「ブラウザゲーム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブラウザゲームとは

2023-01-21

Web上でスマホアプリみたいなWebサービス』を作ると、マネタイズ死ぬ

英単語学習サービスとかブラウザゲームとかWebアプリ(PWA)としてめっちゃアプリっぽいUIWebサービス最近いくつか作ったんだけど、

ブログみたいなフォーマットじゃないと文字数が足りないとかで大抵の場合Adsense審査落ちるし、

AdMob使おうにもアプリじゃねえし無理やりWebViewとかで表示してアプリ化してもなんやかんや規約に引っかかるし、

どうやってもマネタイズの段階で詰むわ

俺の作ったサービスは、Google的に言えばいかがでしたかブログ以下なんだなって

からみんなやらねえんだなぁって

2022-11-09

中国ゲームと「日本ゲーム市場」の分断

中国ゲーム会社から委託を受けて日本市場でのローカライズ宣伝をやっている者ですが、奇妙な記事が流れてきました。

https://president.jp/articles/-/63173

正直にそのまま書くと「そういうタイトルもあるけど、ごく一部であって、全部がこうではない」がすべてです。

また、スマートフォン向けゲームと、中国MMOブラウザゲームとではやり方も違いますし、中国産のゲームからと同じカテゴリーにされるのは困ります

さらに、中国資本韓国系ゲーム会社を買収して、韓国産ゲームローカライズプロモーション日本会社として代行することもあります

さらさらに、大手のTencentやNetease、Perfect Worldのようなゲーム会社中国田舎で展開しているフランチャイズもあります

このプレジデント記事が書いているのは、その中のごく限られたタイトルの話。それも成り上がりゲームという中国特有ジャンルだけかなと思いました。

https://chinagamenews.net/market-info-1027/

今、中国ゲーム市場当局から制限があり、大幅に縮小していることもあって、わりに課金してくれる日本市場を狙いたいという相談が増えているのも確かです。

https://toyokeizai.net/articles/-/583378

https://games.app-liv.jp/archives/523816

ところが、日本ゲーム市場は新作ゲームも旧作も広告タイアップではない紹介記事事情説明記事が増えていて、むしろインフルエンサーSNS広告だけでは成り立たなくなっているのです。

しかも、ニコパートナーズまで間違った内容をロイターに喋っていて、どうしたものかと。

https://jp.reuters.com/article/china-games-idJPKBN2RL076

情報が不足しているし、中国ゲーム事情仕事として受けてやっている会社が少ないため、間違った情報が流れて、それがそのまま日本国内で事実として受け止められ、流通してしまっているのでしょう。

といって、それは違います業者が叫んでも意味がないですし、インディーやeSportsと同じような展開になるのでしょうかね。

2022-10-30

anond:20221029165248

就活時、某なんちゃらコレクション運営会社説明会に参加した。イラストレーター職の説明で「やはりrー18は強い」と言われたのを覚えている。説明会資料に思いっき18禁ブラウザゲーム名前が出ていてとても印象的だった

2022-08-12

一応ポケモンを全世代やってる俺が第三世から第八世代の大まかな変更点を書いてみる(第三世から第五世代まで)

anond:20220811195707

間違ってたらポケモンに詳しい他増田(not順一)が指摘してくれると思う。

書いてたら分量がアホみたいに増えちゃったから今回は第三世から第五世代まで。

三世代~第五世代:ここ

第六世代~第七世代anond:20220812184049

カブイ・第八世代アルセウスanond:20220812213515

おまけ:anond:20220812194606

追記ブコメ返信・補足:anond:20220815093836

三世代(ルビーサファイアエメラルド、FRRG(初代リメイク)):GBA

舞台ホウエン地方(九州地方モチーフ)。

ソーナンス進化前のソーナノが登場したのはこの世代

金銀までとの互換性の消滅

年齢などの要因もあるかもしれないけど、おそらく増田はこれが原因でポケモンから離れたんじゃないかな。

ちなみに第三世から第八世代互換性があるからルビサファからソードシールドポケモンを持ってくることもできる。

めっちゃくちゃ面倒臭いしいつまでできるかわからないんだけど…

この互換切りによって当時リメイクが発売されなかった金銀のポケモンの入手性が下がってしまって、

ホウオウルギアイベント配布以外ではポケモンXDというゲームキューブゲームが無いと入手できない

ほとんど幻のポケモンのような存在になってしまった。

この問題はFRRGやエメラルドで金銀のポケモンが追加で登場することで多少緩和され、金銀リメイク自体も後にDSで発売された。

ダブルバトル

従来のポケモンバトルは1対1のシングルバトルだったが、第三世代では2対2のダブルバトルが登場した。

シングルダブルでは戦略が大きく違ってくるため

シングルでは活躍できないポケモンダブル活躍できる、といったこともままある。

現在公式大会ではダブルバトルが主流。

とくせいの追加

ポケモンがかならず1つ特別能力を持つようになったのが第三世代の大きな特徴。

攻撃力が2倍になる「ちからもち」や戦闘後に何らかのアイテムを拾ってくる「ものひろい」だとか

ポケモンごとにいわゆるパッシブスキルが追加された。

同じ種類のポケモンでも違うとくせいを持っていることがある。

いかくの追加

ポケモン性格が追加され、同じポケモンを捕まえても性格が違うということになった。

性格は25種類あり、また性格は単なるフレーバーでなくステータス補正に影響するため

本気で対戦をする場合は厳選するのが当たり前だった。

複数のすがた(フォルム)を持つポケモンの登場

金銀(第二世代)まではポケモンには性別色違いくらいの違いしか無かったが、

三世代では条件によって異なるすがたをとるポケモンが登場した。

たとえば「ポワルン」は天候によって3種類の異なるすがたに変化する。

ポケモンコンテスト

三世代(及びORAS)と第四世代(及びダイパリメイク)のミニゲーム

ポケモンには従来のステータスの他に「かっこよさ」「うつくしさ」「かわいさ」「かしこさ」「たくましさ」の5つのコンディションを示すステータスがあって、

それぞれの優秀さを競うコンテストポケモンコンテスト

コンテストには1次審査と2次審査があって、ポケモンのわざを見せてアピールする2次審査結構奥が深い。

ダイパリメイクだと音ゲーめいた要素も追加されている。

ほとんどやってなかったから完全に忘れてたわ。

うつくしさを一定以上にしないとヒンバスミロカロス進化できなかったけど

ポロックやポフィン(木の実から作る)を投与しまくればよくてコンテストに出させる必要すら無いんだよね。

やらない人はとことんやらないモードだと思う。

ちなみにミロカロスコンテストが無い世代では「きれいなウロコ」というアイテムを持たせて通信交換することで進化する。

世代によって進化条件の変わるポケモンは数あれど同じポケモン進化するのに進化方法複数あるのはミロカロスくらいじゃないかな?

第四世代(ダイパプラチナHGSS(金銀リメイク)):DS

舞台シンオウ地方(北海道モチーフ)。

シンオウ地方チャンピオンシロナプレイヤーから制作からも人気で、

第五世代と第七世代にも登場するしグッズも豊富。ポケマスでは不遇気味。

追加進化

第四世代テーマの一つがポケモン進化についてで、

今回最初ポケモンをくれるナナカマド博士も「ポケモンの9割は進化関係している」という説を唱えている。

それもあってかこの世代では結構な種類のポケモンに追加の進化が与えられた。

実はこの手の追加進化の大盤振る舞いはこれ以降あんまりなくて(第六世代ニンフィアくらいかも)、

その代わり後述するリージョンフォームなどで追加進化に相当する形態が追加されるようになっている。

わざごとに物理特殊が分けられるようになった

三世代までだとわざのタイプ物理わざ(こうげきを参照するわざ)か特殊わざ(とくこうを参照するわざ)かどうか決まっていた。

例えばほのおタイプなら特殊わざ、かくとうタイプなら物理わざといった具合。

ただこれだと「ほのおのパンチ」のような名前「パンチ」が入っているわざでも特殊わざだったので、

攻撃力が高いポケモンがそのステータスを生かしたタイプ一致わざを使えないということも少なくなかった。

特にゴーストタイプはなぜか物理わざ扱いだったかゲンガーシャドーボールをつかってもそこまで大きいダメージを期待できなかったわけだ。

第四世代からはわざごとにその区分が設定されるようになったおかげで、ゲンガーシャドーボールをメインウェポンにできるようになった。

インターネットを利用した通信交換、GTS(グローバルトレードステーション)

第四世代ではついに世界中の人と通信交換を行えるようになった。

掲示板SNSなどでポケモン交換を呼びかけるようなことももちろん可能だが、

GTSポケモンを預けて指定した条件のポケモンと交換するといったこともできる。

ただし、コラッタのようなその辺にいるポケモンミュウツーのような伝説のポケモンを釣ろうとする子どもが非常に多かったし、

さらにそれに対して改造ポケモンを送りつけるという嫌がらせまであった。

何かとトラブルの絶えない仕組みだが、GTSは今でも形を変えて続いている。

第五世代(ブラックホワイトブラック2・ホワイト2):DS

舞台イッシュ地方(ニューヨーク皇居モチーフ)。

クリアするまで過去作のポケモンが出てこない

なんとブラックホワイトではクリアするまで全てのポケモンが今までに見たことの無いポケモンだった。

追加されたのは総勢156種類。こんなにポケモンが追加されたのは後にも先にも第五世代だけ。

ピカチュウですらクリアするまで出てこない。(流石にアニメでは普通に登場しているが)

ただ、その反動か第六世代では新ポケモンは72種類と控えめになってしまった。

ポケモンデザイン多様性が広がってきたのもこの頃で発売当時はアンチも少なくなかったけれど

今ではなんだかんだで受け入れられている。

シナリオの強化

第五世代の一番大きな変化はシナリオだと個人的に思う。

第四世代まではジム攻略しながら悪の組織を倒しつつ最後チャンピオン戦という流れが確立していたが、

そのパターンが第五世代から崩れ始めた。

チャンピオンを越え人からポケモン解放しようとするプラズマ団の王Nと

彼を傀儡としてポケモンの独占を企むNの養父にしてプラズマ団の真の首領ゲーチスは何かと人気。

今でもキャラ人気が根強いのもこの世代で、ポケモンマスターズというトレーナーに重心を置いたスマホゲーでは

バージョン(季節限定衣装など)の実装イッシュ地方トレーナー特に多い。今のところNは3種類実装されている。

隠れとくせい(夢特性)の追加

三世代でポケモンは各種類1~2種類とくせいを設定されるようになったけれど、

それに加えて特別なとくせいが新たに設定されたのが第五世代

ただ、これは「ポケモンドリームワールド」というゲームと連動する(クソ)ブラウザゲームを遊ばないと捕まえられなかったり

メスのポケモンじゃないと子どもにとくせいを引き継がせられないなどの理由であまりにも入手性が低かった。

特に歴代御三家隠れ特性攻略本やムックポケモンカードのおまけとして限定配布された。

とくせい「かそく」(毎ターンすばやさランクが1段階上がるすごいとくせい)を持ったアチャモ(BW攻略付録)や

とくせい「サンパワー」(天候が晴れの時に体力を犠牲とくこうが1.5倍になるとくせい)を持ったヒトカゲ(ポケモンぴあ付録)

特に需要が高かったが、付録に付いていたコードを使ってももらえるポケモン

アチャモの時はアチャモミズゴロウキモリからランダムで1匹、

ヒトカゲの時はヒトカゲフシギダネゼニガメからランダムで1匹だった。

これらを入手するために攻略本やムック複数購入するガチ勢も現れるなど

かつてなくえげつない商売が行われていたのもこの世代

なお、この手のキャンペーンは「幻のポケモンゲットチレンジ」などにも引き継がれる。

幻のポケモンゲットチレンジ」は期間中ポケモン関連商品を購入すると

貴重なアイテム幻のポケモンなどを手に入れられるキャンペーンで、

加速アチャモなどとちがってお金さえ出せば確実に手に入るので多少は良心的。

わざマシン何度でも使用可能になった

今までわざマシンは使いきりだったが、第五世代からは一度手に入れたわざマシン何度でも使えるようになった。

わざマシンのために周回する必要が無くなったが、その代わり店で入手するわざマシン価格は高騰した。

例えばギガインパクトは90000円もする。

続く→anond:20220812184049

2022-07-13

anond:20220712235809

Android版はポルノハブになんとかしてもらう

アイファン版はブラウザゲーム含めて考える

ちなみにSteamエロゲー行けるようになったかPC版の心配無用

2022-07-06

VS. cosumiたん。

[9路盤 レベル0] 黒(You)4目勝ち - 囲碁ブラウザゲーム COSUMI https://www.cosumi.net/replay/?b=You&w=COSUMI&k=0&r=b4&bs=9&l=0&gr=eeccceggecegchdbebgdhbhcgbdhcgdfdecfbfdgbdcibhfeedbiahibefffgchdhafdaidiiafcfbicbctttt&ds=dbcc&bm=ibd

レベル0の癖に、いきなり玄人っぽい手を打って来るからびびった。

途中で左下と右上を継いだら×にされたけど、○の手は左上白が生きようと地を拡げてくるのを防ぐ手。レベル1以上のcosumiたんなら○の所に先手で打ってこようとするが、レベル0たんはそういう達者なことはしてこないはずと思い、私は敢えて×の方へ打った。

2022-05-24

anond:20220524181924

吉田麻也CMは「ベラジョン無料版」という名のブラウザゲームプラットフォーム宣伝であり、オンラインカジノの「ベラジョンカジノ」のCMではない

まあ「無料版」とあるように、日本では違法賭博サイトへの入り口コンテンツであることが丸わかりのCMに出演したり、そのCMテレビで流すのはおかしいと思うが

2022-05-18

暗号化からない

ブラウザゲームって暗号化しててもF12で元画像抜けるもんじゃないの?

とかなんとか思って、暗号化って意味あるかなあと調べてるけど調べ方下手くそわからん

通信規格の話が出てくるけど、仕組みによってゲーム開発者の何が守られるかというか、メリットが知りたいというか

なんとなーく調べた感じ、そもそもディレクトリ場所隠せればOK(表示されてるものに関しては仕方ない)ってことなんか?

素材抜き出し=全部引っこ抜かれること?

まあ抜かれないに越したことはないし、抜くやつも抜くやつなんだが…

それはそうとしてシャニ暗号化記事はなんか過ごそうと思いましたまる

2022-05-10

存在していた The Endless Battle 2 というゲームについて

2002年ごろ、個人開発者によって運営されていた The Endless Battle 2 というゲームがあって。

当時は未だブラウザ上で遊ぶゲームがそれなりに盛んだった、箱庭諸島、soldout、script of saga 2、スライムブリーダー、SPELLBOUND とか

しかしたら皆さんいづれかご存知かもしれません、検索するとまだ元気に稼働しているサイト沢山あります

The Endless Battle 2 はそんな数あるブラウザゲームの一つで、自分プレイヤーのひとりでした。

ちなみに The Endless Battle Satellite という配布版もあり

開発者は同じですが別のゲームです

ユーザ戦闘ロボット乗りで、

一人で放浪しても良いし

部隊を結成して部隊同士で対戦したり

武器ロボットを強化するのに高額な費用必要で、ひたすら金稼ぎに奔走したり

なぜか登録ユーザの上限が1000人までだったり

画像がないとわからないと思いますが、そんなゲームでした。

当時運用されていたドメインは探せばわかりますが、もう存在していません。

http://www.ngcoms.net

wayback machine で多少情報が見つかった

https://web.archive.org/web/20021209014041/http://www.ngcoms.net/endlessbattle2/manual.php?page=4

https://web.archive.org/web/20021128150832/http://www.ngcoms.net/

当時のユーザさん達の個人サイトにいくつか画像が残ってました、懐かしい

http://www.ne.jp/asahi/homepage/biwa/EB2Photo.htm

https://geolog.mydns.jp/www.geocities.co.jp/Playtown-Bingo/6675/fc.jpg

https://geolog.mydns.jp/www.geocities.co.jp/Playtown-Bingo/6675/aaa.jpg

20年も前の事なのに未だに思い出してしまうので、詳細に思い出したくなって調べてしまった

かつて運営されていた方は今はゲームは作っていないようですが、開発者として活躍されているようでした

2022-04-10

とあるブラウザゲームで「PC以外の端末に対応していないし本当はいけないけど」と理解しながらも海賊版スマホアプリに手を出してる人へ

海賊版やってるやつはファンじゃないから界隈を去れ」等とは言うつもりないので一回考え直して欲しいしPCが家にない人でもネットカフェ行ってプレイするなり出来ると思います

2022-04-05

ブラウザゲーム』ってマネタイズめっちゃ難しくない?

文字数関係AdSense審査通りにくいかめっちゃきつくない?

課金にせよ広告にせよ絶対マネタイズの壁でぶつかるからそらみんなアプリに行くわなって思った

2022-03-14

Web系の個人開発者』のサーバ構成って結局レガシーな感じになっちゃわない?

契約してる1つのサーバ個人ブログとか昔ながらのBBSとかブラウザゲームとか種類が違うサービスをいくつも運営しているけど、サーバ運用方法が流石にレガシーすぎるからもうちょっとモダンな感じにしたいと思ってる。

でも中々抜け出せない。

まず前提としてAWS,GCP,Azureは高いから使えない、同スペックなら適当VPSの方が圧倒的に安い。

最近流行りのコンテナ構成みたいなのもいくらDockerが昔のVMに比べるとリソース食わないと言っても例えば

「1つのサーバ10個のサービス相乗り運営しなければならない」みたいな場合に1サーバ内で何十コンテナ起動みたいなの運用すると流石に相当重くなっちゃうよなぁ。。。

あとnode.jsとかginみたいに1サービスごとに常駐プロセスが増える技術スタックも多分あんまりよくない、必要ポート管理するのも大変

結局自然と行き着くのは格安VPS借りてLAMP構成作ってVirtualHostで相乗り設定して昔ながらの方法運用する方法なっちゃ

php+apache構成ならアクセスの少ないサービスを何十個運用しようとアクセスがないならそれにリソース食われることがないんだよね、何気にLAMP環境結構な強みだと思う

もっと良い方法見つけたいし、多分お金かければあるんだろうけど

月2000円以内くらいで多くのサービス運用したいってなった場合に結局これ以外の選択肢ってなくない?

月1~2万円みたいな額はインフラエンジニア雇う費用に比べると全然安いんだろうけど、ポケットマネー基準だとそうもいかない

もうちょっとマシな方法があるなら教えてほしいんだけど、まあないよなぁ……

2022-01-25

anond:20220125171233

プレイヤー時間無駄に奪うようなゲームが増えた結果として皆が攻略情報を見るようになったってのは正しいかもしれんが

同時に、「プレイ時間 15分」みたいな短時間で終わる事が書かれてたりするブラウザゲームとかはプレイする人はちゃん試行錯誤してプレイしてる気がする

作り手がプレイ時間大してかからない事をプレイヤー達に何とかして信じて貰えばイケるんじゃないかな…

2022-01-22

配布型CGIゲームがこの世から消滅しそうなのに誰も保全してくれない

から20年前、ブラウザゲームといえば設置型のCGIゲームだった時代があった。

箱庭諸島、SOLDOUT、FFA罪と罰商人物語珍走記…名前を挙げればきりがない。

そしてこれらの特徴としてフリーソースであることがあげられる。エンドレスバトルのような例外もあるが基本的に再配布可能であり、大本サイトが消えてもソースが再配布され長く親しまれることも度々あった。

当時はネット回線は貧弱であり、重量級のCGIゲームレンタルサーバーから名指しで設置禁止を言い渡されることもあったが、それでも数多の個人サイト原本や改変版が設置され、インターネットを賑わせていた。

しかし時は流れ現在、これらのCGIゲーム文字通り瀕死の状況である

プログラム陳腐化し、レンタルサーバは数を減らし、かつてのプログラマーたちは皆ネットを去っていった。配布サイトジオシティーズ消滅で壊滅し、インターネットアーカイブにすら残っていない派生も多い。今やプレイどころか、入手・設置すら一苦労するレベルの代物である

時代の流れから取り残されたものが淘汰されていくのは仕方がない。しかし、インターネット黎明期を賑わせたプログラムがこのまま霧散していってしまってもいいのだろうか。

箱庭諸島ですら現状ダウンロード方法消滅してしまった派生作品10を超えている。再配布が許可されていたとしても、一度消えたサイトスクリプトが再び表舞台に出るケースはかなり少ない。無法地帯といわれる2chフリーソフト保管スレですら、CGIゲームが再アップされた例は存在しなかった。

これを見ている増田の古いパソコンにも、すでに入手不能CGIスクリプトが残っているかもしれない。だがそれが日の目を見ることは、現状ないのだ。

かつてのガラケー向けゲームですらswitchプレイできるようにする動きはあるのに、こちらを保全しようとする動きは一切見られない。ネット考古学的にも、レトロゲーム趣味的にも、もう少しこちらに目を向けてはいいのではなかろうか。

2022-01-10

ニコニコ動画バナー広告エロイ

テレビがつまらから冬休みはずっとニコニコ動画を見てたんだが、

バナー広告に表示されているブラウザゲーム女の子エロくて良い。

以前の広告はたしかビビッドアーミーで、それと比べるとメッセージ性は弱いのだが、

女の子エロさだけを強調したシンプル広告もまた良いものだ。

しかしながら、広告中にゲームタイトル名すら表示してないか広告効果があるのかは疑問だが。

冬休み中は毎朝ニコニコ動画トップページアクセスするのが日課だったが、

その度についついチラリと見てしまい「ほお、いいおっぱいだな」、「尻と太ももがむっちりしてたまらないなあ」などと、

眼福・感嘆のひとときを味わったものだ。

ちなみに、冬休み中にフェミニストになりきって「ニコニコ動画広告けしからん」という釣り増田を書こうと思っていたのだが、

もう冬休み最終日になってしまたから書くのはやめた。

VTuberだの温泉むすめだのに比べてニコニコ動画広告の方がよほど性的な魅力をアピールしているのだが、

フェミニストニコニコ動画は見ないのだろうか。

ネタは十分に提供たから、暇な人は書いてみてくれ。

なお、肝心のゲーム本編はやったことがない。

2021-12-06

誰か昔の野球ブラウザゲーム知ってる?

2000年頃だと思うんだけど。

野球テーマブラウザゲームがあった。

自チームの各選手の打力とか走力とかの能力値を一定値の範囲内で割り振って、他のプレイヤーのチームと競わせるってやつ。

何箇所かサイトがあったから、配布されてたスクリプトとかなのかな?

特段、またやりたいというわけではないんだけどなんとなく出自が気になってしまった。

誰か知ってたら教えて下さい。

2021-10-05

anond:20211005131031

その部分だけを見ればそうだが、原神のRPG部分の本質マルチプレイじゃないだろ。

オープンワールドを駆け回って探索したり宝箱探したりギミック解いたりって部分が本質であって、マルチプレイはなくてもいい。

そして仮にマルチプレイがなくてもオンラインRPGということはできるんだよ。オンラインマルチプレイだぞ。

ブラウザゲームとかソシャゲだって継続的に開発されアプデやイベントが繰り返されてリリースから終了までをサービス形式運用される。

それがオンラインRPGなわけ。オンラインゲーム一種と言えるし、オンラインゲーム情報サイトの取扱い対象だ。

その点で原神もブルプロネトゲユーザーからは同じくオンラインRPGとして見られていた。

まあ原神も超初期にはMMOと誤解されがちだった要因はあるにせよ、5chとかでもそう区別されてなく、並んで見られていた。

MMOによる大規模同時接続性というのは、今はたいして重要な要素じゃないんだよ。

ゲーム上の戦略性やコミュニティ体験は異なってくるが、結局はモンスターとかを狩りながらキャラを育ててストーリーを進める、というRPGフォーマットは同じなんだから

それほど違うものとして見る必要はなくなった、というのが20年くらい前のUORO時代からネトゲをしている俺の所感。

anond:20211004211848

ワイは自然には興味ないんで

清潔で整った部屋の中でネットと最新PCゲームブラウザゲームモバイルゲームさえ出来れば毎食うどんでも無問題やで

2021-08-28

フリーゲームの思い出

なんとなく思い出して書きたくなった。ブログとか持っていないのでここに書く。

2000年頃に不登校になって、家にあったパソコンにかじりついていたんだけど、インターネットが繋がっていなかったので、パソコン雑誌に付いていたCD掲載されているフリーゲームをよく遊んでいた。

だいたい2000~2005年ぐらいまで遊んでいて、2006年ぐらい、ニコニコ動画が始まったあたりでフェードアウトしていったって感じ。10年ぐらい前からフリーゲームについてはさっぱりわからない。

インターネットが繋がってからフリーゲームを探すのに見ていたサイト2chまとめサイトサニーガール夢現で、前者2つはだいぶ前に無くなっていて、夢現は今見ると結構テイストが変わっている。

覚えている限りの良かったゲームを挙げる

RPG

アンディーメンテの「スターダンス」、「怪盗プリンス」、「アールエス

ダンジョン探索系だと「ネフェシエル

3D系だと「ヘイサクエスト」、「Cresteaju」

ほとんどツクールの素材だけで作ったような作品だと「盗人講座」、「Fantasy War」、「Holy Knights-忘れられた手紙

タイトル忘れたけど、ツクールで賞を取った、架空江戸時代舞台とした作品も印象的だった。

後期に遊んだものだと「ひよこ侍」、「セラフィックブルー」、「魔王物語物語」、「夜明けの口笛吹き」が印象的。

ツクール95作品ほとんど遊んだことは無いんだけど「REAL LOVE OVER LIE」は印象的だった。ただ、1・2どちらを遊んだのかが覚えていない。

アクション

「ぷちわらの冒険

3Dだと「きゅうり作戦」、「巫女さんのミラクルボード

海外作品で「Door Kickers」みたいな見下ろし型の作品があって良かったんだけどタイトルを忘れた。

ADV

御茶ノ水電子製作所の「second Anopheles」、「Duolith」、「LONGESTCAPERUNNER」

コミックメーカー製だと「碧の黙示録」、「MANSION OF THE FEAR」、「TRUE REMEMBRANCE」

林檎通信の「最後の夏」、「Does Anybody Really Know What Time It Is?」、「A Fine and Private Place(体験版)」

「ひとかた」、「時の館」、「Collage」、「シルフェイド見聞録」、「ゾウディアック1・2」

「消火栓」、「茜街奇譚」、「終末によせて」、「グッバイトゥユー」

クイーンオセロットの「Mental Mutant」、「夜の声」、「ルーカス

ワードワードの「黒」、「家族の肖像」、「死線」、「アメリカ物語

タイピングゲームの「魔王復活阻止ゲーム

ブラウザゲームだと「ANATHEMA」

天国へ!!」、あと夏にオフ会するADVがあったんだけどタイトルを忘れた。この2つはふざけた感じなんだけど、いかにもフリーゲームって感じで今でも印象的な作品

かにも、千と千尋タイトルをもじった作品で、内容も似たよう感じなんだけどすごい不気味な作品でこれもタイトルを忘れてしまった。

STG

TEST SHOOTING2 METEOR」、「Warning Forever」、「機動打者サンカンオー」、「超連射68K」、「スペースクウィーン

シミュレーション

アンディーメンテの「自給自足」、「ミサ

クイーンオセロットの「ソフィア壱」、「ソフィア弐」

その他

ブロック崩し系だと「スマッシュセット」、タイトル忘れたけど重力がかかったやつ。

フリーゲームじゃないけどひぐらし1話Vector無料公開されて、たしかその時はひぐらしの3話か4話が出たときで、そこからひぐらしを追い出して、うみねこが終わる2010年までリアルタイムで追えることができて本当にいい経験だった。

洞窟物語もよかったんだけど完成度が高すぎて上記に挙げた作品とはなんか空気感が違う。

なんにせよ一番影響を受けたのは間違いなくアンディーメンテで、こんなゲーム作ってみたいと思ってプログラミングを始めて、今はゲームプログラマになった。

2021-08-20

エロソシャゲを始めようとしたができなかった

戦乱プリンセスGってブラウザゲーム

まとめサイトで見た生えてる花嫁 前田利家が衝撃的で始めてみたが、UIが難しくて全然分からんガチャチケ貰ったけど、ガチャチケの使い方も分からんチュートリアルガチャで引いたらしいSSR利家で一発抜いたけれど、もう引退かもしれない

一応言っておくがアプリソシャゲは多少は嗜んでるからソシャゲのものが分からない訳ではない

2021-05-25

12万ぐらいで割と快適な生活を送ってる

家賃:3万ちょい(水道代が込)

光熱費電気代は月によって1万弱行くこともあるが、IHだしシャワー速いのでガス代は行って2000円。

食費と酒代:毎日スーパー行って1500~2000円。2000としても約6万。

娯楽:月1000円ぐらいの動画見るサービス入ってる。結構頻繁に切り替えてる。無料期間とか利用したり。某サービスキャッシュバック1年分マジで当たってびっくりした。

スマホプロバイダ:合わせて1万ぐらい。

大体こんな感じ。

スマホゲー、動画見る(youtubeアニメバラエティTverとか無料だし)、なろう小説読む、無料漫画読む。

無料ブラウザゲームする。そんな感じで一日が終わる。


節約心がけてること。

酒飲みなので、酒コスパ結構ウェイト高い。

安いサンガリアレモン味の炭酸水芋焼酎コンボが今のところ唯一解になってる。冬場はわく子でお湯沸かすから炭酸水いらないんだけど。

不労所得暮らしてるから時間持て余してて、たまに何にもやる気無くなる時もあるけど、仕事ちゃんと行ってる人とかブラックな人だったら、12万生活は余裕だと思う。

仕事終わってアニメとかyoutuberの最新話とか楽しみにして帰るの羨ましい。



で、上記内容でも暮らせないことはないんだけど、実際はもうちょっと収入があるので、

タバコ吸ってて、一日2箱弱 (月間3万か……禁煙したい)

・月2~3回ぐらい、友達ご飯おごって美味しいもの食べる(毎月5万とか)

アプリ課金したいよね……(3000~20000)

保険、積み立てとか(5万)

・異性との交流のお店。お話しながらお酒飲めるとこ(最近行けてない)と、ちょっとハグぐらいできる添い寝的なところ(オキシトニン分泌しないとマジで病む):15万

っていうオプションもついた生活なんだけど、実際、オプションで外せないのって、オキシトニンのところだけだと思う。

ハグ大事。着衣でも、おっさん同士でも幸福感半パない

こんなご時世だけど、なんとか乗り切って、気軽にハグしまくれる世の中にしていきたい。


あと、最近は飲みに行けてないかモチベ下がってるけど、元気な時は創作系の趣味持ってる。

あれはほんとうに時間泥棒だし、浅く薄く広くでいいから、なんか一個もっといたほうがいい。

最近は、ボクセルアートとかで好きなキャラとか作ってる。お情けいいねでも承認欲求満たせるし、特別技術とかも要らないかオススメ

2021-04-30

Wimaxという牢獄 ギガに怯える日々

Wimaxは速度が出ないというが、ネットをただやるだけなら案外問題なし。

10mbpsぐらいは出る。

これはハッキリ言ってまともな有線と比べればゴミも良いところだが、ゴミのような有線よりは早い。

問題は3日で10Gという制限

これを超えると1mbpsというADSL時代からやってきたようなスピードになる。

まあとはいっても平日全くネットを使えなくて土日にだけ使うなら良い。

アマプラ動画を見ると最低画質で1時間およそ4GB、つまり10時間ずつ映画を見てもギリギリで間に合う計算

そもそも日に10時間動画なんて見ないので別に問題ない。

案外2連休までなら別に問題はない。

が、3連休連休となると話が変わる。

1日3.3GBはやはり辛い。

見えない檻の中での暮らし

というより、暗闇の中での一本橋

現代インターネットギガに苦しむ人間が今どきいるなんて前提で作られていない。

ふとした油断からあっという間に谷底に消えていくギガ

何気なくDLしたゲームの容量がそもそも2桁なんてザラ。

スマホゲームブラウザゲームすら平然とパッチサイズがGの桁。

動画に関しても最高画質なんて落とそうものなら3時間で10Gは消える。

ギガに怯える慎ましい暮らし

プロバイダごとのDL・UP制限なんぞ気にするのは自宅サーバー所有者やファイル共有ソフト使用者だけと思っていた。

まさか、極一般的パソコンを使うだけでそんなものを考えなければならぬとは……。

悍ましい……

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん