「LIVE」を含む日記 RSS

はてなキーワード: LIVEとは

2018-07-17

5chでのVtuberがどのように消費されているか

 このごろよく5chのVtuberスレを見ている。スレがあるのはYoutuber板。とにかく人が多くて勢いがあっていい暇つぶしになる。そこで5chでのVtuberの消費のされかた、もっとも勢いがあるスレが「アンチスレ」と書かれていながらも、普通個別スレになっている現状についておもしろいと思ったので書く。

アンチスレという名称

5chのYoutuber板では、Vtuberスレタイトルに「アンチ」という言葉がつく。「にじさんじアンチスレ」とか、「.LIVEアイドルアンチスレ」とか。「バーチャルYoutuberに関するアンチスレです」とスレ立てされている。だからといってアンチ的なコメントが多いわけではない。好意的レス否定的レス割合話題によって変わり、おもしろ放送があったとき好意的レスが多くなるし、放送を切り忘れて男と電話するような出来事があったとき煽り否定的コメントが多くなる。普通によくある個別スレと大差はない。個別スレと違う点をしいていうならば、好意的レス否定的レスが分け隔てなくあることだろう。それくらい。

じゃあそもそもなんでスレタイトルアンチってついているのか。詳しい成り立ちは分からなかったが、一つだけその成り立ちがはっきりしている例がある。それはばあちゃるというVtuberがいて、かれは開始五秒でネタが尽きるというネタを持っていて、つまらないことがおもしろがられていた。そこでアンチスレが立てられるわけだが、そのスレで「つまらない」とアンチ的なレスをつけても、つまらないのはほぼ共通意見となっているのでアンチなのかファンなのかも区別あいまいになり、いつの間にかただの個別スレになってしまたことがある。これようは、「嫌なら見るな」の分断化が進みに進んだ結果、「わざわざここに来て見てるってことは気になってるんだろ、気になってるならみんなここで語り合えばいいじゃん」というノリで、わざわざアンチファン隔離する必要がなくなった。これがアンチスレと書かれるようになった成り立ちに関係しているのだろう。

それにくわえて、スレタイトルアンチって言葉を付けていれば否定的発言があったとしても問題にならないこともまた理由ひとつだろう。「嫌なら見るな」が「見るからには嫌じゃない」になり、「嫌じゃないならばおもしろいかまらいか関係なく語り合えばいいじゃん」となっていった。そこで重要視されているのはいかに面白く語り合うかであって、本気で意見をぶつけ合うような態度はノイズとして扱われている。

評価」するという消費

5chで語りあっている話題ほとんどが、Vtuber放送ツイートの実況し、さら登録者数の増減を追って評価することだ。いまのVtuber界の盛り上がりかたは、かつてアイドル戦国時代かいムーブメントがあってアイドルたちが乱立して人気を競っていた状況と似ている。決定的に違うのが、応援するのではなく評価することがメインのコンテンツになっていることだ。ある放送にたいして「あいつにしてはよくやっていた」とか「もうネタ切れしてだめだ」とかのやり取りが多い。ここで少し特徴なのが、その評価に対して意見のぶつかり合いが多くないことだろう。もちろん共通評価というのはありえなく、それぞれ好き勝手に言っているので評価が異なることが多いのだが、その違いによって争いが起こることは少ない。なんというか「ガチ」感があまりない。 

争いがあまり怒らないのは、名目上はアンチスレになっていることも大きいのだろう。アンチスレと書いている以上は熱心なファンはわざわざ書き込まないだろうし。もちろん熱心なファンけが集まるようなスレもあるにはあるが、そこにほとんど人は集まっていない。Vtuberに関心があるものは大多数がアンチスレという名の個別スレで語り合っている。そこでは好き勝手に良いとか悪いとか評価するが、それ以上は踏みこむことはあまりないのだ。一方、ふたばではアンチスルーする文句を言ってノイズ扱いするという、好きなコンテンツを語りあうとき一般的な消費のされかただったりする。 

語りつづけるための在り方

5chでのvtuberの消費のされかたは、これまでよくあった、テレビワイドショーネタに誰もが無責任に語りあうようなものだ。そこに目新しさを見出すならば、テレビワイドショーとは異なり、そのコンテンツを消費する対象がごく少数という状況においては、たいていがそのコンテンツに対して好きであれ嫌いであ立場が偏りがちになるのだが、アンチスレにおいてほぼ中立立場評価しておもしろがっているところだろう。もちろん、アンチ一切お断りスレや、ただひたすらアンチに徹しているスレなどもあるが、基本的にはそこそこの距離感を保って語りあっているのが基本的な消費の仕方である

はじめからアンチスレ宣言してこのように消費するのは、コンテンツが細分化と分断化されつづけてすぐに色あせてしまうこの時代において、コンテンツ寿命熱量を増やすためにいい方法だと思う。アンチスレと名乗ってファンアンチも受け入れるコミュニティの在り方は、応援よりも批判よりも話題にしつづける(=暇をつぶす)ことを目指すならば最適な在り方なのかもしれない。

間近でお会いしたこともないし、

LIVEも行ったことないですよ。

何も判ってないでしょう。

知らないよね。あなたわたしを。

知る気もないよね。あなたわたしを。



出待ち入り待ちしてお手紙渡してくる人を

あなたは少なくとも認識はしているでしょう。



私はどこにもいないし。

あなたはそれを望んでいないでしょう。

2018-07-15

よく「自意識過剰」だとあまり人間性が合わない人に言われることがあるけど、「自意識過剰」とはどういうことなのか。

自意識過剰」がなおれば生きやすくなるのだろうか?

他人気持ち勝手に決めつけて自分気持ちが正しいと思い込んでいる事を「自意識過剰」と表現されたが、ほとんどの人がそうなのではないだろうか?

他人気持ちなんかわからない。

例えば

明日は、何年もファンをしているアーティストLIVEに行ってきます。(解散LIVEでこれで見れるのが最後だけど)と、()部分は心の中の声だとして、表情の見えないSNS上でのやり取りだった場合

何年もファンをしているアーティストLIVEなのだから、さぞ楽しみだろう。と、受取手が思うのは自意識過剰なのだろうか?

『何年もファンをしているアーティストLIVE』は一般的プラスイメージのあるワードだろう。

と、すると、受取手の思ったことは自意識過剰からくる感想ではなく、一般的感想だと言える。

2018-07-10

anond:20180607111604

増田要望ですが、デレステLIVE PARADE、ご当地ボーナスが欲しくないです?

開催地出身アイドルユニットにいると動員数が増えるボーナスがあれば、いろんなアイドルユニットに入れるきっかけになると思うんですよ。

せっかく各都道府県で開催するという体になってるんだし、故郷に錦を飾らせてあげたいです。

2018-07-06

ドコモ・クソ・カスタマイズ・高性能もしもし

NTTドコモから携帯電話を購入すると、これでもかというほどブロートウェア、もっと極端な言い方をするとなんの役にも立たないゴミアプリが入っている。画面をヒツジや豆腐があるいているし、docomo LIVE UX等という"ホーム画面アプリ"は使いにくい上にデザインも悪く、リソースも食いつぶす。

ドコモは最悪だ。デバイスメーカーが汗水垂らして必死に考えたデザインユーザエクスペリエンスを、たった一瞬で破壊する。それはソフトウェアだけではなく、ハードウェアも同様だ。

ソニー必死シンプルに美しいデザインにしようとがんばったXperiaの背面に、たった一瞬で、デザイン性のかけらもないとても醜いロゴを入れてぶちこわす。

シャープXPERIAロゴが似合うようにデザインされた背面に、ポップ体と同レベル気持ち悪さを感じる丸いフォントの自社ロゴを正々堂々と入れる。

さらにはロゴだけでは飽き足らず、ハードウェアメーカーの型番とは一切関係のない、ドコモ社内で決めた型番まで刻印する。ハードウェアメーカーが自社の型番すら刻印していないのに、だ。

そしてFeliCaマークqiマークで追い打ちをかける。奴らのマークは最も最悪だ。せめてでも中央部分等にそろえて配置してあればまだ救いようがあるものの、なんとFeliCaアンテナが入っている位置刻印してあるらしく、機種によってはものすごくアンバランス位置刻印してある。

ここで突然だがApple製品を思い出して欲しい。Appleが嫌い等の個人的感情はどうでも良い。

AppleiPhoneは7以降はFeliCaを搭載している。8以降に至ってはqiまで搭載している。

Apple製品刻印がとても少ない。8以降に至っては本体刻印されているものAppleロゴiPhone文字、それとSIMスロット内という見えない箇所ではあるがIMEI番号の刻印、それしかないのだ。

そう、FeliCaqiを搭載しておきながら、奴らのロゴ刻印していないのだ。

しかiPhoneを使うユーザーはそれらの機能を使いこなせている。FeliCaロゴがなくとも使用していくうちにこの位置で読み取り装置に当てれば失敗することがないと言うことを学習する。

何が言いたいのかというとFeliCaqiロゴ不要なんじゃないか、ということだ。

少しぐだぐだになってしまった。言いたいことをまとめていこう。

ドコモデバイスの自社カスタマイズは、汚い言い方をしてしまえば「ドコモオナニー」だ。ロゴを入れられてもユーザーは一切得をしない。ドコモゴミアプリを大量に入れられても大半のユーザーはそれらを使わず放置するだろう。少なくともわたしの廻りではそれらをまともに使っているという人を見たことがない。家電量販店データの移行などをする仕事もしていたが、かなりの人が「ゴミ」というフォルダを作ってドコモアプリをまとめていたりする。

HUAWEIのP20 Proはとても良いデバイスなのに、ドコモクソカスタマイズによってゴミのような存在にされてしまった。最上位機種のP20 Proよりエントリー機種でキャリアによる手がつけられていないP20 Liteのほうが満足度が高いという滑稽な結果も出ている。

正直anondに書いたところでドコモが態度を改めるとは思わない。

それでもたとえばこれを読んだ人がSIMフリーやau等の多少はマシなキャリアに乗り換えるなどをして、ドコモ危機感を感じるなどの未来が訪れるかも知れないことに賭けて、この稚拙文章を投下する。

2018-07-01

Your Smile

When I met you there was spring light

And breeze in the street

My childish heart cheered

In the distant summer night of that day

I neglected loneliness

As I passed through the autumn day

A warm winter street

Reassured me of your warmth

At all times you have

A sincere look in your eyes

Even if you fall you will stand up again

I drew some strength

From your profile

That only gazes ahead .

Your smile

And your voice

Created my future

The time

That began to move

Carved out slowly changing days.

I should be able to overcome

Difficulty at any time

Because I have a dream

Now I have found

Something precious

Something that I want to protect.


I don't know the reason

for your tears that day

Beyond the upset I saw

A path leading to a dream.

I'm not afraid of mistakes

If I take a step forwards

Then I can have more faith in myself.

People look towards

The other side of sadness

This is what the sight of your back has told me

At my side

By your side

I could cry with longing to live in the moment

A dream

Without end

Must lead to somebody's future.

Don't give up

Whenever

I heard your voice

I found

Something precious

Something that I want to protect

I am not alone

I am always by your side

Because I want to see your smile

From the line of "Asagao to Kase-san"

2018-06-24

anond:20180624210503

どんなお友達希望されていますか?

空いている曜日時間

密度私生活への詮索度合いのようなもの

年代職業性別希望は?

一緒に何かしたい?

誘ってほしい?

誘いたい?

一番いいのは、趣味ともかな。話題が途切れない。

食べ物の好みが近い人となら、食べ歩きが出来る。

ペットなどがいるなら、共通話題になる。

集めているものがあれば、コレクター仲間になれる。

同じ音楽聴く人と、live会場で待ち合わせたりして一緒に楽しむ。

気を付けるのは宗教政治活動くらいかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん