「PSP」を含む日記 RSS

はてなキーワード: PSPとは

2019-02-14

vitaプレイできるPSPアーカイブセールときにかったギャルゲーがたくさんある

車輪の国やっかーと思ってはじめたら、テキスト表示が汚すぎてとてもまともに読めない

テキストよむのがメインなのにこれは無理だわと思って結果数千円が無駄になった

pspでやるぶんにはいいんだろうけどね・・・

2019-02-12

初めて乳首を舐められてイッた時の話です。【再投稿

新社会人になって半年が過ぎた頃の話でした。

会社の先輩に飲み会帰りに「奢るから一回大人階段登ろう」と言われて店舗型のヘルスにはじめていきました。

先輩もオタクで、自分オタクなので、つまりアニメキャラコスプレをしてくれてサービスをしてくれるお店だったのですが、先輩は顔なじみらしく、お気に入り女の子指名しその子の気分で選ばせるようなことを言って、自分は初めてなので先輩おすすめの嬢を選んでコスプレは○音ミ○を選びました。

そのお店は、手だけのコース(安め)と口でもしてくれるコース(高め)の二種類があり、先輩は「楽しんでこいよ」と高めのコースを奢ってくれました。

 

嬢はみくちゃんといい、19歳と言っていましたが明らかに22歳の私と同年齢ぐらいだなとわかる感じで、初○ミ○も知っていて、PSPゲームがどうやら言ってた気がします。アニメを見るよりニコニコ動画の実況動画というコンテンツにはまり込んでているらしく、テラゾーやらレトルトと言ってきたもの自分がねねしぐらいしかからない事を伝えると話を合わせてくれました。良い子です。

身体を洗われシャワーを浴びながらそんな話をしていると、みくちゃんは屈んで愚息にシャワーを浴びせた後いきなり咥えてきました。びっくりしたので逃げると抜けてしまい「ごめんね、びっくりしたね」と笑っていました。もうこの時点でアルコールの酔も冷め、緊張でたたなかった愚息はバッキバキになりました。

 

シャワーを浴びおえてコスプレ衣装に着替えるみくちゃんを見ながらベッドで待ってる時常に心臓がドキドキしてました。

プレーが開始され、最初キスからまりみくちゃんは唇をだんだんと下の方に移動させ、顎、首、鎖骨、そして乳首へと到達。ここで重点的に乳首を舐められたのですが、「乳首を舐められるとはこんなにも気持ちがよいのか」と感じ、もう暴発寸前にまでなっているのを我慢していたらいきなりみくちゃんが愚息を触り始めました。

「あ、だめっ」と短い悲鳴を上げたあと一気に出てしまいました。

みくちゃんは「あ、ごめんね、気持ちよかった?いっぱいでてる」といいながらティッシュで拭き取ってくれました。

70分のコースなのに開始15分ぐらいに出てしま早漏すぎるのですが、みくちゃんはわらって「こんなに感じてくれて嬉しい」といってくれました。

 

その後はまた雑談していると「お兄さん、お口のコースなのに手だけだったからもう一回してあげるね」と言われ、いきなり咥えてきました。

かに気持ちよかったのですが、なんというか、先程の乳首に比べるとあまりにも劣ってるなと思いながら「気持ちいいよ」といいなんとか発射しないと…と考える自分がいました。

20分ぐらいそうしてもらってるとみくちゃんは顔を上げて「さっきの乳首、そんなに気持ちよかった?」と聞いてきました。心を読まれたみたいで「うん」というと「もう一回してあげる。いきそうになったらいってね」と言われ乳首を舐められると、先程のようにものすごい興奮が襲ってきました。そこからみくちゃんがかなりがんばってくれて、もう一度「いきそう」というや否や出してしまうとみくちゃんは「あー、口の中でだしてほしかったのに!」と言っていました。

 

結局、高めのコースを選んでくれたのに手だけのコースと同じになってごめんねとずっと謝ってきたので自分早漏であったことの謝罪とあまりにも乳首舐められるのが気持ちよかったありがとう感謝を伝えて70分は終わりました。

 

先輩がいい顔をして待っていて「どうだった?」と言われたので「なんかすみません、乳首舐めでイッちゃいました」というと先輩は豪快に笑った後「確かにみくちゃんはそいうところうまいよ」といってきました。

 

なので、この世には二種類の人間がいるのだと思います

乳首を舐められて感じる人とこれから感じるようになる人の二種類が。

あなたもやがてそうなるでしょう。

 

投稿元:https://anond.hatelabo.jp/20190212134150

2019-02-03

anond:20190203095245

PSPであったじゃん、昼子と戦えるやつ

2018-12-14

ゲームをほぼ触らずに生きてきたけどスマブラやってみたい

まれ23年経ったが、恥ずかしながらほとんど家庭用ゲームしたことがない。

ゲームが嫌いなわけではない。むしろ大好きだ。

ゲームしたら勉強しなくなるから、という父の意見により幼少期はゲームを与えられなかった。我が家は変な宗教に入信しているわけはない。父の独断である

周りの子達を見ると、やれ家にゲームキューブがある、アドバンスがある、SPがある、PS2がある、PSPがある…

人達に「混ぜてくれ」といって友達の家に遊びに行ったりしていた。DSが出るまでは。

DSが出ると、友人達DSを持ち寄り通信対戦で遊んでいた。もちろん私は買ってもらえるはずもない。DS持ってないのになぜかいるやつ、と言われている気分だった。もちろんそんなこと言われてはいない。ただの被害妄想である。そんなことを思っていたため、友人と遊ぶことからも足が遠のいた。

先述したとおりゲーム機は与えられなかった。それなのにパソコンは与えられたので時間があればMMOをするようになった。しかし父はそれすら気に入らなかったようで、ネット環境制限された。ネット環境のないパソコンなど子どもにとってはただの金属の塊である

 そんな私が何で遊ぶようになったかトランプだ。外に遊びにも行かず家で一人でトランプで遊んでいる姿は端から見たら精神異常者である

 中学生になったら運動部所属したこともあり、ゲームから気がそれていたのは幸いだった。

 高校生になり、スマホを与えられてしまった。ゲーム実況動画ゲームをしたような気分になった。ソシャゲが楽しかった。

 就職後しばらく経って、モンスターハンターワールドが発表された。

 あ、PS4買ってみようかな、と思った。遠方にいる友人も買うと言っていた。人生で初めて自分ゲーム機で友達と遊ぶことができる喜びを想像して心が躍った。

 家電量販店に行き、緊張しながら「ぴ…PS4ください…」と伝え、念願のゲーム機を手に入れた。手渡された後、掲げて帰りたかったくらいだ。さすがにやらなかったが。

 わくわくしながらセッティングをして、コントローラーを握ったときのあの気持ち!幼少期の呪いから解放されたような気分だった。

 いざ、モンハンをやってみた。結論からいうとあまり楽しくなかった。というか、ゲーム慣れしていない私が足を引っ張りすぎて申し訳なくなった。もちろん練習した。ゲーム内にあるコマンドだって見た。トレーニングエリア一生懸命練習した。

 でも実践になると攻撃は当たらないし、友人達コマンド表にない技をばんばん打っている。弱点属性?が何なのかもよくわからなかった。どこに書いてあるんだ。

 結局歴戦キリンで詰んでいる。

 ダークソウルができればだいたい何でも心が折れないと聞いて3を買ってみたが深淵監視者が倒せなくて詰んでいる。もしかしなくても私はゲームが下手なのでは?

 そんな折、スマブラSPが発売されると聞いた。

 今度こそワイワイ遊べるのでは、と思ったりもしたがどうやらCMで○○参戦!といっている割にキャラ解放しなければ任意キャラが選べないと聞き、尻込みしてしまう。しかCPUも強いと聞く。今までのものプレイしてきた人向けという話まで聞く。実際のところどうなんだ。ゲームがうまくなくて、過去作を触ったことがなくても楽しめそうなのか。教えてくれ。

2018-12-05

PSP処分しようと思って機器認証解除したかったけどルーターセキュリティ設定変えないとネットつなげないらしくめんどくさい

SENアカウントから一括解除してしまったわ

2018-11-23

[]うたわれるもの 散りゆく者への子守唄 PS4

うたわれるものPC版を2周した(ボイスなし・ありで2周)

PS2版の戦闘・一部イベ

トシーンを3D化したもの

でも3Dモデルとモーションがしょぼすぎて正直ドット絵ママのほうがよかった

PSPレベルだもん

あと3Dになったことでカーソル移動がしづらくなった

クォータービューだから十字キーアナログスティック入力方向と思うように合わなくてイライラした

やっぱり面白いなあ

キャラがみんな立ってるしかわいい

立ち絵もすっごいかわいい

甘露樹はこの頃から東鳩2くらいまでがベストだわ

コンシューマにあたって追加されたシナリオをはじめてプレイしたけど微妙すぎる

他にくらべてシナリオ会話がひどすぎて、そんなに長くないのに途中で何度も中断してしまった

他の既存シナリオはぐいぐい読めたのに

戦闘オリジナルよりも少し辛くなってるかな?

でも難易度普通でやる限りでは特別レベル上げしなくてもラストまでいけるし、連撃時のタイミングボタン目押しもやらなくてもいいからよかった

今回プレイしたやつは、BGMが2パターン選べるってのが売りだった

パソコン版と同じか、スペシャルエクステンデッドモードかの2択

後者は、アクアプラス社長が、うたわれ続編でも使われてるBGMも含めて音楽を場面ごとに当て直したってやつ

結果、オリジナルがやっぱりいいなって

ふわふわしてて全然耳に残らない曲ばっかでがっかりだった

30時間クリア

読み終わったら音声飛ばすっての結構やったから、音声を全部聞いてたらもうちょいかかると思う

うーん

終盤の展開はなあ・・・

前半の異世界転生オレTUEEEっぽさだけだったらダメだったのかなあ・・

世界の謎を解き明かすまでしたのはすごいっちゃすごいけど、なんつーかそれは求めてるものじゃなかったっつーか・・・

あとカミュってコンシューマで救済されたんかね?

パソコン版だと最後まで戻ってこなかった気がしてたんだが

とりま偽りの仮面も続けてはじめましたよっと

偽りの仮面アニメ全部見たけど正直微妙だったんだよなあ

からゲームも二人のハクオロまでのプロローグって割り切ってプレイするつもり

音声は序盤そうそうで全部オフった

うたわれ初代に比べてボイスききたいとあんま思えんし

あーアルルゥ沢城みゆきはすごかったなあ・・・

あとフォント微妙に読みづらい

作風に合わせてるといえば聞こえは良いけど、プレイヤーが読みづらかったらどうしようもなかろうもん

仮にもテキスト読むのが大半占めるのに

PS2版のプレイ動画たらこっちはすごい読みやすかった

アマガミVITA版もそうだけどすんげー読みづらくすんのやめてほしいわ

2018-11-20

anond:20181120100458

それは個々のコミュニティの状況に依りけり。

例えばPS4は持っている家庭と持っていない家庭がある関係上、共通話題にし辛い訳だろう。

当時のゲームボーイPSとは違い「みんな持っている環境」だったからこそブームに繋がったわけだ。それは今のポケモンとて同じ。

故に、中学生くらいまでは友達同士の話題ハブとしてポケモンをやっているコミュニティってのはそう珍しくは感じないぜ。

ちょっと前までPSPでモンハンやってたのと同じようなもんやろ。

2018-11-10

anond:20181110230137

元はガラケーゲームDSとかPSPにも移植されて今でもスマホパソコンで遊べる。

ちゃんとした続編でセシルとローザの息子が主人公

パロムとポロムも成長して出るしアフターストーリーなんでゴルベーザ活躍する。

大好きなゲームの続編を遊ばないで好きもクソもねえよなーって思う。ガラケーのはSFCFF4まんまのデザインで遊べたし。

2018-11-08

カードゲーム楽しいけどリアルでは無理

遊戯王デュエルリンクスってアプリデュエルをしている。

このゲーム登場前からPSPでもやっていた。

ゲーム内でするデュエル楽しい

リアルデュエルしたことはない。

ごくたまに近所のカードショップへ行ってカードを眺めたり、記念にパック買ったりはする。

でもそこらでデュエルや他のカードゲームしてるのはほとんど小〜高校生男子だ。

こちとら30代なので近寄ることも出来ない。

かと言ってオタク系の友達はいない。というかそもそも友達がいない。

リアルデュエルするハードル高すぎる。

早くリンクレインズみたいなVRデュエル空間が出来ねーかなー

イントゥザヴレインズしたい。

2018-10-31

ふざけんなFGO

はてぶにも投稿したものだが。

先ほどから怒りで手が震えている。

憧れの女性公衆面前で辱められたような怒りだ。

ふざけるなFGO。ふざけるな、タイプムーン。ふざけるな、DW

これ以上、エリザハロウィンという呪いに縛り付けるのはやめてくれ。

順をおって説明しよう。

Fate/GrandOrderというソーシャルゲームがある。

以前から人気のあったFateシリーズソシャゲ版だ。

元々のFateブランド効果もあり、ジワジワと人気が出て、現在大人気のソシャゲである

巷では、頭文字をとってFGOと呼ばれているものだ。

このFGOというゲーム、確かに人気はあるのだが、一部の過去作のファンの反感を買っているという一面もある。

タイプムーンというチームが制作しているFateシリーズは、シナリオライター奈須きのこ氏による魅力的なキャラクター少年漫画のような熱い展開、ゾクゾクするようなニヒルテイスト(ヲタク用語では厨二系と呼ばれる)が好評で人気を博していた。

私も、奈須きのこ氏が展開する世界観に魅了された一人だ。

だが、そのタイプムーンオールスターのような扱いのFGOで、奈須きのこ氏は過去作品登場人物をないがしろにし始めており、それが反感を買っている。

たとえば、凛とした誇り高き少女騎士であったアルトリアというヒロインは、下着姿を衆目にさらキャラクターに変えられてしまったり。

過去作品ラスボスであったキャラクターが、FGOから登場したキャラクターに倒されてしまったり。

FGOのヒットに酔っているのか、奈須きのこ氏は、過去作品の設定が邪魔だといわんばかりに「過去設定資料集は焚書」という言葉を発し、ファンを幻滅させたこともある。

そして、FGO以降顕著な傾向が、キャラクターの見当違いな方向性の贔屓だ。

もともとFateは良い出番が与えられるキャラクターと、ぞんざいな扱いをされるキャラクターで、贔屓の差が激しいことは指摘されていた。

が、その傾向はFGOになってから更に顕著だ。

原作者たちのお気に入りキャラクターは、出番がどんどん増え、そうでないキャラクター踏み台にされるといった、ファンからしたらたまったものではない現象が起きており、それが年々ひどくなっているのである

踏み台にされたキャラクターファン可哀想であることは言うまでもない。

好きなアイドルを辱められるようなものだ。

だが、ゴリ押しされたキャラクターおよび、そのファン幸福かと問われればそうでもない。

贔屓されて出番が増えるたびに、キャラクターの底の浅さが露呈し、そのキャラクターの持っていたカッコよさ、可愛らしさが潰されて、魅力がすり減っていくのだ。

笑える3枚目ポジションに収まるならまだいい。

タイプムーンギャグは、年々、パロディと身内ネタばかりの寒いものとなっており、笑えるコメディアンポジションにすらなれないのが現状だ。

そして、隠すつもりもない贔屓は反感を買い、ゴリ押しされたことによってキャラクターはどんどん嫌われていく……。

そして、現在、そのゴリ押しによって最も被害を被っているのがFate/EXTRA-CCCから登場した悪役のエリザベート・バートリーだ。

作中では、エリザベートからとってエリちゃんと呼ばれている。

Fate/EXTRA-CCCで登場したときエリザは、ワダアルコ氏の耽美な絵柄に西洋人形のようなキャラデザと、殺人鬼としてのパーソナリティが相まって、悪役として可愛さとカッコよさを両立させた素晴らしいキャラクターだった。

演じた大久保瑠美さんの演技も最高だった。

Fate/EXTRA-CCCというゲームは、PSP後期のゲームなので、微妙マイナーであったが、その完成度の高さからプレイしたファンからは口々に絶賛される名作だった。

その名作であるCCCにおいて、悪役として完璧な立ち振る舞いをしたエリザというキャラクターも、プレイヤーからは支持されていたのだ。

だが、FGOエリザの魅力を潰してしまった!

殺人鬼として悪役として魅力的だった彼女を、愛玩具に変えるために、カーミラというエリザ分身が作られ、エリザ邪悪性はカーミラに全て押しつけられた。

エリザ殺人鬼というアイデンティティを失い、カーミラエリザの関連キャラという側面が付きまとうという双方にとって美味しくない采配をされたのである

だが、これはまだいいほうだった。

カーミラというキャラクターが、不気味さとカッコよさを兼ね備えていて魅力的だったかである

エリザの魅力を潰してしまったのは、ハロウィンである

FGOは他のソシャゲと同様に季節ごとにイベントがある。

12月にはクリスマス2月にはバレンタイン

それぞれの季節のイベント担当となるキャラクターが割り当てられ、誰が担当となるかは毎年、変わっていく。

サンタクロースの中身は毎年、違う子が担当するのだ。

これは夏のイベントやお正月でも同様である

例外ハロウィンだ。

ハロウィンだけは、年が変わっても毎回、変わらず、エリザが主役なのである

いい加減、エリザファンでも辟易するほどにエリザばかりだ。

原作者である奈須きのこ氏がエリザ役の大久保瑠美さんを気に入ってしまった、などの憶測は様々に飛び交うが、どうして頑ななまでにエリザハロウィン担当させるかがファンには全く分からない。

エリザキャラクター性が掘り下げられるならまだいい。

そうではないから困る。

コメディイベントであるため、エリザの魅力がハロウィンではまったく伝わらないのだ。

ただただ、エリザ間抜けな面が強調されて、カッコ良さが擦り減っていくのみだ。

もっと言ってしまえば、エリザベートはFate/EXTRA-CCCで十分な掘り下げをされているのだからハロウィンで主役を続ける意味がないのである

そんな意味のない采配も今年で終わるか、と思われた。

ハロウィンを前にした、マチアソビというイベントで、今年のハロウィンエリザが主役ではないよと発表されたのだ。

そのイベントでは、ゲストエリザ役の大久保瑠美さんだったので、彼女の前で「今年でハロウィン降板ね」と宣告するのは残酷であったかもしれない。

だが、ようやくエリザハロウィン呪縛から解き放たれるのだとファンには朗報であった。

エリザ間抜け役回りから解放されるぞ、と。

だが、これはぬか喜びであった。

蓋を開けてみれば、今年のハロウィンエリザ黒幕だったのである

しかも、黄金を身にまとい、エリザはでっぷりとした短足オッサンの格好をさせられて、さら間抜け役回りをされてしまったのだ。

何度でもいうが、CCCエリザはすらりとしたモデルのような美脚をもち、シャープ殺人鬼の側面を持つ、かっこいい悪役であった。

それが何度もハロウィンにしばりつけられていくうちに間抜けな姿で醜態さらす羽目になってしまったのである

奈須きのこ氏に問い詰めたい。

これが、あなたの望んだエリザですか、と。

最後になるが私がタイプムーンに言いたいのは、たった2つだ。

特定キャラの贔屓をやめろ。

エリザハロウィンから解放してやれ。

今のタイプムーンは、聞く耳を持たないかもしれないが、今の彼らがしていることは、エリザゲロぶっかけ腐臭を放つ姿の彼女を市中引き回しにしているに等しいと感じる。

哀れな犠牲者をこれ以上増やさないことを切に願う。

2018-10-04

「全年齢向けエロ」というジャンル

昨今、エロ要素の拡がりが話題になってきている。

 

エロ普及問題である

 

この問題見方を変えると「エロであっても全年齢向けメディアに載せることは可能」とも取ることができよう。

PSP用のゲームCONCEPTION(コンセプション)俺の子供を産んでくれ!」がCEROレートC(15歳以上向け)でしかなく、第2作体験版3DSで15歳未満でも無料ダウンロードできたり、今期開始のアニメになったり、PS4で新作が出るのも、エロではあるもののその表現を変えているからだ。

まりセックスシーンはNGだが、手をつないで異能を発揮することで子供ができるのならOKだし、ちょっと(手を)強く握りすぎちゃって『あっあっ』と喘ぎ声が出てしまっていてもOK」ということである

 

そもそもエロ問題視されるようになったのは、同じ表現の焼き増ししかしないエロ同人作家のせいである。表現が偏っているので規制もしやすい。

 

しか問題は「どう見せるか」であって、エロ自体問題ではないことが上述のとおり分かってきた。

エロ行為すべてを表現せず、断片だけを見せることで規制回避し、読者が想像力で断片をつなぎ合わせる──それが全年齢向けエロを実現する《鍵》になるだろう。

ネットでのNG表現回避するのと同じやり口ではある。「死ね」ではなく「タヒね」、「ころすぞ」ではなく「56すぞ」と書いても、相手がその表現解釈できれば伝わる。記号を置き換えるだけで規制回避できる。「隠語」というものネット以前からあるではないか法律その他ルールも明文化しなくてはいけない以上、特定表現しか規制できない。しかし、人間想像力規制という網の目を通り抜けた断片的表現からでも、オリジナル復元しうる。

 

例えば「非実在青少年」も「くすぐられているだけならOK」であり、「お前がママになるんだよ!」も「ただくすぐられているだけの状況」では意味をなさないためOKアニメFate/stay night最終話英雄王が「今までずうっと考えていたぞ。嫌がるお前をどう組み伏せ、呪いを飲ませるか。泣き叫ぶ顔を踏みつけその腹が身ごもるほどの泥を飲ませ(略」などと発言するのも大半の視聴者に「なんですか?その『身ごもる』って」と思われる程度に場違いであればOKなのである

「※この作品に登場するキャラクターはすべて18歳以上です」「エロゲーの舞台高校なのはNGだけど、学園ならOK」といったあと付けの言い訳さえ不要

 

逆にエロではない状況を、どう見てもエロ同人の1コマしかない表現で見せる例もある(鳴見なる「ラーメン大好き小泉さん」)。

ちょっと考えてみよう。そもそもエロい」とは性的ではないシチュエーションに贈られる賛辞ではないか性的な場面で「エロい」と言われても「頭痛が痛い」と同じように意味のない二重表現になるだけではないか。そうでないもの性的にすることこそが「エロい」のである

 

というか、冒頭に挙げたようなエロ要素の拡がりを見るに、作り手は狙ってやっているように見える。現実はもうそこまで動いているのではないだろうか。

 

とすれば、残る問題受け手だ。「新しいエロ表現に、読者の想像力が追いついて来るか」である。作り手はエロとして描いているにも関わらず、受け手にはエロだと気付かれていない作品はおそらくある。先の「ラーメン大好き小泉さん」もそのひとつだろう。先のラノベ表紙エロすぎ問題における「作り手の配慮が欠けている」という指摘も、受け手理解不足によるものと思われる。

 

からと言って諦めてはいけない。コミケでは黒く塗りつぶさなければならないような使い古された記号固執する豚よりも、もっと良識のある読者層を対象に「新しい記号」を作り出すほうが建設的ではないか。あえて言えば、それがこれからエロ作家の使命ではなかろうかとさえ、私は思う。

2018-10-01

シュタゲゼロ見終わって、アニメってほんといいなと思った

シュタゲ本編のアニメリアタイで見てて、どハマりして

ほとんどゲームなんてしないくせにpsp買って原作ゲームをやった。

キャラがみんないい子で、本当にストーリー面白くてアニメ最終回でボロッボロ泣いて。

本当に大好きな作品になった。


それから数年、アニメというものに飽きてしまって何見ても既視感あってワクワク出来なくなっていた。

何見てもつまらない。

一応アニメ一覧はチェックするものの、惰性で知っている作品の続編をチラッと見る程度で

新しいアニメを見ることはほとんどなくなっていた。

そこにシュタゲゼロアニメをやると聞いて、あ、そういえばいつだったか再放送で別ルートへの仕掛けがしてあった!と思い出した。

あのとき再放送はゾクゾクした。

再放送なのにたまたま録画してあって、再放送でこういうことをやってしま公式好きだー!と思った。


あの再放送の続きが見れる。

クワクした。ドキドキした。

ネタバレ回避する為徹底的に情報遮断をした。

紅莉栖は死んでしまって、どうするんだ!?と思いながらワクワクしながらアニメを見た。

もうアニメスタートしてからは毎週泣いていたように思う。

オカリンが、まゆしぃが、ダルが、みんながまた動いて喋っている。

あの頃の、アニメにハマっていた頃の情熱やドキドキを思い出す。

画面も、変に今風に寄せていない、あの頃のシュタゲがそこにあった。


毎週アベマの最速放送で視聴した。

贅沢な30分だった。

毎回感情がいろんな方向に振り回されて、こんな体験がまた出来たことに感謝した。

ずっと面白かった。

ラボメンのオタクっぽいやり取りなど、もう若くないから見ていて若干ノリがキツイなと感じてしまうこともあったが、自分が歳をとってしまったのだなぁと思った。

そういう部分も含めて、そうか、アニメってこういう感じだったなと思った。

最終回、泣きに泣いて、もう本当に大好きだという感情シュタゲシュタゲゼロという作品出会えた感動、色んな気持ちでぐちゃぐちゃになって、こんな素晴らしい体験人生であと何回出来るのだろうかと思った。

アニメっていいな、そう思った。

久しく感じていない感情だった。

アニメに求めていたことが詰まっているような。

クワク、ドキドキ、萌え、切なさ、絶望、思い出、カタルシス。好きという気持ち

週1で追いかけることの楽しみを味わえた。

幸せ半年間だった。


こういう響くアニメもっと見たいなと思った。

もちろんシュタゲという素晴らしすぎる原作あってのことだけど。

アニメっていい。本当に。

2018-09-30

ファミコンマリオブラザーズ

ドンキーコングドンキーコングジュニアと同時購入。

ファミコンディスクスーパーマリオ2と同時購入。

そのソフトが出てしばらくしてから買った。

メガドライブはジャイニングアンドザダクネスと同時購入。

そのソフトの発売日かその直後だったはず。

本体購入前にファンタシースター2が安く売っているという情報を得て

新宿に行ったときに、FS2は売り切れていて、

その代わりにヴァーミリオンを買っていた。

いやヴァーミリオンを買ってしばらくしてから本体を買って、

そのあとに買ったS&Dがちゃんとやった最初ソフトだったかな……。

スーファミゼルダの伝説と同時購入。

まだハードが品薄だった頃。

FF4が欲しかったけど池袋では売り切れてたはず。

PCエンジンduo天外魔境2とマイトアンドマジックと同時購入。

天外1の高速版がおまけにつくキャンペーンの少し前に購入したはず。

ロードス島戦記が欲しかったけど売り切れていたはず。

ゲームボーイウィザードリィ外伝3と同時購入。

外伝3の発売直後だったはず。

外伝1は本体と一緒に借りてアイテム揃えるまでやったはず。

外伝2は外伝3の後にやった。

サターンは2万円くらいになったときデビルサマナーと同時購入。

プレステも2万円くらいになったときペルソナ1と同時購入。

ニンテンドー64オウガバトル64ムジュラの仮面と同時購入。

ムジュラは二千円以下で買った。

オウガバトル64は最終的に二千円以下になったと思うが、

買ったときは3割引くらいだった気がする。

ドリキャスも2万円くらいになったときに買ったはず。

同時に買ったのはnever7だったと思う。

プレステ2はリリーのアトリエと同時購入。

リリーの発売日くらいだったはず。

プレステ3はアルトネリコ3と同時購入。

ただし主目的torneで、それまではビデオテープに録画していた。

本体がそれなりに安くなってアルトネリコ3廉価版が出たあとのはず。

ゲームボーイアドバンスは

ファイアーエムブレムタクティクスオウガ外伝と同時購入。

目が疲れるのであまり遊べなかった。

DSLLはストレンジジャーニーと同時購入。

世界樹の1と2とドラクエ9廉価版

ヘラクレスの栄光本体購入前に買っていた。

3DSファイアーエムブレム覚醒と同時購入。

そのソフトの発売直後だった。

PSPタクティクスオウガリメイクと同時購入。

そのソフトが出てしばらくしてから

PSVITAフォトカノKISSと同時購入。

wiiu

メガテンファイアーエムブレムコラボ作品同梱版を買ったけど

まだ開封していない。

2018-09-25

ゲーム機買ってまでゲームする気が無くなった

昔は時間があれば食事睡眠以外は、ずっとゲームやっているぐらい大好きだった。

だが、年を食ったからなのか、ゲーム機とそのソフトに魅力が無いからなのか、はたまたその両方なのか。

PS3Wiiまでなら買って遊んでいたが、PS4スイッチに関しては完全に買う気が無くなった。

厳密に言えば、対応ソフトで気になるのは何作かあるが、ただそれでもハード買ってまで遊びたいと思う程のソフトは無い。

現在PCで遊べるゲームをメインに楽しんでいる。

スペックさえ満たしていれば、Steam等のDLサイトで安くなった作品を買ったりして遊んで楽しんでいる。

この間、PSVita来年生産が終了すると発表された。

PSPは持っているが、PSVitaは発売当時から気になりつつも今まで買ってなかったので、今回コレを機会に買おうかと考えている。

でも買ったところでそこまで遊ぶ事はない未来が見えているので、買わない方がいいんだろうな。

今後も何かしらの新しいハードは出ると思うが、多分もう買うことはないんだろうな。

2018-09-20

psp

サカつく6 ドハマリして1週間ゲームしてた。

まあ そんなときがあってもいいのかね。

2018-08-31

anond:20180831144239

ロード関係ないけど幻水12をまっとうに移植してほしい

PSP版はルカ様の最期がありえない仕様でつらい

2018-08-25

人生で一番悩んだ設定

PSPモンハンPC経由でマルチプレイする設定。

3日悩んで気が狂いそうだった。

2018-08-09

anond:20180809193255

PSPでそういうプロジェクトあったけどな。まだ稼働してるんかな。

2018-08-08

昔見たゲームPV

多分今から8年〜10年くらい前だと思うんだけど、PSP向けにゲームPVとかをダウンロード配信してるソニーサイトダウンロードしたPVがずっと印象に残っていて、それをもう一度見たいんだけど一向に見つからない。

3DCGで、当時としてはかなりいい品質で驚いた覚えがある。

内容は、始まり黄色い花が咲いている花畑の間に道があって、そこを馬車のようなものが通っていて、その乗り物に乗っている女の子が、見た目中学生くらいの年齢で、金髪白人風の風貌で、鼻歌を歌っていた。

そのうち港について、何かの目的のために港から出港したいのだけど、目的の船が出ていない。

女の子は他の人には見えない声と会話していて、その声の指示に従って、港の酒場にいる男に声をかけて助けを求める、という内容。

誰か知ってる人いたら教えて。

2018-07-25

anond:20180725201810

動画再生PSPのほうが画面が大きくて良かったな

シーク機能も優秀だったし

anond:20180725201334

懐かしい。俺はPSPiPod touchの対抗機種だとなぜか信じて、PSPPodcastインターネットブラウザを使い遊んでいたソニー戦士だった。

同級生が皆モンハンを遊んでいて、同じPSPユーザーなのに理解されず、俺も特にモンハンには興味がなく、非常に寂しかった。

PSP vs iPod touch

PSP全盛期だった高校生の頃、クラスの連中は休み時間になるとこぞってモンハンをしていた。

そんなモンハンの輪にも入れず、初代iPod touch音楽を聞きながら寝たふりをして休み時間をやり過ごしていた俺は、iPod touchWi-Fi一覧にアドホック中のPSPが表示されてることに気づいた。

何となく接続しようとしたが当然つながらない。

その時「おいエラーかよ」という声がモンハン集団から聞こえてきた。

もしやと思い、時間を置いてもう一度試すと「また切れたー」という声が。

偶然にもiPod touchPSPアドホック通信妨害できることを発見してしまったのだ。

それから俺は連日モンハン妨害して楽しんだ・・・わけでもなく寝たふりをしていた。

2018-07-19

anond:20180716004008

みんなやってるから

そんな感じのノリだと思う

マルチプレイから一昔前に流行ったPSPモンハンに似てる

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん