者となっているという話が、

脳内に聞こえる声の者からもたらされました。

本件について、公安調査庁公益通報検討し、悩んでいると、なぜか、

脳内でその通報を実行するよう促し、また、自身公安調査庁関係者であるような発言も聞こえ、

徹夜書類を書き上げ、タクシー郵便局へ持ち込むまで、会話が途切れること

はありませんでした。

その後、人体実験は激化し、心臓に強い痛みを送信され、体が激しく痙攣し、

生活すべてを監視し、侮辱し辱める言葉根拠もなく一方的に浴びせられ、

精神的な迫害と激痛に苦しみながら一睡もさせない拷問を受けました。

この苛烈人体実験2017年夏ごろから唐突に始まりNTTグループが依頼受託した、

国が総力を挙げて取り組む脳科学情報通信技術研究において、

私を被験者に選び、非同意人体実験を行っていると、脳内の声の

一部の協力者(本件を知る政府民間企業)を通じて知りました。

当初は、脳情報通信技術に関する研究所に勤務している者が加害者

判断され、具体的な実験項目内容や研究者を指揮する者の話が聞こえました。

また、「インフォームドコンセントが無い」事に気付き、

狼狽するような会話も聞こえましたが、一部静止する言葉漏れ聞こえた時があったもの

人体実験は止まず、技術の詳細が分からず、決定的な防御法が見つからないまま、

自宅より重厚建物ホテルへ逃走し、苦しみながらもなんとか命を繋ぎ留めました。

かに苛烈人体実験突入たころは、脳内に聞こえる声のもの

NTT西日本勤務時に会った人を名乗り、その声も話し方も酷似していました。

しかし、私の脳情報の多くが傍受できるというこの脳情報通信は、

過去記憶も読み取れると人体実験最中に気づいた為、本人らの関与が

事実あるのか、確証はありません。念のため、NTT西日本本社や、その社内問題

取り組む鳥飼同法事務所に問い合わせてみたところ、前者は非常識

不可解な対応をされ(同社社員個人情報についてはお答えすることが出来ない)

後者は、時間を要するという回答のもと、半年以上も無回答とされています

そのほか、考えられうる限り、本件を知りうるまたは関係が疑われると思われる機関

問い合わせたところ、完全に否定するところは一度としてなく、無視、もしくは、示唆

または、別の機関への問い合わせを促されました。

また、一部の者(3名)は、断定できないが、そういった人体実験存在するという話は、

聞いているという情報ももたらされました。(事情により人物非公表

私への人体実験は、時間を追うごとに複雑で苛烈になり、24時間、暇なく続けられます

2、もしくは3交代制で実施されているらしく、

起きている間は、人が入れ替わり現れ、始終いとまなく、意味のない言葉をひたすら

しかけられます。一部、特殊専門性を要する熟練した技術の扱い方を感じ(攻撃治療他)

組織上級職、または知識階級のものも現れますが、話したいことを一方的に話し、

すぐに消えます

人体実験は、通信衛星を少なから使用しており、情報傍受・操作電磁波照射による操作)、

量子レーザービーム電磁波落雷テンペスト)、亜空間移送他だと言われます

おそらく非公式ながら、軍事・諜報・防衛目的の国費を投じた研究だと推察されますが、

実際は、非同意非合法であるに似つかわしい、非倫理的非人道的内容であり、

国内では内閣府の各行政省庁の協力体制により、司法関係警視庁までも取り込み、

生活環境の物品の強奪破壊、周囲の人間に脳潜入し行動と思考操作し(集団ストーカー含む)、

失業に追い込む、裏の戸籍を含むあらゆる個人情報の詐取、衛星で裸の女性の裸体を撮影

加工しデータベース作成する、公共電子端末の操作株式預金高他)、

強姦精神人格破壊暴行といった究極の犯罪プロデュースにより、あらゆる欲の限りを

尽くし、世襲制や、関係する既得権益者、嗜好が似通った同族のみで継続するシステム

戦後から確立してきたという話に至りました。

半年以上継続され、私が受けている被害がなんであるか、一部気づくこともできました。

情報については、ほぼ完全に理解しているらしく、過去記憶の多くも複製済みだとわかりました。

また、脳活動についても同様で、私が現在考えていることもかなり正確に理解し、

また私の感情や嗜好さえも制御出来、さらに脳が身体へ指令を出す神経伝達に関しても

完全に支配下に置けるらしく、体の動きや痛みさえもコントロールされました。

また、脳情報通信と併せて使用する、亜空間移送により、身体破壊する軍事兵器

ICチップや神経物質の入ったサージ、コンデンサー、神経圧着素子、神経線維ネット他)

も体内にインプラントされ、一定の効果確認したのち、亜空間移送により取り除いているようでした。

削除は、私が気づくように身体の電磁界を強化されながら行い、

本来なら無痛で取り除けるところを痛みと苦しみを味併せながら

さらに膿をうませ組織を壊疽させながら実行されました。ひどい体調不良に陥り、

ほとんど眠れず、風呂食事についても指示をされ、人としての生活は全く出来ない日々が

続きます。また、性暴行とともに精子子宮に送るという話を散々され、性器が突然濡れることが

何百回もあり、性的感覚送信も脳操作により、何度も行われました。

2017年10月頃に一旦終了をしたかと思えましたが、脳内の声は、そのうち、惑星生命体による

勢力の話に及び、彼らが倫理観の高い高等な種族であり圧倒的な武力を要する為、

国連安保理決議で採択されたこ世界規模の人体実験を終わらざるを得なくなったという

話に至ります事実被害を受けている内容だけでも、あまりに非現実的であり、到底

信じがたいですが、その後、人類歴史の話にも及び、日本国内天皇制歴史

その配下である皇族(ヤヒヨリソウ他四氏族)が地球外生命体の関与があり、

GHQ支配下から先進科学技術を応用した異常な性暴行が、対面においても、また

遠隔からの脳操作他によっても横行したという話を再三聞かされました。

また、私への人体実験は、NTT西日本勤務時に開始されたわけではなく

出生後まもないころ、世界的脳情報通信技術研究機関である

"世界樹の種"プロジェクト組織名も同名,Seeds of World Tree)の

被験者として登録されたことに、端を発するという話に居たり、その後、

DARPA他の世界の脳情報通信技術研究機関内閣府が合同で通信衛星エシュロン

使用した遠隔からの様々な人体実験(脳や生体への関与)を行うにことになったといいます

私への人体実験に関しては、少しづつ正確な情報らしきものを、話すことが増えてきましたが、

現在も、私を監視攻撃する脳内に聞こえる声の様々な立場の者は、それぞれに

よくわからないことも多く、知らされていない、調べるとあしがつくので、

自分達も立ち入らないという話もします そもそも興味がないという者も多数おり、

実行者はかなりの下部組織委託されており、表の内閣府からはかなり遠ざけられた存在

であるのは事実なようでした。

このブログは、

日常生活を送る一般人に対して、多くは無差別的に非同意のもと、

通信衛星やあらゆる先進科学技術を用い、遠隔から頭部に電磁波等を照射し、

情報を含む生体情報信号を送受信(操作)し、死に到らしめる人体実験を行っている

事実公表する為、命の保障の無い日々と、その告発活動の記録です。

_________________________________

更新

2017年11月6日 脳内に終日聞こえる声の人物は、自称

公安調査庁所属する諜報部員脳科学情報通信研究者」を含む3名です。

情報通信ネットワーク上には、常に、多様な業種の関係者が随時アクセスしている

と思われ、関与する機関人物特定非情に困難です。

2018年5月5日 全文を修正し、追記しました。

2018-06-04

anond:20180604101454

マジかと思って ARPANETWikipedia を見てみた。

該当の項目を見ると日本語版では「設計目的についての誤解」となっているが

英語版を見ると「設計目的についての議論」となっていた。

さらに、英語版には「インターネットコミュニティ

軍事目的で開発されていないと主張している」ということは確かに書かれていたが、

同時に DARPAARPANET の開発のほぼすべてに署名したとされる Stephen J. Lukasik が

「核の脅威に備えて新しい技術を取り入れることが目標だった」と言ってるように読める。

日本語版Wikipedia ではなぜか削られているが)

これどっちが正しいとかじゃなくて立場意見割れてるってことじゃない?

本当の ARPANET起源ランド研究所関係ないってのは理解してるけど

ARPANET が完全に軍事目的ではないかっていうと怪しくなってきた。

2016-10-01

大学軍事研究するのはいいんだが軍事アレルギーアレルギーは黙れ

DARPA予算もらってる研究者と共同研究してる関係で,間接的に軍事予算使って軍事研究してる日本大学教員だ.さあ軍事アレルギーの皆様は存分に叩いてくれ.

軍事研究が嫌なら金をくれ

だがな,大学は増え大学教員も増え,文科省から降りてくる研究費は減り,そのくせ社会から大学への要求が増えている今,軍事予算でももらわねぇとやってられねぇんだよ.時間金もない.金で時間節約するためにも金がいる.そんな底辺大学は知らんって?タイムズ世界大学ランキング日本国内10位くらいのうちが底辺だってならそれもいいだろう.それにだ,自分で言うのもなんだが俺がやってる研究なんざ,どう軍事的に役に立つのわからん

DARPA無人爆撃機作ろうぜ」

ワイ「よっしゃ無人爆撃機に指示を出すための音声認識ソフト作るわ」

DARPA「ええで」

ワイ「ええんか」

ってぐらい目的とずれた研究テーマが許されてる(研究テーマ架空のものです).所詮共同研究者だってのもあるが,科研費なら確実に怒られるくらい研究者に広い裁量が委ねられてた.防衛省予算がどんな形で使われるか知らんが,NHK特集したのが船の抵抗を減らす研究だっけ?NHKが総力を上げて一番軍事に使えそうな技術を選んだ結果がそれか?普通に民間の役に立つ研究じゃねぇか.積極的支援されて然るべきだ.お前らそんなに科学技術の足引っ張りたいのか.だったら裸に腰蓑付けて日本アルプスの奥地で猪でも狩ってろ.

それでも嫌なら科研費増やしてくれ.なんなら民間財団法人作って助成金配ってくれても良い.そうだな,年200億くらいくれるなら防衛省予算選択する人間は減るんじゃないか?なんだかんだ言ってもやっぱり防衛省予算にはそれなりに規則や縛りってのはあるから研究者裁量で使いやす助成金があったら飛びつくぞ.

手柄を横取りすんな

あと逆に,「軍事戦争科学技術の発展に貢献した」とかい軍国主義者だか歴史修正主義者だか「軍事アレルギーアレルギーだかも黙っててくれ.そりゃまあ確かに,コンピュータインターネットスペースシャトルも大量の軍関連予算が投入されて今日の発展を遂げたよ.それは間違ってねぇ.だが,それは軍関連予算なしでは成し遂げられなかったのか?コンピュータインターネットスペースシャトルも,アイデアや試作品大学とかの研究者がすでに持っていたものだ.だったらそこに金と人を投入しさえすれば進歩はしただろうし,別にそれが軍関連予算である必要なんかない.別に軍事研究副産物として生まれたわけじゃねぇ(電子レンジ軍事副産物と言ってもいいが).黙って金だけ出してろ.手柄を横取りするんじゃねぇ.

そりゃ原子力爆弾を作るためのマンハッタン計画で得られた膨大な研究データ原子力発電所を作るために活用されたよ.でもだったら最初から原子力発電所を作るために研究費とマンパワーを投入したらもっといいものが出来てたんじゃないかV2ロケットロンドンにぶち込む手間を考えたら,最初からサターンロケットの試作機作ってたほうが良かったんじゃねぇか?そもそもマンハッタン計画アポロ計画もその予算捻出のために,他の科学技術関連予算削ってたんだぞ.お陰でどれだけのプロジェクトが潰れたことか.全体で見れば明らかに科学技術の発展の足を引っ張ったじゃねぇか.

科学技術を発展させたいなら何も言わずに金をくれ.縛りを付けたり歪な選択と集中をやった上に,科学技術わしが育てた,とか手柄の横取りすんじゃねぇ.

まあでも軍事必要

つっても国防必要で,そのための研究開発が必要だってところに異論はないよ.そのためにそれなりの予算を割くことも仕方ない.そのお溢れに与れるなら僥倖だ.デュアルユースってが落とし所として妥当だってのはわかる.分かるんで,今の流れに異論はねぇ.だが財務省はしっかり文科省予算つけろ.これで良いとか思うな.

軍関連という色の付いた1000万と民間財団助成金のような色のない1000万なら,色のない方が研究者目的に沿った研究ができて科学技術は発展するよ.軍事研究科学技術の発展に貢献したなんて寝言は寝て言え.

だが色の付いた1000万と色のない100万なら,色があっても1000万のほうが科学技術は発展するんだよ.だから軍事研究が嫌なら金をくれ.それだけだ.

2014-11-13

空中母艦

DARPA無人航空機ドローン)の母艦について、RFIを出している。

ドローンの空中母艦を四年で作れない?ってベンダーメーカーDARPAが実現性を聞いてるらしい。

四年というのもRFIの項目の一つ。

airborne launch and recoveryって書いてあるから、空を飛ぶことは間違いなさそうだ。

http://arstechnica.com/information-technology/2014/11/darpa-wants-to-turn-existing-planes-into-drone-motherships/

https://www.fbo.gov/index?s=opportunity&mode=form&id=a73e0ea615c675383c1529c5ad631249&tab=core&_cview=0

『おれはミサイル』を真っ先に想像した瑞っ子としては物凄く気になる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん