「芥川」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 芥川とは

2020-06-17

anond:20200616165715

どっちかというと、太宰が芥川に影響受けてメンヘラかましてたところ事故って亡くなったという感じ

2020-06-07

anond:20191226183611

結局、自殺未遂してしまった。それも2回。

2020年1月自殺未遂1回目。

1回目は心療内科の帰りに。あの日はとても精神が沈んでいて、心療内科の待っている時もソファでうなだれていた気がする。問診票にも何も書けず、名前だけ書いて提出。先生とも何を話したかは覚えていない。その日は雨が降っていた。病院の帰り、傘を持っていなかったので、雨に降られたまま歩いていた。その時には、****を飲んで自殺しようと思っていた。何日か前に、****の致死量を知って、こんなにお手軽に死ねるなら、コスパ最高やん!って思って、ずっと****が頭にあったのだ。そして、****を入手した。(実際にはそんなお手軽な自殺方法などなくあっけなく失敗。)

レトルトの白米にレトルトビーフシチューをかけて、その上に****をかけた。ふふふ、とスマホ写真を撮って、これが最後の晩餐、と満足してその効能を待った。しかし、効果がでないので追い****。しばらくするとその効能が出始めてきた。

その日は、遠方に住む、単身赴任している夫に、私の家に来てもらう日だった。そんな日だったのに私は自殺未遂したのだった。効力が足りないと思った私は、夫がいる時に、さらに、追い****をした。発言がめちゃくちゃになっていく私。本当に死ぬのだと実感して、ラップトップパソコンを開いて、遺書を書いていく。それは残された夫が自責の念で苦しまぬよう、良い人生だった、また来世で会おうという内容であった。

次の日くらいに、いつもかかっている心療内科へ。自殺再発防止のため、結局HCUへ入ることに。HCUとはICUよりは救急性が一段階低い人が入るところらしい。

2020年1月自殺未遂2回目。

2回目はHCUの中で。実はこっそり****をカバンに忍び込ませていた。その時は、なんだか全てのことが気に入らなかった。看護師に対してさえ、こいつらの面に泥を塗ってやりたいと思うほどだった。助けて欲しい、苦しい、それなのに、うまくそんな気持ち表現できず、鬱憤が溜まっていた。その鬱憤を、彼らのプライドを傷つけることで晴らそうとした。

病院カップの中に、水を汲んで、大量に****を入れた。前回は足りなかったように思えたので前回の1.7倍ほど。死のイメージからか、えずきながら飲んだ。意識朦朧として、次の日は丸一日眠っていた。私の主治医もなぜ私が一日中眠っているか不思議がっていたが、私がその次の日の朝、ベッドの傍で嘔吐しそうになってようやく理由がわかることになった。

退院

結局、****は全く致死量に達しておらず、全く後遺症も残らなかった。私は、人生のあらゆる場面で、自分の詰めの甘さに苦しんできたが、このおかげで命拾いしたのだった。

病院先生、夫、知り合い、皆んなに「死んではいけない」と言われた。私は「よし、死なないぞ」と思った。しかし、それは私に対して大きな抑圧として働いた。しかし、死んではいけない制約の中で、その抑圧の発散は非常に醜悪な形で発散されることになった。

現在

自殺未遂以降、本当に様々なことがあった。未だにここに書くのが躊躇われるようなことが。

しかし、今は少なくとも、昔のような自分を取り戻した。死んだ魚の目をして生きていた大学院生としての生活はようやく終わって、水を得た魚のように、今は生きている。今は、昔のように、無駄なことを全力で楽しむ自分になった。小説を書いてみたり、様々な外国語に興味をもったり、宗教に興味をもったり、哲学に興味をもったり...

こんなスレッドも立てて遊んんだり...

https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1588589980/l50

元来、私は下らないことが大好きなのです。子供の頃から、下校の時、寄り道ばかりしていました。無駄なことが、私の人生なのです。排除されたっていいのです。無駄無駄カスカスゴミゴミ。そのように取り除かれる部分が私の人生のものであり、私はむしろそれを光栄にさえ思うのです。

誰にも、理解されないでしょう。しかし、それでいいのです。私は芥川河童世界住民かもしれませんから。その河童世界とは、統合失調症支離滅裂妄想でした。しかし、河童は本当に存在しなかったでしょうか?

2020-05-06

メルカリ小説が良い

メルカリTwitterでやってる小説企画が良い。作者ラインナップがとても豪華だ。芥川or直木賞作家を揃えた感じで、寡聞な私も存じるメンツだ。

藤崎彩織って誰と思ったらセカオワだった)

ちょっと古い選出に感じるけどこんなものか?

コロナ対応の態度で会社としては全く尊敬できないけれど、この企画個人的にグッと来てしまった。悔しい。

2020-02-21

anond:20200221223050

こいつの下にはみたところ、当の字下げ元増田は1つもレスつけてないじゃないか

トラバ亡者蜘蛛の糸みつけるとこぞってすがりついてくる芥川作品そっくり

蠱毒降臨していいのは観音様くらいじゃないのかねしらんけど

2020-02-15

俺の好きなレビュアーuyamさん

uyamさん推定年齢60−70)のサイボーグ009レビューでの切れ味鋭いツッコミ

by uyam

【良い点】

島村ジョーが、かっこいい・・・ちょっと繊細な感じがして、良かった。世界各国の人間を一人ずつ集めて、サイボーグ・・・002と004も好きだった気がする・・・

【悪い点】

特別、無し

総合評価

石ノ森章太郎さんの漫画って、いつも孤独主人公ばかりだよね・・・でも、太宰治とか芥川さんとか、なんか自分世界に入っていて孤独小説家・・・自殺とか不安定な人多かったね・・・そうゆうのを色濃く受け継いでしまったのだろうか・・・手塚先生は、色々なの描かれてたね・・・手塚先生が、嫉妬してた漫画家さんって、石ノ森先生だったけかな?キカイダー01とかもかわいそうだったな・・・でも、サイボーグ009は、今でも、映画作られてるね・・・

手塚先生映画?あんまり記憶にないな・・・アニメは、あるけど、サイボーグ009は、それだけ、評価されてるんだね・・・

仮面ライダーもだっけ?違った?石ノ森先生すげー

最近映画で、009とデビルマン戦わしてた?気のせい・・・戦わす相手間違えてる気がする・・・

2019-12-02

anond:20191202204513

冥界からかかる電話三島芥川ってやつを呼び出してくれ

聞いてみたい

2019-11-29

咳をしても一人と仕事中に増田って音韻が同じなんだな

芥川は俺たちだった!?

2019-11-23

anond:20191123192203

おんなのこはだいじっこ

この表現芥川平和賞級の発明品だよ。

こども園の段階から児童に教え込んでいきたい。

2019-11-21

anond:20191121172442

そういえば外国偉人あんまり苗字被らないな。

日本だと、いや日本も言うほど被らないか

夏目芥川、太宰、山田、いや山田めっちゃ被るな。

知り合いでも同じ苗字の人いそうだから誰のことだよってなっちゃうのか。

もしかして海外の人は海外偉人フルネームで呼ぶのかもな。

そういえば逆に海外の人は日本有名人苗字だけで呼ぶな?

クロサワとかミシマとか。

2019-09-13

anond:20190912185940

この増田の使い方をいまいち知らないゆえ、違う場所に先日言及しちゃいました。田中慎弥うんぬんを書いた者です。田中氏は源氏物語を何度も通読し、川端康成三島由紀夫らの小説を何度も完読したと言います自分源氏物語など読む気さえ起こりませんが、田中氏のように、古典を何度も通読さら川端三島小説を何度も完読することにより、自然と体内に「文学脳」みたいな才能が堆積されたと推測します。たとえばブログ小説や、他人文章を読めば読むほど(インプット)、ブログに書くネタアイデアが次々に生まれる。アウトプット)。逆にアウトプットが続くと、書くネタが先細る。インプットアウトプット関係というか、法則重要だと思います。でなければ、工業高校出身田中氏が芥川作家になったには、それなりのインプットがあったからこそ。と自分確信するのです。ちなみに自分文学賞たるもの、いつの日か獲りたいと夢見た過去がありますが、自分の中にいわゆる「文学脳」とは無縁と自覚し、あきらめています。賞へのチャレンジ勇気すらありません。一次で落ちるに違いないと。。自己満足ブログ小説で終っています。まとまりのない駄文すみません

2019-09-12

anond:20190912180120

なぜそこで直木賞もいえないのに芥川からいったのかから時間圧迫面接してやりてーわ

2019-09-05

anond:20190903105642

その非難した女はどんなに優劣を除外しても男が女を条件で選別する状況には自動発狂したんだろうな。

でもビルコンで(女の顔をジャッジしてやろうという品のかけらもない発想が起源の)facebookは使ってるし、尊敬できる人と縁があればぜひそこで繋がりたいとか思っていたんじゃない?

うそこが最高にダサい

よく創作世界で「文句があるなら作品で殴れ」というけど、

増田がいいたいのもそれに近いんじゃないか

ピーピー文句いってないで、そこはもっと引力のあるマッチングアプリを女のわたしが作ってやるわっていう好戦の精神(その前提の、笑い飛ばす余裕)持つほうが健全では??

ありがたい~便利~って10から80代まで老若男女頼ってるSNSだって最初は歪んだ差別からまれてるが

今は性器載せた瞬間削除されるわ差別主義者はすぐ炎上するわのツールになってるじゃん

そこに目くじら立てる意味ないのはもう自分証明してるでしょ

動機から結果まで全部品位に溢れてないといけないなんてそれは狭い世界で限られた人間けが認めるもので十分ですっていう敗北宣言だし

女でも腕さえあればザッカーバーグになれる世界そこにあるかもしれないのに、わざわざ捨ててるも同然で

コードにもサービスにも罪なし、使う人間フェミフェミしたいならカスタマーとしてここでどうぞ)次第、+経年淘汰も作用する、って増田が思ってるタイプなら、そりゃあがっかりするだろうね

---

かいてて思ったけど

おそらく芥川龍之介不倫実体作品咎めず、芥川賞をすごいと感じる心を持って生きているのに

芥川の参加してるサロンに「女を弄ぶ最低な人間」「それに参加してるあいつも最低」「森鴎外とか論外」ってお気持ち口コミで広めるような

そういう、言行不一致な、気持ち悪さがあるからむかつくんだろうな

権威大好き、だからとりあえず参加しちゃう、でもちょっと目につくところで気に入らないことがあるとキレるお客様

自分が見てないところのミスは気にしないのにたまたま気付くとバチギレする狂った上司いるよね、あれにそっくり

本当にミスがないかどうかなんてどうでもいい、自分の視界で嫌なことが起きたら犯人を探すっていうだけ。

コード創作としてみてる(どんなにノンフィクぽくても物語として出されたら決して褒められない倫理がまざっててもスルーして作品としての質を評価する)人間けがわかる感覚なのかもな

あれに落胆するのは、芥川にもてあそばれる対象の「女」が先にくる人間でしょ。

「女エンジニア」として登場しておきながら実際は「女(エンジニア)」ならそりゃ嫌だよな。

「女」が大事にされる世界にしていきたいのも納得。

2019-06-27

anond:20190627133203

嫉妬増田が他の人を巻き込もうとする構図は

芥川蜘蛛の糸で飽きてるっていったじゃん

働け

2019-06-23

たとえ胸の傷が痛んでも

魔王メンタル「こんなひどい目に遭ったのだから、世の中こうあるべき(バランスを欠いた政治)あるいは壊してやる(ホムラチャン)」
芥川メンタル「こんな世の中に生まれたくなかった(希死、厭世、憂国、反出生主義に片足突っ込み健康若年でも安楽死を望む)」

じぶんは7割芥川、3割魔王って感じだなー


世界的な世相に対する感想だけど、

バランス感覚を欠いた魔王メンタル政治勢力が影響力を増やすのが世界的に進んでいるけど、これって民主主義バグですよね。性善説によってそれなりに上手くいっていた民主主義だけど、バグを突いてくる勢力が力を増しているのでもうダメなのかなーって感じ。

バグに食いつぶされてしまう前に、民主主義自体を見直さなければならないんじゃあないのかなー。

とはいえトランプ現象のような揺り戻しもまた、民主主義メカニズムではあるのですが。「誰がどこに投票たか」が秘密であることがミソですね。

よく言われることだと思うけど、独裁ってイコール悪とは限らないんですよね。独裁というのはただ単に統治メカニズムの一形態に過ぎない。それが悪になるか善になるかはまた別の問題で。


世の中が複雑すぎて、彼方立てれば此方が立たぬ、バランス取るの難しすぎて、功利主義がいいのかなあと思ってはいるけどもそれにも問題はあって、何が正しいのかよくわからなくて、自分は匙を投げつつあって、無難そうなシングルイシュー党に投票したほうが自分理解できる範疇なので有意義だしそうなりつつあるなぁ。

自分で言うのもなんだけど、世の中が複雑に見えるというのは、どんなトンデモであっても全ての主張に対して同情的な視点も持って尊重する成分を見出すからです。

「あーたしかにそんなつらい目に遭ったら魔王になるよなー」 って理解できる。殺意が内に向くか外に向くか、あるいはこじれるか、ということなのかな。

「つらい」ことは同情できますが、「つらい、だから魔王になる」は尊重しかますが・・。

とはいえそれは自分が処理できる範囲の辛さしか経験してない甘チャンなのか、あるいは処理能力が高いのか、わかりませんが。いずれにせよ不幸自慢の土俵には上がりたくないですね。

つらい目に遭って、それを処理できないと、人は魔王芥川になるんですかねー

なので、それでもその複雑なものに対してひたすら真摯バランス感覚を持って、バランスを保とうと試み続けて、統治に取り組む人は偉いと思う。皮肉子供をほめるようなやつでもなく、ただ純粋「偉い」です。

そして、そういう人たちによって、この世はまだ捨てたモンじゃねーな、と、保たれているのだなあと思います

2019-01-29

anond:20190128183257

ブコメ

odakaho 予言するけど10年後には異世界文学新感覚派とかプロレタリアみたいな文学の一派に扱われて芥川とか普通に受賞してると思う。

こういう話題になると無責任にこんなこと言う人が必ず出てくる。これはこの人の願望なんだろうけど。

ラノベ作家やなろう作家を細かく分類するカテゴリーはできててもいいだろうけど、それが文学として評価されることはないと思う。

東野圭吾宮部みゆき筒井康隆だって何らかのカテゴリーには入ってるんだろうけど、べつに文学として評価されているわけではない。まあそもそも菊池寛文学として評価されてないわけだが。

ラノベは登場からもうだいぶ経つけど、文学として評価されているなんて話は聞かない。人気作はラノベレーベル以外から出版されることはあるが、文学として評価されたということではない。そもそももとからラノベレーベル以外で出ている小説の方が圧倒的に多いのだから一般向けに出たところでだから何という話である。あるいはハリウッド映画化されても文学として評価されたということにはならない。映像化しやすそうなエンタメとして評価されただけだ。

ラノベあくまアニメ漫画などのオタクコンテンツの一部として取り扱われている。文学部におけるラノベ研究も多くは文学研究という形ではなくサブカルチャー研究という扱いだろう。ラノベ大人が真面目に議論するには題材がオタク向けで幼稚すぎる。

とりあえず芥川賞はないだろう。あれの選考方法を知っている人間なら誰もがそう思う。ノーベル文学賞の方がまだ可能性がある。というか、異世界からどうしたという話だ。多くがゲーム設定の流用で別に新しいことは何もやっていないわけだし。ただオタクにとって都合のいい幼稚なポルノが受けているだけ。むしろ評価されるどころか、「あの頃のオタク女性差別は」的な文脈批判される可能性すらある。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん