「サブスクリプション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: サブスクリプションとは

2022-06-24

anond:20220624143433

実は、日本では平安時代に通い婚という、現代で言うサブスクリプション制度が実現していた時期があるんですね。

2022-06-16

マッチングアプリカジュアルに使う若年層が増えている気がする

 かくいう俺自身マッチングアプリ婚約者さんゲットした側なので(三十代後半だから自身はもうおっさんだけど)、咎めるとか嘆くとかではなくて、そういう時代なんだなってしみじみと感じている。ちなみに、時々関西弁が混じっているけど、故郷関西の某地方都市……ていうか京都なので、まあその辺踏まえて読んでくれればと思う。

 たとえば、先日に二人で夕食を一緒していたら背後の二十代と思しき女子4名のグループが何やら話していて、その中で「最近マッチングアプリ使って何人か会ってるんやけど、あんまり合わんのよね。一人とは付き合ってみたけど、なんか違う気がしたし」なんて言っている大人しそうな子が居た。ちなみに、女子グループとかカップルが安上がりなデートに使う、3000円でチーズフォンデュ食べ放題という感じのお店。しかも、話を切り出すにあたって、別に声を潜めるでもなく堂々としてるし、周りも「ふーん」って感じで聞いてるし、マッチングアプリを完全に「普通出会いの場」として認知してる感じのノリ。完全に余談だけど「なんで誘ったらいつも予定空いてるんやろうねー?」とその子不思議そうにしてたけど、きっとマッチングアプリ相手男子は合わせるために予定空けてるんじゃないかな?と心の中で突っ込んでいた。

 あと、俺から見て一つ向こうのテーブルに居た男二と女一(同じく二十代くらい)のグループで、今度は男子が「今度、マッチングアプリ出会った子と会う予定なんやけど、面倒くさいくなってさー」などと気怠そうにぼやいていた。婚約者さんは「なら、何故約束した」とボソっと突っ込んでたけど、やっぱり他二人は驚くでもなく普通話題として受け止めている感じが伺えた。

 他には、小学校の頃から付き合いがある女子と飲んだときに、「最近マッチングアプリ使ってるんやけど、なんかピンとくる人おらんのよね。つーか、写真もうちょいちゃんしろって奴多すぎやわ」みたいなことぼやかれたこともあったし、叔母の家に遊びに行ったときには、俺がマッチングアプリ相手をゲットしたことを以前に話したせいか、「知り合いの40代女性出会いなさ過ぎてマッチングアプリやろうか悩んでるのだけど、大丈夫か」と聞いてくるし。まあ叔母世代にしてみれば出会い系が一時期世間をにぎわせたのを知ってるから危険がないかとか知りたかったんだろうけど。

 20代の同僚もマッチングアプリ使って恋人作ろうとしてる人を二人は知ってるし、「出会いがないなら、マッチングアプリ使ってみればいいじゃない」という時代になってるのをひしひしと感じる。マッチングアプリといっても結局マッチングした後はメッセージのやり取りから始めなきゃいけないから、ある意味でのネットお見合い制度しか過ぎないし、料金も月額のサブスクリプション制だしで、始めやすいというのも大きいんだろうね。加えて女性場合は月額料金すら無料からさらに始めやすいはず。

 なお、マッチングアプリというのは(知らない人は誤解する人が多いんだけど)いわゆる昔からある「出会い系」とは完全に別者。何が違うかというとマッチングアプリは月額サブスクモデルで、しかも料金は男性側でも月額2000円前後で(アプリによって多少変わる)使い続けられるから、焦って出会おうとする人はそこまで多くない(どこにも変な人はいて、マッチングアプリでもすぐに連絡先交換しようとしたり、会おうとしたりする奴はいるけど、ブロックすれば終わりなので、リスク自体は「普通出会い」とそんなに変わらないし、そういう人の存在も知れ渡っている)。この辺、出会い系はメッセージ数に対して課金するモデルだし、身分証明書の提出とかもないから、マッチングアプリに比べるとだいぶ無法地帯

 ただ、マッチングアプリで結局今の人と出会えた自分が言うのも何なのだけど、現状のマッチングアプリは、まだまだうまいことマッチングさせるシステムが出来てない感じがするのよね。

 特に、今はどのアプリでも写真写りが「いいね」数の主要な決定要因になるし、じゃあ写真りあるいは顔が良ければそれだけで楽勝かというと、文章のやり取りをこまめにやらないと続かないし、実際に会うまでのハードルは案外高い。メッセージマメに返信できるタイプなら向いてるとはいえるんだけど、たぶんそういうのに向いてるのは自分みたいなIT系業種とか比較限定される気がするのよね。この辺、課金すれば仲人マッチングした二人の間に入ってくれて色々調整してくれるみたいなシステムがあるともっと良い感じになるのかなー、とかAIによるマッチング(一部アプリでは既にやってる)の精度をもっと高めればうまく出会える可能性が高まるんだろうかと最近考えたりしている。

 別に恋愛結婚が全てじゃないけど、俺も含めて多くの人は本質的には寂しがり屋だと思っているんよね。これはコロナ禍で実感せざるを得なくなった人多いんじゃなかろうか。しかし、友人という関係だと寂しさを解消するには足りないから結局、恋人夫婦というより(実質的な)強制力が高い関係を望む人が多いんだろう。本音を言うと、別に友人同士での恋愛とかなしでのパートナーシップみたいなのはあってもいいんじゃなかろうかと思うけど、政策的には実行しづらいだろうし、恋愛の延長線上にパートナーがあって欲しい層がまだまだ多数派だろうから、その辺マッチングアプリとかがいい感じに機能してくれるといいんだけど。

 なんでこんなことを書いたかというと、数日前に20代男性/女性交際経験率がどうとかいうのがツイッター話題になってたから。「恋愛とか手間かかって面倒くさいし、振られるのも怖いし」みたいなリスク回避志向があの辺のデータ本質ではなかろうかと個人的には思ってるけど(下手したら彼女と遊ぶより楽しい娯楽も溢れてるしね)、とはいえいい人と出会えるなら出会いたいってのもおそらく本音のはず。で、なんかよい解決策をよく考えるのだけど、現状だと「疑似お見合いシステムの復活」が一番いいんじゃないだろうか。

 非モテだのモテだの、怨念嘲笑対立が渦巻く世界は元々好きじゃなかったし、そういう煽り合いでさらに不幸(女性に過剰に怯える男性が増えてるっぽかったり、男性に過度に警戒心を抱く女性が増えてるっぽい状況)が再生産される状況とか見てるのも好きじゃない。だから、そういうシステムの力を借りてでも、できるだけ多くの人がいい相手見つけられた方がいいのかなあとは切に願うばかり。

2022-06-08

スゴイいいこと思い付いたんだけど

牛丼屋さんとか1ヶ月食べ放題の牛丼のサブスクとかやったらいいのでは?と思う。

毎日牛丼安定的に食べられて、

お客さま側もお店側もウインウインなんじゃないだろうか?

意外と食べ物サブスクリプションサービスは一切無いよね。

割りに見合った価格だったら、

案外みんな食べ物のサブスクもやってくれそうなものだよね?

牛丼サブスクあったらいいと思う。

2022-06-04

anond:20220604194732

Apple Musicみたいに、1つのサブスクリプションで多数の有料記事が楽しめたらなって妄想してたところ。

登録フォーム個人情報書いてメールを開いて本登録リンクを踏んで財布出してクレカ情報登録してって、クソめんどくさいわ。

2022-05-28

スゴイいいこと思い付いたんだけど

サブスクリプションサブスクリプションってあったら便利なんじゃない?

例えば、このサブスクに入ると好きな3つのサブスクに入れます!みたいな。

サブスク3つコースとか

サブスク5つコースとか、

サブスク反乱してるので、

動画見るサイトのサブスクをまとめるサブスク結構マジで欲しいんだよね。

多少なりとも割引があれば、

サービスともウインウインなんじゃね?

まとめる方も楽だし。

サブスクのサブスクはこれから実際出てくると思うし、

出すなら早く今がチャンスだと思うよ。

2022-05-16

アップグレードサブスクリプション有効期限が切れました!

今すぐ、アップグレードサブスクリプションの購入を開始してください。

ワンタイムオファー:今なら45%引きで購入できます

anond:20220516121922

2022-05-13

Twitterアダルトアカウントの商材の傾向

Twitterアダルトアカウント販売している写真動画を色々見ていて、傾向がわかってきた。

まず前提知識として、販売されるアダルト商品は主にサブスクリプション販売される。(そうでないものもある)

男性販売しているアダルト商品自分女性の性行為を記録したもので、価格は月1980円くらい。

これに対して女性販売しているアダルト商品乳首すら見せない自撮り動画像で月4000〜6000円。

メイン顧客である男性にとってどちらが魅力的なアダルト商品なのかは一目瞭然で、男性販売しているアダルト商品だろう。

それでもなお、女性販売しているアダルト商品を買う男性がなぜ存在するかというと、モデルとなっている女性が自ら販売しているという点だろう。

まり信者ビジネスである

さらに言えば、一握りの女性販売者を除いて、そんなものを買う人数なんてたかが知れてるわけで、そのごく少数の男性顧客にとっては、アダルト商品を買うことによって販売者の女性認知されたい、つまりワンチャン狙いというわけだ。

そんなこととは露知らず、わずかな顧客のためにあの手この手乳首を隠し、少ない売上を補うために価格釣り上げ、直結を狙う顧客リップサービスを真に受けて定職もつかずにせっせと自撮りを撮るのである

地獄である

2022-04-26

生理用品代もそうだけど化粧代もやばいんじゃないの

月3000円サブスクリプション払ってるようなものでしょ

2022-04-24

あー何でバッシングされてるか理解できた

事実上分割購入のPCサブスクリプション喧伝してるから

それなら民間人バッシングで済めばいい方で、悪い方なら行政指導あるわ

2022-04-15

電子書籍に全部変わったとして、漫画セール品以外売れるのか?

売れているジャンル漫画ですら、1巻無料にして、2巻以降だったり、原作小説価格を上げるといったことをしないといけなくなっている。

1巻無料の数はそれなりにあり、人を集めるための広告役割を担っているわけだが、サーバー台はかかるわけで、他の販売価格に上乗せされる。


漫画以外だと、立ち読み機能があったとしても、目次と最初数ページ、目録くらいしか読めず、ほぼジャケ買いに近い。

セール品は売れるだろうが、それは期間限定から、ハズレでもある程度許容できるという心理があるはずだ。


電子書籍に全部変わったとして、漫画以外売れるのだろうか?

じゃあサブスクリプションはどうかというと、

ロングテールとか言われていたが、それは例外からニュースバリューがあったのであって、

実際は新作しか売れないし、しかも消費できないくらい新作を投入し続けないとサブスクリプションは成立しない。


動画で稼いでいる少数の人はネタとして買うだろうが、それくらいじゃないか

もう知識を残すとか、そういうのは成立しなくなる気がしているがどうだろうか。

2022-04-02

一時期とてもよくlo-fiヒップホップを聴いていたからか、今でもAppleMusicとSpotifyがそのジャンルのニューリリースをしきりにサジェストしてくる。でも今は聞き飽きてしまっていて、あんまりチェックする気もない。あんまりチェックしなくても、サジェストはされ続ける。きっとあのジャンルではリリース速度が早い。シングルでどんどんリリースされるから毎日のようにニューリリースが届けられる。サブスクリプション時代には向いているスタイルだ。

2022-03-31

ワンストップでのサポート力が強み

 まずは、日立サーバーでのWindows Server 2022への対応からお聞きした。

木村サーバーにはHA8000VとRV3000の2ラインアップがあります。HA8000VがPCサーバーで、汎用的なサーバーとして、エントリー向けや、HCI、VDIのソリューションなど、いろいろな用途で使われています。RV3000はミッションクリティカル向けです。Windows Server 2022のプレインストール対応は、HA8000Vの全機種で2022年5月を予定しています

日立サーバー製品ラインアップ

Windowsサーバー市場における日立の強みとして、木村氏は、サポート力を挙げる。

木村日立は長年に渡ってプラットフォーム製品の開発を行ってきました。作ってきたからこそ、中身がわかっている技術力があります。できることとできないことを技術者がわかっているので、障害が起きたときや問い合わせのときに、お客様事実真摯に伝え、重大な不具合があっても技術力で解決に向けていきます。何かあったとき問題たらい回しにせず、技術力をコアにしてしっかり対応するサポート力が強みです。

 こうした日立DNAを結実させたサポート商品が「日立サポート360」だ。通常はサーバーハードウェアからOSソフトウェアなどは、それぞれと契約し、サポートを受けることになる。日立サポート360ではこれらをワンストップで受け付け、支援することができる。

広瀬: 窓口が1つになるというのは他社でもありますが、そういう表面的な話だけではなく、複合的な力で問題解決支援にあたれるのが真の価値です。内部で、サーバーからOS日立ミドルウェア、導入ミドルウェアなど、いろいろな製品部門連携がすごく濃密にされているからこそ、複合的な力で問題解決にあたれます。これが本当のワンストップ意味です。

ワンストップサポート体制

 この日立サポート360Windows Server 2022のサポートにも対応する。日立では、長年のサポート実績により蓄積された技術力により高い自社解決率を誇るという。自社解決率が高ければ、それだけパートナーへのエスカレーションが減るわけで、短期間でのトラブル解決が期待できることになる。

日立ハイブリッドクラウドソリューション「EverFlex from Hitachi

 木村氏は、日立ハイブリッドクラウド戦略としてEverFlex from Hitachi (以下、EverFlex)ソリューション説明した。EverFlexは2021年10月クラウドとのデータ連携ソリューションとして始まり2022年2月ハイブリッドクラウドソリューションとして強化された。

木村お客様オンプレミスパブリッククラウドを使うときに、最適なシステム設計にして、コスト最適化していきますハイブリッドクラウドの導入には事前にアセスメントコンサルティングを行うことが大切です。なぜなら、パブリッククラウドを導入することで負担が減るかと思われがちなのですが、ハイブリッド化されることで負担が増えることがあるからです。

 EverFlexの特徴の中でも特にクラウドライクなサービス提供」について木村氏は紹介した。

木村ハイブリッドクラウドになると保守運用煩雑になりますパブリッククラウドオンプレミスの両方を管理しなくてはならないため、システム管理において両方のノウハウ必要になります。このため保守運用フェーズにおいて簡単化されずコスト最適化課題となってきます。それを避けるために、共通化するニーズに応えるようにいろいろと工夫しています

ハイブリッドクラウドソリューションEverFlex from Hitachi

 まず、問い合わせをワンストップ化したり、運用管理を1つのツールで一元化したりすることで、顧客負担を軽減する。

 プラットフォームにおいては、オンプレミスからクラウド接続可能にしてシームレスにお互いやりとりできるOSが各社ある。Windows Server 2022はまさにそれを特徴としており、同じくAzure Stack HCIも選択肢に入る。

 さらに、支払い/利用形態についても、オンプレミスでも売り切りだけでなくフィー型も採用する。こうしたEverFlexの中でWindows Server 2022のユースケース木村氏は2つ挙げた。

 1つめは、運用管理簡単化の部分で、Azure Portalからオンプレミス管理できる機能の強化だ。

木村オンプレミスエージェントを入れておけば、管理者がAzure Portalだけをさわって、オンプレミスリソースイベント管理も全て一元化できます。これに期待しています

 もう1つはセキュリティの強化だ。

木村ハイブリッド化が進むと、両方の基盤をネットワーク接続することになります。従来には存在していなかった接続となるため、その部分でセキュリティの強化も進めなければなりません。そこでWindows Server 2022では、Secured-core ServerによってOSのものセキュリティレベルが上がっていますTPMと連動する機能によってハードからOSレイヤーを守り、マルチレイヤーセキュリティを強化しています

Windows Server 2022のユースケース

 そのほかにクラウドライクの取り組みとして2つを木村氏は紹介した。

 1つめは「サーバ予備リソース提供サービス」。サーバーを余分に設置し、支払いは電源を入れて使った月だけ発生するというサービスだ。

木村: 迅速でタイムリーリソースを増強したいときに、クラウドなら自由構成を変えられます。それをオンプレミスでもできるようにします。クラウドではインスタンス単位となり、ハードウェア構成メニューの中から選択することになりますが、オンプレミスでは構成自由に組む事ができます。まずHCIソリューションから開始しましたが、2022年4月からはそれ以外にも拡大する予定です。

サーバ予備リソース提供サービス

 もう1つが「ハードウェア安定稼働支援サービス」。オンプレミス環境サーバー運用管理を省力化するものだ。

木村: 旧来の保守では、ファームウェアバージョンアップがあると、技術的にどういう影響があるかを確認して、その都度適用するかどうかを判断する必要がありました。それを提供元が判断するのがこのサービスです。お客様機器を弊社で管理して、ファームウェアの推奨バージョンの選定や、更新作業などを一括でやります

ハードウェア安定稼働支援サービス

サブスクリプションに力を入れる

 日立のこれからの注力分野について木村氏は、サブスクリプションに力を入れていくと語った。

木村: 全社的な方針で、サブスクリプションに力を入れていきますクラウド化で初期投資をおさえるニーズと同時に、オンプレミスも求められています。そうしたお客様ニーズにアラインしていきます

 サブスクリプションクラウドライクなサービス管理簡単にして顧客企業コストを抑えることで、究極的な目的はその先のDXだと木村氏は語る。

木村既存プラットフォームコスト最適化させ、浮かせた費用を新たな投資先として、AIEdge活用する新たなデジタルソリューション領域に向けていくことを支援していきたいと考えています

 そのために木村氏は、よりハイブリッドで使いやすいようなライセンス体系をマイクロソフトに期待している。

木村: 今後ハイブリッド化が進むと、繁忙期にリソース拡張するといったこともあります。そのときライセンスが、オンプレミスオンプレミスで買って、AzureAzure課金してと、ハイブリッドで使いづらい体系になっています。将来的にライセンス体系を統一するなど、両方の基盤で使えるような体系になることを期待しています

 また、Azure Portalからオンプレミス管理できる機能についても、さらなる強化を木村氏は期待する。

木村Azure Portalから管理できる範囲に限りがありますOSから上のリソースイベント監視できるのですが、ハードウェアの死活監視や電源管理などは対応していないため、JP1やその他のツールなど、複数ツールを使いこなす必要があります。それらの管理ツールが乱立してしまうと、また管理の手間が増えてしまう。こういったことをオンプレツールか、Portal側で統一することも期待したいところです。

2022-03-30

anond:20220330142023

そういうのを楽しみたい人もいるとは思うんだけど、俺はあまり楽しめないかな。

からアニメの特典とかがあんまり魅力的にならないんだよね。

楽しめたコンテンツに対して報いたいときは豪華版買うけど別に特典はいらない、って事が結構ある。

サブスクリプションサービスなんかで、何度も消費すれば視聴回数に応じてコンテンツに金が回るってんなら

そっちの方が制作側に対して末永く報いるにはいいのかもしれないとも思う。

実際にそういう契約なのかどうかは知らんけど。

2022-03-25

スマホサブスクリプション契約iPhoneじゃなくてAndroid端末にこそ必要

パッチの出る期間が驚くほど短い殆どAndroid端末の方が継続的に端末変える需要大きいと思うんだが。

というか、こういうのMNOとかMVNOがやればいいのにね。

ハイエンドまで含めた幅広い端末から切替先を選べる高額プラン、ミドルレンジまでに制限したプラン

ローエンドのみに絞った低額プラン、ぐらいに分けて、それぞれ半年に1回ぐらい選択対象端末の見直しするとかすれば

発売からそんなに時間たってない端末をゴミみたいな値段で投げ売りする必要がなくなりはしなくとも減りはするんじゃない?

通信サービスプランと紐付けるとまた総務省がグズグズ文句言ってくるから、端末のみのサービスに切り分けてさ。

2022-03-15

OfficeとMicrosoft365の違い

Officeとは、Microsoftアカウント利用できるWebサービス群の総称

Microsoft365とは、ローカルで利用できるWordExcelなどのサブスクリプション

そこまでは良い。

 

問題ローカルで利用できるWordExcelの永続ライセンス名称Office Home Businessであること。また、OfficeWebページにある「Officeインストール」が何かわからない。

Officeインストール」はおそらく、ローカルWordExcelなどを一定期間利用できるが使い続けたいならMicrosoft365に加入しろということだと思う。ただし、その説明はどこにも書いていない。つまり詐欺

2022-03-13

ヤフー株式会社退職しました

新卒入社して約4年務めたヤフー株式会社退職しました。

ヤフーショッピング周りでバックエンド開発運用に携わっていました。

退職理由はいくつかありました。

低い給料

ヤフー給料IT業界でも低いことで有名です。

https://opensalary.jp/companies

このサイト結構優秀で、他の企業に在籍している知り合いの話を聞いている限りでは、概ね現実と近い分布になっていると思っています

ヤフーを見ると、2022年3月現在での平均年収は650万円ほどになっており、名の知れたIT企業群と比較しても給与水準が低いことが分かります

有価証券報告書を参考にした平均年収を紹介しているサイトもありますが、そこだとヤフー年収2018年までは750万円、2019年からは1000万円ほどになっています。これはヤフーがZホールディングスという持ち株会社に移行したためで、経営陣が多いZホールディングス有価証券報告書の平均年収が高くなってしまっています。残念ながら、現状は上のサイトくらいの年収レンジです。持ち株会社したことで、見かけ上の平均年収が上がったわけですが、こういうセコイ対外アピールをするような会社ってことです。

経営陣は、ヤフー世界リードするテック企業特にAI分野に力を入れていく!などと株主総会などで豪語していますが、世界トップIT企業給与水準比較しても半分以下です。給与が低く、特に若手で優秀なエンジニアがどんどん抜けてしまうことが現場レベル社員で常に課題として感じられていました。

そういった話がずーーーーっと出ているんですが、全く改善の話が出てきません。経営陣は何を考えているんですかね。

ごくまれ待遇について変更がなされるのですが、

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2201/12/news105.html

例えばこんな感じで的外れな感じなってしまっているのが現状です。

ニュース見出しには「LINEメルカリに対抗!」などと書いてありますよね。

「いや、あんたたち世界で戦える企業にするんじゃなかったの?なんで日本企業と比べてるの??しかLINEって同グループだよね??」と思った記憶があります。まあ国内同業種に比べても肝心の給料が対抗できてませんしどうでもいいのですが。。

大企業にしては将来を楽観できるほどの給料は出ないです。昇給も少ないので長期的に働くモチベーションも上がりにくいです。

日本に特化しすぎたサービス、ビミョウな事業内容

上で書いたことに関連しますが、経営陣がビミョウだな、パッとしないなと常々感じていました。

身近な社員の声すら聞くことのできない経営層が、ユーザの声を聴いてより良いサービスを展開できるのでしょうか。私はそう思いません。

ヤフコメが荒れたらコメント欄非表示にしたり、新しい決済事業を始めたと思ったらバーコード決済というイマイチ選択をしたり。ヤフーサービスってある程度は便利ですけど、生活必須までにはなっていない。弱い部分だと思います

また残念ながら、ヤフーサービス日本国内限定されており(これはヤフー設立経緯に理由がありますが)、グローバルな展開をしていないのが現状です。

そのため、強力な海外企業との競争さらされることもなく、日本国内というぬるま湯事業環境に入り浸っています

まり面白い事業に関わるチャンスは少ないと感じています


ヤフー親会社であるZホールディングススは、LINE統合を足掛けに海外展開(おもに東アジア)を目論んでいますが、

海外展開されるのはヤフーではなくLINEブランドの方で、ヤフーにいる限りはグローバルな事業に関わることはなさそうでした。

ITの良いところに、世界のどこにでもサービス展開が容易なところがあり、他業種に比べると世界で戦いやす業界なのですが、ヤフーにいる限りはそういったことは出来ないでしょうし、このまま国内のパッとしない会社であり続けるでしょう。

名ばかりユーザファースト

新卒入社すると、まず新卒研修があります

https://anond.hatelabo.jp/20190407192318

こんな感じで虚無研修なのは事実ですが、その中で「ヤフーユーザファースト!!」としきりに言われました。

一方で、こんなリリースが出てました。

https://privacy.yahoo.co.jp/notice/globalaccess.html

EUからヤフーへのサービスが利用できなくなるのですが、それ自体ちょっとアレな判断だと思う上に

Q. 利用中の有料サービスがある場合はどうすればよいですか?

A. EEAおよびイギリスからのみご利用のお客様4月の利用料金が発生する前に、停止や解約などの設定を忘れずにお願いいたします。お手続きについては該当サービスのお知らせやヘルプをご確認ください。

サブスクリプション(月額利用など)のサービスは、EEAおよびイギリス滞在されご利用ができない時間が発生しても当該期間(月定額なら該当月分の利用料金)のお支払いとなりますのでご注意ください。


だそうです。ユーザファーストって何ですかね。

…というのが私がヤフーを辞めたくなった理由です。繰り返しですが、一番の理由給料が低かったことです。2番目は事業がビミョウだったことです。

もしヤフーへの就職を考えているのであれば、似た事業を持っているのLINEとかメルカリかに入る方が良いかなーって思います待遇も良いですし。今ではLINEも同じグループ会社ですが笑

とはいえヤフーにも良いところはあります

完全在宅勤務OK

コロナ流行を受けて、ヤフーは完全在宅勤務になりました。大企業で完全在宅勤務を実施している企業は少ないです。

2020年3月から会社には片手で数えるほどしか会社に行ってません。出勤がないのは非常に楽です。

また、全国どこでも住んでOKというように制度が変わってきているので、子育てタイミング地方移住するといった働き方もでき、柔軟に人生設計ができることは魅力の一つです。ワークライフバランス日本一だと思います。もしかすると世界でもトップクラスに良い労働環境かもしれません。

田舎のんびり暮らしつつ、リモート都内水準の給与をもらって生活する、というのも良いかもしれません。薄給ホワイトって奴ですね。

ネームバリューがそこそこある

海外でのネームバリューはありませんが(大本の米ヤフーは買収されました)、国内ではトップ地位を守っています

エンジニアとしての最初ステップヤフーから始めるのは、その後のキャリアを考えても悪くない選択肢だと思います

技術力もある

優秀なエンジニアが集まっている会社ですし、技術力もあります。私はプログラミング経験があった状態入社しましたが、業務を通じて学ぶことは沢山ありました。3年半で自分スキルも伸ばせました。

就活の時にベンチャーに行くか大手IT系に行くかで迷っていたのですが、この点はヤフー入社して良かったと考えています

たここ数年はアンナプルナという社内プロジェクトのおかげで開発コスト運用コストが下がり、開発に関するストレスが激減しました。今後はその恩恵サービスの質などにも現れてくる、はず…。(それに加えてパッとしない事業計画を何とかしてほしい)

まとめ

私としては、ヤフー新卒で入って数年間は社内でスキルを磨き、その後良い待遇会社転職するのが良いプランだと思いました。長く居続けるのはあまり良くない、というか待遇が悪すぎるし事業内容も面白くないし私のようにすぐに辞めたくなるでしょう。

良いところも悪いところもありましたが、私には悪いところが多く見えて働き続けるモチベーションも下がったため、転職することにしました。

ですが、社内には本当に素晴らしい方達が多くいますし、なんだかんだ国内では影響力のある会社です。日本インターネット黎明期を引っ張ってきた会社でもありますヤフーという会社が今後良くなっていくことを願うばかりです。

2022-03-09

CD処分するべきでなかった

CDPCダウンロードして

mp3で聞いてたけど

アイフォーンでは聞けない

itunesで変換しても)

iTunesストアで必要な曲を購入・決裁しても

ダウンロードできませんになる・・・


4Gでも家のWIFIでもダメなんや・・・


CDMDに移したり捨てなければよかったなあ


みんなサブスクリプションだろうけど、

1曲を繰り返し聞かないとカラオケで歌える程度まで覚えられないのや

2022-02-19

ソフトサブスクリプション制って会社都合すぎて歪んで来てると思うんだよね

ユーザー側のメリットとして、常に新しい機能が使えるっていうけど、

追加される機能自分とは違うなとか、こんな機能いらねってのがある。

あるというか多くなっている。

買い切りサブスクリプションの両方選択肢になっているならいいけど、サブスクリプションだけってのが多い。

2022-02-12

定額サービスねwwwwwwwww

サブスクリプションだのサブスクってやつさぁ

今更そういう言葉はもういいからwwwww

インターネット接続契約はなんて言う?wwwwwwwwww

定額サービスって言うよねwwwwwwwww

インターネットサブスクリプションなんて言わないよねwwwwwwwwww

はーいはい論破wwwwwwwwwwww

いい?wwwww

これからは定額サービスって言おうねwwwwww

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん