「段ボール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 段ボールとは

2018-09-16

死と骨と

私が最初に「死」を知ったのは、たぶん3〜4歳のとき

家族長野県にある小林一茶記念館で、親から小林一茶は死んでいる」ことを聞かされた時だった。なぜかその時のわたし小林一茶に親しみを感じており、かの一茶が既に「死んでいる」ことに大きな衝撃を受けたのだ。死ぬことがどういうことかよくわかっていなかったと思うが、自分の興味・親しみの対象がこの世から無くなってしまうことがあるのだと理解した(幼い子供は、あらゆる意味においてものごとが未分化状態にある。死という自分対象を引き裂く現象は鮮烈だったのかもしれない)。

その後も、私にとって死との遭遇は特異なものであり続け、不思議と私の興味をそそった。

5歳くらいの頃、家族高原ドライブに行ったときに、死に出くわすことがあった。

車を運転していた父が「あそこに死にそうな牛がいる」と、突然言い出したのだ。

父は路肩に車を停め、数百メートル先の牧場の牛舎を指し、ほらあそこに倒れている、という。私はどこどこ、と後部座席から乗り出してその牛を探した。

結局私は父がどれを指しているのかわからなかったが、家族4人で数分間じっとその牛のいる方向を見つめていたときわたしは何か畏れ多いものに触れるような感覚を覚えていた。

ドライブの帰り道も、帰宅した後も、あの牛はどうなってしまったんだろう、なんで死んでしまうんだろう、と想いを馳せていた。生き物の死に、ぼんやりとした悲しさと寂しさを感じていた。

また、こんなこともあった。小学校低学年の頃だったか実家敷地には昔、古い木造倉庫があった。祖父が細々と農業をしていたため、中には農耕具が雑然と積まれホコリとタールのにおいがしていた。その倉庫家族で片付けたときに、中に積まれていた段ボールの中で野良猫が息絶えていたのを、父親発見したのである

私は猫好きだったこともあり、死骸を見てしまたことにショックを受けた。と同時に、私は生き物の死に対してかすかな好奇心が湧き立っていたことに気づいていた。

当時の私は化石好きで、そこから派生してどういうわけか生き物の「骨」に異常な興味を持つようになっていた。道端に転がっていた骨らしきものを家に持ち帰り、これはなんの骨だと父に詰め寄ったこともあった。家の庭の土を掘っては、何か骨が出てこないかしたこともあった。

父達が猫の死骸を見つけ、枯れ木と共に段ボールごと燃やすという話を聞いたとき、実を言うと私は燃やした後の猫の亡骸がどうなるか知りたいという強い気持ちに駆られていた。もっと言えば、あの猫の「骨」がどうしても見たくなった。

時間後私はこっそり家を抜け出し、ことの始末を見に行った。枝で白い灰を探ると、何本も細い骨が出てきた。私はそのうちの1本を取り出し、家に持ち帰った。

骨は思った異常に軽く、脆く、青白かった。

自分の期待していた骨はこんなんじゃない、という落胆と、こんな形で容易く骨を手に入れてしまった自分に、ひどく失望した。それに耐えきれなくなった私は、結局その骨を元の場所に戻した。

それ以来、骨の蒐集への熱はパタリと止んだ。


しかし、骨は呪いのように私につきまとっていたようだ。

小学校高学年のとき、あるきっかけで小学生が書いた文集を読むことがあった。その中には身近な人を亡くした子どもたちの体験記が綴られていた。自分と同年代の子供が自分祖父母や親の死に直面し、火葬に立ち会う場面が幾度となく描写されており、当時の私に大きな衝撃を与えた。自分と歳も変わらないのに、そんな究極な場面に遭遇する子どもがいるのかと。

見事に骨への興味が再燃した私は、その頃普及しつつあったインターネットで、火葬場の仕組みや火葬場の写真検索した。調べれば調べるほど、人間の骨をこの目で見たくなった。

ちょうどその時期に父親が突然亡くなり、火葬の場面に立ち会うことになるとは、本当に皮肉なことだった。

40歳前半で死んだ父の骨は痛々しいほどそのままの形をとどめていた。金属の焼けたような鋭い匂いは、大人になった今でもあの記憶と共にかすかに鼻腔に甦ることがある。その場面は、11歳の私にとってあまり凄惨光景であった。頭蓋骨の2つの眼窩ポッカリ空いているの見た私は、もういい、許して、と心の中で叫び、浅はかな興味を持った自分を呪った。



あれから15年以上経った。今、比較的人の死に身近な仕事をしており(葬儀関係者ではない)、時には身寄りのない人の遺骨を扱うことも少なくない。

この前、つい好奇心に駆られ、事務所で保管している骨壷の蓋を開け、こっそりその中身を見てしまった。

やっぱり自分は変わらないな、と苦笑するしかなかった。

こわい、でも、みたいしりたい。自分の中で死と骨は密接に絡み合い、私を捉えて離さない。

2018-09-12

anond:20180912122043

まあ引っ越し屋のバイトでも「実際は人手が足りなくて荷造り役として雇われた女性でもガンガン段ボール運ばされるのに給与男性の方が高い」

ってケースも多いしな

2018-09-10

anond:20180910234855

駅等に段ボールで住居を製作されている方々を一時的収容する施設を作ると思うんだ

そこをボランティアにも開放してはどうだろう

2018-09-09

生活の荒れ具合を示すバロメータ

下着トランクス)って毎日替える必要ある? ーー anond:20180909201028

ひとり暮らし他人の目を気にしなくていい気楽さがある分、忙しいときなどには荒れてしまやすい。

荒れ具合を確かめるためのバロメータひとつがリソックス・リパンツの発生だ。

洗濯していない下着を裏返してもう一度着るなどという屈辱。なんとしてでも避けなければならない。

そんな覚悟とは裏腹に、生活もっと荒れていくことがある。リパンツが頻発している状況で、急な呼び出しが入った。行かねばならないがクサイ下着を履いては行けない。そのようにしてレンジパンツは発生する。洗剤をつけて揉み洗いしたのちよく絞り、レンジで一分加熱したのちに振る、というのを繰り返すと現実的時間健全パンツが手に入る。これがレンジパンツだ。洗剤で洗ったのだから原則キレイなはず(と自分に言い聞かす)。ただしこれはオススメしない。その日俺はレンジ皿直置きを躊躇して、そこらに落ちてる段ボールをちぎり、パンツを載せてチンした。ユニットバスで頭を洗ったあと戻ると、あれっ何だか煙いぞ… これは湯気じゃない! キッチンは白煙で満たされていた。俺は全裸ガラス窓を何度も叩いた。開かない! 開かない! 開かない! 別の窓は力押しで開いた。煙が外に流れていく。窓が開かなかったのはなんのことはない、鍵がかかっていただけだ。パニックの中では鍵を開けようなどという単純な発想も吹き飛んでしまう。俺は真の恐怖を味わった。パンツ一枚のために。素っ裸で畳に横たわって思った。こんな生活は改めなければならぬ。煙が出たのは、段ボールを留めていた樹脂テープ過熱して発火したからだった。消化するとき取り落としてしまったので、ビニール床には焦げ跡がついていた。パンツは無事だった。





FAQ(ようこそズボラ生活へ):

Q. 洗濯周期分のパンツがあればよいのでは。

A. 各洗濯行為ハードルは干すことになる服の総量に比例して大きくなるのです。あるポイントを越えて生活が荒れると、洗濯周期というもの消滅します。「洗い物が干されないままに再び洗濯される」これもバロメータひとつ。他のバロメータライトなところでは「料理をしなくなる」。進行するとゴミが出るのを嫌がり買い食いさえも億劫になって発生する「毎食が外食」。

2018-09-05

飛脚仕分けバイト

9/4 10:00~12:00 入所日 書類DVD

9/5 9:00~12:00 作業DVD

作業初日

1週間前に入所した方から作業と端末機の

説明ざっと受けその後一人で作業

いくら簡単とはいえ

物凄い荷物の量をさばき、荷物サイズ重量もピンきり、しか時間との戦い、仕分け洗礼をうけた。

自分宅配を利用する。

よく段ボールが破損したりしているが、その理由がなんとなく解った。

が、自分は破損をみて不快だった気持ちが強いから丁寧さを心掛けようと思った。

総合的にここの会社は丁寧ではないと思った。

普通初日施設内の案内や駐車場場所など

説明を受けるが、ここは一切なくこちから質問。2日目にしてやっと回答を得た。

前回の販売接客比較したら黙々作業の方が合ってるが、、

2018-09-01

猫死んじゃった

この場があるのを感謝して、書きなぐらせてもらう。

仕事から帰ったら部屋の片隅で硬くなってた。

最近便秘で入退院繰り返してたけど、便秘気味なのは前々からから深刻になってなかった。

しろ食欲もちゃんとあって、うんちもきちんと出たからほっとしていた矢先だった。

最近、土日も仕事が多くて、振替休日も私が暑さでダレきってて、一緒にぼーっと寝てるだけだったから、

明日からは久々にゆっくりできるからブラッシングしたりシーツ洗ったりして

ちゃんスキンシップとりながらゆったりいちゃいちゃ(表現キモくてごめん)しようと思ってた。

から今日の朝にシャワー浴びてるときに構え声(誤字にあらず)で鳴いてても

「あー、もう明日ゆっくり付き合うから」って邪険に扱ってて、出かけるとき

「行ってくるね」くらいしか言わなかった。遅刻しかけてバタバタしてたかちゃんと振り返りもしなかった。

いつもはもう少し丁寧に「行ってきます留守番よろしく」くらいは言ってたのに。

で、今日も遅くなってしまって、帰ってきたらいつもの通りに「帰るの遅っ」って鳴きながら出てくるはずなのに

出てこなくて、嫌な予感で部屋に入ったら、冒頭の通りだった。

かかりつけの病院が夜中も対応してくれて、取り乱して電話したけど、「とにかくすぐに連れてきなさい」って言ってくれて

キャリーに入れようとしたら硬くなってるから入れられなくて、隠れ家用においてた段ボールで運んでいった。

便秘も良くなってたし、毛づやも悪くないかたから、突然の心不全じゃないかって話だった。

慰めで言ってくれたかもしれないけど、どの時間に私が帰っててもどうしててもどうしようもなかったんじゃないかって。

健康若い猫でもたまに見られる話だって

里親ボランティアさんから我が家に来たのがちょうど10年前。

その時に推定3~4歳って言われたから、今は13~14歳しか猫エイズキャリアだったか

発症または老化での介護問題を今後いろいろ考えとかないとなあ、とは漠然と考えていた。

でも、こんないきなりのお別れは全くゼロだった。

とにかく、獣医さんで処置してもらってドライアイスもらって、家帰って

病院に連れて行くときに使った箱に入れたまま、通夜

よく見たら箱はキャットフードまとめ買いした時の箱だった。もう嫌だ。

この気候もあるから明日には火葬しないといけない。ペット葬儀会社の見当をつけた。

で、誰かに吐き出したいんだけど、友人とカニ夜中に電話するのは迷惑だし、メール送るのもなんか違うし

ここに吐き出させてもらう。

猫、ごめん。一匹で逝かせてごめん。ズボラな飼い主でごめん。

なんだよ、やっと振替休日取って三連休決めたらこれかよ。

そういえば体調崩すのも給料日直後とかボーナス直後とか変な空気読むやつだった。

私が親知らず腫らして寝込んだときは、腫れたほほにそっと肉球を添えてくれた。

合成肉が嫌いで、ウェットフードの時は見事にそれだけ残してた。

ブーツから脱ぎたての足の臭い大好きで、冬場は帰宅の都度私の足にしがみついてうっとりしてた。

カメラ嫌いで写真撮ると大体怖い顔だった。寝顔撮りまくりできるのが今っての何これ。嫌だ。

愛しさと申し訳なさとでもうぐちゃぐちゃだ。



追記2018年9月2日

コメントくださったみなさま、経験談やお悔やみや励ましの言葉ありがとうございました。

エントリでその後とお礼を書きました。

「猫死んじゃった」のあとのこれから。(お礼とかコメント返し的な)

2018-08-14

anond:20180814165054

えろ漫画描いてることは言ってたよ

さすがに見せてはいなかったけど

段ボールとか置いてある部屋があるから入るな、とは言ってた。鍵かけてなかったから入られちゃったけどな

同人止めろと言われて離婚した話

https://togetter.com/li/1256393

 

これを読んで、自分のことのように思えたので、増田に書き殴っておく

俺は社会人しながら同人やってるどこにでもいるオタクだった

会社ではオタク趣味は隠していたが、まああれこれあって、彼女と知り合いつきあうことになった

結婚するときには、オタク趣味を許容してくれる人じゃないと嫌だったので、つきあっている頃からアニメ漫画好きだ、というカミングアウトをしていた

結婚を言い出したのは彼女の方だった

俺は悩んだが、自分同人誌を描いている。ぶっちゃけえっちな奴だ。そのためにコミケにも行くガチオタでそういう知り合いも多い

もちろん社会人は続けるが、同人人生の一部なので止める気はない。そしてこの趣味は周囲には黙っておいて欲しい。

理解しろとは言わない、放置しておいてくれるなら結婚する、といった

彼女は一応最近テレビのせいでコミケくらいは知っていたのと、ネットコミケオタクにも理解があったためかOKしてくれた

 

しか結婚したらそうも行かなかった。

俺はマンションを購入していたので、そこに彼女がやってきたのだが、俺は一部屋同人誌用に抑えていた

それを彼女解放して子供の部屋にしろという。そもそも子供まだいないし。

だが二人の荷物を置く部屋がないからなんにせろ部屋は空けろと言い始めた。部屋空けろってことは本を手放せって事だ。許容できるわけがない。

オーケー分かった。じゃあ広いマンションに引っ越そう。と言ったがそれは嫌らしい。

夏コミに行こうとしたら、実家に帰るのだから止めてくれと言われた。ゆうてもコミケは1日だけしかいかないんだからその日避けて日程組んでくれれば行くんだが、嫌だ、という。

段ボールが沢山家に届くのが嫌だというので、じゃあレンタル倉庫借りると言えば、そういうのは嫌だ、という

何が何だかからないが、改善策をこちらは出すのに嫌だ嫌だでラチがあかない。

じっくり話し合ってみたら、どうも彼女根本的に同人誌が気持ち悪いと思っているらしかった。

入るなと言ったのに掃除するつもりで、俺の部屋に入って、俺の同人誌を見てしまったらしい。えろくて気持ち悪かったそうだ。

本音はそういう趣味を止めて欲しい。あの趣味以外はあなたはとてもいい人で満足している、ということだった。

俺は絶対に嫌だと言った。最初の話と違う、と言った。放置しておいてくれればいいと言ったのに、口を何で出してくるのかと。

まさかここまでとは思っていなかった。同人誌の世界をよくわかっていなかった。とにかく、私の旦那がそんなことをしているのが嫌なのだ、と言った。

あなたかわいい女の子の絵が描けるのはしっているし、上手だな、すごいな、漫画も書けるのかと思っていたが、まさかあんエロ漫画だなんて思わなかった。もったいない。まともな漫画を描くなら何も言わない、と。

 

結局離婚した。

嫌だという物は仕方ない。彼女は別れたくないと言ったが、俺がコミケに行ったりする度に不機嫌になって何日も口を聞かないんだから、こっちの方が嫌になった。

今は仕方ないけど子供が出来たら絶対止めて、と言われたので、こいつと子供作ったら同人出来ないならもういらないや、と思って別れを切り出した。

 

なので女は豹変する。

なんというか、「ここまでガチとは思わなかった」と言われた。部屋に大量の段ボールがあったり、という光景が信じられなかったらしい。

俺の元嫁の場合、俺の趣味が気になって、当日こっそりコミケに見に行ったりもしてたようで、汗だくになって列をさばいている俺が別の世界人間に見えて許容できなかったようだ

しかし、最悪だったのは、別れた後に、黙っておけと言ったのに離婚理由を俺の趣味だと言いふらしたこと

おかげで会社バレして転職する羽目になって最悪だった。こっちの方を慰謝料請求したいくらい。

こういうことがあるから結婚ギリギリまでオタクは隠すんだよな…別れた後に言いふらされるのが一番害悪だよ。

 

 

2018-08-10

完結済みのマンガが全話無料公開されてて読んでみたら、過去にどっかのサイト広告で見たことあるやつだった(彼氏の部屋のベッドの下に隠れてたら、彼氏が別の女をつれこんで浮気始めちゃう、みたいな場面)

通しで読んでみてわかったけど、そのシーン、想像以上に話の大筋に関係なかったわ

こうして自分だって覚えてたわけだし、ストーリー重要じゃなかろうがとりあえず刺激的な場面を切り出すとクリック数よくなるもんなのかねえ

ちなみに今まで見たマンガWEB広告で一番印象に残っているのは、段ボールからおばあちゃんがピョコ!あっあっ というやつです

2018-08-05

anond:20180805234500

運輸はお急ぎ便を高額にして再配達有料化・高額化すればいい。

建設酷暑の中無理して納期を守る必要もない。

今は客が傲慢すぎ。のさばりすぎ。

段ボールハウスに住めではなく、もっとダラダラ仕事しろということ。

2018-08-03

anond:20180803160411

少ない小麦を膨張させる薬とか

この薬を混ぜれば機械に素材が引っ付かなくなるから掃除の手間が省けて楽だとか

植物油なら冷蔵庫不要で常温保存できて野ざらし段ボールで十分とか

技術革新消費者利益方向だけじゃなくて詐欺不正技術も発達するから未来にあるのは理想社会だけではない

2018-08-01

anond:20180427000250

だよな

みかん段ボールいっぱい作っても100円だし

パネルのほうが一億倍いいよね

2018-07-11

anond:20180711132508

千羽鶴が憎い右翼勢力自然災害利用してたたいてる、が正体だろ

自作自演ネトウヨが巨大な段ボールを送り付けてるのかもな

anond:20180711093112

柄悪い客には警察を呼ばずへりくだるのに障碍者にはこういうことやるのが日本社会からなあ

暴力団事務所の前で爺の原付速度違反を取り締まる

社員倉庫から段ボールを持ち出すのを見て見ぬふりしてババアが半額パンを盗むのを捕獲して偉そうに説教

ほんとうにくさっとるわ

2018-07-05

anond:20180705174716

だったらハンブワーガーやコウヒーの宣伝を載せたらクリックして豆を段ボールで買いますか? 

あなたコーヒーを年間契約しないせいでゲーム広告詐欺だらけになるんですよ!

2018-07-04

anond:20180704115048

twitterpixiv宣伝してるとは書いてないし、一年に一度の活動じゃ宣伝したって忘れられるだろ。

1000冊なんて20ページならコミケ搬入段ボール3つか4ぐらいの量でしなかい

そりゃないわ。

商業コミックスくらいの大きさのペラペラの本だと思ってるのか?

同人誌ってでかいし、いい紙使うから商業コミックスより厚さの割に重いぞ?

anond:20180704082229

今は昔と違って、Twitterpixivいくらでもすぐ瞬間的に名前が売れる

島中→誕生日席→壁も、3,4回の参加なら珍しいことでもない

勢いあるとこはそんなもんだし

特定されないためにいくら創作は入ってるだろうけど

父親を断って娘のバカンス

は本当だと思うよ

無意識感情が入ってる感じがする

壁サーは1000円1万冊売って1000万

1000円1000冊でも100万

1000冊なんて20ページならコミケ搬入段ボール3つか4ぐらいの量でしなかい

1000冊以上売るのはサークルの中で5%ぐらい

勢いあるとこなら余裕だと思うよ

ただそれが何年続くか

維持するのは大変ぽい

2018-07-03

エアコン以外の暑さ対策を教えてくれ

今夏、北海道が蒸し暑い。そんでもって北海道賃貸エアコンがない場合がある。

私の部屋ももれなくその一つで、扇風機で凌ぐほかない。つらい。雨が降ってて窓も開けられないし。

そこで、本州の皆さんなら何かよい知恵をお持ちだと考えた。マジで教えてください。私、本当に何でもしまから

追記

皆さんありがとう

段ボールに凍らせたペットボトルとても良さそう!

他のもやってみます

anond:20180703112919

いらないいらない

特殊機材は衛生問題あるから買わないほうがいい

段ボール買いもよくない

使い捨てウィルキンソンをその都度バラで買うのがいい

anond:20180702223510

ボールペンシャンプー漫画買ったら

まとめて配送で頼んだのに

それぞれ一個づつ別々の段ボールで届いた

ボールペン一本だけ大きい段ボールに入って

シャンプーも大きい段ボールに一個だけ入ってて

最高に地球に厳しい

2018-07-02

無くしてたマッサージ増田見付けた尻乱す巻きジーさっま縦敷くな(回文

私そんなに肩こりもちでは無いんだけど、

ここのところのなんか

ぐでーとした暑さに身体だるいわ。

シャキッとしたくて、

そう言えば低周波治療器みたいなのあったわよね?って思ってたんだけど、

どこいったんだっけ?

もう随分前に買って使ってるものから

新しくパッドも取り寄せたのね。

で、いざ使おうと思ってたその機械がなくて

しまくってたわ!

探し物をやめた途端に出てくるという効果を狙って、

一端は探すのやめたわよーってお知らせしたんだけど、

やっぱり向こうから出てくるわけはないわよね。

でもあるところは限られてるから

きっと見当は付いてるはずよ。

実家にも見に行ったのよ!

なかったわ!

家中段ボールや箱を探しまくって、

もうないから新しいの買うかーって諦めかけた寸前、

最後最後で一番見るのが最後になった箱を見たのね。

そしたらそこに入ってたわ!

よりによって一番最後に見た箱に入ってるとか。

まあ世の中そんなものね。

おかげで今日はその揉み返しで腰や肩が筋肉痛よ!

なんか余計にぐったり。

でもこれは効いてる証拠わ!!!

生きている証でもある!!!

疲れたのか疲れが取れたのかどっちよ?っていう週末でした。

うふふ。


今日朝ご飯

パン昨日買ってきて食べ損なっちゃったチキンの挟まったサンドイッチ

今日はこれを優雅に食べるわ。

あんまり大きかったので半分はお昼ご飯します。

デトックスウォーター

実家ちょっと寄って帰った際、

シソジュース貰ってきたわ!

これ炭酸で割ったりハイボール作ったりすると美味しいのよ。

赤い色は怪しいけどシソの色となると、

そういった派手な色は何かに効きそうな気がするわね!

そんな紫蘇ウォーラー


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-06-28

小4で漫画図書館運営した話

小学校四年時

ドッジボールに代わる休み時間の過ごし方を考えた俺は

から漫画を持ってきて読むことにした。我ながら中々のワルである

読んでいたのはスーパードンキーコングコミカライズ作品というキワモノ

それをクラスメイトメガネ君に見つかって珍しいから読ませてと頼まれて読ませてあげて以降

お互いの漫画学校に持ち寄って休み時間に読むというのが俺とメガネ君休み時間定番になった。

クラス漫画を読むなんてことをしていれば当然目立って、先生にチクられて怒られたら辞めようくらいに思っていたが

そうはならずに読書仲間が一人二人と増えていき、あっという間にクラス中に漫画の回し読みが蔓延した。

みんなドッジボールゴム飛びには飽きていたんだろう。

読書仲間の増加で漫画供給が追い付かなくなってきたので、俺は家にある漫画教室ロッカーストックした。

すると読書仲間もそれに追随してくれて教室ロッカーがあっという間に漫画だらけ。

更に女子少女漫画を持ってきだすと、漫画持ってない奴が図鑑段ボールで持ってきたりして

こうなってくると貸し借りのトラブルが発生するのは自明の理である

そこで図書委員だったメガネ君提案で貸出票と管理ノート作成

ここに4年3組漫画図書館が誕生した。

俺とメガネ君は貸出票の作成管理に追われて漫画を読む暇もなかったが、

お互いを館長・副館長と呼び合って楽しくやっていた。

漫画図書館の名声は他所クラスにまで広がり、俺はいい気になっていたが

クラスの奴が借りにきだした時点で、担任先生からストップがかかった。

先生クラス漫画図書館が運営されていること、その首謀者が俺だということを見抜いていたのだ。

教室漫画だらけなんだからバレて当たり前っちゃ当たり前なんだが……

先生は「授業に支障はきたしていない」「皆で楽しく図書運営している」といことで黙認していてくれたのだ。

ただ他所クラスにまで波及してしまっては担任一人で責任を負えない。

先生と俺との協議の末、4年3組漫画図書館は平和的に閉館することが決まった。

閉館後、本の紛失が0件だったことが俺とメガネ君の誇りである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん