「江戸前」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 江戸前とは

2017-12-01

日本マンガの50巻到達順

書誌情報に50冊目であることが確認できる作品(よって超人ロックは該当しない),サブタイトル割愛,同一作品でも合算はしない(ドラえもんプラス,ダイヤのAact2等),サザエさんを追加

2017年12月1日現在

順位作品タイトル作者(作画者)原作者50巻出版出版社巻数連載開始年連載終了年備考
1サザエさん長谷川町子 1968姉妹6819461974 
2釣りキチ三平矢口高雄 1981.06講談社6519731983 
3ゴルゴ13さいとう・たかを 1983.09リイド社1861968  
4750ライダー石井いさみ 1985.05秋田書店5019751985 
5三国志横山光輝 1986.08潮出版社6019711986 
6こちら葛飾区亀有公園前派出所秋本治 1988.02集英社20019762016 
7まんだら屋の良太畑中純 1989.07実業之日本社5319791989 
8弐十手物語神江里見小池一夫1990.02小学館11019782003 
9あした天気になあれちばてつや 1990.05講談社5819811991 
10じゃりン子チエはるき悦巳 1992.09双葉社6719781997 
11あぶさん水島新司 1992.10小学館10719732014 
12パタリロ!魔夜峰央 1992.12白泉社981978  
13コータローまかりとおる!蛭田達也 1992.12講談社5919821994 
14浮浪雲ジョージ秋山 1993.07小学館11219732017 
15美味しんぼ花咲アキラ雁屋哲1995.02小学館1111983  
16あさりちゃん室山まゆみ 1996.03小学館10019782014 
174P田中くん川三番地七三太朗1996.05秋田書店5119861996 
18本気!立原あゆみ 1996.10秋田書店5019861996 
19ジョジョの奇妙な冒険荒木飛呂彦 1996.11集英社6319862004 
20まるごし刑事渡辺みちお北芝健1997.07実業之日本社7519852002 
21クッキングパパうえやまとち 1997.10講談社1431985  
22釣りバカ日誌北見けんいち 1999.09小学館971979  
23はじめの一歩森川ジョージ 1999.10講談社1191989  
24コボちゃん植田まさし 2000.04蒼鷹社601982  
25静かなるドン新田たつお 2000.06実業之日本社10819882013同社の異なる版でも後に出版される
26わたるがぴゅん!なかいま強 2000.11集英社5819842004 
27ミナミの帝王郷力也天王寺大2000.12日本文芸社1441992  
28なんと孫六さだやす圭 2000.12講談社8119812014 
29代紋TAKE2渡辺木内一雅2001.11講談社6219902004 
30ケイリン野郎くさか里樹 2002.08小学館5619892004 
31鬼平犯科帳さいとう・たかを池波正太郎2002.08文藝春秋1001993 後に出版された複数リイド社版もある
32ドカベン プロ野球水島新司 2003.12秋田書店5219952003 
33MAJOR満田拓也 2004.09小学館7819942010 
34夕焼けの詩西岸良平 2004.09小学館651974  
35ゼロ里見桂愛英史2004.12集英社7819902011 
36妖精国の騎士中山星香 2005.06秋田書店5419862006 
37名探偵コナン青山剛昌 2005.07小学館931994  
38王家の紋章細川智栄子あんど芙~みん 2005.08秋田書店621976  
39総務部総務課山口六平太高井研一郎林律雄2005.10小学館8119862016 
40工業哀歌バレーボーイズ村田ひろゆき 2006.04講談社5019892006 
41犬夜叉高橋留美子 2007.07小学館5619962008 
42銀牙伝説ウィード高橋よしひろ 2008.03日本文芸社6019992009 
43ONE PIECE尾田栄一郎 2008.06集英社871997  
44Dreams川三番地七三太朗2008.09講談社7119962017 
45天牌嶺岸信明来賀友志2009.08日本文芸社911999  
46風の大地かざま鋭二坂田信弘2009.09小学館701990  
47ゴッドハンド輝山本航暉 2010.01講談社6220012011 
48江戸前の旬さとう輝九十九2010.01日本文芸社901999  
49NARUTO岸本斉史 2010.03集英社7219992014 
50いのちの器上原きみこ 2010.03秋田書店731991  
51BLEACH久保帯人 2011.06集英社7420012016 
52かりあげクン植田まさし 2011.06双葉社601980  
53ふたりエッチ克・亜樹 2011.07白泉社731997  
54落第忍者乱太郎尼子騒兵衛 2011.12朝日新聞出版611986  
55空手小公子小日向海流馬場康誌 2012.10講談社5020002012 
56史上最強の弟子ケンイチ松江名俊 2013.02小学館6120022014 
57銀魂空知英秋 2013.07集英社702004  
58ポケットモンスターSPECIAL山本サトシ日下秀憲2014.03小学館531997 作画者は途中で真斗山本に交代
59Q.E.D.証明終了加藤元浩 2015.02講談社5019972014 
60キン肉マンゆでたまご 2015.04集英社601979 連載期間は1979~1987と2011~に分かれる
61FAIRY TAIL真島ヒロ 2015.07講談社6320062017 
62黄昏流星群弘兼憲史 2015.08小学館541995  
63スーパーマリオくん沢田ユキオ 2015.10小学館521990  
64エリアの騎士月山可也伊賀大晃2016.02講談社5720062017 
65土竜の唄高橋のぼる 2016.07小学館552005  
66ハヤテのごとく!畑健二郎 2017.02小学館5220042017 
67弱虫ペダル渡辺航 2017.04秋田書店522008  

2016-12-05

寿司の食べ方が話題になってたから調べてみた

http://anond.hatelabo.jp/20161204231218

  • 箱に酢飯と魚を詰めて「押し」をかける「箱鮨」「押し鮨」が生まれる。この頃は作ったあと一晩〜数日ほど寝かせていた。
  • 明治から大正にかけて、冷蔵技術の発達により(漬けではなく)生魚をそのまま握ることができるようになった。


という感じで、いつごろから魚だけでなく飯まで食べはじめたのか諸説紛々だし、

「早鮨」というのも「一晩寝かせるだけ」「その日のうちに食べる」「その場で食べる」くらいまで幅がありそうだし、

よく分かんねえ。

でも、こうして見ると「寿司を逆さにしてネタ醤油に付ける」というのも昭和以降の作法なんじゃねえの?

江戸前寿司のようなヅケだったら醤油なんか付けなくてもいいわけで…江戸時代にはそのまま食べるのが当たり前だったと。

実際「寿司醤油を付けるのは邪道」と断言してる人もいるし。

となると、「煮切り(煮詰め)」だって必要ないんじゃないかと思ったけど、

現在江戸前寿司でも、昆布締めしたタネとかにきっちり煮詰めを塗っているみたいだ。

行ったことないから何でもかんでも塗ってるのか分からないけどさ。

逆に、仕込みをしない生の魚に煮詰めを塗る店もあって、しかしそれでは味が物足りないという感想の人もいた。

江戸時代の頃は酢飯もわりと濃い味だったとか。

ともあれ「生の魚を切って握っただけの味付けをしてない寿司」っていうのがそもそも結構イレギュラーなんだなあと思った次第です。

2016-09-12

ごめん。

産地が近いところなんで、今朝とれたもの中心に

握る。

江戸前とは違うので。

別に高くもないが。

冷凍でもオペレーションが大きなところは

その間にすぐだめになるから気をつけてな。

2014-09-18

女子ステキ臭を消したクックパッドが欲しい

それこそ車やバイクの日常整備を記したサイトみたいな、有職野郎日曜日的なイメージサイトがさ。

柄の入ったランチョンマットを敷いた小奇麗な杉の木のテーブルに、ハート型の器と妙な形の持ち手のついてるスプーンとかさ。

耐えられないのよ男子増田的には。

見てるそばからおえぇぇって、オンナくせぇぇ、オンナが使った後のタオルみてぇぇって感じになる。

かといってもこみち然としたいわゆるイケメン男子厨房に入るみたいな感じも駄目。

俺男でもあの空間の中に入れない。

っていうか入ったら無視されて出てけって空気出されて涙目になるに決まってる。

だってMOKO'sキッチン基本的に女向けだしさ。

やっぱ違うんだわ。

でも、江戸前魚屋さんとか、港に戻ってきた漁師の親父のまかない料理とか、またぎのおっさん料理する熊の手つかったワイルド焼肉とか、そういうのともまた違うんだよな。

わかんねーかなぁ。

男子なんだけどイケメンじゃないし、男なんだけどガチワイルドでもないっつうか。

なんつうの、とりあえず車はX-TRAILとかXVハイブリッドとか、復活したらハイラックスサーフを選んじゃう独身サラリーマン的な感じさ。


からさ、不細工でもハゲでも大丈夫な感じ、俺のいるとこじゃないって空気のないクックパッドとかさ、そういうの用意して欲しいよね。

追記

なんかブクマ投稿すんのか?みたいなコメントがついてるけど、別に投稿型じゃなくてもいいやん。

アウトドアグッズや車やバイクのグッズの広告付きで、一般男子よりちょっとだけ男っぽいシェフとかキャンプ屋が提案する料理でいいんじゃねとか思う。

日々ののまかないに追われるオンナと違って、暇な日曜の飯どうすっかな?みたいなスタンスなんだし。

2014-05-27

安倍首相はてサヒトラーだのファシストだの言われる割に

なかなか腹の中を顕にしないな。菅や鳩山は語るに落ちていた。麻生九州男児主義+江戸前って感じだし。

安倍小泉よりも何を考えてるのかわからないかもしれない。

俺はそういう点が結構、稀代の政治家なんじゃないかと思ってるんだが、政策はよく知らん。

2014-01-28

もう都が100%出資してネオ東電を作って、

お台場一帯にソーラーパネルを敷き詰めて海浜発電所作って

電気供給を始めるといいよ

小泉横須賀からさ、そっちの方までぐるっと

江戸前の海をソーラーパネルと水力と風力で埋め尽くして、

よくわからない電力地帯を建設すべき。

きっと夏の気温が60度位になって新生物が誕生したり

人類が滅んだり21世紀っぽい悪夢が生まれると思う

2009-01-05

http://anond.hatelabo.jp/20080226155612

神保町のそばやの親父が神保町はお堀の中だったから本当の老舗なんかないんだと江戸弁で話してくれた。

その親父は神田の生れだという。

親父に言わせると神田以外は東京じゃないそうなw

親父が私を気に入ってくれたのは、そばの食い方が江戸前だったからだそうな。

東京は結構広いよ。

山の手下町でも全然違う。

地方出身者の語る東京東京出身者の語る東京が違うのは当たり前の話だし、出身地域によっても全然違うよね。

人によっては山手線の外側は東京じゃないっていう人もいるくらいだからね。

それはそれで正しいんだろうな。

自分の生れた場所が愛しいのは当たり前の話。

かくいう私は葛飾の生れで、ごみごみしたところ出身。

ちなみにずいぶん前に死んだ明治はじめ生まれだったばあちゃんは神田の生れ。

ひいばあちゃんはお城にあがっていたこともあるそうな。

でもさすがに東京でうまれて東京で生活しているけれど23区外が東京じゃないなんて思わないし、山手線の外側を東京じゃないなんて言わないけどなあ。

2007-08-12

寿司を箸で食うのは関西の慣わし

http://anond.hatelabo.jp/20070811233757

で、聞いたことないの?

落語お題目になってるぐらい古くからの慣わしだよ。東京の方の慣わしだからかな。

もしかしたらこっちの方だけの習慣なのかもしれないね。

江戸前落語をきくとよく枕話しとかででてくるけどな・・・


関西寿司というと押し寿司や熟れ(なれ)寿司の文化なんですよ。

酢飯に味がつけてあって、本格的なところで醤油つけないの?って聞くと

「もう味つけてありますから」ってかえって怒られるの。

2007-08-11

http://anond.hatelabo.jp/20070811010549

都内の古くからやってる看板店にいってみそー

寿司をハシなんかでつまみやがって・・! てやんでぇ! べらぼうめ!出て行きやがれ!!

っていわれるよ!!

と、言うことはないけど、いいお店でカウンターで食うときにハシで食ってると

教えてくれるおやっさんもいるとおもうよ。何度か見聞きしたことがあるな。

すし屋さんはフレンドリーな爺さんが大将なことがおおいからね。

そんなラーメン屋さんみたい下品な指摘はないとおもうけど。

で、聞いたことないの?

落語お題目になってるぐらい古くからの慣わしだよ。東京の方の慣わしだからかな。

もしかしたらこっちの方だけの習慣なのかもしれないね。

江戸前落語をきくとよく枕話しとかででてくるけどな・・・

ちょっと探してみた。

http://www.sushiwalking.com/manner/index.html

寿司をひっくり返すようにしてネタを下にして人差し指と中指で支え、舌の上にネタが来るように口に運ぶのが正しい食べ方といわれています。この掴み方は、醤油に漬けるときシャリを崩さないので見た目にも美しく食べることが出来るのです。


もともと寿司は庶民のくいものだから、手でつまんで、表の荒縄で手をちょちょいと拭いてくのがならわしさ!

いつからか高級食になっちまったが、もともとは屋台食。

もしかしたらたこ焼きが高級食になる日もくるかもね。

たこ焼きは箸で食うもんじゃなくて楊枝で食うもんだよ!!

えーなにそれー!?

楊枝って歯をシーシーするものでしょ?文明人なんだから箸つかおうよ!


http://kotonoha.cc/no/31232

そんな風にやりとりされる日がくるのだ!

2007-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20070220125338

それ故、江戸前の海苔巻き文化が廃れたのは自明である。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん