「上戸彩」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 上戸彩とは

2019-06-13

上戸彩エグザイルの後ろで踊ってる人と結婚したやん

あの踊ってる人はCDを録音するときスタジオの中で踊ってるってマジ?

2019-06-11

上戸彩第2子を妊娠!!

だってよ!!どんな顔して中出しされてるんだろなー!!!

2019-04-05

EXILEHIRO上戸彩結婚してたの思い出してそういや上戸彩も昔は森田剛と付き合ってたなあとか思ったりしつつ

やっぱ清純派ってウェーイな人間に惹かれるんだなあとか考えて鬱になるなど

2019-03-11

時代代表する女優扱いだが

上戸彩がすごかった理由って何?

しかドラマは、金八しか思い出せん。

もっというとM-1の司会の方が印象強いし。

あととにかく、CMにたくさん出てたんか。

セックスシンボルってタイプでもなかったし。

嫌いじゃなかったけどな…

2019-03-04

今日迷惑メールが届かなかった

最近の楽しみ。

タイトルが「Aya ueto」とか「Kasumi Arimura」とか有名人名前で、画像偽装したファイルが添付された迷惑メールが届くんだけど、

芸能人に疎い自分は「なにそれ?」「誰それ?」とググる。(上戸彩は流石にわかるぞ!)

すると、「あ、テレビでよく見るあの子有村架純っていうんだ!」とわかる。

すると、同僚が「株式会社○○の受付の子有村架純に似てね?」って言ってきても以前までは「すんません芸能人よくわかんなくて…」と言っていたのが、最近はわかるようになって「似てますよね。」とか返せるようになって、周りから最近、よくアンテナ張ってるみたいで関心する」とか「増田くん、変わったよね。」とか言われる。

 

しかし、今週末、そして今日は来なかった。

明日も来ないのだろうか。

そうなったら俺はどうやって芸能人情報を得ればよいのだろうか。

石原さとみ最後に、彼から迷惑メールは途絶えたのであった。

ふざけんな、石原さとみぐらいしってるっつーの。最近だと、14才の母出てた子だろ。

2019-02-01

営業用の笑顔が上手い女性芸能人女子アナって

まっさきに上戸彩かなって思うんだけどな...。みんなは、誰が上手いと思う?

  

田中みなみは、媚びだな。

水卜アナ笑顔は、自然笑顔

2018-10-20

anond:20181020214642

そうなるでしょ?私も上戸彩以外にセックスを迫られるのは嫌だな。

2018-10-16

anond:20181016092826

年収が5年前に1000万超えたけど、やっぱり女の反応が全く違うのを感じる

婚活出会いは本当に値踏み感がすごい

相手人間ではなく「年収」「仕事」「長男か否か」「親と同居か否か」

結婚後、専業主婦が可か否か」「最低、1年に1回の海外旅行」等はとにかく多い


上記を全部クリアーできる俺が相手に求めるのは

Gカップ以上」「軽く変態」「料理が上手い」「上戸彩似」「優しい」の5つだけど

から見ればアホの極みらしい


条件がアホなのはお互い様だろうと思う・・・

anond:20181016092826

増田と似てるけど、結婚できなかったなー。

年収
  • 28で 500
  • 29で 550
  • 30で 520
  • 30代での平均 620~
容姿
出身ほか
相手希望
自分趣味
好みのタイプ
結婚できなかった
彼女など

2018-07-12

最近吉高由里子綾瀬はるかが嫌い

ひと昔前はどっちかというと好きだった

もうおばちゃんになってるのに、相変わらず若い人気女優みたいな振る舞いやってんのが不快になってきたのかな?

からずっと嫌いって人はおいとくとして

同じような人いる?

石原さとみとか深田恭子とか上戸彩とかは、今も昔も変わらずいいなって思うんだけどね

2018-05-05

チャラ男と清楚女のカップル不思議

なんでエグザイル系の見た目の野郎が、清楚な彼女や嫁を連れてるんだ!?

どう見てもこいつチャラいなと思う奴に限って、となりに並ぶのは髪色が暗くて清楚な服装OLっぽい女

何が起きてるの???

チャラ男ギャルと付き合うもんじゃないの??

でもよく考えたらエグザイルHIROだかあのオッサン上戸彩結婚したし、

タカヒロだかはトモチンじゃなくて武井咲を選んだ

何が起きてるの?何が起きてるんですか?

清楚なのは見た目だけで女の中身もビッチなんか?

教えて増田くん…

2018-03-24

anond:20180324191547

上戸彩とか和田アキ子が変わったシュチュエーションで歌ってたのは覚えてる。

2018-01-14

映画テルマエロマエ恋愛要素は誰の指示なの?

原作恋愛要素ありなの?

女性受けを狙って、誰かがぶち込んだの?

万人受けする映画なのに、明らかに必要な取ってつけたような上戸彩はなんなの?


追記

女を出すな!ヒロインを出すな!

ってことじゃないよ。

クライマックス恋愛方向で落とすあたりについて言及しています

ストーリー的には、主人公がテルマエへの熱意を表現して終わる方が綺麗でしょ。

最後に一笑いあって締めたほうが皆幸せになったはず。

2017-12-03

おばさん

上戸彩ちゃんやっぱりかわいいなー もうおばさんだけど。

と思うオジサンがここにいる。

2017-11-16

上戸彩はやっぱり可愛い

なんか色々言われてるけどCM見てると  

可愛い

あの髪も可愛い

2017-05-24

「上と下」って聞くとさ。

上戸彩」がフラッシュバックするのって僕だけ?

2017-04-25

貴族探偵視聴率について

タイムリーネタをぶっこんできたり、小ネタがあって面白いところもあるとは思うんだけど、

つの大きなポイントが致命的かと。

その1

テレビ東京深夜かテレビ朝日の深夜でやってるドラマっぽいキャスティング

もうね、生瀬勝久刑事な時点で「トリック」か「警部補矢部謙三」じゃないかと。

あのクセの強さはもうトリックしか見えない。 その内、ズラネタぶっこんでくるんじゃないかな?とも思ってしまう。

Siri役、あれは仲間由紀恵無駄遣い…

他にも松重豊は今クール孤独のグルメの主役と掛け持ちであっちの印象が強いし、

滝藤賢一は俺のダンディズムで主演しているのも「テレ東感」が強い。

その2

月9放送である必要性が無い感じ。小ネタぶっこむドラマだったら、別に月曜9時にする必要性があったのか?

と思う。これは土曜深夜の枠だったら高評価だったと思う。

あとは他のニュース記事にも書いている通り、ヒロイン役にもう少し格上をキャスティングしてほしかった。

武井咲だと、「はつかーさんじゅにちぃーーごぱーせんとおっふーー」 って言いそうな雰囲気だし。

中山美穂は良い味出しているとは思う。武井咲役は石原さとみ綾瀬はるかガッキー上戸彩クラスキャスティングしてほしかった。

視聴率上げるにはどうするか?

1)小ネタもっとぶち込む。 出演者が出てた他のドラマのパクりネタを入れるとか。 狙った視聴者層では無い人には人気が出ると思う。

2)出演者の強化。 1話完結ものなのだから、毎回犯人役として大物俳優女優)をキャスティングする。

 ここ半年以内のドラマで主演張ってたクラスとか。 嵐のメンバー出演はマストでしょうな。

2017-03-13

ぼくはきみの服の中のオッパイを見たかった

Mはぼくと同じ高校で一学年下の女の子だった。

まるで男の子のようなショートカットの髪、金八先生に出ていた時の上戸彩みたいにCUTEな美少女だった。

ぼくの君に対する第一印象はただひとつ「胸がでかい」それ以外のことをぼくは何一つ思いつかなかった。

小柄なきみのカラダに不似合いなほど、その胸の隆起は際だっていた。

きみは一時期、ぼくと同じ学年の男子と付き合っていたね。

から学校への道を並んで来る姿、帰る姿をぼくは覚えている。

そのときぼくは思ったよ。

あいつはあの大きな胸が目当てなのか」と。

もちろんそんなことはなく、彼は知的でCUTEなきみが好きで胸なんかはただのおまけだったのかも知れない。

しかし、どんな言い訳をしたってきみの第一印象が胸であることは疑いのない事実なのだ

それに「どうせ胸が目当て」だなんて高校生の言うセリフじゃないだろう。

自慢じゃないがぼくのいた公立高校男子童貞率96%、つまり童貞クラスに一人くらいしかいなくて、

しかも在学中に処女童貞を失った場合浪人率は100%という恐ろしい世界だったから、だから禁欲正義だったんだ。

もちろんぼくも受験勉強に精を出し、オナニーで精を出す一人の純朴な高校生だった。

受験勉強甲斐あってぼくは現役で大学合格し、その喜びもつかの間、片想い女の子にはあっさりとふられ、童貞期間更新中だったぼくは、翌年の春にきみが関西のある有名私大合格して大学生になったことを知った。

当時のぼくは手紙をよく書いたよ。在学中にちょっとした面識があったのできみにも合格のお祝いと自分大学生としての近況報告のような手紙を書いた。そうしたら一度京都を案内して欲しいという返信が来た。そしてぼくは思いがけずきみとデートできることになったんだ。

大学生になったきみの胸はさらに巨大化していた。

巨乳というのは裾野が広いんだ。

富士山裾野が広く伸びていてるみたいにね。

「えっ、こんなところから胸がはじまるのか!」と思うほどにきみの胸の隆起はクビのすぐ下からはじまっていた。

ぼくはきみの目ばかり見て話をしていたが、視線を下に落とせばそこには胸があった。

かい合ってる男が自分の顔ではなく胸を見ながら話してるなんてすごく不愉快じゃないか

からぼくはいつもきみの目を見て話をしていた。視線を伏せることなんてできなかった。

今思うとなんてもったいなかったのかと思う。サングラスでもして視線を隠して、思う存分胸を見ればよかったじゃないかと。でも、当時はそんな才覚はなかったんだよ。

京都でのデートの後で、ぼくは卑怯にもきみへの手紙の中に「好きだ」というフレーズを書いた。

しかし、そのときのぼくは本当にきみが好きだったのか、それともきみの胸が好きだったのか、正直言ってよくわからない。

ぼくは知的でCUTEなきみを本当に素敵な女の子だと思っていた。

しかし、その100倍くらいぼくはきみの胸が好きだったんだよ。そんなこと手紙に書くはずないけど。


秋になって、いろんな大学学園祭の季節になって、ぼくはMを伴ってN女子大学園祭に出かけた。

高校で同じクラスだったことがある仲間由紀恵みたいな黒髪の純日本風お嬢さんに誘われたからだ。

実はぼくはその仲間由紀恵のこともかなり好きだった。もしもその美女を射止めることができたならば、ぼくは同じ高校のあのさえない童貞軍団を見返してやることができたはずだし。そう、ぼくのあこがれの大本命は実は仲間由紀恵であり、Mの存在価値は「自分とつきあってくれる女」という点にあったわけだから

女子大学模擬店でぼくは仲間由紀恵にMを紹介した。仲間由紀恵はMをみて、Mの胸をちらりとみて、それから妙につっけんどんな態度になった。

あなたはこんな乳のでかい頭の悪そうな女が好きなのね!」と仲間由紀恵は思ったのかも知れない。

そんなことはないんだ。Mは決して頭の悪い女なんかじゃない。

とっても聡明で話していて退屈しない女なんだ。

でもそんな言い訳をするチャンスはなかった。

だって仲間由紀恵はその後ぼくに手紙をよこさなくなったし、彼女が風の噂にお医者さんと結婚したと聞いたのはその数年後のことだ。

女子大学園祭の後に控えていたのは京都大学11月祭だった。ぼくはそこでMと腕を組んだり、手をつないだりして歩くことができた。

普通カップルのように彼女学園祭デートをするなんて幸福をぼくは手に入れた。

しかし、ぼくは手をつなぐ以上のセクシャル領域に足を踏み入れることはどうしてもできなかった。

その理由簡単だ。ぼくは童貞だったから。どうやってその先に進んだらいいのか、ぼくは全くわからなかったのだ。

手を伸ばせばいつでも触れられるような距離にありながら、その胸はぼくにとって相変わらず不可視のものであり、かつ不可触のものであったのだ。

そのままお正月が過ぎ、春になった。ぼくはMと初詣住吉大社に出かけ、そこから阪堺線チンチン電車に乗って浜寺公園に出かけた。

潮の香りのするコンクリートで固められた護岸の上の散歩道をのんびり歩き、座って話をした。おだやかな一日だった。

あの頃ぼくたちはいったいどんな話をしていたのだろう。

そうして休日には手をつないで歩き、一緒に映画を見たりしたぼくたちはまぎれもなく「つきあってる」という状態だった。

しかしぼくにとってきみの胸は相変わらず不可視のものであり、かつ不可触のものであった。

どうすればぼくはその二つを可能にできたのだろうか。

まだ20歳にもならない自分はその方法を何一つ知らなかったのだ。

もしもできることなら今の自分が当時の自分に憑依して、知りうる限りの恋の手練手管を用いてその困難を可能にしてあげただろうに。

ぼくは免許を取り、中古車いすゞジェミニを買った。それでMとドライブすることになった。

Mに向かって「どこに行きたい?」と聞いたら「鞍馬」という意外な答えが返ってきた。ぼくたちは鞍馬おもちゃみたいなケーブルカーに乗った。

汗ばむような陽気の中で、同じようにデートしているカップルが居た。

ぼくたちとの違いは彼らがキスをしていたことだった。

ぼくは赤面した。

キスとは、ああキスとは、それは限りなく遠くに存在する行為じゃないか

まだぼくは胸を見たこともないのに・・・

いや、それは違う。少なくとも胸を見るという行為は、キスという行為さらに先に位置するものであるはずだ。

ということは、自分が胸を見たいとか触れたいと思っていたことは根本的な間違いであり、それを実現させたかったら

先にキスという段階をクリアしておかなければならなかったのだ。キスとは、胸を見るための必要条件である

もちろんキスをしても胸を見るところまで到達できない場合もあるだろう。しかし、キスをしないで胸を見るなんてことはどう考えても変だ。

まり自分は、「胸を見るためには先にキスをしなければならない」という恋愛の発達段階の重要法則をそのとき発見したのだ。

ストレートに胸に到達しようと思っていた自分が間違っていたのだった。

乳首を舐めたかっらたまず相手の唇を舐めろ!」

ぼくはその真理をここに理解したのだった。

しかし、破局は突然にやってきた。

Mが教会に通い始めたからだ。

学生のぼくたちがデートできるのは日曜日に限られていた。

その二人のための貴重な日曜日を、Mはこともあろうに私ではなく神に捧げてしまったのだ。

ぼくは一度Mにくっついて教会に一緒に行ったことがある。Mのスクーターの後を、ぼくは実家にあったヤマハパッソルで追走した。

当時はまだ原付ヘルメット着用の義務はなかった。そうして教会に出かけたのも一度きりだ。

ぼくにはきみの胸を見たいという願望があったが、教会聖書を見たいとは思わなかった。

僕に必要なのは聖ではなくて性であり、聖書ではなくて早くぼくを童貞から卒業させてくれる性書こそがぼくにとって必要書物であった。

「汝、姦淫するなかれ」という神の教えは、その反動でぼくの心をますます君の乳房への思いでいっぱいにした。

ぼくは教会についていくのを止め、ぼくたちの仲は自然消滅した。

ぼくがMと最後に会ったのはぼくが大学卒業した春だ。

そのとききみはブラウスボタンを二つもはずしていたから、ぼくは思わず「うっひょ~」と心の中で叫んだ。

そのとき、きみのオッパイはぼくの心の中で永遠憧憬になった。あれから34年経つけど、今でも君の胸は成長を続けているのかい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん