「確証」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 確証とは

2020-01-11

anond:20200111155634

確証はなくても主体は少なくとも少数でそれによる不快感はありそう

2020-01-09

窓のない部屋

 バスが止まると、乗客たちは押し黙ったまま次々と降りて行く。車窓から見える煤けた家々の影に吸い込まれて行く彼らを眺めていると、いつの間にかバスの中には僕と運転手けがとり残されていた。分かるはずもないポルトガル語でなにかを伝えようとする運転手の表情を見て、ようやくここが終点のモシンボアプライアだということに気付いた。

モザンビーク共和国の最北部タンザニアとの国境に最も近い街、モシンボアプライアナンプーからミニバスに揺られること10時間、日も傾き始めた午後4時頃、やっとのことで到着した。

21世紀になった今でもまだ未開の森が残っているというモザンビーク北部。小さな村と村を辛うじて繋ぐ細い道路は言うまでもなく未舗装で、その上を走るトヨタハイエースミニバスは、重ねて言うまでもなくオフロード向きの車ではない。乗車定員をまるで無視したぎゅうぎゅう詰めの車内で、膝の上に拷問器具さながらの重たいバックパックを載せて、しか悪路を走る振動に耐えながらの10時間は、気の遠くなるような長い時間だった。

 あわてて荷物を引っ張って外に出ると、空になったバスはそそくさと何処かへ行ってしまった。降り立った場所バスターミナルなんて大層なものではなく、石造りの家々が建ち並ぶ小さな村の一角にポツンと広がった、ただの砂地の広場だった。広場の端に植えられたヤシの木の陰には何人かの女性や老人が座っていて、サトウキビバリボリ齧りながらこちらをじっと見ている。ああ、ここ数日と同じだ。

 モザンビーク最大の都市首都マプトは、南北に長い国土の一番南の端にある。南アフリカから陸路入国した時、最初に到着した街もマプトだった。首都首都なりに近代的なガラス張りの高層ビルが建っていたりもするのだけど、そこから北へ向かって縦断を始めると、車窓から見える景色がどんどん田舎に、自然に近づいていくのがそれはもう如実に分かる。白人観光客がいるのはせいぜいマプトの次の街のイニャンバネ辺りまで。国土のちょうど真ん中辺りを東西流れるザンベジ川を超えると舗装道路ほとんど無くなる。北部の街キルマーニを超えるともう公共交通機関が当てにならないので、道端にはヒッチハイクの代行をして日銭を稼ぐ子供達が居たりする。モシンボアの手前のペンバ辺りまでは、自分以外の酔狂バックパッカーを見かけることもあった。しかし、ここに来てついに異邦人自分だけになってしまったらしい。

 いわゆる発展途上国場合自分のような旅行者は、バスから降りるなり土産物押し売りホテルタクシー客引きにもみくちゃにされてうんざりするのが常だ。しかアフリカのこんな僻地まで来てしまうと、そもそも旅行者が訪れることなほとんどないはず。外国人慣れしていない土地人達も、突然バスから降りてきた肌の色の違う人間に驚きつつもどう対処したらいいかからないのだろう。一挙手一投足を全方位から遠巻きに観察されているような視線は、動物園パンダにでもなったかのような気分にさせてくれる。

惚けていても始まらない。まずは今晩の宿を確保して、それから英語の分かる人間を探さないと。ここまでの街で集めた情報によれば、モシンボアからは毎朝早くに国境行きのバスが一台出ているらしい。できれば明日の朝そいつに乗り込みたい。ここ数日、ATMもなければクレジットカードも使えないような場所を通ってきたせいで、手持ちの現金はもうほとんど尽きかけていた。今はできるだけ早く駒を進める必要がある。とにかく、話のわかる奴を探して情報を聞き出さないといけない。僕は檻から抜け出すようにしてその広場を後にした。

 重い荷物を背負って村の中へ入って行くと、ここでも同じように奇異の目を向けられる。それでも、こういう時は一度誰かにしかけてしまえば後は簡単だ。それをきっかけに周りで見ていた人たちも次々話に入ってきて、いつの間にか自分の周りは人だかりになっている。その中には英語を喋る奴が大抵一人くらいはいもので、今回もその中の一人、僕と同い年くらいの青年を見つけた。彼が言うには、自分兄貴が毎朝国境行きの車を運転しているとのこと。この村に来る外国人十中八九陸路タンザニアへ向かおうとしている奴だから、客になりそうな外国人がいると聞いてすっ飛んで来たらしい。村の奥、青年の指差す方向には一台のピックアップトラックが止まっていた。手を引かれ、群衆をかき分けながら近づいていくと、荷台に腰掛けた白いタンクトップの男がサトウキビバリボリ齧りながらこちらに視線を投げている。トラックの前まで来ると、男はサトウキビの食べかすを地面に吐き捨て、挨拶もそこそこに言った。

あんた、国境に行くんだろ。300メティカル明日の朝こいつの荷台に載せて連れてってやるよ。早朝三時にここに来な」

 なんとなく予感はしていたが、国境へ行く手段というのはバスや乗り合いタクシーの事ではないらしい。このトラックの荷台に乗って、荷物のついでに運んでもらうということなのだ。トラックの荷台には、明日の同乗者になるのであろうコーラの空き瓶が入ったケースや何が詰まっているのかわからない大きな頭陀袋が山と積まれているだけで、当然ながら座席のようなものは見当たらない。今日の移動もなかなか骨だったが、明日今日に劣らずタフな一日になりそうだ。

 運賃として提示された300メティカル日本円にしておよそ500円少々。交渉が前提になっているようなひどく高い金額でもないし、村を歩いて探し回っても他の交通手段があるとは思えない。500メティカルなら、あと一日くらいこのモシンボアに泊まってゆっくり骨を休める余裕ができる。聞く所によればこの男は毎日国境まで行っているようだし、出発を一日先延ばしにしてもさほど問題にはならないはずだが、でもこの時はそうしなかった。前へ前へと懸命に移動することに、ある種の快感のようなものを覚え始めていたのかも知れない。とにかく僕はこのトラック明日の朝、国境まで行く事に決めたのだ。

 握手を交わすと、男は表情を和らげて言った。

「寝る場所必要だろう。弟に宿まで案内させるから今夜はそこで休め。寝坊しても起こしに行ってやるから安心しろ

 男が目配せをすると青年は頷き、ついて来いと言って歩き始めた。もう一つの懸案だった宿の方も、彼らが世話してくれるらしい。それもそのはず、人や荷物国境まで運ぶ商売をしていれば、僕のような旅行者を載せる機会も幾度と無くあっただろう。そんな旅行者への宿の斡旋も、彼らの商売の一部なのだ

 青年背中を追って歩いていくと、少しずつ村の中心に近づいていくのがわかった。舗装された道幅の広い道路があらわれ、ガソリンスタンドや錆びたコカコーラ看板商店食堂などが民家に混じって見え始める。顔を少し上げると、視界の端にわずかに入るヤシの木や、朽ちて傾いた丸太電信柱の向こうに、どことなく湿った雨期の青空がいっぱいに広がるのが見える。

10分も歩かないうちに、僕らは一つの建物の前で立ち止まった。周りに見える民家や商店より少し大きい、ちょうど郊外コンビニくらいの大きさのその建物は、宿泊施設としてはやや小さく思える。水色のペンキで塗り染められた石の外壁には大きなひびが入り、風雨や土埃に晒されてくすんだ色になっていた。やれやれ想像通りのボロさである

「ここが宿だ。少し汚いけどこの村には宿はここしかない。悪いけど我慢してくれよな」

青年はそれだけ言うと、あっけにとられる僕をその場に置いて来た道を逃げるように帰っていった。僕が宿にいちゃもんをつける前に立ち去りたかったのだろうか。

入り口にかかる簾をくぐり、薄暗い室内にに踏み込む。簾に付いた鈴が音を立てると、奥のカウンターの向こう側から一人の老人がゆらりと立ち上がった。部屋が欲しいんだと大袈裟ジェスチャーを交えながら伝えると、彼は黙ったまま横の壁の一点を指差した。目をやると、石の壁に赤のペンキで直接文字が書かれているのに気付いた。

"Single 1200. Twin 1600."

シングルの部屋が日本円にしておよそ2000円ほど。いままで泊まってきた宿の中では一番高い金額だが、さて、どうするべきか。村にある宿がここだけだと言う青年言葉は、この宿の大きさから考えて恐らく嘘だろう。ここより安いという確証はないが、土地人間が使うゲストハウス位はどこの村にも幾つかあるものだ。しかし、重い荷物を再び背負って表を歩き回るのはやはり億劫だった。壁に書かれた赤いペンキの文字酸化してほとんど茶色くなっていた。いつからこの値段でやっているのかは知らないが、少なくとも僕を金持ち旅行者と見てふっかけているわけではないようだ。値段の交渉は望み薄だが、僕は試しに聞いてみた。

「もう少し安くはならないの?」

老人は困ったような、それでいて僕がそう言い出すのを知っていたかのような苦笑いを浮かべ、少しの間を置いて言った。

「窓のついてない部屋が一つあるが、そこなら600でいいよ」

なんと、意外なほどあっさり宿賃が半値になってしまった。一泊1000円なら上出来じゃないか。窓が無いというのは、まあ多少風通しと明るさに問題があるとは思うがこの際妥協してもいいだろう。どうせ明日は日が登る前にここを発つのから

「部屋を見せてくれる?」

僕が言うと、老人は鍵を引き出しから取り出し、カウンターを出て奥へ伸びる暗い廊下を歩き始めた。僕もその後を追った。

つのドアの前で立ち止まると、老人はドアノブに鍵を突き刺して、ガチャガチャ乱暴に鍵穴をほじくり始めた。なかなか開かないようだ。このボロさでおまけに窓の一つも付いていないときたら、本当に地下牢のような荒んだ部屋なのだろう。そんなことを考えながら、鍵と格闘する老人の背中を眺めていた。しばらくして鍵が開く。額に汗した老人は僕の方を向いて意味深な笑みを浮かべ、ドアを開いて見せた。

開け放たれたドアの前から覗いた部屋は、想像通りとても簡素ものだった。だが、想像していたより酷くもなかった。六畳程度の部屋のど真ん中にはセミダブルくらいの大きなベッドが石の床に直接置かれ、部屋の隅にはちゃちな木製の小さな椅子と机が、客室の体裁を取り繕う申し訳のようにちょこんと置かれている。そして、奥の壁の大きな窓からレースのカーテン越しに差し込む夕陽が、数少ない部屋の調度品と埃っぽい室内を舞う無数の塵を照らしていた。しかしこの部屋、さっきと少し話が違うんじゃないか

「いや…ご主人、僕が見たいのは半額の部屋の方なんだけど」

「ん? この部屋は600メティカルだが」

だって窓が付いてるじゃないか

僕がそう言うと、老人は黙って部屋へ入って行き、カーテンをめくる。そこにはあったのは確かに窓だった。窓だったが…窓にはガラスが入っていなかった。僕は思わず笑ってしまった。窓が付いていないというのがまさかこういう意味だったとは。明るくて風通しの良いこの部屋は、僕が覚悟していた牢獄の様な部屋よりよっぽどマシに見えた。しかし、中と外の境界を作るのが鍵の掛けようのない無い薄いカーテン一枚というのは、やはり安全面に問題ありすぎる。こんな部屋でおちおち寝ていたら命が幾つあっても足りないだろう。強盗マラリア、野犬、その他諸々の野生動物危険は数え出したらキリがない。半笑いでそんな事を考えていると、いつの間にか隣に来ていた老人に小突かれた。

「で、どうするんだ」

「…窓が付いている部屋も見たいな」

「だろうな」

ニヤリと笑みを浮かべた老人は静かに扉を閉めると、一つ隣の部屋の扉を開けて僕に見せてくれた。さっき見たのと一見全く同じ部屋だが、こっちのほうが心なしか手入れがされているように見える。中に入ってカーテンをめくってみると、くすんだガラスがしっかりと嵌めこまれた窓と網戸が見えた。

「1200メティカルだけど、いいよな?」

振り返ると、勝ち誇ったような笑みを浮かべた老人と目が合った。やれやれこちらの完敗である

「…いいよ。この部屋にする」

宿賃を渡し、僕は笑ってそう答えた。老人は僕の肩にポンと手を置いて、隣の部屋のとはまるで違う綺麗に磨かれた鍵を渡してくれた。やっぱり、あの部屋には最初から客を泊めるつもりなんてなかったのだろう。

明日の昼まで停電から電気はつかないよ。ロウソクが引き出しにあるから使うといい」

「一本いくらですか?」

サービスだよ」

僕が皮肉半分に聞いたことを知ってか知らずか、老人はどうだ気前がいいだろうと言わんばかりの誇らしげな笑みを見せ、ドアの外へ消えて行った。やり返してやった気にはまるでならなかった。

靴や荷物についた砂を振り払い、ベッドに寝転んだ。疲れ切った身体を動かす体力はとうに尽きていたが、不思議と気分は高揚していた。蓄積した疲労の中に滲む自虐的とも言える旅の充足感に気付いたのだった。

2020-01-08

ツイッターで「全然流行ってないけどソクラテス無知は罪なりには続きがある」って確証もなく言ってる人

一生懸命言い訳してるのマジ面白いからもっと踊って欲しい

自分は知ってるけど(ドヤ)(断言)」ってヤツは内容間違ってたり不確かでも、まず素直に謝らないね

元々マウントとりたくて「皆知らないみたいだけど」なんてツイートしてるんだから当然だろうけど

2020-01-05

正しいかどうか

科学は何が正しいか必死に追い求めていて、

その確証に厳格さを求めているからこそ、

科学が間違いないと言い切れないことも知っている。

しかしその上でその科学の成果を無視するのはやはり許せない。

科学よりも自分気持ちとか、社会制度とか、

そういうものを優先して良いと思うのは科学否定に他ならない。

科学を信じない人がいても良い」という考え方はあり得るが、

科学者のふりしてそれをやってはいけない。

数学教師数学の成果を軽視するのは良くない。

政治家科学知識無視するのは主権者として批判したい。

2020-01-04

メルカリは、違反出品物を取り締まる気がない

メルカリアプリを利用している方なら分かるかもしれないが、

特定検索条件をお気に入り登録しておくと、そのキーワードに関する新着出品物が通知される機能がある。

だって好きな芸能人の一人や二人はいるだろう。

私も例外ではなく、好きな芸能人・Aの名前を「お気に入り登録」しておき、気が向いたときにチェックするのが少し楽しみだった。

ある日、いつものようにチェックしていると、芸能人Aの画像を使いまわし、ある出品物が複数登録されていることに気が付いた。

品名は「芸能人A / 写真 L判★60枚セット」、商品説明は「友人から譲り受けました」とあった。

これには少し違和感があった。

メルカリ等のフリマサイトには、出品者の手元に実際に品物があるということを少しでも明確にするために

「実物の画像を使う」というルールがあるのだが、この出品物には実物の画像ではなく、写真の「画像データ」のみが使用されていたかである

もし「友人から譲り受けた」のなら、なぜ出品画像が「画像データ」なのか。

ちなみに、実物の画像が無い時点で、メルカリルールには違反している。

----以下メルカリ公式( https://www.mercari.com/jp/help_center/getting_started/prohibited_conduct/#b8 )より引用----

出品画像として、実際に手元にある商品又は購入手続き後速やかに発送が可能商品以外の画像掲載すること ▲

購入前に実物の状態を十分確認できるよう、実際に購入いただく商品画像掲載してください。

以下のような違反行為発見した際は、出品を削除させていただく場合があります

■主な違反行為

実物の画像がない

転載画像のみの掲載

画質が粗いなどで商品の把握ができない

上記に該当するとみなされるもの

----引用以上----

そして、もう一つ怪しいと思った点。商品状態が「新品」となっている事だ。

芸能人Aは既に70代である。若かりし頃の写真を新品で売っているのは、せいぜい下町の某店くらいだ。

画像検索してみれば、この出品者が出している写真は全て「雑誌写真集」「TVスクリーンショット」等であった。

私はこの出品物を購入していないため、確実に「偽物・複写である」という事は言えないが、

出品されている写真掲載である雑誌写真集は、もちろんL判サイズではない。

既に取引を終えた購入者が残した評価コメントを見ることはできるので、そちらから商品状態を推測することはできた。

良い、と評価を残した者は

写真がピカピカでうれしかったです」

ファンなので譲っていただけて嬉しかった」

普通、と評価を残した者は

「新品の写真だったが、写真がピンボケのものや、荒いものがあった」

「画質があまり良くなかった」

「本物を期待していたが、やはり複製だった」

悪い、と評価を残した者は

「ピントがぼけていて、写真集やパンフレットなどから転写されたようなもの複数あった」

評価コメントは、あくまでも購入者主観によるものだ。

これで「偽物」であることを判断することもできないが、少なからず私と同じように怪しいと感じた人はいた。

また、この出品者による出品物のほとんどが「複写」と見受けられるもので溢れていた。

芸能人Aに限らず、女性騎手B、アイドルC……、キリがない。

そして、販売価格も高額なものでは5,000円と、かなり高飛車な設定がされている物もあった。

もちろん、これらの写真複写であるという確証はない。

しかし、芸能人Aの写真については、ほぼ複写だと思った。

これを「確証がない」からといって、野放しにして良いのか。

せめて、メルカリ事務局通報してみる価値はあると思い、商品ページから通報をしてみた。

通報簡単だ。

商品ページから通報ボタンを押し、プルダウンで該当する項目を選ぶだけだ。

コメント欄などはないので、通報理由は書くことが出来ない。

まぁ、商品ページから通報というのはあまり意味が無いらしい。

メルカリ 通報」と検索すれば、ほとんどが「全く対応されない」という文句だった。

何のための通報システムなのか…と若干呆れながらも、今度は問い合わせページから禁止行為について確認したい」と、メールを送ることにした。

実物の写真がないこと。

出品されている写真は、全て雑誌やTVのスクリーンショットであること。

雑誌はともかく、TVのスクリーンショット公式写真として出回るはずが無い事。

実際に購入していない為確証はないが、過去購入者による評価コメントにも同様の意見があること。

通報しているが、出品者には「出品物が実物であるか」等、確認したのか。

メルカリ事務局からの返信はこうだ。

「ご連絡いただいた件は、事務局確認のうえ適宜対応いたします。

確認内容や対応の詳細は個別にご案内しておりませんので、あらかじめご了承ください。」

ちなみに、メルカリ電話での問い合わせは受け付けていない。

なので、これで終わりだ。

正直、こんなモンだろうな、とは思っていた。

メルカリの儲けは、ユーザー同士の取引が行われて発生するからだ。

偽物なら、メジャー海外ブランドくらいしか対応しないのだろう。

大事なお取引がなくなってしまっては、儲けられなくなってしまうから

メルカリ最近ユーザー対応に力を入れている、というのを見たことがあるが、

それが定型文で終わってしまうのはあまりにもお粗末だと思う。

せめて担当者名前だけでも書いてあれば、少しは違うのだが……。

メルカリでの出品物は、上に書いたような物以外にもグレーな出品物が多く存在する。

きっと私のように好きな物を守るために少なから通報や問い合わせを行った方もいるだろう。

しかし、事務局対応がこのままであれば、改善絶対にしないだろう。

全国に名の知れた企業が、ユーザーから出品された違反物を放置しつづけていれば、少しずつ、確実に信用も薄れていくことだろう。

なぜユーザー違反物を出品するのか。

出品させないためにはどうしたらよいのか。

もし出品してしまったら、どのような対処をするべきなのか。

メルカリには、もう一度ユーザーの行動に目を向けてほしい。

そして、さらなる改善を期待したい。

2019-12-27

もうなんもわからねえよ、同人

長々とした偏見愚痴です。

自分でも分かっているけれど、私は相当面倒くさいオタクだ。

推しCPというよりは、このふたりから好きといった感じ。そこに恋愛性愛がない、だけど誰かを選ぶのならお前がいいよ、といった友達以上恋人未満のような距離感が好き。まあ、CPによっては恋愛だったりを見たり書いたりしているが。基本的にはプラトニック関係性の話ばかりしている。

まさに今、そんな友達以上恋人未満ふたりにハマっている。

先日、そのジャンルストーリー更新があった。

内容は伏せるが、そのストーリーのなかで、心の中の柔らかい部分を相手に触れさせるようなやりとりがあった。一区切りついて、穏やかにふたりで会話をする。

私はそれをみて「ふたり感情とか言葉のやりとりが大好きで、この関係性を一言でなんて表せない」と思った。実際に上記の内容でツイートをした。私はふたり性愛のようなものは感じられず、そのキャラの優しいところや感情をそっと相手に触れさせているように感じたからだ。ちなみに、性愛は感じられないとは呟いてない。呟くとき否定的に捉えられないように、普段から気をつけているつもりだ。

そうした呟きをしてから、15分くらいたったあとだったと思う。

「そのCP好きな人低俗だみたいな言い方を表でするのは苦手だ。セックスしない関係がいいのも分かるけど、それが優れているみたいな考え方はよくない」

と、フォロワーが鍵垢で空リプをした。(実際は少し違いますが。概ねこんな内容でした。)

上のような内容を何回かに分けてツイートをしていた。

描写のない関係が好き、愛でも恋でもない感情が好き、恋愛になるとニュアンスが変わるから未満が好き......といった内容に触れて、そういうことを表でいう人が苦手だと。私が通話しか話していないことだ。

ちなみに補足だが、そのフォロワーとは仲良くさせてもらっているし、実際に遊んだり、アフターをしたり、通話でそのふたりのことを話したりしている。その時に私はこのふたりの性行為描写は苦手で、しない関係が好きだとも言っている。そのフォロワーもそのふたりCPとして見れないと言っていたから、性の話題を振られるこもとないと安心して話していた。さすがに私もそのCP好きな人の見えるところでわざわざ言ったことはないし、話を振られたときにだけ、苦手で見れないんだよね、と言ったりする程度だ。私はこれをただの自衛だと思って発言している。端から見たらどうかは知らない。今回の件があって自衛がなんなのか自信をなくした。

そのあとにフォロワーは私への当て付けなのか、むしろ描きたくなってきたと言っていた。

もちろん、私宛じゃないのではとも考えた。他の誰かへ当てたツイートなのでは?と。そうでなければ、こうしてわざわざ私に見えるように呟くだろうか?と。

少し具体的な話になってしまうが、私を含め、そのフォロワー本垢フォローしている人数が少ない。何なら両手の指で足りるくらい。そして、そのほとんどが共通フォロワーだ。なので、大体は同じTLの構成になっている。

呟いた時、夜中だったこともあって、TLにいるのは私だけだった。私以外にツイートをしている人はいなかった。

そもそもストーリー更新がされてからそんなに時間が経っていなかったから、まだ読んでいない人も多かった。それもあってか、私以外の誰かに向けたものだという可能性が少しも見つからなかった。必然的に、それに当てはまるのは私しかいない。

フォロワーは私の呟きを見て、それに対して名前を出さないようにぼかして、当たり障りのない文章を考えてツイートをしたと、それ以外に考えられなかった。

好きなものはその人の自由だ。

別にそれが好きな人のことを否定したつもりはないし、しようとも思っていない。それと同時に、わたしの考えを否定されたくもない。だからその人がふたりCPとして好きになったって、そうなんだくらいしにか思わない。私も読めなかったものが読めるようになったり、好きになったりした経験があるので気持ちは分からなくもない。

ただ、その呟きを見て、CPとして見れない私が悪いのか?と思ってしまった。

セックス否定するような言い方をするなんてひどい。でも私はそんなこという人と違って読めるよ、否定なんてしないよと言われているような、急に手のひら返しをされた気分になった。

何より嫌だったのが、空リプでこれを言われたことだ。

共通フォロワーに、そのCP好きな人がいる。その人は私とその子の呟きを見ることができる。流れだけみると、私のツイートのことを言っているんだろうなと想像ができると思う。だって私が想像できたから。

私はそんなつもりで呟いてはないし、読み返してもそんな意図はかったと思っている。(別ジャンルフォロワーに私の呟きだけを見せて、否定してるように見える?と聞きました。そのような意図は感じられないと言っていました。見せたのはそのひとりだけなので、私たち以外の人がどう思うか確証は持てませんが)

でも、それを知らない第三者が見たとき、そんなこと思って呟いてたの?と思われるかもしれない。それが嫌だ。

もし直接言ってくれたのなら弁解できたかもしれない。でも、直接言われていないのに反応したら、やっぱりそういう意図をもってたんだと思われるかもしれない。だから私は呟きを消さないし、反応もしない。なにも知らないです、気付いてないですってふりをする。

どうしてこういう関係ふたりが好きだと呟いただけで、こんなに悩まなくちゃいけないんだろう。

セックスしないのが好きだって発言ダメなのか?向こうはそれを前提として話してくるのに?当たり前に性描写の話をふられて、それ苦手だからって言うのもダメなの?私が苦手だと言っていたからこんな受け取られ方をするの?~しないとかの否定構文であれば、それは肯定派に対するマウントになるの?低俗だととられるようなことなの?

私のツイートを見返しては、この内容はセックスをするCP低俗と罵っている文章になるの?と落ち込んだ。私はただふたりのこの距離感が好きで、言葉で言い表せないと言っただけなのに。

全員が全員、性描写が好きなわけではないのに......肩身が狭い。

もうなんもわからねえよパトラッシュ、僕もうねむいよ......

話がそれました。

この件があってから、もう何も呟きたくなくなった。何をいっても曲解して受け取られるのなら、もう何も言わないのがいいのかもしれない。実際、呟いてない。ただイラストだけを流している。元々そんなに呟く方ではなかったから、ちょうどいい。たまにいうとこれだし......

それでも私は何事もなかったようにして、その子と話すと思う。遊ぶ約束をしているし、険悪になりたいわけでもないから。だからといって、許すこともないし、無かったことにもしない。ずっとしこりを残したまま、疎遠になるまでこれが繰り返し続くんだろうな。

2019-12-23

anond:20191223182602

FC1については、Wiz1−3のユーモラスな雰囲気をだいぶ意識してるなーと思っただけ。確証はないし。

メディアミックスの中で作られた作品なのはわかるけど、テレネット版と比べてずいぶんポップな感じがしない?

マシン限界もあっただろうけど、かなり影響は濃いと思うよ。

デビルサマナーがあるというけど、初代ポケモンの開発期間は6年だから流石に影響はないと思う。

anond:20191223093105

そう。確証がなかったんだよね。だから密室の話にフォーカスせざるを得ないんじゃないの?

anond:20191223092921

よっぽどの確証がなければ、いやあっても客に「お前レイプしようとしてるな!」とは言えないよ

止められなかったドアマンタクシー運転手を責めるのは酷だ

anond:20191223091315

そんなのは知ってるよ

けど、それが確証を持って証明出来る事実なら刑事事件起訴出来るんだよ

民事ってのはお互いの言い分を聞いてもっともらしい方の言い分認めて金払わせるだけなんだよ

から事実当事者神のみぞ知る案件で、第三者には分からないとしか言いようがないだろ

anond:20191223085204

刑事事件としては起訴出来ないくら強制性行の確証客観的ではないなかで

逮捕を阻止されたか証明できなかっただけで

逮捕状が出る程度には客観的な疑いは濃厚だったんだがな

なぜはてな民は元記者強姦事件真実が見えてるの?

もちろん、妻子があるのにとか就活生と関係持つとかクズなのは言うまでもないし

何なら就活面談の場で泥酔する奴も相当やばい

そういう個人資質は置いといて

刑事事件としては起訴出来ないくら強制性行の確証客観的ではないなかで

民事では一方は泥酔してる間にやられた、もう一方は、泥酔した相手に誘われてたけどやったと主張してる

密室の中での出来事なんて当事者以外神のみぞ知るもんだろ

なんではてな民は一方の言い分が正しいことを知ってるの?

運命の人」の歌詞がわからないだと!?

バスの揺れ方で人生意味がわかった日曜日

 でもさ君は運命の人から強く手を握るよ」

 

平易な文だが、わけがからない。「バスの揺れ方で」「人生意味がわかった」「日曜日」。それぞれの繋がりに全く論理性がない。

anond:20191220185809

運命の人」の冒頭部がわけがからない?とは僕にとって驚愕である。各々解釈の揺れ(それが良い詩の証明だろう)こそあれど全くそドラマを想定できないなんてことが日本語話者にあって良いものなのだろうか。こうやって個人妄想しかないものもっともらしく解説ぶって書き連ねるのは、作詞である草野さんに対する不遜なのは重々承知している。僕自身まり好きでない類だ。しかし全くわからないという人間を目にしてこの3日心のもやもやは晴れないままだった。心待ちにしたスターウォーズ鑑賞中も頭の中はスピッツだ。夜眠ろうにもはーしーるーはーるかーと頭の中でループする。

もういてもたってもいられない。ここに駄文を書き連ねる。

バスの揺れ方で人生意味が 解かった日曜日

バスの揺れ方」というのは不規則でとても強力なものだ。電車のような規則性はなく、タクシーのような微々たるものではない。乗客は常に見当もつかない方向から強い力で揺さぶられときにはその力でよろめく。

続く「人生意味がわかった日曜日」は、逆説的に言って、日曜日でなければ気がつかなかったということを表している。多くの人にとって日曜日休日である。つまり平日では行われないことがその日起こり、平日では気にとめなかっただろう些細なことがこの気づきをもたらしたのだ。

そして日曜日は週末である。日々の営みが7日で循環するよう設計された人間社会において、日曜日は一つの区切りになっている。労働や勉学に励む小市民ならば、7日間のうちに起こった悲喜交々はこの日を最後に一旦清算され、人々は次の1週間もまたひたむきに日々を過ごしていく。日曜日意識するこの歌詞主人公もまたそんな人間の一人だと言うことが読み取れる。

改めて一文を読むと「バスの揺れ方」が連用修飾語として「解った」に係り、「解った」は続く「日曜日」の連体修飾語になっているため、主人公バスに揺られていたのは「人生意味がわかった」のと同じ日であるといえる。それぞれが別の日であるなら、バスに揺られた日を示すためにさらに「バスの揺れ方」を修飾する必要がある。なお、バスの揺れかたはバス内部でなければ感じ取れないので、主人公日曜日バスに乗車しその日のうちに「人生意味」に気がついたと断定できる。

ここで一旦まとめると「バスの揺れ方で人生意味が 解かった日曜日」というのは、

毎日つつがなく規則正しい生活を過ごしている主人公が、休日が故に起きた特別出来事きっかけに思慮にふける。彼はこの日乗車したバスの不規則振動と、不意な出来事翻弄されることもある社会の悲哀を重ね合わせた。そして『人生意味』を悟る。」という内容である推定される。

不可解な点がまだ残るが歌詞の次行に進みたい。

でもさ君は運命の人から強く手を握るよ

歌詞を読むに彼は「君」の手を握れるほどそばにいることがわかる。注目するのは「でもさ」という否定形接続詞で、これにより主人公が「君」の手を強く握るという方法で「人生意味」に抗う姿勢が示された。

話が戻るが日曜日という日は週末であり曜日の中でも特異な地点であるあくまで僕の考えであるが、歌詞主人公からすれば日曜に思い巡らせたことは月曜にはリサイクルされてしまうので、「日曜日」に発見した「人生意味」がこの主人公の行動に影響を与えるのはその「日曜日」に限定されるはずなのだ。そういう意味でもなければわざわざ日曜を指定する必然がない。月曜でも水曜でも歌詞は成立する。よって「強く手を握る」ことで「人生意味」に抗うことが可能なのは人生意味がわかった」日と同日であると考えるのが自然ではないだろうか。

とすると彼はバスに揺られた日曜日に「君」と会って過ごしたということになる。おそらく彼と「君」は同じバスで揺られている。

そして「君」がバスの中でよろめいてその手を彼が支えるという場面があったのだろう。彼は「君」が人生翻弄されてもずっと支え続けていこうと心に決めるのだ。

まりバスの揺れ方で〜」のまとめで述べた"特別出来事"は、「君」と休日の行動を共にしていることなのではないだろうか。普段ならバスの揺れに不快な思いをしているはずなのに、君がいるときはなんだかそれを感じない、そのことが彼の日曜日特別にしたんじゃなかろうか。

出だしの2行を僕なりにまとめると

「週末に『君』とのデートをとりつけ心が弾む主人公普段なら不快バスの揺れも『君』が側にいれば全然苦でない。そのことに気がついた彼は、小市民として淡々と日々を過ごしているはずの自分にも時々ハプニングが降りかかるその人生理不尽さと不規則で激しいバス振動を重ね合わせた。『生きていて辛いことがあっても傍らのこの人がいればそんなことは全然気にならない。』彼はそれを確信する。その時またバスは揺れて『君』が大きくよろめいた。すかさず『君』の手をキャッチした彼。彼自身はその揺さぶりに動じないとしても、この相手は『運命の人から』挫けることがないように支えていかなければならないと決心する彼であった…」

なお直後3行目の「優しいだけじゃなく偉大な獣」は、この優しく相手を守り支える姿と、揺さぶりに翻弄されず過酷環境であっても生きていける野獣のようなタフネスという二面性を集約した言葉だと考えて僕は納得した。

かにこれらには何の確証論理性もない。しか聞き手の中にファンタジー想像させられれば詩はそれでいいんだと思う。

まだまだ書き続けたいが時間がないので書き控える。

ちなみに僕が好きな歌い出しはBLANKEY JET CITYの「ガソリン香りがしてる」だ。何もわからない。

余談だがスピッツの2ndアルバム名前をつけてやる」にはその名も「日曜日」という曲が収録されている。「運命の人」が可愛く思えるほどに奇々怪々な歌詞で「晴れた空だ日曜日戦車は二人をのせて」と言葉で歌は始まり、サビで「蜂になろうよ」と相手を誘う。それから6年が経ちデートちゃんバスを使うようになり、蜂への変身願望から偉大な獣になる誓いをたてるまでに成長したんだと思うと、なんと立派になって…と親戚のおばさんのような気分にならないこともない。

歌詞引用

  1. http://j-lyric.net/artist/a000603/l00002f.html
  2. http://j-lyric.net/artist/a000603/l00a5e1.html

2019-12-20

anond:20191220103207

傍聴記があったぞ。

https://www.opentheblackbox.jp/blank-2

ドラッグ伊藤さん側からも「確証はないが疑ってる」程度の主張。

裁判官からすれば使ってようが使っていまいがレイプには変わらんって判断だったんじゃないの。

anond:20191220215017

さすが増田にはネットでいうとこのアスペが多い

本当に一瞬だけ味が変わったのならたぶん気のせいか次元人とかの攻撃で、どっちにしても対処不能なので気にしないのがよいな


で、吉野家には牛鉄鍋膳とか牛すき定食とか鍋セット定食過去に色々あったんだけど、

それのどれでもないと確証を持って言えるということでよいかアスペ

anond:20191220170030

確証がないなら黙ってればいいのにね。

anond:20191220021604

もともと「状況からして薬を盛った可能性がある」「疑っているが確証はない」くらいの話やん。

だって特に酒をたくさん飲んだ覚えもないのに前後記憶がすっ飛んで眠りこけて、

起きたら財布とか盗まれてた、みたいな状況なら「隣の席のやつに薬を盛られたかも」と思うわ。

それは疑念を晴らせば済む話であって、しかも薬を盛ってなくともレイプかどうかに関係しない。

そこだけに注目して「怪しい・信用できない」と強調するのがおかしいやろ。

2019-12-18

anond:20191218174152

周囲の傍観者が敵の仲間という確証がないか

路上の殴り合いは常に殺し合いに発展する可能性がある

全力でボコボコにして逃げるか、あるいは逃げて通報して被害者の二択で中間存在しない

結果大事件となる可能性も高い

気軽に暴力を主張する奴は全然わかってない

2019-12-11

ttps://twitter.com/PAPS_jp/status/1204633393956192258

ほうほう、電車の中で児童ポルノを見ていた、と。

身長でパッと見が未成年に見えるAV女優さんじゃない、とどこで確証を持ったのでしょう?

まさか、成人向け漫画電車内で読んでいるのを見て「児童ポルノ」と騒いでいるんじゃないですよね??

2019-12-09

anond:20191209205442

今よりよくなる確証なんか誰も持てないから、辛いよな

やってみなきゃ自組織マッチするかどうかはわからないし、マッチしなかったとしてその原因がやり方の問題なのか、組織との相性の問題なのかも誰も分からんしな

ただ業界時間の流れだけは確実に速くなってるから止まるわけにもいかん。

つれぇわ

2019-12-08

anond:20191208190330

そうだね。子供虐待死もほとんどが父親からの血のつながらない子供に対するものらしい。

あと母方の祖父母は孫を大事にするけど、父方の孫は比較するとそうでもないらしい。息子の子供が本当に血がつながっているという確証がないから。

2019-12-03

anond:20191203122738

だいたい、目を見ればわかる。

やられたらやり返すぞって、目をしている奴を攻撃するときは、こっちも反撃に備えないといけないから、

ちゃんと準備して本気で攻撃するし、逆に自分が勝てるという確証が無い限り滅多に攻撃はしない。

一方、目がおどおどして、逃げることしか考えておらず、反撃の可能性が低そうに見える奴には、

逃げ切られる前に致命傷を負わせる覚悟で、とにかく、速攻で攻撃する。先手必勝だ。

野生動物ですら、目と目が合ったときに、最初視線をそらしたほうが追われるハメになるのだから

これはあらゆる動物生得的な習性のように思う。

2019-11-19

道の名前が覚えられない

都会ってほとんどすべての道に名前があるじゃないですか。靖国通りとか昭和通りとか。あれが全く覚えられない。

覚えられないと行っても全く分からないわけではなく、○○通りはあの道かこの道かどっちかだなーってのはなんとなくわかる。

でもそれがどっちかなのかが確証が持てない。東京に住んですでに20年近くたつのに。

そのため、未だにタクシーで通り名で指示できない。

タクシーの運ちゃんも「○○通りからでいいですか?」とか聞いてくることがあるんだけど、いや・・・そんな事言われても・・・と返事に困る。

単に記憶力が弱いのかもしれないけど、記憶力が原因で困ったことはなかったし、学業無難にこなせてた。

思うに、田舎まれ田舎育ちの自分にとって、道に名前があるものとして育って来てないからじゃないかなーとかなんとなく考えている。

小さい頃に触れた道の名前なんて「県道」「国道」「バイパスしか無かったから、通り名を受け入れる体制が脳に出来てないんじゃないかと。

みんなはちゃんと道の名前覚えられてるの?

2019-11-16

ある意味では母系社会から父系社会に移行した理由も判るかもね

広告クレーム女性客観性より好き嫌い判断基準にする傾向が強い」という研究結果に注目集まる。「男性ホルモンが多いほど公平性高まる

https://togetter.com/li/1428231

社会はいかにして成立したのか

https://www.nagaitoshiya.com/ja/2003/bachofen-matriarchy/

古代社会はそれこそ人間と言う種の集団母系社会だったのに文明発祥後、暫くしてから父系社会に移行した理由を今のフェミを見ていると何となく察せられるのも皮肉以外何者でもないと思う。

しかし流石にこの男性ホルモン自体、まだトンでもっぽい胡散臭さもある様に感じるし、そこまで確証がないので、鵜呑みはできないけど、この説を見ていると確かにフェミフェミ以外の女性に対して、名誉男性等と言う蔑称を使うのも何となく察せられる気もするな。

ホルモンバランス関係男性ホルモンが多ければ、感情的ではなく、公平性、つまり論理的に行動ができると言う事はそれこそフェミから見れば、男性的であり、フェミからすれば、そんな女性女性ではないと言う事なのだうから

とりあえず追試のデータ待ちって所だね。

2019-11-11

anond:20191111144036

日常の謎系?

連作短編のほうが向いてるんじゃね。

現場検証関係者にひとりずつ話を聞く→聞き終わった時点で見当はついてるが証拠がない→もういちど現場に行って確証を得る→推理披露

くらいの流れが多いイメージ

そういう短編を3つ4つまとめると文庫一冊くらいの分量になる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん