「俎上」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 俎上とは

2020-11-30

姓に意味などないと知らしめれば、夫婦別姓問題解決に進む

外国人帰化する際には自分で姓名を決定できる

日本人がその外国人結婚して離婚した場合、姓は結婚時のもままにすることもできる

この2つを組み合わせると、自分の姓を任意とすることが理論可能である

 

この仕組みをハックすれば、珍しい名字人間が急激に増える、みたいな現象を起こすことも可能だし、

姓というシステムのもの議論俎上にあげる優先度は上がるんじゃないかと思う

誰かやったらおもしれーんだけどなー

2020-11-22

フェミニスト自認腐女子ナマモノについて

フェミニスト自認腐女子ナマモノについてそろそろ考えた方がいいんじゃないか?

ということについて一昨日この記事を読んでから改めて考えている。

https://news.livedoor.com/article/detail/19250036/

>「僕らもAIとかじゃないんですけど」と前置きし「僕らであろう2人組が漫画で愛し合っているのがあったりする」と苦笑交じりで打ち明けた。

当然の反応だと思う。

そもそもなんでナマモノって許されてるのだろう?

私は長年腐女子として「ナマモノってよく考えたらダメなんじゃないか?」と思っていた側の人間ですが

あれだけ学級会を揶揄されるほど議論が好きな腐女子世界でも

どういうわけかこのナマモノというジャンルについては

隠れるか隠れないか議論はあったとしても、

ジャンルそれ自体の是非に話が及んでいるのを見たことがない。

いつも隠れる隠れないの話になってしまうけど、

そもそもナマモノ”って隠れようが隠れまいが

ジャンルとして扱ってる事自体ダメじゃない?

存在自体ハラスメント、加害を肯定する文化しかないと思う。

ここ数年ツイッター腐女子フェミニスト自称する人も多くなり

個人的に長年の疑問であったナマモノそもそもダメじゃない?問題

そのうち議論俎上に載るだろうと期待していたけど

一向にその流れが来ない。どうなってんだ。

でもなんとなく理由はわかっている。

腐女子フェミニスト自称する人の中には

洋画韓国映画ファン活動している方も多い。

そういう方は創作の中のハラスメント描写

男性向けの中に内包される女性蔑視にはとても敏感なのに、

どういうわけかこの実在人物を使った男性同士の性妄想創作については

まるで問題がないかのように振る舞っている人ばかりのように見える。

もっといえば腐女子フェミニストを自認している人の中にも

このナマモノジャンルに手を出している人がぼちぼちいるわけで、

仲間に銃口を向けないルールがあるのか

このナマモノ(実在人物を使っての性妄想創作)の是非については

触れてはいけないような空気すら感じる。

アニメ映画ドラマの中のハラスメント描写に敏感で鋭いツッコミをする人が

実在人物モデル名前バッチリ出してるR18作品

インターネットにアップしてるのって、

目眩がするほどダブスタまりないと思うんですけど、私がおかしいのでしょうか?

腐女子フェミニスト自称するなら、

そして男性向けエロと違って私達には自浄能力があるというのなら

まずこのナマモノ二次創作ナマモノ同人という

加害の文化についてそろそろ考え直してもいいんじゃないだろうか。

実在人物を使ってその名前バッチリ出したエロ漫画小説バンバンアップされ

時には同人誌として印刷されて売られてるのって

相当異常な事じゃないか

ド直球の性加害だとしか思えない私がおかしいのだろうか?

こういうことを言うと

「だからナマモノは隠れないと」という声も出てくるだろうけど、

これって隠れていればいいレベルことなんだろうか?

そもそも隠れるとはどういう事なのか?

専用のSNSでPW付きで発表していれば、

ツイッターの鍵がかかっていれば、あとは何をしてもいいのだろうか?

本当にこのまま放置していい問題なのかという気持ちがどうしても湧いてしまう。

ここもそろそろアップデートしたほうがよくない?

腐女子フェミニストを自認する人達にとって

腐女子”なんて自虐自称はやめてshipperを名乗ろう!

とかよりよほど必要議論だと思うんですけど、どうでしょう

2020-10-25

サザエさんマスオさんはどのようにセックスしているのか?

昨日とある増田に書き込んだところ、他の増田に「セックスのことばっかり考えてるんじゃないの?」とコメントいただいた。

かに本当にそーで、最近セックスのことばかり考えている。

よく、高度経済成長以降に近代家族制度が変容したことが語られる。

鶴見俊輔だったか見田宗介だったかも書いていたはずだ。

1961年農業基本法趣旨の一つは、大家族による人数をかけた従来の農業経営機械化のメスを入れるものだった。

こうして農村部を中心に最後まで残っていた江戸時代以来の大きな家族というもの解体され、教科書で習うような核家族化が進む。

はてなでよく家族形態婚姻形態の変化や現状の課題俎上となるけど、その淵源の一つにこの法律位置付けられる。

私はよく、こうした大家族から家族への変化を「サザエさんのような家」からクレヨンしんちゃんのような家」への変容と紹介する。

何と無くイメージできると思うが、一つ世帯三世代が住みさらには「オジオバ」「オイメイ」が同居する形態は、近年かなり少なくなったと思う。

サザエさん時代はまだこれが一般イメージやすかったのだろう。

クレヨンしんちゃん時代になると、みさえは熊本ヒロシ秋田からやってきて埼玉家族を作る。

郊外住宅が広がって平成狸合戦ぽんぽこみたいになる世代ニュータウン時代


さてセックスの話であるセックス!!!

大家族の中でのセックスは如何に行われたか

オマセなカツオくんや多感な年頃のワカメちゃんに、サザエさんマスオさんはどう対処するのか。こればっかり考えている。

こうしたとき波平さんやフネさんがいるってことはとっても重要だ。

きっと波平フネは、それぞれの立場子供達に姉のしていることを時に上手く見せないようにしたり、時が来たらしっかり教えたりとかしていたのではないか

少なくとも、大家族形態ではそうした機会を持ちやすいのではないかと考えている。

一方、クレヨンしんちゃんの家庭ではなかなかこういうことは難しい。

初期クレヨンしんちゃんで、みさえとひろしが夕食の時に今晩セックスしたいかどうか子供にバレないように特定サイン符丁を出して確認し合う場面がある。

しんちゃんがこれに気づいて乱入してきてギャグになるのだが、非常に象徴的なシーンと思う。時代は変容していることがここからはわかる。

核家族では、子供への教育や性生活といったものが、夫婦に集中して責任としてのしかかるのだ。

もちろん家父長主義的な家族形態に戻るべきという主張をしたいわけではない。

大家族デメリットを克服しようとして現代がある(とナイーブかもしれないが信じたい)。

ただ、平成狸合戦ぽんぽこに一抹の寂しさを見るように、個人的にはここにはかつてへの憧憬がある。だからサザエさんマスオさんセックスばかり考えてしまう。


今を生きる現代人として、現代にとってより良い、より楽しい、よりポジティブな、より効率的な、より費用対効果のある家庭像あるいは地域社会像というものを常に思索しながら、自分家族と日々を過ごしていきたい。

2020-09-04

anond:20200904231319

ほらーやっぱり囚われてるじゃん

他人内面を決めつけて言葉俎上にあげてやろうってクセが染み付いてる人たちの言葉で消耗してもどうしようもなくない?

科学客観的検証可能ものだけど、こころ不可能で不可分なんだよ

言葉に頼らずに自分の中で感性に基づいてアイデンティティ確立していかないと不安定になるんだよ、それこそ言葉パンチで揺らぐような

2020-08-31

anond:20200831194512

これはかつて何回も俎上にあがり、ふわっと終わる問題だ。

どちらも決定打を打てていない。

結局議論は対等でやるのがいいっぽいよ。

2020-08-25

anond:20200821035535

対案言う以前に対案を検討するための議会すら今十分に機能してなくない? 臨時国会も相変わらず召集されないまんまだし

各省庁では支援策検討立案はやってるんだろうけど、政府が「観光業支援策GoToキャンペーンで一挙解決大成功ですわ!議論余地なし!」みたいな体で話を進めてる限り、検討段階の施策議論俎上に上がって来ないでしょ

別に最終的な結論としてGoToにまとまりましたでも構わないけど、せめて色んな案を出せる場、出された案の議論できる場くらいは決定に至るまでの前段階として当然用意されててほしいよなあ

最近なんでも結果ありきで叩く、結果ありきで擁護する、みたいな揉め方しすぎなんじゃ

2020-08-18

キャンセルカルチャーだろうが宇崎ちゃんdisだろうが

不快感ならいくらでも表明すればいいと思うの。

ただし、

それを「差別だ」と表明するなら、そこには「誰が見ても、その基準においては差別に間違いない」という"普遍的尺度"への言及必要だ。

そこに普遍的尺度への志向のないものは、単なる不快感の表明に過ぎないんで、無視していい。

なぜかといえば、

ある表現を「差別である」とする主張は、事実上規制論なわけで、「表現の自由」を奪う行為からだ。

まりキャンセルカルチャー自体が、表現の自由という普遍的価値観抵触する可能性を含むからなんだよ。当たり前のことだ。

差別撤廃」と「表現の自由」というつの普遍的価値のせめぎ合いにおいて必要なことは、俎上に上がる表現一つ一つについて、それが本当に差別的な表現かどうか、事実だけに基づいた慎重な議論を重ねることしかない。

ただマイノリティに肩入れするだけの行為は、今や完全にマスメディア向けの作法で、単なるポピュリズムなんだよ。

つの失言」で発言の場を奪われる…「キャンセルカルチャー」の危うい実態 @gendai_biz

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/74937 #現代ビジネス

2020-08-09

anond:20200809110801

容姿に関しては、今でこそ表立って大きくは言われないが、昔は人相学とかあったりして、かなり人格との結びつきは強かった。現在でも、人相と人格の結びつきを(無意識的に)肯定する人は少なくないしな。

から容姿、ここでは顔が非モテの救いになるか?と言われたらイエスだよ。一方で、「カウンセリングで顔は治せない」なんて言葉もあるくらいだし、顔が選好の俎上に上がるのは大きな苦痛でもある。

ただ、男性の顔が選好の俎上に上がる事って女性に比べて少なくない、因子として弱くないか?(別にそれが多くなる事が良いとは思わんけど)

2020-07-29

ビアンになって婦人健診が平気になった話

そういえば、自分レズビアン寄りのバイだと気づくまでは、むしろ自分のことをバキバキノンケだと思っていた。

なぜなら、女性健診の相手女医さんだとものすごく苦痛だったから。性器乳房女医一方的に触れられるのが屈辱的に感じていた。男性医師に対して、この感情を感じたことはない。その時は、自分が度を越えたノンケから女性性的な部分を触れられるのが嫌なのだと思っていた。

3年前に、とある趣味社会人サークルに入って知り合った6つ下の女の子と親しくなった。

わたしは、基本的理屈っぽくて尊大にふるまう癖にウジウジしていて辛気臭い人間という自己評価なのだが、年下から姉御肌と評され男女問わずよく親しくしてもらう。

そんな中で知り合った彼女は、わりにサバサバしていて、小柄で、童顔で、かわいらしい女の子だった。

サークルに顔を出した時の彼女は、部屋を見回してわたしを見つけた瞬間ぱあっと笑顔になって駆け寄ってきた。

飲み会ではよく「増田さーんここあいてますよー!」といって隣に誘ってくれた。

最初、「なついてくれてる」のではなく、単純に先輩後輩的な仲だから媚びたりおべっか並べたりおだてられたりしているだけだと思っていた。

しかし、ある時に飲み回の二次会で行ったバーボックス席に2人きりになったときに、メチャクチャ酔っぱらった彼女から恋愛感情で好きだということを告げられた。

ちょっとびっくりした後、「うれしい」と感じている自分さらにびっくりしたのを覚えている。そして、そんな気持ち泥酔して噴出するまで抱えこんでいた彼女がめちゃくちゃに意地らしく見え、愛しく感じて、断る気は起きなかった。

そうして交際関係となり、彼女サークル活動のない時にも会うようになったのだった。

そうは言っても、実はわたしは当時アラサーで、彼女大学生だった。

いくら女同士だとしてもどうにも犯罪くさい。

それに、わたし自身どこかで親戚の幼子のおままごとに付き合うような気持でいたことは否めない。

彼女男性経験がないということは付き合う前から聞いていた。女性を好きになったのはわたしが初めてだとも。

そういうわけで、彼女好意を疑うわけではないが、どの程度真に受けるべきか判断に迷っていたのだ。

大学生のうちだとまだ恋に恋していたり、憧れを恋愛とはき違えたりするものなんじゃないの?

そのうちやっぱり「男が好き」とか言い始めてもおかしくない。とはマジでずっと思っていた。

だいたい、元から友人関係だったのもあってか、交際関係となってからも2人の付き合い方はこれまでと変化なかった。また、何か変化を起こすべきは彼女のほうだと、大人げないが思っていた。この関係性は彼女好意ありきだった。彼女好意の形に応じて、わたしもしてやれることや差し出せるものがあれば、できる限り応えたいと思っているのみだった。

この時ほど、「男と女なら簡単なのに」と思ったことはない。

余談だが、当時私は8年ほど交際していた男性と別れて1~2年くらいだった。別れて数か月はいわゆる婚活恋活的なことに精を出していたのだが、やはりわたし性格そういうことに向いていないと自覚させられただけだった。このままいくと一生結婚できないかもしれないと思った。いや、それはそれで良いのだが、「わたしは一生誰ともパートナー関係になれないかもしれない」ということに関しては、やや悲観していた。猫でも飼おうかしら、と本気で思っていた。そんな時だったから、彼女との関係性がどう運ぶかに関しては、純粋好奇心をもって臨んでいた。

閑話休題

わたし理学部科学科を修めていた人間で、自分で言うのもなんだがステレオタイプそのままのあまり女らしくないタイプの女だ。学生時代の友人付合いと言えば、一人暮らしの奴のアパート麻雀しながらいいちこタバコなめるばかりだった。

彼女外国語学部英語学科わたしが見てる限り、いつも何が可愛いわからん流行りの服を着て、いつもメイクばっちり。イケている。そして、普段友人と何してすごしてるのかなぞ、知りたくもない。

いつも彼女からデートの誘いを受けていて申し訳ないなとは思っていたのだが、わたしはどこに誘っていいのかわからなかった。それに、わたし流行とかお洒落に全く興味がないタチなので、やはりどうしても若くてイケてる彼女の隣に立って休日モール街を歩くことには気後れを感じていた。

そんなある日、彼女から水族館に誘われた。これまでデートといいつつ友人ともやるような近場ウロつきしかしてなかった中、水族館とはめちゃくちゃデートっぽい。と少しテンションが上がった。そもそも水族館は好きだ。

そして当日。待ち合わせた駅に姿を現した彼女はいつもと違っていた。

普段だったら絶対着ないだろう薄紫地にエーデルワイス柄の女の子らしいワンピース。その上にレースっぽいカーディガン羽織って、足元は華奢なサンダルだった。

めちゃくちゃかわいかった。コッテコテデートコーデだということはさすがのわたしも気づいた。

「いつも増田さんわたしの服イジってくるから今日はわかりやすく可愛くしてきましたw」

そう言って笑う彼女を見て、世の男は彼女からこんな接待を受けているのか羨ましいなぁと見当違いなことを思った。

水族館へは新幹線で向かった。一緒に電車に乗るのも初めてで、隣の座席に座る彼女ワンピースからのぞく白い膝がとてもきれいで感動した。

彼女普段ほとんど足を出さないなということにその時気づいた。

水族館では目玉展示物の餌やりが行われていた。わたしはこれが大好きで、ここに来るたびに動画撮影していたのだが、この日ばかりは彼女写真を撮ってばかりだった。

「いつもそういう格好すればいいじゃない」と言ったら「本当はこういう格好は好きじゃない、デートから着ただけ」と言われて身勝手ながら非常に残念な気持ちになると同時に、即ちわたしのために好きでも無い格好をしてくれたと言っても過言ではないのだなと思い至った。

暗い館内でサンゴ礁を眺める彼女の細い方がレースカーディガンに透けていた。

揺れるワンピースの裾がこんなに魅力的なものだとこの時初めて知った。

水槽アクリルに這わせていた彼女の手を指先でつんつんすると、彼女不思議そうな目でわたしの手を見ていたので、手のひらを上にして差し出すと、彼女はいつもみたいにぱあっと笑顔になって握ってくれた。そこからは手をつないで見て回った。今まで、恋人と手をつなぐことをこんなに幸せに思ったことはなかった。

周りから見て、わたしたちは恋人同士に見えるだろうか。それとも、ただの仲良し女二人組にしか見えないだろうか。恋人に見えていたらいいなと思った。

そうだ、この可愛い生き物は、わたし恋人なんだ。と思った瞬間、頭に血が上ったみたいな感じを受けた。つまり、その細い肩を馴れ馴れしく抱く権利も、何ならスカートの裾の内側に手を伸ばす権利も、わたしはすでに持っているのだと、気づいたから。

この時からわたし彼女関係はおままごとではなくなった。

来月で交際し始めてから満3年となる。わたしは30になり、彼女就職2年目を迎え、そろそろ一緒に住もうかどうしようかという話をしている。

そんな中で気づいたのだが、わたしゴリゴリのボイタチだった。

そして、いくら可愛い彼女相手でも、リバられそうになると一気にテンションが下がってしまう。

この萎え方覚えがあるな~と思ったら、婦人健診で感じる不快感がこれと同系統なのだった。

まりわたしは「バキバキノンケから婦人健診で女医に診察されるとつらい」のではなく、「ゴリゴリのタチだから婦人健診で女医の前で俎上マグロを演じねばならぬのが不服」が正しいのだった。

不快の正体に気づいてからは、以前ほど婦人健診に対して恐怖心を抱かずに済んでいる。

2020-07-14

「せめて人殺しの顔をしろ」という言葉はもう忘れられたのか。

観光業者が現状においてどれだけ死地に立っているのかということを、誰もが理解していることは疑いようがない。

それは観光業当人らにとっても、そうでない者にとっても明白だろう。

今や炭鉱夫のような、消えゆく立ち位置に立っていると言い換えても過言ではないかもしれない。

それに対して、ブコメ群はどうか?

『より多くの人命を守るためには仕方がない』

それはわかる。ただ、死に瀕する人間らに対して、直截に、痛痒も無く突きつける言葉なのか?

『お前らのために死にたくはない』

とてもわかる。俺も同意見だ。ただ、それは己が被害者であって、相手被害者ではないと考えたいのか?

『大変なのはわかるし、どうしよもないと思うが、こうした声が上がるのは当たり前』

尤もだと思う。何もおかしいことは書いていない。ただ、それを口にして一体何が言いたいんだ? その判断は誰もが思う当然の発露であるから、罪ではないと?

正直、他に選択肢がないこともわかる。現状、切り捨てなくてはならない側がどちらか、政治的判断の中で下されなくてはいけないことがあるのもわかる。

ただ、それは限りなく重大な、それこそ文字通り、片方の人命を取り片方の人命を捨てるくらい、重たい結論になるはずだ。

軽々しく転職だどうだという言葉を吐き連ねるようなのはまだいい。

ただ、大義がそこにあるからと、悩みもなく単に「恨み」と遮断し、想像の外に置いて、自らが行う決断に対する罪の意識麻酔をかける様は、あまりにも大衆的なやり口で、人が死ぬ決断俎上に載せている。

どちらであっても人が死ぬからといって、人が死ぬ決断が軽くなるわけがないのに。

申し訳ないと言葉にすれば許される問題でもないから、それを求めるつもりはない。

ただ、結論が変わらないにしても、せめて人殺しの顔が鏡の前にあることを無視しないでいたい。

2020-06-25

真似てやろうか?

僕の目玉は高速にドップラー効果音を幽霊みたいに発生させながら右往左往してたじろいだがそれほどまでに動揺していたわけでもなくなぜならこの曜日は僕に対して神様が与えたものだという勘違いが生んだものであるからそこまでの動揺を脳内議論俎上に浮かべることもなく過ごせばよいのだと考えたのだ。

2020-06-15

anond:20200615223212

でもお前が褒める努力したこと他人に「褒める努力したこと」「比較俎上に置けること」は認識された訳だから、そこは勝利なんじゃねえの?

2020-05-28

小児性愛者を擁護している」のではなく、「あなたがたを糾弾している」ことがわかってもらえないのだなぁ。どこまでいっても他人事

子供小児性愛者を俎上に上げて、自分たち安全なところから断罪ゲームを楽しむことに慣れすぎて、自分たちこそが俎上に上がったことにまだ気付いていない。

2020-05-24

素描 2020/05/24

若い女子プロレスラーが亡くなった。

https://wwr-stardom.com/news/release523/

正直、存じ上げない方だったし、テラスハウスも見ていないので事のいきさつはよくわからない。

見出しが目に入ったとき事故死か、急病か…もしかしてコロナ?…とか思った。いずれにせよ若いのに残念なことだ、と。

原因(と思われる事象)は、ネット歴史で嫌というほど繰り返されてきた、ありふれた事件ひとつではある。具体的な案件被害者を挙げればいとまがない。対処法も千差万別裁判所に持ち込んで徹底抗戦をする、これも有名税と割り切った対応をする、など。

ただ隣国・韓国で相次いだ、トップアイドルと言って差し支えないレベルタレント自殺事件があって、様相がすこし変わってきてもいた。そしてついには、日本でも 同様の事件が起きてしまったということか。

いわゆる、こうしたネットイナゴ/ネット暴徒にどのように立ち向かうか、また、そもそもここで言う悪とは何なのか誰なのかといった論は差し控える。付け焼き刃の知識で雑な論を書いても何も実るものはない。

ただ、私自身、この事件に腑に落ちない、わだかまりを感じている。すなわち、SNSで叩かれて、なぜ自ら命を断たなければならないのか、ということに、左脳的なところでは承知していても右脳的なところで納得がいっていないのだ。

私事で恐縮だが、昨年書いた増田がプチ炎上をした。頭の悪いことにセルクマなんていうものをしていたため、はてブの通知は大変なことになった。ブクマ数が10を超えたところで「おや?」となり、そこからはあっという間だった。ブラウザ更新するたびに数字は増え、アプリを開くたびに通知が届いていた。最終的に300くらいになっていたはず。というのは、該当する増田およびブクマこころの裡に封印しているからだ。思い出したくもない屈辱である

そんなに大したことのない数字ではある。しかし、こちとら鳴かず飛ばず10年やってきた。今回もひっそりと増田の片隅に埋もれるものだと信じて疑わなかった。そういう身に、これはかなり刺激の強いできごとだった。

このとき私が試みたのは、アプリを消すということ。10年やってきてそこそこスターもつけてもらったアカウントだし、物書きなので、一度書いたものはどんなに拙かろうが残すべきである、それを含めて責を負うべきなのだ…などと半端なプライドがあったりもした。アカウント/エントリーを消す、という方策は初めから俎上に上がらなかった。代わりに、アカウントと実世界で生きる「私」との間にある接点を切り離すことにした。

どれだけ反論してみても意味はない、ただ時間が過ぎるのを待つしかない、ということを長年のネット経験感覚的に理解してもいた。そうして半年はてなサイトには近づかないようにしようと誓った。その代替として、グノシーだのスマートニュースだのを入れてみたが、これらは端的に言ってクソだった。

私は1980年代初頭の生まれでいわゆるアラフォーという年代なのだが、ネット世界は極論的には物理の力で強制的遮断できる、という観念がどこかにある。

勇午」という漫画で、敵に逆探知(?)かけられそうな時に電話線もろとも切断する、というシーンがあったはずなのだがまさにこういうイメージだ。

ところが今の10代〜20代前半の人たちの文章を読んだり、動向を追ったりすると、SNS日常こころの深いところまで入り込んでいることが見えて驚きを禁じ得ない。

言葉暴力が人を殺す」とはネット時代以前から言われ続けている。それ自体は新鮮な論ではなく、ここに疑いの余地はない。彼女を死に至らしめた誹謗中傷を許さない。書き込んだ奴らは恥を知れ。まったくもってその通りである

ただし、善人ばかりで回らないのもこの世の常。防衛手段としてなんらかのオプションを持つことも生き抜くためには必要な知恵かと考える。その際、SNSを、そこで持つペルソナ自身から切断するという手段は、もはやネット黎明期牧歌的幻想なのだろうか。

まとまりのない文章だがそんなことを考えた。

2020-03-21

ワニが死んだ途端おもくそ商業展開してて引いたって人がいて引いた。

http://lady-joker.hatenadiary.jp/entry/2020/03/21/072217

Twitterでも観測してるし、特にはてブランクインして目立ってるから上のリンクの人のことについて"アンサー"するね。先に謝っとくけど、Twitter観測してるやつらに対する怒りも全部この人に向けてるから結構ひどいこと書いてるよ。ごめんね。

なんか「猫ブログの猫が死んだ途端関連グッズが出たら引くでしょ」とか言ってるけど、いや違うだろ。ワニは死ぬこと確定してたじゃん。

そりゃ猫ブログ運営が猫を死ぬこと見越してグッズ展開の準備を虎視眈々としてたら引くけど、今回のワニは非現実存在かつ、初っ端「100日後に死ぬ」ことが確定してたわけじゃん。そして死ぬまでがコンテンツだし、死ぬこと含めてのコンテンツじゃん。流石に同一視するのは無理でしょ。

ワニ3日目の「気をつけないと死んじゃうよ!」なんてワニのセリフも、「いや死ぬのはお前なんだけどw」というシュールさも込みの面白さでありコンテンツだったでしょ。そんなに死を商業利用されるのが嫌なら、あそこでふるい落とされろよ。なんで全部見てんだよ。

この人は「作者はワニが死のうがなんだろうが何ら痛みを感じておらず、飯の種、名声へのステップくらいにしか思っていないでしょう」なんてゲスパー言ってるが、俺からしてみれば、人気増田に「アンサー書いた」なんてブログ貼り付けて、「私は物語の力を信じている」なんて持論かましいか自分が繊細かつ漫画から力を得てきたか自分語りしてる時点で、「お前のほうこそワニ作者の気持ちを鑑みずに銭ゲバだと勝手に思い込んで、しかもここぞとばかりに人気作品に便乗してブログ貼っ付ける自己承認欲求マンやんけ」としか思えない。

コンテンツで儲けて何が悪いの?


この人は「キャラクターの死と金とのどっちを優先するの」の2択に「金」を選んだワニ作者および関係者が嫌かつ、コンテンツのものも嫌ということなんだけど、「客」という視点が抜けている。あのワニの漫画の100日目は2020年3/21現在、74.1万RT、ファボ204.1万もされている。つまりコンテンツ楽しんでる側の客は204万人がいいねしてんだよ。

この204万人はワニが死ぬことを楽しみにしてきたやつで、ちゃんと死んでよかったと思っていいねしてんだよ。製作者側が死をビジネスにして死者に敬意を払ってないというなら、それに群がってたこいつらはなんなんだよ。同様に死を楽しみ、コンテンツとして楽しんでた同類だろうが。そこに金稼ぎを見出すか、見出していないかの違いこそあれ、死を楽しんでた同類だろうが。きちんとユーザーにも怒れ。まあブログ宣伝のためのファッション怒りだろうからしないんだろうけど。

死を売り物にするコンテンツが悪いの?

「作者が、自らがクリエイションしたキャラクター思い入れ、その死と向き合い、自然と湧き上がってくる弔意とのバランスを取りながら物語を紡いでいるのが伝わってくるのなら私はすごく共感するのだが、(中略)今回のはその俎上にも上っていない、論外である。」

としてるけど、うーんなんだろう。じゃあアブドゥルを殺した荒木自然と湧き上がってくる弔意があるはずだから、喪に服して連載を止めろみたいな話なんですかね。アブドゥルが死んだとき、「え?マジでアブドゥル死んだの?」と思っただけでページを捲った俺は死者に敬意を払えない人間ってことですかね。まあそれでもいいけど。

この世の大抵の漫画なんて、死をコンテンツとしてるといっても過言じゃないだろ。意外なキャラをどう死なせるかとか、クソキャラをどう惨たらしく死なせるかとか、死ぬ必要はなかったけど話の都合上このキャラは死なせたよねとか、そういう作品ばっかじゃん。ガンツとかまどマギとか学校ぐらし!とか。

そういう漫画は、「死は儚い」とか「親友の死を乗り越えて成長」とか(寒々しい)テーマ乗っけて話を展開させてるんだけど、「死」をコンテンツとしてるのは違いないだろ。そういうのワクワクしてるのが俺らユーザーなんだよ。それともテーマが乗ってりゃ満足なのか?今回のワニも、「死は唐突理不尽です」みたいなテーマはありそうだけど、それでもこの人は許さなくて、「死を利用して喪に服す間もなく商業展開していくのが気に食わない」って話だろ? 俺には全部「キャラの死を利用して話を描いていく」前述の漫画と同じに見えるけどな。構成が違うだけで。

死を不誠実に扱うからこそ生まれコンテンツもあるのでは?


「ただ今回はメメント・モリ(死を忘れるな)的なもの作品の中核テーマとなっているわけで、『100日後に死ぬワニ』は『コマンドー』とは違い「死」そのものの重たさ、日常と地続きに唐突に・不可避的に訪れる喪失を描こうとした作品であろう。そういった作品が死をテケトーに軽々しく扱っているのはどういうわけだ。これはあまりにも不誠実だと思う」

いや、メメント・モリテーマなのはそうだけど、「メメント・モリを扱うときはテケトーに軽々しく扱ってはならない」ってルールはどっからきたの。全部お前ルールじゃん。

アブドゥルだってテケトーに死んだだろ。「お前がピンチでも助けない」とか唐突死亡フラグ立てて、その後すぐに仲間をかばって死ぬとか、テケトーやろ。少なくとも俺にはそう見えたぞ。

100日間丁寧に日常を描いて死んで見せたワニの方が、よっぽど丁寧にメメント・モリしてたけどな。

コマンドーキャラ適当に死んでもよし。俺の好きなキャラは軽々しく死んではないから重みが違う」なんて、人の死をランク付けするなんて何様だよ。

2020-02-22

Cutie, Darling, Baby...

CDBが『「一線」のない運動』『終わりも目的地もない運動』だと宣言した。

https://twitter.com/c4dbeginner/status/1231003694033883137?s=21

サイアクだ。

しかしこれは、実際に宣言はなされて、そうでない論を述べていた他の人たちの見解は上書きされてしまったと考えるべきだろう。

CDBが大物だという意味なんかではない。だがそうなんだ。これは冷静にそう位置付けて、なんとか次善の策を探るべき状況だ。

だれか、チャートポンチ絵というふうな、図解などを用いてこれをさらに(上書きとはいわないから)再宣言してくれる者はいいか

自分は、文もプレゼンも下手でまったく面目ない。

私たち女性人権を目の前にするときに、ひとり一党派であっても、ひとり一民族であっても、それはとにかく何でも良い。

しかしそれはそれとしておいても、いま示す必要があるのは、私たちはなぜあの批判可能であったのか? なぜ個々の「お気持ち」ではなく、合意を分かち合えていたように感じることができていたのか? ここにある価値とは何か? そのことをあらためて手渡しできる形で取り戻すことが必要だ。

さもなくば……は、まだ俎上にあげたくない。

どうか、どなたか、絵を描いてくれないか

どうか、たのむ。

2020-02-16

古今伝授ウイルス

思うところあって中屋敷均『ウイルスは生きている』を再読。走り読みなので細部までは目が行き届いていないが、これを読んだ時に受け取った熱を思い出した。2016年3月初版発行からそう経たぬうちに読んだと思うが、今は随分ここから遠くに来た気がする。本書が今の自分とは縁遠いものという意味ではなく、寧ろ逆にずっと俺の心を捉えて離さなかった。自分世界認識に深く影響を与えた(与えている)ので、もっとずっと昔から自分の中にあったように感じていたが、たった4年前のことなのか。

思うところが何かを明確に言語化するのは難しいが、

古今伝授を真に理解するためには、それが中世社会特質と深く関わっていることを考えなければならない(古今伝授和歌という縦糸だけで説明しようとするからダメなんだ。中世という横糸を忘れている)。中世は壮大なコジツケの体系が構築された時代神仏習合本地垂迹説・卜部神道中世日本紀等々…の奇妙奇天烈世界観!古今伝授もその一環として見るべきではないか。コジツケと言われればそうだけど、それはその時代の人々にとってとても必要なコジツケだったのだ、という。もし積極的な意義を見出すのならその方向から説明しなければならないのだ。(古今伝授を受けた天皇を中心に優れた歌人が輩出された、だから歌学教育として意味があったとかバカか。優れた和歌とは何かという定義評価軸じたいが古今伝授支配圏内形成されるのだから、優れてるかどうかを論じること自体ナンセンス。)

古今伝授古今伝授になっていく過程、つまり古今集という単なる書物が、あるいは勅撰集編纂という律令制国家の一事業が、その枠を超えた何か大きな・尊い民族文化の精髄のように認識されていくそ過程において、付与された様々な言説――三木三鳥だの八雲神詠だの人麻呂がなんちゃらかんちゃら、後世から荒唐無稽とさんざ罵倒されることになるこれらの言説は、あたか胎盤形成におけるシンシチン(syncytin)のような役割果たしていた、と考えることはできないのか。異物を異物と感じさせない、捏造捏造と感じさせない仕掛け。それは、倫理的断罪とか文化価値の優劣の俎上に乗せるのはふさわしくなく、その仕掛けを通じて何が実現されたか、その何かはその仕掛けを用いずには実現され得なかったのか、をこそ見るべきではないのか。

本来ウイルスもつ能力自己の一部として、機能として取り込む。生物自己の維持に必要機能の一部を外部環境依存する。ポータブル外部環境としての細胞生命と非生命境界は我々が思っているほど明確に線引きできるようなものではない。我々の生命定義は、あまりにも我々が日常的に馴れ親しんだもの見方に、「個人」という概念にひきずられてやしないか・・・というのが本書の示唆するものの最も深い所だ。

契沖や子規の批判は分かる。俺も一個人としては古今伝授(に代表されるもったいぶったコジツケ家)はバカジャネーノと思う。が同時に、それは文化・知・個人といったものについてこっちの定義/概念押し付けてるだけじゃないの?とも思う。

根拠がない、合理的でない、和歌質的向上につながっていない、という。では何故根拠がなければならないのか?合理的でなければならないのか?なぜ質を向上させなければならないのか?

これらの批判は、文化とは何か、個人とは何かについての定義をすでに前提にしていて、その立場から加えられている(反論する側(古今伝授擁護する側)にもその立場から反論するやつがいからどうしようもない)。まず始めに個人がある、歌は個人気持ちを詠むものだ、しかるにコレコレの御方に入門しなければ和歌は詠めないのだとはけしからんしかもその御方の教えたるやひたすらややこしい制約ばかり、かつ透明性のかけらもない、おまけにそう教える根拠はどこにあるかと探してみれば無い、要はこいつがでっち上げた妄説じゃねえか、それで偉ぶったり金巻き上げたりするなんて悪どい奴らだ・・・、こういう自他の区別、新旧の区別、真偽の判別をつけずにはいられない、ある意味病的な正義感いかにも科学合理性に偏っている。

しかし、それとは全く異なる評価軸があって、古今伝授は(中世の壮大なコジツケ志向は)その軸からみればもっとずっと整合的に理解できるはずだ。

本書の示唆する構造は、外来文化自家薬籠中の物にする日本文化性質(漢字仏教等々)、中世の遺制としての近世身分制(身分的周縁論)、象徴天皇制(近代国民国家の中の「伝統」)などに比較してみると実に都合がいい。

本来異質な要素を自己の維持に不可欠な一部として取り込み、その「元異質たち」も含めた全体として再生産されていく。あるいは新しい政権が成立する際に、それ以前からあったが途絶えかかっていた慣習を改めて制度化し流用する。取り込まれた方は同一性が失われ単なる機能に解消されてしまことなく、細胞異変があれば細胞生物独立した生物としての振る舞いを取り戻すこともあり得る(少なくともあり得ると見なされる。226事件を想起せよ)。天皇機関説ならぬ天皇ミトコンドリア説。

文化じたいが多かれ少なかれこういう性質を持っているのだが、特に日本はその傾向が顕著というか、世界中に普遍的にみられる文化現象の一例というだけでは説明のつかない点が多い。(なぜ先端技術の粋を凝らした構造物を建てる前に、土地の霊を鎮めるための宗教儀礼をやるのか?なぜ参加者は誰もその宗教信者でないのか?わけがからない。)こういう部分を説明するうえで本書の示唆する構造は役に立つ。その応用系として、古今伝授についても似たようなことが云えるのではないか

2020-02-12

要約増田

なげーよ

 

anond:20200211234453

 

やりとりがすれ違いまくってるから要約するぞ

 

Fubarのブログ

あと、ブログに至るまでのブコメによるそもそもの問いかけは

Zephyrosianusの増田

ブログに移行した

http://zephyrosianus.hatenablog.com/entry/2020/02/12/192208

その他、本論前の前段で主張したこと

二者で対立し、未解決の主張

  • 2.の取り扱い : Fubar「不問」 Zephyrosianus「取り下げるよう働きかけるべき」
  • 3.の基準の明確性 : Fubar「不明確」 Zephyrosianus「明確」
  • 課題とすべき要件 : Fubar「基準の明確性」 Zephyrosianus「権力行使者が国家かどうか」

こんなにも相違点があるので、何とか1点に絞らないと話は終着しない。

最初のFubarの主張は「1.に批判的なことと表現の自由戦士批判的なことは両立しない」なので

Zephyrosianusは他の主張には脇目を振らず「1.の問題表現の自由でも基準の明確性の問題でもなく行使者が国家かどうかだ」

と主張するべきだった

これなら論理が通るし自分も納得がいく

2者のなかで共通している主張

こちらは両者で統一しているので、他の主張の違いに目をつぶって

Zephyrosianusから自分の行動している署名活動なりブログなりはここで、こちらに協力してほしい」

などの提案があってもよかった

他の主張が異なってもシングルイシューで力を合わせることができるのは一人一派精神にも合致するはずだ

あと、明示的に話題にはなっていないが認識に相違がなさそうな点について。

2.の基準不明確だと主張している人間はFuber、Zephyrosianus他、ブクマtwitterにもほとんど見かけないので

基準の明確性にこだわる擁護派はこれ以上なにもすることはない。Zephyrosianusはここを掘り下げても実りはない

その他こぼれ話

Fubar : Zephyrosianusはネトフェミ vs Zephyrosianus : 自分はてな帰属意識があるためツイフェミではなくはてフェミ

→好きにして

ブコメおよびトラバ : 増田を使ってid明記の記事を書くのは規約違反

増田日記として使ってる奴なんてほとんどいないし、ブコメブックマークとして使ってる奴ほとんどいないし、そんなとこ突っ込むな

 →そもそもこういう用途に使えるハイク廃止したはてなが悪い

2020-02-06

最近の反アベ系はてなーやツイフェミを中心にしばし見られるもう一つ

最近の反アベ系はてなーやツイフェミを中心にしばし見られるもう一つのご飯論法、あるいは、アンチご飯論法についての考察記事名が長すぎてカットされたw)

ご飯論法とは新語・流行語大賞にもノミネートされた用語で割とみなさんも知ってるものだと思う。

いちおう、コトバンクから引用しよう。

議論における言い逃れ論点のすり替えを表す言葉。たとえば、「朝ご飯は食べたか」という質問の「ご飯」を故意に狭い意味にとらえ、「ご飯(米)は食べていない(が、パンは食べたかもしれない)」と答えるといった具合である2018年法政大学教授の上西充子がTwitter投稿したことからまり、主に国会質疑で政権側が野党の追及をかわすために論点をずらしたり、ごまかそうとするのを揶揄する表現として使われた。同年、『「現代用語の基礎知識」選 2018ユーキャン新語・流行語大賞』のトップ10に選出された。

ご飯論法とはつまり、ことばを勝手に厳密に定義して、そこに当てはまらないものを切り捨てて、議論俎上からごっそり引き抜いて終わらせるやり方ということだ。

一方で、最近の(特に先鋭化した)ツイフェミやアベ政権批判派の人たち(だけではなく、反フェミネトウヨにもしばし見られるが、観測上はこういった人たちに多い)にもう一つのご飯論法(仮にアンチご飯論法)があるように思える。

引用にあるご飯のやりとりに乗せるならこんな感じ

A:朝ごはんは食べましたか

B:食べました。

A:何を食べましたか

B:僕はパンを食べたけれど、朝食べるのがご飯みそ汁じゃないといけないなんてのは日本人らしさ押し付けだよね、そもそもご飯よりもパンのほうが準備に時間もかからないし、洗い物の手間もかからない。ご飯だといちいちおかずやみそ汁を用意しないといけないけど、パンならトーストチーズハムをのっけて焼けばいいだけ。ジュースもあれば、栄養はほぼOKだ。なんで日本人はいつまでも白米にしばられているんだろう。それが日本の悪いところだと思うんだよ、そう思わない? ね、そう思うでしょ。みんなー。

A:( ゚д゚)ポカーン えっ、私はまあ、ご飯のほうが腹持ちがいいから、好きなんだけどさ…

B:だいたい、朝から腹持ちがいいものを食べたら、眠くなって朝の会議や朝礼に間に合わなくならない?そんなことやってるから日本人生産性はいつまでも上がらないで、欧米どころかアジアからも取り残されるんだよ、そうやって日本はもうだめになっていく。だいたい、そういう日本が素晴らしいなんてのを声高に言うやつら、僕は信用しないね。ああ、だから今の政権ダメなんだ、良識ある人間はいもびくびくくらさないといけない。まったく、お前もそんなやつだったのか。残念だよ。

A:( ゚д゚)ポカーン うーん、ご飯派とパン派、どっちでもいいと思うし、私は特に眠くなる体質じゃないかご飯でも大丈夫なんだけどね。つまり、君はパンのほうがいいと思うんだね。

B:誰もパンじゃないといけないとは思っていない、でも、ご飯よりも優れているものがいっぱいあるってことを知ってほしいんだ、それをみんなが知らないのはあまりにも世の中腐ってる。そんな日本ダメなんだ。

A:( ゚д゚)ポカーン おっおおう。わかったよ。じゃあ、私会議に行くね…

B:君も明日からパンにしようぜー!! 何なら一緒に買いに行くよー!!

元のご飯論法文脈を厳密に狭めることで議論ストップさせるのに対し、このアンチご飯論法

文脈勝手に読み解いて、勝手解釈して広げる。

自分論点が正しいと微塵も疑わない。

相手純粋感想を述べると、それも全部つぶしながら、持論につなげようとする。

論点を整理しようとすると、その整理すら間違っているといって、勝手に新たな論点を作り出す。

・そして、論争が終了したら、自分が勝ったことにしてしま

という点では、議論をすすめようとするだけ姿勢は立派なのかもしれない。

けれど、これは有意義議論なのだろうか。議論は深まっ太郎になっているんだろうか。

2020-01-22

anond:20200122110728

そらまー採用プロセスは両者の条件合わせであるから応募イコール合意ではないのは確かだが、面接かにて条件のすり合わせは出来た前提の話やろ。

今どき最終面接違和感あるからキャンセルした、みたいなんは(実際はあるのかも知らんが)話題俎上には上らんしそういう話しちゃうやろ。

2020-01-21

道徳の授業

はてなネット界隈でも年に数度道徳教科書問題俎上となる。最近子供が持ち帰ってきた道徳教科書が「変なこと」を吹き込んでいるというtwitter投稿ブックマークを集めていた。

私はこれから、原文やブックマークのおおよその論とは逆さに「こういう道徳必要ではないか」という観点から考えてみたいと思う。

大きな論点は二つある。

さな子供には、まずこういうのは大切なのではないか

私たちブックマークする人間は十分に教育を経てクリティカル思考が(ある程度には)できるから、あの教科書に対して批判ができる。

ところが初めからそうではないだろう。小学校二年生の時を思い出して欲しい。

まずは周囲の仕事気づき、それにより身の回りが成立している感覚を基礎的に学ぶことは重要だ。

まずそうする。そうしないと、子供に基礎的な社会性すら涵養されないのではないだろうか。

そう言うのをしないでいると端的に言えば学級崩壊しかねない。

愛校心やある種の「軍隊っぽさ」は危険ものだ。

私たちは徹底的に(あるいは歴史的に)これを体験し修学してきた。

からここは批判的になりがちだしなるべきだが、全く愛校心や「軍隊っぽさ」がないと、それはそれでバラバラになり立ち行かなくなると考えられているのではないか

当然これは、行きすぎると日本会議世界になっていく。

バランスを見極めていくべきて、少なくとも私はこれくらいは十分に必要と思う。

そうであっても、子供なめるな、と言う話

上記観点がある一方で、子供批判性をなめるな、とも思う。

小学校二年生の時を思い出して欲しいのだけれど、教科書世界の全てではない。

例えば校長の話は意味がわからなかったりたまにしか会わないから会話や指示にぎこちなさがあったりする。

担任給料日札束をばらまいたりしていた。

用務員はすぐ怒鳴るし事務職員には会ったことがない。

保健の先生トイレを濡らした犯人を俺だと決めつけて掃除をさせた。

小学二年生は、友人関係を含めて人間関係のるつぼの中にいよいよ参画していく時期だ。

教科書教科書現実は違うことに気がつき始める。

改めて小学二年生を思い出して欲しい。テレビ教科書の「お題目」と現実との折り合いに、わずかでも気がつき始める。

ここで重要なことは「お題目」を知り、かつ「実態」を生きると言うことだろう。

社会規範常識」とそれが必ずしも通用しない、それできっちり割り切れない「実態」の二重の感性

あん文章洗脳はされないのである

終わりに

社会規範常識」が「お題目」とは言え重要だと言う話をしてきた。

とはいえ私たち大人は「社会規範常識」をどこに定めるか、不断努力議論し構築していかなくてはならない。

家庭でも地域でも普段の子供とのやりとりでも。そう言う視点から批判ならばあの道徳教科書への批判になりうるだろう。

ただ、「教科書おかしい」「洗脳している」ではダメなのだ。書いてきた通り、ある程度は子供には必要な要素なのだ

ではどうするか? 教科書以外で何ができるか? こういうことを思考するのが肝要ではないだろうか。

2020-01-12

増田イリュージョン

ゲーム日記お嬢鯖、めぐみんパンティー。はてラボからなんとなく嫌な予感はしたけど、見ながら眠たくなってきた。

何なんだろこのわざと狙って古くした感じ。パンティーの柄といいおっさん風のノリといい。

えっと、はてラボってはてなでも王道目指してるとか馬鹿なこと言ってないよね?

サービス終了しないだけでもマシな方なのか・・

というかスターレンダとか比較面白いシステムが眠ってるはてなスター放置して増田はてブに力を入れる意味がわからない。

xevraを自虐ネタに牽引したのはまあ間違ってないと思うけど。

5chではてなスレがあって、そこの住人が未だに、

はてなハイクはよかった」

フォトライフってなんだっけ」

などと言っているのを目の当たりにしてうんこ漏らした。特に前者はひどい。西暦何年だと思ってんだ。

あのおっさんたちからすると、多分はてなブログあたりは互助会だけのブログなんだろうか。

人力検索はてなが論争の俎上にも登らず、ひたすら知恵袋OKWAVE話題に明け暮れていたことを考えると、クソ雑魚ナメクジなんだろう。

正直はてなのだめ方針を左右してるのははてなーなのでは?

そういや、すいすいすいようびも増田だったね。やっぱすいすいすいようびは増田最後良心じゃないかと思う。

元増田の内容をほぼ把握してないけど正直どうでもいい。


https://anond.hatelabo.jp/20200112035131

はてなイリュージョン

メイドお嬢様、幼馴染、ツンデレ集英社からなんとなく嫌な予感はしたけど、見ながら眠たくなってきた。

何なんだろこのわざと狙って古くした感じ。絵柄といい少女漫画風のノリといい。

えっと、集英社ってラノベでも王道目指してるとか馬鹿なこと言ってないよね?

異世界転生しないだけでもマシな方なのか・・

というかサマータイムレンダとか比較面白い漫画が眠ってるジャンプ+を放置して少年ジャンプラノベに力を入れる意味がわからない。

藤本タツキ少年側に牽引したのはまあ間違ってないと思うけど。

5chでとなジャンのスレがあって、そこの住人が未だに、

「誰だって集英社に一度は掲載されたいと思ってるでしょ」

ジャンプラなんか面白くないよね。尾田が全部引っ張ってる」

などと言っているのを目の当たりにして白目向いた。特に前者はひどい。西暦何年だと思ってんだ。

あのおっさんたちからすると、多分ジャンプSQあたりは絵が綺麗なだけの雑誌なんだろうか。

東京喰種が論争の俎上にも登らず、ひたすら富樫や岸本話題に明け暮れていたことを考えると、そういうことなんだろう。

正直集英社のだめ方針を左右してるのは読者なのでは?

そういや、アストラジャンプラだったね。やっぱジャンプラは集英社最後良心じゃないかと思う。

タイトルの内容をほぼ話題にしてないけど正直どうでもいい。

2019-12-31

https://anond.hatelabo.jp/20191230100055

これに対して過剰な反応をしたり、なぜか、これに対応できる「ヨーロッパさすがっす、それに比べて日本は。」厨湧くので言い返す。。。

★(前提1)自分ヨーロッパ在住を始めており、できるだけヨーロッパ人の本心をさぐりたいと思っている。

★(前提2)この現象は外れ値であり、たまたま起きた現象がこういうセンセーショナルな書かれ方をするのには違和感がある

 ====

 ヨーロッパで起きる大半の人種差別もっとライトものであり、もっというとそもそも人種差別自体起こらないぐらいに関心ない★

 ====

人種差別千差万別

人によって思いの強さは違う。

そして総論ヨーロッパ人的にアジア人はどうでもいい存在。嫌い好きもなく、ただただ透明人間

人によってはロシア人とか差別する人もいるし、いろんな人がいる。

こっちの人はまじでアジア人邪魔とか、アジア人うざいとかじゃかうて、そもそもどうでもいい。嫌いも好きも何もない。

ただのバックグラウンド。背景、無色透明

僕はアジア人日本のまちなかでみるよりダサい人が多いし、存在感もないし、なんなら迷惑度高めの人もいて、差別されて

当然とも思うが、、それ以上にヨーロッパ人的にはどうでもいいと思っている人が大半。好意も敵意も特に無い。

その前提で、人種差別があるかどうかを議論するべき。

めっちゃ暇なアホなヨーロッパ人がなんとなくアジア人からかうという現象はある。

それは本気の差別というより、暇つぶし

それに比して、この増田の事例は強い敵対心を感じるし異常値で外れ値。これを議論俎上に上げるなら、向こうが完全に悪い。

あと増田がそこを追求したので警察が本腰になったと思う。警察的見過ごせず流石にこれはひどいと思って捜査したのだと思う。


これは仕組みとしてできているというより客観的に、ああひどいよねってフローチャート的に分類されたら、犯罪認定されて

そっから普通捜査になるというだけで、普通からかわれたれた(大半の事例)では、特に動かないと思う。

だって、、、

どうでもいいじゃん。キーキーいうなよ。強くいきようぜ。アウェィだろ。そんなに守られたいか

正直僕はこういうのでキーキーわずに強くおしゃれに返歌を返してほしいと思う。

それしかないよ。あと、地位はもともとアジア人は低いのだから、そこからは返歌は強くおしゃれに。

糞には花をあげようよ。

大体の場合アジア人はどうでもいい存在で、逆にこれだけの強い敵対心と、集中砲火を浴びる事例というのも珍しいと思う。

たまたま、そういう人にめぐりあった場合には、向こうもこれはひどいということで捜査に入る。

が、、、、、、ほとんどの場合はそんなにオーバーなことにはならず、、殆ど肩肘透かしです。

どうでもいいと思う。

何度もいうが、この事例は外れ値であり、たまたま起きた現象がこういうセンセーショナルな書かれ方をするのには違和感がある

2019-12-08

フェミニズムによる表象批判問題点

小宮友根氏による「炎上繰り返すポスターCM…「性的女性表象」の何が問題なのか」

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68864?page=2

のこの部分、

このように、「表象を作る」という行為に目を向けると、そこでどのような女性観が前提にされているのか、その行為は他の行為出来事とどんな関係にあるのかといったことが考えられるようになります表象は誰かが作り、その意味特定歴史的社会的文脈のもとで理解されるものなのですから表象の「悪さ」について考えるときにも私たちはそのような視点もつ必要があるのです。

もちろん特定表象がどのような文脈のもとで理解されるべきかは議論対象となりうる事柄ですが、差別的女性観を前提にしたものを作れば、女性差別の歴史と現状に照らしてその表象理解される可能性が出てくるのは当然のことでしょう。

分かりにくい書き方をしているが、よく読めば「女性の置かれた歴史的社会的文脈(前段)の前では、個々の作品文脈(後段)など議論に値しない」という本意しか読み取れない。

女性の置かれた歴史的社会的文脈」、「個々の作品文脈理解」の両方を俎上に載せずして、その作品が「差別的女性観を前提にしたものであるかどうか、判定できるわけがない。

他者の「差別的女性観」を読み取るという、最大限のフェアネスが求められる議論を、「女性には"累積的な抑圧経験"があって、絵柄だけでもそんな風に理解されることもあるから、注意して」と締めるから、「お気持ち」だと揶揄されるんだよ。

「個々の表現について、様々な観点から多面的に『差別的女性観』の存否を問う」以外に、表象批判議論はあり得ない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん