「集合知」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 集合知とは

2022-05-17

ギャンブルで勝つ→勝ち分ネコババして日本ゆっくり暮らす ギャンブルで負ける→返せませんで終わらせて過ごす

とりあえず2倍目指すとして勝率が30%程度だとしても諦めて返すよりは遥かに期待値が高いな。

もしも4億6000万ならサッサと夜逃げして飛び回るのが正解なんだろうけど4600万だと逃げ回るストレスを考えると厳しいな。

64歳年金未納者とかならまだしも。

ギャンブルで雑に増やそうとしたって話聞いて「本気で言ってるなら頭のおかし愚か者だぜ」「夜逃げでいいだろwww」とノータイムで虫みたいな無条件反射かましてくるだけの人よりはよく考えられた行動だと思う。

当事者ってやっぱソイツの人生の中を本気で生きてんだな。

外野ニュース読んで5秒で考えるようなことはもうとっくに考えてるんだと思う。

なーんかあれだなーネットにいるとニュースに出るような奴は皆頭悪くて集合知の俺たちが正しい判断してると思い込みがちだが、ぶっちゃけ多くの場合は俺たちの方が考えなしに適当なコト言ってんだろうな

ゆっくり茶番劇一般人法律について知識を深めるというリスク

「何かを学び、知見を深めるのは良い事である」というのは勘違いだ。

端的に言って、一般人著作権に詳しくなるというのは世の中にとって良い状態ではない。

というかマイナスなんだよね。ミクロの話ではなくマクロの話な。

まあ、まず正しい情報の選別ってのが一般人には出来ない。

もう聞き飽きただろうがエコーチェンバーな。

人間自分に都合のいい情報だけを集める。これはもうどうあっても逆らえない。

一般人は例えば弁護士Aと弁護士Bが「この場合はこうです」と言って、その内容が食い違っていた場合、必ず自分にとって都合のいい意見採用する。

そもそもが、正しい法律知識を学べない。

実はこれは良い状態なんだ。

一番良い状態=「なんとなく犯罪っぽいことは知識がないのでやらない状態」なんだよね。

実は法律って結構ガバガバというか、あえて恣意的運用が出来るように、良く言うならば自由度が高く柔軟に作ってあるのよ。

構造上、ファジーな部分がある。だから結構網目をすり抜けようと思えばすり抜けられるんだよね。

で、ぶっちゃけ法律知識ってのは要は「ここまでは罪になりません」ってことを知ることになるわけよ。

これってつまり治安が低下するんだよね。

著作権ってのはかなり、この悪影響を受けている分野だと言われている。まあ、大体同人誌周りのせいなんだが。(その手の法律勉強してる人達は「実態法律が噛み合ってねえ~」って一度は頭を悩ませたことだろ)

スピード違反だって厳密には違法行為だけど、ぶっちゃけほとんどの人は守ってないわけじゃん。

それって知識のせいなんだよね。「この程度なら捕まらない」「あの辺はネズミ捕りがあるから避ければいい」とかね。

仮にそういう知識が全くなければ、多分世の中からスピード違反は随分減ると思うよ。

世の中に知識が広まれば広まるほど、モラルは低下する。

何で日本暴動が起きないんだと思う?それは実は「暴動ノウハウがない」からなんだよ。決して民度が高いからじゃない。「この程度の犯罪をどの場所でどの程度の人数でやれば捕まりにくいな」っていう経験値が足りないだけ。

逆に、同人誌とかは、かなりノウハウあるのわかるっしょ?「この程度のことをここで公開する分には捕まらねえよ、まず」って知識がやたらと共有されている。

からある種のグレーな状況が維持できてるわけだ。

で、冒頭の話に戻るんだけれど。

ゆっくり茶番劇の件って、要するに『商標登録ってこんな簡単に人の褌で相撲取れるんや!』ってみんなで拡散しあってるんだよね。

ニュース番組空き巣の手口や車泥棒の手口を事細かに解説すんなよ、とかそういうレベルの話なんだ。

「こうこうこういう理由で、ゆっくり茶番劇の件、あいつは違法行為をしている!」って、裏を返すと「その部分以外は違法じゃない」ってみんなで採点をしているに等しいんだよね。

何が怖いって、今回の件で一番得してるのって多分当事者以外の商標ゴロ(新規)なんだよ。だってすげえ人数で今回の商業登録案件クロスレビューをしてくれてんだもん。ほとぼり冷めたらその知識経験もっとあくどいことができるわけじゃん。

集合知って素晴らしいねホントに。(本当のゴロはもう理論武装してるから法改正だのされそうなことすんなよ馬鹿、と思ってるけどね)

ぶっちゃけ、世の中の人法律について学ばない方がいいよ。

実は、悪い事だけど捕まらないだとか、捕まっても大したことないとか、そういう例っていっぱいあるんだよね。だからヤクザとか半グレの上の方はちゃん法律を学んでるわけよ。

学ぶとね、「これって悪い事だったんだ!やめよう!」なんてことにはならないよ。

「ああなんだ、これってやっても大丈夫なんだ」って事の方が多いから。法律って。一般人がみんな法律専門家になってみろ。大変なことになる。「大衆無知こそがモラルを守ってたんだ」とアメリカの某弁護士ドラマでも言ってただろ。

みんなが、自分にどういう権利が与えられているかなんて理解すると、必ず運用でめんどくさいことになるんだ。

で、そのめんどくささはサービス受け手であるみんなに逆に降りかかってくるよ。絶対。単純にコストが増大するからね。

からみんな、今すぐ法律を学ぶのをやめよう。全体のことを考えると、マジで迷惑

今回の件は手遅れだけどね。

2022-05-03

いい加減に使う奴が多すぎて、本来意味が薄れつつある専門用語

共感性羞恥

本来意味:人が恥をかくシーンを見て自分も恥ずかしくなる、という感覚

特に恥をかいてない相手にも「共感性羞恥ヤバい」と言うようになった。

自分から見て恥ずかしいと思ったコメントには、単に「恥ずかしい」「見苦しい」と言えばいい。

集合知

本来意味:たくさんの人の知性を集めると、より優れた知性が登場する

お客様の中にお医者はいらっしゃいますか?」と聞いて医者を呼ぶ方法ではない。

ゲーム脳

本来意味ゲームしすぎると頭が悪くなり、認知症に似た状態になる(※似非科学

FPSをやりすぎて日常でも「あの角に敵が潜んでる?」と考えてしまう、という話ではない。

本来意味で使ってる奴はほとんど見ず、「なんでもゲームで例える人」「攻撃的な人」の意味流通している。

2022-04-24

anond:20220424201338

集合知のあつまる日本の知の最先端


すごく集合知が集まってそうな表現で好き

anond:20220424200757

わかる。

増田こそ集合知のあつまる日本の知の最先端

それに比べれば、はてブは異常者の隔離病棟

はてブ増田を見習って、100文字制限撤廃匿名化、連投解禁をして、クソの投げ合いを活性化すべき。

2022-04-16

今日ネットびとが騒いでおるな……」

眼の前の翁は憂いを帯びた目でディスプレイを見つめながらコーヒーをすする。

「わざわざ言わなくても、そんなのいつものことでしょう。インターネットなんて有象無象罵詈雑言を浴びせ合うつまらない場所です」

「昔はそうでもなかったのだよ」

翁はゆっくりと首を振り、そしてため息を吐いた。

集合知web2.0といった言葉が持て囃され、ゲーム2chまとめwikiは充実し、数々の名コピペブログ記事が日々刻々と生み出されていた。

今の腐海に沈んだインターネットしかたことのない君には信じてもらえぬだろが、かつてのこの場所は、殺伐としながらも輝きに満ちた場所であったのだ」

「とてもじゃないですが信じられませんね」

アーカイブすら失われた今となっては、それを証明する手段もない。仕方のないことだ」

翁はコーヒーを淹れてくると言って席を立ち、後には俺だけが残された。

集合知? 輝きに満ちた場所? バカバカしい。

検索結果はゴミのような記事汚染され、人々は争いを求め、自分こそが正義でありお前らは悪なのだ糾弾しているばかりの、踏み潰された犬の糞のような日常

人間本質の片鱗が表出せずにはいられない場所、それがインターネットだ。

いや、たしかに中には人格者もいるだろうが、それは大多数の愚かで醜悪で、かつ自分がそうである認識できない、そんな救いがたい人間たちの濁流に飲まれしまう。

私はコーヒーカップの縁をなぞりながら、自分はあのような人間共のようには絶対にならない、と思いを新たにする。

やがて戻ってきた翁は、空になっていた私のカップに素晴らしい香りのするコーヒーを淹れてくれた。

翁の手で挽かれドリップされたものだ。

ああ、願わくばインターネットなどには関わらず、いつまでもこのような穏やかな日常を過ごしたいものだ。

しかし、そのような日常を私に提供してくれる翁もまたインターネットからまれ存在ということも事実なのである

その矛盾に私は目をつむる。

愚かでもダブルスタンダードでも構わない。ただ穏やかに、安逸な日々を送れさえすれば、それで十分なのだから

2022-03-20

anond:20220319212947

フェミお気持ち分析をすると

●異性としての魅力がない弱者(格下)がビジネス経済的優遇(格上扱い)されていることが許せない

ぽいんだよね。

要素別にみれば、

組織集合知の結果で選定される、組織機能支配的影響を与える人材に男が多いこと

●その他の大半の男は上記人材とのコミュニケーションコストが低い、いわば組織サービス業として評価されていること

上記した男性の重用プロセス性的魅力は寄与しないこと

こんなこと一瞬で理解できるはずなのにね。

(なお常識だけどサービス業労働付加価値は周囲の生産性に強く依存する。)

人は衝動的な感情支配されている時に対象ひとつ物差しで測る傾向があるけど、フェミはその傾向が特に強い。

なお、一般論としてこの行動様式自体は一概にデメリットばかりではなく、愛(ここでは欠点すら愛おしく感じること)の由来でもあり人々の集団生活寄与してきた一面もある(緊急性の高い状況で損得を素早く判断することに優れる)が、当然万能ではなく特にワイルドカード的な処理(次の茸が致死性の毒を持つ場合)には向いていない。

崖の上で蝶を追いかけることには恐怖という機構制限をかける一方で、女性男性を選別する場合については衝動的な判断が許されてきた。なぜなら良い男を掴むことも悪い男を掴むことも自身と子孫の生存に致命的ではなく、そもそも良い男は環境的な選別に生き残る(遠征で死なず成果を持って帰ってくれば良い男である)ことでバイアスがかかっているため女性が良い男を見抜く能力はそれほど重要ではなかったから。

とはいえ過去においては上記が正しかったとして、現代においてはどうだろうか?

男への環境的選別は文明の進展に伴い減少し、かつてはその悪影響を無視できるほどであった悪い男家庭内暴挙自身とその子孫の生活に致命的である考える人も既に多い。

既に、異性を選別する決断衝動判断に基づくべきでないとする変化は起こりつつある。その時に異性選別において衝動的な判断を是とする人はどのような扱いを受けるだろうか?集合知はどう振舞うだろうか?今はまだ本当の弱者は分からない。淘汰されてからでなければ。

2022-03-07

マスゴミのせいで、全ての男が貶められている

 テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 良く外国人の反応でも、日本テレビは、たまに見ると番組ゴミ過ぎてCMが一番面白い、みたいな話たくさんある。

 殆ど見ないテレビをふと見たら、結局、番組自体低俗すぎてウンザリさせられて、何億もかけたCM映像の時だけが少し面白くなる。

 それで印象に残る。

 テレビはその効果を狙い、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 男性番組視聴者を、誹謗中傷犯にしたリアリティ番組や、アニメ特撮などのテレビ番組を好むオタク差別するよう煽ったのも、そのためにやられたのだ。

 「俺らの番組を見てるやつらは、煽りまくって誹謗中傷犯にしたり、犯罪予備軍レッテルを貼って社会から排除してやるwww俺らテレビを見てる奴らに、俺らが何しようが勝手だろwww」ってこと。

 実際は、こいつらは国民財産である電波政府から特権的に与えられてる公共機関であり、そんな理屈が通るなら、日本に住んでいる限り、日本人や日本政府に何をされても文句は言えない、ということになるが。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 テレビに出てくるヒーローイケメンは、全てこのことを知りながら広告費を払っている大企業マスゴミ幹部政治家官僚たちの青年期や息子などの自己投影像であり、そうした腐れゴキブリどもは、女子供にとても都合の良い存在だと錯覚させ、コンテンツ自体は彼ら自身にも糞ほども面白くないが、恋愛市場で優位に立つためのプロパガンダだ。

 このことを知らないスポンサーは、ただ自分たちのことをボロクソに貶める連中に大金を支払っているだけ。

 精々連中が見せたいのはニュースだけで、ニュースのように世論操作するプロパガンダ以外のあらゆる娯楽やコンテンツを、日本男性から奪おうとしている。

 逆に言えば、そうやってニュースという真のプロパガンダさえ見て洗脳されているなら、他の娯楽という洗脳装置を見せてやる必要などない、というわけだ。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 そいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、全てが下劣エリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 なぜなら、連中のトップにはローマ教会が居て、その真の目的は、少子化させ、労働力のために移民を送り込んで、直接統治することだからだ。

 吉田茂から安部麻生まで、自民党の中心はカトリック信者であり、連中が全ての主犯なのは明らかだ。

 まあ、ローマ直接統治が実現すれば、こんな現地貴族などただの邪魔者しかならないわけで、連中は自分たちの手で、自分たちの首を絞める縄を拵えているわけだ。

 そしてオタクがまた叩かれ出すと、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない存在だとバレてしまったのに、である

 日本の男は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 こいつらのせいで、少子化して、外国人労働者を奴隷にしようと輸入するわけだが、そうして入ったベトナム人たちは逃げ出し、群馬なんかに行って泥棒して暮らしている。

 群馬県民は、マスゴミ三菱安部自民党なんか支持したせいで、そういう目に遭わされている。

 こいつらを支持するという事は、そうやって生活すら連中のために脅かされることを意味している。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

anond:20220305143159

マスゴミのせいで、全ての男が貶められている

 テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 良く外国人の反応でも、日本テレビは、たまに見ると番組ゴミ過ぎてCMが一番面白い、みたいな話たくさんある。

 殆ど見ないテレビをふと見たら、結局、番組自体低俗すぎてウンザリさせられて、何億もかけたCM映像の時だけが少し面白くなる。

 それで印象に残る。

 テレビはその効果を狙い、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 男性番組視聴者を、誹謗中傷犯にしたリアリティ番組や、アニメ特撮などのテレビ番組を好むオタク差別するよう煽ったのも、そのためにやられたのだ。

 「俺らの番組を見てるやつらは、煽りまくって誹謗中傷犯にしたり、犯罪予備軍レッテルを貼って社会から排除してやるwww俺らテレビを見てる奴らに、俺らが何しようが勝手だろwww」ってこと。

 実際は、こいつらは国民財産である電波政府から特権的に与えられてる公共機関であり、そんな理屈が通るなら、日本に住んでいる限り、日本人や日本政府に何をされても文句は言えない、ということになるが。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 テレビに出てくるヒーローイケメンは、全てこのことを知りながら広告費を払っている大企業マスゴミ幹部政治家官僚たちの青年期や息子などの自己投影像であり、そうした腐れゴキブリどもは、女子供にとても都合の良い存在だと錯覚させ、コンテンツ自体は彼ら自身にも糞ほども面白くないが、恋愛市場で優位に立つためのプロパガンダだ。

 このことを知らないスポンサーは、ただ自分たちのことをボロクソに貶める連中に大金を支払っているだけ。

 精々連中が見せたいのはニュースだけで、ニュースのように世論操作するプロパガンダ以外のあらゆる娯楽やコンテンツを、日本男性から奪おうとしている。

 逆に言えば、そうやってニュースという真のプロパガンダさえ見て洗脳されているなら、他の娯楽という洗脳装置を見せてやる必要などない、というわけだ。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 そいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、全てが下劣エリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 なぜなら、連中のトップにはローマ教会が居て、その真の目的は、少子化させ、労働力のために移民を送り込んで、直接統治することだからだ。

 吉田茂から安部麻生まで、自民党の中心はカトリック信者であり、連中が全ての主犯なのは明らかだ。

 まあ、ローマ直接統治が実現すれば、こんな現地貴族などただの邪魔者しかならないわけで、連中は自分たちの手で、自分たちの首を絞める縄を拵えているわけだ。

 そしてオタクがまた叩かれ出すと、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない存在だとバレてしまったのに、である

 日本の男は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 こいつらのせいで、少子化して、外国人労働者を奴隷にしようと輸入するわけだが、そうして入ったベトナム人たちは逃げ出し、群馬なんかに行って泥棒して暮らしている。

 群馬県民は、マスゴミ三菱安部自民党なんか支持したせいで、そういう目に遭わされている。

 こいつらを支持するという事は、そうやって生活すら連中のために脅かされることを意味している。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

anond:20220305101526

マスゴミのせいで、全ての男が貶められている

 テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 良く外国人の反応でも、日本テレビは、たまに見ると番組ゴミ過ぎてCMが一番面白い、みたいな話たくさんある。

 殆ど見ないテレビをふと見たら、結局、番組自体低俗すぎてウンザリさせられて、何億もかけたCM映像の時だけが少し面白くなる。

 それで印象に残る。

 テレビはその効果を狙い、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 男性番組視聴者を、誹謗中傷犯にしたリアリティ番組や、アニメ特撮などのテレビ番組を好むオタク差別するよう煽ったのも、そのためにやられたのだ。

 「俺らの番組を見てるやつらは、煽りまくって誹謗中傷犯にしたり、犯罪予備軍レッテルを貼って社会から排除してやるwww俺らテレビを見てる奴らに、俺らが何しようが勝手だろwww」ってこと。

 実際は、こいつらは国民財産である電波政府から特権的に与えられてる公共機関であり、そんな理屈が通るなら、日本に住んでいる限り、日本人や日本政府に何をされても文句は言えない、ということになるが。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 テレビに出てくるヒーローイケメンは、全てこのことを知りながら広告費を払っている大企業マスゴミ幹部政治家官僚たちの青年期や息子などの自己投影像であり、そうした腐れゴキブリどもは、女子供にとても都合の良い存在だと錯覚させ、コンテンツ自体は彼ら自身にも糞ほども面白くないが、恋愛市場で優位に立つためのプロパガンダだ。

 このことを知らないスポンサーは、ただ自分たちのことをボロクソに貶める連中に大金を支払っているだけ。

 精々連中が見せたいのはニュースだけで、ニュースのように世論操作するプロパガンダ以外のあらゆる娯楽やコンテンツを、日本男性から奪おうとしている。

 逆に言えば、そうやってニュースという真のプロパガンダさえ見て洗脳されているなら、他の娯楽という洗脳装置を見せてやる必要などない、というわけだ。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 そいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、全てが下劣エリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 なぜなら、連中のトップにはローマ教会が居て、その真の目的は、少子化させ、労働力のために移民を送り込んで、直接統治することだからだ。

 吉田茂から安部麻生まで、自民党の中心はカトリック信者であり、連中が全ての主犯なのは明らかだ。

 まあ、ローマ直接統治が実現すれば、こんな現地貴族などただの邪魔者しかならないわけで、連中は自分たちの手で、自分たちの首を絞める縄を拵えているわけだ。

 そしてオタクがまた叩かれ出すと、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない存在だとバレてしまったのに、である

 日本の男は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 こいつらのせいで、少子化して、外国人労働者を奴隷にしようと輸入するわけだが、そうして入ったベトナム人たちは逃げ出し、群馬なんかに行って泥棒して暮らしている。

 群馬県民は、マスゴミ三菱安部自民党なんか支持したせいで、そういう目に遭わされている。

 こいつらを支持するという事は、そうやって生活すら連中のために脅かされることを意味している。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

anond:20220306190320

マスゴミのせいで、全ての男が貶められているanond:20220305172054

anond:20220305172054

 テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 良く外国人の反応でも、日本テレビは、たまに見ると番組ゴミ過ぎてCMが一番面白い、みたいな話たくさんある。

 殆ど見ないテレビをふと見たら、結局、番組自体低俗すぎてウンザリさせられて、何億もかけたCM映像の時だけが少し面白くなる。

 それで印象に残る。

 テレビはその効果を狙い、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 男性番組視聴者を、誹謗中傷犯にしたリアリティ番組や、アニメ特撮などのテレビ番組を好むオタク差別するよう煽ったのも、そのためにやられたのだ。

 「俺らの番組を見てるやつらは、煽りまくって誹謗中傷犯にしたり、犯罪予備軍レッテルを貼って社会から排除してやるwww俺らテレビを見てる奴らに、俺らが何しようが勝手だろwww」ってこと。

 実際は、こいつらは国民財産である電波政府から特権的に与えられてる公共機関であり、そんな理屈が通るなら、日本に住んでいる限り、日本人や日本政府に何をされても文句は言えない、ということになるが。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 テレビに出てくるヒーローイケメンは、全てこのことを知りながら広告費を払っている大企業マスゴミ幹部政治家官僚たちの青年期や息子などの自己投影像であり、そうした腐れゴキブリどもは、女子供にとても都合の良い存在だと錯覚させ、コンテンツ自体は彼ら自身にも糞ほども面白くないが、恋愛市場で優位に立つためのプロパガンダだ。

 このことを知らないスポンサーは、ただ自分たちのことをボロクソに貶める連中に大金を支払っているだけ。

 精々連中が見せたいのはニュースだけで、ニュースのように世論操作するプロパガンダ以外のあらゆる娯楽やコンテンツを、日本男性から奪おうとしている。

 逆に言えば、そうやってニュースという真のプロパガンダさえ見て洗脳されているなら、他の娯楽という洗脳装置を見せてやる必要などない、というわけだ。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 そいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、全てが下劣エリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 なぜなら、連中のトップにはローマ教会が居て、その真の目的は、少子化させ、労働力のために移民を送り込んで、直接統治することだからだ。

 吉田茂から安部麻生まで、自民党の中心はカトリック信者であり、連中が全ての主犯なのは明らかだ。

 まあ、ローマ直接統治が実現すれば、こんな現地貴族などただの邪魔者しかならないわけで、連中は自分たちの手で、自分たちの首を絞める縄を拵えているわけだ。

 そしてオタクがまた叩かれ出すと、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない存在だとバレてしまったのに、である

 日本の男は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 こいつらのせいで、少子化して、外国人労働者を奴隷にしようと輸入するわけだが、そうして入ったベトナム人たちは逃げ出し、群馬なんかに行って泥棒して暮らしている。

 群馬県民は、マスゴミ三菱安部自民党なんか支持したせいで、そういう目に遭わされている。

 こいつらを支持するという事は、そうやって生活すら連中のために脅かされることを意味している。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

マスゴミのせいで、全ての男が貶められている

 テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 良く外国人の反応でも、日本テレビは、たまに見ると番組ゴミ過ぎてCMが一番面白い、みたいな話たくさんある。

 殆ど見ないテレビをふと見たら、結局、番組自体低俗すぎてウンザリさせられて、何億もかけたCM映像の時だけが少し面白くなる。

 それで印象に残る。

 テレビはその効果を狙い、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 男性番組視聴者を、誹謗中傷犯にしたリアリティ番組や、アニメ特撮などのテレビ番組を好むオタク差別するよう煽ったのも、そのためにやられたのだ。

 「俺らの番組を見てるやつらは、煽りまくって誹謗中傷犯にしたり、犯罪予備軍レッテルを貼って社会から排除してやるwww俺らテレビを見てる奴らに、俺らが何しようが勝手だろwww」ってこと。

 実際は、こいつらは国民財産である電波政府から特権的に与えられてる公共機関であり、そんな理屈が通るなら、日本に住んでいる限り、日本人や日本政府に何をされても文句は言えない、ということになるが。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 テレビに出てくるヒーローイケメンは、全てこのことを知りながら広告費を払っている大企業マスゴミ幹部政治家官僚たちの青年期や息子などの自己投影像であり、そうした腐れゴキブリどもは、女子供にとても都合の良い存在だと錯覚させ、コンテンツ自体は彼ら自身にも糞ほども面白くないが、恋愛市場で優位に立つためのプロパガンダだ。

 このことを知らないスポンサーは、ただ自分たちのことをボロクソに貶める連中に大金を支払っているだけ。

 精々連中が見せたいのはニュースだけで、ニュースのように世論操作するプロパガンダ以外のあらゆる娯楽やコンテンツを、日本男性から奪おうとしている。

 逆に言えば、そうやってニュースという真のプロパガンダさえ見て洗脳されているなら、他の娯楽という洗脳装置を見せてやる必要などない、というわけだ。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 そいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、全てが下劣エリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 なぜなら、連中のトップにはローマ教会が居て、その真の目的は、少子化させ、労働力のために移民を送り込んで、直接統治することだからだ。

 吉田茂から安部麻生まで、自民党の中心はカトリック信者であり、連中が全ての主犯なのは明らかだ。

 まあ、ローマ直接統治が実現すれば、こんな現地貴族などただの邪魔者しかならないわけで、連中は自分たちの手で、自分たちの首を絞める縄を拵えているわけだ。

 そしてオタクがまた叩かれ出すと、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない存在だとバレてしまったのに、である

 日本の男は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 こいつらのせいで、少子化して、外国人労働者を奴隷にしようと輸入するわけだが、そうして入ったベトナム人たちは逃げ出し、群馬なんかに行って泥棒して暮らしている。

 群馬県民は、マスゴミ三菱安部自民党なんか支持したせいで、そういう目に遭わされている。

 こいつらを支持するという事は、そうやって生活すら連中のために脅かされることを意味している。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

マスゴミのせいで、全ての男が貶められている

 テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 良く外国人の反応でも、日本テレビは、たまに見ると番組ゴミ過ぎてCMが一番面白い、みたいな話たくさんある。

 殆ど見ないテレビをふと見たら、結局、番組自体低俗すぎてウンザリさせられて、何億もかけたCM映像の時だけが少し面白くなる。

 それで印象に残る。

 テレビはその効果を狙い、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 男性番組視聴者を、誹謗中傷犯にしたリアリティ番組や、アニメ特撮などのテレビ番組を好むオタク差別するよう煽ったのも、そのためにやられたのだ。

 「俺らの番組を見てるやつらは、煽りまくって誹謗中傷犯にしたり、犯罪予備軍レッテルを貼って社会から排除してやるwww俺らテレビを見てる奴らに、俺らが何しようが勝手だろwww」ってこと。

 実際は、こいつらは国民財産である電波政府から特権的に与えられてる公共機関であり、そんな理屈が通るなら、日本に住んでいる限り、日本人や日本政府に何をされても文句は言えない、ということになるが。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 テレビに出てくるヒーローイケメンは、全てこのことを知りながら広告費を払っている大企業マスゴミ幹部政治家官僚たちの青年期や息子などの自己投影像であり、そうした腐れゴキブリどもは、女子供にとても都合の良い存在だと錯覚させ、コンテンツ自体は彼ら自身にも糞ほども面白くないが、恋愛市場で優位に立つためのプロパガンダだ。

 このことを知らないスポンサーは、ただ自分たちのことをボロクソに貶める連中に大金を支払っているだけ。

 精々連中が見せたいのはニュースだけで、ニュースのように世論操作するプロパガンダ以外のあらゆる娯楽やコンテンツを、日本男性から奪おうとしている。

 逆に言えば、そうやってニュースという真のプロパガンダさえ見て洗脳されているなら、他の娯楽という洗脳装置を見せてやる必要などない、というわけだ。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 そいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、全てが下劣エリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 なぜなら、連中のトップにはローマ教会が居て、その真の目的は、少子化させ、労働力のために移民を送り込んで、直接統治することだからだ。

 吉田茂から安部麻生まで、自民党の中心はカトリック信者であり、連中が全ての主犯なのは明らかだ。

 まあ、ローマ直接統治が実現すれば、こんな現地貴族などただの邪魔者しかならないわけで、連中は自分たちの手で、自分たちの首を絞める縄を拵えているわけだ。

 そしてオタクがまた叩かれ出すと、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない存在だとバレてしまったのに、である

 日本の男は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 こいつらのせいで、少子化して、外国人労働者を奴隷にしようと輸入するわけだが、そうして入ったベトナム人たちは逃げ出し、群馬なんかに行って泥棒して暮らしている。

 群馬県民は、マスゴミ三菱安部自民党なんか支持したせいで、そういう目に遭わされている。

 こいつらを支持するという事は、そうやって生活すら連中のために脅かされることを意味している。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

2022-03-02

俺の普段食ってる飯の改善案を提出せよ

朝 牛乳と何かしらのフルーツ、あるいは卵かけご飯納豆

昼 何かしらの大きいパンスイートブールベビロテ)とプロテインドリンク、物足りないとき魚肉ソーセージ

夜 ご飯食べ放題定食生姜焼き、さば味噌吉牛多め)

1日当たり1000円ちょっと

出来ればこの金額範囲内で

これでも死にゃしないと思うんだが周りの飯事情知らんからひょっとしたら、これやっときゃ良かったってのがあるかもしれんやん

お前らの集合知で俺の飯の改善案を提出してみろよ

2022-02-28

経験者が行くべきSES集合知

・固定残業代なし

取引先に金融系がない

転職会議★3以上

他には?

マスゴミのせいで、全ての男が貶められている

 テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 良く外国人の反応でも、日本テレビは、たまに見ると番組ゴミ過ぎてCMが一番面白い、みたいな話たくさんある。

 殆ど見ないテレビをふと見たら、結局、番組自体低俗すぎてウンザリさせられて、何億もかけたCM映像の時だけが少し面白くなる。

 それで印象に残る。

 テレビはその効果を狙い、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 男性番組視聴者を、誹謗中傷犯にしたリアリティ番組や、アニメ特撮などのテレビ番組を好むオタク差別するよう煽ったのも、そのためにやられたのだ。

 「俺らの番組を見てるやつらは、煽りまくって誹謗中傷犯にしたり、犯罪予備軍レッテルを貼って社会から排除してやるwww俺らテレビを見てる奴らに、俺らが何しようが勝手だろwww」ってこと。

 実際は、こいつらは国民財産である電波政府から特権的に与えられてる公共機関であり、そんな理屈が通るなら、日本に住んでいる限り、日本人や日本政府に何をされても文句は言えない、ということになるが。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 テレビに出てくるヒーローイケメンは、全てこのことを知りながら広告費を払っている大企業マスゴミ幹部政治家官僚たちの青年期や息子などの自己投影像であり、そうした腐れゴキブリどもは、女子供にとても都合の良い存在だと錯覚させ、コンテンツ自体は彼ら自身にも糞ほども面白くないが、恋愛市場で優位に立つためのプロパガンダだ。

 このことを知らないスポンサーは、ただ自分たちのことをボロクソに貶める連中に大金を支払っているだけ。

 精々連中が見せたいのはニュースだけで、ニュースのように世論操作するプロパガンダ以外のあらゆる娯楽やコンテンツを、日本男性から奪おうとしている。

 逆に言えば、そうやってニュースという真のプロパガンダさえ見て洗脳されているなら、他の娯楽という洗脳装置を見せてやる必要などない、というわけだ。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 そいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、全てが下劣エリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 なぜなら、連中のトップにはローマ教会が居て、その真の目的は、少子化させ、労働力のために移民を送り込んで、直接統治することだからだ。

 吉田茂から安部麻生まで、自民党の中心はカトリック信者であり、連中が全ての主犯なのは明らかだ。

 まあ、ローマ直接統治が実現すれば、こんな現地貴族などただの邪魔者しかならないわけで、連中は自分たちの手で、自分たちの首を絞める縄を拵えているわけだ。

 そしてオタクがまた叩かれ出すと、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない存在だとバレてしまったのに、である

 日本の男は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 こいつらのせいで、少子化して、外国人労働者を奴隷にしようと輸入するわけだが、そうして入ったベトナム人たちは逃げ出し、群馬なんかに行って泥棒して暮らしている。

 群馬県民は、マスゴミ三菱安部自民党なんか支持したせいで、そういう目に遭わされている。

 こいつらを支持するという事は、そうやって生活すら連中のために脅かされることを意味している。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

2022-02-25

マスゴミのせいで、今の日本で起きてる事

 過去に何度も語ってきた通り、テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 だからマスゴミは、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 こいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、下劣で、最低で、生きる価値のない、ゴミ犬以下の、こいつらを殺すことが最大の善行となり、こいつらを人間扱いしたり少しでも親切を行えばそれだけで永遠破滅に定められるようなカスボケエリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 それだけで、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない身も心もただのブスだとバレてしまい、今や彼女らと結婚してやるものなどいないのに、である

 日本の男女は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

2022-02-21

マスゴミのせいで、今の日本で起きてる事

 過去に何度も語ってきた通り、テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 だからマスゴミは、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 こいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、下劣で、最低で、生きる価値のない、ゴミ犬以下の、こいつらを殺すことが最大の善行となり、こいつらを人間扱いしたり少しでも親切を行えばそれだけで永遠破滅に定められるようなカスボケエリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 それだけで、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない身も心もただのブスだとバレてしまい、今や彼女らと結婚してやるものなどいないのに、である

 日本の男女は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

 

2022-02-14

anond:20220214024157

嘗ての2ch炎上したネットユーザーの住所を特定するようなのは全員の集合知のようで実はスレ内の4~5人の有能頼みってのにも似てる

そして特定したら“俺達全員の手柄”ってことにされてイキリ厨房大発生し、有能が萎え匿名掲示板コミュニティから去っていき、今現在ではネットイナゴとしてのパワーを失ったってのを思い出した

2022-02-09

anond:20220209030632

老害論法死滅してほしい」「偉そうに、恥ずかしいやつだな、フェミ論法か」などとコケにして端から【人の話を聞こうとしない】人が、【人の話を聞け】と言うのは、矛盾しているのでは?

そうやって他者拒否している、すなわち人の目に囚われすぎるから人を嫌う気質を持っているからこそ、他人の意を介さず自由奔放に語りたいことを語る人々に対して、嫉妬嫌悪コンプレックスを過剰に発生させてしまうのでは?

俺はキモかろうが拙かろうが誰もが好き勝手に雄弁に語ればよく、それをどう受け取るかは各々がてんでバラバラ判断すればよいと思っている。

仰々しく語っているからと言ってそれが正しいとも限らないのは当たり前だよね、という認識は、価値観が多様であることを考えれば当然に受け入れられるはずだし、人はそんなに馬鹿ではないから、強い言葉を使っている人に感化される人ばかりではないのだ。

ネットを見ていると、取るに足らない議論に深入りしてしまダメな人ばかりのように見えるが、ちゃんスルーできている人の方が圧倒的に多数なはずだと俺は信じている。

ネットでは、小学生レベル認識に基づく会話に(姿が見えないから実際に低年齢層が主体かもしれない)、いい大人がわざわざ割り込んで無駄に熱意や時間を消費しているような場面が多々あるものだと言うことに思い至れば、無駄な怒りも発生しないだろう。

それに、あらゆる側面で大人な人などいない。その点で人間は一生幼稚なものだ。だから群れて社会を作って暮らし集合知的にかろうじて賢く振る舞えているのだ。一方でネットに向き合う時、人はみな独りだ。愚かさが見えやすくなるのも当然のこと。

から俺は、現実ではまず聞かないような言葉を使って人をコケにしてくる増田のことも、別になんとも思わない。そういうものだろう。

2022-02-01

世界最高の増田集合知よ!

なぜに人間は肉食が許されるのか、を答えてくれ!!

 

肉食やめようかと真剣に悩んでる!!

 

ただし、ビーガンは答えんでくれたまえ!!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん