「「嘘」」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 「嘘」とは

2021-11-11

なんで女ってセクハラ性犯罪もしてない男にわからせたがるの?

https://togetter.com/li/1801253

このまとめはそもそも非常に宣伝臭いのに無能な部分が多い。

漫画本編読ませる前に「称賛の声」みたいのから入るの要らんし宣伝丸出しになるだけだからやめろと。

んで肝心の本編であるサンプルの一話の画質が悪すぎて客逃しまくってるだろと。

 

 

で画質の悪い本編我慢して読んでもらって、どうよこれ?

なんでこの醤油顔の男は延々当たり散らされてるわけ?

ギブアンドテイクだから譲っても対等の立場のはずだけど全然そう見えない。

 

ファンレター仲介だけで半日労働させて、おまけに後出しの条件が多いわ事情説明もしないわ、更になんだか態度まで悪い。これに付き合って少しも怒らない醤油顔はなんか弱みでも握られてんのか?ってなる。 

 

女が不機嫌な理由は男からセクハラ性犯罪なんだけど、それ醤油顔関係あるか?

なんで不機嫌な態度出して不思議がらせて「私が不機嫌な理由わかる?」をさせてんの?

醤油顔セクハラ性犯罪も一切やってないんだが?

 

どう考えても不機嫌ハラスメントし師八つ当たりじゃん。なんなんこれ?

 

セクハラ性犯罪をやってる男に復讐で思い知らせてやるって漫画ならわかる。よーくわかるしどんどんやれと思う。圧倒的に正しいわからせ。

 

でもなんか女って、やった男に復讐しないで関係ない男に八つ当たりしたりわからせたりしたいという欲望を持ってない?漫画に限らず。

 

それってどういう欲望なん?クソキモいんだけど。

なにもしてない醤油顔への八つ当たり欲がおぞましい。不潔な欲望を感じる。

 

それでこんな下手くそ宣伝まとめに突っ込んでもしょうがないけど

こんな作家ヤマシタトモコと同格って寝言もいい加減にしてくれ。

 

元のまとめが消えているので解らないけど、男女関わらず、心を許して解ってほしい相手八つ当たり……というか甘えたがるのはあることでは。俺もモニターの向こうのワイフに愚痴ることよくあるし。

消えてて読めなかったんだから仕方ないけど、八つ当たりされてる男は別に彼氏でも配偶者でもないし好かれてすらいない。

ことな発達障害っぽくてそれゆえに女から警戒されず軽んじられてる雰囲気が漂うし実際扱いがぞんざい

(この女はセクハラしてきてるようなタイプの男にこういう使いだては絶対しないと思う。相手が誠実かどうかではなく攻撃的かどうかで態度を変えており、攻撃的でない男には対等より下げた扱いをする。)

(現実の発達はむしろ定型より女性にとって危険なこと多い気がするけどまあマジカニグロ的ななにかだと思う)

 

kukky

セクハラ性犯罪もしてない多くの男性は、自分がしないから世の中にそういうことをする男性存在しないと思ってて、自意識過剰とか勘違いとか女性側の問題にして片付けがちだからじゃね?知ってほしいのよ。

2021/11/12

これは絶対違うね、定番の取り繕いだと思う。

この女が醤油マンに対して、

わかってもらえるような建設的なアプローチをして、

その結果として理解されるんならあんたの擁護は成り立つ。

もしくは理解されることは直接関係ないけどなにか徳の高い善行を積んでそれにソイソースが酬いるならそれでもいい。

 

けどそうじゃねえんだわ。

女はただ醤をぞんざいに引きずり回して使って、

不機嫌な顔をもろに出すハラスメントかまして、

から質問にはなんにも答えないという

相手を格下に見ながら八つ当たりするとという行動しかしてないんだわ。

 

そういうことをしてたら相手が全部わかってくれてすごく協力的に「わかって」くれるって、これはそんなまっとうな「知ってほしいのよ」ではないじゃん。

ぶっちゃけなんらかのあまり堂々とは言えない種類の欲望の強い匂いがする。

 

 

別にインスタントで身勝手欲望を充足するコンテンツ(広義かつネット擁護で言うところの「ポルノ」)自体は一ミリ否定しないんだけど、

こういうレベルのものをなにか堂々の社会派作品のように喧伝するのもどうなんだろう。

どんなおぞましい作品書きたい人読みたい人も否定はしないけど、これ割りと理不尽な展開を含む王道ポルノじゃない?

キモオタ向けの美少女キモい男と5秒でセックスする漫画本質的に差がないような。むしろとうこんのキモオタエロ漫画催眠アプリのような明らかに現実ですよって装置を使うだけポルノ展開と現実との区分けがしっかりしてる。

metaruna 「セクハラ性犯罪もしてない多くの男性は、自分がしないから世の中にそういうことをする男性存在しないと思ってて」こんな嘘つきがトップブコメに来るから嫌なんだよな。嘘じゃん。お気持ちで押し切るのやめて。

2021/11/12

かにそもそもこのトップコメ完全にただの嘘だよな。

セクハラ性犯罪もこの世に存在しないと思ってる男性」ってどこにいんの?

 

これ書いてるkukky自身いくらなんでもそんな男が世の中に大勢いると信じてるとは到底思えないので、これ明確に意図的「嘘」じゃん。

なんでこんなコメントがトップなんだろう。 

 

 

こんな漫画を描くのはそういう欲望を持ってるからってのは辞めてくれ。この論法では、エロ漫画が生きていけなくなるのだ。頼むから辞めてくれ。創作物欲望ダイレクトに繋げないでおくれ。

2021/11/12

なんでよw

ロリコン漫画家は子供セックスしたいんだと思うよ。

おぞましい欲望だけど現実にやらないなら別にいいじゃん。 

攻撃してくる男にはなにもせずに攻撃してこなさそうな男ばかり付け狙う女にもなんかおぞましい欲望がありそうだと思ってこれ書いたけど、欲望漫画自体存在はアリだと思うよ。

なんかおぞましさを認めたがってなさそうな人が嘘つ丸出しの擁護したりするからおもしれーなとは思うけど。

 

princo_matsuri

加害者は加害しているという意識がない。限定していたらいつまでも伝わらない

2021/11/12

いやいや、限定はしてるんですよ。

加害してる男はスルーして加害してない男だけ狙って当たり散らしてわからせてるからすごく限定してるじゃないっすか。

なんでそう強引にとぼけるのかなあ

2021-11-08

anond:20211108160726

図書館公文書館で「古地図」探してみてください。すぐ分かります

写真出せと言われたら、何も返答できません。

「古地図が嘘をついていない」ことを信じるしかないです。

でも、地図に嘘書くでしょうか?

逆に「森林がいっぱいです」という「嘘」描くと、地図を見てそこにいった人が「現実と違う」という問題が出てきます

軍事的用途ですと、大問題になります

2021-10-27

リサイクルコストがかかる」という人がいるけど、「コスト」って主に人件費ことなんだよな。

人件費がかかる」ということは「雇用が生まれている」ということでしょ。

海外から鉱石買って製錬するより明らかに効率いいのに、未だに「リサイクルコストがかかる」という「嘘」をつくのは、「国の借金ガー」とか言うのと同程度に罪深いんじゃないかね。

2021-10-06

anond:20211006105620

まじで一行目以外全部間違っててすごい(一行目は「嘘」なので間違いではない)

2021-08-21

アウシュヴィッツプールと『パサジェルカ』

ホロコーストは嘘」って主張自体が嘘である、と言うことは日本ではあまり知られていない。せいぜいが「ホロコースト否定してはいけない」程度の認識であるようだ。私ほどの物好きでもない限り、そのファクトチェックを行うという面倒なことをする人は滅多にいないから仕方ない。欧米否認論の本場なので、否認論に対抗する人もそれなりにいて「ホロコーストは嘘」自体が嘘であることはそこそこは知られているようであるTwitterなどで状況が意外と簡単にわかる。

 

だが「嘘」と言っても、その実態はややこしい。そのほとんどは事実を用いた印象操作のようなものであり、細かな具体的主張それ自体が嘘そのものであることは少ないかである。いわばホロコースト否定論はその主張をする人が意図的無自覚であるかは別として「詐術」なのであるしかし、あなたの知性が正しく働いているのならその詐術に騙されることはない。例をあげよう。

 

アウシュヴィッツプール

アウシュヴィッツには遊泳プール存在し、親衛隊員や囚人水球で楽しく遊んでいたという事実まで存在する。アウシュヴィッツ収容所地獄のような過酷収容所ではなかったのか?」というものである。後段の疑惑はともかく、これは事実であり、確かにアウシュヴィッツには遊泳プール存在し、元囚人の手記によると親衛隊囚人水球などで楽しんでいたようである

 

先に結論を言うと、遊泳プールがあったからと言って、アウシュヴィッツ収容所地獄のような過酷収容所であった事実は変わらない。登録囚人限定しても(登録されずに殺されたユダヤ人が圧倒的に多いが)、毎月数千人単位で死者が出る収容所だったのである。だけど、そう説明されたところで、遊泳プール存在は思っていたアウシュヴィッツイメージ全然違い、かなり違和感があると思う人もいると思う。実は肝心なことは「思っていたアウシュヴィッツ収容所イメージ」なのである。そしてこのプールの話は、実際、相当色々とよく知っていないと納得しづらい人もいて当然だと私も思う。

 

まりに何もかもをここで説明するのは無理なので、アウシュビッツ収容所のみに限定して簡単解説する。アウシュヴィッツ収容所ポーランドにあり、1940年5月ごろから実質的スタートした強制収容所である最初は、ユダヤ人のためではなく、政治犯主体として収容するための強制収容所であり、ドイツ人ポーランド人などが収容されていた。翌年1941年6月を過ぎると独ソ戦によって発生した赤軍捕虜が大量に収容されるようになっていく。が、この赤軍捕虜に対する扱いはあまりにも非道であり、特に政治将校はその大半が銃殺刑で処分された。いわゆる国際法ガン無視のコミッサール司令である。また、アウシュヴィッツで行われた最初ガス室での殺害犠牲者はこのソ連捕虜だった。そして、元のアウシュヴィッツ強制収容所からキロ離れたところにあるビルケナウ捕虜収容所建設が始まると、そのソ連捕虜建設労働に駆り出され、一万人くらいいたはずのソ連捕虜の大半は一年も経たずに大半が過労・餓死などで死んでしまったのである

 

ユダヤ人については、当初からユダヤ人も含めて政治犯として収容はされていたものの、囚人登録もせず収容もしないで収容所到着時にそのままガス室送りにしてしまう、いわゆる「ユダヤ人絶滅」がアウシュヴィッツで始まるのは1942年3月からであり、ビルケナウの敷地外にある農家を改造したガス室(ブンカーと呼ばれる)で最初一年くらいは実施されており、1943年3月にクレマトリウムと呼ばれる火葬場が完成すると、その後はビルケナウのクレマトリウムで行われるようになっていく。アウシュヴィッツの基幹収容所ガス室は併設された火葬場の火葬能力が低いこともあり、実は絶滅にはほとんど使われておらず、1942年末でガス室使用を終了している。ともかく、ビルケナウ収容所でのユダヤ人ガス室での大量殺害は、ヒムラーが中止命令を出す1944年10月末ごろまで続いた。ガス室ではトータルで100万人程度虐殺されたと言われている。

 

もちろんだが、ガス室での殺害は何も囚人にさえしてもらえなかった非登録ユダヤ人だけではない。最初の選別では老人や14歳以下の子供、子持ちの女性などが労働不適格としてガス室送りにされたが(概ね到着したユダヤ人の75%、ただし選別条件に当てはまるのに例外的囚人登録された人もいた)、囚人登録されたところでその大半は3ヶ月程度で役立たずになりガス室送りになるか病棟バラック注射で殺されたりもした。こうした収容所内での「選別」は常時行われており、その選別方法親衛隊の選別の担当長が適当恣意的に選んでいるだけなのが実態だった。親衛隊員による囚人への暴行日常茶飯事であり、殴り殺すことさえ珍しくなかった。些細なことでも見せしめ的に処刑されたし、収容所内での配給食料だけに頼っていたらすぐに死んでしまうほど食料の質も劣悪だったりもした。

 

……とまぁ、これだけ酷い話を聞いていたら、「プールで遊ぶなど考えられない」と思う人がいても全く不思議ではないと思う。プール存在に対する疑念はこのアウシュヴィッツ悲惨イメージとあまりにかけ離れているから生ずるのだ。だが……。

 

遊泳プール存在アウシュヴィッツ残酷場所だったことを示す

このプール詐術に引っかかる人は、人間が斯様にも残酷になれるということを理解出来ていないのである。ここで一つ解説を加えておくと、このプール絶滅の行われていた現場であるビルケナウではなく、アウシュヴィッツ基幹収容所の方にあったが、元々の目的防火用であり、完成したのは1944年8月ごろである推定される(フランクフルトアウシュビッツ裁判証言にある)。収容所親衛隊員は、ユダヤ人囚人に命じて飛び込み台を作らせ、遊泳プールとしても使えるようにした。で、このプールを利用して遊んでいたのは親衛隊員と、上級囚人だけだったのである上級囚人とはユダヤ人でない囚人のことであり、おそらくは過酷労働をしていなかった囚人であるカポなどであろう。つまりは、大半の囚人毎日酷い目にあっているそのすぐ側で、収容所生活を存分に謳歌している人たちがいたというのが事実なのであるビルケナウの方ではサッカーでさえ楽しんでいたそうだし、有名なアウシュヴィッツオーケストラ演奏会をさせたり、囚人劇団まで作らせて劇場で公演させたりもしていた。また親衛隊員は当然として上級囚人も、ユダヤ人ら下等囚人食事量・質とも全く違ったし、親衛隊員は恣意的食品などを横流しさえしていた。さらに、ユダヤ人が持ってきた私物(「再定住させられる」と言って騙されて連れてこられているのだから、それらはユダヤ人の全財産と言っていい)を全部収容所の方で掻っ攫うのであるけれど、そこから横領しない親衛隊員などいなかったと言われるほどである(ただし横領は発覚すると厳罰処分が下される)。

 

もちろん、囚人たちの多くはそうした私腹を肥やす親衛隊員たちの行動や、プールなどを楽しんで収容所生活謳歌している姿も知っていた。だから戦後地元法廷で、少ないとはいえ裁かれた親衛隊について証言者となった元囚人たちのほとんどは、それら親衛隊被告非道ぶりを存分に告発したのである

 

「単なる印象」にあまりに弱すぎるネット否定派達。

ほんとに否定論の細かい具体的な主張ってこの手の話があまりに多い。例えば「ガス室の扉が木製だなんておかしいじゃないかアメリカ死刑ガス室は鉄製の部屋でありドアだって厳重なハンドルまでついていて非常に厳しい毒ガス管理をしているくらいだ。あんな木製の簡易な扉だったらガス漏れして外にいる人まで死んでしまうに違いないから、あれがガス室だったなんてあり得ない」ってのがある。んでこの話、たくさんの米国死刑専用ガス室写真とともに出回っている。

 

えー、青酸ガス発生用に使っていたチクロンB害虫駆除用として当時一般に広く使われており、それなりに密閉処理さえすれば「どこでも」使えた。それなりの密閉処理とは空気漏れ起こしそうなドアの隙間などにダクトテープを貼る程度のものであるアウシュヴィッツ収容所にも、殺人ガス室以外に衣服などのシラミ駆除のための専用ガス室複数存在し、現在現存しているが、それらのガス室の扉も殺人ガス室と同じ木製扉であり、気密には隙間にフェルトが貼られているだけであるチクロンB製造であるディケシュ社の文書にも別に木製扉がダメだとは書いてない。専用の頑丈な鉄製のガス室しか青酸ガスを発生させられないような害虫駆除剤だったとしたら、当時一般的に広く使われたはずがないだなんて、少し考えればわかることなのに。

 

「じゃぁ何故米国処刑ガス室あんなに頑丈そうに出来ているのか?」と聞かれたって答えは知らないが、それなりの要求仕様があるとか昔からの慣習であるとか、何か理由があるからであろう。でもそーういうことは否定派さんは全く調べない。いずれにしても、実際にチクロンは当時広く使われていたのだから米国処刑ガス室構造は、アウシュヴィッツガス室に関しては何の参考にもならないのである。どうしてそんな見た目の単なる印象に過ぎないことが、アウシュヴィッツガス室否定する理由になるのか?

 

『パサジェルカ』

今年はホロコースト映画公開が少し多いようだけど、一つとして見に行こうとは思わなかった。あんまり興味が湧かなかったからだけど、しか最近、古い映画にすごいホロコースト映画があるのを発見した。YouTube全編上がっているのだけど、惜しいのはポーランド映画であり全編ポーランド語でさっぱり言語がわからなかったりすることだ。日本でもDVDは発売されてるけど、買ってまで見ようとは思ってない。しかし何が凄いって、何気に再現度が凄い。興味がなければ何のことはないシーンだけど、ガス室にガスを投入する作業のシーンが思ってた通りの再現だった。ガス室というかクレマトリウムはすでに破壊されてなかったからわざわざセットで作ったのかと思うと尚更すごい。何気にあのチクロン投入煙突位置が正確なのも素晴らしい。未完成監督が死んでしまい、友人達で残っていた映像繋ぎ合わせただけらしいけど、唐沢寿明の『白い巨塔』よりもずっと前にアウシュビッツ収容所ロケ地に使っていた映画存在したというのも発見だった。

PASAŻERKA - POLSKI FILM PSYCHOLOGICZNY HD, WYSTĘPUJĄ: ALEKSANDRA ŚLĄSKA (SOUS-TITRES FRANÇAIS)

2021-07-27

藤野「嘘」から読み解くルックバック

ルックバックの藤野発言はかなりの部分が「嘘」です。

嘘といっても人をだまそうという大げさなものではなく、普通の人が誰でもするような虚勢、虚栄のようなものですが。

ですがほとんどの会話が京本との間であり、京本に対しては「京本の憧れの藤野先生」であろうとするばかりにことさらに虚勢を張っていて、発話のほとんどが本心と裏腹なことを言っています。なので本編にある藤野セリフほとんどが「嘘」です。

藤野「嘘」をいうところの裏腹な本心が何かを追っていくことで分かりやすくなることもあるので、藤野の「噓」をたどって本編を追っていきたいと思います

この記事内のセリフジャンプ+に掲載された藤本タツキルックバック」より、研究/批評目的引用していますセリフ著作権藤本タツキおよび集英社に属します。文としての自然さのために一部本編にはない句読点を補っています

京本との出会いまで
京本との出会い以降

事件以降



  • 「だいたい漫画ってさ。私、描くのはまったく好きじゃないんだよね。」
  • 「楽しくないしメンドくさいだけだし。超地味だし。」
  • 「読むだけにしといたほうがいいよね。描くもんじゃないよ。」

「じゃあ藤野ちゃんはなんで描いてるの?」

この問答の後にセリフはなく、二人で楽しく漫画を描いていた日々の回想が入ります。あえて問いに対する答えを文にするとしたら「あなたと一緒に漫画を描けるからあなた漫画を読んでくれるから。」とかでしょうか。でもそれだけなのでしょうか?それだけであれば、京本とは袂を分かち、しかももう読んでくれることもありません。

ここまで見てきた藤野「嘘」本心に着目するならばこうではないでしょうか:

  • 「だいたい漫画ってさ。私、描くのはまったく好きじゃないんだよね。(私は漫画を描くのが好き)」
  • 「楽しくないしメンドくさいだけだし。超地味だし。(漫画を描くのが楽しい
  • 「読むだけにしといたほうがいいよね。描くもんじゃないよ。(漫画を描くのが楽しい!)」

「じゃあ藤野ちゃんはなんで描いてるの?」

無粋かもしれませんがあえて文にするならば「あなたと一緒に漫画を描けるからあなた漫画を読んでくれるから。そして、私は漫画を描くのが好きだから漫画を描くのが楽しいから。」

あなたは失われてしまったけれども、漫画が好きだという気持ちを思い出したから、もう一度立ち上がって、漫画を描くことにした。そういう話だという風に読みました。

最初に読んだときは「5000円しか使わなかった」は文字通りの意味だと思いましたし、雪のシーンが事件直後にある意味もよくわかりませんでしたし、「なんで描いてるの?」の答は上で書いたようなことと思っていました。藤野の嘘とその本心に着目して読んだところ、ここまで書いたような解釈に変わりました。幾分解像度高く読めたのではないかと思います

2021-07-26

anond:20210726020014

実際収入が年度によって変わるような職種普通にたくさんあるわけだけど、特定の年のを言ったら全て「嘘」になるのだとしたら

年収問われたらどうすれば良いって言うんやろか。

という疑問が解決したなら良かった

anond:20210726015641

それはこのトラバリーで言うことではないのでは

俺は

実際収入が年度によって変わるような職種普通にたくさんあるわけだけど、特定の年のを言ったら全て「嘘」になるのだとしたら

年収問われたらどうすれば良いって言うんやろか。

に答えただけなので・・・

anond:20210726014526

実際収入が年度によって変わるような職種普通にたくさんあるわけだけど、特定の年のを言ったら全て「嘘」になるのだとしたら 年収問われたらどうすれば良い

年収問われたらどうすれば良い

「年度によって変わります」と答えたらいい

意外に言うことがない

anond:20210726011829

実際収入が年度によって変わるような職種普通にたくさんあるわけだけど、特定の年のを言ったら全て「嘘」になるのだとしたら

年収問われたらどうすれば良いって言うんやろか。税金云々はそれ踏まえて申告してるから関係ないだろと思うけど。

逆に税金みたいにちゃん資料揃えて細かく言う場合ではないシチュエーションの時こそ問題になりそうな気がする。

2021-07-14

牟田和恵がTERFと連携してんのやばすぎ

https://togetter.com/li/1744776

このまとめにもいるけど jiji @traductricemtl はツイフェミやTERFのインフルエンサーみたいなアカウント

はてブでも過去何度かホッテントリ入りしている。

人間の知覚というのは優れていて、誰もが他人身体性別をほぼ正しく見分けることができますあなたを含む、世界中の人はこれを無意識に行っています。ある部分のみではなく全体的な様々な指標総合してみな判断しているでしょうね。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/traductricemtl/status/1293944194382417920

ラドクリフなんて才能で比べたらJKローリングに完全に及ばないし、そのおこぼれに預かってるコバンザメ的存在なのに、なんであんな急に現れて偉そうに代わりに「謝罪」できるかっていったら、やっぱりローリングが女だからだろう。考えれば考えるほど、ほんと爆発しそうになる。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/traductricemtl/status/1270691803084328966

https://note.com/bobby_shibaki/n/na71117479d6b

ここでもまとめられている。

で、ジェンダー社会学第一人者でありフェミニズムに関する著書を持つ代表的フェミニストの一人である牟田和恵教授がこれらのアカウントに度々いいねRTを行っている。

https://twitter.com/peureka/likes

たとえば最近だとjijiのこのツイート

普通に考えて多くの性暴力被害者女性は男が半裸でブラつけてる場所行きたくないだろう。デリカシーなさすぎるんじゃないの。

https://twitter.com/traductricemtl/status/1414161025117589504

これは「フラワーデモ参加者トップレスになっている人がいた。フラワーデモに相応しくない」という話題(なんだそれ)に関して、

「そのトップレスの人はトランス女性だった」というデマに基づくツイートである

そもそも暴力根絶を求めるデモトップレスになることの何が悪いんだという話は置いておくとして、

別にトップレス女性が実はトップレストランス女性だったからといってトップレス女性よりも悪いということはないはずだが、

問題を起こした人間トランス女性だ、だからこのような行いをするトランス女性女性ではなく男性であり、フラワーデモに参加する権利はない、と言いたいわけだ。

牟田和恵はこれにいいねをした上で、(スクショ https://twitter.com/silkwormdeleted/status/1414188067871543296

少なくとも日本では「あえて下着で~」というのは、「よくある運動」ではないです。そのこと及び、なぜそうか、わかっておられますか?そういう状況下で、性暴力被害者が声を上げることの困難を考えれば、この文脈保守的道徳云々を持ち出すのは、ジェンダー研究者として、いかがなものでしょうか。

https://twitter.com/peureka/status/1414192699729604611

トップレス者への攻撃批判する小宮友根のツイートにこのような引用ツイートをした。

牟田和恵はしばしばこのようにトランス差別言説(今回は完全にデマ)に乗っかりながらトランス差別言説自体には言及せず、

トランス差別言説に反対する者に対して枝葉の部分を批判するという姑息ムーブを行っている。

一部のツイフェミやTERFと同様に堂々とトランス差別言説を展開するのなら(それも悪質だが)まだ見るべきところがあると言えるかもしれないが、

表立って差別主義者の顔をすることは避けて学者としての体面を保ちながらこそこそといいねを送り婉曲的に支援するような発言を行う態度は果たしてどうなのだろうか。

悪質なツイフェミ・TERFは一部の名もないインターネット草の根フェミニストでしかないとする見方もあるが、

このようにそれらをこそこそと支持しているアカデミアの存在があることを踏まえるべきだろう。


ブコメ返信

daisya これまでのところ学者トランスライツ側のほうが多いだろ。昔はてなにいた山口智美とか斉藤正美とかも。なんでそんなところで嘘付くか。

あのー、この増田のどこに「学者はTERF側に多くトランスライツ側に少ない」とする記述があるの?

牟田和恵という一人の学者がこのような行動を取っているという話のどこにトランスライツ側の学者存在を隠すような「嘘」存在するの?

noemi_itoh ヤバくない人もいるみたいな言い方はどうかと思う

そう言いたくなる気持ちもわかるがトランス差別に対しては反対の論陣を張っている者も少なくないのでみんなやばいという話にはしたくないかな。

rna 界隈ではかなり問題視されてて、このところTLにアカデミック系フェミニストの反論ツイートがずっと流れてる。

正直言ってこのようなトランス差別は何年も前から連綿と行われているのにも関わらず、

多くのアカデミック系フェミニストがミサンドリーフェミニズムであると黙認・追認してきた経緯を考えると「遅すぎるだろう」というのが正直なところ。

ともあれこのような差別に反対する声を上げることは大切だが。

hesopenn TERFは深刻な問題で、だからこその先の宣言だよね。早く切断しないと。そのためにはTERFという言葉を使い続ける必要がある。

件の共同声明について「女が消されている」「なぜ女ばかりが他の差別にも対応しなければならないのだ」などの批判を行う向きもあるようだが、

あれは「お前らの中に深刻な差別を行っている者が少なからいるから一刻も早くそれをやめろ」という話だと理解できないのだろうね。

augsUK ・千田有紀教授は堂々とターフやってるからそのうち牟田先生も ・「ミカンはお母さんが買うもの」とか家父長制フェミニストでもある

ひよこ菓子)のお父さんが大きいのはヘテロ家族幻想を広めている!」とまで言った人が

オタクは全員男でみかんはお母さんが買うものという認識に基づいてなんか言い始めたのには目を疑ったよね。

誰よりもヘテロ家族幻想にとらわれているのはあなたじゃんって。

yujimi-daifuku-2222 今TERFを批判するアカデミシャンも昔は男性嫌悪丸出しのツイフェミいいねしていた事を覚えているので、かなり冷めた目で見てる。/ツイフェミ過激な主張にアカデミシャンがお墨付きを与える仕草って昔からですよね

先述したがアカデミック系フェミニストの多くが何年も前から存在するフェミニスト自称者のトランス差別について言及することを避け、

時に「差別を受けてきた女性にはそう言いたくなる理由がある」というようにむしろ彼ら彼女らの憎悪お墨付きを与えることまでしてきたのは事実

牟田和恵の相手として登場する小宮友根なども

「累積的抑圧経験」などの便利な理屈インターネット草の根フェミニストに与え影に日向支援してきた側であるということは記憶しておくべきだとは思う。

まさしくインターネット上で行われているトランス差別もこうした「女性歴史的に常に被害者男性加害者」という認識に基づいて、

トランス差別ではなく男女の区別トランス差別を訴えるのは女性差別、という理屈を展開しているわけだから

ともあれ喫緊課題差別者にそれは差別だと指摘し少しでも多く被差別当事者差別に反対する声を届けることなので、

アカデミック系フェミニストの功罪に関してはそれはそれ、後の評価としたいところ。

umiSen なんでもTERFはおかしい。一部のラディカルな集団イデオロギー賛同しない奴は差別主義者扱いされる世の中。まあ、仮にこう言う人たちも他者差別主義者扱いしていたのであれば自業自得かもしれんが

千田有紀論文を支持する人はそう思うんだろうね。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4681772654549980994/comment/umiSen

cleome088 トランスジェンダー人権活動家の人の中には共同親権とか女性専用車廃止の人みたいに女を搾取消耗させることが目的の人が結構居るからクレーマータイプ活動家がこの界隈には多い印象。

で、何なんだろう?

トランスジェンダー人権活動家の人の中には共同親権とか女性専用車廃止の人みたいに女を搾取消耗させることが目的の人が結構居るから

牟田和恵のようにこそこそとデマによる悪質な差別扇動を行う匿名アカウントの陰に隠れて差別に加担するのも仕方ない、女性への攻撃を避けるためだから、ということ?

ジェンダー社会学代表する研究者の一人であり大学教授という権威を持っている人間が、

女性である」というただそれだけで差別に加担する行動を免罪され、むしろ相手が悪い、女性差別だ、とまで擁護されるのは全くすごいことだと思いますよ。

kirishimaloda6915 だから「たーふ」とか言うの止めなってば。トランスジェンダリズムは本当はトランスの人を救うものでは無く、女性迫害・男の権利増強運動だと早く気付け。反トランスジェンダリズムの人の方が真っ当な人が多いよ。

ずっと指摘してる人はいるけど、完全にネトウヨ同類なんだよね、言ってることが。

2021-07-08

anond:20210707163800

こんな意地の悪い増田書き込みが、い出来になるのだからあなたが鬱って「嘘」ですね。 単にわがままで「他人に気を遣えません」という宣言。そんな「印籠が欲しいだけ」でしょう

って書いてたのになんで変えたの?

あと俺は元増田じゃないよ

お前は可愛そうな産後鬱元増田がそんなことを言うような人間だと思ったわけだ

人殺しだな

2021-06-28

性との紐づけを解いた視野

性的承認欲求不満に囚われて、性と無関係ものに無理やり性を結び付けたり

性と無関係な場で無理やり性を要求する必要が、なくなった途端に劇的に視界が開ける

40代まで性への固執「だけ」で生きてきて50代60代になり性欲を喪失して虚無が広がるケースとは違い

20代感性が豊かなうちに「無理やり性と結びつける必要の無さに気づく」「気づいた状態で様々な物事を観る」

それは性欲や性機能喪失して不能になるのとは別、固執から解放しかない

無理やり結びつける必要性がなくなる、別に考えることができるようになる

神経症的な状態から解放されるというのに近い、幅が広がるだけで何も失いはしない

その視野がない人は、その視野がある人のことを「偽物」「嘘」扱いしがちだ

実感したことが無い人にはその状態があることが信じられないから、

それらを「女に媚びている」だの言って、嘘だと言い張る

2021-06-01

anond:20210601140835

異世界という嘘」やからゴブリンの生態とか引っくるめて「嘘」って言ってるんやろ

2021-05-04

AVは嘘」という「嘘」

・手マンは優しくトントンするだけ

→嘘。ツボ押しレベルで圧をかけて擦らないとイかない人も居る。人それぞれ。

・手はゆっくりでいい

→嘘。テコキレベルの速さでやらないとイかない人も多い

・膣内は優しく

→嘘。膣内は柔軟性が高く感度も鈍いので、マッサージレベルで押さないとだめ

・指は一本で十分

マッサージレベルを指一本でやると痛いだけ

潮吹きはションベン、都市伝説

→30代40代自称性に詳しいおばさんが言うが大嘘。尿とは違う性的に興奮すると出る分泌物

ガンガン突かれるのは痛いだけ

→人による。子宮入り口は性感帯


とりあえずAV批判しとけばいいと思ってるが、大半はAVを見てない

2021-04-30

嘘をつくのは他人を騙すためじゃなく、自分が話したいように話すため

私が何の悪気も無く嘘をつくのは、事実が会話文を強く制約するからだ。

まり事実というもののふところの狭さが原因なのだ。私が悪いんじゃない。

私は事実事実のまま話そうとするのが苦手だ。

そういう場合自分がよく知りもしないのに、事実関係を延々と話さなくてはいけないことがある。

○○って●●だから■■じゃん。でも、▲▲は□□だし、結局○○は△△なんだよ…みたいな。

そんな時、自分としては、細い管の中を壁にガンガンぶつかりながら、なかなか前に進まないような気持ちになる。

結局、○○は△△だとだけ言いたいのに、その長々とした理路に、何を話してるのかだんだんからなくなってくる。

から、その理路を自分が話しやすい形に置き換えることがある。

○○は☆☆だから△△だよ、と事実でないこと(☆☆)を経由して、話を短くまとめたりする。

私のつく嘘はそういうものなのだ。理路の置換え時に、事実じゃないこと=嘘の場合があるというだけ。

まり、会話に嘘が混じるのは、会話の都合上たまたまなのだ別に、誰かを騙そうという目的じゃ決してない。

それはいわば、小説が語りやす物語形成して、その虚構的理路によって話を進めるのと同じようなものだ。

虚構なら、会話の自由度が許されるのだ。自分の語りたいルートで話すことが許されるのだ。

正しくしゃべるのが面倒で、端折るついでにシナリオを一部作り替えてしゃべってしまうというのが、たまたま「嘘」になっているだけなのだ

自分が話しやすいと思う理路は、事実の成り立つ理路とは全く別の形態存在している。

話が上手でない自分には、前者の通り話せないことに強い窮屈さを感じるわけだ。

それは目の前にゴールがあるのに、間に深い谷が横たわっていて遠回りを強いられるような感じなのだもどかしい

しかし、虚構なら空も飛べるので、その谷も飛び越えられる。そして、話は短くなって相手にもスマートに映る。

そして嘘であれば、そもそも間違いなんてもの存在しないのだ。何でも自由にしゃべれる。

から私はホラ話をたびたびしてしまう。例えば、今回の話のように。

繰り返すが、私の嘘は他人を騙すためじゃなく、自分の話したいように話すためだ。

他人への危害じゃなく、自分の会話の自由度を確保するために嘘をつくだけなのだ

から、私の嘘には罪はなく、当然のように罪悪感も感じないというわけだ。

うそう、それに会話内容が嘘であれば、他人にその内容を否定されても傷つかないという特典も付く。

これも大きい。他人自分否定することほど気分を暗くするものは無いのだから

から、私は今日も嘘を通じて事実を話す。話しやすくするために、そして否定されても傷付かないように、嘘をつく。

2021-04-22

ただ、一つだけ問題は残る。

それは「反緊縮」をめぐる問題だ。

著者も指摘するとおり、「反緊縮」は、基本的に「資本主義経済」の枠中での発想であり、それが「反緊縮の限界である

具体的に言えば、「反緊縮」の論客は「弱者を救うためには、緊縮経済政策ではなく、逆にもっとお金を刷り、そのお金福祉インフラ整備などに投入し、経済好転させることが必要だ」と訴えるのだが、問題はこの「もっとお金を刷って」の部分だ。

「反緊縮」に反対する「緊縮」派は「それでは借金が増えて、経済の不健全さが進み、いずれ経済恐慌という破綻を来す」と危惧する。

しかし「反緊縮」派は「大丈夫だ。日銀などの国立中央銀行は、実質的国家の一部なのだからお金いくら刷っても、その借金は、いざとなれば帳消しにできる。返す必要がないものにできるのだ。無論、無闇に刷れば良いというのではない。必要なところに必要なだけ、お金を刷って回せば、おのずと経済好転して、利益を生むのだから債務過剰を恐れすぎる必要はない」と説明する。

まりお金の交換価値担保していない現在経済システムにおいては、国家は「お金を、魔法のようにをパッと生み出す」ことができるし、それは「他人から借金(必ず返さなければならない借金)」とは違い、「夫が妻から借金するようなもの」だと言うのである

一一だが、これは本当だろうか?

私は、この点について、ずっと腑に落ちなかったのだが、本書を読んで、なぜ国家は「お金魔法のようにパッと生み出す」ことができるのか、その理由がわかったように思う。

要は、「資本主義経済下における国家の中」では、実際それは可能なのだが、じつはその「債務による資本主義経済振興策としての債務」というのは、「外部に、資本主義経済を強いることで担保されるもの」だ、ということだったのである。つまり、やはり「担保」は存在し、その担保は「外部化」されていたからこそ、一見したところ「お金を、魔法のようにをパッと生み出す」ことができた(ように見えた)のだ。

したがって「反緊縮」は、「地球規模の環境破壊」には対応できないのである

言い変えれば、「反緊縮」の論客が、「お金を生み出す、魔法の種」の説明をしないのは、そのことを知っているかなのだ

彼らは「目の前の、困窮している弱者」を救うために、その代価を「目の前にいない、遠くで困窮している弱者や、未来の人たち」に転嫁しているのである

まり、本書の「資本主義を廃棄せよ」という提案において、残されてしまう難問とは、「目の前の困窮者を救う」には、「資本主義を捨てよ」というような、若干、気の長い話は通用しない、ということなのだ。

しかに「目の前の、困窮している弱者」を救うために、その代価を「目の前にいない、遠くで困窮している弱者や、未来の人たち」に転嫁する、というのは、ある種の「欺瞞」であり「転倒」ではあろう。

しかし、それなら、心を鬼にして「目の前の、困窮している弱者」を救うのは断念し「人類全体の救済を優先しよう」という選択が正しいのか?

たぶん、その方が賢明ではあろうけれども、それは「目の前の、困窮している弱者」を捨ておけない人には、無理な注文でしかない。これは「トロッコジレンマ」なのである

無論、著者は、「反緊縮」そのものに、反対してはいない。むしろ、それによって「目の前の、困窮している弱者」を救うことの必要性は認めているが、その一方で「反緊縮」論者の「欺瞞」を批判してもいる。

だが、この「欺瞞」なくしては、「目の前の、困窮している弱者」は救えないのだ。

要するに、著者の主張は「人類未来を救うためには、資本主義は廃棄されなければならない。その意味では、それを前提とする反緊縮だけでは不十分なので、反緊縮的経済政策による目の前の弱者救済を進めつつ、最終的には資本主義経済の完全廃棄を進めなければならない」というものだろう。

これは、理屈としては正しいのだけれども、しかし、現に「反緊縮」を進めるためには、「国民の支持」が無ければ実現不可能だ、という「現実的難問」が立ち塞がっている。

からこそ、「反緊縮」の論者たちは「資本主義経済振興策としての債務というのは、外部に資本主義経済を強いることで担保されるものだ」などとは、口が裂けても言えないし、ましてや「最終的には、資本主義は廃棄されなければならない」なんてことは言えないのだ。当面、それでは「選挙に勝てない」からである

まり、「目の前の、困窮している弱者」を救うためには「あくまでも資本主義の枠内での、反緊縮で大丈夫」という「嘘」メッセージを伝えなければならない。

言うまでもなく、これは「好きでついている嘘ではない」のだが、それを「嘘」だと批難されたのでは、彼らも立つ瀬がないだろう。

から問題は、「方便としての嘘」をついてでも「目の前の、困窮している弱者」を救いつつ、最終的には「資本主義の廃棄」を目指す、という「二正面作戦」を採らざるを得ないのではないか

しかし、ここでも問題になるのは、この「二正面作戦」で、はたして「間に合うのか?」ということなである

2021-04-11

雑誌映画秘宝』の記憶(47)

【サタニストの美学とは?】

 高橋ヨシキがサタニストを自称していることは、よく知られています

 田野辺尚人は、恫喝DM事件に対する対応において「責任能力が無い」と見做された有様ですが、最近ちくま文庫から再刊された高橋ヨシキの著書『悪魔が憐れむ歌』に解説文を寄せていることから、今だに田野辺高橋の結び付きは固いことが窺い知れます

 田野辺尚人解説に拠れば、サタニストとしての高橋ヨシキが影響を受けたとされるのはAnton Szandor LaVey(米国The Church of Satanの設立者代表著書『The Satanic Bible』)であるとのことです。

 さて、このSatanismにおいては「9つの罪」が定義されていると言われています

 そこで今回は、この「9つの罪」を挙げて、旧体制映画秘宝』陣の実態と照らし合わせて見ていきたいと思います

(1) 愚鈍さ:恫喝DM事件で「アカウントを乗っ取られた不正操作だ。自分(=岩田和明)は事件に関与していない」と虚偽の弁明で岩田が逃れようとした際に、この無理が有る岩田の言い分に安易に乗った田野辺尚人は、この罪に該当していると言えそうです。

(2) 虚栄:本質的には女性蔑視同性愛差別思想の持ち主であるにも関わらず、それを知らない人間たちの前では「我々は差別と戦う」と正義ヅラ有識者偽装することから旧体制映画秘宝』陣は、この罪に該当していると言えそうです。また、非モテ過去を無かったことにして「大人の男の恋愛論」を語っていた町山智浩は、虚栄の典型と言えます

(3) 唯我主義:「町山智浩が大好きだから」という理由自分女性パートナーの肉体を献上した高橋ヨシキと、それを享受して面白おかしく語った町山智浩は、明らかに女性自身の意志人権尊厳などを微塵も考慮していません。自分たちの快楽欲望だけを優先しているのですから、間違い無くこの罪に該当していると言えそうです。高橋ヨシキが力を持つ旧体制映画秘宝』で切り株派が依怙贔屓によって優遇されていたことも理解せず、体制変化に伴う優遇の終了に不満を漏らしたナマニクも「唯我」の例と言えそうです。

(4) 自己欺瞞:悪い意味子供じみた言動に終始していて、明らかに大人になりきれていないにも関わらず、自分自分に「オレ(たち)は『大人の男』である」と言い聞かせる。あるいは、自分たちが繰り返し差別を行っているにも関わらず、自分自分に「『映画秘宝』は社会不正義や不公正と戦う雑誌」と言い聞かせる。そうして、自分自分に吹き込んだ「嘘」を信じ込もうとするのは、この罪に該当していると言えそうです。俗に言う「詐欺師自分自分の嘘を信じるようになる」と云う状態なのかもしれません。

(5) 群れに従うこと:ホモソーシャル集団病理として「身内が絶対正義」と云う考えに凝り固まり自分たちの身内にだけは異常に甘い態度を取るので、間違い無く旧体制映画秘宝』陣はこの罪に該当していると言えそうです。町山智浩の『実写版進撃の巨人』の失敗に対する批判の声を不自然なまでに小さく控え目にしたこと柳下毅一郎が吹いた犬笛に侍功夫が逸早く反応して付き従う姿勢を見せたことなど、その実例には事欠きません。

(6) 見通しの欠如:切り株映画至上主義者は『映画秘宝』を私物化して「自分たちの価値観けが常に正しい」「自分たちの好みに合わないものには価値が無い」と盛んに吹聴し、閉鎖的な態度を取り続けてきました。これが、将来の幅広い読者を開拓・獲得することを阻害して、雑誌未来を閉ざす結果に繋がると理解していなかったことは、この罪に該当していると言えそうです。(「少し考えれば馬鹿でも分かる」ようなことを理解していなかったと云う意味では(1)にも該当すると言えそうです。)

(7) 過去の正統の忘却ムック形式時代の『映画秘宝』は「予算芸術性や出来の良し悪しに関わらず『好きな映画は好き』と云う気持ちだけは平等だ」と云う基本理念を示していました。それを忘れ去り、異なるジャンル価値感の間で優劣を付けるように悪い変化を遂げたことは、この罪に該当していると言えそうです。

(8) 非生産的プライド:「オレたち男と違って、女たちは『ユー・ガット・メール』を見て喜ぶような馬鹿どもだから、オレたち男は女よりも偉い」と云う男尊女卑思想。「オレたちストレートの男は、同性愛者よりも立場が上だから、奴らを嘲笑してもよい」とする同性愛差別思想。「オレたち切り株映画ファンは悪いことをしないが、萌アニメが好きな奴らは犯罪者予備軍だから叩いてよし」とするジャンル間の優劣思想。「若い奴らや女は物事を知らないから、何でも知っているオレたち大人の男が教えてやろう」という説教願望。旧体制映画秘宝』陣は、肥大化して歪んだ自尊心の持ち主の見本市ですから、確実にこの罪に該当していると言えそうです。これだけ社会多様化が進めば「オレ(たち)は何でも知っている」という仮面を被り続けることは無理があるのですが、それでもその仮面を手離さないのは、他人から「物を知らない」と思われることに堪えられないというチンケな自尊心に囚われていることの顕れでしょう。てらさわホークが『マン・オブ・スティール』について嘘八百を書いた際、自分よりも知識豊富人間から間違いを指摘されて逃亡したのも、チンケな自尊心の持ち主だからと言えるでしょう。

(9) 美意識の欠如:間違いや過ちを指摘されても目と耳を塞ぎ続ける自分たちの振る舞いが、客観的に見れば非常に格好悪いということに気づいていない、もしくは気づいていないフリをし続けていることは、この罪に該当していると言えそうです。ロマン優光言論反論できないか誤植に赤丸を付けるというみみっちい行動に出た柳下毅一郎は、その一例でしょう。

 ざっと見てきましたが、もしもSatanismに価値説得力を見い出し得るとするならば、それはイズムの信奉者を自認する人間が「内省を伴う批判精神」の持ち主であればこそでしょう。

 自分たちホモソーシャル集団にとっての「敵」と見做した他人執拗に口撃するのは大好きで、自分自身や身内には異常なまでに甘いという高橋ヨシキらが、そのような「内省を伴う批判精神」の持ち主であるか否かは、誰の目にも明らかです。

 「論語読みの論語知らず」という諺は、高橋ヨシキ旧体制映画秘宝』陣の実態形容するのに、実に相応しい言葉と言えるでしょう。

 この投稿は以上です。ヘイル・サタン

2021-04-04

anond:20210403231131

ビジネス右翼が景気よく陰謀論ミソジニーに満ちた「嘘」バラまいて弱者男性の救済をうたう(実際には何もしない)横で、現実的にはさえない地味な救済策を真面目に説くリベラルに勝ち筋が見えない。

そうして、救済されないと騒ぐ弱者男性たちに理を説けば「そういう理屈言う時点で弱者男性現実が見えてない」とけなされ、「そもそも君らビジウヨなんぞに騙されるからそうなるのでは……」と愚痴を言えば「リベラル弱者男性を見下してる」と騒ぐビジウヨの餌にされて、また新たな弱者男性たちをさらわれていく地獄

ぶっちゃけ普通商売でも、「嘘アリアリ、マズければ店潰して逃亡アリ」のやり方がまかり通れば、看板背負って真面目に商売やるつもりの人は太刀打ちなんてできないのでは? だからこそ商売なら法的な規制があるわけなので……。

2021-03-26

ネナベしてる話をする

最初の内は「なり垢」とか「なりメ」とかやってたんだけど、自分が女であることを相手が知ってる前提、というやり取りじゃ物足りなくなって、匿名チャットアプリでネナベを始めた。軽い気持ちだった。

どっかで生きてるなんてことない一人の男の、どーでもいいつぶやきをしてみたかった。

つぶやいてたらちょいちょい女の子からの反応がきた。自分からしかけに行くこともあった。

当たり障りのない雑談なら、チャットの向こうの相手である自分性別を偽ってることなんかどーでもいいよな、と思ってた。

3ヶ月、チャットのやりとりが続いた女の子がいた。最初のうちは「相手だって嘘八百でしょ」と思ってたし、自分に対しての罪の意識もなかった。

はいくつとか、普段は何をしているとか、昔の恋愛がとーとかこーとか、いろんな話をした。どこに住んでてどんな家族構成で、何が好きで何が苦手か、たくさん聞いたしたくさん話した。

上手に嘘を吐くコツは、嘘の中に多くの本当を散りばめることだ。大きな「嘘」という枠の中にたくさんの「本当」を散りばめた。

3ヶ月続いたやり取りは、自分アプリ不在が続いた後に終わった。

「ばいばい」

「好きだったよ」

その言葉置き手紙にして、相手の子にはブロックされたようだった。

また、当たり障りのないつぶやきを始めた。また別の女の子からの反応があって、チャットが始まった。

1人には、通話しようお願いLINE交換しようと必死で催促された。えっちなお願いもたくさんされた。「元カノが忘れられないから移動はしない」という嘘でかわした。

の子には、性別を偽ってることを打ち明けてないし、打ち明けた方がいいかな、という気も、そんなに起きなかった。

もう1人、何気ないつぶやきに反応してくれた子がいた。サバサバしてる子で、好きなものが似てて、即レスし合いの楽しいチャットがしばらく続いた。

好きだなーと思った。自分ホントに男だったらいいのにって。一緒にネカフェとか行ったら絶対楽しいよねとか、もしも会ったらこれしたいね、みたいな話も何度かした。

何気ない会話の折り、その女の子から「好き」ってきた。誘惑に負けて「俺も好き」って送ってしまった。

匿名じゃない別のアプリに移動した。

文字だけで抜き合いをした。「まーなんか気持ちよかったからおっけー」というメッセージを読んで、なんだかよく分からないけどガチ泣きをかまししまった。

その女の子と男の自分想像して、自分一人でも何回か抜いた。すごい気持ち良くてビックリした。この女の子としたいと思った。自分が男だったら通話して会おうって誘うのに。するのに。

顔写真を送られた。超かわいくてビックリした。とんでもない沼にハマって溺れてく自分がそこにいた。

匿名チャットアプリからアプリへ移動して1週間ほど、自分から白状した。「女なんだ」と伝えた。

女の子は驚いてたしショックを受けてたけど、2日くらいしたら元気になってて「好きな気持ちは変わらないかも」と言ってくれた。

こちらが女であることを白状した後も、なんでだか抜き合いができてしまった。相手の子の順応性?に心底驚いた。

「男の自分のこと想像してね。俺も男の自分想像してるから」と言ったら、なんの抵抗もなく女の子はそれを受け入れてくれた。

正直、どうしたら良いのか分からない。

まだ通話してないし「会うとか付き合うとかできない」とも伝えてある。チャット以外、リアルで生きてる私はどこからどう見ても女であり、女として生きているからだ。

文字だけのやり取りでも、文字の向こうには生きてる本物の人間がいて、その人の歩んできた人生があって、その人を取り巻く環境があって、文字の向こうから、その人の生活が透けて見えてくる。

全部丸裸で見せてくれる相手の子は、どうしてこんなにも私のことを疑わず嫌悪せず、やり取りを続けてくれているんだろう。

少しだけ辛い生活をしているその女の子に、救いの手を差し出す方法が私には無い。差し出す手がない。文字のやり取りの上で優しい言葉をかけて、好きだよと送って、チャットだけの恋人ごっこをすることしかできない。背負ったり約束を交わしたり、到底できない。

すごく傷つけるような嘘を吐いて、いっそブロックされたいとも考えてる。もしくはこちからブロックをしてしまうか。それが正解な気がする。

辛辣コメントを読んだら決心がつくかな、と思ってこの記事を書いてみた。

バカこのうえないです。

2021-03-19

anond:20210319031325

オレもツイフェミ、ラディカル・フェミニズム、フェミニズムという感じに区分けされるべきフェミニズムの分野がぐちゃぐちゃで混同されている状況は良くないと思うが、何故かどれも自分たち区分をかっちり決めないんだよね。

そもそもフェミニズム」には「女性自己決定権を認めよう」という話なのであって、何かしらと敵対する方向に論が進むならそれはすべて「嘘」で良いと思うんだよね。敵対関係からコンセンサスは生まれない。

進歩主義とかリベラリズムに話が進んでしまうと、結局「なんでもグラデーションがあってそれで良い」っていう話になっちゃうので、定義自体不可能になるし、目的もふわっとせざるを得ず、最終的にツイフェミ、ラディカル・フェミニズム、フェミニズムはお互いを「それは違う」ということはできなくなってしまう。

海外フェミニズムを勉強することで、どうして日本ではここまでフェミニズムがこじれているのかというのもよくわかるんじゃないかな。フェミニズムの本質(単純な女性社会の一構成員として振る舞えるように色々認めようと言うだけのもの)を理解しないままに運動だけ暴走しているからこうなるって言うことなんだけどね。

ただ、この中で一番損しているのはフェミニズムだと思う。フェミニズムは要は「性別理由権利に差をつけることは許さない、義務に差をつけることも許さない」というはないであり、性別にかかわらず同一の義務を課して同一の権利付与すべき、というところから話が始まっていて、被害者も何もない話だった。

例えば「女性にこの権利がない理由兵役の有無なら女性にも兵役を課して権利付与しなさい、もしくは兵役性別問わない志願制にして全員に権利付与しなさい」という話だ。

ここには「支配する社会強者である男性と不当に支配された女性」という文脈はない。ラディカル・フェミニズムはこの本来ない文脈を「男性による女性のリプロダクション支配」という方向から付与した。そして幸いなことに例えば日本では堕胎には配偶者同意がいるとかそういうのがあって、実際法体系も残念ながらそうなっている。

ラディカル・フェミニズムはこういった「女性自分だけで決定できないところをやめろ」という話をしていることだろう。ここも理解できる。

最後にツイフェミだ。こういったフェミニズムやラディカル・フェミニズムの流れを受けているかはしらんが、そこに「女性が持つ男性への差別感情に限っては正当化されるべきであり、それは差別と呼ばれるべきではない」というよくわからない論理ねじ込むことに成功した、大声と数の論理ポリコレで。ここが一番得していると思う。

要は男女の闘争しかないものを差もフェミニズムっぽい論理正当化しているわけだから革命闘争軍男女戦線とでも呼んだほうが良いだろう。

2021-03-09

シン・エヴァ否定派は庵野への逆恨みで嘘を付き始めている

本作に色々言いたいことはあるけどそれとは別に

庵野結婚して幸せになったかアニオタ説教し始めた!」っていうのを既定路線にしようとしている論評が目に付き始めた

なんか流石にアホだと思うわ

庵野はずーっと同じことを言っている

アニメばっか見てても仕方ないか現実見ろ」

これは最初からエヴァのメインテーマ

とくに結婚きっかけ云々は明確に「嘘」と言っていいレベル

だって旧劇って庵野結婚より前じゃん

5年も前だよ

その旧劇のオチが「アニメばっか見てても仕方ないか現実見ろ」だったじゃん

キレるならそこで終わりにしとけよ

旧劇とシンで一貫して「アニメばっか見てても仕方ないか現実見ろ」としか言ってないんだよ

ただ旧劇で突き放しすぎてオタクが納得しなかったか

虚構度を上げて優しい話を作ってやった

それだけやん

そもそもそういう話なんだよエヴァ

お前らがマトモに人生送れなかったか庵野逆恨みして「結婚して幸せから俺らを捨てたんや!」というストーリー作ってるけど

穴だらけどころか根底から矛盾してる

いつもの精緻な設定考察はどこ行ったんだよ

そんなもんは逆恨みで吹っ飛びますってかハイハイ

お前らは庵野への逆恨みで真面目なオタクとしての考察能力すらも投げ捨てるのか

オタクですら無いただの老害じゃん

つまんねえなあ

2021-03-08

anond:20210303005119

意図の有無に関わらない意味「嘘」という言葉を使っていたとは言い切れないか

自己欺瞞を指摘していたのかもしれない。

2021-02-26

https://togetter.com/li/1673454

からないことが多い時、専門家としては可能性の低くないところに目星をつけて「この辺りの分野を一旦止めよう」と言うしか出来ないのはそりゃそうで、それを「嘘」とか「捏造」みたいに言うのもなぁ。

ワクチンが完成したからといって、治験がまだなら広く配布は出来ないわけで。「副作用あるかないかからないので、一旦止める」ことは時に必要なことでしょ。

2021-01-27

死にたい」は恫喝なのか

映画秘宝編集長やらかしDM騒動

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_600f5dbac5b6997d555b7dcc

雑誌への気に入らない感想に対して「今、心の底から深く深く心が傷付き、胸が張り裂けそうなほど大きなショックを受けて、死にたいです。」などと送ったらしく、これが「恫喝」だと非難されている

かに死にたいほど傷ついているのだから雑誌悪口はやめろ」という要求を暗に匂わせるような内容にも思えるが、これを安易に「恫喝」と捉えていいのか?

本心からの「死にたい」と、恫喝のための「死にたい」をどうやって区別するんだ?

自分が作った雑誌への感想に対し、本当に心が傷ついてしまう繊細な人もいるだろうし、この編集長精神状態が正常じゃないのかもしれない

それを「恫喝」=「死にたい、という言葉は嘘」と決めつけてしまっていいのだろうか?

以前、幡野広志氏のコラム炎上した際には、DV被害者相談について「嘘」大袈裟」と決めつける姿勢非難されていた

今回のDM騒動における「死にたい」を「恫喝」と捉える向きも、根っこに同じものを感じるのだが

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん