「シンデレラガールズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シンデレラガールズとは

2017-10-23

アイドルマスター シンデレラガールズ CM メンバー発表時の選挙順位

3弾

 小日向美穂 9位

 多田李衣菜 7位

 十時愛梨  1位

 川島瑞樹 10

 本田未央 圏外

4弾

 日野茜 5位

 赤城みりあ 圏外

 安部菜々 15位

 新田美波 13位

 輿水幸子 14位

5弾

 佐久間まゆ 圏外→6位

 白坂小梅  26位→10

 緒方智絵里 6位→7位

 アナスタシア なし→2位

 高森藍子  20位→15位

6弾

 星輝子  なし→12

 神谷奈緒 圏外→11

 北条加蓮 圏外→8位

 小早川紗枝 圏外→圏外

 堀裕子  なし→47位

7弾

 鷺沢文香 なし→なし→6位

 姫川友紀 21位→17位→8位

 宮本フレデリカ 圏外→圏外→40位

 速水奏  なし→25位→26位

 市原仁奈 4位→39位→48位

8弾

 橘ありす  なし→24位→37位→45位 ボイス1位

 片桐早苗  なし→41位→圏外→圏外

 一ノ瀬志希 なし→なし→44位→5位 ボイス6位

 塩見周子  圏外→19位→11位→1位 ボイス2位

 櫻井桃華  圏外→32位→50位→32位 ボイス18位

9弾

 大槻唯   22位→46位→49位→19位 ボイス13位

 中野有香  圏外→圏外→圏外→圏外

 二宮飛鳥  なし→なし→圏外→38位 ボイス20

 相葉夕美  25位→26位→23位→4位 ボイス7位

 五十嵐響子 24位→42位→24位→20位 ボイス4位

10

 乙倉悠貴 なし→なし→なし→31位→36位

 松永涼   圏外→圏外→圏外→圏外→圏外

 依田芳乃 なし→なし→なし→22位→5位 ボイス14位

2017-10-15

アイドルマスターSideMと私Pを振り返る

アニメおめでとう。

みんな動いてるたーのし!!!

担当さん出番まだかな。

そんな感じで、思い立ったのでいままでと、アニメ化で決まった決意を書いてみる

私のアイマス入り口アニマス、5年前くらいだっただろうか。

初めて見た深夜アニメの一つで、当時やっていた深夜アニメの中でハードルが低かったのがきっかけで見続けた。なんというか、深夜アニメは独特の世界観のあるものが多い。アイマスもまあ、あるにはあるのだけど、アニマスライトというか共感できる、わかりやすアイドルものだったと思う。

そこからしばらくはあまりピンと来なくて、ハマっているとは言いがたかったのだが、アニメから半年くらいですっかり沼のなかだった。

ニコマスやノベマス、私を引きずり込む数多の作品群。豊富コミカライズ。どんどん好きになっていくキャラクター

そして触り始めたのが当時始まったばかりのシンデレラガールズ菊地真を集める度に出た。楽しかったが、真を育てきると飽きてしまった。何をしたらいいかよくわからなくなったから。

次に始めたのは、劇場版アイドルマスター放映決定してすぐのミリオンライブ菊地真を長々プロデュースできる。定期的に真のイベントが来て、新しい台詞が増える。楽しい。はまりにはまった。暫くすればミリオン組にも愛着が湧いた。特に真と仲良くしてくれてるひなたちゃんとか、自分と同じく本好きの百合子ちゃん、そして歩、茜のかわいさにやられた。かわいい。あの子達なんなんだ。

そしてその頃から、周りの友達がどんどん腐女子化していくなかでの私の異物感を感じるようになった。私は、女の子キャラばかり好きになっていて、男の子のことはあまり好きになれないんじゃないだろうか。

長い長い前置きだったが、ここからやっとSideMの話である

そんな中、予告されたのがSideMだった。真ん中で踊るJupiter文字。率直に書くと混乱した。色々あった、ぜーんぶの後にアイマスが好きになったから、私はJupiterはそこそこ愛着があった。(特に冬馬が好きだった。)

でも男の人が受け入れられなかった過去のあるアイドルマスターも知っている。私がJupiterを好きになったのは、そんな中でもJupiterを大切にしてきた人の存在があったからだということも。ちゃんと彼らの居場所が、男の子アイドルマスターでできるのだろうか。

それに、私のような女の子かわいいで生きている人にはあわないんじゃないかと身構えた。でもアイドルマスター

深く考えずに事前登録ボタンを押して、事前登録特典のあまとうだけもらおう、はまらなかったらやめようと思った。何よりここで始めなかったらそれこそJupiterの居場所がなくなると思ったし。私が始めることなんて小さなことだけど、そんな小さなことがきっと彼らの未来を切り開くんだって信じて。

あと女の子アイドル物には興味のない友達でもアイドルマスターに興味を示してくれるかもしれない、って下心もあった。やっぱり好きなものが人に好きになってもらえたら嬉しい。

当時発表されていたキャラでは、てんてると次郎ちゃん、ピエールアスランと、咲ちゃんと麗君を覚えている。ピエール咲ちゃんと麗君はかわいくて、私でも好きになれるかも、と目星をつけた記憶。他にもそんなPさんいっぱいいたなー。てんてるは嘘やん、メインぽいのにひげ……と変な顔になったような。次郎ちゃんはその見た目に爆笑した。こんなタイプアイマスに来るなんて、前代未聞というか、こう、なるほどなーと。

そして後の担当となるアスランには、マイナスイメージを抱いた。いや、最低なんだけど、当時蘭子ちゃんがシンデレラガール(総選挙一位)のブーム時。そしてひねくれものの私は安易流行にのって人気を取りに行くのがあんまりきじゃなかった。薄っぺらキャラな気がして嫌だった。いや、思えば表層しかみない私が薄っぺらだったんだけど。アスラン大好き。

わくわくして、ミリデレ765の同僚さんとサービス開始を待つもなかなか始まらない。そんな中、Twitterとかで言われ始めたのが、「男性Pがわくわくしてサービス開始を待っている異様な感じ」で「ホモマス」だったとおもう。みんなが嫌いなやつ。

かにアイドルマスターが好きな女、いわゆる私みたいなやつは一定数以上はいて、そんな人たちも好意的SideMを楽しみにしていた。でも、元々男性向け。だから事前登録の人たちって結構男性Pだった。ほんとに男性Pだらけだった。証拠、とは言いがたいけど、私が初めてはいったチームのメンバーは女5に対して男15位の割合だったと思う。それでも女子が一杯だー!って騒いだ記憶が。

まだ略称が決まらなくて、ドMとか、サイマスとか言われてた中、私の周りの男性Pさんにとってホモマスって呼称は、男キャラを心待にする男性Pの自分への皮肉というか、ギャグだった。サービスがなかなか開始しないから、自身ネタにしないと話題にもできなかったし。

それが侮蔑だ、って言われてる最近の話は不思議だなーって思う。まあ、そういう使い方をした人がいて、それが問題だったのかもしれない。不愉快に感じる人がいるから使わないスタンスだけど、私はあの呼び方は内々の会話の中ならただのおふざけだったと思うからなー。確かにそれが一番広まった略称になってたら問題だったかもだけどね。

もう、サービス開始までの長かったこと長かったこと。一回始まったのになんか終わってたし。仕方ないかもっと待って、当時ガラケーだった携帯に「お待たせしましたプロデューサーさん」って文字が出たのをみたときは、ワクワクしながら家に帰った。やっとSideMだー!って!

当時の自分が、モバゲー掲示板お題が「最近いたこと」だった日に、「ホモマスがちゃんとはじまったこと」って書き込んでたのを見つけた。こいつ……ホモマスとか言ってやがる、殺される、って書き込みを消したけど、そっか、そんなことに喜んでた時期があったんだな、って懐かしくなった。

でも、そこからイベントも始まらないし。とりあえず貰ったJupiterMMにして、営業咲ちゃんとピエを手に入れる旅に出た記憶咲ちゃんゾーン遠かったなー。数多のアスランスカウトされていった。それでもやることもなくなってのへーっとしてたら、やっとやっと、はじめてのイベントが来た。

何でかわかんないんだけど、私のチームの男性Pさん達はみんな巻緒にはまってて、それ故に私のなかでカフェパレードの株が高かった。元々他のアイドルマスターで仲良くて、そんなPさんの好評価だったからそりゃ評価も上がる。当時のPの中では(圧倒的Jupiterだったのはおいとくと、)カフェパレ、Beit、ドラスタが三強だったんじゃないかなー?知らんけど。

一個目のイベントドラスタとW、私はあんまり手持ちも育ててなくて(てんてるくらい?)、キャラも手探りだったなーって。もう、桜庭乱入面白かった。横から滑り込み楽しすぎて。ボーナスタイム発生毎に、「乱入wwwwwwwwwなんでwwwwwww嘘やんwwwwwwww」って笑ってたら、みんなも笑っとった。一大ネタやった。好き。

あとこのとき、Wが(はっきりとは語られないけど)多分カフェパレードと戦って、アスランが怖かったとの旨をプロデューサー供述するんだよ。そこでアスランじゃん!!!ってなって、私の中でアスランの株が上がり始めた。怖がられてやんのー、かわいーって感じだった。

Wちゃんかわいかったなー。完走SR、未だに大事にしてる。ドラスタもわちゃわちゃしてた。面白かった。あと雑誌も衝撃だったなー。イベント雑誌!?おぉー!って!!!

今や余りまくりマニーとか思い出メモが足りなかったのも懐かしいなー。

あの時はもうなんか必死で、少しずつ男性Pが離れていく中で何とかしてSideMも生き残ってほしい!!!って布教しまくってた。

グリーンパレードも忘れられない。あのイベント、楽しかったな。あれでカフェパレードホントに好きになった。とくにしののの株が上がった記憶封印されるアスラン大好き。

そっからしばらくして、一回目のワケ生開催が告知されて、すっごく嬉しくなったしすごく不安になった。演者さんがJupiterとして生放送に出る。大丈夫なのかな、って。

9.18のことを話すと、本家のPを槍玉にあげて攻撃する人がいるかあんまり言いたくはない。でもやっぱり、今まで大好きだったのにプロデュースできなくなったアイドルがいて、代わりにライバルの男キャラって言われて、その男キャラ八つ当たりちゃう、ってのはわかる心理(でもJupiterに罪はないと思うんだけど)だし。だからJupiterを嫌いだっていう人の存在を感じながら、私はずっとJupiterに触れていた。二次創作Jupiter作品が出る度、多くの歓迎に喜び、少しだけど目立つ誹謗中傷に胸がいたかった。静かにマイリストとかお絵描きするとか、そんなことしかできなかったけど、Jupiterもっと光が当たるようにずっと祈っていた。

キャラに罪はないよね。罪があるとしたら、プレイヤー運営だ。産み出されて来た彼ら、彼女らには愛されてほしいと祈ってしまうよねー。魅力的なのに、それを知らないなんて勿体ないなって思うし。

まあそんな不安もあったけど、その何倍も期待もあって。何だかんだで愛されるようになってた彼らのおっきい門出があれば、みんながSideMに興味を持つんじゃないかもっともっと愛されるコンテンツになってくれるんじゃないかって、楽しみで楽しみでしかたがなかった。

そしたらふたを開けてみたら、楽しそうな三人がわいわいやってて、コメントもすごく暖かくて。しかしかも、ドラスタに声がつく発表…!!嬉しかったなぁ……。だって未来が見えた気がした。Jupiterだけだった人も多かったSideMがばばーんってグレードアップしていく感じで!

ガチガチに緊張してるドラスタの三人が何だかすごく新人さんって感じで尊くて、しか桜庭乱入してくるし。内田弟だったのも面白かったし。もうとにかく応援しなきゃ、って思った。この人たち、アイドル達がもっとステージに立てるように。まだあんまり知らないアイドル達が声を得て、誰かの特別アイドルになれるように。

アイドルマスターって、声優さんの重みがある、っていうか、声の力にホント意味を感じるジャンルで。だからこそ、それで広がる未来が見えたのが嬉しくて仕方なかった。

そこからスピードはすごかったなーって。

ホントきっかけは解らないんだけど、ある日気がついたら「アスランだな、私、アスランのPだ」って思うようになってて、その時やっと気づいた。そーいやJupiterにも物凄く愛着わいてるし、アスラン好きだし、全然男の子好きになれてるじゃん!って。猫に餌あげるアスラン天使だよね。いやサタンの僕なんだけどさ。

初めて担当に声がつくのを経験した。最初は思ったより高くてビックリしたけど、徐々に愛着が沸いてきて、アスランを演じる古川さんのことも少しずつ好きになっていった。

初めて男キャラCDをかった。そもそも男性ボーカルの曲はあまり好きにならないんだけど、JupiterAlice or guiltyとか恋はじとか好きになってたし、あのもはや曲か怪しいくらい愉快なカフェパレの曲は本当にはまった。楽しい曲だ。

ライブ担当がいないのは寂しかった。だけど、Jupiterステージにたっていたことに嬉しくなった。

もともとシンデレラでもあんまりきじゃなかった総選挙をした。自分担当が人気キャラであることにほっとして、そんな自分が嫌だとも思った。大好きなアイドル達のランク付けは、なんだか好きじゃない。だけど、アスランが低いランキングになったら、って恐怖が投票させる。すごく切なかった

バレンタインチョコをg単位で貢いだ。いっぱい他のゲーム女の子チョコもらうのに、アスランにはあげる側なのが楽しかった。

イベントを走った。自分の財布の足らないお金を恨んだ。

そしたら、どんどん、気がつけばSideMはおっきなコンテンツになっていて、私の応援がどんどん小さなものになってきた。

ずっと応援してたジャンルが大きくなっていくのを初めて身をもって感じた。すごく嬉しい。

アニメ化が決まって、不意に思った。もう私、死ぬ気で応援なんてしなくても、SideM全然大丈夫なんだな、って。応援が実るのってこんな感じなんだな、って身体中に染みた。

そして、一気に、疲れてきた。

コンテンツがおっきくなって、他のアイドルマスターのこと嫌い、SideMSideMだけでいいって人が増えてそんな声の持つ力も増して。

ある意味、あの頃にあったいつSideMが倒れる変わらない、かじりつかなきゃいけない恐怖感がなくなったことがわかってうれしいことだ。でも、私はアイドルマスターが好きだから、そんな声が辛い。とても辛くて、寂しくて、アイドルマスターからSideM応援してたけど、今はSideMとして好きなんだ、だけどアイドルマスターも好きなんだって気持ちが辛くなってきた。

そんなまま、アスランさんをプロデュースして、楽しみきれないのはSideMにもアスランさんにも失礼だと思う。

からちょっと休みしようと思う。この間のアスランイベントも走ったし、やっとお休み

アニメが始まった今、私がいなくてもこのコンテンツ全然倒れない。そんなおっきいおっきいコンテンツになってくれて、本当に嬉しい。だから、暫くゆったり、プロデューサーというよりはファンとして、SideMをみていようと思うのだ。

どうせアスランさんがアニメめっちゃ活躍する予感もない。まあのんびり構えようと思う。人数いっぱいやししゃーないし、休むには丁度いい塩梅だ。

色んな楽しいありがとう、暫くさようなら。そんな言葉安心して言えるようになったSideMが嬉しくて、少しだけ寂しい。

アニメだけだらだら見て、いつかアスランさんの大活躍とかで帰ってきたくなったら復帰かなー。

2017-10-04

ボイス無しキャラへの意見共感できない話

anond:20170921212446

こういう網羅的に釣り針撒くだけの記事を読んで思ったんだけど、

ボイス無しキャラの扱いにモブだの煽ったり無駄エモい意見書いたり(こういうのanond:20170924015841)するの見るたびに、

「ただのロールプレイでやってんだろ?」

しか思わないくら共感が持てない。

アニメからシンデレラガールズに入ったクチだから声無しがいることにそういうものだ、としか思えないし、

はいえかれこれ2年付き合って内情が知れたところで不満は特にない。

しろ声無しって二軍がいることがシンデレラガールズのいいところだと思う。

マイナーを愛でる性癖に良しだ。

ASやシアター組に二軍がいないのを知った時に一瞬羨ましい気がしたのが、繰り上がりシステムが無いのは広がりがないなーと。

二軍どころか繰り上がれない真のモブしかいないようなゲームよりかはずっと良いし。

二軍を大切にしてくれているポーズだけでもどことなく嬉しい。

不満があるとすればもう新キャラが追加されないことだ。

分別の不満多そうだからやらないだろうけれど、でも見てみたいよな、新しいシンデレラ

アイドルマスターシンデレラガールズで新デザインキャラ。今度やるブラゲとかじゃなくて。

そういう点ではミリシタはちょっと羨ましかった。

2017-09-28

モバマスPがPでなくなったこと日のこと

私は今はPではない。

対外的にはPとして居るが魂がPではなくなっている。

そんな風になった日のことを振り返ってみようと思う。

私はシンデレラガールズからハマった口だ。

サービス開始時に誘われてどっぷりハマった。

コンプガチャ時代やその辺りの頃、課金していて感じていたのはコンテンツの終わりのことである

今ここで課金しなければコンテンツと共にキャラ達が消えてしまう、そんな恐怖からお布施として課金していた。

当時はソシャゲ粗製乱造されている時期だった、当然の想いだと思う。

一ヶ月後にサービス終了なんてザラだったから、毎月Pとしての使命感から課金をしていたように思う。

だが、アニメ化が発表され、実際に放映された時、私の役目は終わったと感じた。

もう大丈夫だ、もう安心だ、そう感じてしまった。

アニメによって声がつき曲が出て役目がどんどんなくなっていくかのようだった。

今では幻想が溶けてしまった、ただの一消費者しかない。

Pだ!なんてはしゃぎ回ることも今更出来ない。

見え方の変わった世界にこれ以上浸かれず、このままオタクから現実に帰るのだろうかなどと感じている。

ここで爪を立てて残っても老害しかならないのだろうな…。

少し寂しいモノだな…。

レッツゴー!陰陽師を見て泣いた話

http://nico.ms/sm31977147

まあ、よくある普遍的なレッツゴー陰陽師ニコマスなんだけどね。

泣けた。

ざっくり言うと、アイドルマスターsideM陰陽師的な仕事をしてる葛之葉雨彦ってキャラが、昔ニコニコ流行ったレッツゴー!陰陽師の曲に合わせて踊るっていう、まあ、よくあるやつ。なんだけど、原曲では巫女さんが出てくるパートで、アイドルマスターシンデレラガールズ巫女さん道明寺歌鈴を始めとした和服モデルが踊るシーンと、アイドルマスターミリオンライブエクソシスト役をやった篠宮可憐が踊るシーンが差しまれる。

少し昔話をしようか。

アイドルマスターは、12年前に作られたポリゴンキャラが歌って踊るかなり異端アーケードゲームで、3Dモデルが踊るのなんて今でこそ当たり前だけど、当時はかなり奇異な目で見られてた。それでもコアなファン層を掴んでそれなりのヒットとなってコンシューマ機で続編がリリースされた。

それが市民権を得たのは、色んな曲に合せてアイドルマスターキャプチャ動画編集した、いわゆるニコマスと言われる動画だった。

時を経て、ゲームの主戦場ソーシャルゲームに移行しつつあった2012年に、ソシャゲアイマスとしてシンデレラガールズリリースされる。3Dモデルも何にもない単なるポチポチおつかいゲームだったが、魅力的なキャラクタに時流が味方してヒット作となる。で、それに追随する形で、正当後継ミリオンライブ女性向けsideMリリースされた。

さらに時は過ぎて、元祖アイマスから10年経った2015年、切込み隊長シンデレラガールズ原点回帰して、3Dモデルが歌って踊るリズムゲームスターライトステージリリースされる。メディアミックス戦略のお手本となるような、アニメ放映やライブシンクロした完璧タイミングリリースされたこゲームは、スマッシュヒットとなる。そしてこれに追随する形で、今年立て続けにミリオンライブsideM3Dダンス音ゲーリリースされた。

昔話終わり。

件の動画は、なんてことのないニコマスなんだけどさ。

たった5分の間で、次世代を担うニューヒーロー達が先輩ヒーロー奇跡の軌跡を追随して大活躍する、ド定番ハリウッド映画を見てるような感覚に襲われたんだわ。

わっかんねーだろーなー。

初代アイマスから12年、今年、元祖アイマスメンバーの新作ゲームが発表されたんだけど、Stella Stageって言うんよ。

別にたまたまだとは思うんだけどさ。真ん中の4文字を抜き出すと、ちょっとセンチメンタルな気分になるんだよね。。。

自分含めて、昔のオタク仲間は、皆結婚して子持ちになってて、こういう話を肴に酒を飲む機会もなくなった。

40歳の元オタクのおじさんの独り言でした。

付き合ってくれてありがとう

今日晩酌は少ししょっぱいな。

2017-09-24

こんなアイドルプロデュースゲームは嫌だ

(本文中に登場するゲーム架空アーケードゲームアイドルマスターシンデレラガールズ」であり、実在するソーシャルゲーム並びにスマートフォンアプリとは関係ありませんので、ここが間違っているという指摘には応じられません)

今私はあるゲームセンターにいる。久しぶりにこんなところに来たもので、見覚えのある筐体もあるが、多くは初めて見るものだ。

その内の一つである、「アイドルマスターシンデレラガールズ」というゲームに目が止まる。どうやらこのゲーム、私も知っている「アイドルマスター」の後継というかスピンオフというか、まあそのようなゲームで、システムはだいぶ変わっているようだが、とにかくアイドルプロデュースするゲームらしい。

周りの説明を読む限り、本家作品との違い、この「シンデレラガールズ」というゲームの売りは、とにかく沢山のアイドルがいることらしい。なんとだいたい180人くらいいるとか。この数により、どんな人がプレイしても自分好みのアイドル出会えるという訳だ。

なるほどそれはいい。私も、友人に本家が好きな者がいて少しやってみたのだが、好きなキャラクター、というのはいてもどうも「プロデュースする」という気持ちにはなれずあまりハマる事が出来なかったのだ。これならきっとそういう娘に出会うことが出来るだろう。

そう思った私は、早速プレイすることにした。友人からアイドルマスター」は非常に金のかかるゲームだと聞いていたが、私にはこれといって趣味もない。酒は好きだが飲み会は嫌いであまり金は使わないし、たまには娯楽に思う存分金を使ってみるのも良いだろう。

ゲームプレイし始めると、少々目に悪い黄緑色の服を着た女性が話し掛けてきた。どうやら彼女が私のアシスタントをしてくれるということらしい。それにしてもこの声、聞いたことがあると思ったらどうやら有名なあの声優が演じているようだ。アシスタントからしてこれほどの声優が演じているのだから、きっとアイドル声優もそうそうたる人物が演じているのだろう。

少しばかりの説明を受けた後、三人の娘が登場した。とりあえずこの中から一人選んで欲しいとのこと。180人では無いのか...?と思いつつ話を聞いていると、どうやらチュートリアルの延長のようなものらしい。どうせなら最初から全員から選ばせてくれればよいものを、と思うが、まあそれは仕方がない。何かシステム的な障害があるのだろう。とりあえずは笑顔の眩しいピンク色の衣装を着た娘を選んでみる。

それから暫くばかりその娘と共に仕事をこなしたり、Liveバトルという対戦イベントをこなしたりなど、基本の操作をいくつか行った。その過程で何人かのアイドルプロデュース可能になったが、彼女達は自分が選んだわけではない。勿論このようかゲームキャラクターである以上みな可愛いのだが、やはりどうもピンと来ない。ゲーム上では、どうやらチュートリアルが終わったらしい。だが、肝心のプロデュース対象アイドル選択することについては、結局最後まで触れられなかった。

その後少し色々と弄ったり、ネット情報収集したりしたところ、どうやらこのゲームゲーム中には自分アイドルを選ぶという操作は無いようだ。自分の好みのアイドルプロデュース可能にするには基本的にはガチャと呼ばれるランダム要素に頼るしかないらしい。それも、性能の高い状態プロデュースするには特別ガチャを利用しなければならないのだが、そもそもその対象となっているアイドルとなっていないアイドルがいるとか。

色々調べるうちに、私は一人のアイドルに強い興味を持った。彼女は18歳。身体付きは非常にセクシーだが性格はまだ幼く、アイドルを目指したのも母親の影響。アイデンティティの多くを母親依存しているため自分に自信が無いが、ふんわりとした性格ゆえにそれを表に出すことはあまり無い。そんな娘だった。

正直、実際に居たら苦手なタイプだろうと思う。話し方もきつい。だが私は彼女の危うさに非常に魅力を感じたし、自分が支えてあげたいという思いに駆られた。

このゲームの遊び方として、好きなキャラクターだけ選び、ゲーム外で色々と妄想したり、創作したりして楽しむといったことも主流らしい。だが私はせっかくだから、このゲームを楽しみたかった。そこでまずは、先程のガチャを利用してみることにする。

残念ながら彼女現在特別ガチャのほうでは登場していないらしい。そこでまず一般的ガチャを利用することにした。幸いこちらはゲームクレジットを利用するタイプであり、最初の娘と稼いだクレジットで何度も回すことが出来た。かなりの試行回数の後、私のプロデュース担当となる彼女は現れた。

だが、私の前に現れた彼女は喋ってくれなかった。台詞はある。画面上に表示されている。だが、声は流れない。はじめ、私はゲームバグか何かかと思った。だが、アシスタントの声、始めに選んだ娘の声、途中で加入した娘の声は正常に流れている。どうやらバグでは無いようだ。

調べたところ、どうやらこのゲームには、cv実装されている娘とされていない娘がいるらしい。私が今まで出会って来た娘たちはみな、たまたま実装されている娘たちばかりであったために気付かなかったのうだ。

アシスタントcv実装し、肝心のアイドル実装しない。なぜそのようなことになっているのか私には分からなかった。しかし一つ確かなこととして、例えcv実装されていなくとも、選んだ彼女の魅力は薄れていない。実世界では経験した事が無いが、これが一目惚れという奴なのかもしない。

声が無いのは仕方ない。それなら、より彼女の事を知る為に台詞をより聞く、いや見るしか無いだろう。そう思い、私は彼女台詞を集めることにした。これがなかなか大変であり、私がプレイする以前に期間限定で発せられていた台詞を手に入れるにはこのゲームプレイしている他者と交換しなくてはならない。交換と言っても、ゲーム通貨として流通しているアイテムにはお金がかかる。ここに来て友人の言葉を思い出したが、すっかり彼女に惚れ込んでしまった私にとっては最早そんなことはどうでもよかった。

それなりにお金を使い、なんとか彼女の全台詞を集めることに成功した。彼女言動は一々私の心を震わせ、より一層彼女が愛しくなった。

だが台詞を一度全て集めてしまうと、その後は辛い時間だった。台詞ゲーム中で期間限定で開催される「イベント」またはガチャに登場することによって追加されるのだが、それに私の担当が登場するのは非常に長い間隔を必要とした。

更にイベントの中には、「アイドルプロデュース」という、まさにこのゲーム本体とも言えるものがあったのだが、私の担当は一向にそれに登場しない。それどころか、登場することを期待さえ出来ないような状況であった。

では、このゲームのもう一つの遊び方として紹介されていたゲーム活動はどうかといえば、それも辛いものだった。

絵が沢山描かれたり、漫画に登場したり、小説が書かれたりするのはいずれも、cv実装されているアイドルや、そうでなくとも特別な人気があり、登場頻度の高いアイドルばかり。私の担当と来たら、自分以外で彼女担当としている者を見つけるのにも苦労する始末だ。


ゲームプレイし続けているとある日、大きな機能追加があった。アイドル達が画面中で踊るようになるというのだ。友人の言うには、本家の魅力の一つは3Dで踊るアイドル達であったらしい。

これまで一度も、実際の画面上で動くことの無かった私の担当アイドルが、ついに踊る。言葉に出来ない嬉しさが身体を駆け抜けた。3Dモデル実装順次行われるということで、その順番は案の定といったものだったが、それすらも気にならなかった。

だが、すぐにその喜びは失われた。

確かに実装された3Dモデルは素晴らしく、私は画面上で踊る彼女に涙した。だが、アイドル生命線の一つである衣装。それが私を苛んだ。一部のアイドルには次々と衣装実装されていくなか、私の担当アイドルには一向に追加される気配が無い。また、この大型機能追加以降急激に増えたプレイヤーの多くはそんな多くの衣装を持つアイドル達を気にいることが多く、ゲーム外での扱いの格差もどんどん広がっていった。

また、そもそもcv問題もより大きくなった。私の担当アイドルがどんな曲を踊ろうとも、その曲を彼女が歌うことはなく、聴こえてくるのは他人歌声だ。そのうち、私は彼女に踊らせることすら苦痛になっていた。

機能追加以降のプレイヤー人口の増加でかなり儲ける事が出来たのか、ゲームはどんどん発展していった。有名なタレントを用いたCMを見かけるようにもなった。アイドル達による新たなCDシリーズも発表された。だが、どんなに儲かっても私の担当しているアイドルに声が付くことは無かった。

それでも、私にはこのゲームを止めることは出来ない。完全に彼女に惚れ込んでしまった私には。

ゲームセンターに行き、彼女の登場しないイベントの予告を確認し、彼女の登場しないガチャ更新確認し、彼女の登場しないCD試聴ページが出来た事を知る。自衛のため、CD試聴は聞かない。そしてゲームを終了させる。

筐体の周辺には、このゲーム制作会社広告が並んでいる。

どうやら今度、新たな「アイドルマスター」が制作されるらしい。そこに登場するアイドルには、cv実装されているそうだ。

こんなゲーム出会わなければよかった。

そう思いながら、私は静かにゲームセンターを後にした。

2017-09-22

anond:20170921212446

人気出たキャラ優遇運営のさじ加減で動かしやすキャラテコ入れ、使えない100人以上は使い捨て

これがシンデレラガールズの全てだよ。

でも幸いなことに声無しアイドルに群がるユーザーは少ないからね。目を向けようともしないから。今のメインユーザーデレステ参入が大多数だから必然的に声付きアイドルの人気が加速する。それでいいじゃないか

誰もがシンデレラって歌詞があるけどシンデレラになれなかった灰被りのアイドルが半分以上いる。でもシンデレラガールズはもう止まれない。このまま負の遺産を抱えて走り続けるんだよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170921212446

デレマス」を「モバマス」の意味で使っていたり、シンデレラガールズ総称として使っていたりしていてわかりにくい。

総称は「デレマス」、モバゲー版は「モバマス」、音ゲーのは「デレステ」と使い分けてほしい。

別にルールではないが、多くの人がそうしていて、それがわかりやすい。

2017-09-21

声なきアイドル担当プロデューサーにつきつけられたもの

TGS2017である特定の層への死刑宣告と言っても過言ではない情報が出た。

HTML5ブラウザアイマス来年リリースおよび

"それに登場する完全新キャラオーディションを行なっている"

というものだ。

シンデレラガールズモバゲーからやっている人なら周知の通り、まだまだ声の付いてないアイドルは多い。

にもかかわらず、公式は声なき彼女達のためではなく、これから表に出て来ようとしている新たなアイドルたちのためのオーディションをやっている。

まり、今の公式にとってシンデレラの声なきアイドルたちは声をつけるに値するほどの存在ではない、という表明をしたも同然だと思っている。

声なき担当のために上位として登場すればイベントを走り、ガチャの目玉となれば回し…

そうして彼女のためにつぎ込んだ金は結局関係ないところにリソースとして割かれることが明らかになってしまった。

そして、これはあくまで私個人の推測でしかないがモバゲーシンデレラガールズ自体ブラウザリリース前後に畳まれ

ボイスがつく絶対条件であった「シンデレラガールズ総選挙」もなくなり、

以後は声のないアイドル新たに声がつくということもなくなるだろう。

それでもなおいつかは報われると信じて声無しアイドルを支え続けていくか、

あるいは将来性の無さに見切りをつけ、他のアイマス派生もしくはアイドルコンテンツに身を移すか。

声無し担当Pにとって選択の時なのかもしれない。

シンデレラガールズに対する批判について

同僚の皆さんこんにちは

最近またちらほらシンデレラガールズに対する批判と言いますか、同僚に対する批判と言います

相変わらず減らないですね~

内容を見て「あーすごく感情的になってるなぁ」と思います

すごく大事なことだと思います自分感情を隠しつつコンテンツに向き合うのはとてもきつい事ですからね。

どこかいいはけ口を見つけられれば一番いいのかも知れませんね。

そこで同じ気持ちでいる人を見つけられれば気持ちを共有できていいかもしれません。

しかし、しかしですよ?

その反対も普通にいるわけです。

なにかんがえてるの?ですとか、頭おかしいんじゃないの?とか。

批判に対する批判は当然あるものだと思います

シンデレラガールズ本体運営方針アイドルの扱いなどに不満を持つのはわかります。こんなん、自分と思ってたんと全然違う!罠や!運営の罠や!って言いたいんですよね?

でもあれなんですよ。

お前がそう思うならそうなんだろう。声の中ではな。

ってことなんです。

みんなそれぞれ考え方がある訳です。

自分の思うとおりにいかず、運営イラッと来る部分もあるかと思います

未だに自分担当デレステSSR実装されてない人や、声帯実装されていない方も沢山いらっしゃいます

不満を持つのは悪いことではありませんが、八つ当たりはやめて下さい。

もう嫌だから担当やめる!という方。

是非やめてください。

無理して続けてもストレスが貯まるだけです。

ストレスを貯めながら続けるのに相当する意味がないのなら今すぐ離れましょう。

意味存在するなら続けましょう。それだけのことなんです。

そんな簡単に考えられないよ!という方。

そもそも娯楽コンテンツということを忘れていませんか?

楽しむことが大事です。落ち着きましょう。

そろそろまとめます

担当のことでいろいろ考えるのはとてもいいことだと思います。でも担当のことで揉めるとほんとうに厄介です。

周りから見たらその担当品位を下げようとしてるの?としか見えません

その批判に対して自分担当アイドルはまだ〇〇なのにとか言ってるのも同じです

とりあえず落ち着きましょう

批判する余裕があったらその分自分担当するアイドルの良さを布教しましょう。

デレステSSR実装されてないアイドルSSR実装を夢見てトレーニングしてるんです。静かに応援しませんか?

声優さんがついていないアイドルは声がつくその日を夢見て頑張ってるんです。応援しませんか?

みんな一生懸命なんですよ。尊くないですか?私は彼女たちがとても尊く感じています

ここまで読んでいただきありがとうございました。

稚拙な文ですがご容赦ください。

最後一言

なんでも批判は消えろ

2017-09-19

デレマス意味不明キャラアンチ記事最近多いと思うぞ

一ノ瀬志希が好きで、LIPPSが好きではないという話。

https://anond.hatelabo.jp/20170813014010

宮本フレデリカを見たくもなくなるくらい嫌いになった話

https://anond.hatelabo.jp/20170914224407

トライアドプリムスニュージェネレーションズを混ぜないで欲しい

https://anond.hatelabo.jp/20170814183313


アンチ化した理由がどれも意味不明なんだよなぁ

ある種のブームか?とも思えなくもないが、結構前にこんな記事も書かれていた↓


シンデレラガールズ本田未央嫌われ者である4つの理由

https://anond.hatelabo.jp/20161204214232


この流れの走りがこれにあるような気がしてならん

俺は思うのだが、これら全部同一人物が買いてんじゃないかと感じた

増田でやる度胸の無さはかなりかっこ悪いが、アフィ記事化を狙ってるようにも思える

まあ、これら全部アフィ記事で見かけたことないんだけどな

2017-09-18

映画ファンシンデレラガールズキャラっていないの?

そろそろ有浦柑奈ちゃんに喋らせるネタが無くなってきたかキャラ換えしていきたい

2017-09-13

最近アイ増田が多いからいっそ本気の対立が見たい

見たい。

SideMライブゲームをやってない男性Pは来るなとかそんなレベルじゃなくて

765AS・シンデレラガールズミリオンライブSideMDS

765AS・・・キャラが古臭いそもそもオワコン声優ババア問題おっさん向け

シンデレラガールズ・・・キャラ多すぎ・声無しの処遇・不平等問題デレステユーザー

ミリオンライブ・・・765ASにおんぶにだっこ・声豚コンテンツ・後発不人気・新作アプリも勢いが無い

SideM・・・そもそも(アイドルとしての)男が無理・そもそも(同じファンとしての)男が無理・女性文化も無理・キャラがむさい

DS・・・なんですかそれ

この辺を筆頭に各P達の煽り合いが見たい。

各所でたまに見る各コンテンツへのネガティブ意見

みんマス勢でも贔屓はあると思うし贔屓じゃないコンテンツのだめな部分を罵り合う様が見たい。

見たい。

拝金主義と化した「アイドルマスター シンデレラガールズ

まず初めに、拝金主義は悪い事ではない。何故なら、コンテンツ継続させていくためには、お金こそが何より必要からだ。

↓ここから本文。

唐突ながら申し上げよう!石原が辞めてしまってからシンデレラガールズは変わってしまった!と、私は思う!

かつてなら「ありえない!」と叫びたくなるような事を、平然と行うようになってしまった!

具体的にどの辺が、と聞かれれば、例ならたくさんある!

CINDERELLA MASTERシリーズ(ソロ曲シリーズ)そっちのけでSTARLIGHT MASTERシリーズ(デレステシリーズ)やSEASONS MASTERシリーズ(季節曲シリーズ)が始まったのも、CINDERELLA MASTERシリーズが1弾3枚に減らされたのも!

デレステ二宮飛鳥の筋書きがボイス実装以降ムカつくガキの更生ストーリーに変わったのも、佐久間まゆという筋書きが例の"壁ドン"以降ポンコツ少女のふれあい日和見成長()物語に変わった事も!

4thライブで、今まで一度だって我々の前に姿を見せなかったアイドル2人の""初""ステージを予告も無く繰り広げた事も!

運営が手前勝手に決めた順番のせいでまだデレステ実装されていないから、というワケの分からない理由で数名のアイドルを除け者にした新宿プロムナード広告も!

全て!石原が辞めた2016年2月以降の出来事だ!

シンデレラガールズは、かつての「こだわりぬいた至極の一品」を提供するスタイルを捨て、「大衆向けの誰でも食べやすい品」を提供するスタイルに方向転換してしまった!

こってり系で癖のある風味だが常連で賑わうラーメン店だったのが、ある日「流行りだから」の一言であっさり系ラーメン店方針を変え、それが多くの人に受けたのであっさり系で全国チェーン展開し始めたようなものだ!

全国チェーンになる前の常連が多少愚痴をこぼしたくなるのも、やむなしというところである!ただ、まあ、勿論、愚痴をこぼしたからと言って、全国のチェーン店が店じまいをして元のこだわり店に戻る事が出来るかと言われると、難しいのだろうが。

クールダウン

えー、結局のところ、なんという事はない。つまりは、シンデレラガールズが「方針転換」を行なったというだけの事である

石原政権大事にしてきた物と、現行政権大事にしている物。これら2つが別物であるという、ただそれだけの事なのだ

彼らにとって、デレステの「トップアイドル」は高垣楓で。

未だ声を手に入れられていないアイドル達は、ユニットを組まなければ人気を獲得する事も出来ない、可能性の芽の無い雑魚というだけの事なのだ

シンデレラガールズが「大事にする物」は、政権の交代を以って変わってしまった。そして、その前提の上で、我々は再び選択を迫られている。

これは、2016年1月31日までにシンデレラガールズを愛した者に突きつけられた、地獄命題だ。

このコンテンツに、『ついて行く』か?『ついて行かない』か?

2017-09-09

アイドルマスター シンデレラガールズ U149 はつまらないという話。

まず何も知らない人に簡潔に書くと、『アイドルマスター シンデレラガールズ U149』(以下適当に略す)とは『アイドルマスター シンデレラガールズ』(以下適略)というゲームコミカライズ作品の一つである

コミカライズとしては原作に対して忠実さ・リスペクトのある作品一定以上の品質もあるのでファンアイテムとしてはそれなりに良いものだ。一方で、原作を知らない人にとっては取るに足らない凡庸漫画ひとつに過ぎないという、よくあるコミカライズ作品である

Web漫画としてサイコミで連載されていて今なら最初から全部読めるので興味がある方は読んでみてもいい。

https://cycomi.com/title.php?title_id=46

こういう前置きをしている私は上記に当てはまらない、アイドルマスターシンデレラガールズ既存ファンである。それを前提にして本題に入る。以降の話は関連作品も含めてネタバレを有することを注意しておきたい。

本題

この作品は非常に退屈な物語である

コミカライズとしては及第点以上を取れていると思う。漫画に限ったことではないが、世の中には自己主張控え目な毒キノコのように見る者を誑かし食することで生命を脅かすように読んだ者の精神健康を害する作品があることを思えばよっぽど良い。そういうものに金を払った経験はいっそ高度な文明的行いのようだった。

さて、それでも私の周りで似たような意見を聞くのでそれを取りまとめておきたい。

作品問題に対する指摘はいくつかあるが、ここでは一つだけ取り上げる。

それは物語が繰り返しに過ぎないということ。

ただし、この言葉には二つの意味がある。既存ファンでなくても気付く点、既存ファンにだけ感じられる点の二点において、この物語は繰り返しである。前者を単調であるといい、後者を焼き直しと呼ぶ。この二点において少しだけ掘り下げる。

単調な物語の繰り返し

今ならタイトルページに全ての話が並んでいるのでそれを眺めれば、この漫画原作のことを知らない方でも各話のタイトルにはより小さな物語主題とその話の順の数字が割り振られていることに気付くし、そのすぐ後には最初を除いた全てがキャラクター名前であり、各話がそのキャラクターに焦点を合わせた内容であることを理解する。

これは単調な物語という問題が、表出しているのである。この作品はより小さな物語の3話毎の繰り返しであるのだ。

物語の主要キャラクターであるアイドル少女たちは9人いる。

この9人のプレティーンが自己存在意義をかけて衝突したり複雑な人間模様を描くということはない主題になっているアイドル以外は添え物で誰でもいい場合が多い。もちろん例外もあるが、せいぜい一対一の関係だ。ここにプロデューサーという『アイドルマスターシリーズで要となる役目を持つキャラクターを加えても何も変わらないことは一読すればわかるということも付け足しておこう。

このように個人に根差し問題解決を3話毎に繰り返している。この個人に根差し問題という指摘は後にも関係しているので覚えておいてほしい。

さて、3話というイテレーションが、序破急が、問題提起確認解決という流れが、如何なる読者にも理解できるのはある切実な悪影響を産む。読者の誰もが次の話を更新を待たなくてもどうなるのか、結末は果たして何処へ行こうとしているのか容易に想像できるし、その想像を超えてくることは絶対にない。個人に完結する問題バリエーションに変化を付けるのは難しい。特にこの作品は主要なキャラクターをプレティーンと限定しているのでそれが顕著に表れる。また、解決手法に目を惹くものがなくむしろただの会話で済んだりするので盛り上がりや起伏、それによる興奮がない。

読者の期待を煽ることは決してなく、要するにただただ単調なのだ

焼き直しの繰り返し

どのようなWeb漫画サイトも同様に、序文に書かれるあらすじを読めば誰でも物語全体の概要理解できるだろう。ここで同作品最後の文を引用する。

さなアイドル達と小さな新人プロデューサーが贈る、新しいシンデレラストーリーが開幕する。

しかし、既存ファンにとってこれは新しいシンデレラストーリーでは無かった。

前項で個人に根差し問題という指摘を行った。これがなぜこの作品既存ファンの心象に退屈さを塩傷口よろしく塗り込まれ現象となる理由は、それは原作ゲームがもう何年も更新され続けているゲームであり、かつアイドルとそのプロデューサーとして一対一の関係を描いているゲームからである

直截的に言えば、そのキャラクター個人の悩みなど従来のファンには既知の事柄であるし、改めて描かれても新鮮味が無いのだ。

また新鮮味という話であれば、最初橘ありすの「宣材写真撮影」に纏わる話は、『シンデレラガールズ』のアニメでもやってるし派生元でも別の派生先でもやってる定番である。その中で言えば解決方法も極めて平凡なのもファンの期待に応えているようで一層下回る。

この作品の最大の特長といえばこれまでフォーカスされなかったプレティーンのキャラクターやそれに見合う矮人族のプロデューサーがいることだ。しかし、如何せんどいつもこいつも真面目に波乱起こす気が無く、二度目になるが盛り上がらない。波乱があればいいとは言わない。しかし波乱が起きないということは、キャラクターという個性を持ち得ないのも同じではないか。ただ低身長の皮を被った誰かの物語に置き換えられる。ただ真摯優等生ソロプレイしか活躍できないキャラクターであるのなら、彼らは彼らである必要がなく、他の誰だっていいのだ。皮だけ派手にしたところで、平凡な物語は平凡だ。なぜ狂言回しと呼ばれるキャラクターが生まれるのか、我々は反面教師を以て理解してしまう。

物語は単調な起伏を繰り返すだけ。計画し尽くされた行程は作り手にとっては満足するものだが、受け手にとっては必ずしもそうとは限らない。我儘な顧客であることを承知で言えば、我々は見たことがないものが見たいのだ。アニメゲームも各々アイドルの成長を描く先駆者だったが故に満足した。そうではない点ももちろんあったが、概ね次の展開を予想できないものだった。しかし本作品はその後追いに過ぎなかった。

我々はこの物語を知っている。恐らく作者よりも。

まり深く内容に触れずともこの作品が読者を退屈にさせてきたことは説明できただろう。

現時点で19話。イテレーションは5回目で4人目の物語解決の途中である。連載10か月。プレティーンは全員で9人いるのでまだ残り半分残っている事実に戦慄しよう。

私は最新話の作者コメント第一話と同じだったことに慄いたが、今見たら差し替わっていたので深掘りしない。その第一話のコメント引用すると、

お待たせしました!いよいよ「U149」始まりますアイドル達の新たな一面をどんどん見せられればなと思ってますので、よろしくお願いいたします!

新たな一面など無かったということはさんざ書いた。

実のところ、我々が期待していたこハードルを超える作品では無かったと思う。それでもコミカライズという点では良評価を当たられる。新規の読者にとってはこれも新たな一面になるのだから

雑感

最新19話は良かった。賑やかしでも他のアイドルが出てくるのは良いことだ。ここで出てくるのは誰でもいいが上の主張とは誓って矛盾しない。賑やかしだけでもいいじゃん、という主張はよく見るがこうなると容易に首肯する。なけなしの起伏だって要らねえや。冗談だが一考する余地はある。

しか最後の見開き、見れば見るほど最終回みたい画だ。つづくって文字が誰かの悪い冗談しか思えない。

10か月やって最初ステージって、悠長過ぎだろう。アニメなんて一か月半でやってたじゃないか

アニメといえば…これでアニメ化してほしいという意見を稀によく見るが、冗談でも口にすることじゃあない。

2017-09-08

シンデレラガールズ引退した

私は、アイドルマスターというコンテンツにおいて『同担拒否』という体をとっている。

理由は様々だけど、一番大きいのは「同担の人を見ると萎えしまうから」という理由

それを聞いた人には、「え〜〜」と言われる。

でも、シンデレラガールズ引退したのはそれが理由だ。

私がアイマス世界に踏み込んだのは2年前、デレステリリース時と同じだ。

当初は、ラ!にハマっており、同じアイドルものなら、という気持ちで始めた。

そこで出会ったのが、『多田李衣菜』というアイドル。好きなものに向かって、つたない知識技術でも真っ向に突き進む姿を美しいと思った。応援したいと思った。初めて引いたSRだったということも手伝って、私は李衣菜の担当Pになることに決めた。

それからは、李衣菜のプロデュースに本気で取り組んだ。中学生のころから続けていたラ!をやめて、モバマスを始めた。他のコンテンツにも浮気しないで、本気で李衣菜と向き合った。

リリースされてから間も無く、李衣菜の限定SSRが登場した。

衣装ロックが大好きな李衣菜のためのもの。かっこよくてかわいくて、とても似合っていた。特訓後のスチルの笑顔も、最高に輝いていた。当然引くつもりで、当時高校生だった私は、少ないバイト代から引き出せるだけ引き出した3万円を課金した。

結果は爆死。3万円分のスタージュエルから排出されたSSRは0枚。当然李衣菜は来てくれなかった。

幸い、周囲のフォロワーの中に李衣菜を迎えた迎えたPはおらず、3万円じゃあ出ないのか、という気持ちを残して限定ガシャの期間は終了した。

それからも、李衣菜との活動は続いた。SSR は無くても、イベントSRは全て迎えた。モバマスの方にも少しずつ課金をして、続々と李衣菜を迎えていった。流石に最後まで上位SRを迎えることはできなかったけど。

そんな中、私は運命出会いを果たす。

同じ李衣菜担当フォロワーだ。

その人は、私よりも1つ年下で、バイトもしておらず、親から貰ったお小遣い課金をして李衣菜の限定SSRを獲得していた。そのことに少しモヤモヤしたけど、うちはうち、よそはよそ。他のコンテンツにもたくさん推しを抱えているその人よりも、私の方が李衣菜を好きなんだ。

そして迎えた、李衣菜の恒常SSR実装。同じ李衣菜担当ということもあり、その人と一緒に喜んだ。喜んだし、お互い絶対お迎えしようね!と誓った。

その人は今まで通り、親から貰ったお小遣いで、私はバイト代課金をした。また3万円。

結果、私は迎えられず、その人は迎えた。悔しい気持ちはあったけど、その頃にはスカウトチケット存在があったこともあり、素直にお祝いをした。

それでも諦められなくて、私は期間中できる限りの課金をし続けた。

結局迎えることはできなかったけど、そこで私はふと思った。「なんのために課金しているんだろう?」

言葉が足りなくて、上手く気持ち表現できないけれど、その時の私は、確実に、「李衣菜が好きだから」という気持ちではなく、「その人に負けたくないから」という気持ち課金を続けていたと思う。

それに気づいてから、少しずつ李衣菜から離れていった。李衣菜のことを純粋応援できない自分いるから。見栄を張って、「担当SSRを持っている自分」というステータスが欲しいだけになっているから。

同担フォロワーも全員ブロックした。

モバマスを始めた頃から、私はミリオンライブを並行して続けていた。ミリオンでの担当七尾百合子。本が大好きで、時々妄想世界に入り浸ってしまうような、自分に自信はないけれど、続けていくうちにアイドル楽しいと感じるようになってきた、そんな女の子だ。

SSRの一件もあり、李衣菜から距離を置いていた私は、百合子に傾倒していった。また李衣菜のようになることを恐れて、『同担拒否』の言葉をbioに記載した。

その後、デレステもダラダラと課金を続けながら百合子をプロデュースし、サイドMにも目を向けて、アイドルマスターというコンテンツ全てが好きになってきた頃。

ふと、デレステへの課金額を計算してみようと思い立った。

思い出せる限りの課金額の合計は、約15万8千円。決して多い額ではないが、学生である身にとっては十分な大金

そして、何よりもわたしの心を折ったのは、課金額に対するSSRの枚数。その時は16枚だった。

フォロワーの中には、始めて1年未満、無課金10枚以上のSSRを手に入れている人もいる。その人と比べて、自分はどうだろう?課金が報われていないのではないか

その頃、ミリシタでの百合SSR20連、サイドMでのチア旬も20連で排出していたわたしにとって、その事実は十分、シンデレラガールズを辞めることを決意するに値していた。

担当を変えれば、またシンデレラのことも好きになれるかもしれない。でも、それは何よりも李衣菜に失礼だ。それに、シンデレラユーザーが多いから、私以外にも李衣菜のことを応援してくれる人はたくさんいる。

悩んだ。悩んで悩んで、1ヶ月程考えて、私はシンデレラガールズ引退することを決めた。

嫌いになったわけではないけど、もう純粋気持ちアイドルと向き合えないから。

李衣菜の時のようにならないよう、百合子や旬には同担拒否文字を掲げた。

自己中だけど、こうしないと自分の、純粋アイドル応援したいという気持ちを見失ってしまうから

シンデレラガールズ引退したのも同担拒否なのも、自分エゴしかないけれど、色んな理由があってそうしています

「え〜〜」と言った人へ、そして、同担拒否は心が狭いという人へ。

これを読んで、少しでも私の気持ち理解してくれたら幸いです。

これからも、李衣菜、百合子、旬の応援、よろしくお願いします!ただし同担拒否です!

【追記】

私がこの記事を書いたのは、「どうして同担拒否をするのか?」という質問に対して、私の場合は、ということでお答えしたかたからというのが第一です。

私が今回引退を決めた理由は大きく分けて、

限定の復刻が望み薄なこと

・周囲との差に思い悩んでしまったこと

の2つです。

確かにどちらも、コメントで頂いたようにソシャゲをやめれば済む話ですが、沢山の方も仰っているように、ソシャゲ生活の一部として、出費の一部として当たり前にカウントされてしまっている以上抜け出せそうにありません。

また、引退の最も大きな理由として、限定の復刻がおそらくないと思われることがあります。(記事には記載していませんでした。)限定の復刻がありそうだと、少しでも感じていたらやめていませんでした。(これは確実です。)運営のせいにするわけではありませんが…

また、コメントで頂いた、『お前みたいな奴に応援されるアイドルがかわいそう』という言葉に対して少しだけ反論させていただくと、私はこのまま真摯に向き合えないまま担当プロデューサーを名乗っていく方がアイドルに対して失礼なのではないかと考えました。最近の私が見ていたのは、李衣菜自身活躍ではなく、その手前にある、もっと他の何かでした。

アイマス踏み込み始めた当初は、他の人がどうしていようと気にならないくらい、アイドルのことが好きだったのに最近はそうではなくなった事、それに気づいた事がが自分にとって一番の打撃でした。

同担フォロワーを責めるような書き方しか出来ませんが、あの時あの人に出会っていなければ、今でも純粋に李衣菜のことを好きでいられたのではないか…という考えが自分の中に大きくあるのです。

ソシャゲ自体をやめることが一番の解決であることは誰よりも自分が一番理解しています確率課金が全てと言われる世界に、自分はあまり向いていないこともわかっています

それでも、アイドルマスターという世界に触れ、その楽しさを知った今、この世界から離れたくないという気持ちも強いです。

から、1つの策として同担拒否という看板を掲げて、今活動を続けています

これで失敗したら本当にソシャゲをやめるしか道はないでしょう。

から、もう少しだけ挑戦させてほしいと思います同担のいない世界で、自分がどこまでアイドルを愛し、応援しきることができるのか、まるでテストキャラを使っているような言い回ししか出来ませんが、出来るだけ閉鎖した世界で、細々と続けていくことが自分にとって最善だと、シンデレラから離れた2ヶ月で感じています

あくまでもアイドルを、自分の在り方に対するテストに使っているわけではないということを分かって頂きたいです。

否定的意見を多く頂き、自分を見つめ直すいい機会になったと思います

綺麗事だと言われればそれで終わりですが、これが私の気持ちの全てです。

ありがとうございました。

2017-09-07

最近の「シンデレラガールズ」について、感想のようなもの

最近、「シンデレラガールズ」を追いかける事が、しんどくなってきた気がする。

私の担当アイドルには今現在のところ声がついていないが、いつかは更なる活躍を見られるかもしれない、と、私がその子を知ってから5年間、がむしゃらに追いかけてきた。

Mobageしかなかった時代は、まだ堪える事は出来た。総選挙で中々結果が奮わずとも、私の担当アイドルには、一定期間でしっかりとした出番が与えられ続けた。幸せだった。

アニメが始まりデレステが始まり、いつしか「声」は、活躍必須条件となった。

「声」があればボイスが聴ける』

は、

「声」がなければ外部展開に参加出来ない』

になった。

実際は、そんな事はない。

デレステには183人全員が実装された。まだ全員ではないが、デレステでのSRも出揃いつつある。参加出来ないという事はない。参加していないという事もない。

しかし、リズムゲームたるこのゲームでは、楽曲を使ったイベントの参加条件は、今のところは「声」がついている事である「声」がついているアイドルは、時には新規楽曲が与えられ、イベントコミュで絡みが見られ、新たなつながりと新たな一歩をもって、次のステージへと進んで行くのであった。めでたしめでたし

いいなぁ。

いいなぁいいなぁ。

ウチの担当アイドルにも、そういうの欲しいなぁ。

という愚痴を言っていたら、「お前には努力が足りない」と言われた。ぶん殴った。

このコンテンツからもそろそろ去り時なのかもしれないな、と、この2年間で何度も思った。いや実際にそう思ったのはこの1年少しの間ぐらいだったかもしれない。でも離れられなかった。この子は、私の担当アイドルは、ここにしか居ないからだ。当たり前だ。

惚れた弱みというやつだ仕方ない、と疲れきった心を起こしつつ、今日も1日、いつか来るかもしれない担当アイドルの出番に備えて、頑張って働いて、頑張って稼ぐ。

寄る年波には勝てぬのか、最近どうにも愚痴っぽくなったし、私がシンデレラガールズを知った時よりも、私は随分と老けてしまった。ついには自分の中で愚痴を押さえ込んでおく事も出来なくなり、こうして匿名で想いを綴るまでになった。情けない。

と、あれこれ述べても止まる理由にはならず、今日も1日頑張る、ぐらいしか選択肢は見えない。なので頑張ろう。担当アイドルが待ってる。

いつか私は擦り切れて、担当アイドルに見向きもしなくなるかもしれない。担当アイドルに向き合う事が苦痛しかなくなる日だって、来るのかもしれない。

でも、少なくとも、今はそうではない。まだ、そうではない。だから進む。進むしかない。止まれないのだから。退がれないのだから

2017-09-05

anond:20170905003051

全部自分勝手イメージで書く。

越境が嫌という話で話題になったのはSideM女性Pだけど、男性Pも越境が嫌という声は少なからずある。

でも、Twitterを見ていると越境させたがっているのはほとんど女性Pな気がするんだ。女性から女性コミュニティの中にいるのは当然なんだけど、彼女たち自爆してるよね。男性コミュニティを見てるとSideM話題、絵、漫画はあれどそもそも恋愛要素が滅多にない。ほんとに。恋愛に直結する人が多いのは何なんだろう。

例えばシンデレラガールズNL場合だけど、ただの「Pドル」と「武ドル」があると女性後者の方が支持してる気がするんだ。勝手にそう感じてる。

男性向けは自身投影出来るような名も無きPとか、Pでもなんでもない他者アイドルの組み合わせが大多数だけど、女性に支持受けるのは登場人物内で完結されている勝手イメージがある。でもSideMでは登場人物内でNLを完結させることが出来ない。しか女性文化架空女性を立てるのは抵抗がある。

SideMには女性キャラクターがいないかNLを求めるなら手っ取り早く女性を持ってこれる他マスに行ってるんじゃないかって勝手に思ってる。

作品なら女主人公が居たりするからNLならそっちに行くし、そもそも系統作品美少女動物園がないから起こらなかった問題であって、ちょっと特殊過ぎる「アイドルマスター」だから起きてるんだよね。


もちろんこれは全員に当てはまるというわけでなく、女性の傾向という話。

アニメのPが女性だったらPドルが増えてきて自然越境も減ってくると思う。これも勝手想像してる。

全部勝手想像だけど、アニメ化SideMのPドルが最大手になる未来を少し待ってみようと思う。

2017-09-03

現状認識というか

最初デレステが、それがアイマス合同のコンテンツではなくシンデレラガールズのみのゲームであると発表されたとき、嫌な予感がしました。シンデレラと、他とのコンテンツとしての差が不可逆的なものになってしまうのではないかと… 而してそれは現実のものとなりました。

ミリシタは本来2016年には出すべきでした。しかしながら、アイマス10thとしては記念碑的な作品必要であり、それは即ち2016年発売のプラチナスターズでありました。ミリオンでも3Dコンテンツ開発の想定はあったのでしょうがリソースは詰まっていてPSとの同時展開も政治的不具合があったのでしょう。でも、10th以降の急速なミリオンの降下と、デレステの破竹の躍進を受けてミリシタ開発の必要性が高まったのですかね。結果、PSの展開は最小限のものに留まりミリシタはミリシタでPSの開発リソース空きを待っての開発開始となり…結果PSにとってもミリシタにとっても不幸な事態になった。そう受け止めています

2017-09-01

最近アイマスのP達をみて

ここ最近アイマスについての話題が荒れすぎているので、この流れに便乗して私の意見を書きたいと思います

(あくまで1人の意見です、同意批判結構ですので色々考えて見てほしいです。)

アイマス越境の騒ぎについて

以前からアイマス事務所越境について苦手な方から住み分けをお願いするというツイートをいくつか見かけていましたが今回トレンド入りしてやっと沢山の方の目について住み分けをするという事が認知されるかと思いきや「そんなんだったらアイマスから離れろ」だの「ネットやめろ」だのなんというか思っていた未来真逆の反応をする方々が多くて驚きました。

まず私はデレPがメインで765やミリオンSideMもやってますDSも何とかソフトを手に入れてやりました。そして越境だってみるし越境NLだって見る人間です

しかし私は住み分け必要じゃない、とは言いません。必要だと思ってます

「何でしなきゃいけないの?BLGLだって住み分け出来てないじゃない!」とか論点のすり替えたそういう言い訳はいりません。あの子はしてないからしなくてもいいってわけじゃないんです。元々は住み分けされなければいけないものなんです、子供みたいな我が儘を言うくらいなら貴方の方がネットをお辞めになられた方がよろしいのでは?と思ったりもしま

同じアイマスでも言うならば違うものです。あくまデレマスデレマスSideMSideM、それで1つの作品です。

みんなまとめてアイドルマスターという言葉、私には「みんな違ってみんないい」という意味だと思っています

アイドルマスター」というのはゲームジャンルで、ミリオンや、シンデレラガールズSideMなどの作品があるという形だと思います

同じ会社作ったゲームからこのゲームキャラとこっちのゲームキャラは同じ作品クロスオーバーではない!だから住み分けしなくていい!極論ですがそういうことかと思いますよ。私は、ですがね。

○MマスPについて

9.18事件の事について

竜宮小町りっちゃんプロデュース出来なくなったり、それと同時に突然異性のアイドルが追加されたり。様々な出来事がありました。私は当事者ではないのでその時の騒動について語れる身ではないのは100も承知ですが1つ言いたい事があるのです。

「何でその時の事を全て理解してないやつが高飛車に語ってんの?大人しくしてろよ」

私も大人しくしなくちゃいけない側の人間ですがこうも何も知らないのに高飛車に話をして見る人が見れば他のアイマスシリーズをも見下すような発言最近多々みられます。正直言って心苦しいです。

ああ、ここまでこれてよかったね

それで十分ではないでしょうか?

アイマスライブについて

男性Pと女性Pの間で臭い(匂い)について論争がありましたが、女性Pは香水については何も言わない男性Pが頑なに汗拭きシートなどを使おうとはしない文に疑問符しか浮かびません。香水はつけずとも毎日身体をちゃんと洗って洋服を洗っていれば柔軟剤シャンプーなどのいい香りします。沢山の人が集まり匂いが混ざるその日だけでもつけるのをやめてあげてはどうでしょうか?

汗の臭いがすごい方は汗拭きシートを買うなど服を着替える(ただ服を着替える場所は弁えてくださいね?)などしていただければ問題ありません

男女共に、ですが腋臭などが酷い方は病院へ行って治していただくといいと思います、治せますので恥ずかしがらずに行かれてはいかがでしょうか?

最後に1つ愚痴

エムステという名前やばいと思うので変えた方が絶対にいいと思うよ、山村

2017-08-30

とあるグリマスPの本音

タイトル通り、とあるグリマスPの本音(というか半分が愚痴)です。

シンデレラガール愚痴あり。※

突然ですが、ミリシタがリリースされてずっとミリオン応援してきたグリマスPにとってとても嬉しいです。

とても高クオリティ3Dで踊って、喋って。感動して涙が止まらなくなりました。

ただ、1つ不満があります。正直な話、私個人意見ですが同じアイドルマスターシリーズシンデレラガールズリズムゲームデレステユーザーがかなり迷惑かな、と。

私はシンデレラも好きですが、Pさん達のあのノリ(?)がとても苦手なのと運営さんのお気に入りキャラ優遇がとても辛くて今はシンデレラから離れています

ミリシタがリリースされと決定したときデレマスアイコンの方が

ミリオンオワコンだろ』

AS以外のやつ誰?モブ?』

等、少したくさんのミリオン批判を見てしまいました。中にはちゃんと、ミリオンに興味を持ってくれたデレマスPの方もたくさんいてくれて嬉しかったですが、かなり嫌な気持ちになってしまいました。

ミリシタ公式Twitterで、追加曲を予想するツイート

シンデレラの曲を入れろ』

『◯◯(シンデレラ楽曲)まだですか?』

等のシンデレラ楽曲を追加しろ!というツイート。はじめて見たときはかなり衝撃をうけました。

さらに、デレステ担当ではない子のSSR、ボイスがついていない子のSRが出たとき

『いらねぇよゴミ

死ね』。

私のシンデレラ担当速水奏SSRが追加され赤城みりあちゃんのSSRが追加されなかったとき

速水奏かいらないからみりあ出せ』

『こんなブスいらない』

等の暴言が目立って、シンデレラのPさん達の印象がかなり悪くなってまい、こんな人達ミリオンに来られたら…と思うと本当に嫌です。

ミリオンユーザーの中にも、一部そういう人はいると思いますが、私は見たことがありません。デレマスPさんの方達の中にもいい人がたくさんいるとはわかっていますが、悪い人達の方が多く見てしまってデレマスPは悪い人ばかり。こういう目で見られていること大変申し訳ないです。

長文になってしまい、文章力のなくグダグダで読みにくい文章申し訳ありませんでした。

言いたいことをまとめると、

キャラ死ねゴミ、等の発言をする人。ミリオンシンデレラも同じくファンの方々が1つ1つ積み上げてここまで来たのに、オワコンやそれぞれ魅力のあるキャラモブ等の発言をする方がミリオンに来られるのは個人的にかなり嫌です。

2017-08-28

これからSideMに起こること

アニメ放送により解釈違いが大量に発生、にわか煽りも増える

アプリリリースにより「モバゲーSideM」を知らない人が出てくる

絵師の方が「Mステ天道輝くん描きました!」というコメントで絵を載せる現象が発生する)

・そういった人たちも普通にライブに来る

アニメしか見てないけどPを名乗る人も大量に出現する)

リリース当初から追っている人よりアニメアプリから入った人間の方が圧倒的に数で勝るようになる

これは予想ではなく、シンデレラガールズにここ2年半で起こったこと。

新参を拒むなんて無理です。何故なら新参の方が数で上回ってしまうので。

私は踏みとどまってますが、離れた人も沢山いました。

大きな変化の波です。もしそれを受け入れられないなら、コンテンツから離れるしかないのでしょう。

2017-08-25

sideM通称についてのあれこれ

この話題、つねづね思うんだけどたか通称ときに過敏に反応しすぎなんじゃないか

公式ではMマス!って言われても、だから何?としか

シンデレラガールズ公式デレマス呼びを推奨してたけど、アニメ化するまではほぼほぼモバマスで通ってた

つうかそんなこといちいち気にする人なんてほとんどいなかった

強いて言えば、シンデマスという皮肉を込めた蔑称だけど、これも声高にやめろなんて人ほとんどいなかったよ

そもそもモバマスって呼び方も若干の自虐的ものがあった(ソーシャルゲーム・重課金ゲーという形態に後ろめたさを持っている人はそれなりにいた)

当の本人たちが嫌だってんなら使わないけど、すげえめんどくさいのが集まってんだなって印象が強い

いやあ、Twitter検索しても9.9割のユーザー拒否反応示してるから、使わないけどね

いわゆる夢女子ってタイプ女性オタクが多いのかな

それにしても、自意識が強いのが多いんだなあとは思うほかない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん