「バブル崩壊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バブル崩壊とは

2017-12-16

anond:20171216083245

聞く相手を思いっきり間違ってるな

団塊ジュニアってのは昭和46年(1971年)生まれ最初から

バブル崩壊1991年にはまだ19-20歳、進学組は大学2年生なわけだけど

大学が定員割れ起こしてる現在と違って受験戦争と呼ばれた時代だし

大学卒業時には就職氷河期にぶち当たった一番恵まれない世代

なお、今では日給8千円の警備員アルバイト

バブル前は日給2万円で昼夜働けば1日4万稼げたって話を聞いたことがある

2017-12-13

anond:20171213114511

物価は昔の方が高かったけど

昔は存在しなかった生活必需品家計を圧迫してる面もある

携帯電話だって広く普及したのはバブル崩壊後だし

インターネットも無かったかプロバイダに金払う必要もなかった

こういう定常的な出費がボディーブローのように地味に効いてる希ガス

2017-12-12

バブル崩壊後って社会はクソへと向かう超特急だったけど娯楽は凄かったよな

ゲームとかパソコンとか凄い勢いで進化していって世の中に面白いものがこれでもかって溢れてた。

今はその頃の焼き直しみたいなものが多いよ。

それか団塊の世代狙い撃ちのリバイバル物。

anond:20171211202846

市民革命フランス)→大陸法人権優先)

産業革命イギリス)→英米法産業優先)

フランスドイツ法律を真似した日本大陸法国家

から個人性格は~」ってのはそのとおりだと思う

でもバブル崩壊時の対応シェアワーキングで乗り切った欧州型ではなく

リストラというアメリカ型を選んだのもまた事実

産業ベースで見るならアメリカに近いと言えなくもないか

2017-11-29

1991年高円寺商店街クリスマスツリー

神戸クリスマスツリーの件で思い出したことをダラダラと書き殴っていく。

当時自分専門学校生高円寺とある商店街飲食店アルバイトをしていた。

クリスマスシーズン店長は1~1.5mくらいのなにかの針葉樹の鉢植えを買ってきて、ツリーの飾り付けをした。営業中の店内は暖房乾燥タバコの煙も充満。

植木には過酷環境だった。水やりをするくらいしか世話もできなかったが、一ヶ月あまりクリスマスシーズンをその木は枯れずに乗り切った。

クリスマスが終わると店長は飾り物をはがし、裸になった鉢植えの樹を指差し粗大ゴミ※に出せと命じた。

は?生きてる木ですよ?なんで捨てるんですか?しか粗大ゴミってなんなんですか?捨てるならなぜはじめから造花を買わないの?

怒りで目がグルグル回った。一通り抗議したが無駄だった。十人ほどの従業員なかに賛同するものはなく、ただドン引きされた。

誰か別のアルバイト街角粗大ゴミ置き場に木を持っていった。

収集日まで数日の猶予があることを確認し、翌朝レンタカーを借り、荷台にツリーだった木を横たえ、環七目黒通り環八第三京浜から横浜新道を通って、藤沢実家までひとりで運んだ。

親に頼み込んで北側の庭に植えてもらった。幸い根付いた。強い木だった。今も生きている。立派な枝ぶりになった。垂れ下がるような茂り方なのでモミではなくトウヒのような気がする。庭木なので植木屋さんに剪定してもらっているから樹高は二階の屋根より低くなっている。あと100年生きるのだろうか。自分の死後こいつはどうなるだろう。

クリスマスが終わればゴミとして殺される木はあの頃も今も、毎年何万本も存在するのだろう。

神戸のあの樹だけが特別なわけではない。

バブルの頃から時代は流れ、サステナブルとか自然との共生とか生物多様性とか言われるようになったけど

今回の神戸のツリーニュースを見た瞬間、あの高円寺ときと同じ怒りがふつふつと沸き上がってきた。なにも変わってないじゃん。

いやもっと悪いよ。鎮魂とか復興象徴とか輝けいのちとか、心にもないお題目ならべてるところがね。樹の命なんて毛ほども考えてないくせに。

いっそ正直に、集金集客のため大木を引っこ抜いてツリーにするけど用が済んだらバラバラにして売るからね、樹には被災者の鎮魂のための生け贄になってもらったってことでいいよねって言ってた方がここまではムカつかなかったよ。

でもしか割り箸だって材木だって同じことだろう?いや同じだろうか?間伐材は仕方ないよな?

食べる野菜はどうなんだ?牛や鶏は?かわいそう?矛盾してないか

ずっとずっと、考えてきたが答えは出ない。

他の生き物の命を奪わないと生きていけないのに

時として他の生き物に愛着を持ってしまうのはなぜなのだろう?神が与えた罰なのか?

人は生きていくために樹木の命をもらってきた。雨露しのぐ快適な住居のため。暖をとる燃料のため。箸や器、さまざまな家具や道具。

集客のためという経済活動お祭りで神に供える宗教的行為も広義では生きていくために入るのかもしれない。

イベントで巨木を抜いた。乱暴なやり方だしたぶん枯死するよ。でも経済活動のため。うん、それはわかるよ。時には仕方ないよね。

でもどうしても腹が立つんだ。理屈じゃないんだ。抑えられない怒りがこみ上げてくるんだ。DNAに刷り込まれアニミズム精霊信仰なんだ、きっと。

少数派か多数派かはわからない。今はネット自分に近い意見を探せる時代から多数派錯覚することもできる。

古いものには霊魂が宿る。老木は神になる。長生きした猫は猫又になる。(なってほしい)うちも築100年を越え、梁に愛国婦人会って金属ステッカーが貼ってあるけどなんなのこれ。よくわからないけどこわくて剥がせない。

栗の柱は黒くてつやつや。100年前にうちを建てるために先祖が殺してごめんなさい。これから大事に住むから許してください。

クリスマスツリープロジェクト反対署名サイトも見た。7千人以上集まってるじゃないか。すげえ。

結構いるんだ。自分けがおかしい人なのかとずっと思ってたよ。

経済学者が、コピーライターが、役人が何を言っても変えられないよ。

土着信仰だ。原始人だ。老害だ。田舎者だ。うん、その通りだね。嗤いたければどうぞ嗤って。

くだんの高円寺の店はバブル崩壊の後、すぐ潰れた。

店長は売り上げをちょろまかしていたことがオーナーにバレて闇社会の人に追われていると聞いた。

そのオーナー自身千葉でのゴルフ場開発にからん揉め事商店街ビルを手放すことになった。

バブル直後はどこもかしこもそんな話だらけだった。

 

糸井重里バブルのころからあんなだったし、自分も上で書いた通りあの頃と同じだ。

時代が変わって糸井のやり方は受け入れられなくなってきたのだろうか?

もう少し推移を見守ろう。

※当時はごみ分別は今よりずっとゆるかったし粗大ゴミも申し込み制ではなかった。確か。(あるいは資源ゴミだったか記憶が定かではない)

11/30追記 署名8500人越え。樹木の一部を使ったバングル販売する予定だったフェリシモは、販売中止を発表。主催者後出しでいろいろ発表。当初は「植樹」と言っておきながら「移植は無理だった」ウソつきか。知ってた。あと、樹木の命について考えるきっかけを与えてやった、みたいなことを言ってやがるのも腹立つ。こちとら1970年代から今日まで考えてるわ。答えは出ないがな。

12/1追記 「嫌なら見に来るな」あ?公園晒しといて何いってんの?・・・急に署名が増えて1万人越えに…まとめサイトおそるべし

12/2追記  1万5千人

2017-11-28

非婚化と少子化根本的な原因について

工業化が進み、経済成熟している世界中先進諸国においては、どの国でも少子化が進んでいるという。それらの先進諸国経済を支えているのは、昔ながらの重厚長大産業家電産業などではなく、高付加価値を作る高度製造業サービス業だ。一例をあげるとすれば、iPS細胞再生可能医療であり、これは日本アメリカと言った成熟した先進国でこそ可能仕事であり、新興国にはまだ早い、というより不可能だろう。

そのような高度製造業が主要産業になった先進諸国で求められる人材とは、はっきり言ってしまうと「凡人はいらない」、という結論になる。日本アメリカ、欧州諸国で求められる人間とは、頭が良くて、スマートで、容貌普通以上で、コミュニケーション能力が高い人材と言うことになる。能力普通で、何のとりえもない人間は今後も生きづらい世の中になるのではないか。そう考えてみると、少子化は当然の帰結だとも言える。普通人間のもの社会から求められていないのだから

時代の転換点は、やはり1990年代バブル崩壊後だと思う。日本お家芸であった家電産業シェア新興国に奪われ、日本はそれらに替わる新しい「儲かる産業」を作り出す必要があった。あれから約30年が経過したが、ようやく日本にも高度産業が生まれつつある。日本で一番集積が進んでいる場所は、大阪神戸かな。その代償として、日本少子化が進んできているということ。

2017-11-25

anond:20171125160003

1980年頃はまさに戦後とそれ以降の境界

廃墟から復興のためのインフラ整備や産業振興経済発展

その原資は日本人の貯蓄率の高さ

しか復興を遂げた日本戦後復興体制継続し日米経済摩擦が起き壁にぶち当たる

貯蓄がやり玉にあげられ消費拡大による内需拡大政策

内需拡大のための(無駄な)公共事業が盛んに行われ、行き着いた先はバブル崩壊

anond:20171125160237

復興景気だけで40年。ただ一度のバブル崩壊で30年ってか?嘘もたいがいにしろ

ケインズ主義転向たからの戦後の高度成長で、新自由主義に走ったからの不況だ。

2017-11-18

anond:20171118120950

から景気だけは上げておこうぜ! というお話なのだ

景気さえよければなんとかなるというか、景気くらいしか事前に準備できるものがない

バブル崩壊リーマンショック就職氷河期震災も、事前にそのための準備をすることは実質不可能であったし、発動後に処置することも困難を極めた

景気だけがかに輝くオールマイティカード

2017-11-08

anond:20171108143916

バブル世代おっさん人口が多い&採用数も多かったので、社会において絶対数が多い。

バブル世代のオッサンは、今40代後半~50代前半。バブル世代にもデキるおっさんは当然いて、

 そういう人はもう現場からは離れた管理職になっている。

 現場若いものに威張り散らして足を引っ張ってるのは、デキないバブルおっさんだけ。

バブル世代若者だった頃には、飲み屋などで、上の世代への愚痴文句が垂れ流されていた。

 これらはログには残らない。

 私はバブル崩壊世代オバハンだが、私の入社当時バブル世代おっさん(当時アラサーぐらい)は

 団塊の世代やシラケ世代(彼らの上の世代)を、それぞれ暑苦しい、とか面白くないとか言って腐していた。

2017-11-07

人生を分けるもの

あるドキュメント番組を見た。大きなリアカーを引いてダンボールを回収する仕事(1キロ5円の利益)をしている老人に話しかけるスタッフ。その老人によるとバブルの頃は兜町証券会社経営しており先物に手を出して大借金を背負ったという。今は故郷に帰って墓参りができたらもう何もいらないそうだ。

同じくバブル崩壊で大損したもの株主優待で食いつなぎ資産を3億まで増やした人物がいる。そのキャラクター面白さでテレビ雑誌に取り上げられ若い女性にも人気の桐谷広人さんだ。

この2人の人生を分けたものは何だろうか。リアカーを引いていた老人も証券会社経営していたぐらいだから業界に知人もいただろう。細かい事情はわからないがその人脈を使って再起をはかることもできたのではないか

私も自営の仕事をし綱渡りのような人生を送っている。大失敗をしてとことん追い詰められたとき、桐谷さんのように人生をやり直すことができるだろうか。明日は我が身だ。

2017-11-03

anond:20171103000030

それはイキイキママ関係無いだろう。

バイトしてる年寄りバブル崩壊~00年の間にリストラされた人達(当時40代現60代)だと思う。老後の蓄えが無いのだろう。

2017-10-30

人として生きるために仕方なく働いている

20代後半、ゆとり世代だ。

一回り上の先輩に「仕事合ってないかも」と相談すると

仕事は続けたほうが良いと思うよ~」という返事が返ってきた。

月1の頻度で「仕事辞めたい」っていう意識が頭を占有する。

ゆとり世代プライベートを重視する」※仕事二の次

まさに、その通りだと思う。

仕事は生きていくために仕方なくしているもの

定時で帰れるものなら即刻返りたいと思ってしまう。

結婚をして専業主婦になる!という手もあるが

最近家族を養えるほど稼いでいる人がいない。

同棲している彼氏がいるけど、共働きでないと生きていけないだろう。

皆、何のために働いているんだろう。

仕事が「楽しい」と言えるのは、一握り……というより、ひとつまみ程度しか居ないのだろう。

今の仕事を辞めたとしても、次きちんと働けるかの保証がない。

特別資格も無ければ、人より優れている点など思いつかない。

ただ、WordExcelという誰でも出来る作業が得意なだけだ。悲しいな。

今は、正社員として働くメリットも消えてしまった。

女で正社員として働き、結婚すると「住宅補助」等の補助が一切出なくなるのだ。

同棲している今でも補助は一切出ていない。男だったら出る。

まれてこのかた、バブルなんて味わったことが無い。

バブル崩壊して酷いとき未熟児で生まれたから。

そこで運を使い切ってしまったのかもしれない。

あーーーあぁ、いやになるな!

皆が仕事する理由って何かある?

2017-10-26

日本の独立

今の時代インターネットがある。

昔のような暴力的手段を使わなくても、社会改革していくことはできるだろう。

帝王学

日本人はみんな「帝王学」を知っておくべきだろう。

歴史

基本的教養リベラルアーツ)として、歴史を学ぶことも重要だ。

私は八年ほど前に南アフリカ金鉱山の経営を行っていた。

ある時、そこに名門ロスチャイルド家関係者が訪れたことがある。

オックスブリッジ」の歴史学科を出ているその人物は、私たちに平然と歴史勉強していなかったら、ブタだ(人間じゃない)よ」と言い放った。

特定人間を愚弄した言葉ではなく、ごく普通にから出た言葉のように思えた。

これが世界政治経済を牛耳るトップエリート感覚なんだなと、その時、私は痛感したものだ。

 

現実に、彼らエリートには彼らだけの標準である共通言語」や「共通認識」がある。

そうした共通言語をもち、真のエリートたちのインナーサークルに入れるごく一部の者だけが世界大企業トップとなって数十億円の年収をもらい、プライベートジェットスイスダボス会議に参加し、「次の金儲けのテーマは『金融からエコ』にしよう」などという、地球の新しいルール作りにたずさわる資格もつ

欧米特にヨーロッパでは、エリートになるための教養知性として哲学歴史学必須科目なのだ

実際、どちらも彼らが己の理想世界観自分言葉で語るのに不可欠な学問だと思う。

恐らく日本にも革命必要だったんだろうな

バブル崩壊時に

フランス革命しか

文化大革命しか

アメリカ南北戦争しか

 

ところが根っから敗戦国日本では民衆主導で動くって発送がなかった

そのせいで経済危機に陥ったのに税率軽減がされず経済は冷え込み

無事Android売ってくれない発展途上国に仲間入り

あのとき革命を起こしてればよかったんだ

既得権益を徹底的に破壊しとけば今みたいな手遅れになることもなかった

2017-10-25

80年代バブル崩壊までの「圧倒的ではないか我が軍は」感凄いな

革新的製品がどんどん日本から出てる

2017-10-24

なぜオタクはカッコつけないのか?

シンフォギアとか、少し前だとキルラキルとかグレンラガンみたいな熱い展開の源流・元ネタバブル崩壊で一度途絶えそうになったと思う。

音楽バブル崩壊後にバンドブーム渋谷系があった。アニメもそういう方向へ流れたと思う。エヴァがあってハルヒに至った。

サブカルチャーと合流してサブカルアニメ勢が飲み込み、今ではサブカルというと漫画アニメメインカルチャーみたいになっている。

サブカル支配した漫画アニメハイカルチャーを飲み込もうとした感じはあるけれど、そこまでは手が届かなかったのか、それとも決別したのか、諦めたのか。今ではハイカルチャーを標的とする感じはしない。

それはどうでもいいのだけど、オタクはカッコつけなくなった。ちょっと前までは(カコイイのかはともかく)伸ばした髪を一つにまとめオープンフィンガーグローブを身につけカッコつけていたのに、今ではそんなオタクはいなくなった。

オタクアイコンを避けてパンピー擬態をしているのかもしれないけど、だとしてもカッコつけていない。むしろかっこ悪くて悪目立ちしているし、オタクであることを隠そうとする擬態オタクが考えているほどできていない。それどころかオタクオタクを隠さなサブカル女子メンヘラ批判する。

なぜなのか。かつてカッコつけたオタクはどこへ行ったのか。

氷河期世代のお前らもバブルの頃なら自民党に入れてたろ

バブル崩壊前のあの感じ、忘れたの?

この若者達と同じように若かった頃のこと。

選挙権あるかないかのあの頃。

原発バンザイ、疑いもしなかった頃よ。

つーか、政治に関心なかったか

選挙行ってたか

一周回って今また若者の間でバブル期ブームだってよ。

あの感じ。

わかるじゃん。

https://anond.hatelabo.jp/20171023144455

2017-10-19

自分は第二次ベビーブームピーク生まれ40代

激化した受験戦争バブル崩壊直後の就職氷河期なんかで結構割喰らってる世代なんだが、

なんだか丁度うちらが老人になる頃に高齢者保障の超改悪が起こりそうな悪寒がする

anond:20171019120241

ブコメでも言われてるけどソ連型だよ

儒教的な縦社会構造バブル崩壊リーマンショックで成立しなくなったのに

アメリカ型・ドイツ型にシフトできなかったせいで落ちぶれていった

信じられるか?

ひと昔のハリウッド映画敵役中国でもソ連でもなく日本だったんだぜ?

さすがに中国型になるには文化大革命必要なので考えなくてもいいが

2017-10-13

仮想通貨

みんな仮想通貨やれよ

儲かりすぎて心が辛いからそろそろ辞めたいんだわ

はやく大量に一般人流入してバブル崩壊させてくれ

2017-10-12

第一就職氷河期世代 vs 第二次就職氷河期世代

https://www.businessinsider.jp/post-105617


バブル崩壊後の自民党による第一就職氷河期世代 vs リーマン&大震災後の民主党による第二次就職氷河期世代

ファイ!!!!!!

ゆとり世代のほうが年が近いから今の若者は影響うけるのかもしれん。

少なくともはてブコメント見てるようだと、敵意むき出しでなので絶対共感されないと思う

※ま、まぁはてブユーザー第一就職氷河期世代が多い前提だけど

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん